生理痛を解消するなら

  • はてなブックマークに追加
  • 生理が起きる時に骨盤の歪みがあると生理痛になりますから骨盤から改善することをしています。

生理痛を緩和するとか生理痛を解消するためには、色々な程度の生理痛がありますので、生理痛がひどいからから、軽い生理痛から原因を見つけ出さなければいけません。

生理痛を本当に解消しようと思うなら薬ばかり飲んでいないで原因を見つけ出すことも考えてください。生理痛というのは毎月毎月の生理で、つらい思いをするよりも原因を見つけ出すことをしなければいけませんが、多くの治療院などでは原因が分かっていない場合がありますので体を治していくためには整えていくことから始めて行かなければいけません。

生理痛というのは病名でもあるんですが病気ではありませんので、病院に行っても解決することがなくホルモンのバランスが悪いとかいう説明があるばかりで根本的な治療というのは行われていません。

生理痛を緩和するというよりもひどい生理痛を解消したりすることをしなければいけませんのでひどい生理痛の方が軽い生理痛が方やいろいろな諸症状が起きる場合もありますから、薬を飲んだりすることもなく色々な症状を改善するように原因から見つけ出すことをしています。

生理痛を解消

生理痛を解消するなら

生理痛を解消しようと思うなら原因を見つけたさなければいけませんが原因を見つけ出す前に、まずは体を整えていくことから始めています。

生理痛には、色々な症状が起きる原因があります。多くの場合、原因は体質と体調です。

体調の崩れからヒドイ生理痛になる

生理になる時に、いつもひどい生理痛になる方もいますが、時には生理痛が軽くなる事もあります。そして症状が起きる部分も変化する事がありますが、これに関係するのが体調です。

体調とは

体調という言葉は意味不明な言葉なんですが自分で体調が良いと思えば体調は良いことになりますが、当院ではそういうのに惑わされることなく、検査することをしていますので、検査をしてみると生理痛を起こしている方は全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっています。

体調を検査することを当院ではしていますが、普通では体調の検査する方法をなんかはありませんので、病院に行っても病気の検査をしていますので、体調の検査をしているわけではありません。

体調を落とすということは自分で痛みやコリなどの症状は感じなかったり疲れた感じやだるさもないからと言って体調が良いとは限りませんので体調が悪い証拠に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあります。

歪みやひらきやズレがあるということは体調の状態を表していますので大きく落としたかたほど、背骨の中の骨と骨の間にある軟骨または椎間板が、大きく膨れ上がって椎間板ヘルニアになっている方もいますので、椎間板ヘルニアと言っても、特別なものでもないので誰でも起きている現象です。

ひどい生理痛になるのは

体調を落とすとは

体調や調子を落とすということは、どういうことなのかと言うと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレにしっかりと表れているんですが、自分でも感じることは便秘が、ある方は便秘がひどくなったり何日間も便通が滞ってしまうことや、生理が来たら生理痛がひどくなるということで現れています。

軽い時というのは体調や調子が少し良い時で、ひどい生理痛になるときは体調や調子が落ちている時です。

自分で判断できなくても生理の部分でしっかりと判断ができているからひどい生理痛になっていますのでひどい生理痛になる時には体調を落としていたり調子を悪くしているということが言えます。

この時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくがありますし背骨がずれてガタガタ状態になっているので腰痛がおきたりすることがあります。 生理痛になった方はか腹部が重たくなったりということが起きてしまいますので骨盤の家骨の部分の歪みが大きくあれば必然的にそういう状態になるのは当然だと思います。

疲れやストレスと生理痛

体調や調子落とすということは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されていくものが弱い部分に溜まるのが原因です。

生み出されていくものというのは疲れやストレスです。

つまり疲れやストレスが弱い生理に関係する部分に溜まるから余計にひどい生理痛になってしまいます。

疲れやストレスが多く溜まってくると誰だって骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がずれたりしていきますのでそういう時に生理痛になってしまうと影響が大きいということでひどい生理痛になってしまいます 。

