生理痛を緩和、改善

生理痛を緩和、改善

北九州市小倉北区で生理痛を改善するには体を整える事から、そして体質を変えていくこおt

生理痛を緩和、和らげる

北九州市小倉北区からも生理痛を緩和したり、和らげることにかけては専門家ですから多くの方のを改善しています。
生理痛を緩和したり、和らげるためには、多くの方が痛み止めの薬を使うことがあり、症状が起きると、すぎに飲むことで生理痛が、しばらくすると楽になっていきます。
普通は、生理痛が楽になるからと言って安心して痛み止めばかりに頼っています。
頼る事は別に良いと思いますが、そろそろ考えてみませんか??
どうして生理痛が起きるのか???
生理が近くなると、生理痛がひどく起きてしまったり、体がダルクなったり、生理痛から吐き気が起きたり、寝られないことや、めまい、頭痛、悪寒、腰痛、イライラしたり、気分が悪くなったりする症状が起きる方もいます。
年齢に関係なく中学生でも、高校生でも社会人でも生理痛に悩まされる方が多くいますが、根本的な解決には至っていないと思います。
生理の時に生理痛が起きるのは、当然だと思っている方もいます。
生理が近くなると、そろそろ生理痛になる、と思っていても普段は生理痛薬ばかりで押さえていると思います。
生理痛がひどい
生理痛がひどいのは、原因があって起きていることです。
毎月ある月経が、変化するのは、体に変化が起きているからだと言えます。
毎月、生理痛がひどい方もいますが、中には変化して、時々は、生理痛が少し軽い方もいます。
生理痛がひどいのは、特に普段からも、体の崩れがある上に、眠りの問題が重なった時に起きやすくなります。
体の崩れは普段から多くあると蓄積した疲労になり、疲労の多さが体に取ってはストレスとして感じるようになります。
日常で生活したり、仕事をしたり、体を動かしたり、運動したりすることで疲れが新しく生み出されていきます。
しかし生み出された疲れは、その時にしか感じません。
しばらくすると徐々に感じなくなり、または忘れてしまい、たまっていることにさえ気が付いていません。
つまり、何かをして「 疲れた~ 」と思っても、しばらくすると感じなくなるから、良くなったと思えるかも知れません。
しかし、しばらくして疲れは解消するものや良くなるものもあれば、体に残るものがあります。
この残る疲れが一番の問題なんです。
疲れがたまると感じなくても、体は正直ですから、体の崩れを起こしていきます。
これが骨盤の歪み・骨盤の開きをおこしたり、背骨のズレも起こします。
特に生理に関係するのは骨盤の中にありますので、骨盤の歪み・骨盤の開きが起きるとダイレクトに生理痛になってしまいます。
体の崩れが大きくなり、骨盤の歪み・骨盤の開きが起きていると、生理痛がひどい症状が起こります。
そして、さらに眠りが浅かったり、十分な時間がないとかが重なると、生理の時に眠れなくなり、生理痛もひどい状態になります。
もちろんホルモンのバランスなんかあったものじゃない状態になります。
生理痛と痛み止めの薬
女性の生理痛の多くが、市販の痛み止めでなんとか、痛みをしのいでいると思います。
また、2~3日、我慢すればよくなるからと、言う方もいるでしょう。
生理痛が起きると多くの方が痛み止めの生理薬を使って症状を緩和したり和らげる事をしています。
しかし生理痛がひどいのを緩和したり和らげることはできることもありますが、徐々に効果が無くなる事もあり、服用する薬も錠数が多くなることもあります。
またピルを服用して緩和したり、和らげる方もいると思います。
痛み止めを飲んで生理痛は楽になると思いますが、あくまでも一時的な痛み止めになっているだけですから、また、同じことの繰り返しになったり、徐々に、生理痛がひどくなる方もいます。
院長談:
生理痛には起きる原因が整体からみるとありますので、生理痛になる問題が解消することや緩和することや和らげる事ができると思います。
そのためには、まずは生理痛が、どうして起きるのか、と言う問題を確認する必要があります。
確認すると言ってもお話を聞いたり、洋服の上から確認するだけですから、洋服を脱いだりすることはありません。
まずは生理痛に影響すること大なのは、体の崩れです。
いくら痛み止めの薬を飲んでも、ホルモン系の薬を飲んでも体の崩れは解消できません。
もし体の崩れがないと思われる方が生理痛を起こしているとしたら、それこそ何かのトラブルがおきていることを疑う必要がでてきます。
体の崩れを整えることは、最低限のことです。体の崩れを整えることでも生理痛が緩和されたり、和らいだりすることもありますが、残念ながら全員の方ではないと思います。
しかし全員の方は、体の崩れを整える事か初めて、次のステップに進んでいく施術を必要とします。
生理痛とピル
生理痛の方は病院で処方されるピルを飲むことも有効な方法です。
ピルには低用量ピルと言うのがあって、避妊以外にも良い効果をもたらします。
ピルには生理痛、生理不順、月経過多に効果があると言われていますので、服用して飲んでみることも良いと思います。
低用量ピルを飲んでいると、月経になるまえから精神的な、または肉体的な不安定を解消でき、落ち着いて生理を迎える事ができると言われています。
低用量ピルは、服用することで排卵を抑制することもでき、排卵痛が起こりにくくなり、また子宮内膜の増殖を抑制する為、子宮内膜症の改善にも有効だと言われています。
低用量ピルは、月経の出血量の減少、生理痛の軽減につながる事もあると言われていますが、効果がない方もいるのは事実です。
その理由として上げられることは、同じ生理痛ではないと言うことです。
院長談:
人にはそれぞれの理由の生理痛がありますので、全員が同じ理由で生理痛は起きていない事だと思います。
ただ処方されたピルを飲むことは良いと思いますが、生理痛、月経痛は体の崩れの影響も大きくあるので、基本的な体の崩れから整えることも必要です。
何も原因がなくて、生理痛は起きないと思いますので整体の立場から言わせてもらえば、体の崩れと根本的な体質から起きていると言えます。
体の崩れを整えることは、押したり揉んだり、歪みや開きやズレの矯正だけではできません。
生理痛と頭痛
生理になると生理痛と頭痛が起きる方がいます。
この状態は、普通でもある体の崩れが原因で、特に生理になると起きると考えればいいと思いますので、特別な理由はいらないと思います。
普段からある体の崩れを特に生理の時に感じて、それから起きる頭痛です。
生理になっても、体の崩れが少ない時には頭痛にはならない思います。
体は常に変化していますので、悪くなる時もあれば、軽い時もありますが、意識するのが難しいと思います。
生理痛とツボ
生理痛と言うと有効なツボを押すことが言われます。
ツボを押さえる時には、効果を出そうとしてチカラ任せに押すのではなく気持ちが良い感じで押さえることです。
生理痛に有効なツボは
おへその下にあるツボが有名です。
しかしツボは経絡を刺激することで楽にする方法です。
体の崩れなんか関係なく、整えられることもありません。
ツボを押すことは有効かも知れませんが、検査して体の崩れを整える事の方が有効と思うんですが。