ブログ一覧

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

多くの方の場合、頭痛や偏頭痛などがあったりすると薬を服用することでしばらく痛みが治まってしまうので安心しきっている場合が多くあるんですが、またしばらくすると同じように痛みになってしまうことがありますので期間が短くなってくる場合もありますし痛みが強くなる場合もあるので原因を見つけたして原因から解消していかなければいけません。しかし頭痛と言うと肩こりと同時に起きている場合もあれば首のコリや首の痛みなどと同時に起きていたり眼精疲労からも伴って起きていることもありますので勘違いされる場合が多くあります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛み、偏頭痛は

頭痛は偏頭痛というのは大脳の緊張や興奮状態で起きていますので緊張状態や興奮状態を抑えるためにもマッサージをしたり、肩を揉んだり、首を揉んだり、眼精疲労を解消したりすることで、圧力が下がってしまうことで痛みが楽になるということだと思います。
肩こりから起きる頭痛だとか、首のこりから起きる頭痛だとか、眼精疲労から起きる頭痛というよりも、圧力のバランスの関係だと思っています。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因

当院で考えている頭痛や頭の痛みや偏頭痛の原因というのは確かに同時進行で肩こりが起きている可能性もありますし首の痛みやコリが起きている可能性もありますし眼精疲労も起きている可能性もあるんですが頭痛とは違う状態で起きていますので頭痛というのはしっかりとした原因が存在します。

以前テレビで特集で、内科の先生が言っていましたが、脳梗塞や脳溢血や脳梗塞を起こした方の半数以上は頭痛持ちだったと言われてました。
内科の先生の言ってる情報が正しければ肩こりの結果として脳梗塞や脳溢血になることもないと思いますし違う問題が同時に進行しているということがあるということだと思います。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きるときには

頭痛や頭の痛みや偏頭痛が起きる時には必ずと言っていいほどある現象が積み重なって起きていますのである現象というのは主には眠りに問題があります。

寝ている本人には、気がつきにくいんですが眠りと言うのは不眠症と睡眠負債という言葉があるように多くの方は気がついていないで頭痛になっている方が多くいます。

不眠症と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症というのは最近多くの方が自分が不眠症になっていることさえも気がつかないで毎日を過ごしていることが多くありますので寝ている方は分からないことが多くあります。

眠りというのは大脳が休養とって脳が寝ていることつまり熟睡状態のことを言いますのでどれだけ熟睡ができているのかで寝ているのか眠れていないのかということは決まります。
世間的にはいびきをかいてる方は眠れていないと言っているようにそれに近い現象が起きているんです。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とせいかつ

不眠症というのは夜寝ようとする時に寝付くまでに、時間がかかってしまい、なかなか眠れなかったり1時間も2時間も眠れなかったりすることや夜中に何回も目を覚ましたりトイレに行ったりするのが不眠症の特徴でもあり夢ばかり見て寝た気がしないというのも不眠症の特徴です。

不眠症が起きてしまうと大脳は急激に弱っていき弱っただけではなく疲弊したり衰弱状態になってる方が多くいますのでこういう状況の方が脳が興奮しやすく脳が緊張を高めてしまい頭痛になったりこめかみの痛みになったり偏頭痛になったりしています。
眠りが浅いということは脳にダメージを与えていきますのでダメージがどれだけ起きているのか起きる頻度や強さが違ってきます。

不眠症の方は体調が異常と思えるほど悪くなっていますので簡単に上がることはありませんから、まずは体を整えていくことから始めて行かなければいけませんが、体を整えれば楽になることもありますし、楽にならない場合もありますのでその状況に応じて治療を変えていく必要があります。

睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

睡眠負債の方も不眠症の方と同じような現象が起きているんですが、睡眠負債というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です。
朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。もし仮に眠れているんであれば頭痛なんか起きるわけはありません。

睡眠負債の方は寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をする時間が3時間も4時間も5時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ているから夢しか覚えていられません。目が覚めることもなく目が覚める瞬間に夢を見るから寝ていると思っています。

不眠症や睡眠剤の多くある方はどうにトラブルを抱えていきますので脳細胞も急激に減少が起きていくということで大変な結果を招いていき記憶のトラブルや物忘れやうっかりや意識障害が起きたり精神疾患になりやすくなります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

体には何かの痛みやコリが起きるときには、すべて原因があります。特に痛みは体が起こす唯一のボディランゲージです。

睡眠と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

つまり体が慣らしている警報と同じです。薬を飲んで痛みだけを止めても原因がのこったままになっています。薬は一時抑えです。原因なんかも見つけることをしていません。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛には痛みになる、なりやすい原因が潜んでいます。

薬を飲めば、しばらくしたら痛みは楽になるでしょうが、そんなことをしている期間が長くなると、いつまでたっても頭痛薬が手放せなくなるか、原因もいつまでも同じままではありません。

しかし頭痛、頭の痛み、偏頭痛と言うのは病気のようなものでもあります。しかし多くの方が頭痛が頻繁にあるからと言って病院で検査している方もいます。血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などで陽性反応や数値の異常が出れば、もう何らかの病気です。
しかし多くの頭痛、頭の痛み、偏頭痛は病気ではない状態で起きています。

頭痛

頭痛になるのは原因があるから頭痛になりますから痛み止めの頭痛薬を使う事は一時的に良いですが頭痛薬は頭痛を治している訳ではありません。
頭痛薬と言うのは全身に効いています。
頭痛薬を飲めば胃で溶けて血液に吸収されて全身をめぐります。頭だけに効く頭痛薬はありません。

全身の痛み止めになるから歯の痛み止め、生理痛などの効果もあります。
頭痛薬は本当に抑えてくれる時もありますが、一時抑えばかりしていると頭痛には原因がひそんでいますから、その潜んでいる原因は徐々に進行していきます。
頭痛が起きているときには、専門家の先生も良くわかっていません。

頭の何らかの病気でなければ異常なしですから、病院では病気の専門家なので病気になって完成したら検査すると病気と言うことがわかります。

その時には脳血管の問題や脳腫瘍などが起きています。
そんなことになってしまっては遅いんです。
頭痛は先将来の問題を含んで頭痛になっています。なにも原因がないのに頭痛はおこりません。

何かの原因があるから頭痛になっている訳ですから、その頭痛になっている原因をみつける必要があります。

その為にも頭痛と関係ないものから減らしていくことをしないといけません。
この減らす治療のことを体調を上げると言います。

体調と言うのは、体調が落ちる、体調が悪くなる、調子が悪い、ストレスがたまっていることの総称です。
体調が落ちると循環も悪くなります。リンパの流れも悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。

体調が悪くなると内臓の働きも低下していきます。
内臓の働きの低下が骨盤の歪み、背骨のズレ、頭の変形を起こしていきます。

内臓の働きが低下

体に多くの疲れやストレスがたまることがあります。内臓疲労と言う現象ですが内臓疲労が

起きれば起きるほど体を動かすエネルギーの生産が低下していきます。
我々の体は食べることで栄養を生産して肝臓で栄養を蓄えています。肝臓は必要に応じて栄養を血液の中に放出して各細胞や各内臓に栄養を送ります。
そして最大に栄養が必要なのでが脳です。
血液が脳へ循環する時も血液の中に栄養と酸素を多く含んだものが脳へ送られます。
脳へ栄養と酸素を最大限、吸収して元気になることができて良く働いてくれます。

しかし、内臓疲労が起きると栄養と酸素含有量が激減していきます。
そうすると脳は元気に働くことができないで疲れやストレスをためていきます。
この時に脳疲労が起こります。

脳疲労が起きれば眠りの問題も起きていきます。
眠りの問題と言うのは寝ているつもりでも眠りが浅くなると言う現象です。
多くの方が夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思っています。

眠りの深さ

寝ているからどれだけ寝ているかわからないのに寝ていると言います。
寝ている方が頭痛になることも、脳疲労が起きることもありません。
寝ていないから脳疲労が起きて頭痛になっています。
昔は眠りが浅い方は、夜中に何度も目を覚ましたりする、寝つきが悪い、眠れないと言う感じでしたが今は違います。

夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると勘違いしている方が多くいます。
眠りの中でも一番、浅いのが夢も多くみると浅い睡眠の代表ですが、それよりもさらに浅い睡眠があります。
その睡眠は寝ながら考え事をしていると言う睡眠です。睡眠ですか寝ています。

寝ている本人に寝ていることを聞いても一部しかわかりません。
どれだけ深く寝ているのかと言う事です。
当院では院長が治療に当たりますが、この院長は検査することに精通しています。
検査すると頭痛がどこから起きているのかと言う事がわかります。
その判断をするためのも他の体調の悪さからくるものを減らしていく必要があります。

検査して体調の判断をしています。
検査することで歪みやズレの検査をしています。
検査することで内臓の働きの状態がわかります。
検査することで頭痛の原因がわかります。
あとは

頭を触るだけで脳の状態が判断できます。
頭を触ると脳疲労がわかります。
それを改善することをして頭痛を楽にしていきます。
しかし、

それだけではダメなんです。
それは脳疲労と言うのは普通は起きませんから、脳疲労が起きている方は脳を中から直す必要があります。

この時に使う治療技術は体質改善の治療技術を使います。
脳を若返らせることができる唯一のテクニックです。
しかし、1回や数回では直せませんし初回からは体質改善の治療はできません。
そんなに変わる体質改善はありません。

2020年07月02日

腰痛、腰の痛みを解消するなら

腰痛腰の痛みを楽にしていくなら、痛みだけを取っていくことから始めていきますが、痛みの原因になっているのは、ほとんどの場合、炎症やハレがあることが原因で起きていますので湿布を貼ったりすることも有効な方法です。

腰痛、腰の痛み

痛みを感じるときは炎症やハレがありますので、どんな時も、温めるよりは冷やすことが効果的だと言われますが、しばらく経過してしまうと、冷やしても温めても効果は変わりません。

腰痛、腰の痛みとは

人によっては温めて循環を良くした方が良いと言うことも言われます。
腰痛や肩こりには温めることも良いことだと言われます。その理由は循環が良くなるからだと、言う理由で。

しかし、近所のおばちゃんが言っていることですから、時には、温めてみたり、入浴して悪化したと言う方はいます。

慢性化した方は、使い捨てカイロを腰に貼っている方もいます。
そのため、温めて良くなることもあるでしょうし、温めてたら悪化したと言う方もいます。

その理由は、腰痛、腰の痛みが、どこから起きているのか、どうなって起きているのか、わからないためです。

腰痛、腰の痛みの原因

腰痛、腰の痛みの痛みの状況は皆さん違います。また痛みが起きたタイミングも違います。
痛みのひどさも違いますし、回復する度合いも違います。
また眠りができているのか、と言うことも大きな違いになります。

根本的には腰痛、腰の痛みが起きる原因は、疲れやストレスの蓄積と眠りの浅さに問題があります。

疲れやストレスの蓄積と眠りの浅さから、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを起こしていても気が付きません。
寝ている時に、自分でも気が付かないで浅い眠りしかしていないと、体調が落ちていきます。
体調や調子が悪くなると、体は必ず骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを起こしていきます。

脳から寝る

建築物も老朽化や地盤の弱さで柱が傾くようなことで倒壊していきまます。
骨盤が土台だとしたら、骨盤が疲れやストレスの蓄積で歪みや開きを起こして、さらに安定しない土台のせいで背骨のズレが起こります。

この時に、椎間板ヘルニアになっている方もいます。
椎間板ヘルニアが多くたまっているのと、眠りの浅さから崩れが起きると、椎間板ヘルニアになります。

睡眠と腰痛、腰の痛み

眠りの浅さも自分では寝ていると思う方がいますが、多くの方が睡眠負債になっています。
睡眠負債とは、不眠症とは違います。

不眠症と腰痛、腰の痛み

不眠症は、寝つきが悪く1時間でも2時間でも眠れません。また夜中に目を覚ますことが増えていきます。

しかし不眠症に対して、睡眠負債は、朝まで目が覚めることがありません。
夜に寝ようとして、朝まで目が覚めないから寝ているとは言えないんです。
眠りとは、脳が寝ていることを言います。

睡眠負債と腰痛、腰の痛み

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

そうすると、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが大きくなっていきます。
歪みや開きやズレがあっても、すぐには腰が痛くなることはありません。
前かがみで掃除しても腰が痛くなります。(体を前に倒すことで腰が不安定になり支えることができなくなるため)

腰痛、腰の痛みと眠りの深さ

真っすぐに立っているだけで腰が痛くなります。(徐々に骨盤が広がっていく為)
腰痛になるのは必ず原因が存在しています。

しかし原因を改善しなくても楽にすることはある程度は可能です。原因を残したまま腰の痛みを楽にする方法を対症療法と言います。確かに対症療法でも腰の痛みを楽にする事はできます。

対症療法と言うのは、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり、ツボ療法、低周波治療器や電器などです、当院から見れば骨盤の歪み・背骨のズレの矯正も対症療法になります。

腰痛、腰の痛みを楽にするなら

当院でも昔は、低周波治療器や電器をしたり矯正でボキボキしたりしていました。でも今では一切のボキボキすることなく骨盤の矯正をしたり背骨のズレを矯正したりする事ができます。

低周波治療器や電器

腰痛になる時には筋肉、じん帯の問題も多くありますが、どうして筋肉、じん帯が問題を起こしてバランスが崩れたり悪くなるのか、理由があります。その理由を見つけ出す必要があります。

また腰痛と言うと骨盤の歪み・背骨のズレが大きく影響しますが、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、と言う理由まで解消していません。整体やカイロプラクティックでは骨盤の歪み・背骨のズレをボキボキしたりして矯正するだけです。どうして歪みやズレが起きるのか、原因があると思います。また姿勢で歪んだりする事もありません。

腰痛になる時には骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。骨盤の歪み・背骨のズレがあると骨盤は上肢と下肢をつなげている部分ですから、体を支える事ができません。支える事ができないと、いつかは切っ掛けで痛みを起します。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあっても湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽になる事があります。何も骨盤の歪み・背骨のズレを矯正して直さなくてもです。

腰痛、腰の痛みと

しかし骨盤の歪み・背骨のズレも大きくなると、もう湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても直りません。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなる理由は、ある事に起因しています。

腰痛、腰の痛みが起きる時には、何か原因があるから痛みになっている訳ですから、腰の痛みを楽にしたら、『良くなった』とか、『治った』と思うでしょうが原因は、解決していません。

対症療法と腰痛、腰の痛み

確かに湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても鍼灸をしても指圧をしても病院で注射を打っても楽になることはあるでしょうが、検査もしていないし原因を見つけ出すまで行っていません。

腰痛ベルト

腰痛と言うと多くの治療院でも原因がわかっていません。それほど、難しいのが腰痛や肩コリなんです。

原因がわからないから、どこから起きているかも、わからずに痛み止めで対処しています。
痛み止めでも痛みは楽になりますが、原因から解消する事もしないと原因は、いつまでも同じままではありません。

腰痛、腰の痛みになる時には、あることが起きています。どうして腰の痛みが起きているのか、見つけ出すこともしないと本当の意味で腰痛を直したとは言えません。
痛みが起きている時には、体は警報を鳴らして自分に気が付かせています。警報の痛みが起きているのに、よく調べもせずにスイッチを切っているだけです。スイッチを切っても楽になりますが。

痛みがない時でも原因は、とどまる事はありません。
つまり痛みがない時も、原因は進行して先将来につがりやすくなります。

腰痛、腰の痛みの原因とは

腰痛、腰の痛みが起きるときには特別な原因が必要なわけでもなく日常にあることが原因で痛みになっています。その原因は何をしても、何もしなくても多くなっていきます。
つまり生きている限り多く生み出されていくモノです。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるものがあります。それは疲れです。

疲れと言うと簡単に思う方が多くいますが、ありとあらゆる痛みやコリ、症状はすべて疲れに関係があります。疲れが多くなると疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になります。
蓄積疲労が体に多くたまった時に、痛みやコリとして警報を鳴らします。これが痛みやコリです。

2020年07月01日

腰痛、腰の痛みを解消

腰痛腰の痛みが起きる時には溜まっている疲れが大きくなり、疲労になっているのが原因です。

腰痛、腰の痛みと蓄積疲労

蓄積疲労はたまる部分があるから、痛みやコリを起こしている訳ですから、疲労が蓄積する部分とは人の体には弱い部分とそうでもない部分があります。

腰痛、腰の痛み

これは、誰でもあるモノです。逆にない方はいません。
そうでもない部分には疲れはたまりにくくなります。

しかし弱い部分には疲れが多くたまり、蓄積量が多くなると体は補正の歪みやズレを起こしていきます。

腰痛、腰の痛みになる時には、疲労の蓄積が体の弱い部分にドンドンたまっていきます。毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れがたまっていくのに、減らす事もせずに、考えもせずに暮らしています。

と言うのは、疲れはいつの間にか感じなくなるからです。
それで無くなったと思う訳ですが、本当は無くなった訳ではなく、弱い部分にドンドン蓄積していきます。

弱い部分にたまる疲れ

弱い部分に蓄積していく疲労が多くなっていくと、体は『疲労が多くたまったから、どうにかしろ~』と警報を発して腰痛、腰の痛みになっています。

つまり腰痛、腰の痛みは疲労の蓄積で悲鳴を上げているのが腰の痛みとして感じています。
体を休ませることも必要ですが、本当に体を休ませる為には、熟睡が大切なんですが、多くの場合、眠れていません。

つまり眠りが浅い事でも、疲れは弱い部分にたまっていきます。
眠りとは布団やベットの上でスースー寝息を立てていることが眠りではありません。寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

脳から寝る

眠りとは脳が寝ている事だけを言います。脳が寝ていないと眠っていることにはなりません。

脳が寝るとは熟睡を言います。6時間から7時間の睡眠時間があっても脳が寝ている時間の最高は30分以内です。
この30分の熟睡が少しでもあるのか、ないのかで寝ているのか、眠れていないのかが違います。

脳から寝ていないと疲れが取れない

30分の熟睡が少なくても10分でもあれば、少ないけど寝ている訳ですけど、多くの方が10分も熟睡していません。

疲れ、疲労を減らす事ができるのは脳が熟睡しているあいだだけです。
栄養があるモノを食べても、焼肉を食べてもウナギを食べても疲れは減りません。ただ『美味しかった』とか、臭いや味で多く食欲が進むだけです。

熟睡と腰痛、腰の痛み

疲れは脳が元気だから減らす事ができますが、眠りが浅ければ疲れを減らす事はできません。

寝つきが悪い方、夜中に目が覚めたら30分も1時間も眠れない方は不眠症です。
すぐに眠れても夜中に何回も目を覚ます方も不眠症です。
また、夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方も熟睡の深さがなければ不眠症です。
この睡眠のことを睡眠負債と言います。不眠症とは違い、睡眠負債は朝まで目が覚めないのが特徴です。

朝まで目が覚めないけど、眠りが浅く目が覚める前に夢を見る為に寝ていると思います。
夜に寝ようとすると、すぐに眠れて寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が長くあり目が覚める瞬間に夢を見るから、夢の記憶しか残りませんから、寝ながら考え事をして寝ているとは思いません。

睡眠負債と腰痛、腰の痛み

睡眠負債や不眠症は、ほぼ全員の方がある問題です。

不眠症や睡眠負債が多くあれば、あるほど、非常に腰痛、腰の痛みを解消に手間取ります。
眠りの問題が日増しに多くなると、体にも疲れはたまりながら、弱い部分に多く蓄積して、さらに大脳を弱らせたり疲弊させたり衰弱させたりしていきます。

不眠症や睡眠負債が重なっていくと、その結果、脳細胞の急速な減少などを招き、物忘れ、うっかり、会話の成り立たない、言っている意味が分からない、などが初期で起きていきます。

さらに進行すると、イライラしたり、怒りっぽくなったり、ブレーキをアクセルを踏み間違えたり、逆走しても分からなくなったり、危険なことをしてもわからないことや、頭がボーとする、精神を病むことにもなります。

眠りと言うのは大切な部分ですから自己判断はできません。それは本人は寝ているからです。

腰痛、腰の痛みと疲れやストレス

眠りと腰痛、腰の痛み

本当に寝ていれば、熟睡が出来ていれば腰痛、腰の痛みになることはありません。
朝から腰が痛いと言う事も起こりません。
腰痛、腰の痛みが脳の力が無い為に、骨盤の歪みやズレを起こしている事もありますから、重力に逆らって立つ力がなかったり、体を支えることができないくらい脳が衰弱している方もいます。痛みがある部分だけが原因ではありません。

眠りの問題が多くある方ほど、体質も急速に落ちていきます。
腰痛、腰の痛みと原因から変える体質改善
先ほどから弱い部分に疲れが溜まりやすく、ためて良くなると疲労になり蓄積疲労から骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると腰痛、腰の痛みになると説明してきました。

この場合の弱いとは、体質的に弱い部分になりますから、弱っているとは意味が違います。
体質とは悪くなることや、落ちる事はあっても、良くなる事はありません。

体質が悪くなるのは、蓄積疲労で悪くなって落ちていきます。蓄積疲労を多くためれば、ためるほど悪くなっていきます。

落ちた体質を少しずつでも変えていくのが体質改善の矯正になります。
簡単な方法ではありません。短期で変わる事もありません。

一つの部分でも数回から数十回かかります。
クリームを塗ってもサプリメント、健康食品を食べても体質は変わりません。変えなければ落ちていくだけです。

睡眠負債から体の崩れが

腰痛、腰の痛みになる部分で一番、関係する部分は実は内臓です。
なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れや蓄積疲労が内臓にたまると言うことが多くあります。

弱い内臓には多くの疲れがたまっていきます。
疲れは全身にたまりながら、弱い内臓に多く蓄積していき関係する部分を崩していきます。
内臓と言っても多くの内臓が体には存在していますが、腰痛と聞くと、まずは初めに重い浮かぶのが腎臓です。

腎臓が体質的に弱い方が、腎臓に多くの疲れをためていき、腎臓に関係する筋肉に影響をだしていきます。この筋肉は骨盤の保持・固定に関係する筋肉ですから、筋肉は伸びるよりも収縮を起こしますから骨盤を筋肉が引っ張っていきます。

この時に骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレを起こします。

徐々に疲れが大きくなると歪みやズレが拡大していき、拡大した時に重たいモノや前かがみ同じ姿勢で、さらに歪みやズレを大きくして体を支えることができないくらいになると腰痛、腰の痛みとして感じます。

腰痛、腰の痛みの方が来院すると腎臓のある部分が固く張っていることもあり、炎症やハレがあることもありますが病気ではありませんので検査しても異常が見つかる事はありません。

と言う事は未病で痛みを起しています。
疲れが溜まりやすい腎臓を変えないと、繰り返しやすくなることは当然ですが、痛みがない時も進行していきます。

腰痛、腰の痛みの対処法は、ストレッチしたり、体操したり、病院で注射を打ったり、腰痛ベルト、ツボ、安静したり、歩くのが困難だったり、運動不足だとか、筋トレしたり、ジョキングしたり、腹筋したり、背筋を鍛えたり色々な方法があります。
腰痛や腰の痛みには原因があります。

しかし、原因を解消しなくても楽にできる治療があります。治療には原因から改善する治療と表面上の痛みだけを取って治ったと思う治療法があります。

表面上の痛みを楽にする治療は、多くの治療院で行われている治療法です。
例えばですが湿布を貼ったり、家族の方に揉んでもらったり、専門家の先生にマッサージしてももらったり、低周波治療器や電器をしたりすることをいいますが、これらの治療を対症療法と云います。

また病院でする痛み止めの注射も対症療法になります。
対症療法と言うのは原因を、見つけ出すことや検査しなくても痛みがある部分に対して、何かをすることです。

腰痛や腰の痛みには、必ず原因があります。

しかし原因を見つけることは簡単ではありませんので、大変、難しいことになりますので多くの治療院の先生が検査していなくて痛みがある部分に湿布したり低周波治療器や電器をしたりと言う事でも緩和ができるので、原因もわからずに楽にしています。もちろん、それでも良い治療法なんです。

腰痛、腰の痛みと体の崩れ

腰痛と腰の痛みの原因

腰痛と腰の痛みの原因は、起きる時を考えて下さい。腰が痛くなる時には、何かをしていたら腰が痛くなったとか、何もしていないのに腰が痛くなったと言われます。
代表的なことは、重たいものを持とうとしたら急に腰が痛くなったと言う事ですが、同じことをしても、同じように重たいものを持っても痛くならない時もあります。
つまり原因は他にもあると言う事になりますから、重たいものを持つことが原因ではない可能性もありと言う事になります。

腰痛や腰の痛みは

腰痛、腰の痛みの原因として、一番に上げられることは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。
それは誰でもたまっている事なんで特別なモノではありません。これは体の弱い部分に多くたまる傾向がありますので腰痛になる部分が弱ければ腰の痛みになってしまいます。

腰痛になる大きな原因は

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるモノとは疲れやストレスです。疲れやストレスがたまっていない方はいませんから歪みやズレがない方はいません。
ということを考えれば誰でも歪みやズレはあるんですが、痛みになっていない軽いものだと言えます。

2020年07月01日

腰の痛みを楽に

腰痛腰の痛みが起きるのは歪みやズレは大きくなる事もあります。体に蓄積する疲れやストレスが多くなると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが起こります。

歪みや開きやズレから骨盤が不安定になりますから、体を支える事ができなくなり痛みになっていきます。

腰痛、腰の痛み

疲れやストレスがたまると

疲れやストレスがたまって多くなると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になっていきます。この時に重たいものを持ったり、前かがみをしたり、柔らないベットに寝たり、合わない布団に寝たり、車の運転を長時間したり、立ちっぱなしが長いと腰の歪みやズレが大きくなって拡大していきます。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどなどが起きるときには、あるものが体に多くたまったのが原因です。あるものとは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。

しかしたまると多くの方がわかっていますが減らす事をしていませんし、減らす努力をしていません。このたまるモノが多くなると、表面上ではなく体の奥の老化を促進する事もあります。

体にたまるものとは、疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと言うのは何をしても、何もしなくてもたまっていきます。家でゴロゴロしてもたまっていきます。仕事でも家庭でも運動してもたまるのが疲れやストレスです。

その疲れやストレスは弱い部分にたまっていきます。腰が弱い方は腰痛になり、肩が弱い方が肩こりになります。大腸が弱い方は便秘になります。

腰痛、腰の痛みと疲れやストレス

人の体には弱い部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分には痛みやコリになる可能性はなく、先将来につながる事はありません。

しかし弱い部分は関係する部分に多くの疲れやストレスがたまりやすく、たまってしまうと徐々に関係する部分を悪化させていきます。
悪化させながら、時々、痛みを起していきます。これが腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになります。

疲れやストレスが溜まりすぎて起きたものが、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。
椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も特別なモノではありません。誰でもおきるのが椎間板ヘルニアであり、坐骨神経痛です。

しかし椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も程度があります。軽いのからひどいのから、ひどすぎるのからあります。

腰痛になる弱い部分は腎臓です

腰痛、腰の痛みと内臓

腰痛と聞くと腎臓が思い浮かぶくらいですから、多くの腰痛の本当の原因は腎臓の弱さにありますが、弱さは体質改善の施術しか改善できませんので、今は疲れやストレスが多くたまって弱っていると言うことで説明していきます。

腎臓の弱さがある方が、弱い腎臓に疲れやストレスをためていくと、腎臓に関係する筋肉に悪影響が出てきます。

腎臓に関係する筋肉とは大腰筋、腸骨筋と言う筋肉なんですが、この筋肉は骨盤を固定している筋肉です。

骨盤を固定している筋肉のバランスが悪くなると骨盤の関節の維持ができなくなります。

腰痛、腰の痛みと内臓

弱い腎臓に疲れやストレスがたまり腎臓の影響から大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れて骨盤が徐々に歪みや開きを起こしていき、背骨のズレが同時に起こります。
しかし、この時には、まだ、腰の痛みはありません。
痛くなるのは、さらに疲れやストレスがたまって骨盤の歪みや開き、背骨のズレが大きくなった時に、切っ掛けで起こります。

切っ掛けとは、重たいものを持ったり、中腰をしたり、同じ姿勢をしたり、前かがみの姿勢をしたり、合わないベットや布団に寝たり、クシャミをしたりすることです。
この両方が重なった時に痛みを感じます。

腰痛の改善は

腰痛、腰の痛みを解消する時は、筋肉、じん帯の炎症やハレがあります。まずは、筋肉、じん帯の炎症やハレを改善して、骨盤の歪み、開き、背骨のズレを矯正することをして、腎臓疲労を解消することを数回していきます。または椎間板ヘルニアがあればヘルニアを改善する事をしていきます。

腎臓疲労が強くある方ほど、数回かかります。
しかし、最近は、それだけではない方もいます。当院では検査することができますから検査してみると骨まで炎症やハレを起こしてジュクジュクになっている方もいます。骨も神経がありますし骨が炎症やハレを起こしてジュクジュクになっていると安定しません。

特に骨盤のベルト部分の骨と中央の仙骨(尾てい骨)と言う骨の部分がジュクジュクしている方がいます。

骨までジュクジュクしていることは、総合的な体調の状態をあらわしています。特に眠りが出来ていない熟睡が出ていない方などの症状と酷似しています。

睡眠負債と腰痛

睡眠負債とは不眠症とは違います。

●不眠症は寝つきが悪く寝ようとすると1時間も2時間も眠れないのが不眠症ですし、夜中に何回も目を覚ますのが不眠症です。また夢を多く見て寝て気がしないのも不眠症です。不眠症の方は、眠れていない訳ですから体調が異常に悪くなっています。しかも全体的に落ちています。

極端ですが、気持ちが悪いくらい落ちている方もいます。
不眠症の方は全身がガタガタです。骨盤の歪み・背骨のズレも大きくあり、内臓の働きも弱っています。そして大脳と脳幹と脊髄の問題も起きています。
単純に弱っただけでは済まない方もいます。

●睡眠負債とは夜に寝てら朝まで目が覚めません。そのため、多くの方が寝ていると思っています。しかし、最悪な眠りしかできていません。
眠りとは熟睡の事だけを言います。大脳が熟睡している時間を考えるようにして下さい。睡眠負債とは寝ながら考え事をしている睡眠を言います。つまり熟睡ができないので寝ていません。

睡眠と腰痛、腰の痛み

そうすると体調がすごく悪く奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。もちろん骨盤の歪み・背骨のズレも大きくありますが、痛みやコリが起きているような状況でも感じていない方もいます。

体質改善と腰痛

当院では体質改善と言う施術をしています。体質改善と言うのは、アンチエイジングの施術にもなります。
痛みが起きるのは、体質的な弱さにあります。体質的な弱さを回復させることができるのが体質改善です。

カイロプラクティック徳力整体院は30年の経験がありますから北九州市小倉北区からも多くの方が予約されています。

腰痛、腰の痛みの対処法は、ストレッチしたり、体操したり、病院で注射を打ったり、腰痛ベルト、ツボ、安静したり、歩くのが困難だったり、運動不足だとか、筋トレしたり、ジョキングしたり、腹筋したり、背筋を鍛えたり色々な方法があります。

2020年07月01日

生理痛を解消

生理痛を解消しようと思うなら原因を見つけたさなければいけませんが原因を見つけ出す前に、まずは体を整えていくことから始めています。
生理痛には、色々な症状が起きる原因があります。多くの場合、原因は体質と体調です。

体調の崩れからヒドイ生理痛になる

生理になる時に、いつもひどい生理痛になる方もいますが、時には生理痛が軽くなる事もあります。そして症状が起きる部分も変化する事がありますが、これに関係するのが体調です。

生理痛の症状

体調とは

体調という言葉は意味不明な言葉なんですが自分で体調が良いと思えば体調は良いことになりますが、当院ではそういうのに惑わされることなく、検査することをしていますので、検査をしてみると生理痛を起こしている方は全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっています。

体調を検査することを当院ではしていますが、普通では体調の検査する方法をなんかはありませんので、病院に行っても病気の検査をしていますので、体調の検査をしているわけではありません。

体調を落とすということは自分で痛みやコリなどの症状は感じなかったり疲れた感じやだるさもないからと言って体調が良いとは限りませんので体調が悪い証拠に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあります。

歪みやひらきやズレがあるということは体調の状態を表していますので大きく落としたかたほど、背骨の中の骨と骨の間にある軟骨または椎間板が、大きく膨れ上がって椎間板ヘルニアになっている方もいますので、椎間板ヘルニアと言っても、特別なものでもないので誰でも起きている現象です。

体調を落とすとは

体調や調子を落とすということは、どういうことなのかと言うと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレにしっかりと表れているんですが、自分でも感じることは便秘が、ある方は便秘がひどくなったり何日間も便通が滞ってしまうことや、生理が来たら生理痛がひどくなるということで現れています。

生理痛と体の状態

軽い時というのは体調や調子が少し良い時で、ひどい生理痛になるときは体調や調子が落ちている時です。

自分で判断できなくても生理の部分でしっかりと判断ができているからひどい生理痛になっていますのでひどい生理痛になる時には体調を落としていたり調子を悪くしているということが言えます。

この時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくがありますし背骨がずれてガタガタ状態になっているので腰痛がおきたりすることがあります。

生理痛になった方はか腹部が重たくなったりということが起きてしまいますので骨盤の家骨の部分の歪みが大きくあれば必然的にそういう状態になるのは当然だと思います。

疲れやストレスと生理痛

体調や調子落とすということは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されていくものが弱い部分に溜まるのが原因です。

生み出されていくものというのは疲れやストレスです。

つまり疲れやストレスが弱い生理に関係する部分に溜まるから余計にひどい生理痛になってしまいます。

疲れやストレスが多く溜まってくると誰だって骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がずれたりしていきますのでそういう時に生理痛になってしまうと影響が大きいということでひどい生理痛になってしまいます 。

疲れやストレスを減らして体を整えること

生理痛になっている原因を見つけ出す前に、疲れやストレスを減らして体を整えていくことが1番重要になりますので、体を整えていくことでも今現在、生理が起きて色々な症状があることも楽になることもあります。

生理痛とは

しかし体を整えても限界はありますので限界を超えていくためには、体質改善の治療が必要になりますので、生理痛の主な原因は体質から起きていると説明したように、体質改善をしなければ根本的に変えることができません。

眠りのトラブルから生理痛に

生理痛があったりひどい生理痛になる時には眠りの問題も関係していますので最近多くの方が不眠症と睡眠負債のどちらかに分かれるぐらい多くなっているものが眠りのトラブルです。

眠りというのは大脳が休養とって大脳が寝ていることを言いますので熟睡状態の時間だけですが6時間睡眠時間があっても熟睡ができる時間は30分未満だと言われています。

つまりこの30分の時間が取れているのか取れていないのか少ないのかで、眠れているのか、眠れていないのかということがわかりますので眠れていなければ、大脳が急激に弱っていき、弱っただけではなく疲弊したり衰弱状態になっている方が多くいますので、そういう状態になっていると脳下垂体ホルモンが、正しく正常に働くことはありません。

脳下垂体ホルモンというのは体の中にあるホルモンの親分みたいなものです。

2020年07月01日

肩こりなら

肩こりは普通だったら筋肉の緊張や筋肉疲労が起きると、自力解消しているはずなんです。

つまり自力解消や回復ができない原因がある事になります。

自力で解消や回復ができない理由とは??

肩こりを

自力で解消や回復ができない理由

肩こりになる時には、筋肉のコリから解消していきますが、肩こりを起こす筋肉と言うのは僧帽筋と言う筋肉が主にコリを起こしています。

僧帽筋のコリが肩こりになりますので、筋肉を柔らかくなるようにしていくのが目的で施術していきます。

その方法として、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしたり筋肉を鍛える方法や肩甲骨を動かしたり肩関節の可動域を広げたりする方法があります。

つまり、何かのグッズ を使うか、運動療法をするかです。
しかし肩こりが起きると代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

と言うことは、

どうして肩こりが起きるんだろう??

なぜ、肩がこるのか??

そこの問題は考えていません。
ただ、肩こりだから筋肉を揉む!!
肩こりだから筋肉を柔らかくする!!

筋肉のコリが起きたら、どうしてひどくなるのか??
筋肉のコリを自分で解消できないのか??

肩こりを解消

筋肉のコリが解消できない原因
普通は肩の筋肉を使うことをしても、時間がたてば自分のチカラで自力解消しています。

バックを肩に下げたり手に持ったり、手や腕や肩を使う、あらゆる動作で筋肉のコリが生み出されていきます。最近はスマートフォンの操作で肩や腕や指先を使うことが多くあるために、肩の部分が特に筋肉疲労を起こしていきます。

普通は、筋肉のコリは軽ければ自力で減らす事ができます。
軽い筋肉のコリ(疲労)は、感じなくなっても、すべて無くなる事はありません。
何かをして肩のコリを感じても、しばらくすると感じなくなります。
感じなくなるから、普通は肩こりが良くなったと、思います。
しかし、これが間違いです。

一度、生み出された疲れは、すべて無くなる事はなく残る事もあります。
残る度合いは、人それぞれで違います。
残る度合の疲れの蓄積が、どんどん日増しに増えて多くなっていきます。
このコリ(筋肉疲労)の残ったものが、ゆくゆくは限界を超えて肩こりを強くしてしまいます。

肩こりを感じるのは

肩こりと言っても24時間、ず~と肩こりを感じる方はいません。何かをしている時は、肩こりを忘れています。

しかし忘れても、していることが終わったら、また、肩こりを感じていきます。
筋肉のコリが解消されないうちに、また、コリが積み重なっていきます。

つまり、負の連座がきていき、肩こりを悪化させたり、こじらせたりしていきます。
肩こりが長いと代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなりますから筋肉も固くなることもあります。

どうして肩こりが起きるのか??

肩こりの原因とは

肩こりが起きるのは原因がありますから、原因から解消するべきなんですが、筋肉だけだと思っている専門家の先生も多くいるため、揉んだり押したりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても、一時的に楽になります。

一時的に楽になるため、その先にあるものを考えようともしていません。
肩こりほど筋肉だけを揉んでも楽になるものはありません。

しかし楽になっても、楽になった期間が長くても原因が残ったままになっています。
原因を残したまま、肩こりを楽にすることはできますが、原因も、いつまでも同じままではいられません。

肩こりには原因が

つまり原因は進行することもあります。進行すると肩こりとしてではなく、形を違えて出てくることがあります。

肩こりになる時には、疲れの蓄積が深く関係して起きています。
生み出された疲れは自分の体にたまっていきますが、『疲れた~』と思っても、いつの間にか消えたように、良くなったように感じなくなります。

しかし、感じていない疲れですが、消えたわけではなく、無くなった訳でもなく多くは残ったままになっています。

感じていないだけで消えた訳ではなく、無くなっている訳でもありません。
疲れは何をしても生み出されて、何もしなくても生み出されていきます。
生まれた疲れは、一時的に感じるだけで、多くは残って積み重なっていきます。
疲れが多くなると、ストレス(蓄積疲労)に変換されていきます。

疲れやストレスと肩こり

ストレスの変換から、ありとあらゆ悪いことが起こります。
疲れやストレスが蓄積して多くなると代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

そうすると自力で筋肉の疲労が取れなくなり筋肉のコリ、つまり肩こりになります。
自力で回復ができないと、さらに代謝が悪くなり、リンパの流れも停滞して老廃物が多くたまっていきます。しかし、起きるのは、それだけではありません。

必ず背骨のズレが起こります。

背骨のズレが起きるのは筋肉の緊張から引っ張られて起きることもありますが、疲れやストレスが、たまるのは体の表面層だけではなく、筋肉だけではなく、体の中に蓄積していきます。
体の中にも疲れやストレスがたまっていくと、徐々に骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを起こしていきます。
背骨のズレが起きるのは体の中にも疲れやストレスがたまった部分で背骨のズレの位置が違います。

疲れやストレスが体の中にたまるためには、ため込むものがあるからです。
それが、どこなのかは人で違いがあります。
主には背骨のズレは胸椎の1番目と2番目に多く起こりますので、胸椎の1番目と2番目の背骨のズレに関係する部分があります。
それは自律神経の支配している部分になります。(自律神経ではありません)
胸椎の1番目と2番目の自律神経が支配している部分に、疲れやストレスが溜まると背骨のズレになります。

肩こりと言っても筋肉だけを揉んだり押したりマッサージしても楽に感じてしまいますが、背骨のズレも残っていますし、背骨のズレを起こした原因も残っています。
背骨のズレと背骨のズレを起こした原因は、大変、厄介なもので簡単には改善することができません。

肩こりの理由

肩こりと背骨のズレ

まずは、背骨のズレを痛くない方法で整えて、背骨のズレの原因を見つけ出す事をしていきます。
背骨のズレを起こしている原因は疲れやストレスが多く蓄積していますので、減らすことで働きも良くなっていきますので安定しやすくなり肩が楽になっていきますが、それだけでもダメなんです。

体質改善の施術で根本的なレベルから変える必要があります。
肩こりを楽にする為には、原因を考える事も必要です。多くの肩こりを解消したり楽にしたりする方法は、原因を考える事も、見つけ出すことも、検査もしていません。

肩こりを言うと筋肉を揉んだりマッサージしたり湿布を貼ったりすることが一般的です。またツボを使って鍼をしたりお灸をしたりツボを使って指圧したり低周波治療器や電器などが多くあります。

当院でも昔は、低周波治療器や電器を使用していました。昔は技術力もなく検査することもできませんでしたから揉んだり押したりマッサージしてボキボキする矯正をして、あとは低周波治療器や電器をしていました。

低周波治療器や電器と肩こり

電器は低周波治療器、鍼に似た刺激をするパルス電器、磁気ホットパック、マッサージベット、金魚運動する機械、牽引器、レーザー光線などを使っていました。

肩こりを解消したり改善するなら
今では一切の低周波治療器や電器を使用していません。その理由は、検査できることができるようになったので低周波治療器や電器で痛みやコリを散らす事をしなくて済むようになったからです。

もちろん揉んだりマッサージしたりする事はしていますが目的が違います。筋肉を揉む事が目的ではありません。その先にある筋肉以外のものを見つけ出す事です。

肩こりと言っても、筋肉だけ揉んだりマッサージしたりしても楽に感じますが、どうして筋肉がコリを起こすのか、なぜ肩こりを起こすのか、原因を見つけ出すことをしなければならないからです。

2020年07月01日

肩こりとは

肩こりが起きる時には、コリを起こす原因があります。
筋肉のコリが、どこから起きるのか。どうして起きるのか原因があります。
その為には、検査が出来なければ、どこからコリが起きているのか、わかりません。

肩こりが、起きている理由が見つかりません。

肩こり

肩こりとは

その為には、まずは筋肉のコリを解消していく事からしていきます。
筋肉のコリがほぐれてきたら、先にあるモノが検査すると判明してきます。まずは、何と言っても筋肉からほぐしたり柔らかくしたりマッサージしたりすることが第一です。

当院でも昔は低周波治療器や電器などの物量を多く使っていましたので物量を多く使う所ほど技術力がありません。と言うのも電器さえ使えば済むからです。

当院では前回した矯正の状況を必ずお聞きしています。矯正したと即効性がある場合もあれば、しばらく置かないと変化がわかりにくい場合もあり、また、変化がないこともありますが、その確認をしないと、コリの変化がわかりません。

全てを1度で改善できる事もありませんので、ご自分で判断する必要もあります。その為、前回受けた後の変化を確認する必要があるからです。少しでも変化していれば同じ矯正を進める必要があります。

また変化しにくければ、矯正法を変える必要があるのか、どこかに関連するモノが存在するのか、見つけ出す必要があります。

肩こりの理由

肩こりでも筋肉のコリだけが原因で起きている事もありますが、それは少ないと思いますが、筋肉に対して湿布を貼ったり揉んだり押したりマッサージしたり低周波治療器や電器をすると楽になることも多くありますが原因が残ったままになっています。

肩こりとは

肩こりを起こしている原因は、肩こりがない時でも残って進行している事もあります。コリを感じないからと言って原因が無くなった訳ではありません。筋肉のコリを中和しても原因は進行していく事もあります。

肩こり、肩の痛みになる時には、どうして肩コリになるのか、考える事も必要です。肩コリになっている方も多くが、どうしてなのか考えていませんし、専門家の先生も見つけ出すこともなく湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をかける事をしています。

肩コリには肩コリになる原因が存在しています。
多くの専門家の先生も原因がわかっていないから、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をして楽にしたり肩こりを解消する方法をしています。

肩こりと湿布を貼る

確かに肩こりを湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽にする事ができますが、原因を見つけ出す検査も何もしていません。
肩を触って、『固いですね』とか『張っていますね』と言われるのは検査ではありません。

肩こりで来ているので当然です。

肩こりは、ただ、ほぐせば良いと言う訳ではなく、どうしてなのか?、や、どこから起きているのか??などを考える必要があります。

それをしているのが当院なんですが。

肩こりを解消

簡単な方法で見つかる事はありません。
まずは体を整える事をしないと、もしかしたら重大な原因が潜んでいるかも、わからないからです。

肩こりになる時には、必ず何かがあるから肩が凝りを起こしますから、もしかしたら筋肉のコリだけで起きているモノではないこともあります。

しかし筋肉だけ、湿布を貼ったり揉んだりマッサージしたり電器をかけると楽に感じてしまうのは事実です。

しかし肩こりは、せっかく体が起こす反応で自分に気が付くようにしてくれているのに、人は簡単に考えてしまいます。

火事の警報が鳴っているのに、スイッチだけを切ることが湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をかける事です。

火を起こしている火元があるのに!!
それが肩こりの原因です。

肩こりの原因

しかし、肩こりの原因は火元を見つけるように簡単ではありません。そのため、多くの専門家の先生も、原因がわかっていないから注射をしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしています。

注射をすることも湿布を貼ることも低周波治療器や電器をすることも痛みがある部分の痛み止めです。

肩こりが、どうして起きるのか、どこから起きるのか??
それは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるものがあります。
それが疲れです。疲れと言うと多くの方が簡単に思いますが、疲れも多くなると疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になります。

しかも蓄積疲労は、たまる部分があります。蓄積疲労がたまる部分は弱い部分にたまっていきます。人の体には弱い部分とそうでもない部分があります。そうでもない部分には疲れが

肩こりを

多くたまる事もないんですが、弱い部分は疲労をためやすくなっています。
疲労を、どれくらい、どこにためるかで、症状が起きる部分が違います。

肩こりに関係する部分に多くの疲れが溜まっていくと、体はどうなるのかと言うと、そのままではありません。もちろん筋肉の疲労、緊張、リンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

それだけではないと言う意味です。

疲れやストレスと肩こり

疲れが大きくなって疲労になり、蓄積疲労になるまでたまっていくと、すべても問題が一斉に起こります。

しかも疲れは、先ほども説明したようにたまる部分があります。
筋肉が弱い方もいれば、関節が弱い方もいますが、疲れは毎日、毎日、食事することや酸素を吸う部分にもたまります。

●呼吸で酸素を吸ったり、食事したり、ご飯を食べたり、野菜を食べたり、お肉を食べたり、魚を食べたり、アルコールを飲んだりすると内臓は働いてくれるからエネルギーを生み出してくれますが、内臓も働くことで疲れをためていきます。

特に脂分の分解や繊維質の分解、アルコールの分解にもかなりのエネルギーを消費します。

内臓が分解したり消費したり、日常で働いてくれるから動ける訳ですけど。
内臓が働く事でも疲れをためることは普通に起こります。

それ以上に、●人は日常で体を動かしたり歩いたり走ったり、掃除をしたり洗濯を干したり歓談を上り下りしたり仕事をしたりすることや、座っているだけでも疲れが多く生み出されていきます。

疲れがたまると肩こりがひどくなる

この両方から生み出される疲れは弱い部分に多く蓄積していきます。
多くの場合、弱い部分は筋肉や関節と言う事もありますが、体全身に疲れが溜まりますから、たまる場所を選んでたまる事はしません。

体の中には何があるのかと言うと、神経、血管、リンパ管、皮膚、脂肪、筋肉、じん帯、骨、内臓しかありません。(主なものは)

この中で疲れをためやすい弱い部分は、内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れや疲労の蓄積です。病気といってる訳ではありません。だから病院で検査しても意味はなく、もし見つかれば、もう病気になっています)

肩こりを起こす内臓は病気ではありません。

内臓に多くの疲れが溜まると、内臓疲労になり、内臓疲労から骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。

背骨の位置は内臓と深く関係しています。
頸椎の3番目~7番目は 横隔膜の異常
胸椎の1番目、2番目は心臓の弱り
胸椎の3番目は、肺などです。

息苦しさや、胸苦しさ、時々動悸、セキが出る、などがなくても起きていますが、病気ではありません。

主に横隔膜の弱いから首の痛みやコリになりますが、その場合は、横隔膜の可能性もありますが、肺の弱りから問題を起こしている場合があります。
また、心臓の弱りや肺の弱りがあると眠りの問題が重なっている事もあります。

肩こりの原因
2020年07月01日

肩こりを改善

眠れていると思う方も、本当は浅い眠りしかしていない方もいます。寝ている本人が気が付ていない事もあるのが眠りの浅さです。

肩こりと眠り

肩こりの原因

自分で眠れていると思う方も多くいますが検査してみると、そうではないこともあります。
眠りとは脳が寝ている事を言います、つまり脳から寝る熟睡だけです。
眠りは大きく分けて2通りのモノがあります。

一つ目は不眠症ですが、不眠症は、寝つきが悪く1時間も2時間も眠れないことで疲れが多くなります。

また夜に何回も目を覚ますのも不眠症ですが、目を覚ましても、すぐに眠れると不眠症だと考えない方もいます。

また不眠症とは違って、夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。
これは睡眠負債と言う現象で、最近、問題が多くなっていますが、朝まで目が覚めないのが特徴です。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れて寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が長くあり目が覚める瞬間に夢を見るから、夢の記憶しか残りません。その為、寝ていると思い込みます。