疲れやストレスと生理痛
疲れやストレスを減らして体を整えること

生理痛になっている原因を見つけ出す前に、疲れやストレスを減らして体を整えていくことが1番重要になりますので、体を整えていくことでも今現在、生理が起きて色々な症状があることも楽になることもあります。

しかし体を整えても限界はありますので限界を超えていくためには、体質改善の治療が必要になりますので、生理痛の主な原因は体質から起きていると説明したように、体質改善をしなければ根本的に変えることができません。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。


眠りのトラブルから生理痛に

生理痛があったりひどい生理痛になる時には眠りの問題も関係していますので最近多くの方が不眠症と睡眠負債のどちらかに分かれるぐらい多くなっているものが眠りのトラブルです。

眠りというのは大脳が休養とって大脳が寝ていることを言いますので熟睡状態の時間だけですが6時間睡眠時間があっても熟睡ができる時間は30分未満だと言われています。

眠りとは

つまりこの30分の時間が取れているのか取れていないのか少ないのかで、眠れているのか、眠れていないのかということがわかりますので眠れていなければ、大脳が急激に弱っていき、弱っただけではなく疲弊したり衰弱状態になっている方が多くいますので、そういう状態になっていると脳下垂体ホルモンが、正しく正常に働くことはありません。

脳下垂体ホルモンというのは体の中にあるホルモンの親分みたいなものです。

不眠症と生理痛

不眠症というのは自分でも気がつくことがあるんですが自分がまさか不眠症になっているとは気がついていない、または考えていない方が多くいますので、不眠症というのは夜寝ようとする時に、寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目を覚ましたり、トイレに行ったりすることがあったり、夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

不眠症の方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって背骨がズレているんですが、単純にそれだけではなく自律神経の支配も上手くいっていませんので、各内臓やホルモンの働きも、すごく悪くなっていますので生理の時に生理痛になってしまうのは当然の結果なんです。

不眠症の方は身体すべてが駄目になっていますので奈落の底のような体調をしていたり、どん底のような体調していますが、そんな状態の方が簡単に上がることはありえないぐらい落ちていますので、回復できない方が多くいます。

当院でもやっと回復させることができる程度だと思いますので、簡単に考えないようにしたほうがいいと思います。

眠りが浅いということは大脳が弱っていて記憶力や精神状態の問題や運動神経関係が、全てダウンしてしまいますので色々な症状が起きることは当然ですが生命機能の中枢であるものが落ちているということがすごく重要だということを考える必要があります。

睡眠負債のある方は脳が極端に弱っていますので弱っただけではなく疲弊したり衰弱状態になってる方が多くいますので、こんな状態の方は脳内麻薬が、出てきますので脳内麻薬が出てくればくるほど痛みやコリにも鈍感になっている症状を起きているにもかかわらず感じなくなっていきます。

不眠症で脳弱らせば弱らせるほど脳細胞の急激な現象が起きて麻痺したり丼かになったりするだけではないので記憶力の問題が起きたり精神的なものを患ったり色々な障害が起きて行きます。

不眠症と生理痛

睡眠負債と生理痛

睡眠負債の方も不眠症と同じように結果が出てしまうんですが、睡眠負債というのは夜に嘔吐する時に寝つきがよく朝まで目が覚めないけど眠りが浅いのが特徴です。
不眠症とは違って目が覚めることがないために気がついていない方が多くいますので大変な結果を招いて手遅れになるかと思います。

睡眠負債というのは自分がなっていることさえわからずに寝ているんです。
寝ているから自分が睡眠負債状態になっていることさえわからないんです。
他人が寝ている人を見て目を閉じてスースー寝ていれば寝ていると思うでしょうが、脳が寝ていることが、眠りですから脳の中のことまで考えないと本当に寝ているかということは言えません。

睡眠負債な方は夜に嘔吐する時にすぐ眠れるけど寝ながら考え事をしている妄想時間が圧倒的、長くなってしまい目が覚める瞬間に夢を見るから夢しか記憶に残りません。
そのため寝ていると思うわけです。