毎日とは言いませんが熟睡が多くできていると疲れが弱い部分にたまっていくのは少なくなります。

肩こりとは

眠りが肩こりをひどくする

しかし肩こりを楽にすることと、弱い部分を見つけ出して変えていくことは違います。
楽にしても弱い部分は進行していきます。

それを少しずつでも変えていくのが体質改善の矯正になります。
数回で体を整えたり、蓄積疲労を減らしたりしてからの矯正になります。

短期で体質改善が終わる事はありません。弱い部分ほど数十回以上も反応してくるからです。
体質改善で変える事ができるのは、筋肉、じん帯、関節、内臓などです。

弱い部分には多くの疲れがたまりやすく、ためてしまうと、骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。とくに関係するのは背骨のズレなんですが、背骨のズレは内臓に関係しています。

弱い内臓に疲れが溜まると、背骨のズレになります。背骨のズレが起きると筋肉は骨から骨へ引っ付いています。筋肉は引き延ばされたり、ゆるんだりして緊張を高めていき、リンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

これが肩こりになります。

肩こりは体質から

弱さを少しずつ変えていくのが体質改善の矯正になります。
体質改善をしていく為にも体を整えたり蓄積疲労を減らしたりすると楽になる事も多くあります。
肩こりを解消するなら、注射を打ったり、腕や肩を動かしたりストレッチしたり湿布、ツボを押したりネックレス、肩こり解消グッズ 、肩甲骨を動かしたり、サプリメント、薬を使ったりなどありますが、肩こりから頭痛や吐き気がある方もいます。

家族に肩を叩いてもらったり、揉んでもらったり、マッサージしたり、湿布を貼ったり、温めたり、冷やしたり、低周波治療器や電器をしたり、整体院やカイロプラクティック院で矯正したりボキボキしたりする方法があります。

保険が効く治療もなれば、効かない矯正もある

肩こり解消

治療も保険が効く所もあれば、保険が効かない所あります。保険が効くのは、病院、整骨院、鍼灸、マッサージ、指圧などです。

しかし保険がきくところでは本当の肩こりの原因が分かっていません.。
●病院というところは病気の検査をして病気の治療をしているわけです。

●整骨院専門項目というのは脱臼、捻挫、打撲、骨折、打ち身です。

●マッサージ師さんは筋肉に対してほぐすことをしています。

●鍼灸さんや指圧さんはツボを押すことで刺激をして整えることをしています。

保険が効く施術もあれば

保険がきくところというのはそれなりの効果があるから保険が聞いて何かを治療することができるわけですけど、保険が効く所に対して、保険がきかないところというのは矯正を行うことができるんです。

●保険がきかない整体院やカイロプラクティック院というのは、体の歪みやズレを矯正する専門の先生がいるところですから保険はききませんが、体の歪みやズレから起きるあらゆる症状を改善することができるんです。

矯正を行うところというのは整体院やカイロプラクティック院では、骨盤の矯正や骨盤の開きを矯正したり背骨のズレを矯正したりすることをしていますので、主には骨のズレやゆがみが中心です。

もちろんそれに付随する筋肉を緩めたり揉んだりということは、マッサージではありませんが、矯正するのが目的でしています。
骨を矯正するためにも筋肉や靭帯を緩めておかなければ、矯正しても効果がないこともあるからです。
揉んだりマッサージするのは筋肉を緩めるためにしていることですから目的は骨盤の歪みや骨盤の開きの矯正であり背骨のズレの矯正を行うためです。

●しかし、当院では

他の整体院やカイロプラクティック院と当院の違いはもちろん矯正を行っているんですが、保険もききませんが他でしていると思われる電気や機械を使うことがありません。

以前はよく分かりもせずに低周波治療器や電気などを多く使っていました。

マッサージチェアがあったりホットパックがあったり金魚運動する機械があったりレーザー光線まで使っていました。

肩こりを楽に

多分、未だに他の整体院・カイロプラクティック院・整骨院では多くの電気や機械を使っていると思いますが当院では一切の電気が機械を使うことを辞めてしまったには理由があります。

どんなにいい電気であろうと、低周波治療器であろうと、どういう意味で使っているのか何をしているのかということを分からずに使っている方が、多くいるんですが電気や機械を使えば使うほど、気持ち良さはあるかも分かりませんが体は疲れて行きます。

よく電気店なんかに行くと、マッサージチェアにかかりながら寝ている方がいるんですが疲れてしまって寝ているということも多くあると思いますので、低周波治療器やマッサージチェアというのは気持ち良さでごまかされてしまいますが、体はどんどん疲れるばかりなんです。

電器は

特に低周波治療器は電気などは痛みやコリを散らしているしかしていません。
体に何かの症状や痛みやコリが起きる時には、何かの異常が起きているのに、警報が鳴っているのに警報のスイッチを切ることだけしていません。

これが低周波治療器は電気という意味になりますので直しているわけではありません。

体を治すためには検査することができなければ治せませんので単純に揉んだりマッサージしても針を打ってもお灸をしてもボキボキしても効果はある可能性はありますが原因が残ったままになっています。

楽にすることと、直していくということは意味からしても全然違いますから。

★ということを考えれば、ただ揉めば良いという訳ではなくマッサージをすれば良いというわけではなく、背骨の矯正や骨盤の歪みを矯正してボキボキすればいいと言う訳ではありません。
どうして歪みが起きたのか、ズレで起きたのかという原因まで探って行かなければいけません。

2020年07月01日

肩こりを解消する

当院では予約制になっていますので必ず予約する時に、日時を決めたら、お電話で『初めてです』とか、『ホームページを見ました』と付け加えるようにしてください。そして予約時間の5分前に来院してください。 当院に5分前に来られたらカルテに必要事項を書いてもらいますので、その時に項目に肩こりという項目がありますので、その項目に〇をされてください。

肩こり

必要事項に記入されたら待合室から中に入ってもらいます。中に入ると、院長とデスクで問い合わせでお話を聞きますので、どこがコルのか、どこが悪いのかということを聞いて行きます。

肩こりを楽にするなら

症状のある所を教えてもらったら実際に院長が、確認するために治療する台に下向きに寝てもらいます。そしてまず瞬間的に確認を行いますので、どうして肩こりが起きているのか、どこから肩こりが起きているのか、本当に筋肉の凝りがあるのかないのかなどを確認することをしています。

肩こりと言っても揉めばいいというわけではなくマッサージをすればいいというわけではありませんので検査することができないと状況の判断はできないでしょうが、当院の院長は検査することができますので、確認しながら解消することをしています。
肩の筋肉からほぐす、揉む、マッサージする

まずは何と言っても、肩こりですから筋肉からほぐして行かなければ、その先にあるものを見つけ出すことができませんので筋肉の凝りから、ほぐすようにしていきますので、揉んだりマッサージをしながら改善を目指していきます。当然この時にはリンパの働きが悪くなり、老廃物も多く蓄積していますので減らして解消を目指していきます。

ある程度、筋肉がほぐれてくるとその先にあるものが反応しやすくなりますので、先にあるものというのは背骨のズレが多くの方に見受けられますので背骨のズレの位置を確認します。

肩こりと背骨のズレ

肩こりと言うと多くの場合、背骨のズレがあるんですが背骨が大きくずれてしまうと、骨と骨の間にある軟骨、または椎間板がズレることが原因で大きく膨らんでいることがありますので、膨らんでいることを椎間板ヘルニアと言います。 椎間板ヘルニアというのは特別なものではなく、誰でも悪くなれば起きているものです。

椎間板ヘルニアが起きるのは背骨のズレが大きくなった時にヘルニアになりますので疲れやストレスの蓄積から起きている現象です。

背骨のズレを矯正したり、椎間板ヘルニアを解消したりすることを進めていきます。
背骨のズレを解消したら

肩こりの施術法は

これは特別な事なんですが普通では起きたりすることもないことの分野ですが最近は体調が悪いかたや調子を落としている方が多く見受けられますので、骨が炎症を起こしたり腫れたりすることもあります。

普通では起きないから少し前までは分かりませんでしたけど、 骨の歪みだけではなく骨自体が炎症を起こしている方も時々います。

矯正しなきゃいけないものは背骨のズレだけではなく、骨の状態も確認する必要がありますし、ひどい方は筋肉や靭帯まで炎症や腫れを起こしている方までいますので、特殊な検査が必要になります。

背骨のズレを起こした原因

背骨のズレが起きる時も姿勢が悪かったり猫背で起きることはありませんので、体に中に原因があります。 体の中の原因を見つけ出さなければいけませんが、背骨のズレを起こした部分に関係していますので原因はそれぞれで違います。
背骨のズレを起こす時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張や寝不足状態や不眠症や睡眠負債で多く生み出されたものが、弱い部分に溜まるのが原因です。
弱い部分は皆さん違いますのでどこが弱いのかで起きる症状が違うんですが、生理に関係する部分が弱ければ生理痛になり、大腸が弱ければ便秘になり、腰痛が起きる部分が弱ければ腰痛を起こしてしまうということです。

たまるモノとは疲れやストレスです。

肩こりが起きる原因

疲れやストレスと肩こり、肩の痛み

肩こりや肩の痛みを起こす時には、必ず弱い部分に蓄積した疲れやストレスが原因で骨がズレて、ズレることが原因で筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりするとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくということが起きています。

毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張などで多く満たされていくものは疲れやストレスになりますので疲れやストレスと言っても精神的な疲れやストレスもあれば肉体的にたまる疲れやストレスもあります。

しかし溜まっていくのは生活や仕事や運動することや精神的な緊張だけのストレスだけではありません。

自分で気が付きにくい眠りのトラブル

自分でも一番気がつきにくいのが眠りのトラブルなんですが気がつきにくい原因は寝ているからです。 しかし寝ていると言っても本当に寝ているかどうかということは寝ている本人には分かりません。

本当の眠りというのは熟睡状態のことだけを言いますので6時間睡眠時間があっても熟睡状態ができている時間というのは30分未満になります。

つまり寝ていても熟睡ができていなければ寝ているとは言いません。

眠りの問題を起こしている時も二通りの眠りの問題があります。
一つ目は不眠症ともう一つは睡眠負債です。

不眠症と肩こり、肩の痛み

不眠症というのは目が覚めるからわかりやすいんですが自分で不眠症だと思っていない方も多くいますので不眠症というのは、夜、寝ようとする時に、寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目を覚ましてあり目を覚ましたら1時間も眠れなかったとか、夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

不眠症の方は一番弱っていると言うか疲弊していると言うか、衰弱しているのは中枢神経系の生命機能の一番、大事な部分である脳幹や大脳を、すごく弱らせたり疲弊したり衰弱状態になってる方が多くいますのでこういう方が肩こりになってしまうと簡単に回復することはできません。 というのも回復する力というのは大脳や脳幹の部分にありますので 大脳や脳幹を悪くした方というのは簡単に回復させる手段はないんです。

睡眠負債と肩こり、肩の痛み

睡眠負債というのは最近多くの方が気がついていないで睡眠負債状態になっている方ばかりなんですが、睡眠負債というのは、夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて朝まで目が覚めることがないので寝ていると思っている方ですが眠りが一番、浅いんです。

例えばですけど、夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて、すぐに寝ながら考え事をしている妄想のような時間になってしまい、目が覚める瞬間に夢を見るから、夢の記憶しか残りません。

夢の記憶しか残らないし目が覚めることがないから寝ていると思っている方です。

肩こりと睡眠

睡眠負債も不眠症と同じように、大脳が急激に弱っていますので大脳の弱った段階が、ただ弱っただけなのか疲弊状態まで陥っているのか、衰弱状態になっているのかと言う問題があるので、肩こりや肩の痛みを治そうと思うなら、眠りの問題から脳の状態を回復させなければいけません。

体質改善と肩こり、肩の痛み

当院では弱い部分を変えていくことができる体質改善という強制がありますので体質改善の矯正をしていくと弱い部分を徐々に強くなっていくことができます。
弱い部分というのは弱くなるばかりですから年齢に関係なく弱っていくのが体質になります。

肩こりでも程度が違います

肩こりでも段階と言うか、程度と感じ方が違います。肩こりでも湿布を貼っても楽になる方もいれば、ならない方もいます。
良いと言われるテレビや女性誌で紹介される運動、ストレッチ、体操をしても効果がある方もいれば、効果がない方もいます。

この差は程度に関係があります。むやみやたらにしても原因を追及しないと原因も、いつまでも同じままではありません。つまり進行していく事もあります。

肩こりだと思って湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしていた方が変化がないから病院にいったら内臓からきていたと言う事もあります。

2020年07月01日

肩こりを解消する

肩こりを解消して楽になる為には、色々な施術法があると思いますが、多くの解消法は対症療法と言う方法になります。対症療法と言うのは原因なんか関係なく表面上のコリを改善していく方法です。ですから多くの場合、筋肉のコリだと勘違いして施術しています。しかし、筋肉のコリではないのに筋肉のコリを病院で注射を打ったり、サプリメント、医薬部外品を飲んだり、揉んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽に感じてしまいます。

肩こり解消法

しかし楽に感じてもコリを起こしている原因が残ったままになっています。

肩こりを起こしている方の共通していることは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それは何をしても多くなり、何もしなくても多くなるものです。

その多くなるものとは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレス

疲れやストレスは誰でもあるものです。疲れやストレスがない方はいませんが感じていない方はいます。疲れやストレスと言うのは生活したり、買い物をしたり、掃除したり、階段の上り下り、触っているだけでも多くなり、仕事をしても多くなり、睡眠負債や不眠症でも多くなっていくものです。

さらに運動したり歩いたりジョキングしたり、スポーツしたり体を鍛える事、水泳で泳いでも、全般で疲れやストレスはたまっていきます。

肩こりとは

多くなるばかりの疲れやストレスなのに減らすことを考えていませんし減っていません。疲れやストレスを減らしていかないと減りませんし、一番、難しいのが疲れやストレスを減らす事なんです。

疲れやストレスが体に多くたまっていくと筋肉疲労が起こりやすく、筋肉が緊張したり固くなったり(一時的に)するとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くたまります。普通は、これが初期の肩こりです。

しかしさらに疲れやストレスを弱い部分にためていくと、筋肉だけではなく体の奥にたまっていきます。

体の奥の弱い部分と言うのは内臓です。
しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

体は神経、血管、リンパ、皮膚、皮下脂肪、脂肪、筋肉、じん帯、骨と内臓しかありません。あとは水分が体重の65%あります。
この中で筋肉以外でためやすい部分は内臓という事になります。しかし病気ではありません。

弱い内臓に疲れやストレスの蓄積

弱い内臓には疲れやストレスがためやすく体の中から崩れていきます。この崩れが背骨のズレになります。背骨のズレが起きると筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから、骨がズレて動くと筋肉は引っ張られていきます。そうするとリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

肩こりを楽にする方法

これが多くの方が悩んでいる肩こりです。

確かに初期の筋肉のコリだけの肩こりの方もいるかも知れませんが、今まで30年間、施術をしてきて検査できますが一人もいません。全員の方が背骨のズレと筋肉のコリを同時に起こしています。

背骨のズレの矯正は整体院やカイロプラクティック院でしかしてません。しかし整体院やカイロプラクティック院でもボキボキしたり骨盤の歪み・背骨のズレの矯正で終わっています。
体の中の事までしていませんし、わかっていません。当院では昔は、ここまで検査も施術もできませんでした。30年の経験があるからできる方法です。

疲れやストレスは弱い部分にたまる

疲れやストレスは弱い部分にたまっていきますから、弱い部分が、どこなのかで痛みやコリが起きる部分が違います。腰が弱い方は腰に多くの疲れやストレスがたまり、肩が弱い方が肩こりになります。

そして肩の筋肉が弱い方が肩こりになることもあります。多くの場合、背骨のズレと筋肉のコリの両方から肩こりになっていますから、背骨のズレを起こすのは内臓ですから、どこの内臓なのかと言う事です。

疲れやストレスの蓄積する内臓

肩こりを起こすのは弱い内臓が原因ですから、弱い内臓に多くの疲れやストレスがたまると背骨のズレになります。
背骨と言うのは内臓と関係があります。

例えば
胸椎1番は、心臓、
胸椎2番は、心臓(心臓は2か所あります)
胸椎3番は、肺
胸椎4番は、胆のうです。
特に肩の部分は心臓の領域なんですが、胃が張っても心臓に負担を起こします。

また、眠りが浅いと心臓の負担にもなります。
心臓や肺に疲れやストレスがたまると、必ず背骨のズレになります。ですから病気と言う訳ではありません。あくまでも弱りですから。

最近は多くの方が睡眠負債になっています。

不眠症と睡眠負債の違い

不眠症は寝つきが悪く寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりすることや、夜に何回も目を覚ますのが不眠症の特徴です。そして夢ばかりみることも不眠症になります。

しかし不眠症に対して、睡眠負債は違います。

睡眠負債は夜に寝ようとすると、すぐ眠れて朝まで目が覚めません。

朝まで目が覚めることがないから、寝ていると思っていますが、眠りと言うのは熟睡の時間だけを言います。夜に熟睡している時間が長くあると寝ていると言います。

しかし最近は熟睡ができていないんです。寝ている本人は、寝ているからわかりません。
寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

夜に寝たら、すぐに寝ながら考え事をしている睡眠をして目が覚める瞬間に夢を見ます。この状態の方が多いんです。

熟睡をしている訳ではありませんが、夢を見る方が少しだけ深い眠りなんです。寝ながら考え事をしている睡眠が睡眠負債になります。

寝ながら考え事をしている睡眠の睡眠負債の方は、体調がすごく悪く奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。骨盤の歪み・背骨のズレも大きくあるのは当然でしょう。

筋肉のコリ、緊張、固い、だけではなく背骨のズレ、内臓の働きは底辺です。

体質改善と肩こり

体質改善と言うのはアンチエイジングの施術にです。弱い部分を変えていくことができる唯一の方法です。強い施術ですから、体を整えないとできません。
ですから初回でできる方はいませんし、早い方で3回目くらいですね。変わらないものを変える事ができる施術になります。

2020年06月30日

生理痛を改善するなら

難しい説明をしていきますので、しっかり聞いてください。

生理の時に生理痛が起きるのは原因があります。

大きく分けて生理痛の原因になるのは、3つあります。

生理痛が起きやすい方、生理痛を繰り返している方、薬で抑えることよりも生理の時の生理痛の原因を根本から変えていきませんか?
生理痛の原因を見つけ出すことも、それを変えていく事もマッサージではありませんから簡単に何かをして変わる事はありません。

癒しても、どうにもなるものではありません。
マッサージしても、変化はありません。
ボキボキしても効果は上がりにくいと思います。

生理痛とは

ホルモンの薬も??

生理痛になる原因から変えること

生理痛が起きるのは、どこで何かの症状が起きていようが、体質と日常で多くなるものが関係しています。

上記の説明で2番目の部分ですが、日常で多くなるものとは、生活しているだけで多くなり、気温の寒暖差、熱いこと、寒いこと、料理を作ったり掃除したり洗濯物を干したり、階段の上り下りや買い物をすること、荷物を持つこと、歩くこと、車の運転、仕事やパートで働くこと、勉強すること、同じ姿勢でいること、体操したり、ストレッチしたり、ジョキングしたり、運動する事でも、疲れが生み出されます。

生み出された疲れは、一時的に感じます。
『あ~疲れた 』、と。

しかし何かをしていたりすると、感じなくなります。
そのため、疲れることをしても、しばらくすると感じなくなるから疲れたことさえ忘れていきます。

しかし、この疲れが残っているとしたら!!!
疲れが日常で多くなり、しばらくすると感じなくなって、また、次の疲れることをして、しばらくすると感じなくなっての繰り返しです。
繰り返させる疲れの蓄積を、減らす努力もしていません。

勝手に良くなってくれるから!!?
本当に、そうでしょうか??
生み出された疲れは自分の体にたまるんですよ!!
それを無視したり、良く考えもせずに

疲れることをして、しばらくすると感じなくなるから忘れてしまう。この繰り返しです。

疲れがたまると

日常で多くなる疲れがたまってくると、疲れの蓄積度合はどんどん、多くなります。
体にたまるのに限界はありません。
疲れが『ここまでしか、たまらない』と言う限界です。
つまり、無限大まで蓄積していく疲れを人は簡単に考えています。

生理痛の症状

それも日々、増やしているのに。

疲れがたまるから

疲れがたまると、人の体は、どうなるのでしょう??
まずは

疲れの蓄積が多くなるとストレスになっていきます。
ストレスとは、意味は広義におよび緊張とか、抑圧とか、衝撃、ショック、プレッシャー、恐怖、怒りなどの意味がある言葉ですが、疲れの蓄積も入ります。
疲れがたまって多くなるとストレスになって、さらに体を痛めつけていきます。
この時に生理になると生理痛がひどくなります。

眠りの浅さから生理痛がひどくなる
眠りの問題から体の崩れが起きている方が多くなりました。
眠りの問題は不眠症と睡眠負債があります。
不眠症は、寝つきが悪いのと、夜中に目を覚ますのが特徴です。

しかし睡眠負債は違います。

睡眠負債は夜に寝ようとして、すぐに眠れて、朝まで目が覚めません。
そのため寝ていると本人は言いますし、思っています。

しかし、当院では検査することができます。
検査とは、本当に眠れているのか、と言う検査です。

眠りとは寝ている本人がわかる事はありません。
睡眠負債の方は脳から眠れていませので寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

眠りとは脳が寝ることを言います。

脳から寝ていない方は睡眠負債で深く眠れていないと言うことになります。
眠りの問題がある方は、体の検査をするとボロボロなんですが気が付いていません。

生理痛が起こらなくする方法は、原因を見つけ出す事だと思います。
生理の時に生理痛が起きるのは、原因が存在しています。しかし、その原因を見つけ出すことは簡単な方法ではありません。
生理痛は病気から起きている方もいますので、その場合は病院で検査を受ける必要があります。

疲れやストレスの蓄積と生理痛

しかし、多くの生理痛が起きるのは、病気ではありませんので、病院でもホルモンのバランスが悪いとかしか言いません。

ホルモンのバランスが悪いと判断されると、薬を出されます。
しかし何も原因がないのに、ホルモンのバランスが悪くなることはありません。
なんかが起きているからホルモンのバランスが悪くなっていると考えた方が良いと思います。

その原因を見つけるためにも、体を整えていくことからしていく必要があります。
生理の時にしか、悪さを感じなくても、なにもないと言うことはありません。
30年間で、多くの方の生理痛を改善してきましたが、全員の方が体の崩れが起きていました。

生理の時以外は、なにも症状はないからと言って、体の崩れが起きていないと言うことはありません。

体の崩れと生理痛

普段は、なにも痛みやこりも症状もないからと言って、体の崩れがないと言う方はいません。
と言うのは体の崩れは、日常で多くなっていくからです。
例えば
体の崩れを起こす原因は、どこでも、何をしても存在して自分の体にたまっていきます。
これは疲れです。

体が崩れていく原因は、毎日の生活で多くなるものであり、普段からあるもので特別なものではありません。

日常で多くなる疲れを減らす努力は、誰もしていません。
何かをして疲れが生み出されても、時間の経過とともに忘れています。
感じないから忘れてしまいますから、消えたように、無くなったように思ってしまいます。

しかし、生み出された疲れは消えることも、無くなる事もありません。
感じなくなるだけで、自分の体にたまっていきます。

疲れの蓄積から生理痛が、ひどくなる

毎日、毎日の生活で疲れが生み出されて、自分の体にたまっていくと言う、恐ろしいことが現実に起きています。

しかし、多くの方は気が付かないで生活しています。
この蓄積が多くなれば、なるほど限界はありません。

つまり、「ここまでしか疲れはたまらない』と言うことはありません。

無限大までたまっていく疲れがストレスに変換されて、また、次の疲れが生み出されて体にたまっていきます。

この繰り返しが負の連鎖になり体に悪い影響がでてしまいます。
疲れがたまると、必ず、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを起こしています。

だから生理の時に、特に感じて腰痛、腰の痛みになります。
生理に関係する下腹部の部分に疲れがたまると、下腹部の張り、重たさ、になります。
生理痛を緩和するとか生理痛を解消するためには、色々な程度の生理痛がありますので、生理痛がひどいからから、軽い生理痛から原因を見つけ出さなければいけません。

生理痛を本当に解消しようと思うなら薬ばかり飲んでいないで原因を見つけ出すことも考えてください。生理痛というのは毎月毎月の生理で、つらい思いをするよりも原因を見つけ出すことをしなければいけませんが、多くの治療院などでは原因が分かっていない場合がありますので体を治していくためには整えていくことから始めて行かなければいけません。

生理痛というのは病名でもあるんですが病気ではありませんので、病院に行っても解決することがなくホルモンのバランスが悪いとかいう説明があるばかりで根本的な治療というのは行われていません。

生理痛を緩和するというよりもひどい生理痛を解消したりすることをしなければいけませんのでひどい生理痛の方が軽い生理痛が方やいろいろな諸症状が起きる場合もありますから、薬を飲んだりすることもなく色々な症状を改善するように原因から見つけ出すことをしています。

生理痛になるのは
2020年06月30日

生理痛とは

不眠症というのは自分でも気がつくことがあるんですが自分がまさか不眠症になっているとは気がついていない、または考えていない方が多くいますので、不眠症というのは夜寝ようとする時に、寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目を覚ましたり、トイレに行ったりすることがあったり、夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

生理痛

生理痛と眠り

不眠症の方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって背骨がズレているんですが、単純にそれだけではなく自律神経の支配も上手くいっていませんので、各内臓やホルモンの働きも、すごく悪くなっていますので生理の時に生理痛になってしまうのは当然の結果なんです。

不眠症の方は身体すべてが駄目になっていますので奈落の底のような体調をしていたり、どん底のような体調していますが、そんな状態の方が簡単に上がることはありえないぐらい落ちていますので、回復できない方が多くいます。

当院でもやっと回復させることができる程度だと思いますので、簡単に考えないようにしたほうがいいと思います。

眠りが浅いということは大脳が弱っていて記憶力や精神状態の問題や運動神経関係が、全てダウンしてしまいますので色々な症状が起きることは当然ですが生命機能の中枢であるものが落ちているということがすごく重要だということを考える必要があります。

睡眠負債のある方は脳が極端に弱っていますので弱っただけではなく疲弊したり衰弱状態になってる方が多くいますので、こんな状態の方は脳内麻薬が、出てきますので脳内麻薬が出てくればくるほど痛みやコリにも鈍感になっている症状を起きているにもかかわらず感じなくなっていきます。

不眠症で脳弱らせば弱らせるほど脳細胞の急激な現象が起きて麻痺したり丼かになったりするだけではないので記憶力の問題が起きたり精神的なものを患ったり色々な障害が起きて行きます。

睡眠負債と生理痛

睡眠負債の方も不眠症と同じように結果が出てしまうんですが、睡眠負債というのは夜に嘔吐する時に寝つきがよく朝まで目が覚めないけど眠りが浅いのが特徴です。

不眠症とは違って目が覚めることがないために気がついていない方が多くいますので大変な結果を招いて手遅れになるかと思います。

睡眠負債というのは自分がなっていることさえわからずに寝ているんです。寝ているから自分が睡眠負債状態になっていることさえわからないんです。

睡眠と生理痛

他人が寝ている人を見て目を閉じてスースー寝ていれば寝ていると思うでしょうが、脳が寝ていることが、眠りですから脳の中のことまで考えないと本当に寝ているかということは言えません。

睡眠負債な方は夜に嘔吐する時にすぐ眠れるけど寝ながら考え事をしている妄想時間が圧倒的、長くなってしまい目が覚める瞬間に夢を見るから夢しか記憶に残りません。そのため寝ていると思うわけです。

不眠症や睡眠負債で眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていき弱っただけではなく疲弊状態になったり衰弱状態まで陥れ方もいますので大変な状況が起きているんですが痛みやコリが麻痺したり色々な問題が起きていると限界まで悪くならない限りは何も感じ取ることができませんので限界を超えた状態で便秘や生理痛が起きている方も多いようです。

以前:生理痛がある方が当院を訪れました。この方は今まで薬で解消していましたが、このままではと言う思いで来院されました。

この方の体調を検査してみると、ひどすぎるくらい体調が悪く、この悪さを感じていません。

生理痛以外は何もないと言っていましたが、生理痛が起きる方は骨盤の問題、ホルモンバランスの問題など色々な内臓が関係して起きています。
ホルモンの問題が起きるだけでも、体調の悪さを感じるのが普通です。

しかし、体調が悪すぎると慣れてしまって調子の悪さを感じなくなってしまいます。

だから生理痛だけと思うこともあります。

生理痛が起きる時には、体調が落ちて悪い時に生理が来ると生理痛になります。

体調が落ちて悪くなると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定が起きています。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定が起きると体調と重なってホルモン系の異常が起こります。

これが生理痛になります。

しかし、多くの治療院や病院では、ここまでわかりません。わからないから薬と言う処方が出ます。

しかし、原因はあります。
検査すればよくわかります。でも検査もすべて見える物ではありません。
全体の体調とトップになっている内臓(子宮、卵巣、骨盤、ホルモン)が一つずつ反応していきます。

生理痛を解消

一つを良くすると、後ろに控えている内臓が反応していきます。これを繰り返していくと徐々に体調も上がっていきます。調子が良くなります。

体調が上がって調子が良くなったら、次の段階に進むことができます。

次の段階は体質改善なんですが、生理痛は弱くなっている内臓が関係して起きています。
老化している内臓は、今ではなく先将来に病気になりやすい内臓です。

病気になりやすい内臓が生理痛を起こしています。これを病気になる前にならないようにしていくのが体質改善と言う治療になります。

時間をおけば置くほど原因はいつの何か進行していきます。もし以前あった生理痛が楽になったりしたら逆に要注意です。

生理痛がある状態で原因が進行する場合もあれば、生理痛が楽になって原因が進行していくことがあります。

生理に関係する内臓が悪くなる前にならないようにしていくことを考えて下さい。
病院では病気の専門家ですから病気にならないとわかりません。

病気になったときに病院で検査してみると病気の陽性反応がでて病名が付きます。
当院は整体とカイロプラクティックの治療で体を整えて生理痛を改善していく方法で根本から良くしていきます。

生理痛を薬で間に合わせをするものではなく原因から変えていく方法です。
生理痛には原因があります
体調を落としていると、歪みが起きています。

この時に、生理になると、生理痛になります。 体調が良い時には、生理痛にはなりません。

いつも、生理痛のある方は、いつも体調が悪い方です。 生理痛を当たりまえと思わないで下さい。

生理だから、生理痛が起きるのは、普通だと。 生理痛による症状は色々ですが、イライラしたり、腹痛、腰痛、肩こり、胃のむかつき、ダルイ、浮腫み、冷え、など色々あります。

生理痛

生理痛も、当然として原因があります。
一つは、

①体調

②体質が原因です。

ほとんどの場合、①と②の両方が関係しています。

体質的な弱さがある方が、体調が悪いときに生理痛は起こります。 弱い所の症状が、体調が悪いときに、症状を起こします。

腰痛や肩こりも同じなんですが、体調が悪いときに、起きたり、強くなります。

カイロプラクティック徳力整体院は30年の経験がありますから北九州市小倉北区からも多くの方が予約されています。

2020年06月30日

膝の痛みを解消

膝の痛みには原因が別にあって膝の痛みが起きています。膝ばかりが原因ではありません。しかし、膝の痛みから楽にしていくことをしながら
先日、膝の痛みのある方が来られました。

この方の膝を見てみると、触るだけでわかるくらいハレています。病院でヒアルロン酸を注射してもらっているそうですが、ヒアルロン酸は関節の油みたいなものなので、関節の動きは良くなることもありますが、ハレは取れないみたいです。

膝の痛み

膝の痛みとは

当院で膝のハレを解消していくには、膝の関節の部分を触ってもむようにするだけでハレが取れていきます。しかし、その時に秘密の技術を使います。

秘密の技術なので言えませんが、怪しいものではありません。しっかりとした技術に裏付けされた技術です。その技術を使うと、膝のハレが徐々に取れていきます。

そして膝関節が先ほどよりも細くなっていっています。これは事実です。
そして膝の痛みが減ってきて確認したら、今度は膝の痛みを起こした、本当の原因を変える必要があります。

何も原因がなくて膝の痛みが起きることはありません。歩き方が悪くて膝の痛みが起きることもあるかもしれませんが、どうして歩き方が変になったのか、と言うことも、別の原因があります。

痛みの原因

原因を考えないで、追及しないで、ただ、注射を打ってもヒアルロン酸を注入しても低周波治療器や電器をしても意味はなく、もし膝の痛みが楽になったように感じても原因は残っていますから、原因はいつまでも同じ位置にいてくれません。
原因から改善してないと悪化していきます。

膝の水をぬく 

一時的な抑えができても、原因から変えていかないと膝の痛みだけを抑えれば良いと言う訳ではありません。膝の痛みが感じない時も原因は進行していきます。

当院は整体とカイロプラクティックの治療で体を整えて膝の痛みを改善していく方法で根本から良くしていきます。

膝の痛みを注射を打っても、ヒアルロン酸を注入しても、薬で間に合わせをするものではなく原因から変えていく方法です。

痛みには

膝の痛みには色々ありますが、階段の上り下りで膝の痛み、歩くと膝の痛みがある、膝の内側の痛み、膝の外側の痛み、膝に水がたまる、など色々な膝の痛みがあります。

膝の痛みには膝だけで起きていることはありません。

病院では原因まではわかりません。

病院は病気の専門家ですから、関節は専門外です。
膝の痛みには原因がありますから原因から解消していくようにしています。
一時抑えのヒアルロン酸注入したりすることも必要かもしれませんが、原因がありますから原因から変えていくことも考えてください。

膝の痛み

膝の痛みを解消するためには、膝の部分を触ってみるとわかりますが、左右を比べてみてください。。

ブヨブヨしていたり、腫れがあって大きくなっていたりしていませんか。
まずはここから抑えていくことをしないと膝の痛みは解消していきません。
カイロプラクティック徳力整体院は30年の経験がありますから北九州市小倉北区からも多くの方が予約されています。

2020年06月30日

小顔矯正をするなら

小顔矯正で小顔になるなら小顔にする為の顔とは、正式には頭がい骨になるいます。頭がい骨の前側の部分が顔と言う名称がついているだけです。

映画などでも頭がい骨の模型を見たことがあると思いますが、頭蓋骨と顔は一つの骨でできています。

小顔矯正とは

小顔矯正をする時には顔だけ小さくする事も可能ですが、顔だけ変えても頭がい骨全体に何らかの影響があります。

少し前に見たテレビでは、顔だけではなく髪が生えている頭の部分を無理やり押さえつけてボキッと音がするまで抑えると言う危険な小顔矯正をしている整体院が出ていました。(もちろん当院ではしていませんが)

小顔矯正

では、どうやって小顔矯正をすることが安全で安心でできるのか?? そして、本当に小顔にする事なんて、できるのか??小顔矯正をする時に考えに入れなければならない事小顔矯正をする時には、小顔にすることは、もちろんですが、その個人の体の状態が深く関係しています。顔を小顔にする為には、何かを減らす事をしないと顔は今より小さくなりません。

顔を今より小さくする為には、顔には何があるのか??

そこがわかっていないと、減らす事ができませんよね。顔には、浮腫み(リンパ液の滞留・老廃物の蓄積)と神経、リンパ管、血管、皮膚、皮下脂肪、筋肉、じん帯、顔の骨があります。

この中で減らしていくと顔が小さくなるモノと言うのは、神経や血管、リンパ管などは減らせません、必要なものですから。

あとは・・筋肉、じん帯も減らせませんし、当然、皮膚も減らす事はできません。あと減らしても大丈夫なものは脂肪と浮腫みです。つまり減らしても頭がい骨に影響がなく、しかも表面上にある脂肪と浮腫みを減らすことが小顔になる、まず一歩です。この項目の1行目に体の状態が小顔矯正をする時に関係すると書きましたが、浮腫み・脂肪が増える原因が、その方の体の状態に深~く関係します。

つまり体がボロボロの方やガタガタの方は、浮腫み・脂肪が増えていくからです。また体に栄養や高カロリーを与えすぎても脂肪は多くなりますし、運動不足でも脂肪は多くなります。ここで、気が付きませんか??あれ、浮腫みは??

浮腫みと言うのは本質的に脂肪とは違います。顔に限らず体にも浮腫みが多くなっている時には、多くなる度合いに応じて体に蓄積しているのものが原因です。

それが蓄積すればするほど限界なくたまっていきますから、働きだけではなく代謝も悪くなりリンパの流れに影響して老廃物を多くためていきます。

これが浮腫みです。検索すると浮腫み(ムクミ)とは、『フシュ』と説明している事もあります。浮腫みと聞くと大したことがないように聞こえますが、『フシュ』と言うと全然、イメージが違いますね。

このフシュが多くなるのは、気が付ていいる、いない別をして体の状態が良くないからです。

浮腫みは多くの方にあるモノですから、顔だけではなく体も深く関係していますし顔だけしても戻りがあります。

特に小顔にしても維持する事や持続性がないことや戻ることは、体の状態の関係ですから。あまり、言いにくいことですが、その場で小顔になっても、こんな体の状態じゃ維持することは、難しいと言う方もいます。小顔にしたわけですから、あとは維持する事は自分の体の状態に深~く関係していることはありますから、1度で終わることなく、しばらく小顔矯正を続けて見ませんか??

小顔矯正なら 色々な小顔矯正方法小顔矯正で小顔になる方法は色々ありますが、小顔マッサージとか、クリームを塗ったり、入浴して顔をマッサージしたり、ラップを巻いたり、小顔矯正グッズ を購入したり、顔の運動をしたり、小顔ローラーを使ったり、エステに行ったり、マスクを着用したり、髪型で小顔に見えるようにしたり、メイクで小顔に見えるようにしたり、小顔アプリとかを用いたり、色々な方法があります。

小顔の効果のほどはわかりませんが、それなりの効果がある事もあるかも知れません。小顔矯正と言うと、小顔の矯正と言うよりも、発汗させるような矯正がエステなどしています。

エステの小顔矯正エステの小顔矯正は、何をして小顔矯正と言っているのかと説明すると、発汗させて小顔にしているのかなぁと思います。

痩身矯正でも同じようにマッサージすることで脂肪を燃焼させると言う事はテレビでも言っていることですし、ラップを巻いたり、発汗クリームを塗ったりする方法です。汗をかいて中にある水分を出すことが中心ですから、汗をかけばかくほど、細くなる小顔矯正ですね。当院の小顔矯正は当院では発汗させることで小顔にしている訳ではありません。ですからラップを巻いたりクリームを塗ったり暖かい蒸気を当てる事もしていません。発汗させずとも顔を小さくすることは技術力でカバーしているからです。

当院では小顔矯正をしていく時には、マッサージするような感じでしていますが、実は顔を揉んだりマッサージしている訳じゃないんです。

人が横から見ていても、本当に顔を揉んだりマッサージしたりしているような感じしか思えないと思います。

だから簡単な事をしているようにしか見えない為、受けている方から『自分でもできますか?』と言うことを、聞かれるのですが、簡単にして顔が小さくなるなら、良いですが。

院長である私も小顔矯正歴が長く30年以上になります。つね、日ごろから矯正技術を上げることを研究しているからこそ、できる矯正の技です。

30年間研究して、研究してできるようになっからこそ、簡単に見える小顔矯正ができるようになった訳ですから、そんな簡単にできる小顔矯正はありません。

小顔矯正と言うと、小顔、つまり顔を小さくする事ですから、何をしたら顔を小さくすることができるのか?? 

そこも考えて下さい。ただ、顔を小さくしたいと思うのではなく、どうしたら顔を小さくすることができるのか!!

顔を小さくする為には、何が関係するのか??何を減らせば顔を小さくする事ができるのか!!言っておきますが発汗じゃないですよ。

2020年06月18日

骨盤矯正

骨盤矯正で骨盤を小さく小尻にする為には

①体を整える事(初めは骨盤を整えていくと骨盤が小さくなって浮腫み、脂肪も減っていきます)

②関係するのは骨盤だけじゃないので体全体に整えて、さらに骨盤を小さくしていく事)

③体質改善の矯正で体の中から変えると、さらに小尻になり浮腫み・脂肪も減って持続性が向上していく ④眠りの問題をチェックする(多くの方が気が付いていない眠りの浅さを確認する(矯正していくと、さらに身体が変わってきます)

骨盤矯正をしていくには大きく分けて2つの事があります。

一つは、①骨盤周辺の浮腫み・脂肪を減らす事です。

もう一つは、まさに骨盤矯正ですから、②骨盤の歪みや開きを矯正する事です。

骨盤矯正

①番目の骨盤周辺に増えてしまった脂肪や浮腫みを減らす事でも、脂肪や浮腫みがどれくらいあるのかで減らす事ができるのか、どれくらい減らせば良いのか、と言う問題もあります。

体には、無ければならない脂肪もあります。脂肪や浮腫みを多く減らす為には、あることが深く関係しています。

ですから食べすぎや運動不足から多くなってしまう脂肪もありますが、それだけではありませんし、浮腫みは脂肪とは違います。浮腫みが多いのか、脂肪が多いのか、判断しなければ減らす事はできません。

そして2番目は骨盤矯正なんですが、当然ですが骨盤矯正をする前に、骨盤が歪んでいるのか、開いているのか確認する必要があります。そして、あと2つの要因があります。

つまり骨盤矯正と言っても、

① 骨盤周辺の浮腫み・脂肪を減らす事② 骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すること③と④が深~く関係します。骨盤矯正なら当院の骨盤矯正当院の骨盤矯正は矯正を始める前に、スタッフがメジャーで測る事はしていません。

受けに来た本人が比べる事ができるようにしています。その為、わかる為には、矯正に入る前に、自分で骨盤の大きさをおぼえておく必要があります。おぼえておかないと変化しても小尻になっても分かりませんよね。

そのため、すぐに骨盤矯正に入るのではなく、まずは自分で骨盤のは幅をおぼえる事からしています。スタッフがメジャーで測る事は簡単ですが、自分で変化がわかれば、骨盤矯正したあとの、喜びが違います。他人が骨盤の幅を測ったりすると、位置が違ったり、矯正する前はユルク測って、矯正した後は、キツク測る事もあります。自分の信用できる手で、変化が、わかる事は簡単ではありません。

特に骨盤矯正は小顔矯正とは違い目で見る事が出来ません。その為、しっかりと触らないと変化がわからない方もいます。

履いてきたスカートやGパンがユルクなっても手でわからなければ意味はありません。

骨盤矯正の方法骨盤矯正の方法ですが痛いこともなくボキボキもしません、電器や機械も使いません。

院長である私の手の技術だけで矯正を行います。骨盤矯正の方法は、どうやるのかと言うと、先ほどの小顔矯正と同じようにしていきます。

骨盤をマッサージしたりすることで骨盤の歪みや開きが取れていきますし、整える事で浮腫み・脂肪が減っていくからです。

しかし先ほどから説明しているようにマッサージではありませんし、マッサージをして骨盤が小さくなる事はないと思っていますので、マッサージで筋肉を揉んでいる訳ではありません。何も骨盤の歪み・骨盤の開きをボキボキしたりする事もなく矯正すれば良い訳ですから。

しかし骨盤の歪み・骨盤の開きが起きた原因もあります。

何も原因がなくて骨盤の歪み・骨盤の開きが起きる事はありません。

そして骨盤の歪み・骨盤の開きがあるから食べ過ぎなくても運動しても脂肪が多くなっていく事もあります。骨盤周辺に多くなる脂肪は、どうして増えるのか??浮腫みが多くなる理由があります。

2020年06月18日

整体とカイロプラクティック

整体カイロプラクティックの技術で整える当院では整体とカイロプラクティックの理論や技術を使って多くの症状を改善していきます。

改善する為には、  

① 検査すること検査することができないと、どうなっているのか、わかりません。

例えば、背骨のズレがあるとしたら、どうしてズレを起こしたのか、どこかに原因があります。何も原因が無くて背骨のズレが起きることはありません。

勝手に背骨のズレが起きることもありません。姿勢が背骨のズレを起こすこともあり得ません。

どこかに背骨のズレが起こした原因があります。と言うことは背骨のズレを矯正すれば良いと言う訳でもありません。整体やカイロプラクティックと言うと、筋肉を揉んで骨盤の歪み・背骨のズレを矯正して低周波治療器や電器をしています。

当院では昔は低周波治療器や電器を使っていましたが、今では技術力の向上により一切の低周波治療器や電器を使って中和することはしていません。

確かに低周波治療器や電器をすれば色々な痛みやコリが散ってしまって施術する側は楽です。

しかし楽に感じさせるばかりしていると、患者さんの体は原因が残ったままになっています。

原因から見つけ出して変えていく方法は簡単ではありません。複雑怪奇になっている体ですから、見つけ出す方法も簡単ではありませんし、変えていく事も簡単ではありませんが、当院では、そのレベルをしています。

ボキボキしない

矯正技術だけではなく、検査する技術も必要ですから、検査して判断することをしていきます。検査した結果から導き出して矯正することをしていきますが、あとは、どう矯正すれば良いのか、方法です。

整体やカイロプラクティックのボキボキするのはボキボキする方法は初歩の技術です。ボキボキするのは手の指をボキボキする音と同じです。ボキボキ手の指をボキボキして矯正したと思う方はいません。

矯正音は、さも骨が動いて矯正できたように聞こえますが、本当の骨が動いた音ではなく、気泡の音です。荷物を梱包するプチプチを一つずつ、つぶしてプチッとさせる音と同じです。

ボキボキ音は、骨と骨の間に椎間板(軟骨)があります。軟骨の中に気泡がたまることが普通に起こります。

軟骨の中に空気の泡が大きくなると、骨のズレが大きくなり痛みになります。

この時には確かに背骨のズレが起きていますが、これは変化する背骨のズレです。変化する背骨のズレは日によってズレ度合が違います。

大きくズレることもあれば、軽い時もあります。これが起きるのは、日常で多くなる疲れの蓄積が原因です。背骨のズレ疲れの蓄積が大きくなると、ストレスに変わります。

つまり疲れやストレスの蓄積の多さが椎間板の中に気泡を多くしてしまい、背骨のズレを起こしていきます。気泡が溜まれば、たまるほど背骨のズレが大きくなります。この時に、指を曲げたりすると空間が狭くなり、気泡が一か所に集まりボキッと音がします。

気泡が多くなることで起きる痛みもあります。 腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みなどが起きるときも、顔を小さくする時も、骨盤を小尻にしていく時も、ウエストを細くする時にも両方に関係する物があります。

両方に関係するものは、日常で多くなっていくものです。

たぶん全員に蓄積していますが、症状なっている方と、なっていない方に分かれます。それは蓄積する多さに関係します。

しかし、両方に関係する物は、何をしても、何もしなくても多くなっていくものです。両方に関係するものは、何かをして蓄積が多くなりますが、長く感じることができないため、無くなったとか、良くなったと、勝手に思う場合があります。

一時的に何かをして感じても、いつの間にか、感じなくなります。感じなくなるから、良くなったと思うのですが、実は、それが消えていなくて残ったままになっています。

それが、疲れです。疲れと言うと、良く分かっていないのに多くの方が簡単に考えています。

日常で多くなる疲れが消えないで、大半が残ったままになっています。腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みになったり小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット

疲れは

●仕事をしても、パートで働いても、バイトをしても、デスクワークでも、パソコンの入力作業でも、営業でも、車の運転でも多くなっていきます。

また●掃除したり、洗濯物を干したり、料理を作ったり、買い物をしたり、荷物を持ったり、歩いたり、車の運転をしたり、階段の上り下りでも、テレビを見ることでも、スマートフォンを見たり操作することでも、ゲームをすることでも多くなります。

そして、●運動する方は、体操をしたりストレッチしたり、ジョキングしたり、腹筋をしたり、腕立て伏せをしたり、筋トレしたりプールで泳いだりすることでも多くなります。

これらのことをして『疲れた~』と感じても、いつの間にか感じなくなって忘れています。疲れが無くなったように!!しかし、感じないだけで残っています。残る疲れの蓄積が腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みになる毎日、毎日、自分の体に蓄積していく疲れの多さが痛みやこりの原因になり、浮腫み、脂肪の原因になります。

浮腫みや脂肪の原因は他にもありますが、運動不足、高いカロリーの摂取、糖分、脂分、炭水化物を食べることも原因になる事はありますが、疲れの蓄積の方が大きくあります。疲れが多くなっていくと、蓄積する限界はありません。

つまり無限大まで疲れをため込んでしまうことが可能です。

疲れが、『ここまでしかたまらない』と言うことはありません。疲れが多く自分の体にため込んでしまうと、ストレスに変換されて、また、さらに疲れがたまってストレスに変換されてを繰り返していきます。

疲れやストレスの蓄積疲れやストレスが体に蓄積していくと、筋肉のコリが自力解消できなくなり骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起こります。

代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。疲れが多くたまってくるとストレスになり ⇒ ストレスの蓄積から、リンパの問題や歪みやズレが起きています。

●疲れやストレスたまると ⇒ 筋肉のコリと骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起きて大きく歪んだりズレたりすると腰痛、肩こり、頭痛、頭の痛み、偏頭痛、生理痛、便秘、首の痛み、首のコリ、膝の痛みになる

●疲れやストレスが溜まると ⇒ 骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが軽く起こりながら、代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなり浮腫みや脂肪が増えていく。

2020年06月18日

腰痛とは

腰痛とは腰痛、腰の痛みになってしまったら急に慌てて色々な方法を考えてしまいますが、まずは無理をせずに休養をとることをお勧めします。

腰痛、腰の痛みを解消するなら①体を整えていく事(筋肉・じん帯のバランスを解消したり、骨盤の歪み・背骨のズレを改善したり、炎症やハレを確認して矯正して整えていくこと・椎間板ヘルニアがあれば改善する事)

痛みの原因を見つけ出して整えていく事

腰痛、腰の痛み

体質改善で原因を変えていく事

腰痛、腰の痛みは眠りの問題も関係がありますので本人が気が付いていないでも眠りが浅いことが原因も場合もあります。

腰痛その理由は、多くの方が仕事を休めないとか、早く痛みを無くしたいと思うでしょうが、腰痛が起きてしまった原因に関係するからです。

腰痛が起きる時には、痛みばかり気になりますが、痛みが起きている部分だけではなく、体全体の状態が良くないからです。考えても見て下さい。

状態が良い時に、そんな痛みが起きる事はありません。

急性状態の腰痛痛みが起きる時には急性状態で急に腰の痛みになる訳ですけど、何か原因が自分の体にあるから痛みになっていることに!!

それを痛みだけ早めに楽にしたいからと言って動き回ることは良くありません。

まずはお風呂に入る事も入浴も避けて、温める事も良くありませんので患部を冷やすようにします。

痛みがある部分に手を当てて温かい感じがすれば、冷やすことを続けます。状態に応じて2日から3日くらいの休養が必要になります。

休養する時も家でゴロゴロではなく、布団で寝る事です。患部を冷やして、回復を早める為にも布団で寝ることです。

冷やす方法は湿布を貼ったりすることや、かなり冷たい感じがしますが洋服の上から、保冷剤を当てることが一番ですが(凍傷に注意)。

ただし1度には3分以内です。炎症があるので、かなり冷たく感じますけど。

慢性期状態の腰痛急性期を過ぎても慢性期に入ってしまって、半年も1年も2年も腰の痛みが無くならない方もいます。

腰痛、腰が痛いなどが起きる時には、普段から運動しないからだとか、食生活が悪いとか、座りっぱなしが悪いとか、前かがみの姿勢が悪いとか、猫背だからとか、重たいものを急に持ち上げようとしたりなどと言われています。

腰痛になったり腰が痛くなってしまうと運動した方が良いと言われて腹筋したりバランスを取る為に背筋を鍛えたりすることやプールで泳いだりする方法が、良く言われることです。

腰痛と言うと運動関係をした方が良くなると言われますが、確かに痛みを緩和したり楽にする方法の一つでもあります。

またサプリメントを飲んだり健康食品を飲んだり、効果がある湿布を貼ったり、運動したりストレッチしたりする方法で腰痛を楽にする方法もあります。

腰痛、腰の痛みなら 腰痛・腰の痛みが起きる時には腰痛、腰の痛みが起きる時には、普通の生活でしていることで起きています。

例えば、良く腰痛を起しやすいのは、重たいものを持とうとしたときに起きる事が多くありますが、それだけではありません。日常で何気なくしたことで痛めてしまう事が多くあります。特別なことをしたり特殊なことをして痛めることは、多くは、ありません。

日常で、普段からしていることで腰痛になって痛みが起きてしまいます。

例えば、クシャミをしただけで腰が痛くなる方もいます。

また何かを取ろうとして腰が痛くなる方もいます。車の運転で腰が痛くなる方もいます。痛くなるのは、皆さん、違います。

ですから何かをして痛くなると言うよりも原因は、すべて自分の体の状態にあると思います。

自分の体の状態が、いつ腰を痛めても不思議ではない状態の時に、痛みが起きるからです。

いざ、腰の痛みが起きてしまうと、湿布を貼ったり、マッサージしたり、温めたり、低周波治療器や電器をしたりする方法や、運動不足から腰痛は起きると言われるので運動したり体操したりストレッチしたり筋トレしたり腹筋を鍛えたりバランスが良くなるから背筋を鍛えたりする方法やプールで泳いだりする方法などもあります。

しかし腰痛の痛みが無くなる事が目的なんですが、痛みを解消しても、原因が残っている場合もあります。腰痛を起した原因です。

普通は、原因まで見つけ出す事も、改善する事もしていないのが実情です。腰痛、腰の痛みがないからと言って、原因までなくなった訳ではないと思います。

2020年06月18日

肩こりと眠り

肩こりは①筋肉のコリだけの場合②他の要因から筋肉のコリが起きている場合の2つがあります。

肩こりを解消する

多くの肩こり解消法は、①番目の筋肉のコリだけの場合をしています。

その場合は体操したりストレッチしたり湿布を貼ったり、肩関節の可動域を広げたり、肩甲骨を動かしたりする方法などが多く言われています。

これらの方法は、普段から動かす事はない筋肉の問題や関節の問題を動かすことで解消しようとする方法です。

肩こり

肩こりを解消して楽になる為には

①まずは筋肉から改善していきます。(筋肉を揉んだり、ほぐしたりリンパを流したり)

②筋肉がほぐれてきたら、次は背骨のズレを見つけ出すこと ⇒ 痛くない方法で背骨のズレを矯正

③筋肉のコリだけではない場合もあるので、筋肉を再チェックする ④体質改善で肩こりの原因を変える事 ⑤眠りの問題も肩こりになる事もあります。(本人が気が付いていない場合もあります。眠りの浅さに)日常でも肩の筋肉は疲弊していますので筋肉の緊張や疲労が積み重なりやすくなっていますので、筋肉のコリが起きやすく解消できないコリも重複して起きてしまいます。

しかし②の他の要因が重なった状態で起きている肩こりもあります。この場合は、いくら筋肉を揉んでもマッサージしても、している時は良い感じがしますが、また、元に戻ります。持続性がありません。

確かに、初めのうちは筋肉のコリ(疲労)だったのかも知れませんが、そのうちに進行してしまう事もあります。

①の肩こりから②の肩こりに進行してしまうと、筋肉だけしても解消していきません。

それを判断しなければいけませんので検査することからしています。

肩こり、肩の痛みとは当院の肩こり解消法は当院の肩こり解消法は、本当に筋肉のコリがあるのか、検査から始めていきます。

①筋肉のコリを検査する ⇒ 揉んだり、ほぐしたり、マッサージしていきます。

そして②筋肉のコリが取れたのか、取れていないのか検査していきます。⇒ 残っていれば、もう少し筋肉を揉んでいきます。

筋肉のコリが取れていれば、次の段階の検査をしていきます。③次の段階として、肩凝りには背骨のズレが起きています。

関係する背骨のズレを見つけ出すこと、また、肩関節のトラブルも肩こりの要因になる事もありますので、検査して見つけ出す事も必要になります。

ここまでで、筋肉、背骨のズレ、肩関節など3つの問題があります。

しかし、それ以外の問題も肩こりの原因になる事もあります。

まずは、①筋肉のコリをほぐしたり揉んだりマッサージしたりリンパの流れを良くして老廃物も減らすことから。 睡眠負債と不眠症睡眠負債最近は全員の方が睡眠負債になっています。睡眠負債は不眠症とは違います。不眠症は寝つきが悪いのが特徴です。

不眠症になると1時間も2時間も眠りが出来ません。また、夜中に何回も目を覚ますのが特徴です。しかし睡眠負債は違います。

睡眠負債は朝まで目が覚めません。その為、多くの方が眠れていると勘違いしています。

眠りと言うのはスースー寝息を立てていれば寝ているのかと言うとそうではなく、大脳が寝ていることを言います。

つまり熟睡です。大脳が寝ている時間があれば寝ていると言います。 寝ている時に夢を見る時間が多かったり、寝ながら考え事をしている睡眠をしているようでは眠れていません。

2020年06月18日

腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み、


肩こりを解消する為には、肩こりが、どうして起きているのか??、 肩こりの原因が、どこにあるのか?? 考える必要があります。

肩こりを単純に筋肉のコリだと思わないでください。
確かに肩や腕や指を使うと筋肉の疲労が起きていますが、普通は筋肉疲労が起きると自力で解消しています。

肩こりで、お悩みの方

肩にバックを下げたり、軽いものや重いものの荷物を持ったり、仕事で肩や腕や指を使ったり、スマートフォンを見る姿勢や操作すること、車の運転をする、パソコン作業、本を読むなどなど、多くの生活で指先や腕や肩を使うことが多いと筋肉疲労が続いて解消できなくなりますので肩こりになりやすくなります。

筋肉疲労が多くない時に、自力で解消することが可能です。

しかし筋肉疲労が起きても、自力回復や自力解消できないことが起きています。
そのため、筋肉だけを揉めば良いとか思うことは中途半端になります。
確かに肩こりの場合、筋肉のコリと言うイメージが強いために筋肉を揉んでほしいと思う方が多くいますし、筋肉を揉んでも押してもマッサージすると楽になります。

肩こり

そのため、肩こりは筋肉が原因だと考える専門家の先生も多くいます。テレビや雑誌の特集でも運動療法的なことばかり言っています。肩関節を動かすとか、肩甲骨を動かすとか。
しかし、そんなことをしなくても肩こりにならない方はなりません。
肩こりになるのは、どこかに原因があります。


しかし原因を見つけ出さなくても、原因を解消しなくても筋肉を揉んだり押したりマッサージすると楽になります。

しかし楽になっても原因が残ったままになっています。

肩こりを起こしている原因は簡単には解決できません。そのため原因お見つけ出す事をしても、その時には楽になることはありますが、こじらせている方が多くいる為、原因を見つけ出す為にも数回はかかる場合もあります。

 

腰痛を楽にするために

腰痛、腰の痛みになる時には、重たいものを持って腰が痛くなったとか、何かを取ろうとして腰が痛くなったとか、畑仕事で座ってして立とうとした時に真っすぐ立てなくなったとか、体を真っすぐにできないとか、座って何かをして体を動かそうとすると急激に腰が痛くなったとか、クシャミをしただけで腰が痛いとか、しばらく立っているだけで腰が痛くなるとか、急に腰がギグっとして腰が痛くなってトイレに行くのも困難だと言われる腰痛もあります。

急性状態でギックリ腰になるのは腰の捻挫です。足首や手首の捻挫と同じで、関節が大きく体を支えることができないため、起きている痛みです。ギックリ腰になる方は、入浴で温めたりすることなく患部を冷やしてください。何よりも痛みが起きたら時間を、おかずに冷やす事です。

わからない場合は、何よりも冷やす事ですから湿布を貼って安静を保つようにします。

ここで仕事だからとかで無理をした方ほど、長引いています。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みの原因

強い痛みは良くなっても長く腰痛を患うことになりますし、痛みが良くなっても、痛みが引いても腰痛、腰の痛みになった原因が別にあります。

普通は痛みさえ治まると『治った』と思うでしょうけど!!
別に腰痛、腰の痛みを起こした原因があります。
普通は腰の痛みが無くなると、多くの方が治ったとか、良くなったと思うでしょうけど。

腰痛、腰の痛みになる原因は最終的には体質レベルの問題が黒幕です。

小顔矯正で小顔にしていく

当院では、人気がある小顔矯正をしていますが、初回から顔を小さくすることをしていますが、初回から顔を小さくすることは簡単な方法でできることはありませんが、当院の院長である私が小顔矯正をしていますが、簡単にしか見えない方法で小顔矯正をしているので、受けている方から、『自分でもできますか?』と言われることが多くあるんですが、30年以上の小顔矯正の経験があるからできる技術だと言うことを、わかって下さい。

初回から顔を小さくするする為には、並大抵の努力をしても叶いません。

30年間、ずっと研究することをしているからできる専門家の技です。


当院の小顔矯正は電気や機械を使うことなく、小顔にすることをしています。

当院の院長がする小顔矯正は、顔を整えると言うと変に思えますが、言い換えると体を整えていくことで、顔を小さくする小顔矯正をしています。

なのでエステのような方法で小顔矯正をしている訳ではありませんし、小顔マッサージのように顔を刺激して引き締めたりする方法や、顔の水分を発汗させる小顔矯正でもありません。

小顔マッサージで顔を引き締めても、逆に顔が緩んだ原因があります。

顔の水分を出して浮腫み・脂肪を減らしても、浮腫みや水分を増やした原因が別に存在しています。

なので、ただ顔を引き締めれば良いと言う訳でもありませんし、浮腫みや脂肪をだせば良いと言う訳でもありません。

そして顔を小さくしても維持できなければ、意味はありません。

そのため、維持しやすいように体を変える必要があります。

一度、小顔にしたら、もとに戻らないと言うことはありませんから、生きている限り戻る可能性はあります。

それを一度、小顔矯正をすると元に戻らないと言っている小顔矯正院がありますが、もし、そうだとしたら理論に会いませんので危険です。

人は生きている限り変化しています。多く食べ過ぎれば誰でも顔にも体にも浮腫み、脂肪が増えるのは正常です。

骨盤矯正をして小尻になるなら

当院では小顔矯正と同じように骨盤矯正も、人気があります。もちろん初回から骨盤を小さくすることをしていますが、何をすれば良いのか?、何をすれば骨盤が小さくなるのか?、と言う問題なんですが、

骨盤矯正で小尻に
骨盤矯正で骨盤を小さくできるのか?

骨盤矯正で、本当に骨盤が小さくなるのか?

当院では骨盤矯正に入る前に、他人が計測することはしていませんので、自分で変化がわかるようにしています。

それは、自分の手で計測してもらうことです。

骨盤矯正をする時には、骨盤の横に手を当ててもらいますが、しかし、ただ骨盤に手を置いただけではわかりません。

骨盤矯正と言っても、一度に10センチも小さくなる事なんてありません。

変化するのは1センチの方もいますし、3センチ変わったと言う方もいます。

どれくらい変化するのかは、してみないとわかりません。

なので骨盤矯正に入る前に触る練習をします。


疲れやストレスから


症状の原因、浮腫み、脂肪を多くする原因

テレビや雑誌の特集でも言わないし、専門家の方も、分かっていない方が多くいますが、ありとあらゆる痛みやこりなどの症状の腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のコリ、膝の痛みや疲れやすい、ダルイ、キツイなどにも深く関係して、ダイエット、痩せる為にも小顔矯正と、骨盤矯正でも浮腫みを減らす事でも、ウエストを細くすることでも関係するのは疲れの蓄積です。

日常で多くなる疲れは、一時的に感じている現象です。

何かをして『今日は忙しかったから疲れたな~~』と思っても、しばらくすると感じなくなるから忘れてしまいます。
•疲れを感じる期間が長いと、しばらく感じるでしょうが、疲れは、いつのまにか感じなくなりますので、多くの方は良くなったと思うか忘れてしまいます。

これが問題なんです。

多くの方が、勝手に疲れが無くなったものだと思っています。

多くの方が疲れは解消できたと思っています。

しかし、違います。
•疲れの多くは、残ったままになっています。

残り方の違いは、個人で違います。

違いがあるのは、眠りの度合いに深く関係しています。

熟睡している方ほど、疲れは取れやすくなります。

この文章を読んで『自分で寝ている』と思っている方がいますが、眠りの質の問題です。多くの方が夜に寝ようとすると、すぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

目が覚めないから寝ているとは言えません。

多くの方が不眠症ではなく睡眠負債になっています。睡眠負債とは、夜に目が覚めないけど浅い睡眠です。
夜に寝ようとすると、すぐに眠れますが、脳が働く睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が長くあり、目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残りません。

その為、自分で眠れていると思っています。
眠れている方は、どか食いしなければ運動しなくても浮腫みや脂肪が増えたり太る事はありません。
眠れている方は、朝から顔が浮腫んでいることはありません。
眠れている方は、朝から腰痛が起きることは考えられません。
熟睡ができている方は、朝から肩こりが起きることはありません。
眠れている方は、生理痛や便秘が、ひどくなることは起こりません。

疲れやストレスの蓄積が腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みに
疲れが多くなる時は限界はありません。

疲れは限界なく自分の体に蓄積して無限大にたまっていきます。疲れが多くたまった状態のことをストレスと言います。

ストレスには精神的なストレスと肉体的にたまっていくストレスの2つの別れますが、多くは両方に蓄積していきます。


大脳や精神に疲れがたまると
大脳や精神にストレスが溜まると、脳が弱っていきます。
脳下垂体ホルモンの働きに影響がでると、内分泌系に異常が出てしまいます
頭痛、頭の痛み、偏頭痛になりやすくなります。
目のカスミがおこり見えずらくなります。
イライラしやすくなり、頭がボーとしたり、フラフラする、クラクラする、うっかりが増えたり、物忘れが多くなったり、自律神経失調症になったり、不安が強くなります。
眠りが浅くなります。
精神疾患になる事もあります。


体に疲れがたまると
肉体的にストレスが溜まると、代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。筋肉疲労が自力解消できなくなり筋肉のコリが起こり肩こりになります。
筋肉のバランスも崩れていきます。
骨盤の歪み ・骨盤の開き・ 背骨のズレ が起こります。
ホルモンのバランスも悪くなります。内臓の働きも低下していきます。
大腸の働きが悪くなれば便秘になります。
ホルモンの働きや生理に関係する内臓に影響が出ると生理痛になります。



疲れと言うのは本質的に、いつまでも感じません。

感じていないだけで、大半は残っています。そして、また次の疲れが多くなっていきます。負の連鎖の積み重ねです。

しかし感じていない疲れを、調べる機械も道具もありません。
疲れやストレスの蓄積が歪みやズレに


一番、難しいのが、他人の疲れやストレスの蓄積を判断することです。

本人にも感じていない疲れやストレスを、どう判断することができるのか、また、減らす事ができるのか!!!

そこが重要になります。

体を整えていくためにも検査する技術 と 矯正をする技術の両方が必要になりますので常に研究をしながら努力しています。
検査する技術 個人的な見解ですが、多くの施術院では検査らしいものはしていません。

当院では検査することを重要視していますので検査した結果から判明した状況に対して矯正を行います。 矯正する技術 矯正するのはボキボキすることもなくマッサージをするような感覚で骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレの矯正をすることができます。また、歪みやズレの矯正以上のことをしています。

悪い部分ほど回復は遅くなりますが、軽い部分は早く回復していきます。 最近は、こじらせたり、悪化させたりしている方が増えていますし、回復するチカラ、治る力がない方や落ちている方も増えています。 矯正しても、整えることをしても直りが悪い部分もあります。その状況を確認するにも検査することが重要になります。

特に眠りが浅い方は回復するチカラが落ちています。回復するチカラを上げたりすることも必要になります。 体を整えていくと多くの症状は改善したり緩和することもあります。しかし、それだけでは良くならないこともあります。そのために検査して、『どうして良くならないのか』、調べる必要も出てきます。

当院では整体とカイロプラクティックの矯正で体を整えて腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のコリ、膝の痛みなどを楽にする事をしています。

また、人気がある小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット矯正をしています。

体の崩れから多くの症状が起きています。

体が崩れると
筋肉のコリが起きやすく、コリが自力で解消できなくなる
代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
血液の流れも悪くなり、老廃物で汚れたりドロドロにもなりやすい
神経の流れも悪くなる
水を飲んでいても体外に排出量が多くなり水分不足になりやすい
血圧も安定しない
貧血が起こりやすい
自律神経も乱れやすい
ホルモンのバランスも悪くなる
内臓の働きの低下
中枢神経の働きの低下(脳など)
骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが必ず起こります
椎間板ヘルニアになることも
熟睡ができなくなる
頭がボーとしたり、イライラしたり、不安や悩みが強くなる
細菌やウィルスが体内に入っても脳が元気じゃないと風邪も引けない、発症しないので元気だと思っている

多くの問題を同時に起こしながら、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、軟便、首の痛み、首のこり、膝の痛み、背中の痛み、背中のハリ、背中が重い、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、自律神経失調症、更年期障害などの症状が起きています。



体の崩れが起きる原因は、疲れの蓄積(ストレスの蓄積)からです。

美容的には体が崩れると
代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
浮腫みやすくなります。
脂肪が増えていきます。
肌の張り、ツヤが悪くなります。
ホルモンのバランスが悪くなり、余計に脂肪が増えていき太りやすくなります。
内臓の働きが悪くなります。
骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが必ず起こります。
眠りが浅くなると、太ります
顔が大きくなります。(脂肪や浮腫みが増えるため)
骨盤が大きくなります。(骨盤の歪み・骨盤の開きが起きて脂肪や浮腫みが増えるため)
ウエストが太くなります(代謝も悪く脂肪や浮腫みが増えるため)

体の崩れから運動しても体操してもストレッチしても食事制限をしてもダイエット食品を試しても効果がなかったりしています。

もちろんダイエットするためには、糖分や炭水化物、脂分などの摂取や高カロリーの摂取も問題になりますが、それだけではありません。

体を整えていく事が必須条件になります。

体が崩れているのに痩せることはありません。

もし仮に痩せたら体を悪くした状態で痩せていきます。

小顔矯正で小顔になるなら

小顔矯正をするなら初回から顔が小さくなる小顔になる事ができる矯正をしていますが、ほぼ全員の方が、ただ『小顔になりたい』とか、『小顔にして欲しい』と言う感じで来ていますが、小顔にする為には、知っておいて欲しい所があります。

小顔矯正するなら
①体を整えていく事(まずは体を整えるように顔を整えていくと顔が小さく小顔になります。)
②体を整えていく事(小顔矯正と言っても関係するのは顔だけではありません。体も深~く関係していますので体も整えていきます)
③体質改善で体の中から変える方法で小顔になるようにしていきます。
④眠りの問題の確認(本人が気が付いていないで眠りが浅いと、浮腫みやすく戻りやすく維持する事が出来ません)

2020年06月18日

腰痛、腰の痛みを解消するなら(北九州市小倉北区で)

腰痛が起きてしまうと何よりも安静状態を保つようにして患部を冷やす方が先決だと思いますので仕事だからとか言って休めないからといって動いたりすると悪化したりすることもあるし慢性化してしまい1年も2年も3年も5年も腰の痛みが取りにくくなっていると言う方が多くなっていますので痛みが起きたらまずは安静状態を保つことが先決だと思います。

腰痛や腰の痛みとは

どうして安静状態を保つほうがいいのかと言うとぎっくり腰や腰の痛みが起きるときには痛みが辛い時に特に状態が良くないことを言いますので全体の状態が良くないときに伊丹着になりやすくまたは強くなる場合がありますので、全体の状態が良くないときには、自分でも気がついていないことが起きている場合があります。

そういう時に仕事だからと言って休めないからといって、動いたりすると痛みだけにおさまる事はなく発作が起こる可能性も潜んでいると言うことを考えなければいけないと思いますので、何も原因がなくて腰痛や腰が痛みが起きることもありませんし姿勢が悪いからといって、痛みが起きる事はありませんので、全体の状態が良くないときに休むようなことをしないと、一気に悪化することも考えられるし発作が起こる可能性も潜んでいると言うことを考えなければいけません。

歪みやズレと腰痛、腰の痛み

体調が良いときには腰痛や腰の痛みが軽くなることもありますし、ぎっくり腰が起きることもありませんので、状態が良くないと言うよりも体調が良くないことに気がついていないだけで体のほうは悲鳴をあげている場合が多くあります。

体調と腰の痛み

腰痛や腰の痛みといっても軽い時もあればひどい時もありますので軽い時とひどいときの差と言うのは体調の状態において違うんですが体調が落ちれば落ちるほど痛みが強くなってしまい体調が少しだけ良くなっているときには腰痛は軽く感じることが起こります。

体調と言うのは意味不明な言葉でもありますがもう少しダイレクトに説明すると疲れの蓄積が原因で体調が上がったり体調が落ちたりしているんです。

体調の状態と言うのは英も違いますし午前中と午後でも違いますので変化しているのが体調ですからバイオリズムと言えないこともありませんので体調=バイオリズムと言うわけではありませんが同じようなことになっています。

疲れが溜まっていると体調が落ちて行き疲れが少し減っていると体調は良いと思えるかも分かりませんが自分でも気がつかない状態で疲れというのが溜まっていきます。

疲れやストレス

疲れの特性として一過性でしか感じ取ることができません。
疲れと言うのは仕事をしても『あー疲れたなぁ』と思ってもいつの間にか感じなくなるため忘れていきますが忘れただけでありまたは感じなくなっただけであり残ったままになっています。

体調と腰痛、腰の痛み

疲れが多くなっていけばいくほど限界はありません。

限界なく溜まる疲れが溜まっていくとストレスに変換されてしまいストレスからありとあらゆることが起きていきますので、疲れやストレスの原因から体は補正的に歪みや崩れを起こしていき、腰痛になっていく結果を招いていきます。

疲れやストレスが多くたまればため込むほど骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こしていきますので歪みや開きやズレが起きてしまうと体を支えることができない状態になったときに、急激な痛みを招いていきますので歪みや開きやズレがあるからといって痛みになっているとは限りません。

骨盤の歪み・骨盤の開きから腰痛、腰の痛みが

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレがあると、土台が不安定になっているといえますので土台が不安定なときに、前かがみをしたり重たいものを持ったり中腰をしたり同じ姿勢を続けたり、腹圧が上がるくしゃみをしたりすることで腰痛が起きてしまうんです。

腰痛、腰の痛みの原因

何をしても疲れは多く溜まっていきますし、何もしなくても疲れは多く蓄積されていきますので疲れの多さが増えていくとストレスに変換されてしまい疲れやストレスから骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こしていくんですが、軽ければ何も感じませんし大きくなっても何かをした切っ掛けがないと痛みになる事はありません。

最大限、骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きたときに骨盤が不安定になっていることさえ気がつかないで、何かをしてしまったときに、急激な痛みになって行回復できない位の歪みや開きやズレが起きたときに、慢性化状態を招いて行3年も5年も10年も腰痛に悩まされてしまいます。

痛み止めの注射を打っても椎間板ヘルニアが起きてしまうこともありますし、原因が除去されない限りは、いくら表面上に湿布を貼っても、マッサージをしても電気をしても注射を打っても効果的にはあまり良くありません。

腰痛や腰の痛みの原因

腰痛や腰の痛みの原因と言うのは、日常で多くなってしまう疲れが溜まった状態で疲れもどんどん多くなっていき、ストレスに変換されてしまうことから、疲れやストレスの蓄積から骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレになっていき悪化したものが椎間板ヘルニアになって神経の接触状態が起きてしまうと、坐骨神経痛に進行していき歪みやズレが起きた部分と言うのは結構が悪くなりますので先将来、脊椎間狭窄症と言う事まで起こります。

蓄積疲労から腰痛、腰の痛みになる

腰痛が起きてしまうと湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり電気をしたりすることが、多くありますが原因が残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられませんので、進行すると言うことも考えなければいけないんですが、腰痛や腰の痛みがない時でも原因は、いつまでも同じままではいられませんので、進行していっていますので年齢以上に悪い部分と言うのは急激に悪くなっていきますので原因を、早めに改善していかないとこじらせたり悪化させたりして治りにくくしてしまいます。



2020年05月20日

肩こりを解消して楽にするなら

肩こりを解消していくためには筋肉のコリと言うイメージが、強いために筋肉のコリから解消していくんですが、肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きている事はありませんが筋肉を押したり、揉んだりマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり低周波治療器は電気などをかけたら楽に感じてしまいますので楽になっても、その先にある原因が残ったままになっています。

肩こりと低周波治療器や電器

肩こりとは

何も考えずに肩の筋肉を押したり揉んだりマッサージをしたり、電気などをかける事は大変たやすいことなんですが、中和するのではなくて原因を見つけ出すことが必要だと思います。

肩こりとは起きる原因が存在してるから肩が凝っているわけですから、何も原因がなくて肩が凝る事はないと思いますし、どうして筋肉のコリが起きてしまうと自力で解消できないのかと言う問題も考える必要があります。

肩こりと言うと筋肉を家族の方に揉んでもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器は電気などをかけたり自分でも湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり、いろいろな方法があると思うんですが、単純に起きた現象を解消するんではなくて、どうして肩こりが起きるのかと言う理由を見つけ出さなければどんなに良い治療法でも効果が薄れていくと思います。

肩こりの回復法

多くの治療法というのが肩こりが、どうして起きるのかと言うことを見つけ出すこともなく、検査することもなく、確認することもしていないで、筋肉を押したり揉んだりすることから入っていきますので、どうして筋肉のこりが起きているのかと言う原因が解消できていないと思うんです。

肩こりが起きるときには

肩こりが起きるときには24時間ずっと肩のコリを感じている方は、いないと思いますけど何かをしているときには、肩こりが和らいでいるか、忘れていることがあると思いますけど、何かをした瞬間に、または何かが終わった瞬間に肩こりを強く感じてしまうということがあると思います。

肩こりを感じているときには、ある現象が原因で起きているんですが、日常で多くなっていくものですので、特別なものが原因ではありません。

肩こりと蓄積疲労

しかし肩の筋肉を押したり揉んだり、マッサージをしたり湿布をしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電気などをかけても、楽に感じてしまうためそこで終わっている場合があるんですが、楽になったらその先にあるものを見つけ出すことが必要になります。

肩こりとは

肩の筋肉と言うのは荷物を持ったり、バックを下げたり、買い物をして荷物を持ったりすることやスマートフォンを使ったり、ものを書いたり固定したりすることで指先や腕や肩の筋肉を使うことがあり、筋肉を使うことが原因で筋肉の緊張や筋肉の疲労を起こしていく結果肩こりとして、進行していくということが起きてしまいますので、代謝が悪くなり、リンパの停滞が起きて老廃物が多くたまる現象から肩こりをより強く感じてしまっていると言うことで、肩甲骨動かしたり肩関節の可動域を広げたりストレッチしたり体操したり筋トレしたりする方法が、一般的だと思います。

しかし同じことをしても肩のこりとして感じていない方もいますので何が違うのかということを見つけ出す必要があるんですが同じことをしても、肩が凝る方もいれば、肩こりにならない方もいますので、どこが違うのかと言う問題も体力や体調が違うと言うこともありますし、骨格構造が男性と女性で違うと言うこともありますし、力の加減と言うのも見た目で見てわからないレベルで違う場合もありますし何が違うのかということを考えていく必要があります。

運動したり筋トレしたり

そのため運動療法と言う方法やストレッチや体操をしたりすることが多くテレビや雑誌で取り上げられていますが当院ではそれもある可能性もあるんですが別なところに原因があるように思います。

肩こりを起こしている原因と言うのは、日常で多くなっていく疲れの蓄積が1番の原因だと考えていますが、疲れと言うのは1つの疲れではなくいくつも重なっている状態で重複している疲れが存在していますので、重複している疲れのことをストレスといいます。

ストレスと言うと、いろいろな意味として取り上げられますので、抑圧やプレッシャーや緊張なども、ストレスになりますし、ありとあらゆることがストレスになりますのでその中の一環として疲れもストレスの1個だと思います。

疲れと肩こり

疲れと言うのは限界が蓄積していきますので1日の疲れが全て取り去ることもなく次の日を迎えてしまい、また疲れが積み重なって行くのですが、疲れと言うのは一過性で私が感じ取ることができません。

一過性と言うのは、仕事をしてあー今日は疲れたなぁと思ってもしばらくすると消えたように忘れていくだけなんですが、忘れているだけであり聞いて言ったわけではなく残ったままになっている疲れが存在しています。

肩こりと筋肉のコリと背骨のズレ

忘れていく、疲れの蓄積がどんどん増えていき積み重なったものが、肩こりをゆくゆくは起こしていく、結果になり多ければ多いほど、強く感じてしまうということが起きてしまいますので単純に筋肉だけをもんで終わりと言うわけではありません。

2020年05月20日

小顔になれる小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしているんですが顔を小さくするためには、ボキボキしたり痛いこともないし電気や機械などを使ったりすることもなく手の技術力だけで顔を小さくする小顔矯正をしています。

小顔矯正

小顔矯正をする前に

小顔矯正をする前に当院では必ず2つのことをしてもらうようにしています。
2つのうち1つ目と言うのは矯正に入る前にしてもらうことなんですが、矯正に入る前にしてもらう事と言うのは鏡で見て自分の顔の大きさを確認してもらうことなんです。

自分の顔を鏡で見る

矯正に入る前の顔の大きさや形などを覚えておかないと変化したのがわからないと思いますので当院では自分で顔の変化がわかるようにしているのが特徴なんですが、単純に鏡で自分の顔を映しても意識して何を見るのかということを決めておかないと鏡で映してもただ鏡に映しているだけになってしまいますので、鏡で自分の顔を移すときに左右差を比べてもらうことをしています。

鏡で見たり、手で触ったり

顔と言うのは左右に違いがあると思いますので、誰でも端を中心として顔の大きさが違います。

顔の左右差

鼻を中心として、顔の左右を比べてみるときに右側と左側の大きさや形などを確認してもらうとしっかりと分かりますので顔の左右差をと言うのは小顔矯正をしていくときには大切なことになります。
顔の左右差を確認するときには、意識をしないと分かりづらくなりますので、わかるようにして鏡で右側と左側の顔の大きさや出っ張り度合いやむくみ度合いを比べることをしてもらいます。

例えばですけど端でまっすぐに線を引いたとして、右側の顔と左側の顔を比べてみるときに右側の方が全体的に大きいと言う場合や左側は頬骨の部分だけが出っ張っていると言う感じで自分の顔を見るわけですけど、これは例ですから、その通りだとは言えません。

手で触ること

鏡で見て自分の顔の大きさがわかったら、今度は、自分の両方の手のひらを顔に当てて顔を覆うようにして、右側と左側を比べてもらうことをしています。
もちろん端を中心にして、右側と左側の店にあたる顔の感触を覚えるようにしてもらいますが単純に顔に手を当てただけの方や置いただけで意識していない方はわかりません。

小顔矯正と浮腫み

小顔矯正といっても10センチも20センチも変わる事はありませんので、変わるのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じで変わっていきますので、例えば1センチ変わってもわかるように触らなければ、変化したのが、わからないと言うことになりますので、わからないと言うことがないようにしっかりと障ることをしてもらいますが、必ず意識をして何を触るのかと言うことを考えて触ってください。

意識して見る、触る

必ず、何かをするときには、何をすれば、いいのかと言うことを考えて触って欲しいところなんですが、中にはただ手を置いているだけの方や触っているだけで意識していないつまり頭を働かせることができていない方が時々、いらっしゃいますので、そういうことがないようにしっかりと触って貰います。

小顔矯正に入ります

2つのことを触ってもらったり鏡で見てもらった後に、小顔矯正に入っていきますので力を抜いて寝ているだけで、しばらくすると顔が、どんどん小さくなっていきますが初回はむくみや脂肪から減らすことをしています。

顔と言うのは体と同じように、むくみや脂肪が多く存在していますので、まずは減らすべきものは、むくみや脂肪から減らすことをしていくんですが、むくみや脂肪が、どうして増えたのか原因が存在しますので、減らせばいいわけではありません。

小顔矯正と言うとエステの小顔矯正がありますが、顔を刺激するように小顔マッサージをしたりすることで、引き締めていく方法とラップやタオルや蒸気などを当てて発汗させる方法で小顔矯正にしていると思います。

これはあくまでも院長の見解だと言うことを理解してください。

しかし当院の小顔矯正はエステの小顔矯正とは違います。

当院の小顔矯正は

当院でやっている小顔矯正と言うのは、体を整えていくと言ったほうが理解しやすいと思いますので顔を触らなくても、体を整えていくことで顔が小さくなる小顔矯正なんですが、顔を触らないと小顔矯正とは言えないと言うこともありますので、体と同じように、顔も整えていくことでむくみや脂肪を減らすことができる小顔矯正をしています。

顔を正常にする小顔矯正

当院の小顔矯正は、ほとんどの場合顔マッサージするような感じで顔を小さくすることをしているんですが、クリームを塗ったりする事もしていませんし、暖かい上記を当てて発汗させるような小顔矯正ではありません。

当院の小顔矯正はマッサージをしているような感じで、小顔矯正をしていくと説明しましたが、実際にマッサージをしているわけではなく、同じように他の方が顔マッサージしても変化はほとんどありません。

しかし院長が顔を強く揉んだり、本当のマッサージをするような感じではありませんが、顔を揉んだりしているだけで、本当に顔のむくみや脂肪が取れていくと言う小顔矯正ですから大変多くの方が不思議がられているのが実情ですけど本当に顔が小さくなることにかけては定評があります。

2020年05月20日

小尻になる骨盤矯正

骨盤矯正をしていくときに骨盤の幅を変えていくことが骨盤矯正ですから骨盤矯正をするときに何をしたら骨盤が小さくなるのかと言う問題を説明していきたいと思います。

骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときに骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますが当院ではスタッフがメジャーや計測する道具で計測する事はありませんので自分で判断することができます。

骨盤矯正をしていくときには骨盤を整えれば言葉が小さくなるのかと言う問題がありますが骨盤を整えても小さくならない時もありますし、何をしたら骨盤矯正をして骨盤を小さくすることまたは小尻にすることができるのかと言う問題を確認しながら矯正を行っております

骨盤矯正をするなら

骨盤矯正をするならボキボキもしないし痛くもない方法で矯正をしたほうがいいと思うんですが今まで30年間で骨盤矯正をしてきて多くの方を骨盤を小さくすることをしているんですが全員の方が骨盤が大きくなっていると言う事実があり骨盤が大きくなることが原因でスカートやパンツなどが入らなくなったりすることがありますので骨盤が大きくなっているなと思って多くの方が骨盤矯正に訪れています。

骨盤矯正で骨盤の歪み・骨盤の開きを

骨盤が大きくなるのはどうして

骨盤が大きくなっていくのはどうしてなんだろうと考えたことありますか。
普通一般的には運動不足をすると、むくみや脂肪が増えているから骨盤が大きくなる場合と。

運動不足から起きるむくみや脂肪が多くなっているから骨盤が大きくなる場合と。
炭水化物や糖分や油分の摂取や食べていなくても高いカロリーのあるものを食べていることが原因で骨盤が大きくなっている場合もありますので、言葉が大きくなるときにはむくみや脂肪が増えているからなんです。
しかし運動や食事だけでは骨盤が骨盤が大きくなることもあるんですがそれ以外の原因もあります。

骨盤が歪んだり大きくなる原因は

骨盤が歪んだり大きくなる原因は、脂肪やむくみが増えているからと考えることもありますが骨盤の部分をつまんでみると、骨盤の脂肪やむくみがどれぐらいあるのかという事は自分で判断ができますので、表面上にあるのは皮膚と光脂肪と筋肉と人体と浮腫と脂肪しか存在していませんので、骨盤の横の部分を親指と人差し指を力いっぱい込めてつまんでみると、つまんだ幅をお父さんの分だけ脂肪やむくみがありますがむくみと言うのは水分です。

骨盤矯正をするときに

骨盤矯正をするときに、骨盤の歪みや骨盤の開きがあると代謝が悪くなりリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまることから、むくみや脂肪が増えていく傾向があるんですが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうのかと言う原因がありますので原因を探して見つけ出す必要があるんです。

太くなる骨盤

特にむくみや脂肪が増えるときには運動不足や炭水化物や糖分や油分等の摂取や高いカロリーのあるものを、食べていると言う可能性もあるんですが、日常で多くなっていく疲れの蓄積も、むくみや脂肪を増やしてしまい代謝を悪くしてリンパの流れが停滞した状態を起こし老廃物が多くたまる現象からむくみが脂肪が増えると言うこともあります。

そして、さらに日常で多くなっていく疲れの蓄積が限界なく溜まっていくとストレスに変換されてしまいますので、疲れやストレスの蓄積から、むくみや脂肪を起こしたり代謝を悪くしたりすることが起こります。

疲れと骨盤矯正

仕事をしても、疲れと言うのは生じて行きますし疲れが生じても一過性で私が感じ取ることができないため時間とともにしばらくすると消えたように忘れていくことが原因で積み重なっていることさえも気がついていません。

運動しても筋トレしてもスポーツをしてもプールで泳いでも、疲れは生じて行きますから一時的にしか感じとることができない疲れと言うのは溜まることが多くありすべて解消しているものではないんです。

健康と言うと運動したほうがいいストレッチをした方が良い体操や筋トレをしたほうがいいと思いますが生じてしまう疲れの蓄積を考えて言っているわけではありませんのでただ動けば良い筋肉を鍛えれば良いと言う根拠がないものなんです。

健康と言うと動ければいいとか筋肉を鍛えたりストレッチをしたりジョギングをしたりする方法などが一般的なんですが、生み出されるもののことを考えていませんし先ほども説明したように疲れやストレスは一過性でしか感じ取ることができないため体に溜まっていると言うことさえもわからないことが多くあるんです。

疲れやストレスと骨盤矯正

しかし疲れやストレスが溜まると言うことが、わかっていると思いますが体が補正をしていつの間にか感じなくしてしまいますので、なくなったように思えてしまいますが、なくなったわけではなく感じないだけなんです。

疲れやストレスと骨盤の歪み・骨盤の開き 

何かをして疲れたと思っても、一過性で感じ取ることしかできないため、しばらくするとなくなったように消えたように疲れは思えるでしょうが、残っているのが大半なんです。
疲れが溜まると言う事は分かっていても、疲れを検査する道具もなく自分で感じ取ることしかできないため、多くの方が疲れることをしても、いつの間にか体が感じなくしてしまいますのでたまっていることさえ気がついていません。

仕事をしても疲れが生み出されますし、ジョギングをしても疲れが多くなるし、歩いても疲れが多くなるし、階段を登ったり降りたりすることでも疲れは多く積み重なっていきますので、何をしても積み重なるものがあり何もしなくても疲れは溜まっていきます

2020年05月18日

肩こりを解消するには

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリから解消していくんですが肩こりと言うとどうしても筋肉と言う意味が深くあり筋肉が凝りを起こすとリンパの働き悪くなって代謝が落ちてしまい老廃物が多く溜まっていくということが起きてしまうんですが、どうしてリンパの流れが悪くなるか、どうして老廃物が多く溜まってしまうのか、どうして代謝が悪くなるのか原因が、どこかに存在しています。

肩こりの原因

肩こりとは

肩こりと言うと起きる原因と言うのは日常で指先や腕や肩などを使うことが多くあり力が入っているんですが、力が入ることが原因で筋肉疲労を起こすのが、肩こりだと言われていますので、普通は筋肉のコリが起きても、緊張が起きても自力で解消できなければいけないんですが自力で解消できない原因が、どこかに存在しているときには、自力解除ができなくなって、肩こりを積み重ねていく結果が起きてしまいますので積み重ねた結果、肩こりとして強く感じてしまっているということが多くあるみたいです。

普通は肩を動かしても、荷物を持っても、ものを書いても、スマートフォンを操作しても肩に力を入れても、腕に力入れても指先に力を入れても自力で解消できなければいけない筋肉疲労が、どうして残ったままになっているのかというのが肩こりを起こしている原因になっているからなんですが。

肩こりと仕事

どうして肩の筋肉が凝るのか

どうして肩の筋肉が凝りを起こすのかと言う問題があり、単純に何も考えないで湿布を貼ったり家族の方に、肩を揉んでもらったり、専門家の先生に肩をマッサージしてもらったり鍼灸をしたり指圧をしたり、整骨院で低周波治療器は電気などをすることも構いませんが、原因が残ったままになっていると繰り返す恐れがあり根本的な解決にははじめのうちはなるんですが、次第に解決にはならない位の状態になっていくと言うことで進行が起きていくんです。

肩こりを解消していく

肩こりを解消していくときには何も考えもせずに、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり電気を開けたりする方法もありますが、原因を見つけ出して原因から変えていく方法もあります。

しかし普通一般的には、検査することができなければ、原因は見つけ出すことができないので形は1番、難しいものであり厄介なものであるんです。

肩こりを解消していくときに

肩こりを解消していくときに検査ができなければ状況判断ができませんので目で見ても手で触っても分かる事はありませんので想像で言ってるだけにしか過ぎません。

疲れやストレスと肩こり

肩こりで訪れていると肩が凝っていますねとか硬くなっていますねとか貼っていますねと言うのは単純に触った実感を言ってるだけであり、原因を見つけ出すことをしていませんので、原因を見つけ出すこともなくただ揉んだりマッサージをしているだけです。

目で見ても肩こりの原因がわかることもなく、手で触っても原因が分かる事はありませんので原因を追求するためにも、検査することができなければ原因は10年たってもわかりませんので10年、経ってしまうと進行すると言うことがあります。

肩こりの原因

肩こりには原因があると説明していきましたが、肩こりの原因は本当に厄介なものであり進んでしまうと大変なことになってしまうのが、肩こりの原因になっている場合が多くあります。

何も原因がなくて肩の筋肉が凝りを起こしたりその先にある原因が起きることもありませんので、どこかに原因があるはずなんですが、原因を見つけ出す事は簡単な方法でできる事はありませんので、原因を見つけ出す事は非常に厄介な状況になっていて説明するのも憚れるような内容になることもあります。

肩こりが自力解消できない原因

肩こりが自力で解消できない原因は、どこにあるのかと言う問題は日常で多くなっていくものが積み重なっていると考えた方がいいんですが、特性として一定で積み重なるものでも、一過性で私が感じ取ることができない、一時的にしか感じ取ることができないため多くの方は忘れてしまっているんです。

肩こりと疲れやストレス

肩こりが自力で解消できない原因と言うのは日常で多くなっていくものと言うのは疲れたんですが疲れと言うと簡単に考えてしまっている方が多くいますので疲れのことを、よく知りもせずに考えもせずに単純に疲れたと言う感じで、簡単に考えていますが、疲れほど怖いものはなく恐ろしいものはないんです。

疲れが多く溜まれば溜まるほど体を急激に老化させていくと言う言葉を着て行きますし最終的にもしかしたらですが、病気になる可能性はあると言うのが疲れの蓄積なんですが疲れと言うのは限界なくため込むことができますので限界なくため込んだものをストレスといいます。

疲れやストレスと肩こり

限界なくため込んでしまう疲れなんですが、疲れを一時的に感じても、いつの間にか時間の経過とともになくなったように、消えたように思えるかも分かりませんが、大半は残ったままになっています。

仕事をして今日は忙しかったから、疲れたなぁと思ってもいつの間にか飲んだり帰る支度をしているうちに感じなくなっているんですが残ったままになっています。

階段を登ったり降りたりすることで、疲れたなぁと思ってもうしばらくすると消えたように忘れていきますから感じなくなっているんですが残ったままになっています。

疲れの蓄積

疲れの蓄積と言うのは感じないだけで大半は残ったままになっているんですがどれぐらい残っているのかは人それぞれで違いがありますので100%残る事はありませんが半分以上残っていると考えた方がいいと思いますので残っている蓄積から体はダメージを受けていきます。

2020年05月18日

肩こりを解消する

肩こりを楽にしていくためには肩こりが起きてしまうと代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなって老廃物が多く貯まるということが起きてしまいますので筋肉のコリを解消しながらリンパを流したり老廃物を解消したりすることをしなければいけません.