睡眠負債と生理痛


不眠症や睡眠負債で眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていき弱っただけではなく疲弊状態になったり衰弱状態まで陥れ方もいますので大変な状況が起きているんですが痛みやコリが麻痺したり色々な問題が起きていると限界まで悪くならない限りは何も感じ取ることができませんので限界を超えた状態で便秘や生理痛が起きている方も多いようです。

眠りと睡眠負債と不眠症と生理痛

 


以前:生理痛がある方が当院を訪れました。この方は今まで薬で解消していましたが、このままではと言う思いで来院されました。

この方の体調を検査してみると、ひどすぎるくらい体調が悪く、この悪さを感じていません。生理痛以外は何もないと言っていましたが、生理痛が起きる方は骨盤の問題、ホルモンバランスの問題など色々な内臓が関係して起きています。

ホルモンの問題が起きるだけでも、体調の悪さを感じるのが普通です。

 

しかし、体調が悪すぎると慣れてしまって調子の悪さを感じなくなってしまいます。

生理痛

だから生理痛だけと思うこともあります。

生理痛が起きる時には、体調が落ちて悪い時に生理が来ると生理痛になります。

体調が落ちて悪くなると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定が起きています。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定が起きると体調と重なってホルモン系の異常が起こります。

これが生理痛になります。

しかし、多くの治療院や病院では、ここまでわかりません。わからないから薬と言う処方が出ます。

しかし、原因はあります。

検査すればよくわかります。でも検査もすべて見える物ではありません。

全体の体調とトップになっている内臓(子宮、卵巣、骨盤、ホルモン)が一つずつ反応していきます。

一つを良くすると、後ろに控えている内臓が反応していきます。これを繰り返していくと徐々に体調も上がっていきます。調子が良くなります。

体調が上がって調子が良くなったら、次の段階に進むことができます。

次の段階は体質改善なんですが、生理痛は弱くなっている内臓が関係して起きています。

老化している内臓は、今ではなく先将来に病気になりやすい内臓です。

病気になりやすい内臓が生理痛を起こしています。これを病気になる前にならないようにしていくのが体質改善と言う治療になります。

時間をおけば置くほど原因はいつの何か進行していきます。もし以前あった生理痛が楽になったりしたら逆に要注意です。

生理痛がある状態で原因が進行する場合もあれば、生理痛が楽になって原因が進行していくことがあります。

生理に関係する内臓が悪くなる前にならないようにしていくことを考えて下さい。

生理痛
病院では病気の専門家ですから病気にならないとわかりません。

病気になったときに病院で検査してみると病気の陽性反応がでて病名が付きます。

生理痛

当院は整体とカイロプラクティックの治療で体を整えて生理痛を改善していく方法で根本から良くしていきます。

生理痛を薬で間に合わせをするものではなく原因から変えていく方法です。

生理痛には原因があります


体調を落としていると、歪みが起きています。
この時に、生理になると、生理痛になります。
体調が良い時には、生理痛にはなりません。
いつも、生理痛のある方は、いつも体調が悪い方です。
生理痛を当たりまえと思わないで下さい。
生理だから、生理痛が起きるのは、普通だと。
生理痛による症状は色々ですが、イライラしたり、腹痛、腰痛、肩こり、胃のむかつき、ダルイ、浮腫み、冷え、など色々あります。


生理痛

生理痛も、当然として原因があります。

一つは、
①体調
②体質が原因です。

ほとんどの場合、①と②の両方が関係しています。

体質的な弱さがある方が、体調が悪いときに生理痛は起こります。
弱い所の症状が、体調が悪いときに、症状を起こします。

腰痛や肩こりも同じなんですが、体調が悪いときに、起きたり、強くなります。

生理の痛み

カイロプラクティック徳力整体院は30年の経験がありますから北九州市小倉北区からも多くの方が予約されています。