肩こり

肩こりとは

肩こりを楽にしていく方法というのは色々な方法があると思いますが湿布を貼ったりサプリメントを試したり一般的には家族の方に肩を揉んでもらったり専門の先生に頼んでマッサージをしてもらったり指圧をしてもらったりお灸をしてもらったり針を打ってもらったり低周波治療器や電気などをかけたりする方法もあります。

肩こりとは

また運動療法的には運動したり筋トレしたりストレッチをしたり体操したりする方法も多くありテレビや雑誌などでも特集として取り上げられて肩甲骨を動かさないから肩こりになりやすいとか肩関節の可動域を広げたほうがいいということで壁やグッズなどを使って解消しようというやり方もあります。

肩こりとは

しかしこれらの現象は肩こりが、どうして起きるのか、なぜ起きるのかということを考えているわけではありませんのでただ単に可動域を広げたり運動したりすることで代謝を上げたりリンパの流れを解消したり老廃物を流したりする行為だと思います。

肩こりの原因

肩こりが起きる時にはどこかに原因があるはずなんですが原因を見つけ出すことは病気でもない限り難しく多くの専門家の先生もプロの方も肩こりは筋肉のコリだと決め付けている場合がありますのでその先にあるものを考えていることもなく筋肉を押したり揉んだりマッサージをしたり針をしたり指圧をしたり電気かけたり湿布を貼ったりサプリメントを飲ませたりということが多くあるのが事実です。

肩こりが起きるには必ず原因がどこかにあります。

肩こりが何も原因がなくて起きることはありませんのでどこかに原因があるんですがそれを見つけ出すことは簡単な方法ではできませんので多くの場合、肩こり = 筋肉の凝りというイメージが強いために筋肉のコリばかりほぐす行為を行っているのが実情でも楽になることがあるために筋肉、止まりになっている場合が多くあります。

目で見て肩こりの原因が分かることもなく触って肩こりが分かることはありませんので肩を触ってみても肩こりで訪れているわけですから筋肉が硬くなったりはったりコリを起こしていることは当然の結果なので肩の筋肉を触って硬いですねと言われても納得してしまうことが多くあり、胡麻化されているような実情です。

肩こりと低周波治療器や電器

肩こりと筋肉を動かすこと

肩こりと言うと筋肉を動かすことが少ないから代謝が悪くなりリンパの流れが停滞しているを廃物が多く貯まることから肩こりをより強く感じてさせてしまうということがあるため、運動療法が多くあり 壁を使ってストレッチをしたり肩甲骨を大きく動かすことをしたりすることがあり確かにストレッチをしたり体操したり肩甲骨を大きく動かしたりすると一時的にリンパの流れが良くなって肩こりが楽になったような感じがするんですが原因を見つけ出すことをしなければ、いつまでも、そんなことをやって保てるわけはありませんので肩こりを感じていないでも進行するということが原因で起きてしまいます。

筋肉が弱っているからだと思って筋トレしたり運動をしたりすることも多くある肩こりなんですがダンベル体操というのも、肩こりを解消する方法だと言われていますが、一時的に肩こりを楽にすることはできますが楽になっているだけであり原因が残ったままになっていると進行するということが原因で起きてしまいます。

肩こりの本当の原因

肩こりには肩こりを起こす原因が存在していますが見つけ出すことも検査することもたやすいことではないために筋肉ばかり注目してしまって解消しているのが実情ですから筋肉をしてに揉んだりマッサージをしたり電気をつけたり湿布をしたりサプリメントを飲んだり針をしたり、お灸したりする方法が一般的だと思います。

しかし肩こりが、どうして起きるのか肩というのは、いつも何気ない動作に使っていることがあり荷物を持ったりバックを持ったりすると肩を上げるような動作をしてしまい上げるような動作で筋肉に力が入ってることが原因で筋肉疲労を起こしこりに進展していくということが肩こりの結果になります。

肩こりになるのは

指先に何かを持つことでも指先から腕から肩まで全部に筋肉の力を入れないと保持することができませんしもつ重みを支えることができませんので、何気なくしていること自体が筋肉のコリを起こす結果につながっていきますので、積み重なったものが全てカタクリとして進行していきます。

特にスマートフォンなどを扱う操作でも指先だけではなく指先や腕や肩にも力が入っていることが原因で筋肉のコリを解消しにくくなっているんですが筋肉を使えば使うほど疲れが多くてあまり、筋肉疲労へと解消できないうちに積み重なったものが肩こりになっていきます。

普段から自分でも意識をしないと筋肉のコリとして解消できないぐらいになったものが積み重なっていくと肩こりとして強く感じてしまうということが起きてしまうんですが自力解除ができない原因が別に存在しています。

肩こりの本当の原因

本当の 肩こりを起こしている本当の原因というのは日常で多くなって行くものが原因の場合が多くあり、日常で多くなるものというのは仕事をしても、生活で掃除や洗濯や料理を作る時でも階段を登ったり降りたりする時でも、スマートフォンを扱ったりすることでも多く積み重なっていくものが多くたまっているのが原因です。

肩こりと背骨のズレ

肩こり起こしたり自力解消できなくなる原因は、日常の生活することで積み重なっていくものが原因なんですが積み重なっていくものは、何をしても生み出されていき何もしなくても満たされていくものが原因で積み重なっていくことで身体の異常を起こしていき代謝を悪くするだけではなくリンパの問題が関係するだけではなく老廃物が溜まるだけではないことが起きているんです。

2020年05月18日

肩こりを解消する

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージがありますので、筋肉のコリと言うコリの意味が意味不明な言葉なんですが、一般的には使われている言葉です。

肩こりの凝りと言うのは普通一般的に予想すれば筋肉の緊張とか筋肉の疲労と言う意味になると思いますので、肩こりは筋肉の緊張や筋肉の疲労から起きている現象だといえます。

肩こりとマッサージ

肩こりとは

肩こりの方は解消法としては湿布を貼ったりジェル状のクリームを塗ったり、家族の方に肩を揉んでもらったり、専門家の先生に頼んで肩をマッサージしてもらったり、低周波治療器や電気などをしてもらったり、温めたりと言う方法が、一般的に行われている方法なんですが、肩こりを起こしてしまうと筋肉を使うことがないとか肩関節を動かすことがないとか、肩甲骨の動かし方が少ないとか言われてしまうため体操したりストレッチをしたりと言う方法で代謝を上げてリンパの問題や老廃物を流すと言うことをしていると思います。

肩こりを起こす場合、指や腕や肩を使う動作が、全て対象になってしまいますので最近は携帯やスマートフォンを操作することがあり、スマートフォンや携帯を操作するときに、指先でタッチしますので、指や腕や肩に力が入ってしまいますので、力が入ることが、原因で筋肉の緊張を起こし筋肉疲労を起こしていき肩こりになります。

肩こりとは

普通は筋肉を使うことがあっても関節を動かすことがあっても、筋肉疲労はしばらくすると解消できなければいけないんですが、解消する方法ができていないと言うことがありますので、解消することができないと、筋肉疲労や筋肉の緊張が積み重なるばかりで蓄積していきます。

肩こりを検査する

肩こりを検査することをしていますが、普通一般的には、肩の部分を触ってみて肩が張っていますねとか、肩が硬くなっていますねとか、筋肉が凝りを起こしていますねと言う触った状態で言われていることがありますし、言われた本人もそれで納得してしまいます。
肩こりと言うと筋肉の問題と言うイメージが強いために、普通一般的に専門家の先生も一般の方も筋肉のコリばかりだと考えてしまい筋肉をほぐすことに対処していますが肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きている事はありません。

しかし筋肉のコリや緊張をマッサージするように揉むように押すようにするとリンパの働きが上がり、老廃物が流れて代謝が良くなることから、一時的にしろ肩こりを感じなくなってしまいますので、感じなくなることが良くなったとか楽になったと言われています。

肩こりの原因

筋肉をマッサージしても

普通一般的にマッサージの先生に肩を揉んでもらったり、押してもらったり、解してもらうことで、肩こりは楽になってしまうことがありますが、しばらくは楽になった感じが続くんですが、また同じことを繰り返してしまうということがあるのが肩こりなんです。

同じことが続くと言う事は、何か他の原因があるのかもわかりませんけど、筋肉を押したり揉んだり、マッサージをしているような状況で長く続けてしまうとどれぐらいか分かりませんが徐々に筋肉が硬くなっていきます。

肩こりのコリとは

肩こりと言うのは筋肉が硬くなる現象でも肩こりを起こしてしまいますので長く肩こりを起こしている方ほどまたは刺激を多く加えた方ほど筋肉も堪えきれずに硬くなると言う現象が本当に起きてしまいますので硬くなったものは一時的に硬くなったものではありませんので永久的に硬くなったものですから老化した筋肉というのが完成してしまいをしても揉んでもマッサージをしても解しても1時は、良いと感じますが変わる事はありません。

肩こりと運動

筋肉が本質的に硬く老化したものがマッサージをして揉んでも押しても解しても柔らかくなる事はありませんので永久的な硬さと言うものもあります。

老化した筋肉と言うのはマッサージをしても柔らかくなる事はありません。
例に例えると膝関節が老化して硬くなった関節が、揉んでもマッサージをしても柔らかくなる事は無いのと同じ現象です。

どんなに、マッサージを加えようと思う筋肉が硬くなったものは、柔らかくなる事はありませんけど加えれば加えるほど、刺激になり刺激を加えると筋肉は、抵抗しようとして、徐々に硬くなっていき神経の流れや血液の流れやリンパの流れを悪くしてしまい老廃物が溜まってしまうということが起きてしまいます。

運動したりストレッチをしたりすることは

運動したりストレッチをしたりする事は肩や腕と言うのは上にあげる機会もあまりありませんので、上に上げてストレッチすることでリンパの働きや老廃物が流れていき血液の流れも良くなる、または神経の流れも良くなると言われていますので、単純に伸びをする事は良いことだと思いますが、伸びをして解放できる程度の肩こりであれば解消できると思います。
肩こりと言うのも段階があり、いろいろな状況が考えられますので、また原因もありますので単純に腕や肩やストレッチをしたり、体操したりすることでも代謝は良くなり、リンパの働きや老廃物が流れると言う事は起きますが、それで全てが解消できるほど肩こりは簡単なものではありません。

肩こりとストレッチ

肩こりは筋肉のコリだけの方もまれにはいると思いますが筋肉のコリだけで起きている事はありませんのでその先にあるものも見つけ出さなければいけませんが、まずはその先にあるものを見つけ出すためにも筋肉から押したり揉んだりマッサージをするようなことで筋肉のコリを解消していきます。

筋肉のコリが起きると

筋肉のコリが、ある程度ほぐれて代謝が上がりリンパの問題や老廃物が解消されてくるとその先にあるものを見つけ出すことができやすくなりますので、見つけやすくなるためには、まずは筋肉からほぐすことをしていますが筋肉をほぐして終わる事はありません。
肩こりの筋肉がほぐれてその先にあるものと言うのは必ず起きているのは背骨のズレです。
背骨のズレといっても胸椎のズレもあるし頸椎の下部のズレもありますので両方が肩こりに関係してしまいます。

背骨のズレがあるときには、必ず、背骨のズレが原因ではなくて他に原因があることもありますが、まずは背骨のドレンを矯正することを必要としますので、背骨のズレを整えていく方法を痛くないことでやっています。

背骨のズレと言うのは姿勢が悪くても起きる事はありませんし猫でだからといって骨がずれる事はありませんので他の要因があると考えた方がいいと思いますけど背骨がずれることが原因で筋肉は引っ張られたり緊張しやすくなったりしてこれを起代謝悪くしてリンパの問題や老廃物を多く貯めてしまうということが起きてしまいます。

肩こりを起こす原因

肩こりを起こす原因は筋肉のコリと背骨のズレなんですが背骨のズレがどうして起きるのかと言う問題は日常で多くなっていく疲れやストレスが原因で起きていきますので疲れやストレスを多く貯めた方ほど、背骨のズレを起こしていきます。

肩こりと蓄積疲労

普段の生活で疲れは何をしても多くなりますし、何もしなくても多くなっていくのが疲れですから疲れの蓄積が、どんどん、どんどん溜まっていくことが原因でストレスに変換されてしまいストレスの蓄積から背骨がズレていきます。

仕事をしても疲れが生み出されてしまいますし体動かすことでも疲れは多くなっていくこともありますが疲れの特性として、一時的に感じ取ることしかできません。

肩こりと疲れやストレス

仕事をして「あー疲れたな」と思っても、しばらくすると感じなくなっていきますので消えたように、または回復したように、または良くなったように思えるかも分かりませんが、全てが消え去る事はなく、多くは残ったままになっています。

背骨のズレ

疲れと言うのは非常に厄介なもので何かをして『疲れたなぁ』と思ってもうしばらくすると、徐々に感じなくなっていくためにたまっていることさえ気がついていない方が多くいるし減らす努力もしていませんし、減らすことを考えてもいません。

普通一般的に疲れが溜まってもまたはストレスが溜まってもしばらくすると感じなくなっていくために、勝手に良くなったとか回復したとか、元気になってきたと思うだけであり積み重なっていることさえも気がつかないで生活しています。

感じない疲れやストレスも蓄積度合いが、どんどん増えていくと徐々に体は疲弊していき、疲弊したことさえも、感じない状態になっている方も多くいますけど、感じやすい方と感じにくい方の2つに分かれてしまいます。

2020年05月12日

小顔矯正で小顔に

小顔矯正をして顔を小さくしていくためには矯正に入る前、鏡で見たり顔を手で触ってもらったりして大きさを確認して矯正に入って矯正したあと、もう1回触ってもらうことをしています。

小顔矯正

小顔矯正するなら

小顔矯正をする時に顔の大きさが小さくなったのが分からなければ意味はありませんので当院のスタッフがメジャーや計測する道具を用いて顔を測ったり大きさを測ったりすることはしていませんので、ご自分で確認することができるようにしていますが簡単な方法ではありませんので簡単に触ってしまった方ほど、鏡で見る時も何を見たらいいのかということを考えなければ単純に鏡で見ても確認することはできません。

小顔矯正で小顔になれる

また手で顔を触っても意識することなく手を置いたままでは何も感じることをしていませんので顔の左右差を感じ取るようにしてもらわなければ、比べる方法がありませんから比べようがない時に手で触ってもわからないということがありますので、必ず、手で触るときや鏡で見る時には左右の違いを比べてもらうことをしてもらいます。

顔というのは左右が対称の方は一人もいませんので、必ず、どこかの部分が出っ張っていたり全体が大きくなっていたりということがありますので、それを自分で目で見たり触ったりしてもらって記憶してもらいやすいようにしています。

エステの小顔矯正

小顔マッサージ

小顔矯正をする時にはエステの小顔矯正を例にとると脂肪を燃焼させたり発汗させたりという方法で顔を小さくすることをしていると思います。

脂肪燃焼するための方法として顔をマッサージするように刺激をすると脂肪を燃焼させやすくなるという方法で小顔矯正をしているし、タオルやラップを巻いて温めるようにして発刊させるような方法で中にある水分を出して脂肪やむくみを減らそうとする方法や温かい蒸気を当てて発汗力を高めて代謝率を上げることで脂肪を燃焼しやすくする方法などが行われています。

小顔矯正とは

しかし小顔矯正をする時には今まで希望されて予約された方、全員の方の検査してみると顔が大きくなっているということがありましたので顔が大きくなる理由として一番にあげられることはむくみや脂肪が増えているそうです。

小顔矯正を訪れた方全員を検査してみると体の状態は良くないし本人に聞いてみると体調はいいとか調子は悪くないと簡単に答えていますが何も症状がなくてもいいとは限りませんし痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限らないということなんです。

小顔矯正をして行く時に日常で増えていくものが関係しているんですが、日常で増えて普段から 重なっていくものが一番、体の代謝を落としたりリンパの働きや老廃物を多くしてしまったり、むくみや脂肪を増やしている原因になるものがあります。

顔の大きさ

浮腫みや脂肪を減らす

むくみや脂肪を増やしてしまう原因は体にもむくみや脂肪を増やしてしまう結果を生み出してしまいますので全体的にむくみや脂肪増えていって顔にもむくみや脂肪が増えているということがあるので顔が引き締まっていて体がむくみや脂肪を増やしているということもないし逆に体は引き締まっているのに顔にもむくみや脂肪が多くなっているということはありませんので全体にむくみや脂肪が増えています。

体というのは全体でトータルですから体と顔というのはすごく密接に関係がありますので顔だけ小さく引き締めても体がぶよぶよであれば意味はありませんけど体のむくみや脂肪が多くて体重を増してる状況では体は大きくなっていますのでそのぶんだけ顔を小さくすれば余計に見栄えは良くなるでしょうけど差が大きくなってしまいます。

むくみや脂肪を増やしてしまう原因というのは何なのかという問題があるんですが。

むくみや脂肪を増やしてしまう原因

むくみや脂肪を増やしてしまう原因というのは日常で多くなるものと説明しましたので日常で多くなるものというのは何をしても増やしてしまいますし何もしなくても増えてしまうものがあります。

何をしても増えていき何もしなくても増えていくものは、脂肪やむくみが増えるわけですけど脂肪やむくみが増える原因は疲れです。

疲れと言うとわかっていない方ほど簡単に考えてしまって、そんなことがあるものかと簡単に考えるでしょうが疲れの蓄積ほど体の代謝を悪くしたりリンパの働きを悪くしてしまうことはありませんので結果的に脂肪やむくみを多くしてしまいます。

小顔矯正と疲れやストレス

脂肪やむくみが増えれば増えるほど体も大きくなり体が大きくなっているのに顔が大きくならないということはありませんので顔も同時に大きくなっていきますが限界はあります。
疲れというのは仕事をしても多くなっていきますし、普段の生活で掃除したり洗濯物を干したり料理を作ったり買い物をしたり車の運転をしたり、旅行に行ったり運動したり筋トレをしたりジョギングしたりしても疲れは多く満たされていくんですが、疲れの特性として、一時的にしか感じ取ることができないため、そのため無くなったように思うでしょうがなくなってはいないんです。

疲れと小顔矯正

疲れは一過性でしか感じ取ることができないものなので、全員の方が回復したように思えるかも分かりませんし、良くなったように思えるでしょうしなくなったように思えるかもわかりませんが、疲れの多くは残ったままになっています。

仕事をしてあ今日は疲れたなーと思ってもしばらくすると疲れを感じなくなっていきますので感じなくなることが回復したように思えるかも分かりません。

運動しても筋トレをしてもジョギングをしても疲れは多く生み出されていくんですが一時的に歯が感じ取ることができないため疲れはさも、しばらくすると解消したように思えるかもわかりませんが残ったままになっています。

疲れやストレスと小顔矯正

掃除しても洗濯をしても料理を作ってもの買い物をしても歩いても疲れは多く生み出されていくんですが生み出された疲れは、しばらくすると感じなくなるため無くなったように回復したように思えるかもわかりませんが多くは残ったままになっています。

疲れやストレスはたまるばかり

一度、生み出されてしまった疲れは完全にゼロになることはなく、どれぐらい残るのかは、その時その時で違うでしょうし自分の体の中に溜まっていくのは確実です。
自分の中に疲れが多くなっていくと疲れからストレスに変換されてしまい疲れやストレスの蓄積が多くなればなるほどむくみや脂肪が増えていきます。

むくみや脂肪が増える時には体にもむくみや脂肪が増えて太っていくんですが顔も大きくなって太っていきむくみや脂肪が多くなっているので顔が正常の大きさの方は一人もいませんので何らかのむくみや脂肪がたまっているということで顔が引き締まっていない場合が多くあります。

また日常で多くなる疲れだけではなく眠りの浅さからもホルモンのバランスも悪くなり代の働きも低下しますので一番、近い部分である顔にも影響が出るのは必須です。

2020年05月12日

肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリから解消していかなければいけませんが普通一般的にテレビの特集でも雑誌の特集でも肩甲骨を動かすような体操やストレッチをしたり肩関節の可動域を広げたりすることで、肩こりが解消できると言う方法や筋トレや運動することで流れを良くするとか、いろいろな方法があると思うんですけど対処法としては湿布を貼ったりマッサージをしたり肩の筋肉を揉みほぐしたり電気や機械を使ったりすることが多くあるようです。

肩こり

肩こりとは

肩こりと言うのは筋肉のコリと言うイメージが、どうしても強ために普通一般的の方も専門家の先生も筋肉ばかりほぐすようにしていますが、筋肉もあまりにも刺激を加えすぎたりすると、徐々に筋肉が硬くなるということが起きていきます。

肩こりがどうして起きるのかという原因は、専門家の間でも研究テーマの1つになるぐらいわかっていないのが実情ですから、病院に行っても痛み止めの注射を打つような感じのことをやっていると思います。

肩こりと言うのは症状の名前であって病気の名前ではありませんので、病気の専門家である病院に行ってもわからないのは当然なんです。

肩こりと言うと筋肉のイメージが、どうしても強いために筋肉のコリを、ほぐすような方法で対処していると思うんですが、それでも楽になることも多くあるんですが楽になる事と肩こりの原因を見つけ出して減らしていくという方法もあります。肩こりと言うとテレビでも雑誌でも筋肉のコリというイメージがあるために筋肉をストレッチしたり肩関節を動かしたり肩甲骨をより多く動かすことばかりしていると思いますが運動的な肩こり解消法もあると思うんですけど原因を見つけ出すことが一番だと思いますので原因を見つけ出すためには検査をしなければいけませんが一般的には肩こりを検査するという方法はありません。
肩こりが起きる時にはこりというのが意味不明な言葉でもあるんですが直訳したら緊張とか

疲労という意味になると思いますので筋肉の緊張や筋肉の疲労でコリを起こしているということですから肩こりが起きている時には代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなって老廃物が多く溜まっているという現象は起きていると思いますが単純に代謝が悪くなったりリンパの問題や老廃物が多く溜まっているからといって流せばいいわけではありません。

肩こりとは

肩こりの原因

肩こりが起きてしまう時には原因があるから肩がこる理由ですから単純に筋肉のコリや緊張や疲労だと考えないでください。
多くの方よりはしっかりとした原因があるんですが検査することができないために、触ってみたりして貼っているとか、固くなっているとか、コリを起こしていると説明をしています。

肩こりが起きる時には普段は指や腕や肩を使うことがあった時に、筋肉の疲労が生まれてしまいますので普通は筋肉の疲労が生まれても時間と共に消えていくはずなんですが、これが消えないで残っているということで肩こりが起きて行きます。

つまり何かの誤作動が起きているということで筋肉のコリが解消できなくなっているのが現実に起きているんです。

普通は運動したりして肩こりを起こしてもスマートフォンを操作することでも肩こりを起こしても筋肉のコリは徐々にホルモンで解消できていなければいけませんし流れもあるわけですから流れて老廃物が滞留するということはないはずなんですけど何かの原因があって起きているわけですけど肩の筋肉を揉んだり押したりマッサージをすることで楽になってしまうため多くの場合は中途半端な施術になっています。

肩こりがどうして起きるのか

肩こりが起きる時には、日常的に多く積み重なっていくものが、肩の筋肉だけではなく全身に多くとまったのが原因で働きを起こしていき筋肉のコリを解消できなくなっていくんです。
肩こりが起きる時には疲れの蓄積が関係しているんですが多くの方は疲れと言うと簡単に考えてしまっていますから疲れも多くなればなるほど限界なく溜め込んでしまうことがあり疲れをため込んでしまったものがストレスに変換されてしまいますので疲れやストレスからありとあらゆる体の状態は悪くなっていきます。

肩こりを起こす時には肩の筋肉だけが問題になることはなく全身に疲れやストレスが溜まっている状況で一番トップで悪く感じているのが肩の部分だということなんです。
普段の生活でも料理を作ったり掃除をしたりすることでも洗濯物を干したり畳んだりアイロンかけたりすることでも階段を上ったり下りたりすることでも疲れは多くなっていきますし買い物をしたり荷物を持ったり歩いたり車の運転をしたりすることでも疲れは多くなっていきストレスに変換されてストレスが多くなってたまっていきます。

疲れやストレス

疲れやストレスが溜まってくるとありとあらゆる働きを悪くなり代謝も悪くリンパの働きや老廃物が多く貯めるということが起きていきむくみや脂肪も増えていく結果になり筋肉疲労を解消できないぐらいの状態になっていくと肩こりを起こしています。

全身に疲労が溜まっているのが原因でストレスに変換されてしまうことが原因で肩こりとしてトップで感じてしまうため肩こりだけのような感じだと思いますが実際には全身に疲れがストレスが溜まっていて骨盤の歪みや背骨のズレを起こしているということがあるんです。
普通一般的には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレで起きているんですが症状として感じていない部分もありますので普通一般的にはありとあらゆることが起きていても感じるのは一箇所か2箇所ぐらいです。

そしてしかも肩こりを感じる肩や全身で疲れやストレスが溜まっていても24時間ずっとその症状を感じることはありませんので何かをしている時には忘れていることもあるんですが終わった途端に肩のこりがどっと強く反応してしまうということが起きてしまいます。

疲れやストレスと肩こり

肩こりを感じている時には普段の生活だけではなく仕事をすることでもバイトをすることでもパートで働いたりすることでもありとあらゆる身体を動かしたりすることで多くの疲れが生み出されていき生み出された疲れは一時的に感じることがあるんですがしばらくすると感じなくなっていきますので感じなくなったのがさも消えたようにまたはなくなったように回復したようにまたは良くなったように思えます。

しかし実際には一度乱された疲れやストレスは消えたりすることもなくある程度は残ったままになっていますので100%残ってることがありませんが残るのは人それぞれ違いますけどその積み重ねが疲れやストレスを溜めて行く結果になり怒りやストレスを溜めた結果一番ダメージの弱い部分に症状を感じてしまいます。

疲れやストレスの蓄積と肩こり

しかも疲れやストレスを研究してみると疲れやストレスというのは一度生み出されてしまって感じるんですが感じなくなった後もどんどん登っていき積み重なっていくという状態ですけど疲れを減らす努力も疲れを溜まった部分を考えることも人は何も考えていませんし何もしていません。

仕事をして今日は疲れたなーと思っても何もしていません。

ジョギングをして疲れたなーと思っても何もしていません。

減らす努力もどこにたまっていくのかということも考えもせず人は生活しているばかりですから蓄積するのは当たり前ですし何も考えていなければ減らす努力もしていないので積み重なっていくばかりですから肩の筋肉の問題は多く積み重なった状態で最終的に起きた結果なんです。

2020年04月16日

小尻になれる骨盤矯正

骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためには骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪を減らしていくことでも減った分だけ小さくなることもできるでしょうし、骨盤の歪みや骨盤の開きがある場合は整えていくことでも骨盤が広がったのも小さくすることができれば、骨盤が小さくなって小尻になると思います。

しかし単純に骨盤矯正といっても骨盤を小さくすればいいわけではありません。

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときにエステの骨盤矯正と言うのは機械で締め付けたり、またはガードルで締め付けたりストッキングで理想的に締め付けると言う方法で夜にストッキングやガードルを履いて寝て朝が引き締まっていると言う状態を作ると言うものが多くあります。
またフラフープなどをするような腰を回すことで、骨盤ベルトをして運動することで骨盤が引き締まると言う方法も巷では聞いたことがあると思います。

骨盤矯正をするときには

骨盤矯正をするときには、骨盤を小さくするわけですから、むくみや脂肪を減らしても骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正するだけではなく、骨盤が歪んだり開いたりしているからむくみや脂肪が多くなったわけですから、単純にむくみや脂肪と歪みや開きと言うのは深く関係がありますが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかと言う原因もありますので、原因から改善していかなければいけないんですが単純に骨盤矯正をして整えれば、いいと言うわけではありません。

小尻にして

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると代謝が悪くなり、リンパのあたりが悪くなって老廃物が溜まってむくみや脂肪になるということが起きてしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因と言うのは、日常的に多くなるものが積み重なったのが原因ですから、多くなるものを減らさなければ、どんなに骨盤の歪みや言葉の開きを整えてもすぐに、また歪んだり開いたりしてくるということが起きて行きます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因は毎日毎日の生活することや運動することで身体動かしたりすることや仕事をしたりすることで多くなってしまうものが原因ですので積み重なっていけばいくほど限界なく積み重なって多くなってしまうものです。

限界なく多くなってしまうものというのは単純に誰でも簡単に考えてしまいますが簡単に考えていいわけではありません。

それは疲れです。

疲れと言うのは体にダメージを与えていく最大のものになります。

例えばですけど骨盤矯正をしていくときに日常的に多くなってしまう疲れが体に蓄積していくことが原因で蓄積状態が多くなればストレスに変換されてしまいストレスから骨盤は歪んだり開いたりしていきます。

疲れやストレス

骨盤がストレスの蓄積から歪んだり開いたりすれば、当然、代謝が悪くなりリンパの働きが悪くなって老廃物が溜まるということが、起きてしまいますので、むくみや脂肪が多くなっていきます。

疲れと言うのは誰でも、蓄積しているものですから多少なりとも、症状がなくても痛みやコリがなくても、骨盤の歪みや骨盤の開きが、誰でもあると言う事なんですが症状を感じなければ気が付きません。

例えばですけど女性で言えば骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤が大きくなるだけではなく便秘や生理痛や生理不順が起きたり膀胱炎を繰り返したりと言うことが起きてしまうということがあります。

疲れやストレスの蓄積

骨盤矯正と歪みや開き

骨盤矯正をするときには骨盤の歪みや骨盤の開きが必ずあるので整えていくんですがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きがあるのかと言う理由があります。
原因がないのに骨盤が歪んだり開いたりする事はありません。

原因があるから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて歪んだり開いたりすると代謝が悪くなってリンパの働きもなくなり老廃物が溜まることからむくみや脂肪が多くなってしまいます。
むくみや脂肪が増えると言うのも運動不足や体動かさないことや高いカロリーのあるものを食べすぎたり炭水化物や糖分や油分などを摂取しすぎたりすることも一因でもありますが、

それだけではありません。

特にむくみと脂肪と言うのはちがいます。

疲れやストレスと骨盤矯正

むくみと脂肪とは

むくみと言うのは脂肪とは違いますので脂肪と言うのは体動かさないことが原因だったり高いカロリーのあるものを食べ過ぎたり糖分や油分や炭水化物などの生主が考えられるんですがむくみと言うのは意味が全然違いますのでむくみと言うのは水分があると言う事ですからその水分と言うのはリンパの問題だと言うことになります。

リンパと言うと老廃物が溜まってしまうということがありますのでリンパマッサージのように流せばいいと言う感じですが、流しても原因を見つけ出して改善していかないと根本的にはまたすぐに戻ってむくみが多くなってしまいますのでリンパの働きが悪くなっている原因がどこかにあると言うことなんです。

何も原因がなくてリンパが滞留したり、老廃物が溜まると言う事はありませんので体の何かの機能が悪くなった現象でリンパの働きが悪くなり老廃物が溜まってしまうと言うことでむくみになります。

むくみを検索してみると浮腫と言う言葉が出てきますので、浮腫と言うのは良くない状態の時に使う言葉ですから、浮腫とむくみと言うのは同じことなんです。

つまり自分でも気がつかないで体調が落としていてむくみが多くなっていると言う方も多くなっていますので根本的には体を整えていくことをしないといくらリンパの働きを良くしようとして流しても、流しても出てきてしまいます。
またそれらを繰り返すことで、畑を流してしまって余計に疲労を与えてしまうと体調が、どんどん悪くなって落ちていきますので、むくみが出ない状態になってしまうこともあります。

むくみが出ない位悪くなってしまった場合はかなり体調としているんですが、何も症状を感じていない方も多いようです。

むくみというのはぶよぶよ状態で現れてきますので脂肪が中にない状態のことを言いますので脂肪がある場合は脂肪のことを言いますがむくみと言うのは水分だけで構成されているものですから脂肪が中にないと言うことになりますけど脂肪とむくみと言うのは同一のような状態の部分にありますのでむくみや脂肪分けて考える事は普通は難しく簡単ではないと思います。

骨盤矯正をしていくなら

骨盤矯正をしていくなら単純に体を整えて言うこともしないと効果がなかったり戻りやすくなってしまうことがありますので体調を整えていくためには検査することをしないと体調がどの段階なのかということがわからないと思います。

単純に何も考えずに骨盤矯正をするよりも体調の検査をしてどの段階なのかどのぐらい落ちているのかということを確認する必要がありますので確認してみると多くの方が症状を感じていないでも、すごく落ちている場合があるんですがすごく落ちているのは日常的に多くなっているものが多く溜まっている場合があります。

疲れやストレスを減らすと

例えばですけど仕事をしたり運動したりすることや料理を作ったり生活をしたり掃除をしたり階段を登ったり降りたりすることで疲れが生じていきますが疲れは一時的に感じてもいつの間にか感じなくなってしまいます。

感じなくなってしまったものは、感じないだけで体に蓄積して洗えるダメージにつながっていきますので、あらゆるダメージから減らしていかなければむくみや脂肪は減りにくく骨盤矯正で骨盤を整えていても周辺にあるむくみや脂肪が減っていく事はなく戻りやすくなっていると思います。

2020年04月07日

カイロプラクティックとは

当院のカイロプラクティックの施術の考えは痛みやコリの原因から解消することをしています。他のカイロプラクティック院では、姿勢で歪みが起きるとか言いますが、姿勢は切っ掛けです。

姿勢で痛みやコリが起きる前に、起きる原因が完成しています。

この起きる原因が完成したら、あとは切っ掛けで痛みやコリになります。その切っ掛けが姿勢、中腰、前かがみの姿勢、重いものを持つ、同じ肩にいつもバックを下げる、スマホの操作や見ること、仕事で疲れやストレスがたまって痛みやコリになる、

痛みやコリが起きる時には、歪みが起きています。この歪みがあるから痛みやコリになります。

背骨のズレとカイロプラクティック

歪みから変えていく事をしないと痛みやコリの解消にはなりません。

カイロプラクティックと言うのは1895年に矯正法として位置づけられた施術法です。主に背骨を矯正して色々な症状を改善することを目的としています。

当院のカイロプラクティックは他のカイロプラクティックとは違います。ボキボキもしないで背骨の矯正をしています。電器や機械も使いません。手のみで施術していくことがカイロプラクティックの施術になります。

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うとボキボキしたりして背骨を矯正する事ですが、当院でも以前はボキボキすることから始まっています。ここでカイロプラクティック院を開業して数年はボキボキしたり電器や機械を使っていました。

しかし今ではテクニックの向上と検査技術が上がって検査できるようになったので電器や機械で痛みやコリを散らすことはなくなりました。

カイロの施術

カイロプラクティックも色々な施術法があります。どこも同じではありません。他のカイロプラクティックに行っていて当院に来られた方がよく言われることがあります。
それは、説明もそうですが、『こんなカイロプラクティックは初めてだと』、普通のカイロプラクティックの施術は、だいたい体を揉んで、ボキボキ(専用台の場合もあります:ドロップ台)して電器をして終わりです。

しかし、

しかし当院では、ボキボキもしないし、電機も使用しません。と言うのは理由があります。ストレスが体に悪いと言う事はわかっていると思います。ボキボキすることはストレスになるからなんです。

疲れやストレスと背骨のズレ

ストレスと言うのはプレッシャーと言う事でもあります。ボキボキすると体にとってはプレッシャーになります。このプレッシャーとは体にたまると疲労になります。プレッシャー感じると人は疲れてしまいます。

ストレス

ストレスがたまって歪みが起きているのに、余計にストレスを与えているのがボキボキや電気になります。ストレスがたまって体調が悪いのに、余計にストレスを与えて残った力(ちから)まで落とす施術をしているのが、普通のカイロプラクティックの施術です。

しかし

当院では、ストレスを与えて落とすこともしますが、ストレスを与えて落として、また、上げる施術をしています。当院では落とすだけではなく上げる施術ができるのが特徴だからです。

普通のカイロプラクティック院では、こんなことはできませんし、知りません。カイロプラクティック院の専門家の先生でさえ知らない体の事を当院では、その施術をしています。

普通のカイロは

普通のカイロプラクティックと言うのは、背骨や首の骨をボキボキしたりすることを言います。しかし、当院のカイロプラクティックは違うと説明しました。当院もボキボキの施術をしていたから最新のカイロプラクティックにいく事が出来ました。
予約・相談は:093-962-9133 携帯の番号を用意してここをクリックしてホームページを見たと言って下さい

カイロは

カイロプラクティックはアメリカで発展した施術法です。 カイロプラクティックの創始者であるダニエル・デビット・パーマーが初めて手技による矯正を行いました。
パーマーは、1845年3月7日カナダのオンタリオ州ポートベリーに生まれました。20歳の時にカナダから新天地を求めてアメリカへ移住しました。ここからカイロプラクティックの歴史が始まります。

カイロプラクティックの創始者

カイロプラクティックを初めてした方

アメリカのイリノイ州のニューボストンに移住して、磁気治療を用いた施術院をしていました。
数年ののち、パーマーはある疑問が生まれました。
患者の体を見ていくうちの疑問で、施術院には、家族で訪れる方も多くいました。

その家族や自分の家族を見ているうちの疑問です。
間もなく、パーマーは、この疑問のテーマに没頭していました。
そのカイロプラクティックのテーマとは

そのテーマとは、同じ家に同じように生まれて、同じものを食べているのに、兄弟でも一人は普通で、もう一人は、虚弱(すぐ熱を出す、風邪を引きやすい、寝込む)に生まれやすいのか????

疲れやストレス

なぜ、体が弱い子供が生まれるのか???
この差は何が原因なのか??
医学界の全身に投薬を試みることにパーマーは疑問を持っていました。

ある時に、町なかで時期治療をしていた時にカイロプラクティックの転機が生まれます。
施術院があるビルに管理人が掃除に来ました。
この管理人は、ハーベィー・リラードと言う名前でした。
カイロプラクティックの歴史の中で、重要な意味がある方で名前を残しています。
ただ、矯正をされただけなんですが。
もう帰る所だったパーマーは、管理人に掃除お願いしますと言おうとしましたが、この管理人は耳が不自由で多少は聞こえる程度でした。

ふと気になって、どうして、耳が聞こえにくくなったのか、管理人に聞くと、ある時、掃除している時、狭い所で首をひねって掃除していたらボキッと音がして、それ以来、耳の聞こえが悪くなったと言う事でした。

首のどの辺で音がしたのか、聞いたパーマーは、首の所で変な出っ張りを見つけました。
そこで管理人の首の出っ張りに気がついたパーマーは、耳が不自由になる前には、首には出っ張りはなかったと言うので管理人に、首を見せてもらう事になりました。
予約・相談は:093-962-9133 携帯の番号を用意してここをクリックしてホームページを見たと言って下さい

首の出っ張りを押して良いか、聞いてみると良いと言う事でしたので、パーマーは首の出っ張りを押してみました。

押してみると、ボキッと音がして、出っ張りが少なくなりました。

管理人に『耳の聞こえは』と聞くと、『何だか少し聞こえるようになった』と言う事でした。

始めて意味を持って矯正した本人も、驚きでした。
この時には、何がなんだかわからずに首の骨を矯正したわけですが。
たまたまが重なった結果です。
これが、カイロプラクティックの初めての矯正だと言われています。

これから、パーマーの試練が始まります。
本や資料の上での研究と臨床の積み重ねです。
臨床を重ねて患者さんを施術しながら、今までとは違う施術をしていくようになりました。

今までは、電器の磁気治療でしたので、話を聞いて、機械を充てるだけの施術でした。
簡単でやりやすい磁気治療機でした。

しかし、背骨をどうやれば、矯正できるのかと言うテーマは壮大で意味不明でした。
色々な方の協力のもと、少しずつ、背骨矯正術を発展させました。

対症療法

この時、この背骨矯正術に名前を付けようという事になり、悩んだ末に、ギリシャの友人から母国語で手で矯正するからカイロと言う名前と造成語でプラクティコスと言う言葉の合わせた言葉で、カイロプラクティックと言う名になりました。 日本名では、手の技(わざ)と言う意味になりますので、手技と言う意味になります。
手で背骨を矯正することが、カイロプラクティックです。

このカイロプラクティックが昭和時代に日本に入ってきます。
日本では1916年に川口三郎がアメリカ帰りでカイロプラクティックの施術院を設けているのが最初です。

しかし、日本でも、柔道家の方がしている同じような背骨矯正術がありました。
これが、整体です。

当院もカイロプラクティック徳力整体院とつけているのは、日本ではカイロプラクティックよりも、整体の方が知られているからです。
しかし、両方とも、背骨の矯正術なのですが、学問的にも、体形的にも整体は、あまり発展しませんでした。

だから、日本では背骨矯正術が2つあるわけです。

整体とカイロプラクティックが。

日本ではカイロプラクティックが罰ゲームやボキボキすることをテレビでして、芸人が痛がって見せましたので、こればかり広がりました。

日本では、昔から、古武術や合気道などがありましたが、その時に痛めてしまった関節や背中などを施術していたのが、整体療法です。
日本では、明治15年に柔道が出てきています。
それよりも古いのが色々ありますが、痛めた時に施術していたのが、整体と言う治療法です。

柔道や、古武術、合気道などに痛めた関節や体を癒していたのが整体治療法です。
柔道家の方が、投げ技や、足技を掛けられて、肩や膝などの損傷を施術していたのが、骨接ぎや整体でした。

アメリカでは、カイロプラクティック学校があります。
アメリカでは、カイロプラクティックドクターと言います。
しかし、日本では、カイロプラクティック・整体は認可されていません。
認可されていないから、保険は効きません。
ですから、民間療法です。
もちろん、薬や処方箋などの指導はできません。

カイロプラクティックと言うのは、アメリカの呼び名です。
整体と言うのは、日本の呼び名です。
しかし、今では整体もカイロプラクティックも同じような意味です。

カイロプラクティックとレントゲン

パーマーがカイロプラクティックを発展させているときに知り合いにX線を発明したレントゲンがいました。

レントゲンもX線を発明したは良いが、使い方がわかりませんでした。
レントゲンと知り合いだったパーマーは、レントゲンに助言を求められています。
どういう風に、X-線を使ったらいいか。
その助言を言ったことが、今の使い方になっているそうです。

疲れやストレスと歪みやズレ

話は戻します。

パーマーが亡くなった後、パーマーについていた弟子や、息子の時代になります。
弟子派と息子派との軋轢が色々あって、もめた時代もありましたが、今では統一されています。

パーマーの時代よりも、息子の時代の方が発展が大きく、今のカイロプラクティックの基礎になっています。

歪みやズレは

誰でも、生まれつき背骨のズレがあります。
背骨が真っ直ぐでズレがない方はいません。
イラストで説明すると、誰でも、左のような背骨をしています。
しかし、疲れやストレスがたまっていくと、元から歪みがある所ほど、弱いために気泡がたまりやすくなります。
この気泡が歪みやズレを大きくしてしまいます。
大きくしたものが、痛みやコリなどの症状になります。

背骨は

背骨の歪みやズレは、親からもらう遺伝子に関係しています。子供が生まれた時に、親に目元がそっくりとか、口元が似ているという事を言いますが、実は、体も親と似ているから親子関係があるわけです。

この親子関係の遺伝子は、背骨にも影響しています。つまり、歪みが起きている所は、親と同じところが歪みを起こしています。しかし、この時には、痛みやコリはありません。
例えば、親や祖父母などの近い血縁関係者は、似たような内臓に問題を持っています。親が糖尿病になっていれば、子供も膵臓が弱く、膵臓が弱いとアトピー、アレルギーなどになりやすくなります。ゆくゆくは持つ確率が高くなります。 

高血圧の家系は、腰痛、腰の痛み、が起きやすくなります。

脳こうそくの方の家系は、頭痛持ちです。

体を整えることとは

カイロプラクティックと言うのは、ボキボキすることや電気を掛けると言う事ですが、当院では、そのどちらもしません。ボキボキする施術は椎間板にたまった気泡を弾けさせる音なので、本当の骨の矯正音ではないからです。手の指でボキボキする音と同じなので、手の指の関節をボキボキして関節を矯正したと思う方はいないと思います。
ボキボキ音は
ボキボキ音は椎間板の中にたまった気泡が弾ける音なんですが、この気泡はどうしてたまるのか????その理由があります。その理由は、体調です。体調が悪くなっていくと椎間板も疲れやすく、疲れをためてしまいます。椎間板も生きていますので、椎間板が疲れるとアワを吹きます。これが気泡の原因になります。イラストは上にありますので参考にして下さい。
骨が歪めば
骨が歪むと言う事は、誰でも起こります。体に疲れやストレスがたまると、歪みは起こります。起こらない方は生きていません。また、関係ない話ですが動物はすべて歪みが起こります。犬、猫、馬、羊、牛、鳥なども、背骨がありますから歪みは起こります。魚でも歪みは起こると思います。背骨を持って生まれたものは、すべて歪みが起こります。この歪みは背骨をもった動物であれば避けられません。

動物でも

人も動物です。特に足で二本足で立つ動物です。昔は猿のように4本足で歩いていましたが、2本足で歩くようになったから、バランスが悪くなって背骨の歪みは起こりやすくなりました。これが人としての宿命になりました。動物でも言いませんが疲れやストレスはあります。

生きていくうえで
生きていくうえで、犬や猫なども病気になります。猫や犬でもギックリ腰を起こします。ですから人と同じです。内臓があって背骨があって脳があるわけですから。

宿命は

背骨の歪みは避けきれません。人として生きていくうえで必ずあるのが普通だからです。これを矯正て整えていくのがカイロプラクティックと言う施術です。カイロプラクティックと言ってもボキボキしません。痛くもなく背骨の矯正をするのが当院のカイロプラクティックになります。

北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市地区から来院しているカイロプラクティック徳力整体院は30周年

2020年03月09日

カイロプラクティックとは

当院の特徴があるカイロプラクティックは、ボキボキしません。ボキボキしなくても背骨の矯正はできるからです。何もボキボキしないと背骨の矯正ができないことはありません。当院のカイロプラクティックによる施術は、ボキボキしなくても背骨の矯正をしています。

疲れやストレスと歪みやズレ

当院のカイロプラクティックはボキボキしないで背骨を矯正することをしていますが、これだけではわからないと思いますので、マッサージ感覚で背骨を矯正していく方法が一番近いようです。
でも、マッサージではありませんよ。

マッサージ感覚なので、筋肉を揉んだ柔らかくしたり筋肉をほぐしたり、緊張を解いたりすることもしています。
そして、骨盤や背骨の歪みやズレも解消する事もしています。
しかも、リンパの働きを促すようにしています。
それ以上に、体の奥からの解消と改善をしていくカイロプラクティックです。

当院のカイロプラクティックの特徴は、体調を上げて整える事と体質改善です。
体調が落ちて悪い時には、疲れやストレスが多くたまっています。
体調が落ちているときには、リンパの働きが悪くなって、老廃物が多くたまっています。
体調が悪い時には、筋肉のコリは起こりやすくなっています。
体調が落ちているときには、内臓の働きも落ちています。
体調が落ちているときには、内臓も弱っているし、脳も疲れやストレスをためてしまいます。

疲れやストレスの蓄積が多いと、背骨や骨盤は歪みやズレを起こしています。
これが、普通に体調が落ちた時に起きています。
だから、どんな時も、初めての方は、体調から施術するようにしていくと、痛みやコリが楽になります。

小顔矯正や骨盤矯正、輪郭矯正をご希望される方も、体調を上げて整えていくと、顔が小さくなったり、輪郭が変わっていきます。
骨盤も小さくなっていきます。
骨盤が開いている方も、骨盤を小さくすることと、骨盤を整える事で矯正をします。

体調の施術で、

体調の施術で色々な痛みやコリは解消していきます。
いつの何かたまってしまった疲れやストレスは、必ずあります。
疲れやストレスを減らしていくと痛みやコリなどは解消していくし、顔も骨盤も変わりますよ。

以前は当院の院長もボキボキする施術をしていました。
当院の院長は、初めは、中国整体から習い始めました。
そして、整体、カイロプラクティック、気功と進化していきます。
今では、それらを合われた融合した整体カイロプラクティックをしています。

疲れやストレスの蓄積

当院の施術は

まず、初回では、体を揉んでいきます。筋肉の緊張やコリが取れて楽になるようにしていきます。

筋肉が固いままでは、体は整いませんので、筋肉も柔らかくしていかないと。
そしてもちろん、リンパの流れも流して、老廃物が減るようにしていきます。
しかし、リンパは、体調が悪いと、滞っているのが普通です。
体調を上げると、動き出して流れていきます。
流れると、老廃物も流していきます。
しかも、リンパに命令を出して働かせているのは、肝臓です。
肝臓に疲れやストレスがたまっていると、リンパは働くことができません。
だから、筋肉だけではなく、背骨の歪みやズレがある方は、矯正していきます。
背骨の椎間板ヘルニアまで進行している方は、ヘルニアを減らしていきます。
当院で扱う症状は、背骨、筋肉、内臓、関節、神経、中枢神経(脳や脳幹)、目の問題、鼻の問題、口の中の問題などです。

髪の毛、虫歯以外、ほとんど、適応に入ります。
例えば、虫歯ではなく、歯茎が腫れるなども。

髪の抜け毛が多い方も来院されます。
目の疲れ、目の充血、カスミ目などの方も多く来院されています。

そして、電機や機械は使いません。
手のみで行うカイロプラクティックです。

カイロプラクティックと言うのは

カイロプラクティックと言うと、背骨が中心に考えますが、本当の背骨の歪みやズレを作るのは、内臓の状態です。
内臓と言っても、病気ではありません。
よく内臓と言うと、即、病気と思う方がいますが、当院で言う内臓と言うのは病気と言っている訳ではありません。

体に疲れが溜まるように、内臓にも、疲れが溜まります。
この疲れはストレスとも言います。
内臓に疲れやストレスが、たまると背骨は歪みやズレになっていきます。
体が疲れたということは、体の何処かに疲れやストレスがたまっています。
体の何処に疲れやストレスは、たまるのか。
ここが、一番、大事なんです。

疲れやストレスは、内臓にドンドン、たまっていきます。
内臓に疲れやストレスが、たまると、内臓の働きが低下していきます。

初めは、少しずつ、徐々に疲れやストレスが多くなると、歪みやズレは大きくなります。
この時に、痛みやコリを感じます。
もっと悪化させると、椎間板ヘルニアにもなります。
ヘルニアのなる部分は、背骨の一番上を除いてすべてなる可能性があります。
背骨の一番上は、椎間板はありませんので。
より多く疲れやストレスがたまると、誰でも、子供でもヘルニアになります。

脳も内臓の一番なので、脳にも、疲れやストレスはたまっていきます。
脳が、疲れやストレスをためる事を、『脳疲労』と言います。
脳疲労は、病気ではありません。
しかし、確実に、眠りが浅くなったり、夜中に目をさましたり、夢ばかり見る、寝ながら考え事をしているなどが起こります。

歪みやズレ

脳疲労が起きている方は、脳の状態が老廃物も蓄積しています。
大切な脳脊髄液の生産量も減ってしまいます。
脳脊髄液の量が減ると、脳は興奮状態になっていきます。
脳が興奮状態になると、イライラしたり、怒りぽっくなる、眠りが浅くなる、アクビが出ません。
脳疲労が強い方が増えています。

脳疲労が起きている方は、体を改善しようとしても、効果が出にくくなります。
まず、脳疲労から解消することをしないと、中々、改善してくれません。
当院では、脳疲労を少しずつでも、改善するようにしています。

当院のカイロプラクティックも初めは

電機やローラー、低周波治療器、ホットパック、金魚運動牽引機、レーザー光線を使っていました。
しかし、ある時から、一切していません。
その意味があります。
電器や機械などは、体を疲れさせるだけと言う事がわかったからです。

しかも、電機や機械は、技術力不足を補う時に使用する場合が多くあります。
テクニックでできないところを、電機や機械、ローラーなどで補う訳です。
痛みやコリが変化なければ、電気をして様子をみましょうと言う事です。
先ほど言いましたが、電機や機械は、体を疲労させてしまいます。
疲労させて、わからなくしているだけで、痛みやコリの原因は残っています。
このことを、『痛みやコリの中和』と言います。

電器治療器と言うのは、

電器治療器は、痛みを散らしているだけです。
どんな良い治療器も、体を直すことはできません。
刺激をして体に起きた原因を無視して痛みやコリを散らすのが電器治療器です。
しかも、悪い事に、わからない間に、悪さが進行していくということです。
この、わかなないうちに悪さが進行することが、一時的な痛みをわからなくしていると大きく進んでしまうと言う事です。
電器をして、体が治ることはありません。
そんな便利な電器治療器はありません。

当院では、カイロプラクティックの技術力を上げる事で対処していますが、まだまだ色々研究したり技術力を上げなければいけないなと思う毎日です。

最近、多くの方が症状をこじれせて来院しています。
こじらせると、回復して楽になるまで回数がかかります。
できるだけ早めに、こじらせないで来院してください。
予約・相談は:093-962-9133 携帯の番号を用意してここをクリックしてホームページを見たと言って下さい

当院の施術項目は

〇 痛みやコリの施術
腰痛、肩こり、頭痛、片頭痛、頭がボーっとする、便秘、下痢、疲れやすい、ダルイ、生理痛、生理不順、セキがでやすい、息苦しい、
首の痛み、首のコリ、寝違え、背中の痛み、背中の張り、背中の攣り、めまい、耳鳴り、ふらつき、
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のしびれ、足の痛み、膝の痛み、関節痛、
冷え、低体温症、シビレ、などなど色々あります。
〇 眠れない、夢ばかり見る、寝ながら考え事をしている、寝た気がしない、夜中に目をさます、
無呼吸、睡眠障害、
〇 イライラしやすい ウツぽっくなる、パニック障害、不安感、
〇 アトピー、アレルギー、ぜんそく、
〇 美容整体
小顔矯正、骨盤矯正、頬骨を減らす矯正、エラの張りを減らす矯正、浮腫みを解消しています。

骨盤矯正、ウエストがクビレてくる矯正

〇体質改善アンチエイジング(若返り)の施術
根本的な痛みやコリの原因は、体質にあります。
体調が良くなって来たら、体質改善の施術に進めます。

当院のカイロプラクティック療法は
当院の整体、カイロプラクティック療法は、マッサージ感覚で体を整えていきます。
ボキボキしない痛くない施術です。
ボキボキしなくても、背骨の矯正はできます。
というか、ボキボキするのも、音がしているだけで、本当の骨の矯正ではありません。

骨は、真っ直ぐな方はいません。
なにかしら、歪みやズレは起きています。
この歪みやズレは、生まれつきあります。
誰でも、歪みやズレがある状態で生まれていますが、この状態では、痛みやコリはありません。

子供でも、疲れやストレスはなくても、初めから歪みやズレはあります。
歪みがない方は、ロボットです。

この歪みやズレは、遺伝子で作られています。
親からもらう遺伝子が、初めから背骨の歪みを作ってしまいます。
もし遺伝子による背骨の歪みを作りたくなければ、遺伝子操作をして生まれる必要があります。

そうすると、顔や分陰も親とは違います。
似ても似つかない子供になりますけど。

話を戻します。

生まれつき背骨が歪みを起こしている所は、他の内臓よりも、弱くなっています。
この弱い内臓が、疲れやストレスをためやすく、時々、歪みになって痛みやコリになります。
しかし、コレラを繰り返しながら、先将来の問題になっていきます。

先将来の問題と言っても、知っていると、避ける事が出来るかもしれません。
先将来ですから、未来は変わります。
なると断言できるものではありませんが、可能性を多くするよりも、減らす事を考えましょう。

病気になる可能性を減らすことです。
この施術が、体質改善 アンチエイジング(若返り)とうい当院の特徴の一つの施術法です。

体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術は、体力がいります。
筋力ではなく体力です。
だから、初めからできません。

早い方で2回目から施術できますが、初めの内は、施術した後ダルクなります。
まだ、体力がないと、ダルクなってしまいます。
しかし、受けて頂くとダンダンと体力が向上してダルさが出にくくなります。
体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術は、定期的に来院する方のみできる施術です。

今の体を変えるなら体質改善!!
若返るなら体質改善!!
アンチエイジングなら体質改善ですね!!

当院のカイロプラクティックの施術を受けた方の声
お客様のアンケートにお答えいただいた声です。

(40代の女性の方)
他のカイロプラクティック院に行きましたが、こことは全然違って低周波の電器をするばかりのカイロプラクティックでした。ここに来たのも、友人の勧めで来ました。しっかり説明をしてくれて良い先生でした。ボキボキしないし痛くないし。体も楽になりました。ありがとうございました。


(30代の女性の方)
色々な背骨矯正のカイロプラクティックに行きましたが、その意味で色々な治療があることはわかっていましたが、こんな矯正は初めてです。カイロプラクティック院に行くとボキボキしたり痛いこともありました。何とか良くなりたい一心で我慢して通院していましたが、ここは、痛くないしボキボキしません。体の中から元気にしていくカイロプラクティックですね。


(50代の女性の方)
なんだかカイロプラクティックの治療と言うと、ボキボキする痛いと言うイメージでしたが、ここのカイロプラクティックはそんなことはなく安心して受けることができるやり方をしています。


(20代の女性の方)
いままでカイロプラクティックの施術は受けたことがなくて不安でした。看板を見て気がついていましたが、中々勇気が出ないで、やっと電話で予約していきました。でも、今までの心配や悩みがウソのような感じで楽になっていっています。

2020年03月05日

肩こりを楽にしていくなら

肩こりを楽にしていこうと思うなら当然筋肉のコリと言うイメージがありますので筋肉から柔らかくなるようにほぐれるようにしていきますが、肩こりと言うのは筋肉だけで起きていることはありません。

肩こりとは

筋肉の凝りが起きたりするとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積してしまい代謝が悪くなることから肩こりが起きると多くの方が思っているのですが当然筋肉の凝りが起きているときには、リンパは流れが悪くなり流れが悪くなった分だけ老廃物が多く蓄積していくのは当然の結果だと思います。

肩こりとは

肩こりが起きるときには毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することなどで肩や腕や指先を使うことが多くあり、最近は、スマートフォンの操作でタッチすることや操作をすることで指先を多く使っていますので、腕全体に力が入ったままになっていますので長時間スマートフォンを見ていると首や猫背になるだけではなく肩こりも起きてしまうと言うことが起きてしまうんですが、普通は筋肉疲労が起きたりすると自力で解消できなければいけないんです。
同じようなことをしても肩こりになる方とならない方がいますので、どうゆう風に差がついているのかと言うことを考えてください。

肩こりが起きるのは

肩こりが起きてしまうのは、筋肉疲労で積み重なったものが、肩こりになっていくんですが

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで体動かしたりすることや掃除をしたりすることで料理をしたりすることや洗濯物を干そうとする時やショッピングで荷物を持ったりすることなどで多くの筋肉疲労が生み出されてしまいます。

生み出されてしまった筋肉疲労と言うのは普通は自力で解消できなければいけませんがあることが原因で積み重なったものが多くなってしまうと自力で解放することができなくなる位の状態になってしまいます。

自力で解消できないのは

ギリギリ解消できない位筋肉疲労が積み重なったときには、筋肉だけに積み重なるものではなく体全体で積み重なっていく疲れが原因です。

疲れと言うと多くの方が簡単に考えてしまいますが、疲れは体にとって最大のダメージにつながりますので、疲れが溜まれば溜まるほど、ストレスに変換されてしまいストレスから老化が急速に進んでいくと言うことも起きてしまいますので筋肉の老化と言うと、筋肉が硬くなる現象のことをいいます。

筋肉が硬くなるのは

筋肉が硬くなる現象と言うのは老化現象で起きていることもありますので一時的なものでもなく一過性のものではありませんので、どんなに、いくらマッサージをしても上手な方に揉んでもらっても電気をしても、何をしても解消できない位に筋肉も老化して硬くなっていくということが起きてしまいます。

肩こりと筋肉

老化したものを直すと言うのは、また元に戻して柔らかくしていくと言うのは大変難しい事ですので普通、一般的にはできるものではありませんが当院の治療法の中に体質改善と言う方法がありますので、体質改善でのみ筋肉が硬くなって老化したものを柔らかくすることが少しずつでもできます。

肩こりになるときには

肩こりになるときには肩こりが軽い時もあればひどい肩こりを起こすこともありますので肩こりがひどい時ほどあることが起きています。

肩こりがひどい時ほどあることが起きていると言う状態は日常的に多くなっているものが体に蓄積しているのが原因なんです。

日常的に多くなるものというのは生活することで多くなるものであり階段を登ったり降りたりすることでも多くなりますし歩いたりすることでもジョギングしたりすることでも筋トレしたりすることでも運動したりすることでも料理を作ったり洗濯をしたり入浴したりすることでも多く生み出されていくものが原因なんです。

生み出されていくものと言うのは特別なものではありません。

特別なものではないので多くの方が簡単に考えていますので大変多く積み重なっていることがあります。
日常的に多くなるものというのは疲れです。
疲れと言うと簡単に考えてしまう方が多くいるんですが何かをして疲れたと思ってもいつの間にか疲れを感じなくなっていますのでなくなったとは思わずに忘れている状態が多くあります。

人と言うのは間でなものですから残ったものだけを意識してしまっいい感じなくなったものはなくなったと勝手に思っています。

しかしなくなったわけではなく感じていないだけだとしたらどうでしょう。
疲れを感じていないだけで多くは残ったままになっているということがあるとしたらその蓄積が毎日毎日の蓄積で多くなるばかりですから多くなったものがゆくゆくは肩こりになっていく行きます。

日々の疲れと言うのはそのうちにできるだけ軽くする必要があるんですが軽くすることができるのは栄養のあるものを食べても焼肉を食べてもうなぎを食べてもサプリメントを飲んでも疲れというのはなくなる事はなく多くなるばかりなんです。

疲れやストレスと肩こり

疲れを唯一とることができるのは熟睡している時だけです。

熟睡と言うのはただ寝ているだけではなくすす寝息を立てていれば寝ているわけではなく目が覚めなければ寝ているわけではありません。

眠りと言うのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので朝まで目が覚めなければ寝ていると言えるかというとそうではありません。

夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が勘違いしています。

眠りと言うのは熟睡ができていなければ眠れていませんので6時間の睡眠を寝ている本人が覚えているわけはありません。

寝ている本人が記憶できるのはたった数分の時間だけですから目が覚める前に夢を見ていれば夢の記憶しかなくまた夢の前の記憶しかありませんのでたった数分の記憶で寝ていると勘違いしています。

6時間の睡眠中6時間熟睡ができる方はいませんので上がったり下がったりしながら深い時に脳は熟睡をしているわけです。

眠る時にも不眠症と言う言葉がありますが不眠症と言うのは寝付くまでに1時間も2時間も3時間もかかったり夜中に何回も目を覚ますことが不眠症です。
しかし不眠症とは違って睡眠負債と言う言葉があります睡眠負債と言うのは朝まで目が覚めることがありません。

夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めることがありませんので寝ていると多くの方が思っています。

睡眠と肩こり

しかし先ほども説明したように熟睡ができているのかというとそうではありませんので夢を見るよりも寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をして睡眠が圧倒的に長くなっていればいるほど脳は弱って行ストレスを溜めて行きます。

眠りと言うのは人が見てすす寝息を立てていれば寝ていると勝手に思っていますが脳が寝ていない限りは寝ているわけではありません。
寝ていない限りは1日働いたり仕事をしたり運動したりして生み出されてしまった疲れやストレスを減らすことができません。

また次の日にも同じことが繰り返されていき積み重ねがゆくゆくは肩こりを起こす原因になっていきます。

しかし疲れたと言う状態を感じてもいつの間にか感じなくなる疲れなんですがどこにたまるのかと言う問題がありますが疲れも限界なく多くしてしまうことができますので疲れが多くなった状態のことをストレスといいます。

ストレスの蓄積がどこに溜まっていくのかもちろん体に溜まるわけですけど体のどこにたまるのかという問題が1番大事になります。

肩こりと疲れやストレス
2020年03月03日

整体とは

ようこそ北九州市で30年の経験があるカイロプラクティック徳力整体院のサイトへ。

当院ではボキボキもしないし痛くもない整体とカイロプラクティックをして手の技術だけで体を整えていきますので低周波治療器や電器で散らしたりしていません。

痛みやこりを楽に

もちろんマッサージではありませんが、揉んだりする事はしていますが揉むのが目的ではなく筋肉をほぐして矯正しやすくすることが目的です。

癒しではありませんが、いつまでも癒しばかりしても何も変わりません、と言うよりも症状は進行してしまいます。当院の施術は体を直していく施術です。

ダルクなる事があります

施術を受けたあと、ダルクなる事があります。ダルクなるのは揉み返しではありませんが、揉み返しのような感じでダルクなる方がいます。ダルクなる方は、体調や体力を落としている方ですが、続けて受けて頂くと体の状態が向上しますので出なくなります。

痛みやコリでも腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みの施術でも回復するパワーがないと回復しません。

また、小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットでも顔が小さくなる小顔の効果や、骨盤が小さくなる小尻効果がありますから、変化に体力がついていかないとダルクなります。

痛みやコリ、美容整体でも関係しているモノ

腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどの痛みやコリでも深く関係しているモノと、美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットをする時に関係するものがあります。

両方に関係するモノとは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

多くなるモノとは体に積み重なっていくモノです。

両方に関係して体に積み重なるモノが増えていくと、歪みやズレになり歪みやズレから筋肉が引っ張られてコリになり、さらにズレがひどくなると痛みになります。

さらに悪化したものが椎間板ヘルニアに進行していきます。椎間板ヘルニアも特別なものではありません。誰でもあり得るものです。

この両方に関係するモノを減らしていくと歪みやズレが減って痛みやコリが楽になりますし、顔が小さくなり小尻にもなりウエストも細くなり浮腫みも解消していくモノです。

しかし限界なくたまっていきますから1回の施術ですべて減ることはありません。
痛みやコリでも美容整体の両方に関係するモノとは、疲れやストレスです。

疲れやストレスがの蓄積

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものが疲れやストレスです。疲れやストレスがたまっても人は減らす努力もしていません。と言う事は疲れやストレスはたまりぱっなしです。この積み重ねが歪みやズレを起こして痛みやコリになっていきます。

疲れやストレスと整体

疲れやストレスがたまって多くなると体は自然と歪みやズレになっていきます。歪みやズレが起きると、筋肉は骨から骨へ引っ付いていますので骨がズレて動くと引き締めていきます。これがコリです。当然ですが、その時にはリンパの流れが悪くなり老廃物が多くたまって循環が悪い状態です。
さらに骨のズレが大きくなると椎間板を圧迫したり、ヒネリますから痛みになります。さらに悪化したものが椎間板ヘルニアです。

疲れやストレスがたまっていくと

疲れやストレスがたまると歪みやズレになり、小顔矯正、骨盤矯正にも影響が大になります。腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みでも疲れやストレスが深く関係しています。

この両方とも疲れやストレスを減らすことで楽になったり、顔が小さくなったり小尻になったりしていきます。

便秘の方

大腸の働きが割から便が出ないで便秘になっています。

疲れやストレスは弱い部分にたまっていく傾向がありますから大腸が弱ければ大腸の多くの疲れやストレスがたまり大腸の働きが悪くなります。(弱いと言うのは体質的な弱さの事を言います。)

生理痛の方

生理になると生理痛が起きるのは生理に関係する部分が弱いからです。

弱い生理に関係する部分に疲れやストレスがたまると生理になると生理痛が起きて腰痛、下腹部痛などが起こります。

腰痛の場合、背骨の5番目が子宮、腰椎3番目が卵巣にあたりますから、歪みが強くなり腰が痛くなります。

下腹部痛は生理に関係する内臓の位置で起きています。(弱いと言うのは体質的な弱さの事だけを言います。)

腰痛の方

腰痛の方は弱い部分が腎臓になります。弱い腎臓に疲れやストレスがたまると腎臓に関係する筋肉のバランスが崩れて悪くなり骨盤の歪みと背骨のズレを起こしていきます。骨盤が歪んで背骨がズレた時に重たいものを持つと体を支えることができないので、起きるのが腰痛です。

腰痛、腰の痛み

弱い腎臓に疲れやストレスがたまる → 筋肉バランスが崩れる → 骨盤の保持ができなくなる → 骨盤の歪みと背骨のズレが起きる → 腰の痛みになる。
悪化したものが椎間板ヘルニアです。または、坐骨神経痛です。
(弱いと言うのは体質的な弱さの事を言います。)

美容整体を希望する方

小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットでも深く関係しているのが疲れやストレスです。

小顔矯正の方

小顔矯正を希望されてくる方の全員が疲れやストレスをためています。

疲れやストレスをためてしまうと顔にもたまりますから顔が正常ではなく大きくなっていきます。

小顔矯正

もちろん浮腫み、脂肪も増えていきます。

これを減らすことから始めていくと顔が小さく小顔になっていきます。

骨盤矯正の方

骨盤矯正を希望される方が増えるばかりですが全員の方が骨盤にも疲れやストレスをためて正常の大きさではなくなっています。これを正常に戻すことから始めていくと骨盤が小さく小尻になっていきます。

睡眠負債と不眠症
最近は多くの方が気が付かないで睡眠負債になっています。

睡眠負債と不眠症は違います。

不眠症は寝つきが悪く寝ようとすると1時間も2時間も眠れないのが不眠症ですし夢ばかり見て寝た気がしないのも不眠症です。

骨盤矯正

その点、あきらかな違いの睡眠負債は夜に寝てしまうと朝まで目が覚めません。しかし眠りが一番、浅いのが睡眠負債です。睡眠負債の方は寝ながら考え事をしている睡眠をしていますから大脳が急激に弱っていきます。

大脳が弱ると体調の悪さも、痛みやコリも感じません。

つまり、マヒした状態になります。

風邪の細菌やインフルエンザが侵入しても高熱が出る事はありません。隠れインフルエンザ、隠れ風邪になります。

しかし自分ではわかりません。

骨盤を検査しても骨盤の歪みや開きが大きくあるのが特徴です。しかも背骨のズレが大きくあり椎間板ヘルニアがあるような状況でも痛みやコリを感じ取ることが出来なくて鈍感になっています。

この方が当院の施術を受けるとダルクなる事があります。回復するパワーがないからです。施術を続けているとなくなります。

2020年03月02日

整体とは

整体とは歪みやズレが起きた体を整えていく事です。歪みやズレは毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが体にたまっていきます。

この疲れやストレスの蓄積が歪みやズレになります。

整体で腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みを解消

整体とは

整体と言うのは、日本においても呼び名です。

昔は、柔道の先生がしていました柔道で投げられて肩を脱臼したとかで治療していたのが骨接ぎです。

骨折や脱臼、捻挫などを治療していたのが、今の整体になりました。

今も整骨院では、施術項目は、脱臼、捻挫、打撲、骨折が施術項目です。

整体はあまり学問的に研究されることがなく、先生から弟子に伝えられる状態でした。

今でも、整体の本が残っていますが、昔ですから写真ではなく、絵です。

しかも、絵を見ても、理解不能の絵ばかりです。

ここまでの発祥の違いが整体とカイロプラクティックの混乱のもとになっています。
日本では、民間医療の分野にとどまります。

だから、色々な整体があります。  

整体との業界も、エステと同じで統一されていません。

ボキボキする整体もあれば、電気をして整体と言う所もあります。 日本で整体と言えば色々あります。

電器をいっぱいして整体と言う所もあります。

疲れやストレスと整体

院長は

整体と言えば、背骨の矯正の事ですが、背骨のズレは上で書いたように、体調からくるものと、体質から起きているものがあります。

この事さえ知らない方が多くいます。と言うか、ほとんどの方が知りません。

と言うのは、治療ができないからです。 体質レベルの施術は、非常に高等テクニックになります。 誰でもテクニックを習得すればできるものではありません。

体調と体質の検査だけでも、すごく難しく使いこなすのに、年月を要します。 検査ができないと、治療しようもありません。

頭がい骨矯正と言う看板があっても、ほとんどの所は頭がい骨マッサージ程度しかできていません。 こんなに準備ができていないのにできる訳はありません。

本当の頭がい骨矯正は、体質改善のレベルで初めてできる矯正法です。

初めからできるものではありません。
カイロプラクティック徳力整体院の経歴
当院の院長は、PAACと言う団体に所属しています。

PAACとは、パシフィック・アジア・カイロプラクティック協会と名称です。

東京の池袋に本部があります。

カイロプラクティックの学校もしている所です。 院長は、PAAC協会の正会員です。

原因不明の症状

どこに行っても良くならない症状も相談してみて下さい

当院の整体とカイロプラクティックの施術法は

当院では、整体とカイロプラクティックを痛くない施術で、体の歪みや背骨のズレと腰痛と肩こりなどを楽にすることをしています。

整体とカイロプラクティックと言っても、痛くない施術ですから、ご安心下さい。

当院では、整体とカイロプラクティックをしていますが、整体とカイロプラクティックには、施術法方が色々あります。

整体とカイロプラクティックと言うのは、痛みやコリなどを、楽にする施術法です。

あなたが、今感じている、色々な症状と腰痛と肩こりなどと、本格的な小顔になれる小顔矯正と骨盤が小さくなる骨盤矯正は好評です。

今まで、改善しなかった、色々な症状なども、相談してみて下さい。

当院では電機などを用いていません。 理由は、電機などは、痛みを散らすことしかしていないからです。 手のみで楽にしていきます。 顔を小さくして小顔に、そして骨盤を小さくなる事をしています。

疲れやストレスがたまると

整体で体の歪みを

整体やカイロプラクティックと言うと、ボキボキしたり、痛いと言う感じですが、当院の整体カイロプラクティックは痛くありません。

痛くもなく体の調子を良くして、腰痛や肩こり、頭痛、生理痛、便秘、浮腫みなどを変えていきます。 整

体カイロプラクティックと言うのは、背骨が中心に考えますが、背骨は、脊髄を守っているだけですから、背骨が歪みやズレを起こす原因の黒幕が体の中に隠れています。

骨盤が歪んだり、背骨がズレたりするのは、理由があります。

何も原因や理由がないのに、歪んだりズレたりすることはありません。

ましてや姿勢などや重いものを持つなどで起きると思われている腰痛も、原因は姿勢や重いものではありません。

そんなに簡単に脊髄を守る背骨が歪んだりズレを起こしたら大変なことになります。

先ほど言った黒幕とは、疲れです。 疲れは体にたまります。

疲れが体にたまると、弱い所が、歪みやズレを起こします。

ではこの弱い所とは、何処なのか???

それは内臓です。

内臓と言っても病気ではありません。 内臓に疲れがたまると言う事です。

体の中にある内臓ですから、内部から崩れていくと言う事です。 内部から崩されると、一番大きいダメージになります。

これが骨盤の歪みや背骨のズレが起きる原因です。 歪みやズレも、初めは少しずつ起きていきます。

いつかは歪みやズレが大きくなってコリになって、痛みになります。これが、腰痛や肩こりなどに代表される痛みやコリのメカニズムです。

疲れやストレスと歪みやズレ
2020年03月02日

腰痛を楽にしていく

腰痛を改善して楽にしていくためには痛みの原因になってるものを見つけ出して改善しなければいけませんが、多くの腰痛の治療法と言うのは痛みの原因まで改善するまでには至っていないと思います。

単純に腰痛を起こしたら痛みを楽にすることを『治った』と思うでしょうが実は原因が残ったままになっているんです。

腰痛、腰の痛み


腰痛とは

腰痛を楽にしていく治療法というのが湿布を貼ったりすることでも痛みが楽になることもありますし腰痛に効くと言うサプリメントを飲んでも効果があるかもわかりませんし家族の方に腰を揉んでもらうことも楽になる一員でもありますし専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも腰痛が楽になってしまうこともあります。
そして電気や低周波治療器などをかけたりすることでも腰痛は楽になることもあるでしょう

腰痛の原因

しかし痛みを楽にしても痛みを起こした原因が残ったままになっていると繰り返しやすく戻りやすくしばらくはいいかもわかりませんが原因もいつまでも同じままではいられませんので進行してしまうと言う怖さがあるんです。

体に何かの症状が起きるときには必ず何かがあるわけですから何かが何なのかと言うことを見つけ出さなければいけませんが、多くの治療法と言うのはそこまで至っていません。
腰痛の原因まで改善できていない理由と言うのは、根本的に、どうして腰痛が起きるのかということがわかっていないからなんです。

当然物量を用いる方法ではなく矯正する方法というのもありますので矯正する方法というのは整体やカイロプラクティックに行くと矯正することをしていると思いますが、整体やカイロプラクティックでも歪みやズレが、どうして起きるのかという事まで見つけ出して解消できているわけではありません。

腰痛、腰の痛みが起きるのは

痛みが起きるときには重たいものを持とうとして腰が痛くなったとか庭仕事をしていて急に立とうとした時に、腰が痛くて体を伸ばせなくなったとかくしゃみをしただけで腰が痛くなったとか前かがみで、いつも掃除をしているときに、腰が痛いとかデスクワークで座ってるだけで腰が痛いとかいろいろな腰痛を言われますがすべてこれらが、切っ掛けです。
切っ掛けと言うのは原因ではありません。

つまり重たいものを持つだけで、腰が痛くなることもあればならないこともあると言うことを考えてください。

痛くならない時は気をつけて持っていると言うこともあるかもわかりませんが、何がなくしたときに、腰が痛くなることがありますので、何がなくしたときには何が起きているのかということを考えてください。

何がなくしたときには、必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあるんですが歪みやズレも軽いと何も症状を感じません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨のズレがあったりすると筋肉や靭帯で支えることをしているんですが普段できている事でも支えきれない位のものが起きているとバランスが悪くなり視点がずれてしまいますので体を支えきれなくなってぎっくり腰になると言うことで痛みが起こります。

もし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがないときにはまたは軽いときには同じことをしても痛みが起きる事はありません。

腰痛や腰の痛みが起きる原因

腰痛や腰の痛みが起きる原因は特別なものが原因ではなく日常的に多く積み重なっていくものが体に蓄積していくのが原因で起きています。

日常的に多くなるものというのは生活することでも料理を作ったり掃除や洗濯をすることや入浴をすることで階段を登ったり降りたりすることや歩いたりすることや車の運転をしたりすることや買い物をしたりすることでも多く生み出されていくものが体に蓄積していきます。

体に蓄積していくものというのは体にダメージを与えていくものですから悪いものになりますので悪いものと言うのは疲れです。

疲れと言うと多くの方がわかってもいないのに簡単に考えてしまう怖さがありますが疲れほど悪いものはなく疲れほど体にダメージを与えた痛めつける事はありません。

疲れと言うのは限界なく多くしてしまいますので1日1日の疲れが体に蓄積していくことが原因でありとあらゆるものが落ちていきます。

疲れと言うのは疲れたと感じてもいつの間にか時間の経過とともに感じなくなっているんですが多くの疲れは残ったままになっていますので残ったままになっている疲れと言うのは日々体に蓄積していき1日またはもう1日と経てば経つほどどんどん多くなってしまいます。

1日の疲れが完全になくならないうちにまた次の疲れが生み出されて体に蓄積していきますので体に蓄積していくときにはどこに蓄積をしていくのかと言う問題があります。

腰痛、腰の痛みとは

体と言うのは弱い部分とそうでもない部分が誰でも存在しています。

弱い部分には多くの疲れが溜まりやすくなり溜まってしまうと細胞の変化が起きることもあります。

弱い部分とそうでもない部分と言うのは2つ存在していますが、そうでもない部分は先将来、何かにつながったり痛みやコリを起こしたりすることもなく症状につながる事はありません。
疲れと言うのは日々蓄積していくものなんですが、普通は疲れはある程度なくなってしまわなければいけないんですが、残ったままになっている疲れと言うのは弱い部分で溜まっていった状態ですから、自力で解消することができなくなっていきますので弱い部分で余計に疲れを溜めてしまうと、いじめのような状態になってしまいます。

自力で解消できないくらい弱い部分に疲れが、溜まってしまうことが、原因で腰痛や腰の痛みの原因になってしまう骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていくと言うことになります。

弱い部分と言うのはどこなのかと言う問題がありますので体に溜まると言う事は全身にも溜まりながら体の中の奥底にある部分に溜まっていきます。

体の中は

体には何があるのかというと例えばですが100キロの方がいるとしたら100キロ中65%から75%が水分で構成されていますので体重の65キログラムから75キログラムが水分と言うことです。

あと残りは35キログラムから25キログラムの重さが神経と血管とリンパと皮膚と光脂肪と筋肉と靭体と骨の重さと内臓の重さになります。

中枢神経系の大脳と脊髄と脳幹なども内臓の1部になりますので内臓に含めるようにしています。

この中に疲れやストレスが溜まりやすいところがあると言う事なんですが弱い部分と言うことになりますと神経と血管とリンパと言うのは1番除外して良い部分だと思いますのであと残ったのは陽太光脂肪と筋肉と人体と骨になりますので筋肉は氷を溜めてしまって疲れやストレスが溜まりやすいと言うこともありますので筋肉を対象になります。

しかし後残ったものを考えれば骨と言うのも骨に疲れが溜まりやすいと言うのも変な話ですけど骨よりももっとさらに疲れやストレスを溜めてしまいやすい部分があります。

骨よりももっと疲れやストレスを溜めてしまいやすい部分と言うのは主には内臓になります。

しかし、内臓といっても病気と言ってるわけではありませんので慌てないでください。

多くの方が内臓と言ってしまうと病気というの関係づけてしまいますが病気になる前の家庭や内臓にも疲れが溜まったり内臓にもストレスが溜まると言うことが普通に起きているんです。

内臓に疲れやストレスが溜まってしまうと体の中からダメージを与えていきますので骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしたり、筋肉の疲労を起こしたりして筋肉疲労を解消できなくなって凝りになるということが起きています。

腰痛を起こすときには周辺にも筋肉がありますので筋肉のバランスの崩れが起きるのは当然の結果だと思いますし痛みになるときには体調が落ちていると言う事ですから体調が落ちていると言う証拠に疲れやストレスが多く溜まっていると言う状態になっています

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み
2020年02月27日

小顔になれる小顔矯正

小顔矯正で顔を小さくしていくためにはいろいろな方法があると思いますが美顔ローラーを使ったりすることは肌を良くすることですから顔が小さくなると言うことではないと思いますしコロコロローラーなどで小顔にすると言うのもむくみや脂肪が少しは減るのかもわかりませんが効果的にはどうなのかなと思っていますので。

小顔矯正

小顔矯正とは

顔を小さくしていく小顔矯正と言うのは何かを減らさない限りは顔が小さくなってくれませんので何を減らしたら顔を小さくすることができるのかということも考えるようにしてほしいところなんです。
多くの方がただ単に顔を小さくしたいと言う希望で訪れているんですが当院ではエステのような小顔矯正をしているわけではありません。

エステの小顔矯正

エステでやっている小顔矯正と言うのはイメージですが発汗させることに重きを置いている小顔矯正だと思いますので顔をマッサージすることで脂肪やむくみも減ってくる可能性もありますしラップやタオルを巻いて量を流すようなことをして汗をかかせて顔を小さくすると言う事ですから顔の中にある水分を出していく小顔矯正だと思いますし暖かいスチーム充ててむくみや脂肪を減らすことになると思います。

小顔矯正と言うと当院の小顔矯正はエステなどの小顔矯正とは違い発汗させるような小顔矯正ではありません。

小顔矯正とは

当院の小顔矯正は

当院でやってる小顔矯正は体を整えていくことで顔を小さくする方法なんです。
普通一般的にはエステのような小顔矯正をしているのが、一般的ですけど当院の小顔矯正は他とは違いますので、体を整えたりすることをして小顔矯正をしていくんですがからだと言うと顔と関係ないような感じなんですが、関係がありますので体を整えていくと言うよりももうちょっとダイレクトにわかりやすく言うと顔のむくみや脂肪を減らすためには顔にたまったある物を減らす必要があるんです。

小顔矯正をしていくときに

小顔矯正をしているときに1番関係するものと言うのは体の状態を確認する必要なんです。
これは整体やカイロプラクティックと言うよりも遠いんじゃなければできない方法なんですが小顔矯正をしていくときに、毎日毎日の仕事や運動することや生活することや料理を作ったりすることや階段登ったり下りたりすることやメモリの朝からも多くの疲れが生じてしまい、体に蓄積してしまっています。
体に溜まった疲れの限界が多くなればなる、ほどストレスに変換されてしまいますのでストレスから体のダメージを受けて脂肪やむくみを多く貯めていくということが起きてしまうんです。

むくみや脂肪が増えてしまう原因と言うのはどこにあるのか

むくみや脂肪が増える原因というのは日日常で多く積み重なっていく疲れが多くなり蓄積量が多くなってしまうとストレスに変換されてしまうことから起きている現象ですからストレスを蓄積した部分から減らすことをしないと単純に汗を書かせたり水分を減らしたりすると言うことよりも1番ダメージを受けて働きが悪くなってるものを解消しなければいけません。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をするときには顔を小さくするエステなどの発汗させるような小顔矯正では体を整えていくと言う事までできていませんので発汗させるつまり汗を書かせる頭に汗を出すと言うことだけをしている小顔矯正だと思います。

小顔矯正をしていくためには体を整えていくと言うことが1番重要になりますので体を整えていくと言うことで体だけじゃなく顔も整える必要があります。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていくときには疲れやストレスの蓄積というのが1番、重要になりますので疲れやストレスが多くたまればため込むほど、ありとあらゆるものが悪くなりリンパの働きがなくなって代謝が悪くなり老廃物が多くたまると言うことが起きています。

誰だって疲れやストレスが溜まっているわけですから溜まっていない方は現実にいませんので誰でも疲れやストレスが溜まっていることが原因でありとあらゆる症状が起きているんですが痛みやコリなどの症状として感じていないだけなんです。

疲れやストレスの蓄積と小顔矯正

疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど太りやすくなったりむくみやすくなったり脂肪が多くなったりしていくだけではなく肌の荒れが起こりやすくなったり顔色が悪くなったり骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしている状態で内臓疲労も起こしているんですが痛みやコリなどのいろいろな症状として感じていないだけなんです。

疲れやストレスと言うのは毎日の生活や仕事をすることや運動することや身体動かしたりすることや料理を作ったりすることや歩いたりすることや階段を登ったり降りたりすることで多く生み出されていくものがありますので生み出されていくものが疲れたと感じでも、いつの間にか疲れを感じなくなってしまっています。

何かをして疲れたと感じてもいつの間にか感じなくなってしまったのでなくなったとか楽になったとか疲れは解消したと思うでしょうが、実は多くの疲れは残ったままになっているんです。
ストレスにも2つのストレスが存在していますので1つ目は精神的なストレスともう一つは肉体的なストレスになります。

肉体的なストレスは表情に現れやすく、生理痛や便秘等や膀胱炎を繰り返したりすることも肉体的なストレスの要因にもなりますし、肩こりや頭痛や腰痛や胃もたれなども肉体的なストレスの要因になります。

疲れやストレスと小顔矯正

肉体的なストレスとは違って精神的なストレスと言うのは、精神的な抑圧や緊張やプレッシャーなどと言う言葉があるように誰かが自分に対して、怒っているとか怒鳴っているとかまたは怒鳴っている人をそばにいる場合も自分にも精神的なものが加わっています。

よくお笑いなどで頭を叩かれるシーンがあって笑っていますが実は気がついていないで精神的なショックを自分も受けています。

小顔矯正と疲れやストレス

人が叩かれると言うのを見ることも嫌な気分を起こすんですが、それを笑いでごまかしているだけなんです。

疲れやストレスと言うのは体にとってダメージになりますのでダメージが体に加わることが原因でむくみや脂肪が多くなっていきますので顔が大きくなっています。

今まで30年間小顔矯正をしてきて1人として顔が正常の方はいませんでした。

顔が正常の方はいませんでしたので正常に戻していくとむくみや脂肪が減ってくると言う小顔矯正をしています。

そして日常的な形のあるものだけではなく眠りの浅さからもいろいろな状況が悪くなっていきますので体動かしているだけではありません。

疲れやストレスと言うのは体を動かしてるときだけ悪は悪間ではなく眠りの朝だからもう疲れやストレスが多く満たされていきます。

眠りと小顔矯正

眠りと言うのは寝ている本人が気がつく事はなく自分の意識にあるのは目が覚める瞬間かまたはその数分前でしかないのに数分の時間を寝ていると勘違いしてしまっています。

寝ている本人が6時間の睡眠時間があっても全てを記憶して覚えている事はありませんので目が覚める瞬間だけの記憶しかありません。

眠りといっても不眠症と睡眠負債と言う言葉がありますが不眠症と言うのは夜寝ようとするときに眠りが浅く1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことが不眠症です。

不眠症の方は体が崩れやすく、むくみや脂肪が多くなってしまうので小顔矯正をしていくときに1番の点滴になります。
眠りと言うのは大脳が寝ている熟睡状態のことだけを言いますので熟睡ができていないのに体が引き締まったり脂肪やむくみが減る事はありませんし骨盤の歪みが起きたり開いたり背骨がずれたりしているのに痛みやコリとして感じていない方も多くいます。

眠りと小顔矯正
2020年02月25日

楽にしていく腰痛、腰の痛み

腰痛腰の痛みが起きるときには重たいものを持ったりして腰が痛くなったり前かがみになっているときに何かを取ろうとして腰を痛めてしまったり車の運転をしているだけで腰が時々痛むとか布団に寝て朝からいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛くなっているとかいろいろな腰痛があると思います。

腰痛、腰の痛みになると

腰痛とは

腰痛と言うのは姿勢で起きることがありますので、重たいものすることで痛めてしまう場合がありますので、てこの原理から考えれば腰の部分が支点になり前かがみをしたり重たいものを持ったりすることで支点のバランスが崩れることが原因で炒めてしまう原因になります。

単純にお辞儀をしただけでも腰にはかなり、負担になってしまいますので腰から上に重芯が移ったときに体を支えるためには、すごい腰の部分に軋轢がかかっていると言われています。
しかし前かがみをしたわけでもないのに運転をしてる時に腰が痛いとか言われるとか布団に寝て朝から腰が痛いと言うのはバランスが悪いわけではなく、一般的には特に布団に寝て朝から腰が痛いと言う状態で説明すると布団が合わないとか腰が沈みすぎるとか言われているのがあります。

腰痛、腰の痛み


しかし布団に入れて朝から腰が痛いと言う時は布団やベッドなどが長年、使っていて下手っているような状況であれば変えたほうがいいと思いますし一時的に布団やベッドを変えることで腰が楽になることもあります。

しかし原因は布団やベッドの関係も多少はあるんですが、全てが布団やベッドのせいではありませんので原因がご自分の体にあると思ったほうがいいと思います。

腰痛や腰の痛みが起きるときには

腰痛や腰の痛みが起きるときにはあることが原因で起きていますので全てがベッドや布団のせいではなく、また姿勢の関係ではありませんので、何でもかんでも他のもののせいにしないでください。

腰痛や腰の痛みが起きるときには、必ずある物ことが関係しています。

腰痛や腰の痛みと言うのは、日常的に多くなってしまうものが、体に積み重なったのが原因で起きていますのである積み重なった悪いものと言うのは疲れです。

疲れと言うのは誰でもあることなんですが、人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在していますので弱い部分がどこなのかで症状が起こりやすい部分が違います。

人それぞれ違う弱い部分と言うのは、肩が弱い部分であれば肩こりになりやすく、生理に関係する部分が弱い部分であれば生理痛になったりしていきますので体の変化と言うのは、すでに起きている現象ですから、体の変化がどこに起きるのかと言う事の問題が弱い部分に起きているということになります。

腰がいたくなるのは

弱い部分とは

弱い部分と言うのは体質的に弱い部分になりますので元来、生まれつき弱い部分に関係していますので、生まれつきその部分が、弱い部分であれば成長とともにまた生活することで仕事をすることで、身体を動かしたり運動したりすることで多くの疲れが生み出されてしまい、疲れの蓄積が弱い部分に溜まっていきます。

弱い部分にたまることが原因で、何かが起きているわけですけど何かと言うのは歪みやズレが普通一般的なんですが歪みやズレと筋肉の問題が重なって起きている状態があります。

弱い部分に溜まる疲れなんですが疲れも限界なく多くしてしまうことがありますが、何かをして疲れたと思ってもいつの間にか時間の経過とともに疲れは感じなくなってしまいますので、感じなくなってしまった疲れと言うのはなくなったと多くの方が思っています。

しかしいちど体に生じてしまった疲れというのは全てなくなる事はありません。
なくなってしまうことがない疲れは積み重なっていきますので、日々の疲れがどんどんどんどん、どんどんどんどん多くなるばかりです。

感じなくなった疲れは多くなればなるほど限界なく多くしてしまうことができますのでストレスに変換されてしまいストレスの蓄積状況も多くなってしまえばしまうほど体にダメージを与えていきます。

ストレスや疲れが溜まってしまうと限界なくため込んでしまうものですから疲れやストレスが溜まっていけばいくほど体にはいろいろな状況の変化が起きていきます。

状況の変化とは

状況の変化と言うのは当然、腰痛や腰の痛みになってしまう結果を生み出すものでありそれ以外でも血液の流れが悪くなったり、老廃物が多く溜まってリンパのあたりが悪くなったり代謝が低下してしまったり内臓の働きが悪くなったりする事は当然起きる結果です。

疲れやストレスの蓄積ほど、体にダメージを与えるものはありません。

最悪最大のダメージを与えてしまうのが疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが溜まっれば溜まるほど、溜まる部分があります。

疲れやストレスが溜まる場所

疲れやストレスというのは溜まる場所があるから、溜まっているわけですけど体には何があるのかということを考えてみてください。
体に何があるのかということを考えないと溜まる場所は分かりません。
体に溜まる場所と言うのは、体には水分が体重100キログラムの方がいるとしたら65キロも水分が多くなっています。

歪みやズレから腰痛、腰の痛みになる

水分の量は太っている状態の方ほど70%に上がりますので65%だけではありません。

体重の100キログラムの人が65%から75%の水分があると言う事は65キロから75キログラムは水分で構成されています。

水分といっても細胞の中にある水分や体液やリンパ液や血液など多くの水分が存在しています。

あと残ったものは35キロから25キログラムですからその重さと言うのは皮膚と皮下脂肪と筋肉とじん帯と神経と血管とリンパと骨と内臓の重さになります。

疲れやストレスはこの部分でどこにたまるのかと言う問題がありますが筋肉にも溜まっていくのはわかっていると思うんですが筋肉中に溜まる事はありませんので筋肉以外にも溜まっている部分があり多くの問題を起こす部分があると言うことです。

日常的に多くなってしまう疲れが生活をしたり運動したり仕事をしたりすることで疲れやストレスが生み出されてしまい疲れやストレスが弱い部分に留まる傾向があり弱い部分に溜まった疲れやストレスは徐々に解消できなくなっていくと言う怖さがあります。

疲れやストレスほど体にダメージを与えるものはなくリンパの働き悪くなるのも疲れやストレスの蓄積から働きが悪くなっている関係から吸収できないと言う状態で起きている現象ですからむくみや脂肪になりやすいと言うことなので太っている方ほど疲れやストレスを溜めてしまっている傾向があるんですが気がついていない場合が多くあります。

疲れやストレスと言うのも感じやすいかと思いますが感じにくいかと思いますので管理やすい方もいつもいつも疲れやストレスを感じているわけではありませんのでいつの間にか疲れが溜まった状態でも時間の経過とともに感じなくなっていてわからなくなっているんです。

わからなくなっているだけであり疲れやストレスの蓄積も確実に体に蓄積しているわけですから解消できなければどんどん積み重なるばかりです。

腰痛、腰の痛みになってしまう原因


積み重なった疲れやストレスと言うのが体に蓄積していく部分のダメージになっていき必ず背骨のズレを起こして行骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす結果になっていきます。

その時に腰痛が起きることがあり自然と骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが拡大されている状態のときにわかっていないときに重たいものを持ったり前かがみをしたり靴下をはこうとしたり合わない布団に寝ていると思っていたりくしゃみをしただけでも腰を痛めてしまう結果になります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院。

2020年02月20日

整体とは

整体カイロプラクティックと言うのは腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどは歪みやズレから起きている現象ですから矯正して整えていくことで楽にしていく方法です。

歪みやズレを

整体とは

整体で体の歪みを整えていく事をしています。

体に起きる痛みやコリの原因になる歪みから色々な症状は起きています。 体が歪みを起こしていくと、痛みやコリになります。
歪みは
年齢や性別に関係なく、誰でも、いつでも、歪みは多かれ少なかれあります。

当然として赤ちゃんでも歪みはあります。

お腹に子供がいる時にも、歪みは起こります。この歪みには2種類あります。 一つは、① 生まれつきの歪み
もう一つは、② 生まれた後の歪み です。
①の生まれつきの歪みは、ほとんどが遺伝で起きています。

生まれつきの体は、背骨が真っ直ぐな方はいません。 何かしらの歪みがあります。

しかし、この状態で生まれていますので、痛みやコリはありません。

しかし、②生まれた後の歪みは、体調と老化で起きています。 生まれた瞬間から体は老化していきます。

成長と言う名の老化です。

体は大きくなるけど、色々な所が老化していきます。

体が大きくなることを若返りとは言いません。

体が弱かった子は、弱いままで、成長する事で、強くなることはなく、弱さがわからなくなります。 良くなることはありません。

体調が悪くて、疲れやストレスが、いっぱいたまっていると歪みは起こります。

疲れやストレスと整体とカイロプラクティック

ほとんどが体調が悪くなって疲れやストレスがたまると、痛みやコリになります。
疲れやストレスが
痛みやコリを起こす歪みの原因は、疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが多くたまると、体は、自然と歪みを起こしていきます。

しかし、初めは、ちょっと疲れてきたと言う感じですが、いつの何か疲れやストレスが多くなると、歪みが悪化していきます。
色々な痛みやコリなどが起きる時には、疲れやストレスの蓄積から起きています。 疲れやストレスがない方はいません。

いつも身近にある疲れやストレスが体にとってのダメージを起こしていきます。

そうすると、腰痛、肩こり、頭痛、便秘、下痢、疲れやすい、眠れない、首の痛み・コリ、生理痛などになります

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックで体の歪みを整えていく事をしています。

色々な症状は歪みから起きています。 体が歪みを起こしていくと、痛みやコリになります。
痛みやコリを起こす歪みの原因は、疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが多くたまると、体は、自然と歪みを起こしていきます。

しかし、初めは、ちょっと疲れてきたと言う感じですが、いつの何か疲れやストレスが多くなると、歪みが悪化していきます。
色々な痛みやコリなどが起きる時には、疲れやストレスの蓄積から起きています。 疲

れやストレスがない方はいません。
いつも身近にある疲れやストレスが体にとってのダメージを起こしていきます。

そうすると、腰痛、肩こり、頭痛、便秘、下痢、疲れやすい、眠れない、首の痛み・コリ、生理痛などになります

 

2020年02月20日

腰痛、腰の痛みを楽にしていくなら

腰痛や腰の痛みが起きたり、ぎっくり腰が起きたり椎間板ヘルニアになったりな骨神経痛になったりするのはすべてあることが原因で起きている現象なんです。
ある事と言うのは、特別なものではなく、日常的に多く積み重なっていくものが原因で起きています。

腰痛、腰の痛み

腰痛や腰の痛みやぎっくり腰になったりするときには重たいものを持ったりして痛くなったとか前かがみをして腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか朝起きた時からいつも腰が痛いとか仕事で座っているだけで腰が痛いとかデスクワークで座りっぱなしで腰が痛くなるとかいろんなことを言われます。

腰痛とは

腰痛と言うのは起きる原因があるから起きているわけですけど前かがみや重たいものを持って腰が痛くなる事は全てきっかけにしか過ぎません。

きっかけと言うのは原因があって初めて成立もするものですから、原因がなければどんなに同じような姿勢をしても痛くなるものではありません。

腰痛を起こしている原因と言うのは何なのかと言う事は実態がなく立証することができませんけど確かに明らかなものです。

先ほども説明したように腰痛や腰の痛みが起きるとは特別なものではなく、日常的に生活したり、料理を作ったり階段を登ったり降りたり、入浴したり歩いたりショッピングをしたり、車の運転をしたりして多くなっていくものが、原因で積み重なったものが痛みになります。

腰痛を起こすのは

腰痛を起こしているのは日常的に多くなる疲れが原因なんです。
人と言うのは何かをしたら疲れが多く生み出されていきますが疲れも、いつの間にか感じなくなってしまいますのでなくなったとか良くなったとか思うでしょうが、実は残った疲れが多くなると言うことなんです。

原因がある腰痛、腰の痛み

感じていなければ疲れが溜まっていないのか解消できたのか、ゼロになったのかと言う問題はゼロになっていないと言わざるを得ません。
よく風邪やインフルエンザウィルスにかかっても激症の症状がなくなってもすべてのウィルスや細菌がなくなったものではないと専門家の先生も言うように同じようなことが起きています。

高熱や節々の痛みやだるさがなくなっても体内に入ってしまった風邪の細菌やインフルエンザウィルスは残ったままになっている場合が多くありどれぐらい残っているのかと言う問題は人それぞれで違います。

体内と言うのは溢れかえって初めて発症してしまうものですから、溢れかえる前は1度に細菌やウィルスをため込んでいる場合が多くありため込んだままのウィルスや細菌は万病に及ぶと諺があるように免疫力を低下させてしまい体調や体力を落としてしまうと言う結果になってしまいます。

2020年02月17日

肩こりを解消して楽になる

肩こりを解消して楽にするためには筋肉のコリから揉んだりマッサージをするような感覚でリンパの働きを上げて老廃物を流すことをしていきますが、肩こりと言うのは筋肉だけで起きている事はありませんので、筋肉のコリを解消しただけでは終わる事はありません。

筋肉をほぐして

肩こりとは

肩こりと言うと多くの治療法自体が筋肉ばかりほぐしたり柔らかくすることばかりしたり、リンパマッサージやリンパ療法などでリンパを流す方法が一般的だと思いますが筋肉やリンパだけで、肩こりは起きていませんので、どうしてリンパの対流が起きて老廃物が多く溜まったのかということも考えなければいけませんし、筋肉のコリが、どうして起きたのか、または解消できなくなったのかということも問題があります。

肩や腕や指先と言うのはいつもいつも何をする時にも力が入ったままになっていますので力が入ったままになっていればいるほど、筋肉が疲労を起こしていくことがありますので筋肉疲労が行く行くは解消できなくなっていくほど多くなればなるほど肩こりとしてなっていくと言うことなんです。

筋肉疲労が肩こり

普通は筋肉疲労が起きても改善できていなければいけませんが、筋肉疲労が改善できなくなってくるほど多くの疲れが溜まった時に起きています。

疲れと言うのは筋肉だけに溜まることもありませんし、肩の筋肉の部分だけに疲れが残ると言うこともありませんので全身に疲れが溜まりながら特に筋肉のコリを感じるのが体の部分だと言うことで肩こりになります。

筋肉のコリが肩こり

筋肉が緊張したり、疲労したりすることで、筋肉のコリを起こしていくと言う現象なんですが、普通は自力で解消できなければいけないんですが、体に多くの疲れが溜まってしまうと正常に働くことができなくなって筋肉の凝りさえ解消できなくなっていき積み重なったものが肩こりとして感じてしまいます。

日常的に多くなる疲れ

疲れと言うのは生活したり運動したり身体動かしたり入浴しても多くなっていくものですから何をしても体に積み重なっていくものが疲れなんです。

疲れと言うのは一時的に疲れたと感じても、いつの間にか時間の経過とともになくなったり忘れ去ってしまっているものなんですが、多くは残ったままになっています。

感じないだけで溜まっていないわけではなく、感じていなくても日常的に多くなる疲れ
疲れと言うのは生活したり運動したり身体動かしたり入浴しても多くなっていくものですから、何をしても体に積み重なっていくものが疲れなんです。

疲れと言うのは一時的に疲れたと感じても、いつの間にか時間の経過とともになくなったり忘れ去ってしまっているものなんですが多くは残ったままになっています。
感じないだけで溜まっていないわけではなく感じていなくても、残ったままになっていると言うことが、多くあると言うことです。

残ったままになっていると言うことが多くあると言うことです。

感じていない疲れが残ったままになっていて日々積み重なっていく事柄1日の疲れが残ったままになり次の日の疲れも溜まっていくということが起きてしまうと積み重なった疲れが肩こりを起こす原因になっていきます。


2020年02月17日

小顔になれる矯正

小顔矯正をして顔を小さくしていくためには何かを減らすことをしないと顔が小さくなりませんので何を減らしたら良いのかと言う問題があるんですが多くの方はそういう部分は考えてもいないで顔を小さくしたいと思うばかりです。

小顔矯正

顔を小さくしていくためには何かを減らすことをしないと顔が小さくなりません。
では何を減らしたら顔を小さくすることができるのか。

小顔矯正をしていくときには美容的に小顔矯正をすることもありますのでエステの小顔矯正が病的な小顔矯正です。

エステの小顔矯正

エステの小顔矯正と言うのは発汗をさせて顔を小さくする方法です。

発汗を促すようなクリームを塗って顔をマッサージするようにして汗を出そうとすることをして出した分だけ顔が小さくなると言う小顔矯正をしていると思います。

暖かいスティームなどの温かい蒸気を当てて顔を小さくすることやラップやタオルを巻いたりすることでも顔を小さくする方法だと思います。

顔にはむくみや脂肪が多くあり、水分が多くあるため温めたりマッサージをしたりする方法で発汗が促されてリンパの働きが良くなり、老廃物が解消されていくと言う小顔矯正をしていると思います。

当院の小顔矯正は

当院でやっている小顔矯正と言うのはエステの小顔矯正とは違いますので発汗をさせるようなことをしているわけではありませんし、スチームなどを当てたりして温めて汗を出すような小顔矯正ではありません。

小顔になれる

ではどうやって汗をかくこともなく、発汗させるようなことでもないのに顔を小さくすることができるのかと言う問題があるんですが、当院の小顔矯正はむくみや脂肪の原因を見つけ出して減らしていることから顔を小さくする方法ですから、原因から減らすと言うことで、むくみや脂肪が解消されていき顔が徐々に小さくなっていくと言う小顔矯正をしています。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていくときに汗を出せばいいわけでもなく、発汗させればいいわけでもなくどうしてむくみや脂肪が多くなってしまうのかと言う問題をから探さなければいけませんしその部分から解消していくことが基本だと思いますので、単純に汗を出せばいいとかリンパの働きを良くすればいいとか老廃物を流せばいいと言うわけではありません。

当院の小顔矯正はエステの小顔矯正とは違いますのでむくみや脂肪が多くなった状態を大きくなったと言う確認をしながら、矯正することをしていますので今まで多くの方を小顔矯正をしてきましたが、全員の方が正常の顔の大きさではなく大きくなっていると言うことがありました。

体にも疲れやストレスが溜まるように同じように、顔にも疲れやストレスが溜まってくると、いろいろな働きが悪くなり流れも悪くなってしまいますのでむくみや脂肪が滞留してしまうと言うことが、起きてしまいますので、むくみや脂肪を減らせばいいわけではなく疲れやストレスを減らすことをしなければ顔を小さくすることができませんので疲れやストレスを減らして顔を小さくすることをしています。




2020年02月17日

骨盤矯正で小尻にしていくなら

当院では初回から骨盤を小さくすることができる骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためには何かを変えないと骨盤が小さくなりませんので、何を変えれば骨盤が小さくなるのかと言う問題を説明していきたいと思います。

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときには単純に病的な骨盤矯正と言う方法と、もう一つの方法があります。

美容的に骨盤矯正をしていくときには、ストッキングなどの素材を使って締め付けたりガードルのような素材でつけ締め付けるような骨盤矯正もあれば骨盤ベルトを巻いて運動したりすることで骨盤を小さくする方法などもあり運動したりストレッチをしたりする方法でも骨盤矯正ができると言うグッズまで売っています。

そしてエステなどで行っている骨盤矯正と言うのは発汗させるようなこともあり汗を出してむくみや脂肪を減らそうとする骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正

当院では他とは違って体を整えていくことで骨盤を小さくしていく方法をしていますので、骨盤の歪みや骨盤の開きがあれば、当然として骨盤が大きくなってしまうんですが何も原因がなくて骨盤が開いたり歪んだりする事はありませんので歪んだり開いたりする原因を見つけ出さなければいけませんが、骨盤が歪んだり開いたりすると代謝が悪くなり老廃物が多くたまっていきむくみや脂肪になってしまうことが多くあります。

骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正

骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためには骨盤の歪みや骨盤の開きから起きた浮腫は脂肪を減らすなければいけませんが、何も原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる事はありませんので、どうして起きたのかということも見つけ出さなければいけませんし解消しなければいけません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因と言うのは日常的に多くなってしまうものが原因なんですが日常的に多くなってしまうものというのは生活したり仕事をしたり運動したり階段を登ったり降りたり歩いたり料理を作ったり掃除をしたり車の運転をしたりショッピングをしたりすることで多くなってしまうのが原因です。

多くなってしまうものというのは疲れです

疲れと言うのは誰でも溜まっているものなんですが疲れたと思ってもいつの間にか時間とともに感じなくなってしまいます。

疲れたと感じてもいつの間にか時間の経過とともになくなってしまって全て消えているように思えるかもしれませんが消えているんではなくて感じなくなっているだけであり残った部分が多くあるということです。

残った部分の疲れが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきさらに背骨のズレを起こしていることがあり代謝も悪くなりリンパの質悪くなって老廃物が多くなると言うことでむくみや脂肪が多くなっていき骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると必然的に骨盤周辺にもむくみや脂肪が多くなってしまうということが起きて骨盤が大きくなっていきます。

2020年02月17日

小顔矯正で顔を小さくしていく

小顔矯正をしていこうと思うなら初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしている当院の矯正はどうですか。

顔を小顔に

当院では小顔矯正をしていくときには巷ではいろいろな方法の小顔矯正があると思うんですが当院の小顔矯正は特徴があります。

小顔矯正とは

小顔矯正をしているときにはエステのように、発汗させるような小顔矯正もありますので当院の方法とは全然意味が違います。

エステの小顔矯正と言うのは、発汗させるようなクリームを塗ったり暖かい状況が出たりラップを巻いたタオルを巻いたりマッサージをすることで、汗を出して顔を小さくすると言う小顔矯正をしていると思います。

当院の小顔矯正とは

当院でやっている小顔矯正と言うのは、発汗させるような小顔矯正ではありませんしクリームを塗ったりラップを巻いたりタオルを巻いたり上記が出たりするような小顔矯正ではありません。

小顔矯正をしていくときには1番関係するものが存在しています。

小顔矯正をしていくときに、関係するものというのは日常的に多くなって生み出されていくものなんですが多くの方が、この部分のことをわかっていません。

小顔矯正をしていくときにはまずは状態の検査をしなければいけませんので体の状態を確認しながら小顔矯正をしていく必要がありますので小顔矯正と言えば顔と言うイメージがありますが体のほうも深く関係しています。

小顔矯正で浮腫み、脂肪を

小顔矯正をしていくなら顔だけではなく体も整えていかなければいけませんので体が崩れていたり骨盤の歪みや背骨のズレが大きくあったりすることで顔は必然的に深く関係がありますのでむくみや脂肪が多くなっていると言うことがあります。

顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことでも顔は小さくなっていくんですが単純にそれだけではありませんので減らせばいいと言うわけではないと言うことです。

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしていくときには日常的に多くなるものが積み重なっていると説明しましたので積み重なっているものと言うのは生活することや運動することや仕事をすることや身体動かしたりすることやあらゆる物事で多く生み出されてしまうものが体に蓄積してしまって、いろいろな状況を起こしていると言うことでむくみや脂肪が増えているんです。

あらゆる物事で多く生み出されて体にたまるものと言うのは疲れです。

疲れというのが溜まっていない方がいない位多くなっているのがあるんですが運動すればするほどむくみも増えていきますけど脂肪は燃焼すると言う状態で体の状態を落としていきますのでむくみが出るような感じではなくなってしまって骨ばった状態で痩せて細くなると言うこともありますので美容的にきれいに見えるかというとそうではありません。


2020年02月17日

肩こりとは筋肉のコリ

肩こりを解消して楽にしていこうと思うなら筋肉のコリからほぐしたりマッサージをしたりすることが当然ですが肩こりと言うのは筋肉だけで起きている事はないと思っています。
しかし筋肉を揉んだりマッサージをしても低周波治療器や電気などをかけても、楽になってしまう事はありますので中和すると言う状態になってしまっています。

肩こりとは

肩こりを繰り返しやすい方や肩こりが起こりやすい方などは、どうして肩こりが起きてしまうのかということも考えなければいけませんので単純にこれをほぐせば良いとかマッサージをすればいいと言う感じではないと思います。
肩こりには肩こりになってしまう理由がありますので、理由から改善していかなければ、いつまでたっても繰り返しやすく、繰り返しながらどんどん悪くなっていきます。
肩こりはどうして起きるのか
どこから起きているのか

肩こりはどうして繰り返されるのか

などなどいろいろな肩こりの状態が確認されていますのでどうしてどこから起きるのかなぜ起きるのかということを見つけ出さなければいけませんので見つけ出すためにも体の状態を確認していく必要があります。

肩こりが起きてしまうのは

肩こりが起きてしまうのはあることが原因で起きていますのである事と言うのは特別なものではなく普段の生活から多くなっていくものが原因として考えられています。

普段の生活から多くなってしまうものと言うのは普段の生活や仕事をすることや運動することや身体を動かしたりすることなどが該当します。

生活するというのは広い範囲に及んでしまいますので、料理を作ったり買い物をしたり掃除をしたり洗濯を干したり、階段を登ったり降りたりすることや歩いたりすることや車の運転をすることなどが該当しています。

つまり普段の生活で多く生み出されていき何をしても生み出されてしまって何もしなくても生み出されてしまうものが、体に蓄積していくのが原因です。

体に蓄積していくものというのは疲れです

疲れが多くなればなるほど体は代謝が悪くなりリンパの働きが悪くなって老廃物が溜まっていくことでむくみになっていきますので浮腫の状態が多くなっていくと筋肉にも凝りが起こりやすくなっていくのは、当然だと思いますし疲れは誰でも溜まっているものですけど感じやすい方と感じにくい方というのがあります。

疲れは誰でも溜まっているものですけど、人においては肩こりとして感じてしまったり腰の痛みとして感じてしまったり、生理痛として感じてしまったり便秘として便通が悪くなることで起きたりすることが多くあります。

しかし疲れと言うと誰でも簡単に考えてしまうので、疲れも限界なく多くなると言うことを説明していきたいと思います。

疲れと言うのは、限界なくため込んでしまえば、ため込むことができますので疲れには蓄積度合いの限界がありません。

疲れが多くなればなるほどストレスに変換されてしまうので、ストレスの蓄積から体はダメージを受けていきありと、あらゆる悪いことが起きて行きます。

2020年02月17日

肩こりを解消する

image12

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリからほぐすようにしているんですが筋肉のコリばかりで肩こりは起きている方は一人もいませんので、どうして筋肉のコリが起きてしまうのか、原因は何なのかということを考えなければ筋肉ばかり揉んだりマッサージをしたり電気をかけたり湿布を貼ったりすることもいいと思いますが原因が残ったままになっていると考えなければいけません。

筋肉のこりが肩こりに

肩こりというと

肩こりと言うと多くの専門の治療院でも筋肉が中心で筋肉をマッサージしたり筋肉を揉んだり低周波治療器や電気などをかけたりストレッチをしたり運動したり体操したりという方法ばかりで確かに動かすことで、代謝がよくなってリンパの働きが一時的にしろ解消されて老廃物が流れていくと思いますが原因が覗かれていない限りは、また同じことが繰り返されてリンパの対流が起きて老廃物が多く貯まるという現象が繰り返されながら徐々に原因もいつまでも同じままではいられませんので進行すると言うことも起きます。

肩こりの多くは筋肉を中心として解消することで肩こりを感じなくなって、しばらくはいい感じだということになっていますのでそれを肩こりを解消していると言っていますがいつのは多くの肩こり解消法 は原因が残ったままになっています 。

もんでもマッサージしても

確かに肩を揉んだりマッサージをしたりすることで、しばらくは肩こりを感じなくなっていますので肩こりが治った肩こりが楽になったと多くの方が思っていると思いますが現実には一時的に肩こりを感じなくなっているだけでやり治ったわけではありません。

低周波治療器や電気などをかけても肩こりを楽にすることもできますが、低周波治療器は電気をかけて筋肉を刺激しても現実問題から言えば、肩こりの原因が治ったわけではなく一時的に感じなくなっているだけであり感じなくなって、楽になったと思うでしょうが、実は原因が残ったままになっている限り原因もいつまでも同じままではいられませんので進行するということがあります。

肩こり

肩こりには原因がある

肩こりには原因があるんですが原因を見つけ出すことは簡単な方法ではできないために多くの方が筋肉のこりだと決めつけて揉んだりマッサージをしたり低周波治療器をかけたりすることが多く見受けられますがそれらの行為も一時的に楽にすることはできるんですが根本的には楽になっただけであり肩こりが治ったわけではないということです。

肩こりと言うと毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや体を動かしたりすることやスマートフォンを操作することで筋肉を多く使うことがありますので筋肉を多く使えば使うほど筋肉疲労が起きてしまい筋肉が緊張してリンパの働きを悪くなり老廃物が多くたまってしまい代謝が悪くなることが原因で筋肉のコリを起こすといわれています。

筋肉のコリを解消してくれる

しかし普通であれば筋肉のコリが起きれば体の中から筋肉のコリを解消するホルモンが出て筋肉を元に戻してくれているわけですけど何らかの原因で筋肉のコリを解消するホルモンが分泌されない状態になっていると考えられなくもありません。
何かの上体が起きているから筋肉のコリが起こりやすいと考えたほうが自然だと思いますので、何も原因がなくて筋肉のコリが起きることはありませんので、どうして筋肉のコリが起きるのか、どこから起きるのか何か原因があるのかということを考える必要もあるということですね。

毎日毎日の生活や仕事をすることで運動することや体を動かしたりすることで多くの筋肉を使うことがあり筋肉を使えば使うほど、筋肉に疲労が溜まって筋肉のコリになっていきますので、筋肉のコリが起きた時にはリンパの働きを悪くなり老廃物が多く貯まるということも当然起きてしまう結果ですから、筋肉の解消をその都度改善できなければいけないんですが多くの場合、筋肉のコリを解消してくれるホルモンが寝ている時に配送できるはずなんです。

眠りの浅さが肩こりに

しかし最近は多くの方が眠れているようで眠れていないため疲労は回復できない状態で朝を迎えている方が多くなっています。

肩こりと眠り

腰痛でも肩こりでも頭痛でも生理痛でも便秘でも眠りの浅さが問題になっている方も多くいますので眠りが浅いということは体がボロボロになっている可能性もあるんですがボロボロになっていてもダイレクトに悪さを感じているのかと言うと感じていないぐらい脳疲労が強くなっている方もいますので自分の体がどういう状態なのかということも考えなければいけませんが多くの方は他は悪くないとか肩こりだけだと思っているでしょうが体は全体でひとつですからそんなことはありえません。

眠りが浅いということは1日ぐらいだったらどうも我慢ができるでしょうが時々あったりすると脳が日増しに弱っていくということもありますので最近は検査をしてみると多くの方がのう肥料を強くを起こしていて地力回復できない状態まで陥っている方で色々な症状を感じている方もいれば脳の麻痺が強くなって鈍感状態になってしまう方も多くいますので鈍感状態の方は自分の悪さを感じていない方も多くいて元気だと思っている方もいます。

2020年01月31日

肩こりを解消して楽に

image18

北九州市小倉北区からも多くの方が近くなので予約があります。

肩こりと言うのは筋肉のコリと言うイメージが強いために筋肉のコリばかり解して楽になることがあるために筋肉が中心の治療が多く行われているんですが当院では30年の経験がありますので検査することができますが検査をしてみると今まで1人として筋肉だけで起きている凝りと言う方は1人もいません。

肩こりとは筋肉のコリ

肩こりとは

肩こりと言うのは筋肉のコリがあると言うことで筋肉ばかり解して楽になるために筋肉のコリを中心の治療が多く行われているんですが筋肉のコリをほぐしたらその先にあるものが1番筋肉のコリを起こしている原因なんです。

何も原因がなくてリンパの働きを悪くなったり老廃物が溜まると言う事は普通は起こりませんので何かの原因があるから筋肉のコリが起きて緊張したり一時的に硬くなったりと言うことで肩こりを起こしていますので肩こりを起こせばリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくと言う状態で肩こりになっています。

肩こりの治療と言うと

肩こりの治療と言うとテレビや雑誌などで特集を組んで多くの番組でやっているんですがストレッチをしたり運動したり筋トレをしたり肩関節の可動範囲を広げたり肩甲骨を動かしたりと言ういろいろな治療法があると思いますがどれもこれも筋肉を中心に考えているものですから筋肉の流れを良くしたりすることで回復させようと言う方法だと思います。

肩こりと低周波治療器や電器

しかし何もしなくても肩こりがないと言う方までいますので、人から上羨ましがられていると言うこともありますが本当はしっかりと原因がありますので原因を見つけ出さなければいけませんが肩こりの検査と言うのは普通は一般的には存在していませんので肩の筋肉を触ったりすることで硬くなって色だとか貼っている子とか言う状態で言われるのが関の山です。

肩こりとは

肩こりと言うと対症療法の治療が多く行われていますので対症療法と言う治療法は湿布を貼ったりすることやサプリメントを飲んだりすることやマッサージをしたりすることや家族の方に叩いてもらったり揉んでもらったりすることや専門家の先生にマッサージをしてもらうことや低周波治療器や電気などをかけたりすることを対症療法の1つですから楽になる可能性はあるんですがこじらせたり悪化させたりしなければ楽になっていくでしょうけど程度というのがあると言うことです。

肩こりと筋肉

肩こりの程度

肩こりを感じているときにはひどい肩こりもあれば軽い肩こりもありますので程度があると言う事ですからその時その時の状況で変化すると言う事は何かが関係すると考えた方がいいと思いますので何かが関係するというのは疲れやストレスが関係している場合が多くあります。

疲れやストレスと肩こり

実は肩こりの多くは疲れやストレスと肩こりは関係があって、疲れやストレスが溜まることで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていくんですが主に関係するのは背骨のズレが関係する場合がありますので、首の骨のズレや歪みや形の上部のゆがみやズレから筋肉が引っ張られたりして、神経の炎症が起きたりすることもありますし肩こりとして感じてしまうと言う事ですが肩の筋肉と言うのは筋肉だけで起きている事はありませんので、その中に入っている血管も神経も影響を受けています。

そして肩こりと言うのは疲れやストレスだけではありませんので、最近多くの方が眠りに問題を抱えているので、自分でも気がついていないで、眠りが浅くなっていることが原因で大脳が急激に弱っているだけでは、済まなくなっている方もいますので、大脳が弱ると言う事は骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がずれやすくなっていると言うことがあるので安定しないと良い状態で肩こりになっています。

肩こりの原因

北九州市小倉北区からも30年の経験で。

2019年12月20日

肩こり

image13

肩こりを楽に生きていくためにはテレビや雑誌や専門家の先生も筋肉のコリだと決めつけてしまって筋肉ばかりほぐしたり柔らかくしたり揉んだりマッサージをしたりということで行われている方法が多くあると思うんですがそれも間違いではないんですがどうして筋肉のコリが起きるのかという問題から見つけていかなければ いけないと思いますが筋肉を揉んでも一時的に楽になってしまうために根本的なものを見逃している場合が多くあります。

肩こり、肩の痛み

肩こりと言うと 多くの矯正方が筋肉を揉んだりマッサージをしたりツボを使って押したり針を刺したりということや低周波治療器や電気などをかけたりすることが一般的に行われている療法なんですがどうして肩の筋肉がこるのかということまで見つけたしていない場合が多くありますので本当の肩こりの原因を探すためにも検査をすることをして見つけ出すことをしています。

肩こりとは

しかし肩こりと言うとコリを起こすわけですけど凝りというのは筋肉のコリのことしか言いませんので確かに筋肉のコリを伴いながら肩が凝っているわけですけど方というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやってを動かしたりすることやバッグを下げたり持ったりすることやスマートフォンを操作する時でも、またゲームをする時でも肩に力が入っている状況になっていますので肩に力が入ることが筋肉のコリを起こす原因だと考えられます。

肩こりの原因とは

肩を使ったり文字を書いたりスマートフォンを扱ったりすることで肩に力が入ってしまい筋肉疲労を起こすことが肩こりになっているわけですけど筋肉疲労を起こしている場合がありますので筋肉が疲労を起こしたまま減らすことがないと肩こりとして感じてしまいます 。

休ませたり休養をとることもなく筋肉ばかり使うことをしていると治療がいつまにか積み重なって解消できなくなることが肩こりの原因として考えられている場合がありますが普通多くの場所を使っても筋肉疲労が起きないところもありますのでどうして起きるのかということも考えなければいけないと思いますが肩を使う時には腕や指先も使っていますのでどうして腕や指先が凝ったりすることがないのかという不思議な現象が肩こりです。

どうして起きるのか肩こり

肩こりは起きるのに一番多く使うことがある指先が凝ったりすることがないのはどうしてなのか。

肩こりの本当の原因というのは多くの専門家の間でも分かっていないのが現実なので筋肉のコリだと決めつけることが多くあり筋肉のコリをほぐす肩こりは一時的にしろ楽になることがあるために筋肉のコリばかりほぐしで肩こりを解消していると思っている専門の先生も多くいます。

肩こりの検査をする時には触ってみて筋肉が硬くなっていたり凝っていたりという判断で肩が硬くなっていますからねという感じで説明があると思いますが肩こりで訪れているわけですからそういう状況は当然だと思います。
ということを考えればそれが検査ということではありません。

筋肉が凝っているのが肩こりですから当然筋肉を触ってみると固くなっていたり這っていたりということが起きていると思います。

肩こり、肩の痛みは背骨のズレから

肩こりの原因は

肩こりがどうして起きるのかということを考えなければいけないと思いますので当院では筋肉が本当にこれを起こしているのかという検査することやどれぐらいこりを起こしているのかという段階を決めて改善するようにしています。

ひどい肩こりの場合の方もいらっしゃいますが検査をしてみると筋肉のコリというのは2割から3割のコリで筋肉が凝りを起こしている場合が多いようですからあとの残りは違う部分に関係があると判断しています。

当院の特徴は目で見て判断できないものや触って分からないものを検査することができますのでどういう状況で肩こりを起こしているのかということを判断しながらまた確認をしながら矯正に入っていくことをしています。

肩こりを起こす時には

肩こりを起こす時にはあることが原因で起きている場合が多くありますので特別なものでもなく普段から日常的に多く存在しているものが原因の場合が多くありますので原因を見つけ出す為にもまずは検査をして筋肉のコリの程度とその他の問題を確認するためにまずは筋肉のコリからほぐすようにしていきます。

しかし整体やカイロプラクティックの矯正をしているわけですからマッサージではありませんので筋肉をほぐしたら終わりということではなくその先にあるものから見つけ出して矯正して整えていく方法をしています。

多くの場合は身体全身に溜まってしまったストレスが原因で起きてしまっていますが普通一般的に使われているストレスという言葉は意味もわかっていなくて使っている場合が多くありますのでストレスというのは疲れの蓄積で多くなってしまった蓄積疲労が原因だと考えられています。

蓄積疲労も多くなればなるほど限界なく積み重なっていきますので蓄積疲労が解消できなければありとあらゆる症状を起こすことがありますのでどこでどれぐらい蓄積してしまったのかで肩こりが起きたり腰痛がおきたりということが起きてしまいます。

2019年10月02日

小顔矯正とは

image17

北九州市小倉北区からも多くの方が小顔矯正にきています。

当院では人気のある小顔矯正をしていますが初回から顔が小さくなることで評判が良い小顔矯正ですけど痛くもなくボケボケもしないし自分で顔が小さくなるのがわかるようにしているのが当院の特徴です。

小顔矯正をしていくときには実際に顔が小さくなったのがしっかりとわかるようにしていますのでわかるためには3回ほど確認をしてもらいます。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには鏡で見て顔の大きさや輪郭やむくみ度合いを比べてみたり左右差を感じ取るようにして鏡で見て貰います。

鏡で見る

特に進めている見方と言うのは左右差が1番だと思いますので顔と言うのは右半分と左側の半分の形や輪郭が違いますのでそれを目で見て確認してもらうことをしていますが多くの場合右側が全体的に大きいとか左側は右ほど大きくないけど頬骨のあたりが出っ張っているとか言う感じで鏡で見るとわかると思います。

小顔矯正と浮腫み、脂肪

鏡でもしっかりと意識をしないと分かりませんのでただ単純におぼろげでぼーっとして見ていても顔の輪郭や左右差を感じ取ることができませんのでしっかり確認しながら見るとか意識をしながら見ると言う感じが大切になりますのでそのためにも比べることができれば分かりやすいと思います。

鏡で見て右半分と左半分の大きさや形を比べてみてください。
鏡で見て覚えることができたら今度は手で触ってみます

顔を手で触る

顔を手で触ると言う事は鏡で見るよりも難しいことですから今まで多くの方の顔を小さくすることを指摘ましたが数%の方が小さくなったにもかかわらずわからなかったと言う方もいますのでしっかりと触ってください。

小顔矯正の触り方

手で触って顔の小さくなったのがわかれば笑顔が違いますので当院では院内のスタッフがメジャーや計測する道具で、測ったりする事はしていませんので自分の力だけでわかってもらえます。

顔を触るときには両方の手首を合わせるようにして、顎に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

単純に触り方は、これだけなんですが目で見るよりも難しいことですから、逆に感じてしまう方もいますので、鏡で見た顔の形と逆に感じてしまったうと言う、まどろっこしさもありますのでそういうことがないようにしっかりと鏡で見たり手で触ったりと言うことをしてもらいます。

鏡で見るよりも大変難しいのが体で顔を触ると言う方法ですけどこれで変化がわかれば笑顔が本当に違うんです。

当院では自分でわかってもらうのが基本ですから他人が図ったりする事は無いので自分の力だけで顔が小さくなったのが感じ取るように顔を小さくすることをしています。

疲れやストレスと小顔矯正

実は小顔矯正をしていくときには、1番関係するものは疲れやストレスの蓄積なんですが疲れやストレスと言うと体に溜まると言う事は分かっていると思いますが、いつの間にかなくなってしまったりまたは感じやすくなってしまうこともありますのでいろいろな方がいらっしゃいます。

小顔矯正と疲れやストレス

眠りと小顔矯正

小顔矯正をしていくときに最近多くの方が夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないけど寝ていると思っている方が多くなっているんですが眠れていれば朝から顔がパンパンと言うこともないしむくみで顔が大きくなっていると言うこともありませんので眠れていなければ顔が大きくなったり朝からパンパンでむくんでいると言う感じが起きてしまいます。

眠りと言うのは不眠症と睡眠負債が深く関係していますので不眠症と言うのは夜中に寝ようとするときに1時間も2時間も眠れなかったり寝付きが悪かったり夜中に何回も目を覚ましてしまったりすることや夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

しかし不眠症に対して睡眠負債は夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないと言うのが特徴なんですが眠りが浅くれながら考え事をしている睡眠が数時間もあって目が覚める瞬間に夢を見るから覚えていられません。

眠りと小顔矯正

北九州市小倉北区からも肩こりの解消に来ています。

2019年09月11日

肩こりを解消する

北九州市小倉北区からも肩こりの解消に多くの方が来院。

肩こりを楽に生きていくためには原因を見つけ出さなければいけませんので原因を見つけ出す前にもまずは筋肉のコリから解消することをしていますので筋肉のコリを解消できたら終わりではなくてその先にあるものを見つけ出さなければいけません。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりと言うのは原因があるから起きているわけですから単純に筋肉のコリだと考えないようにしてください。

当院では検査することができますので今まで多くの方の肩こりを解消してきましたが全員と言っていいほど、筋肉のコリだけで起きている方は1人もいませんでしたので筋肉のコリ以外のものが関係していると言う事ですから、筋肉のコリを伴いながらあることが起きているということがわかっています。

筋肉のコリと言うのは筋肉疲労だったり筋肉の緊張だったり、筋肉が一時的に硬くなる現象のことを言いますので、これらが起きてしまうと、リンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなると言うことが起きているんですが、単純にそれだけではなく神経や血管の流れも阻害されてしまっています。

筋肉が緊張したりコリを起こしたり披露したりすると神経や血管も停滞気味になりますのでリンパだけが悪くなることはありません。

筋肉のコリと肩こり

肩こりと筋肉

肩こりを起こす時では多くの場合筋肉のコリと言う指がありますので筋肉を動かさなかったり肩や腕を動かしたりすることが少なくなっていくとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくと言うことでテレビや雑誌などで特集を組んでストレッチをしたり筋トレをしたりいろいろな方法が肩こりを解消できると歌っていますが多くの場合長続きする事はなく効果がなかったりと言うことが多くありますので検査することをしてみないと状況がはっきりと分かりませんが多くの場合は筋肉のコリだけで起きている事は無いからです。

もし筋肉のコリから起きている現象で肩こりが起きていれば腕を回したり首を回したり肩甲骨を動かしたりと言う動作をすると多くの場合は肩こりのリンパの働きが解消できて老廃物が流れていき循環が良くなります。

しかし動かしてもリンパの働きは解消されて老廃物は流れていきますが1時的な現象の場合もありますので筋肉疲労がほんとに取れているのかということを考えなければいけませんから検査することをしています。
単純に揉んだりマッサージすれば筋肉疲労が取れるのかというとそうでもない場合もあります。

肩こりと疲れやストレス

単純に湿布を貼ったりして筋肉疲労や筋肉の緊張や筋肉のコリが取れるのかというと検査してみないと分かりませんが取れていないことも多くあります。

低周波治療器や電気などをかけても温めても本当に筋肉の緊張や凝りが取れてきているのかというとそうでもない場合も多くあります。
そのためには検査をしないといけませんので。

検査と肩こり

肩こりを検査すると言うのは、1番重要なことになりますので、当院では肩こりの検査することをしていますので本当に筋肉のコリだけなのかということを見つけ出すことをしていますし筋肉のコリがどの程度なのかということを、ある程度、判断することができます。

筋肉のコリを判断するときにはできるから簡単な方法でしていますが、できない方から見れば凄く難しいことですし、どうやってコリの判断をしているのかと言う事は難しい方法なんですから誰でもできるものではありません。

しかし多くの肩こりの場合筋肉のコリだけで起きている事はありませんので筋肉のコリからさらに見つけ出さなければいけないのは背骨のズレです。

背骨のズレ

背骨のズレ

背骨のズレと言うのも特別なものではありませんので誰でも多くの方に起きている現象なんですが軽いのから、ひどいのから、いろいろ程度というか段階があると言うことなんです。

筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから骨が動いたりすることで筋肉は引っ張られたり反対側は緩んだりしていきますのでこの現象のことを筋肉のコリと言うふうに言っています。

肩こりと背骨のズレ

北九州地区で人気がある肩こりの解消をしている徳力整体院。

2019年09月01日

小顔矯正で顔を小さく

北九州市小倉北区からも顔を小さくする為に予約が増えています。

今まで多くの方の顔を小さくすることを指摘ましたが全員と言っていいほど顔が小さくなっていると言う事なんですが当院の小顔矯正は100%の方が顔が小さくなっているんですが小さくなったのが確認することができるようにしているのが特徴です。

小顔矯正とは

当院のスタッフが顔を測ったりメジャーで計測したりする事はしていませんので、自分で顔の大きさの変化を比べてもらうことをしているのが、当院の特徴ですから小顔矯正に入る前に鏡で見たり手で触ると言うことをしてもらういます。

小顔矯正に入る前に

小顔矯正に入る前に院内に鏡を置いていますので鏡で自分の顔を映してみてください。
鏡で見るときに、何を見るのかと言うと顔の輪郭です。

しかしただ顔の輪郭を見ただけではわからないと思いますので、比べやすいように子顔の左右差を比べてみてください。

顔と言うのは全員の方が左右に違いがありますので左右が全く同じと言う方は全然いませんので、顔の左右がわかるように鏡で見てみてください。
どういう見方をすればいいのかと言うと、鼻を中心にどうして右側の顔と左側の顔を比べてみるんです。

鏡で顔をみる

鼻を中心に右側の顔と左側の顔を比べてみると多くの方の場合たとえですが右側が全体的に大きくて左側の頬骨の部分だけが出っ張っていると言う感じがあると思いますので今でも鏡で見て比べてみてください。

まずは目で見て顔の左右差を覚えてもらうことをしています。
鏡で見て顔の大きさや輪郭や左右差がわかったら今度は手で触ることをします。

顔を手で触る

顔を手で触ってもらいますが領有風にして触るのかと言うと両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるように触るだけです。
しかしこれが大変難しいことだと言う事は分かっていますので、しっかりと触るようにしてください。

鏡で見ると後があって両方の手のひらで顔を触ると言う事は逆転して感じることがありますので、しっかりと触らないと解りませんので、先ほど目で見たの顔の方が正解ですから、例えば右側が大きいんであれば、右側の顔が大きく感じなければいけません。
手で触ると言う事は簡単な方法ではありませんので感じようとして意識をしてください。

小顔矯正の触り方

今まで小顔矯正に訪れて顔が小さくなったにもかかわらず、手で触ったらわからなかったと言う方がいますのでわからないと言う形は意識をしていません。
意識をしないとわからないのに、ただ手を置いているだけだったり手を当てているだけと言う感じの方が顔が小さくなってもわかりません。

ある方は、鏡で見たらわかるけど手で触ったらわからないと言う方がいましたので鏡で見ることも構いませんし、手で触ると言うことが大切になりますので、できるだけ手で触ると言うことを推奨しています。

手で触って変化がわかれば笑顔が違うんです。

手で触って大きさがわかったら

手で触って大きさがわかったら、今度は小顔矯正をする前に上向きで横になってもらって院長とともに、もう一度さらに顔を触る練習をしていますので当院では本当に顔が小さくなるからできる事なんですが3回も練習することをしています。

顔が大きくなる

院長とともに顔を触ってみるとやっとわかったと言う方がいるぐらいですから。
それほど顔を触ると言うことが難しいから3回も練習をしてもらいますので鏡で見たりすることも大切ですし顔を手で触ると言うことを2度ほど練習している位大切になりますので本当に変わるからできることです。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をするときには、ボキボキしたりすることもなく、痛いと言うこともない小顔矯正を心がけていますので、マッサージするような感覚だと思ってしまえば分かりやすいと思いますので、マッサージ感覚で小顔矯正をしていますがマッサージをしているわけではありませんし、マッサージをして顔が小さくなる事はないと院長も思っています。

顔が小さくなる

北九州地区で人気がある小顔矯正だから、本当に顔が小さくなっています。

2019年08月29日

顔を小さく小顔矯正

北九州市小倉北区で本当に顔が小さくなるから人気。

初回から顔が小さくなると評判の良い小顔矯正をしているんですが顔を小さくしていくためには検査することをしていますので今まで30年間以上小顔矯正をしてきましたが全員の方が顔が小さくなっていると評判です。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには

顔を小さくしていく小顔矯正をしていくときにはどうやって顔を小さくするのかと言うと簡単ですけど小顔矯正を受けに来られた方からも簡単そうに見えるために簡単だと思われてしまっていますが実は大変難しい技術を簡単にしているだけなんです。
簡単そうに見える切り頭ほど難しい事はありませんので、簡単だと思うのに自分でやってみても変わらないと言うことがありますので特殊な技術を用いながら小顔矯正をしていると言うことです。

小顔矯正をうけると

顔を小さくしていくときには

顔を小さくするときには何をして小さくするのかと言うと、顔をマッサージするような感じで小さくすることをしているので、どうしても見えてしまいますので簡単だと思えてしまいますが実は本当に大変難しい気づです。

小顔矯正とは

顔を小さくしていく小顔矯正をしていくときには小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴でもありますので必ず全員の方に比べてもらうことが出来るようにしています。

顔の浮腫み、脂肪

小顔矯正をする前に

小顔矯正をする前に鏡で見て自分の顔の大きさや左右差を比べてもらうことをしています。
顔と言うのは左右が対象の方はいませんので左右差があると言うことで触ってもらうことをしています。

今まで30年以上小顔矯正をしてきて左右が同じと言う方はいませんでしたので、左右が違うと言うことが、確認出来るように鼻を中心として右側の顔の大きさと左側の顔の大きさを触って覚えてもらうことをしています。
人の顔と言うのは端を中心にして右側の方チリと左側の顔の形が違いますので鏡で見て比べてもらうことをしています。

例えばですけど顔の右側が全体的に顔が大きいとか左側の顔が頬骨の部分だけが1部番出っ張っているとか言う感じがあると思いますので全体的に大きい方と1部分だけ出っ張って大きい方を比べてもらうことをしています。
鏡で見て確認できたら

鏡で顔を見る

手で触って確認する

鏡で見て顔の形を覚えたら今度は両方の手のひらを合わせるようにして顎に当てて手のひらと指先を顔に密着させるようにして触ってみます。
先ほどと同じように感じるかどうかを確認してください。

顔を手で触る

逆に感じてしまう方もいるほど手で触ると言う事は目で見るよりも難しいことですから感じようとしないとわかりませんし分かろうと触らないとわからないので顔が小さくなってもわからない方も時々いる位です。

小顔矯正といっても10センチは20センチも変わる事はありませんので変わるのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じで変わってきますのでイッセンチ変わってもわかるように触っておかなければわからないと言うことがあります。

小顔矯正とは

今まで多くの方の顔を小さくすることをしてきましたが数%の方が顔が小さくなってもわかりませんでした。

わからないと言うことがないように触って覚えておくことが必要だと思います。
そのために顔の左右差を比べると言うのが特徴でもありますし体で触っているわけですから顔の右側と左側の柔らかさとぶよぶよ状態とむくみ度合いを比べるのも良いことだと思います。

顔の右側の方が柔らかければむくみや脂肪が右側のほうに多いと言うことになります。
逆に左側の方がむくみ度合いが多かったら柔らかいしぶよぶよしている状態があると思います。

疲れやストレスと小顔矯正

北九州市小倉北区で人気のある小顔矯正。

2019年08月21日

生理痛とは

生理痛が起きたりするのはしっかりとした原因がありますので原因から改善していかないと薬というのは、一時的に痛みを改善しているわけですからいろいろな症状を押さえ込んでいるのが薬の役目ですので、どうして生理痛が起きるのかということをしっかりと考える必要もあります。

生理痛とhあ

生理痛とは

生理だから生理痛が起きるのは当たり前だと考えないようにしてください。
どこかで何かの原因がありますので生理の時にか腹部が重たくなったり、腰が痛くなったりイライラしたり吐き気がしたり、頭痛が起きたり肩こりで起きたり色々な症状が起きるのは全て原因が存在しています。

生理痛が起きる時には

生理痛が起きる時には何かの原因があるからいろいろな症状が起きるわけですからその症状を改善するためにもまずは体から整えてことをしなければいけません。

当院では検査することをしていますので検査をしてみると初診では、全員の方が体調が悪くなっていますので体調を回復をさせることをしないと 、本当の原因になっているものが見えてきませんのでまずは体調からあげて体を整えていくということが優先になります。
痛みやコリを感じていないからと言って体調が良いとは限りません。
だるさやきつさがなくても体調が良いとは限りません。

何も感じていなくても元気だと思っても体調が良いとは限りません。

体調が良いか悪いかというのは自己で判断することができないのが、今、現在の世の中ですからしっかりと体には、何かの症状が起きていることがありますので起きている問題を解決するためにもしっかりと検査することをして体を整えていくということが一番重要になります。

生理痛と疲れやストレス

生理というのは体調と体質

生理痛になる時には体調と体質が深く関係していますので体調をあげて整えて言ったら体質改善をしなければ、生理痛の本当の原因を改善していくことはできませんので、まずは、体質改善をするよりも体調からあげて体を整えていくということが先決です。

体質的に生理痛が起きやすい体質というのがありますので生理痛が起きやすい体質がある方が体調が悪い時に生理痛がひどくなることがあります。

生理痛が起きやすい体質がなければ、いくらどんなに体調落としても生理痛にはなりません。

生理痛というのは必ず体質が関係していますので弱い部分があるということなんですが弱い部分はもちろん生理に関係するものですから、子宮や卵巣だったりホルモン系だったりということやまたは大脳も深く関係しているますので大脳から出る脳下垂体ホルモンというのも 関係している部分でもあります。

生理に関係する

生理で関係する部分は 生理で関係する部分というのは 子宮や卵巣やホルモン系と眠りに関係する場合が大きくありますので最近は多くの方が眠れていなかったり熟睡ができない方が多くいますので熟睡ができなかったり眠れてなかったりすると大脳が弱っていきますので脳内ホルモンのバランスが悪くなりホルモンの分泌が狂ってしまって骨盤の歪みや骨盤の開きになり骨盤の中に入っている膀胱や子宮や卵巣のトラブルが起きてしまうということがあります。

生理痛や生理不順がある方は必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。

しかしだからといって骨盤矯正をすればいいというわけではなく 骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは 内臓の調子から起きています。

生理痛の原因

北九州市小倉北区からも生理痛の解消に多くの方が来ています。

2019年08月14日

小顔矯正とは

北九州市小倉北区からも小顔矯正なら初回から顔が小さくなる。

当院では小顔矯正をしているときにはボケボケもしないし痛くもない小顔矯正を心がけていますし電気、機械などを使ったりすることもなく院長の体の技術だけで顔を小さくすることができます。

小顔矯正とは

電気や機械を使うことなく、手の技術だけで顔を小さくしていくことができるので評判の良い小顔矯正なんですが小顔矯正をするときに1番、関係するものが2つあります。

小顔矯正に関係する2つの物とは

小顔矯正をするときに関係するものが2つあると説明しましたが1つ目は疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは誰でも多くたまっているものですから疲れやストレスが多く蓄積すればするほど顔は徐々に大きくなっていきます。
疲れやストレスを減らすと言う事は簡単な方法ではありませんので簡単だと思ってマッサージをしたり揉んだりしても顔が小さくなる事はありませんし、そんなに簡単なもので減れば苦労しません。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていくときにはもう一つ関係するものがありますのでもう一つ関係するものと言うのは眠りの問題なんです。
最近は多くの方が眠りの問題を抱えていますのでトラブルになっている場合が多く見受けられますので自分でわかっていなくても眠りの浅さが顔を大きくしてしまうと言うこともあります。

特に朝から顔がパンパンになっているとが朝からむくんでいると言う事は寝ていれば起きる現象ではありませんので眠ることで逆に疲れやストレスを多く蓄積しているということが見受けられると思いますので朝は動いていないから体を使っていないからと単純に考えないようにしてください。
眠りの問題と言うのは不眠症と睡眠負債です。

疲れやストレスと背骨のズレ

不眠症とは

不眠症と言うのは寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたり夢ばかり見て寝た気がしないと言うことが不眠症の特徴でもありますので、大脳が寝ているのが、熟睡状態をとっているのが眠りと言うことを考えれば眠れていないと言うことになりますのでむくみや脂肪が多くなったり顔が大きくなっていくと言うことが起きてしまうのは当然の結果です。

不眠症と言うのは特徴として夜中に目を覚ましやすいのが不眠症の特徴ですから不眠症の方は体調が凄く悪く検査をしてみると、どん底のような体調をしていると言う状態で、なかなか体調を上げることが簡単な方法ではなくなっていると言うことも言えあります。
眠れていないのに体調が良いわけはありませんから。

疲れやストレスと小顔矯正と浮腫み

睡眠負債と言うのは

睡眠負債と言うのは不眠症とは違って朝まで目が覚めることがないけど眠りが浅い睡眠をずっと続けていると言う状態で夢を見ながら寝ながら考え事をしている状態を続けています。
昨夜も眠りが浅いんですが、さらに浅い睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠ですから寝ながら考え事をして睡眠と言うのは目が覚める事はありません。

夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると簡単に考えないようにして欲しいところなんですが、多くの方は目が覚めないために寝ていると勘違いしてしまっている方が多くいますので、注意しなければいけない状態なんですが睡眠負債の方も検査をしてみると体調が異常に悪く脳が疲労しているとが疲れているとか言う感じではなくなって、脳が衰弱状態になっている方や疲弊状態を起こしていると言う方もいますので大変な状況起こしていますので痛みやコリを麻痺した状態になっていたり鈍感になっている方も多くなっています。

小顔矯正とダイエット

当院では北九州市小倉北区からも小顔矯正に多くの方が来ています。

2019年04月16日

肩こりを解消するなら

北九州市小倉北区からも肩こりを解消する為には。

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリからほぐすようにしていますので、筋肉のコリがほぐれてきたら、リンパの働きが良くなっている老廃物が流れていき循環が良くなることから、肩こりを楽にすることができると言う感じなんです。

筋肉のコリが肩こりに

肩こりを起こしている筋肉のコリをほぐすこと

肩こりを起こしている筋肉のコリから解さなければいけませんので、主に筋肉のコリを起こす筋肉と言うのは僧帽筋と言う筋肉が代表的なものとして挙げられています。
僧帽筋の筋肉のコリが肩こりとして感じてしまいますので、頭の上の生え際から肩の部分の曲線を作っていて腕の付け根の部分まである大きな筋肉になります。

僧帽筋の筋肉と言うのは、背中の部分まで行っている大きな筋肉ですからいつもいつも使うことが多くあり筋肉疲労を起こす代表的な筋肉として知られていますので僧帽筋の筋肉の疲労や緊張や一時的に硬くなる現象からリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき肩こりになっていきます。

肩こりとは

ストレッチしても運動しても

時々は、ストレッチをしたり腕や肩を動かしたりしないと可動範囲が狭くなってしまいますので可動範囲が狭くなってしまうと、肩甲骨が動きにくくなっていきますので肩甲骨を動きやすくするためにも、運動したりストレッチをしたりするということが大切な要素になります。

また肩こりを解消する事と言うのも運動的な要素を含め体でストレッチをしたりすることでも、有効な手段ですから肩や腕と言うのは、いつも動かしてリンパの働きを良くしたり循環を良くしたりすることをしていないと固定化されてしまうということがあると思います。

肩や肩甲骨を動かすことも

テレビ等や雑誌などを見てみると肩こりを解消すると言ういろいろな方法でストレッチをしたり運動させたりと言うことがあると思いますがどれもこれも長続きしにくいと思いますので根本的には何を解消すれば良いのかということを考えなければいけないと言う事ですから運動したりストレッチをしたりすることでしなくても良い方もいると言うことです。

運動しても鍛えても

肩こりを感じていない方も運動やストレッチをしない方もいます。

運動やストレッチをしていても肩こりを感じてしまう方もいます。

何をしても感じてしまう方や何もしなくても感じてしまう方もいます。

原因を探さなければいけません

肩こりを感じてしまうときには、どうして肩こりを感じるのかということを考えなければいけませんが、その理由として1番に挙げられるものは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く生み出されていくものが体に蓄積していくのが原因ですか。
何をしても多く生み出されていき、家でゆっくりしていても、ごろごろ、ダラダラしていても多く生み出されて体に蓄積していくものがあります。
多くの方が簡単に考えているものが体に積み重なっていきます。

疲れやストレスの蓄積

それは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積と肩こり
疲れやストレスと言うのは毎日の生活で多くなっていきますし、仕事でも多くなっていきますし運動しても走ってもジョギングをしてもストレッチをしても、多くなって体に積み重なっていくのが疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは何もしなくても、また何をしても積み重なっていくのが体に蓄積していきますので、体に蓄積すると言う事は、疲れやストレスは弱い部分に溜まる傾向がありますので、肩こりに関係する部分に多くの疲れやストレスが溜まっていくと筋肉も緊張したり筋肉疲労が解消できなくなったり、一時的に硬くなる現象が起きてリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積してしまいます。

疲れやストレスが少し減ったときには肩こりはいいように軽いように感じてしまいますし疲れやストレスが多く蓄積したときにはひどく肩こりを感じてしまいます。

疲れやストレスと背骨のズレ
2019年04月16日

生理痛とは

生理痛の改善なら北九州市小倉北区からも多くの方が来ている徳力整体院。

多くの女性が生理の時に、生理痛が起きてしまうと薬を使うことが多くありますが、生理痛の痛みを楽にしてくれると言う場合が、多くありますので薬が中心で毎月毎月の生理痛を抑えていると言うことが多くあるようです。

生理痛とは

生理痛とは

生理痛が起きてしまう原因は必ず存在していますので薬と言うのは石井的に痛みやいろいろな症状を抑えているだけですから直しているわけではありません。
変えなければいけないのは生理痛がどうして起きてしまうのかと言う事なんですが多くの方の場合は単純に薬を飲んでしまうと楽になることが多いために楽にしているだけになっています。

生理痛を楽にすることは楽にしなければいけないわけですから、薬を薬を飲んだりすることは構わないと思いますが、原因を見つけ出さなければ繰り返しやすく原因もいつまでも、同じままでは留まってくれませんので進行していくと言うことが起きてしまうのが怖いところです。

疲れやストレスの蓄積

生理痛が起きるのは

生理痛が起きる原因で深く関係しているのは体質と体調が深く関係していますのでまずは体調から説明すると、体調と言うのは疲れやストレスの蓄積が多くあることで体の状態を落としてることをいいます。

体調と言うのは疲れやストレスが溜まることを言いますが痛みやコリがないからといって体調が良いとは限らないということなんですが体調と言うのは意味不明な言葉でもありますので自分が体調が良いと思えば、体調が良くなりますし自分で体調が悪いと感じていれば、悪く感じてしまうと言うことで評価するものが自分の判断によることでしかないんです。

しかし当院では、検査することをしていますので検査をしてみるとどういう状況で体調を落としているのかということを、判断することができますので検査するというのは大変、重要なものになりますが普通一般的には外では検査しているところはないと思っています。

疲れやストレスと生理痛

体調と生理痛

体調を落としてしまう原因と言うのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることやいろいろな窓事をすることで多く生み出されていく疲れやストレスの蓄積が原因だんですが疲れやストレスと言うのは自分の弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかで蓄積していくものが違うし表情が違ってくるんです。

生理に関係する部分に疲れやストレスが溜まると生理痛になっていきますので生理痛が起きたときには骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり背骨がずれて方々状態になっているということがあると思います。

生理の時に必ず起きているのは

生理の時に必ず起きている事は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあると言う事ですが背骨と言うのも骨盤が不安定になっていて歪んでいれば背骨がズレていくと言うことで安定することがなくなっていきますがさらにその上に腰椎の碁盤と言うのは子宮と膀胱に関係する神経が出ていくところですから、腰椎5番の歪みが起きたり腰椎の3番目と言うのは卵巣に関係する部分ですから、腰椎の3番目の骨も連れを起こしていくと言うことで背骨がずれていくと言うことで、安定することがなくなっていきます。

骨盤の歪み・背骨のズレ

さらにその上に腰椎の碁盤と言うのは、子宮と膀胱に関係する神経が出ていくところですから、腰椎5番の歪みが起きたり腰椎の3番目と言うのは卵巣に関係する部分ですから起きているのは、骨盤のトラブルだけではありませんので、必ず、骨盤の歪みや骨盤の開きからも、背骨は不安定になりますけどさらにその上に腰椎の5番目と3番目は影響を受けているということがあるんです。

生理痛の改善

生理痛の改善なら北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院。

2019年04月16日

小顔矯正とは

当院では小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますので今まで全員の方が顔を小さくすることを成功しています。
小顔矯正をしていくときにはどうやって顔を小さくするのかということを検査することで見つけ出していきますので確実に顔が小さくなる小顔矯正なんですが小顔矯正といっても1回で終わる小顔矯正ではありません。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには顔だけ顔を小さくすればいいと言うことでは無いので1回で終わる小顔矯正ではありませんので初回は顔だけ触って顔を小さくすることに専念していきますが体なども整えていくことをしないと維持することができませんし踊りやすくなっていきます。

今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが女性の方の多くが顔が小さくなったのが驚く方もいますが維持することができますかとか持続力はありますかと聞かれますので多くの方の場合同じ答えを返しています。

同じ答えと言うのは顔だけやっても顔の維持することはできないし体を整えていくこともしないと維持力も上がりませんしたいし体質改善の矯正で体から変えていかないと維持することはできないと言う基本的なものから解消することをしているからです。

小顔矯正といってもエステ等の小顔矯正も参考に説明するとクリームを塗ったりパックをしたりスティームをかけたりコールドスティームをかけたりマッサージをしたりと言う感じで顔を小さくすることをしていると思いますがこれらは全て表面上のむくみや脂肪を解消している事にしか過ぎません。

顔が大きくなる

小顔矯正と言うと

小顔矯正と言うと美容形成外科などで小顔矯正をしていますが美容形成外科で行われるものは手術をしたり脂肪吸引したり皮膚を引っ張ったり顔の骨を削ったりと言うことで顔を小さくしていく小顔矯正だと思います。

当院の小顔矯正とは

当院の小顔矯正と言うのは院長が小顔矯正をしていきますがマッサージをするような感じで本当に顔が小さくなると言う小顔矯正をしていますので自信がある矯正の1つです。
マッサージをするような感じと説明しましたが実際にマッサージをしているわけではありませんが目で見えないところで特殊な技術を使いながらしているので実際に横で人が見ていてもマッサージをしているようにしか見えないでも確実に顔が小さくなっていくと言う小顔矯正をしています。

顔を小さくする

小顔矯正で

小顔矯正をしていくときに1番減らしたらまた減らすことができたら顔が小さくなることがあります。
減らすことができるのが簡単ではないために多くの方が減らすことができないし検査することもできないからわからないと言うことなんです。
小顔矯正をしていくときには1番関係するものと言うのは疲れやストレスと睡眠の問題です。

疲れやストレスを蓄積と小顔矯正

疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど体も顔も浮腫み、脂肪が多くなっていき単純に歪みやズレだけではなく、背骨がずれたり骨盤が歪んだり骨盤が開いたりと言うことで、いろいろな状態が起きていき代謝も悪くなり働きも、すごく低下状態を起こしていきますのでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。

疲れやストレスは顔にも溜まっていきますので顔に溜まると脂肪やむくみが多く増えてしまうだけではなく顔全体が膨らんで大きくなっていきます。

顔を変える

顔と言うのは

顔と言うのは何があるのかと説明すると皮膚があって筋肉や靭帯があって脂肪があってむくみがあって顔の骨しかありません。

これのどれを減らせば顔を小さくすることができるのかと言う問題があるんですが、通してむくみや脂肪を減らす事はもちろんですから後はどれを減らすことができるのかと言う問題になります。

減らすことができるのは筋肉や靭帯を減らすことはできませんのであと残ったのは顔の骨だけです。
つまり顔の骨を削ることなく小さくすることができれば顔の骨自体が変わってくればむくみや脂肪が減りやすくなると言うことで顔が小さくすっきりしていくと言う小顔矯正なんですが危険なこともなく安心安全な状態で矯正を行っています。

顔と言うのは疲れやストレスが多く蓄積している方ほどむくみや脂肪が多くなっていますが顔の骨を肥大して変形しながら膨らんでいきます。

これを正常に戻すテクニックを有していますので疲れやストレスが溜まって顔の骨まで大きく太くなってしまった頭蓋骨の前側の部分つまり顔面骨を小さくすることができるわけですけど特に顎のラインは細くすっきり引き締まってくると言う小顔矯正をしています。

小顔矯正で顔を小顔に
2019年04月12日

ダイエット、痩せる為には

当院では友人から最近痩せてきたねとか他の方から細くなってきたねと言われるダイエットを実践していますが体重計のメモリの針よりも見た目で変えていくことをしていますので普通のダイエットとはちょっと違うと思います。

疲れやストレスとダイエット

ダイエットとは

どんなに雑誌やテレビなどで特集を組んでいるダイエット法実践しても効果がなかったりするのは基本的なことができていないからです。

特に雑誌やテレビなどの特集で痩せれば、苦労はしませんし世間では痩せている人ばかりになってしまいますので、どうして痩せないのかということも考えなければいけませんので基本的なことからやっていかないと痩せる事はないと思っています。

当院ではダイエットをするときに検査しています。

体を検査する

体の状態を検査することができますので誰でもどこでもできる検査法ではありませんので特殊な検査で見た目で見てわからない部分を確認しながら整えていくことができますので整えていくと体は徐々にむくみや脂肪を減らしていき体全体が細くなると言うダイエットをしていますが、当院では人気のある小顔矯正や骨盤矯正やウェスト矯正と上半身の矯正をしていますのでそれらを総合的に集めたものがダイエットになります。

体重よりも見た目を細くするダイエット

痩せるためには

ダイエットをして痩せるためには食事制限やサプリメントやダイエット食品やダイエットグッズや運動することや筋トレすることやストレッチをすることや、いろいろな方法が存在しますが、どれもこれも良いと言われることを試してもいまいち効果がないと言う事は多くの方が実感している事なんですが、基本的なことから変えていくことをしないとどんなに良いダイエットをしても痩せにくいと思っています。

ダイエットを希望して痩せたいと思う方

ダイエットをして痩せたいと思う方が予約をされて来院されますが全員の方が疲れやストレスを多く食べてしまい疲れやストレスを食べてしまうと体にはむくみや脂肪が多くなっていきますので単純にむくみや脂肪が多くなるだけではなく体全体が太くなると言うことが起きてしまいますので、疲れやストレスを溜めてしまうとむくみや脂肪が多くなるだけではなく体の中から大きく太くなっていきます。

疲れやストレスと言うのは

ダイエットをして痩せるためには疲れやストレスの蓄積というのが1番減らしていくと効果が大きくありますので疲れやストレスと言うのは溜まるところがあるから溜まっていってるわけですけど、全体に疲れやストレスが溜まりながらさらに体の奥のほうに疲れやストレスが溜まっていきます。

疲れやストレスを減らさなければどんなに良いダイエットをしても、筋トレしても運動してもジョギングをしても効果は上がりません。
どんなに良い食事制限をしても、ガリガリに痩せてしまっては健康的に見えませんしきれいに見える事はありませんので骨ばって痩せても意味はありませんし女性らしさを失ってしまいます。

また筋トレしたりストレッチをしたりジョギングをしたりアスレチックをしたり体を鍛えたりすることで筋肉質になっていきますので、筋肉質になって細くなりたければ別ですけど筋肉質になっても筋張って見えます。

運動しても鍛えても

体を鍛えても細くなる?

体を鍛えると言う事は脂肪も燃焼しやすいかも分かりませんが脂肪を燃焼させるためにはすごい努力が必要ですし継続が必要ですから簡単に脂肪は減ることはありませんがやればやるほどむくみは増えていきます。

元はむくみが多くなっていきますが、徐々に浮腫は減っていくと言う効果もありますがむくみが出ないくらい体を悪くしてしまいます。
つまり体が悪くなりすぎると太りきらないと言うことになっていきますので。

そんな状態で細くなって痩せても意味はありませんし、体を壊してしまう結果になっていきますし精神を病んでいくような状況になっていれば大変なことになっていきます。
体を悪くしてしまったほど浮腫み、脂肪は増えにくくやればやるほど追い込んでいきますので追い込んだ状態でやられて悪くなるのは精神です。

体と言うのは

体と言うのは単純に細くなればいいと言うわけでもなくきれいに健康的に美しく痩せると言うことが基本だと思いますので当院はそういう状態の安い方を基本的な概念としておりますので無理なダイエットではないし体を直したり整えたりしていくことでむくみや脂肪が減っていき雷同も徐々に元気になっていく体も元気になっていくと言う健康的なダイエットをお勧めしています。

痩せるとは
2019年04月12日

腰痛とは

北九州市小倉北区からも腰痛の解消に来ています。

腰痛を解消していくためには表面上の痛みを楽にすることからしていかなければいけませんので楽になったら原因を見つけ出すことも必要になってくると思いますのでまずは楽にすることから始めていきます。

腰痛とは

痛みの原因とは

腰痛と言うと対症療法と言う治療法が一般的に行われていますので対症療法で痛みを楽にすることをしていますが、当院では電気や機械を使うことはしていませんし湿布を貼ったりすることもしていませんので、手の技術だけで痛みを楽にすることをしていますか。

対症療法と言う治療法は多くの治療院で用いられている治療法なんですが原因なんかは関係なく表面上の痛みを楽にすることを、優先として用いられている治療法の1つですから湿布を貼ったりすることでも痛みを楽にすることもできますし、病院に行って注射を打って、痛み止めをすることも楽になる可能性もありますし家族の方に揉んでもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも腰の痛みは楽になる可能性もありますし、低周波治療器は電気などをかけても表面上の痛みは楽になることもあります。

対症療法とは

今、痛みがなくても

しかしいつまでも原因を残したままにしていると痛みがない時でも原因はこじらせたり一気に椎間板ヘルニアが起きたり坐骨神経痛になると言うことで進行していくことがあるし歪みやズレが起きたままだと血行不良のために固まった状態で固定化されてしまってどうしようもできなくなることもあります。

腰痛や腰の痛みが起きた方は多くの場合重たいものを持ったりして腰が痛くなったとか同じ姿勢を続けていたら腰が痛いとか立ちっぱなしで立ったままだと腰が痛くてどうしようもなくなるとか何かを取ろうとしたら腰が痛くなったとか靴下をはこうとしたら腰が痛くなったとか前屈姿勢で長く同じ姿勢を続けていたら腰が痛いとか掃除機をかける姿勢が腰が痛いとかいろいろな腰痛の原因を言われます。

しかしこれらは原因ではなくて切っ掛けです。

原因と言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きたときにきっかけをしたら腰を痛めてしまいます。

疲れやストレスと腰痛

原因ときっかけが初めて揃った時に腰が痛くなります。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまったり背骨がずれていくと体を支えることができませんので体を支えることができない姿勢をしたときに痛みになると言うことです。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きてしまう原因と言うのは毎日毎日の生活することや運動することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されて行くものが体に蓄積していくのが原因なんですが蓄積するものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分はどこなのかで起きる症状が違いますので腰が弱い方は腰痛になると言うことなんです。

腰痛と疲れやストレス

腰痛を起こしてしまった方は、骨盤の歪みや骨盤の開きが、必ずあり背骨がずれていますが、表面上の痛みだけを楽にすることが対症療法でできるために、骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあっても、矯正しなくても楽になることもありますので歪みや開きやズレが残ったままになっていると言うことです。

疲れやストレスが溜まるところ

疲れやストレスというのはたまるところがあるから溜まっていっているわけですからたまるところが、どこなのかということを考えなければいけませんが、体には何があるのかと言うと体をぎゅっと絞ってみると水分が65%から75%にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されています。

あと残った35%から25%の中に疲れやストレスが溜まるところがあると言う事ですから疲れやストレスが溜まるのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と人体と脂肪と骨と内臓しかありませんので、この中に疲れやストレスが、溜まるところがありますが筋肉にたまると言う事は分かっていると思いますけどあと最大に筋肉よりも多くの疲れやストレスを溜めてしまうところがあります。

疲れやストレスと腰痛と歪みやズレ

北九州市小倉北区からも腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの改善に。

2019年04月09日

ダイエット、痩せる為には

ダイエットをして痩せようと考えるなら何をしたらいいのかということを考えて欲しいんですが基本的なことを考えてダイエットをしないと何をしても効果がないと言うことがありますので効果的な方法を考えなければいけませんが効果的な方法を考えるためには体を確認してみる必要があると言うことです。

ダイエット、痩せる為には

ダイエットとは

ダイエットをすると言う事は基本的な体のことを考えなければ何をしても効果が上がりにくくなりますので食事制限をしてもサプリメントを飲んでも、ダイエット食品を飲んでもバナナダイエットをしても、りんごダイエットをしてもヨーグルトダイエットをしてもきなこダイエットをしても同じようなものであり効果は上がりにくいと言うこともあります。

また運動的にも筋トレしたりストレッチをしたりジョギングをしたりと言うことで脂肪を燃焼させようと思っている方が多くいますがかなりしないと脂肪も燃焼しないと思いますので運動すればするほど多くなるものが積み重なっていきますので多くなって積み重なっていくものがむくみを作っていきます。

低周波治療器や電器

むくみと脂肪と言うのは逆のものですから運動すればするほどむくみは増えるでしょうし脂肪もなかなか減りにくいのが実情です。

運動したりしても食事関係のものしてもダイエットを効果と言うのも上がりにくくなかなか痩せないのが実情ですから自分の体を見直してみる必要もありますので体を整えていくことから始めていきませんか。

当院のダイエット法は

ダイエットをして痩せようと思うなら検査することをしていますので検査をしてみると多くの方が自分ではわかっていない状態で体調が良いと思っている方が多くいますが体調が良いと思っているほど全員の方が体調が良いとは限らないと言うことがありますので検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になっていると言うことがあります。

痩せるとダイエット、痩せる為には

本当に体調がいいんであれば歪みやズレは起きることもありませんし脂肪が多くなることもありませんしむくみが多く増えてしまうこともありません。

運動しないからといってむくみや脂肪が増えるかというとそうでもありませんのでしっかりとカロリーと運動量と言うよりも日常的に動くエネルギーの消費量が深く関係しています。
誰だって動かないのにカロリーを余計にとれば太ります。

カロリーと言うのはいろいろなものに含まれていますのでジュースを飲んだりすることでも

甘みの成分がいっぱい入っていますので太りやすいと思いますしチューハイなども太る原因になってしまいます。

甘みを感じるものすべてにカロリーが含まれていると言うことでカロリーの過剰摂取から太りやすいと言うことが起きていきますのでカロリーを極力控えたほうがいいと言う事なんですがおいしいものは全て甘味成分が入っていますのでカロリーがあると言う事ですね。

太ると疲れやストレス

ダイエットをして痩せるためには

ダイエットをして痩せるためには体を整えていくことから始めていきますがいちどで体が整えられる事はないと思いますのでどれぐらい体調をどうしているかどれぐらい体が崩れているかで回数が違ってくると思いますので落ちている方ほど回復させていくのに時間や回数がかかると考えてください。

しかしダイエットをして痩せるためにこられているわけですから初回から必ずウエスト等やむくみや脂肪が必ず減る矯正をしています。
ダイエットして痩せようと思うなら当院のダイエット法は体重計のメモリの針の位置よりも見た目を大切にするやり方で細くしていきますので家族の方や友人の方から「最近、細くなったねと言われることや「痩せてきたねと言われると患者さんからよく聞きますので好評だと思います。

疲れやストレスと太りとダイエット、痩せる為には

北九州市小倉北区からもダイエット、痩せる為には。

2019年04月09日

顔を小さくする小顔矯正

北九州市小倉北区で小顔矯正するなら効果がある維持する、持続力がある矯正を。

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが今まで多くの方の顔を小さくすることをしています。

小顔矯正とは

小顔矯正と言うといろいろな方法があるかもわかりませんので他の整体やカイロプラクティック院でも小顔矯正をしている可能性もありますしエステ等でも小顔矯正をしている場合もありますし美容形成外科でも手術において脂肪吸引とか骨を削ると言う事でも小顔矯正をしていることもありますが当院では無理がない初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしています。

小顔矯正とは

顔を小さくしていくためにはどうやったら顔が小さくなるのかということを考える必要もありますし考えずに顔を小さくすることをしても効果がなかったり戻りやすくなったりと言うことでいろいろな小顔矯正があると思いますが当院では両方を兼ね備えた小顔矯正をしていますので初回から顔が小さくなっていき維持できるように矯正を行うことをしていますが小顔矯正といっても1回で終わる小顔矯正はありません。

小顔矯正をしていくときには顔だけが問題になる事はありませんので全身的にやっていかないと顔が小さくなってもいいですることもできませんし持続性はないと思っていますので体の状態や体調や体質を改善していくことで効果が長く続いたり戻りにくくなったりすると言う小顔矯正をしています。

顔の大きさと小顔矯正

小顔矯正をしているときに

小顔矯正をしていくときには1番関係するものが存在しますので関係しているものを減らすことを紹介はしていきますので初回から顔が小さくなると言うことで評判がいいんですが初回は何をして顔を小さくすることをしているのかと言うと疲れやストレスを減らすことです。

小顔矯正をしていくときに疲れやストレスの蓄積が関係することが家を大きくしてしまっていますので今現在の顔の大きさが正常なのかということを考えなければいけませんが全員の方が今までは顔が大きく肥大していましたのでむくみや脂肪だけではなく顔全体が大きくなっていると言うことで小さくしていく事を成城のほうにもっていくことで可能になります。

小顔矯正とボキボキしない

疲れやストレスと言うのは

疲れやストレスが多くたまらは溜まるほど顔は徐々に大きくなっていきむくみや脂肪だけではなくなっていきますので顔全体が大きくなると言うことが起きてしまいますが顔には何があるのかと言うと皮膚と筋肉とじん帯とむくみと脂肪と骨しか存在していません。

むくみや脂肪を減らしても顔が小さくなると思いますが単純にむくみや脂肪を減らしただけでは小顔矯正をしても少ししか小さくなりませんのでそれ以上に顔を小さくしていくためにはどうすればいいのかと言うことを顔を触ってみればわかると思います。

顔を触ってみると皮膚と筋肉と人体と筋肉と人体の中に入っている、むくみや脂肪がある場合もありますし後は骨しか存在していませんので顔を触るとすぐに骨を感じると思います。
表面上の皮膚と光脂肪と筋肉と人体と言うのは、そんなに分厚くはありませんのですぐに骨の感触を感じ取ると思いますのでその中でどれを小さく減らすことをすれば顔が小さくなるのかということを考えてください。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしていくときには顔の骨を削る事なく安全で安心な骨の矯正と言うよりも骨を小さくすることができるのが、初回から行っている小顔矯正になりますが、今現在の顔の大きさが正常なのかと言うと全員の方が、異常なほど顔が大きくなっていますので頭蓋骨の1部が顔面骨と言う感じで顔と言う意味になりますので顔の骨を正常にもっていくだけで、顔が小さく特に顎のラインは細く引き締まってくると言う小顔矯正をしています。

顔が大きくなっているから正常に戻すことで顔が小さくなると言う小顔矯正なんですがそれを検査することができないと見つけることができませんしどうやったら顔を小さくすることができるのかと言う問題がありますのでマッサージをしたり揉んだりしているだけで顔が小さくなる事はありませんのでかなり特殊な技術があるからマッサージをしているような感覚で顔が小さくなっていくと言う小顔矯正をしています。

小顔矯正で顔を小さく
2019年04月09日

骨盤矯正で小尻に

初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をしていくためには骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することからして周辺にあるむくみや脂肪を減らしていくことをしています。

骨盤矯正とは

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが全員と言っていいほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくはあり歪みや開きが起きている原因まで最大限大きくなっていました。

骨盤の歪み・骨盤の開きから骨盤が大きくなる?

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは原因がありますので原因がある限りはすぐに骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて行きますので持続性がありませんので体を整えていくことからして行くと骨盤の維持がしやすくなっていきます。

骨盤矯正をして骨盤を小さくするためには骨盤というのは何なのかということを考えなければいけませんので骨盤は三つの骨で形成されている部分です。
三つの骨というのは中央には尾てい骨とも一般的にいますが正式名称は仙骨という骨があり

両側に寛骨という骨があります。

寛骨の中に三つに分かれている骨が存在しますが結合されていますので同じ骨で総称して両側に大きな寛骨という骨があります。
寛骨の中で三つに分かれている部分というのは恥骨、坐骨、腸骨という骨の名称になります。

子供の時には噛ん骨は三つに分かれていますが成長してしまったら骨化してしまいますので一つの骨として歪みやズレを起こしますが名称だけは残ったままになっています。

しかし骨盤が歪んだり開いたりする時には中央にある仙腸靭帯という人体で繋がっていますので人体がかなり緩んだりすることはありませんが少しだったら緩む可能性がありますので仙腸関節の部分の軋轢が起きていき軋轢が起きると骨盤が広がるということがありますのであまりにも広がってしまったら日常生活にも支障が出

小尻になる

骨盤が歪みや開きを起こすと

てしまうぐらいになる方はいませんのでそこまでの歪みやひらきというのは起きません。

骨盤が広がってしまって仙腸靭帯の軋轢が最大限を多くなってしまったら立つことや歩くことや更にジョギングや走ったりすることというはできなくなってしまいますのでそういう状態の方は急性状態でぎっくり腰というのはありますのでぎっくり腰というのは捻挫という意味ですからネンザが起きれば誰でもいたいと思います。

骨盤矯正をして行く時には骨盤矯正に入る前に自分の両方の手のひらを骨盤の横に手を当ててもらい骨盤の幅を覚えてもらうことをしていますので当院のスタッフがメジャーや計測する機械で測ったりすることはありませんので自分で感じ取ることができます。
自分で感じ取るためには骨盤の幅を分かっていないといけませんので骨盤矯正に入る前に自分で骨盤の幅を触って覚えてもらいます。

骨盤を矯正するtおは

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正をして行く時には疲れやストレスというのが一番の問題になりますので疲れやストレスを減らしていくと骨盤の歪みや骨盤の開きは改善できて行きますしむくみや脂肪が減っていくという効果があるんです。

誰でも溜まっている疲れやストレスですから疲れやストレスを減らしていくことでむくみや脂肪が解消されてリンパの働きが改善できて老廃物が流れていくという効果があります。
しかし疲れやストレスというのは簡単に減るものではありませんのでどこにどれぐらい溜まっているのかということを検査して確認することができないと減らすことができませんしただ単にもんどりマッサージをしたり電気をかけたりすることで疲れやストレスは減ることはありません。

疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤が歪んだり骨盤が開いたり全身のむくみや脂肪が多くなっていくということがありますので疲れやストレスを減らしていくだけでも相乗効果があるということで単純に骨盤矯正をすればいいというわけではありませんので最近は多くの方が眠りの問題を抱えています。
眠りの問題というのは不眠症と睡眠負債という言葉があります。

不眠症とは

不眠症の方は気が付いている場合が多くありますが寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も目が冴えて眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴ですし夢ばかり見て寝た気がしないとかいうのも不眠症の特徴になりますので不眠症であれば大脳が

急激に弱っていき弱っただけでは済まないぐらいになっている方が多くなっていますので体のむくみや体の脂肪が増えていくということは当然起きています。

不眠症の方は眠りが浅いので大脳が弱っていることが原因なんですが弱っていればリンパの働きも悪くなり色々な内臓の働きも悪くなるということで病気ではない状態で脂肪やむくみが多くなっていきます。

不眠症とは

睡眠負債とは

睡眠負債というのは夜寝ようとする時に目が覚めないのが特徴なんですが朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている場合が多くあります。

眠りというのは大脳が休養とって出ていることだけを言いますのでスースー寝息を立てていても脳のことまでわかっていませんからのうがどういう状態なのかということは見ているだけではわかりません。

睡眠負債というのは夜寝て少し眠れてしばらくしたら寝ながら考え事をしてる睡眠になってしまい目が覚める瞬間に夢を見て目が覚めるという方が多くなっているのが特徴です。

そのため検査をしてみると非常に体調が悪く骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあってむくみが脂肪が大きくなって骨盤が太く大きくなっているのは当然だと思うぐらいの体調の方ばかりですから体調はどうですかと聞かれると全員の方が悪くはありませんと簡単に答えてしまっています。

眠りが浅いと大脳が弱っていきますので痛みやコリを感じにくくなりました状態になっていくくる方もいます。

眠りと骨盤矯正

北九州市小倉北区からも多くの方が骨盤矯正にきています。

2019年04月04日

腰の痛みと腰痛とは

腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものから改善していかなければいけないんですが原因というのは簡単に改善できるものではありませんので表面上の痛みだけを

腰痛とは

楽にすることを優先的にしていく対症療法という治療法が多くなっています。
対症療法という治療法は、原因なんかは関係なく検査することもなく表面上の痛みだけを楽にする方法です。

痛みを緩和する対症療法

対症療法という方法は湿布を貼っても楽になることもあるでしょうし家族の方に揉んでもらっても楽になることもあるでしょうし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽に感じてしまうこともありますし低周波治療器や電気などをかけてもドラッグストアなどに売っているサプリメントや腰痛に効くという薬を飲んでも楽になることがありますが原因が残ったままになっているんです。

原因をいつまでも残したままでいると進行していくということがあるのでこじらせたり悪化させたりということで色々な症状に繋がっていくということがあります。
腰痛がどうして起きるのかというメカニズムがあります。

対症療法と腰痛

腰痛を起こすメカニズム

腰痛を起こしているメカニズムというのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きがあってさらに背骨のズレがある場合がありますので歪みやズレやひがきがあれば体を支えることができませんので腰というのは上野からだと下半身をつないでいる部分ですから関節が歪んだりずれたり開いたりすると体を保持することができなくなって重たい物を持った時などに痛みになるということで起きるのがぎっくり腰ですがぎっくり腰というのは捻挫と同じです。

寝違えなんかも捻挫ですからぎっくり腰と同じ状態で動かしたり支えることができませんのでしっかりと休養とって休んだ方がいいと思います。

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていたり背骨のズレが起きるのは体に蓄積してしまった疲れやストレスが最大限に限界を超えてしまった時なんです。

骨盤の歪み・背骨のズレとは

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは疲れやストレスの蓄積から起きていますので疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなり背骨がずれてさらに椎間板ヘルニアになることもありますのでこういう状況が起きたりする時には体調が悪いということを言います。

疲れやストレスと腰痛

体調が悪いということは疲れやストレスが多く蓄積している時なんです。 誰だって疲れやストレスが多く蓄積していくと体は歪みやズレを起こしていきながら補正という状態で放映して自分に気が付かせることをしています。

これを簡単に考えてしまっていると大変な結果につながっている方も出ていますので簡単に考えていいものではなく単純に腰が痛いとか腰痛の原因を簡単に考えるべきではなく慢性化したりすることも多くありますし5年も10年も腰が痛いとかいう方もいますから簡単に考えていいものではなく腰痛の痛みだけでは済まないこともあります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張などで多く生み出されていくものなんですが疲れやストレスを唯一減らすことができるのは眠りにあります。
最近は多くの方が眠りが浅い方が多くいますので眠りが浅いこと自体気がついていない方が多くいるのが現状です。

眠りというのは二通りの眠りがあります。

不眠症の眠り

不眠症の眠りというのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり、 夜中に何回も目を覚ましたりすることや夢ばかり見て寝た気がしないという状態が不眠症なんですが不眠症の場合は気がついている方が多くいますが、まさか不眠症だとは考えていない

という場合もあります。

しかし不眠症に対して睡眠負債ということがあります。

熟睡と腰痛

睡眠負債とは

睡眠負債というのは夜寝ようとする時に朝まで目が覚めないのが特徴ですから朝まで目が覚めないためにどんなね無理をしていたのかということが分からなくなっています。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますのでスースー寝息を立ててい

ても寝ているとは限らないので脳の中のことまで考えなければ本当に寝ているのかということは言えないと思いますし夢を見ている場合もあるかも分からないし睡眠負債状態の寝ながら考え事をしている睡眠になっている方が異常に多くなっています。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは睡眠負債の特徴なんですが目が覚める瞬間に夢を見ているために夢の方が眠りが深いために寝ながら考え事をしている時間があっても忘れてしまっています。

しかも不眠症や睡眠負債というのは大脳宮駅に弱らせて行きますので痛みやコリにも麻痺した状態になってしまい自分の体調の悪さを感じなくなってしまいます。

眠りが浅いということは心臓にも負担が起きているので負担が起きていることさえわからないということもありますので気をつけなければいけないのが不眠症と睡眠負債です。

唯一疲れやストレスを減らすことができるように眠りなのに、眠りができていないために朝からぎっくり腰起こしたり腰が痛くなったりということが起きてしまっています。
眠りを改善するというのは非常に厄介で簡単にはいきません。

痛みと腰痛

北九州市小倉北区からも腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの改善にきています。

2019年04月04日

肩こりを解消するなら

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリからほぐさなければいけませんが筋肉のこりというのは筋肉疲労だったり、筋肉の緊張だったり筋肉が一時的に硬くなる現象のことを言いますので、これが起きてしまうとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることから肩こりになるということです。

肩こりとは

筋肉疲労が肩こりになる

しかし何も原因がなくて、これが起きることはありませんが肩や腕や指を使うことが多くある現代ですから多くの方が、腕や肩や指に力が入っていますので力が入ることが原因で特別な事をしなくても筋肉疲労は起きてしまいます。

肩こりを起こしている方は運動不足とかストレッチをしなければいけないという感じで思わない方がいいと思いますし多くの方が運動やストレッチをしている方の方が少ないと思いますので少なくても肩こりになっていないことがあります。

筋肉疲労からリンパの流れが悪くなる

確かに肩や腕を動かすということは大切なことなんですが動かすことで循環が良くなりリンパの働きが解消されて老廃物が流れていくということが起きてしまうんですが原因を追求しなければまた同じことが繰り返されますので同じことを繰り返すということはまた肩こりを起こしてしまいます。

単純に 肩を動かしたりストレッチをしたり筋トレをしたり鍛えたりすればいいというわけではありませんのでストレッチしても運動しても筋トレしても逆に多くなるものもあります。
多くなるものというのは筋肉疲労を起こす現象のものです。
何をしても積み重なって生み出されていくものであり運動しても筋トレしてもストレッチをしても何をしても積み重なっていくものが肩こりを起こしている原因になっています。

筋肉と肩こり

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのは筋肉にも多く溜まっていきますので筋肉に溜まることが原因で筋肉は凝りを起こしていきますので筋肉のこりというのは筋肉疲労ということになりますので筋肉にも多くの疲れやストレスがたまる現象のことです。

普通は疲れやストレスが溜まった筋肉というのは湿布を貼ったりマッサージをしたり専門家の先生に揉んでもらったり サプリメントを飲んだり 低周波治療器や電気などをかけたりすることで改善したように見えることがありますが実は多くの疲れやストレスというのは残ったままになっています。

疲れやストレスほど簡単に減りにくいものはないということです。
単純に揉んだり押したりすれば筋肉は、疲労が取れるのかと言うと多くの筋肉というのは疲労が取れることはなく積み重なっていくものです。

疲れやストレスというのは色々な痛みや凝りの原因になることがありますので体に多くの疲れやストレスが溜まっていくと、体は歪みやズレを起こしていきます。

肩こりと背骨のズレ

筋肉とは

筋肉というのは、骨から骨にくっついているものですから骨が動いたり移動したりすることで筋肉が、引っ張られたり緩んだりして、リンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになっていきます。

筋肉をの状態をこじらせた方が、筋肉や靭帯が炎症や腫れたりすることがありますので筋肉や靭帯の炎症や腫れを検査して見つかれば炎症や腫れの改善をしなければいけません。

しかし何も原因がなくて背骨がずれたりすることはありませんのでどこから背骨がずれてしまうのかということを考える必要があるということなんですが背骨がずたりする原因は体の中に溜まっていく疲れやストレスなんですが疲れやストレスも溜まるところがあるから溜まっていっています。

多くの方が疲れやストレスのたまるところを知らないし専門家の先生も研究していないために分からないという方が多くいます。

疲れやストレスがどこに溜まるのかということを 理解してもらうために体には何があるのかということを考えなければいけませんから体重の65%が水分だということですから水分と言っても血液だったりリンパ液だったり、細胞の中の水だったり色々な部分に水が存在していますので体重が100 kg の方がいるとしたら65 kg もの水分が体をキュッと絞ることで出てくるということです。

疲れやストレスの蓄積

水分が疲れやストレスを溜めてしまうということはないと思いますので後残った35 kg の中に原因があるということですから35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

この中で背骨のズレに繋がるものは筋肉の疲労と 内臓疲労が主になりますので病気と言ってるわけではありませんが内蔵に疲れやストレスがたまると体は堪えきれなくなって背骨のズレを起こしていきます。

背骨がずれてしまうと 筋肉は引っ張られたり緩んだりして リンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることから筋肉は硬くなったりしますので肩こりになっていきます。

疲れやストレスと肩こり

北九州市小倉北区からも多くの方が来ています。

2019年03月28日

小顔矯正で顔を小さくする

人気のある小顔矯正で初回から顔を小さくすることができますが顔を小さくするためには どうやって顔を小さくすることができるのかということが、一番、気になると思いますがマッサージをするような感じで小顔矯正をしていますので、マッサージをするような感覚で顔を小さくすることができますがマッサージをしているわけではありません 。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

実際に近くで他の方が見ていてもマッサージをしているようにしか見えないのでマッサージ感覚とだけ説明をしていますが、簡単に見えるテクニックほど難しいことはないということですし見ている前で、変えるわけですから嘘偽りがない小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていく時には無理な矯正はしていませんので顔を無理やり押さえつけたり痛いとか怖いという 矯正ではありませんので安心して受けてください。

もちろん電気や機械などを使うことなくての技術だけで、顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

対症療法と小顔矯正

当院の小顔矯正は できるだけご本人にわかるようにしていますので、分かるようになるためには顔を触ったり見てもらうことをしていますので、まずは、鏡で見て顔の大きさや形や浮腫度合いや左右さを目で見て確認してもらいます 目で見る時も何を見ないといけないのかということを覚えておかないと、ただ、ぼーっとしてみても何もわかっていないことがありますので意識しながら顔の大きさや形やむくみ度合いや左右さを覚えるようにしてください。
単純に小顔矯正と言っても、ただ顔を小さくすればいいというわけではなく、自分でわかってもらわなければいけませんので、当院では院内のスタッフがメジャーや計測する機械で測ったりすることはしていませんので自分で顔の変化を感じ取るようにして触ってもらいます。

対症療法と小顔矯正

自分の顔を鏡で映して 見ることから始めていきますので鏡で顔の大きさや形や浮腫度合いや左右差などを記憶するようにしてもらいます。

鏡で顔を確認する

鏡で見て自分の顔をある程度覚えたら今度は手で触ることをします。
顔を手で触る 顔を手で触るということは、簡単なようで簡単ではありませんので、今まで 数人の方が顔が小さくなっても、わからなかったということがありますので分からなかったということがないようにしっかりと触ってもらいます。

顔を鏡で見る

顔を触る時には意識をしないと小さくなっても分かりませんので、小顔矯正と言っても10センチも20 CM 30 cm も小さくなることはありませんので、小顔矯正で小さくなるのは1 CM だったり、2 CM だったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきますのでたとえ1 CM 変わってもわかるようにしっかりと触ってください。

意識をしないとたとえ一cm 、変わっても本当に分からないということでクエスチョンマークが浮くような感じになりますのでしっかりと触って覚えることをしてもらいます。

顔の触り方というのは簡単なんですが両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を 密着 させるようにくっつけて顔を触るだけです。

手で顔を触る

単純に触るだけでも大変、難しいので鏡で見た左右差と手で触った左右さが違うように感じる方もいます。

しかも最近は多くの方が不眠症というよりも、睡眠負債の方が多くなっていますので睡眠負債というのは大脳が急激に弱っていくことで起きている現象なんですが、感覚的な麻痺が一番強く起きてしまいますので、痛みやコリが起きるような状況があっても痛みやコリを感じていない肩や手の感覚自体が落ちている方が多くいますので 睡眠負債というのは大変、怖い現象なんですが気がついていない方が多くいます。

顔を手で触る

不眠症というのは夜寝ようとすると、1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めたり夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

小顔矯正と睡眠負債

しかし睡眠負債というのは、眠りが浅いのに目が覚めることがありませんので夢よりももっと浅く寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていて、目が覚める瞬間にちょっとだけ夢を見るという感じで目が覚めています。

眠りが浅い方は、朝から顔がむくんでいます。

もし眠れていれば朝が一番顔が引き締まっていなければいけません。
眠れていない方ほどむくみというよりも顔がどんどん大きくなっていきます。

小顔矯正と睡眠負債
2019年03月28日

肩こり

北九州市小倉北区からも多くの方が肩こりの解消に来ています。

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りを、まずは改善しなければいけませんので筋肉を柔らかくしたり揉んだりマッサージをしたりすることで、肩こりを楽にしていこう と思っています。

肩こりとは

肩こりを起こしている筋肉が緊張したり、コリを起こしたり一時的に硬くなる現象が、肩こりになりますので 筋肉のコリから、まずは、ほぐさなければいけませんから筋肉のコリをほぐすために リンパの働きを良くして老廃物を改善できて循環が良くなるように持って行きます。

肩の筋肉というのはいつもいつも使うことが多くありますので荷物を持ったりすることでも使っていますし、バッグを持ったりすることも多く見受けられますから、何をしても使うことが多くあり最近はスマートフォンや携帯などを操作する時でも 、スイッチを押すときでもタップする時でも、肩や腕や指先を使うことがありますから筋肉疲労は起きやすくなっています。

筋肉疲労が肩こりになる

腕や肩や指先を使うことが筋肉疲労を起こし積み重なったものが肩こりになっていくと考えられていますので、テレビの特集などでも運動したりストレッチをしたりすることで、肩こりを楽にすることはできると思いますが、多くの場合、原因が残ったままになっています。
今まで30年間肩こりを改善してきて、一人として筋肉のこりだけで起きている人はいませんでしたので 筋肉の凝りばかりを注目してしまい筋肉を揉んだりマッサージをしたりほぐしたり柔らかくすることばかりしていると原因が、いつまでも残ったままになっていますし残った原因もいつまでもそのままではおられませんので 進行していくということが起きてしまいます。

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから、骨が少しでも移動すると筋肉が引っ張られたり緩んだり緊張したりということが、起きてしまいますのでリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということが起きてしまいます。

背骨のズレ

今まで多くの方の肩こりを確認しながら治療をしてきましたが全員と言っていいほど筋肉のコリだけで起きている方はいませんので背骨のズレが重なって筋肉が引っ張られたり緩んだりしてリンパの働き悪くなり老廃物が溜まって循環が悪くなることから肩こりを起こしている方ばかりでした。

背骨のズレから肩こりになる

肩こりというのは確かに筋肉を揉んだりマッサージをしたり肩を叩いてもらったりすることで肩こりは楽になっていくこともありますが、楽にばかりしていると背骨がズレがもし生じていると背骨のズレは残ったままになり、残したままだと進行するということも起きてしまいますので椎間板ヘルニアが起きたり神経を圧迫されたりして手のこわばりや握力不足が起きたり手の痺れが起きたりということが起きてしまいます。

しかし背骨のズレというのも何も原因がなくて起きたりすることはありませんしに行こうぜや姿勢が悪いからと言って背骨がズレたりすることはありませんので何かの原因があるから背骨のズレを起こしているという結論になります。

筋肉のコリとは

筋肉だけではなく背骨のズレがある場合は、こりとして感じていない方もいますけどこりとして強く感じてしまう方の場合もありますので検査をすることで見つけ出さなければいけませんしどこからどうして背骨のズレが起きたのかということを見つけ出さなければずれたまま慢性化して長期間に及んでしまうと癒着や固着などが起きてしまうこともあります。

筋肉というのも一時的に硬くなる場合もあれば永久的に硬くなる老化現象で筋肉が硬くなるということもありますので一過性のものなのか永久的に老化した状態に進行してしまった筋肉なのかということを判断することも必要です。

肩の筋肉も 歪みやズレから引っ張られた状態が長いと筋肉は徐々に血行不良を起こして硬くなるという老化現象が起きている方もいますので固くなる時には皮膚も硬くなり皮膚の下にある皮下脂肪も固くなり 筋肉や靭帯も固くなるという現象が起きて行きます。

筋肉の
2019年03月25日

小顔矯正で顔を小さく

北九州市小倉北区で小顔矯正するならボキボキしない痛くない矯正のカイロプラクティック徳力整体院。

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていく時はボキボキしたり痛いということはないように顔を小さくすることをしています。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしているときには自分で顔が小さくなったのが分かるようにしていますので院内のスタッフがメジャーや計測する道具で測ったりすることはありませんので自分で顔の小さくなったのが感じることができます。

小顔矯正をする時には触れ方に特徴がありますので 小顔矯正に入る前に触り方を説明するようにして顔を触ってもらうようにしています。

顔を触ってもらう時にはまず初めには鏡で見て自分の顔の大きさや形や浮腫度合いや左右さを覚えてもらうようにしています。

いつも見ている顔を変える

いつもいつも鏡は見ていると思いますが自分の顔を大きさや形や輪郭や浮腫度合いや左右差を意識して見ていないと思いますので特に左右差というのは、すごく関係しますから小顔矯正をする時には意識を持ちながらも、見た方が分かりやすいと思いますのでしっかりと右側の全体が大きいとか左側の頬骨の部分だけが一部分で待っているとかいう感じで意識を持ちながら見てください。

顔の

そして鏡で見て自分の顔を覚えたら今度は両方の手のひらを顎に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってもらうことをしています。

鏡で見るよりも手のひらで大きさを感じ取るということは簡単なことではありませんので感じ取るようにしないと鏡で見たことと逆のように感じてしまう方もいますのでしっかりと触って覚えるということが一番大切になります。

意識を持って顔を触ること

特に鏡で見るよりも手で触るということが簡単なようで簡単ではないんですが意識を持って集中しないと分からないということもありますので小顔矯正をしている時には10 CM 20 CM の30 CM の顔が小さくなることはありませんし顔が小さくなるのは1センチだったり2 CM なったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきますので例え一cm 変わっても顔の変化が分かるように触っておかなければわからないということがあります。

鏡で見たら小さくなったのが分かるのに手では分からないという方がいましたので鏡で見てもわかるように見て手で触ってもわかるようにしなければいけません。

小顔矯正とは

特にアゴのラインが変わる

特にあごの部分というのはすっきり細く引き締まっていく場合がありますので顎の部分はしっかりと覚えなければいけませんし親指と人差し指をつまむようにして 触ってみるとまたはつまんでみると 脂肪やむくみの度合いもしっかりと分かってきますのでつまんでみてどれぐらいあるのかどれぐらいぶよぶよしているのかということを確認してみるのも必要だと思います。

一番手で触って分かって欲しいのは顔の左右差とむくみ度合い、脂肪の度合いなどですからそれらを触って分かるようにしておいて小顔矯正に入っていきます。

小顔矯正に入る時に 直前に調整する際に上向きで寝てもらって院長とともにもう一度触る練習をしますので当院では3回も練習してることをしていますが3回もする必要があるのかと言うとそれがすごく 感じ取ることができない方がいますので感じ取ることができないと顔が小さくなったのがわからないからです。

意識しながら顔を触ると小さくなるのが

3回すればわかるかと言うとそうではありませんのでしっかりと左右差などや浮腫とは嫌脂肪がどれぐらいあるのかということを感じとらなければいけませんのでしっかりと手の集中を増して感覚神経を増強するようにして触ってくださいそうするとしっかりと顔が小さくなっていくのが分かると思います。

小顔矯正に訪れた方がきく言葉がありますが 持続力はあるのか持続性はあるのかと聞かれることがありますが初回から持続力があるわけはありませんし維持することができるわけはありませんのでそれは治療技術のせいではなくて矯正する技術のせいではなくてご自分の体に全てが問題があるからです。

ご自分の状態が良くないと維持することや持続性はないと思っていますのでどれぐらい維持することができるのかということは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレに全て関係があります。

小顔矯正で顔を小さくする
2019年03月25日

骨盤矯正で小尻へ

北九州市小倉北区で骨盤矯正なら徳力整体院。

骨盤矯正をして骨盤を小さくすることをしていますが当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなることで人気のある骨盤矯正です。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときには自分の両方の手のひらを骨盤に当てて幅を覚えてもらうことをして骨盤矯正に入って骨盤矯正をした後をもう一度触って覚えてもらうことをして確認しながら骨盤を小さくすることができます。

骨盤矯正で骨盤を小さくする

しかし骨盤矯正と言っても単純に骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというわけではありませんので最低限の事が骨盤の歪みや骨盤の開きの矯正になりますし、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまっていると骨盤周辺にもむくみが脂肪が多くなっています。

骨盤矯正をしていく時には何をしたら骨盤を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんので単純に骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すれば骨盤が小さくなるのかということは単純ではありませんが実際に骨盤が小さくなっていきます。

しかし骨盤の開きや骨盤の歪みというのもそんなに大きいものではなく1 CM ぐらいだったりとかいう感じですから小さく矯正をしたとしても、一センチ小さくなってしまうということでありまた小さくなったぶんだけ浮腫みや脂肪も減っていくということもあります。

骨盤を変える

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行く時にはどうして骨盤の歪みや開きが起きているのかということを考えなければいけませんので歪みや開きにも起きている原因があるということですから原因を探さなければいくら骨の矯正をしても骨盤を閉じてもまたすぐに開いてしまいます。

どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまっているのかということを考えなければいけませんので、当院では検査することをしてどこから骨盤の歪みが起きているのかということを見つけ出すことをしています。

骨盤矯正をする時にはボキボキしたり痛いということもなく電気や機械を使ったりすることもなくての記述だけで骨盤を矯正することができますが相乗効果としてウエストが細くなるという効果もあります。

ウエストまでクビレル

骨盤矯正で骨盤が小さくなってもウエストが 太いままではすごくバランスが悪いですからバランスを整えていくことも大切になっていきますので骨盤矯正で骨盤を小さくしたぶんだけウエストを細く引き締めていくという 矯正をしています。

しかし当院では骨盤矯正で骨盤を矯正する事をしてもまたすぐに歪まないように体質改善という施術で、維持しやすくする治療もありますので初回からできることがありませんが体質改善で体の中から変えることをしていくといろいろなものが改善できて体が引き締まってむくみも取れて細くなっていくという矯正もしています。

骨盤矯正で

骨盤矯正をして行く時には

骨盤矯正をして行く時には実際に痛くもなくボキボキもしないけど本当に骨盤が変わると人気がありますので骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を覚えてもらうようにしています。

しかし実際に小顔矯正とは違って鏡で見て比べることができませんのでご自分の両方の手の感覚だけが頼りですから骨盤の幅をしっかりと触って覚えてもらうことをしています。
しかし簡単な方法ではありませんのでただ骨盤の横に手を置いたり当てただけでは骨盤の幅はわかりませんので左右さを感じ取るようにして触ることをお勧めしています。

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが数人の方はいくら骨盤を小さく書いても分からないという方がいましたのでわからないということがないようにしっかりと触って覚えなければいけません。

自分で確認できる

当院では骨盤矯正を行うときには院内のスタッフがメジャーで計測する機械で測ったりすることはしていませんのでご自分の両方の手のひらの感覚だけが頼りですからしっかりと触ることをお勧めしていますので実際に本当に変わった骨盤を想像してみてください。

骨盤が小さくなったぶんだけジーパンなどを履いてきても緩んできていると思いますが最近はストレッチ素材などがありますのでストレッチ素材を着用されている方は、洋服ではわからないということもあります。

まずは骨盤の歪みは骨盤の開きを改善して整えていくことでむくみや脂肪も同時に減っていきますが単純に骨盤の歪みや骨盤の開きそして脂肪やむくみなどを減らせばいいというものではなく骨盤が小さくなったぶんだけ骨盤の中にある内臓を圧迫してしまうこともありますから。

小尻になる
2019年03月22日

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛が起きたりするのは 原因がありますので原因から改善していかなければいけませんが腰痛を楽にすることは、いろいろな治療法がありますが 対症療法という治療方が多く見受けられますので原因の部分は関係なく矯正したり整えたりしている場合が多くありますから対症療法というのは 表面上の痛みだけを楽にする治療になります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

痛みを楽にしても原因が残っている

表面上の痛みだけを楽にしても原因が残ったままになっていますので原因はいつまでも同じままではいられないということがありますので進行してしまうことが多くあります。

腰痛が起きる時には 必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在しているんですが歪みやひらきやズレを矯正しなくても楽にすることが湿布を貼ったりしても出来るしマッサージをしても可能ですし低周波治療器が電気などをかけても 楽になることもあるために原因もいつまでも残ったままになっていますので進行していくということで、こじらせた痛みになってしまい慢性化状態を招いていて治らないということが多くあります。

骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレを矯正する時に、動きやすい歪みやズレもあれば動きにくくなってしまった 歪みやズレも存在します。

骨盤の歪み・背骨のズレ

いつまでも骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがあると筋肉や靭帯やその他の周辺にあるもの全てが癒着したり変形したり、固まったりすることもありますのでいつまでも骨盤の歪みや骨盤の開きを放置しておいていいものではありません。

歪みやズレ

長期間、慢性化した骨盤の歪みは骨盤の開き、そして背骨のズレがあると変形状態を起こすということは当然だと思いますし長く放置しておいていいものではありませんので 一気に坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアになったり脊椎管狭窄症という症状を起こして手術するしか手立てがないということもあります。

腰痛や腰の痛みが起きる時には、必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていますがそして背骨のズレが起きているんですが対症療法という治療法があるために表面上の痛みだけを楽にすることを中心に考えていますので、原因なんかは関係なく 原因を残したままになっている場合があるということなんです。

整体やカイロプラクティックで矯正

整体院やカイロプラクティック院で行うボキボキしたりする方法は、骨盤の矯正や背骨の矯正をする方法ですが唯一矯正をしている治療院というのは整体院やカイロプラクティック院になりますが普通の整体やカイロプラクティック院では、骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは矯正できる可能性もありますが、さらにどうして骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きたのかということを見つけ出すことはしていません。

整体院やカイロプラクティック院では普通は調整しやすいようにマッサージをしたり揉んだりすることは当然していると思いますがそして矯正と称してボキボキしたりすることをして低周波治療器や電気などをかけて終わりという感じですが、正確に検査ができない治療院が増えていますので、 どうしてどこから起きているのかということを見つけ出さなければ本当の意味で改善することにはなりません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

歪みやズレの原因

しかし姿勢や横座りは足を組むことで骨盤が歪んだり開いたりすることはなく背骨が釣れたりすることはありませんのであることが体に多く積み重なって生み出されたものが体に蓄積していくことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きて行きます。

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしている原因は疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスというのは誰でも毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張でも多く生み出されていき不眠症や睡眠負債でもさらに多く積み重なっていきます。

何をしても多く皆されていくのが疲れやストレスなんですが疲れやストレスは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分に多く溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし 痛みになっていきます。

腰の痛みとは

骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがあるときに重たいものを持ったり前かがみをしたり同じ姿勢を続けたり負担になるようなことをすると急に腰が痛くなるということで限界を超えてしまうわけです。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きた時には 軽ければ何も感じ取ることができませんがひどく悪化して大きくなっていくと何をしても何もしなくても痛みが起きる時もあります。

腰の痛みは
2019年03月19日

腰痛

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

つらい腰痛を楽にしていくためには、腰痛の原因になっているものを見つけ出すことをしないと、単純に湿布を貼ったりしても楽になることがありますが、またドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んでも楽になることもありますし、家族の方に腰を揉んでもらうことでも楽になることもありますが、低周波治療器や電気などをかけても楽になることがあるために本当の腰痛の原因を見逃してしまっているということがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを楽にする

腰痛には腰痛になる原因がある時に腰が痛くなりますので、原因を見つけ出すことをしないといつまでも対症療法ばかりしていると大変なことになっていきます。
腰痛には腰痛になる原因がありますので、原因から改善していかないと痛みだけを楽にしても原因が残ったままになっていると脊椎管狭窄症などの問題になっていくということもあります。
腰痛になる時にはどうして腰痛になるのかという問題がありますが、よく患者さんが言われることは重たい物を持ったりしたり、体をひねったりしたら腰が痛くなったと感じで言われますが、それはあくまでもきっかけです。

庭仕事をしていて座って畑を耕していたら、立とうとした時に立てないくらい腰が痛くなって体がまっすぐ伸びないとか言われるのもどちらかと言うと切っ掛けの方になります。
くしゃみをしただけで腰が痛くなったと言われますが、これも切っ掛けにすぎません。
車の運転をしている時に長く座っていると腰が痛くなると言われますが、これもきっかけです。

色々な腰痛、腰の痛み、腰が痛い

夜寝て朝起きたら腰が痛いと言われますが、これも全て切っ掛けになります。
切っ掛けというのは原因ではありません。
腰が痛くなる時には二つの状態が重なった時に起きていますので一つは切っ掛けが必要になります。

もう一つの原因というのは、骨盤の歪みや骨盤の開きです。
骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に骨盤が不安定になっていますから、不安定になっている時に重たいものを持ったりすることで体を支えることができなくなり腰が痛くなります。

腰痛が起きる時には二つの原因が重なった時に起きていますので、切っ掛けはあまり関係なく何をしても切っ掛けになることがあれば腰が痛くなって腰痛になります。

運動やスポーツでも

特にきっかけというのは、運動したりすることでも、骨盤の歪みや骨盤の開きがある時にはスイングをしたり蹴ったりしたりすることでも腰が痛くなることもあります。
色々な物事に対してきっかけは起きてしまいますので、どんなきっかけであっても構いません。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは日常的に誰でも起きているものなんですが、程度というか段階というか色々な状態のものがありますので、日々大きくなったり軽くなったり小さくなったり色々な状態で動いているのが骨盤の歪みや骨盤の開きです。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でもあるものですが、腰痛になっていないだけだということもありますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが日常的に起きているものなんですが腰痛になっていなければ、生理痛や生理不順や便秘や膀胱炎を起こしたりすることも多くあります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレ

腰痛を起こす原因というのは、骨盤の歪みや骨盤の開きが原因のような感じで説明をしていますが、実は中に入っている内臓が起こしているものです。

内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、注意して聞いてください
毎日毎日の生活をすることや、運動をすることや仕事をすることや車の運転をすることや買い物をすることや食事を作ったりすることや掃除機をかけることや選択することや色々な動作で疲れやストレスが多くなっていきます。

疲れやストレスが多くなるのが体に溜まったのが原因なんですが、疲れやストレスが溜まる所というのは知っている方は少ないと思いますし、専門家の方もあやふやな答えをしている方も多いようです。

疲れやストレスというのは、体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこに溜まるのかということが一番の問題になります。

疲れやストレスの蓄積

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので、水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり、組織組織の中に入っている水だったり、いろいろな部分に水が存在するということなんですが、水に疲れやストレスが溜まるとは考えられません。
では、後残った35キロの中に疲れやすレスがたまるところがあるということなんです。
35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になります。
中枢神経系は内臓-1部ですから、疲れやストレスが溜まりやすい所というのは内臓と筋肉にたまるということがわかりますが、筋肉というのは表面上にあるものなんですが、内臓は身体の中心部にありますので、内臓がいつも働いてくれているからアルコールを分解したり食べたものを消化したりというふうに働いてくれていますので、働くことでも疲れやストレスが生じてもおかしい話ではありません。

疲れやストレスがたまる所

疲れやストレスは毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することでも多くなって体に蓄積していくものなんですが、筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきます。
例えばですけど、肝臓に疲れやストレスが溜まれば肝臓が炎症を起こして腫れたりすることが起こりますが、肝臓というとなんでもかんでも多くの方はアルコールという風にイメージをしますが、アルコールは別物で関係はありません。

アルコールを飲んでいる方でも、肝臓が悪くない方がいると思います。なんでもかんでもアルコールイコール病気というのを関係づけることもなく、しっかりと話を聞くようにしてください。

肝臓でもアルコールではない

肝臓が弱った方が多くなっていますので、肝臓が言えるということは、胃の左側にあるのが肝臓ですから、肝臓の部分を触ってみると肋骨を通して触ることができますが、出っ歯っていたり、肋骨が浮き上がっていたりということが多くの方に見受けられますし、両手を横に当ててスライドさせるようにして触ってみると右側だけが異常に出っ張っているという方もいます。

しかし、こういう状態が起きていても、病院で検査をしても異常なしで数値の異常が見受けられない方が多くいます。
また、肋骨をスライドさせてみると、左側が出っ張っている感じがしたり、厚みが使ったりする方は膵臓の可能性がありますので、最近肝臓と膵臓が異常に弱った方が多くなっていますので、弱り過ぎると炎症や腫れを起こしていきます。
色々な状態を起こしてしまうのが内臓ですから、肝臓が弱った方は背骨の8番目の骨が歪んでいます。

膵臓が弱っていると

また膵臓が弱った方は下痢を起こしやすくなったり、痒みが多くなったり、乾燥肌が多くなったりしますので、背骨の6番目の骨がずれていますので、内臓の位置で何かの症状を感じる方もいれば、背骨の位置で何かの症状を感じてしまっている方がいます。
背骨のズレというのは弱い内臓に疲れやストレスが溜まってしまって、歪みを起こしたのが原因ですから、歪みやズレを起こすと痛みになったり、張りを起こしたり色々な状態になってしまっていますので、背骨のズレというのは内臓に直結して関係があります。

話を戻しますが、腰痛の方は腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスを溜めてしまったのが原因で、腎臓に関係する大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなったのが骨盤の不安定性を作り、骨盤をゆがんだり開いたりという状態で背骨のズレまで起こしているのが腰痛の原因です。

腰痛が起きるのは

腰痛を起こす時には必ず弱い内臓に疲れやストレスが溜まったのが原因で、背骨がずれたり、骨盤が歪んだり開いたりしながら何かの症状を起こしたり感じたりしています
そして最近は疲れやストレスだけではなく、あることが起きているのが特徴です
特徴というのは、睡眠負債のことです

睡眠負債というのは、最近の言葉なんですが、昔でしたら不眠症という言葉が近い言葉なんですが、不眠症は夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり、夜中に1時間おきに目が覚めてしまったり、夢ばかり見ている方が不眠症という状態でしたが、睡眠負債は違います

睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思えば良い睡眠をしているような感じなんですが、実は大きな間違いなんです
眠りというのは、熟睡ができていない限りはただ寝ているだけでは寝ているとは言えないんです

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢よりもさらに浅い睡眠があります

睡眠負債と腰痛

夢よりも浅い、最悪な睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠です
寝ながら考え事を知る睡眠というのは、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります
寝ながら考え事を知る睡眠というのは、夜寝ようとするとすぐ眠れて少し寝たら寝ながら考え事をしている状態になっていき、朝目が覚める前に続けて5時間も6時間も見ている睡眠であり、そして目が覚める瞬間に夢を見ているという感じになってしまっています
どうして寝ながら考え事を知る睡眠が悪いのかというと、脳細胞を急激に弱らせていくからです

脳細胞を弱らせたものは、脳細胞の急激な減少を招いていきますので、減ったものは元に戻ることはありませんので、脳細胞が急激にカスカス状態になっていくということもあります
脳細胞を減らしてしまうと、認知症や痴呆状態に進みやすくなりますので、最初は物忘れやうっかりが多くなった状態で感じてしまいます

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、を解消。

2019年03月06日

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

これらは原因ではなく切っ掛けです
この切っ掛けがあって、その前に原因があると、いつかは、腰痛、腰の痛みになります。切っ掛けは、あくまでも切っ掛けです。原因ではないので、何かの原因があるわけです。この原因こそが、腰痛、腰の痛みになる理由です。

ボキボキしない

腰痛、腰の痛みの原因は

腰痛、腰の痛みが起きる原因があるわけですが、この原因になるものは、特別なものではなく、どこでも誰でも生じるものです。特別なものでもなく誰でも、どこにでもあるものとは、『疲れやストレス』です。 疲れやストレスは生きている限りなくなることはありません。
例えば、

●携帯の電話のなる音は、気がつきやすいように警報音になっています。

●朝起きる時の、目覚ましの音も同じです。

●車のクラクションも警報音です。

●横断歩道を渡るときも音がしているものは、警報音です。これを聞くだけで、ストレスは生まれます。ほとんどの機械音は警報音ですから、体にとってはストレスです。
色々な警報音を聞くだけでも、体はストレスをもらっています。良く患者さんが、何もしていないけど、と言う方がいますが、この方ほど、何かをしてと言う感じが強くあります。体力が落ちた方ほど、何もしなくても、生きているだけでも、疲れやストレスはたまります。ストレスと言うのは、日本語で疲れとも言います。
『ストレスがたまった』と言うことは、疲れが溜まったと言い換える事が出来ます。よく、我々は、ストレスと言う言葉を知らないで簡単に使っています。ストレスと言うのは、疲れの蓄積と言う意味です。

疲れも段階があります。

1段階 疲れが溜まった2段階 疲労 3段階 疲労こんばい4段階 消耗 5段階 衰弱
言葉は色々ありますが。これらが多くなればなるほど、際限なくたまる事が出来るのが疲れです。総称して疲労と言うことで説明を進めます。
腰痛、腰の痛みを起こしているときには、疲れが多くたまっています。体に疲れが多くたまると、体は歪みを起こしていきます。骨盤が開いたり歪んだりしていきます。骨盤の歪みから腰痛、腰の痛み 骨盤の歪みや開きが起きただけでも、背骨を支える事は出来なくなります。体を前かがみにしてお辞儀の姿勢が、腰に一番負担が大きくなります。しかし、同じことをしても腰痛、腰の痛みが起きないこともあります。この差が疲れやストレスの度合いに関係しています。

疲れやストレスが多くなると、体は歪みを起こして骨盤の歪みが起きて、背骨がズレを起こしていきます。しかし、体に疲れやストレスがたまると言いましたが、体と言うと抽象的で範囲が広くなります。

もっと範囲を狭めて言うと、内臓に疲れやストレスはたまります。内臓と言っても病気ではありません。内臓に疲れやストレスがたまると言う事で腰痛、腰の痛みになります。
内臓に疲れやストレスがたまると腰の痛みに
この時の内臓は、腎臓です。腎臓から腰痛、腰の痛み
腎臓の病気ではなく、腎臓に疲れやストレスがたまると言う事で腰痛、腰の痛みになります。

腎臓に疲れやストレスがたまると、大腰筋・腸骨筋のバランスが崩れてしまいます。この崩れが、骨盤の歪み、開きを起こしています。大腰筋 腸骨筋から腰痛、腰の痛み 大腰筋・腸骨筋のバランスが崩れると、骨盤、背骨に影響します。骨盤の歪みで腰痛、腰の痛み 腰痛、腰の痛みを悪化させると、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足の痛み、足のしびれになります。

大腰筋 腸骨筋のバランスから腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みを悪化させると、椎間板ヘルニアになります。ヘルニアから腰痛、腰の痛み
カラオケなどでストレス発散と言っているのは、余計にストレスをためてしまって発散したと勘違いしています。

大きな声を出すことで、エネルギーは減ってしまします。エネルギーが減ると疲れてしまいます。 疲れてしまうこことで一部で片寄っていたエネルギーが発散させてしまいます。 疲れていてエネルギーが片寄っているのに、片寄ったエネルギーをなくしています。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

内臓から起きる歪みやズレは

内臓に疲れやストレスがたまると体は防衛反射で歪みやズレを起こして知らせてくれます。 警戒警報か危険信号を自分に知らせるのが痛みやコリです。
疲れはストレスとも言い変える事が出来ます。内臓にたまる疲れ、内臓に蓄積する疲労、内臓にストレスがたまる、同じことで痛みやコリに発展していきます。

どこの内臓がどれくらい疲れやストレスを蓄積したかで起きる痛みや場所が違います。 特に腰痛、腰の痛みの場合は、一番、考えられるのは、腎臓です。腎臓が弱いから疲れやストレスがたまって、時々腰痛、腰の痛み、ギックリ腰になります。この痛みが、警報です。歪みから腰痛は起こります

疲れやストレスが多く蓄積したぞと言う事の知らせが、腰痛、腰の痛みになります。より多く疲れやストレスが腎臓にたまると、悪化させて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のしびれ、足の痛みになります。

腎臓が弱い方が腰痛、腰の痛みになります。 椎間板ヘルニアが多くたまった時に、繰り返し腰痛、腰の痛みになります。 腎臓が弱いから疲れやストレスがたまります。その弱い腎臓を強くする施術があります。この施術の事を体質改善と言います。

体質改善とは
2019年02月07日

腰が痛くなる

腰痛 腰の痛み
腰痛は歪みから起きています。骨盤の歪みが起きていると、体を支える事ができません。体を支えられない時に、中腰や、前かがみで急に腰が痛くなります。
腰痛が起きる時には、切っ掛けと原因があって起きています。この両方が揃った時に腰痛は起きていきます。

ボキボキしない

どちらかがかけても腰痛にはなりません。

原因と切っ掛けが腰痛を起こしている重要な要素です。

①切っ掛けは、姿勢、重いものを持つ、中腰、運動、くしゃみ、デスクワーク、体をヒネル、靴下を履こうとして、ハイヒールを履いて歩いていてなどなどです。

②原因は疲れやストレスです。体に疲れやストレスがたまると歪みになります。この歪みは骨盤の歪み、背骨の歪みです。歪みが起きると靭帯や筋肉は緩んでしまいます。
このユルミが体を支えきれないで切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。
痛み

急にくる腰痛、腰の痛み。何かの拍子に痛くなる腰痛、腰の痛み。長く立っていると痛くなる腰の痛み。スポーツやテニス、野球で痛めた腰。ゴルフで痛くなる腰痛。 色々な腰痛がありますが、けっこう、痛みが強くて辛いですよね。いつも、腰に爆弾を抱えているような感じで、腰痛持ちの方も多いと思います。しかし、腰痛には原因があります。腰痛を楽にしていくには、原因から変える必要があります。

腰痛を楽にしていくには、

関係ないように思えますが、体調が一番関係があります。と言うのは、腰痛は、体調が悪いときにか起こりません。体調が良いときに、腰が痛くなることはありません。 体調と言うのは、疲れの蓄積です。疲れが多くたまっていると、腰が弱い方が腰が痛くなります。腰痛持ちの体質の方が、体に多くの疲れをためると腰が痛くなります。肩こりの方も、同じことが言えます。つまり、肩こり体質の方が疲れをためると、肩こりになります。
因子が

腰痛の方は、腰痛が起きやすい因子があるわけです。この因子から改善・解消することをしていかないと、数年に1回、数か月に1回、又は、いつも腰が痛いという事になります。また、どこに行っても、直らない腰痛になります。体もだんだんと歳をとるように、腰の部分も、いつまでも同じではありません。腰の部分も老化して悪くなっていきます。

腰の痛みが

たまに、腰痛で痛みが起きてくる方がいますが、この前と同じとか言いますが、そんなことはありません。少しずつ、腰痛が治りにくくなっています。こんなことを繰り返していると、いつかは、腰痛の原因の所が何かの問題を起こします。
当院では

腰痛の原因から見つけて改善していく方法です。その為には、まず、腰痛を楽にすることです。楽になったら、普通はそこで終わりですが、当院では、そこから体質改善で腰痛の原因を解消・改善していく施術を実践しています。

原因が

腰痛、腰の痛みが起きるのは、原因があります。ほとんどの場合、この原因が関係して腰痛、腰の痛みになります。ほとんどの場合、切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。この切っ掛けを説明すると、

①中腰で仕事をすることが多く腰が痛くなりやすい

②たまたま重いものを持ったら腰が痛くなってしまった。

③テニスをしていて腰を痛めてしまった。④野球をしてバットでスィングしたら腰痛になった。⑤くしゃみをしたら腰にきた

⑥長く車の運転をしていたら、腰が痛くて立てなくなった。

⑦寝て朝起きたら、腰が痛くて動けない

⑧洗濯物を干していたら、腰が痛い。

⑨座って庭仕事をしていて立とうとしたら真っ直ぐに体が伸びない。

⑩子供を抱っこしようとして、腰が痛くなった。⑪靴下を履こうとして腰にきた。・・・などなど色々な腰痛、腰の痛みがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは
2019年02月07日

肩こりとは

当院は整体とカイロプラクティックの治療で体を整えて肩こりを改善していく方法で根本から良くしていきます。
肩こりを湿布を貼ったり、薬を飲んだり、肩をもんだり、ストレッチしたり、低周波治療器や電器をしても間に合わせをするものではなく原因から変えていく方法です。
肩こりを楽にしていく為には、筋肉のコリをほぐして柔らかくすることから始めていきます。

肩こり

肩こりとは

肩こりを起こしているのは筋肉が緊張したりコリを起こすことなのですが、肩こりを超す筋肉としてふつうで知られている筋肉は僧帽筋という筋肉です。
この僧帽筋という、筋肉は、首から肩のつけ根から背中まである大きな筋肉です。この筋肉がコリを起こすことが肩こりになります

イラストにあるように左側が僧帽筋をあらわしています。
肩こりには肩こりになる原因があります。この原因で一般的に知られているのは筋肉のコリですが、筋肉のコリが起きるとリンパの流れも悪くなります。リンパの流れが悪くなると老廃物が多く蓄積して肩こりになります。

肩こりには筋肉の問題以外の原因もあります。それは歪みです。骨盤の歪みから肩こりになっている方もいれば、背骨のズレが肩こりになっている方もいます。

肩こりを楽にする

つらい肩こりを楽にしていく事をしています。肩こりも揉めば良いと言うものではありません。しっかりとした原因がありますから、その原因から改善することも考えましょう。

最近の肩こりの方は、筋肉のコリとかではなく、歪みが関係していることも起きていますが、それ以上の事が起きている肩こりの方がいます。

普通に考えると、肩こりと言うと筋肉のコリと言う感じですね。
筋肉もコリを起こしていくとリンパの流れが悪くなったり、老廃物が多く蓄積することも起こりますし、筋肉疲労から疲労物質の乳酸が多くなります。

そうすると、もっと筋肉疲労が起きて肩こりになります。
つまり、筋肉から起きる肩こりになります。

しかも肩こりが長いと筋肉疲労どころではなく、筋肉自体が固くなります。この場合の筋肉が固くなる事まで行くと、いくらマッサージしても、揉んでも柔らかくなりません。
一時的に良いような気がしますが、しばらくすると同じです。

筋肉のコリにも、段階があります。

1段階目:普通の筋肉のコリ 2段階目:筋肉が固くなることで起きる筋肉のコリ 3段階目:歪みからくる筋肉のコリ 4段階目:内臓から起きる歪みから筋肉のコリ  があります。
肩こりと言うと、筋肉のコリです。筋肉が疲労したりしても肩こりになります。 筋肉のコリで肩こりが起きると、筋肉は緊張したり、固く硬縮したりします。

疲れやストレス

肩こりを解消

また、筋肉も疲労する時もあるので、筋肉疲労で肩こりになる方もいます。筋肉が緊張したり硬縮したりすると、リンパの働きも悪くなります。リンパと言うのは、筋肉の周りの老廃物を流す役目があります。リンパの働きが悪くなると、老廃物が流れないで筋肉が老廃物だらけになります。
しかし、

肩こりが起きているときには、疲れやストレスがいっぱいたまっています。 元気な方は肩こりになりません。肩こり体質の方も体調が良い時には、肩こりは軽く感じています。ですから、肩こりは体調が悪くて肩こりになります。

体調が悪いというのは、疲れやストレスが多くたまっていると言う事です。
疲れやストレスが多くたまると、疲れ、ストレス、歪み、背骨のズレ、内臓疲労が起きています。コレラの理由から、肩こりになっています。コレラの理由がないのに、肩こりは起こりません。
自分で体調の低下を感じていない方も今は多くいますが、必ず、体調は落ちて低下しています。この体調が落ちた時に起きるのが、肩こりです。

肩がコルのは

肩こりは、筋肉のコリですが、筋肉も使い過ぎ、緊張、硬縮、老化など色々あります。 肩こりを起こす代表的な筋肉は、僧帽筋という筋肉です。僧帽筋のコリが肩こりになる 僧帽筋と言う筋肉は、首から背中まである筋肉です。イラストでは左しかありませんが、両方にあります。
この筋肉がコリを起こしたことを肩こりと言います。コリとは、筋肉が固くなったり、硬縮したり、、リンパの流れが悪くなった時に起こります。

肩こりになると
2019年02月07日

肩こりと筋肉のコリ

筋肉疲労から筋肉疲労を起こして肩こりになるのは、

① スマートフォンの扱いすぎで肩こり

② 手を使う仕事で肩や腕がバリバリで肩こり。

③ 事務仕事で肩が重くて肩こり。

④ 片方の肩に荷物を持つので肩が凝ってしまう。

⑤ 洋裁和裁をして、細かいのでそれで肩こり。

⑥ キーボードを使うので、肩こりが起きやすい。

⑦ パッチワークをしているので、肩こりになりやすい

⑧長く車の運転で肩がコル。

疲れやストレスと肩こり

色々ななどなど色々な肩こりがあります。

これらの物事が、切っ掛けで肩こりになっている例です。

しかし、切っ掛けがあっても、原因がないと、肩こりになりません。この原因が一番の肩こりの理由になります。その原因とはその原因とは、体にたまった疲れやストレスです。疲れやストレスも軽く考えてはいけません。 疲れやストレスが多くたまると、胃に穴が開くことだってあります。

一番、厄介なのは疲れやストレスなんです。いかにして疲れやストレスを減らすかが問題なんです。疲れやストレスが多くたまると、体も正常ではいられなくなるからです。もちろん、肩こりが起きていること自体異常なんですが。疲れやストレスが疲れやストレスが体にたまります。

どこと構わずたまるのが疲れやストレスです。

ですから例外はありません。例外なく、色々な所にたまります。筋肉だけではありません。

しかも、一番多く疲れやストレスがたまる所があります。そのストレスがたまる所は一番、多く疲れやストレスがたまるのは、内臓です。内臓と言っても、病気ではありません。 内臓に疲れやストレスがたまると言う事です。内臓に疲れやストレスがたまることは、最大最悪のものです。疲れやストレスが肩こりになる 体にとっては、最大のストレスになります。

体の中から崩れていくわけです。 姿勢とかではなく、体の中から崩れたものが、最大のストレスになります。内臓にたまった疲れやストレスが肩こりを起こしています。

内臓にたまった疲れやストレスが体の歪みを起こしていきます。内臓疲労がほとんどの症状は、疲れやストレスが内臓にたまって起きるものです。しかも、内臓にたまる疲れやストレスですから、内臓疲労です。 内臓疲労から起きた歪みは体にとって最大なストレスです。体の内部から崩れています。これが筋肉のコリを起こしたりしています。

疲れやストレスが歪みを起こして肩こりに 疲れやストレスの蓄積で歪みが起きて、歪みが起きれば、筋肉も引っ張られて緊張したり固くなります。とうぜん、リンパの流れも悪くなります。 

疲れやストレス

リンパの流れが悪くなると、老廃物がたまります。

このリンパの流れも原因になることもありますが。

どうしてリンパの流れが悪くなるのかと言うのは、疲れやストレスの蓄積で体調が落ちているからです。肩こりと言うと肩こりというと僧帽筋と言う筋肉が関係します。この筋肉は、免疫に関係する筋肉でもあります。

免疫力が低下した時に、背中がゾクっとすることがありますが、この僧帽筋で起こしています。僧帽筋のコリが肩こりになりますこの僧帽筋が緊張したり硬縮すると、肩こりを起こします。体調と体質肩こりも体調と体質が関係しています。

体調とは、疲れやストレスがたまる事です。疲れやストレスが多くたまると体調が落ちて悪くなります。この時に肩こりはひどくなります。体調がそこまでない時には、肩こりは少し楽です。

しかし、体調が落ちているときには、肩こりはひどくなって気分まで悪くなったり、首にも痛みやコリを起こしていきます。体質改善で肩こり解消当院には体質改善と言う施術があります。いくら肩こりを解消しても、繰り返し起きるのは、体質が原因です。

根底に肩こりを起こしやすい体質と言うのがあります。肩こり体質です。肩こり体質を変えるこの肩こり体質を変えるために体質改善と言う施術で体を変えて直していくわけです。この施術が体質改善と言う施術です。

体質改善は別名、アンチエイジング(若返り)と言います。

体を強くすることができる唯一の施術法です。体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術の詳しいことは専門のページで弱い内臓に疲れやストレスがたまると、体は疲労して歪みになります。 歪みになれば、筋肉も引っ張られたり、緊張したりします。

歪みが起これば、筋肉も固くなります。 歪みが起これば、リンパの働きも悪くなります。しかし、この歪みが起きる理由は、疲れやストレスの蓄積です。この疲れやストレスがたまりやすい所があります。それは、内臓です。 内臓に疲れやストレスがたまると、歪みやズレが大きくなったところで痛みやコリが起きてしまいます。

これが、肩こりになります。内臓の疲れやストレスから肩こりを根本的なことから解消するのは、ボキボキしたリ、電機や機械では解消していきません。肩こりを一時的な肩こりから解消していくのは、程度により数回はかかります。

2019年02月07日

小顔矯正で顔を小さく

小顔になれる小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。当院では30年記念で初回5000円が期間限定で3000円で小顔矯正を受けることができます。この機会に小顔矯正をしてみませんか。

小顔矯正

当院の小顔矯正は矯正と言うよりも顔の治療と言う感じがあります。
他ではしていない小顔矯正なので、多くの方の顔を小さくすることができています。
当院では小顔矯正をしていく時には検査する事をしています。
検査する事ができる為に、今までわからなかったことがわかってきました。
それは顔にも疲れやストレスはたまるという事です。

顔に疲れやストレスがたまると顔に炎症やハレが起きています。このハレや炎症を解消していくと特にアゴのラインがスッキリしてくると言う事です。
多くの方のアゴの部分は炎症やハレが起きやすくなっていますから、炎症やハレを改善することでアゴの部分が細くスッキリして引き締まってきます。

当院では昔から小顔矯正をしていましたが、どうして院長が小顔矯正をすると顔が小さくなるのか、わかりませんでしたから説明もできませんでした。
小顔矯正を研究することと検査することができた為、信じられないことがわかりました。
普通では起きない、起こらない状態が起きていました。
それが顔の炎症やハレです。

炎症やハレがあると浮腫みも起きやすく、皮膚が垂れ下がってきます。
他で小顔矯正を受けた方も来院していますが、顔の炎症やハレが取れていません。
顔を小さくするなら顔の検査ができて正常に戻すことで顔が小さくなる小顔矯正をしていますからボキボキしない痛くない小顔矯正です。

小顔矯正とは

小顔矯正

当院の小顔矯正は痛くもなく顔を小さくしていく小顔矯正です。
当院の小顔矯正は初めから顔が小さくなる小顔矯正です。
小顔矯正を受けてもらうときに、初めから顔が小さくなりますから、院長が小顔矯正をする前に顔の大きさをおぼえて下さい。これは小顔矯正をした時にどれくらい小さくなったのかわかってもらうためです。

当院の小顔矯正は1回目から顔が小さくなっていきます。ですが顔が小さくなれば良いと思っている方が多くいますが、本当の小顔矯正は顔の治療になります。
顔の治療と言うと変な感じですが、多くの方が小顔矯正に来院していますが、今まで30年間、小顔矯正をしてきて体調が良い方は一人もいないし、自分で体調が良いと思っている方はいましたが、体調が悪いと顔の浮腫みどころか、顔の骨が炎症を起こしていることも多くあります。

顔の骨が炎症を起こしたりしていることは検査することで判断できます。検査で判断できたら炎症を改善していくと顔が小さくなります。
そして特にアゴのラインは骨の炎症を解消していくとスッキリして細くなります。
自分でも気が付かないで顔は色々な状態になっています。気が付かないし異常を感じないだけです。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債と小顔矯正

特に睡眠負債がある方、眠りが浅い方は顔の骨の炎症が起こりやすくなっています。

睡眠負債と言うのは眠りの浅さですから、寝ていると思っている方ほど睡眠負債になっています。
睡眠負債が多くあると顔は浮腫みやすく、脂肪が多くなって顔の皮膚が垂れ下がっていきます。

睡眠負債が多くなると脳疲労が起こります。脳疲労は色々な部分を悪くして体調まで落としすぎていきます。脳疲労が起こって多くなると内臓も元気なことはありません。
脳疲労は骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレも多くなります。
ですから睡眠負債、脳疲労が多い方ほど体調がすごく無茶苦茶、悪くなっていても、体調の悪さを感じない方も増えています。痛みやコリは脳が元気だから感じます。

脳疲労が多いと、また、睡眠負債が多いと顔の皮膚は垂れ下がります。
脳疲労が多いと、また、睡眠負債が多いと顔が大きくなります。
脳疲労が多いと、また、睡眠負債が多いと浮腫みが強くなります。
一番、簡単ではないのが脳疲労と睡眠負債の改善です。

2019年02月02日

骨盤矯正で小尻に

維持する力、持続する力

骨盤矯正をした後に、骨盤の小ささを維持することは自分でしなければいけません。他人が関係することはありません。しかも骨盤矯正の技術の問題でもありません。
実際に骨盤矯正をして骨盤が小さくなったのは、事実ですから。

骨盤の歪み・骨盤の開き

これを維持することは自分の体に聞かなければいけません。
どんなに最高な骨盤矯正をしても、どんなに骨盤矯正が上手な方がしても、骨盤矯正の専門家の先生がしても結果は同じです。

エステで骨盤矯正をしても、運動で骨盤矯正をしても、同じです。
骨盤矯正をするには、体の検査も重要です。と言うのは検査してみると異常に体調が落ちている方ばかりだからです。
今まで骨盤矯正を多くの方にしてきて体調が良いと言う方はいませんでした。痛みやコリがなければ体調が良いとは言えません。寝込んでいなければ体調が良いとは言えません。

骨盤矯正を希望されて当院に訪れて検査しても体調が異常に悪い方ばかりですが、体調の悪さを感じてない、わかっていない方が多くいます。
これはあることが起きるとなる現象ですが、あることと言うのは眠りです。
最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

眠りと骨盤矯正

多くの方が目が覚めないから寝ていると思っています。
夜、11時ころに寝て、すぐ眠れて朝、6時ころ目が覚めてすぐに動ける!!!!。からグッスリ寝ている???? とんでもないです。
眠りと言うのは体が寝ていることではなく脳が眠ることを言います。脳が休養を取って眠ることが眠りです。

体は寝ていても、誰が見ても寝ていても脳が寝ていないと眠りとは言えません。
このことを睡眠負債と言います。寝ているようで寝てないと言う負債です。
夢は、目が覚める瞬間に見ていると夢を見ていたと記憶に残ります。目が覚める前に見ているからです。

しかし夢よりも さらに悪い睡眠があります。この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めることはありません。寝て朝まで寝ながら考え事をしている睡眠をしているからです。
この睡眠は一番、悪い睡眠です。寝ながら考え事をしている睡眠は脳が休むことができません。

疲れやストレスと骨盤矯正

脳が活発化と言うよりも緊張していると言うよりも興奮していると言うよりも、脳疲労が多くあるからです。
脳疲労が多くあると脳は弱っていきます。脳が弱るとさらに脳マヒの段階まで進むと痛みやコリが起きている状態でも感じません。

風邪も引けません。インフルエンザも感染してしても発症しません。
脳まで弱らせたりすると骨盤矯正をしても維持する事なんかできません。
最近は多くの方が体調の低下と脳が弱っています。

脳の弱りと骨盤矯正

脳が弱ると自律神経、ホルモン系、内臓の働き、などがすべて悪くなります。そして寝ているようで寝ていません。
眠りが浅いと精神を悪くするか、認知症になるかです。
骨盤矯正で、こんなことをいうのは変ですが本当です。
当院では検査する事ができますが体調の検査してみると奈落の底のような体調の方ばかりです。

奈落の底の体調は体質改善でしか、治すことはできません。体調を上げても上がりません。
もう細胞の問題になっているからです。
しかし通院してもらう事で徐々に改善することができますが、期間を開けると体質改善はできませから治療を進める事ができません。
始めに体調を上げて骨盤矯正をして小尻にしていく矯正をしていきますが、それだけではダメです。
いくら骨盤が小さくなっても骨盤の中にある内臓も深く関係してます。
例えば、生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、膣炎などがある方は、必ず骨盤の歪み・骨盤の開きがあるからです。

睡眠負債
2019年02月02日

骨盤を小さく骨盤矯正

骨盤矯正と言うのは骨盤の幅を変える事です。

骨盤の幅を変える時には、骨自体を矯正することをしていきます。
多くの方が骨盤矯正というものをわかっていませんので、上の写真にある骨盤の幅を変えることが骨盤矯正です。

骨盤矯正

当院の骨盤矯正は

① 骨盤周辺の脂肪を減らすことで脂肪が取れて骨盤が小さくなります。

② 骨盤周辺の浮腫みを減らすことと浮腫みが減った分だけ骨盤が小さくなります。

③ 骨盤の歪みを改善すると、多くの方が骨盤が小さくなります。

④ 骨盤の開きがあれば、骨盤の開きを改善すると骨盤が小さく小尻になります。

⑤ 便秘のある方は、便秘を徐々に解消していくとお通じが良くなった分だけ、骨盤の膨れが取れて骨盤が小さくなります。

⑥ 生理痛や生理不順のある方は、生理に関係するものを改善することで生理が楽になっていき骨盤の下部が整っていくから骨盤が小さくなることができます。

⑦ 体調を上げていくと代謝が良くなっていきますから骨盤が小さくなります。

⑧ 体にたまった疲れを減らしていくと骨盤が小さくなりウエストも細くなります。

⑨ 体にたまったストレスを解消していくと代謝やリンパの流れが良くなって骨盤が小さくなり小尻になることができます。

⑩ 体質改善の施術で骨盤矯正をしていくと持続する力が上がります。(体質改善は初回からできません)

骨盤矯正と言うのは骨盤だけで整うものではありません。

骨盤矯正で骨盤が小さくなります。

骨盤矯正とは

多くの方が骨盤矯正に訪れていますが、検査してみると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定がある方がほとんどです。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があっても痛みやこりはありません。
しかし、場合によっては骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、冷え、下半身の浮腫み、下半身の脂肪太り、股関節痛、膝の痛みで起きている方もいます。
当院で検査すると、多くの方に骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があることがわかります。

他の整体院やカイロプラクティック院に行かれている方でも、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定がある方が多くいます。昨日まで整体院の矯正を受けていたと言う方まで骨盤問題がある場合もあります。

当院の骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定の検査は正確に判断できます。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定を矯正していくと、それだけでも骨盤が小さくなっていきます。骨盤が小さくなると言う事は小尻になります。

当院では骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定を改善する治療のことを「体調の施術」と言います。
ですから体調を上げていくだけで、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定が解消して骨盤が小さくなる、小尻になる矯正をしています。

また、チャイ長が悪くなると、普通は起こりませんが骨盤の骨がハレて大きくなっている方もいます。つまり骨盤の骨の変形です。
例えば上のイラストで説明すると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定もありますが、骨盤自体の骨が肥大しながら大きくなります。

2019年01月29日

小顔矯正

小顔矯正で顔を小さくしていく時には2通りの矯正法があります。
一つは体調の小顔矯正と言います。①
もう一つは体質改善による小顔矯正です。②

小顔矯正

①の小顔矯正

顔と言うのは検査してみるとわかることがあります。多くの小顔矯正をする治療院やエステではできませんが、当院では検査することで色々わかるものがあります。

顔にも体調と言うのがあるとすれば、顔(頭)にも疲労がたまると言う事です。
顔にも疲労がわかると、筋肉、じん帯、血管、リンパ管、骨などに炎症やハレがあると言う事が起こります。

このことに気が付いたのも検査することができるからなんですが、検査してみると顔に炎症やハレがあると浮腫みが起きたり、ハレ上がったり、脂肪が多きなっています。
この顔に起きた炎症やハレを改善する技術力があれば顔が小さくなります。
検査することも高等すぎてできない方がいますし、検査で確認しないと異常部分を見つけることができません。

この検査することと異常部分をどうやって見つけることができるのか、と言う事で顔が小さくなるか、ならないか変化します。
多くの方に顔の異常がありますから、異常がない方は今までは1人もいませんでした。

100人に方が小顔矯正にきて100人とも顔に異常があります。
と言うのは顔に起きる異常と言うのは疲れやストレスで起きているからです。疲れやストレスがない方はいませんし、たまっていないと言う方もいません。
たまっていないと思う方ほど不自然です。人は生活している限り、生きている限り疲れやストレスとは無縁にはなれません。

この疲れやストレスが体調を悪く低下させてしまい顔の異常を起こしていきます。しかも眠りが浅い方ほど顔の異常は起こりやすく、顔の変形や炎症、ハレなどが起こります。
この炎症やハレがある部分を見つけて解消すると顔が小さくなるわけです。
これは本当のことです。院長が責任をもって検査して顔を小さくしていきます。この治療で今ままで小さくならなかった方はいません。

顔が小さくなることが人気

小顔矯正とは

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。小顔矯正をしていく時のは自分の感覚でわかるようにしていきます。つまり自分の手で変化がわかるようにしていくと言う事です。

それほど変えるから、顔が小さくなるから自分の手で触っておぼえておいて下さい。この時に顔の左右差がありますから左右差を感じながら触って下さい。
この触り方をしっかり、いい加減に触ることなく触ると良くわかります。
当院では多くの方が小顔矯正を希望して訪れますが、多くの方は体調が悪く調子を落としています。

どうして体調や調子のことを言うのか、理由があります。
体調や調子が悪いと疲れやストレスの蓄積、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレ、循環不足、代謝の低下、リンパの流れの低下、老廃物の停滞、内臓の働きの低下などが起きているからです。

これらがあると小顔矯正の効果が減少したり戻りやすくなるからです。
ですから体調や調子から上げていくことをしないといけないのですが初回は小顔矯正で顔が小さくなると言うことをしなければいけませんので顔だけ触って小顔矯正をしていきます。
つまり、疲れやストレスの蓄積、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレ、循環不足、代謝の低下、リンパの流れの低下、老廃物の停滞、内臓の働きの低下は後回しと言う事です。

当院の小顔矯正は

小顔矯正をしていくときに必ず顔を触って大きさ、幅、浮腫み度合いをおぼえてもらいます。

小顔矯正も1回で終わるものではありませんから数回は受けるようにして下さい、そのたびに顔が変わります。

1回目
当院の小顔矯正は、必ず毎回、顔を触っておぼえてもらいます。と言うのは小顔矯正を受けるたびに代わるからです。顔を触る時には両方の手で顔を覆うようにして触ります。手首の部分をつけるようにするとわかりやすいと思います。

初回は顔だけ触って小顔矯正をしていきます。小顔矯正と言うと顔と言うイメージがありますが実は違います。疲れやストレスの蓄積、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレ、循環不足、代謝の低下、リンパの流れの低下、老廃物の停滞、内臓の働きの低下があると効果がなかったり戻りやすくなりますから。
しかし、戻ってもその時小顔になっていれば良いと思うので顔だけ中心に小顔矯正をしていきます。先ほど言ったように顔を触っておぼえていると思いますから、小顔矯正する前と小顔矯正した後を比べることができます。

2回目

1回目で触った顔をもう一度触ってもらいますが、1回目の小顔矯正した後の大きさを保つことはできませんから小顔矯正した後の大きさは、その時点で一番、良い状態の顔の大きさなので。しかし、小顔矯正する前とは違います。しかし、2回面も、また顔の大きさを触りましょう、触るだけではなく顔の大きさをおぼえていることです。
1回目よりも、さらに顔を変えていきます。

3回目

3回目も2回目の小顔矯正が終わった大きさを維持していませんが、徐々に小さくなっていっています。3回目で早い方は体質改善による小顔矯正ができます。
体質改善と言うのはアンチエイジング、若返りの施術です。体質改善は体を直していく方法ですからさらに顔が小さくなっていきますしウエストが細くなることも起こります。

4回目

5回目、6回目、7回目・・・

顔が小さくなることは

当院は整体とカイロプラクティックの治療で体を整えて顔を小さくする小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は、他のエステや整体、カイロプラクティックの小顔矯正と違ってボキボキしたリ電器や機械は使いません。手のみで顔の形を矯正して顔を変えていく小顔矯正をしています。
そして当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなりますから、自分の手で顔を触って幅や形をおぼえることから変化を実感してもらう小顔矯正をしています。

体調の小顔矯正と言うと、顔を抑えるつけるようにしていく小顔矯正が一般的ですが、当院の小顔矯正は顔を抑えつけたりすることなく顔を揉むようにして顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

顔を揉むようしていく小顔矯正でも効果は抜群にありますから、安心してください。
ただ、顔を揉んでも顔は小さくなりませんけど、当院の院長が手で顔を揉むようにしていくと、不思議と顔が小さくなっていきます。
本当に、そんなことで顔が小さくなるのかと言う方も多くいますが、実際に来院されて受けてた方は、多くの方がビックリしています。
本当は顔をただ揉んでいるだけではなく、院長の手が特殊だからです。特殊な手を持っているから顔をマッサージ感覚で揉んでいるだけで顔が小さくすることができます。
ですからマッサージ感覚と言っても、本当はマッサージではありません。

疲れやストレスがたまると顔が大きくなる
2019年01月29日

顔を小さくする小顔矯正

小顔矯正をしているところでは美容外科の小顔矯正:美容外科ですから外科的な手術です。小顔矯正というよりも手術して取るという感じです。
エステの小顔矯正:クリームを塗って顔をマッサージしたり、、顔を何かで覆ったり、コールド蒸気で肌を締め付けたりですかね。あくまでも調べた結果です。
当院以外の整体やカイロプラクティック院では、ボキボキしたり、顔を無理にギュっと抑えつけたり、色々な小顔矯正があります。
しかし、、

小顔矯正

当院の小顔矯正は

院長が直に顔を触って小顔矯正をしていきますが院長が顔を触る前に覚えて欲しいことがあります。それは今現在の顔の大きさを覚えてもらうことです。
顔を触る時に顔の左右を覚えるようにして触ります。誰でも顔の左右の違いがあります。全

体が大きい場合と部分的に一か所だけ大きい場合があります。
人の顔は左右対称ではありませんから、必ず、左右の違いがあります。これを覚えておいてから小顔矯正に入ります。
小顔矯正に入るので、ベットに上向きで寝てもらいます。寝てからも、もう一度、顔を触って幅などを覚えます。

院長が顔を触り始めます。

マッサージするように触りますから安心ですから、リラックスして下さい。
院長が触ってから2分くらいしたら、もう一度、院長が触った顔を触ってみてください。たった2分くらいですけど、もう顔が小さくなっています。
触った瞬間に顔の小さくなった変化がわかる方もいます。それからさらに小顔矯正を進めていきますので、もうしばらく、お待ちください。
20分くらいの小顔矯正ですが、ただ、時間を長くすればいいというものではなく、20分くらいの時間が最適な時間なんです。
20分の時間ですが濃密な20分ですから、顔が小さくなってアゴのラインをスッキリしています。

小顔矯正のさわりかた

初回の小顔矯正では

しかし、初回の小顔矯正では持続力がありません。戻りがあります。戻りがあるのは理由があって、戻りがあります。
しばらくの小顔矯正をしていく必要があります。それは顔だけではなく体調や体の方も整えることをしないと戻りやすく、いくら小顔矯正で顔を小さくしても、ただ、顔が小さくなっただけで健康的とは言えないし、綺麗に見えません。
つまり、良い小顔矯正ではありません。(最高の小顔矯正なんですが)

人の体は、顔を小さくすれば良いのかというとそうではありません。
本当の小顔矯正の意味があります。
手で顔を揉んだりしているだけで小顔になっていく小顔矯正です。他の整体やカイロプラクティック院の小顔矯正で効果がなかったり、戻りが大きかったりした方が、当院の小顔矯正の施術で顔が小さくなっていっています。
当院の小顔矯正には、2通りの小顔矯正があります。一つは、体調を上げてする小顔矯正、そしてもう一つは体質改善による小顔矯正です。

どなた様も初回から数回は体調を上げる小顔矯正をして顔を小さくしていきます。と言うのは、体調が上がらないと、体質改善の小顔矯正はできないからです。
ですから初回から体質改善の小顔矯正はできません。と言うのは理由があります。体質改善の施術は当院の施術の中でも強いからです。強い施術をするためには、準備が必要ですから体調が良くならないと小顔になる変化に体力がついていかないとダルクなるからです。
できるだけ、小顔矯正後にダルクなることを避けたいのですが、初回から、体のすべてがわかるものではありません。

特に、眠りが浅くい方ほど体調や体力を落としています。ご本人にも気がつかないくらい場合が多くあります。
いくら小顔矯正で小顔にしても、体調が悪いと効果と戻りやすくなります。特に顔の浮腫みが解消しにくくなります。
小顔にしていくにも体調と体力が必要です。体調や体力が落ちている方ほど変化は少なくなります。

体調と体力

小顔矯正で顔が小さくなることを希望する方が多く来院していますが、ほとんどの方が、体調が悪くなっています。今まで多くの方を小顔矯正していますが、体調が良い方は今まで一人としていません。
体調が悪いどころか、悪すぎる方は多くいました。こんな状態では顔の浮腫みが起きているのは当たり前と言う方も多くいらしゃいました。
普通は、体調から上げていくようにしていくと効果と持ちが違いますが、初回はできるだけ小顔効果を出すために顔を特に触って小顔にしていきます。
しかし、2回目からは顔だけではなく、体の方も体調や歪みも解消していく事をしています。体調が悪いと疲れやストレスが多く蓄積しています。痛みやコリがなくても疲れやストレスは誰でもあります。
疲れやストレスを感じていない方も最近、多くなりました。疲れやストレスを感じていない方ほど、いくら変えても、自分の手で変化を感じることができません。
手でわからないから、鏡で見る方もいました。これがすごく重要な意味を持つと言う事もあります。

疲れやストレス

人気の顔が小さくなる矯正

当院の小顔矯正は、効果抜群で人気です。口コミでも人気の小顔矯正です。と言うのも、初回から小顔になれるからです。
当院の小顔になれる小顔矯正は、顔を小さく見せる小顔矯正ではありません。 実際に顔を小さくしていく小顔矯正をしています。
当院の小顔になれる小顔矯正は、顔を触って小顔にするやり方と、体から施術して小顔になるやり方があります。
なにも、小顔矯正だからと言って、顔だけとは限りません。 顔を小さくするためには、顔だけではなく、体も関係する場合が多くあります。 顔を触って小顔矯正をしても、体の方が悪いと、小顔が維持できません。すぐに戻ってしまいます。

小顔の戻りが大きいのが、

顔だけの小顔矯正をした場合です。 当院では、小顔矯正の希望の方は、顔だけで施術する場合と、体から小顔矯正をする場合があります。顔が小さくなっても、体に浮腫みが多いと、小顔が目立ちません。
小顔になっても、
全体的な体調から施術していく事をしないと効果が半減したり、戻りが大きくなるのが普通です。 最近来られた、小顔矯正を希望の方は、多くの方が、体調が悪い方が多くいます。その体調が悪い事を自分で感じていない方も多いようです。

疲れやストレスがたまると顔が大きくなる
2019年01月29日

顔が小さくなる小顔矯正

こんなに体調が悪いのに、小顔矯正だけ??と言う場合も多くあります。 小顔矯正の顔だけではなく、体全体から小顔矯正をしていく事も考えて欲しい所ですが。 当院では、小顔矯正だけ。と言う方もいますので、ご希望に従い顔だけの小顔矯正もします。できたら、しばらく通って体全体から小顔矯正をすることを当院では望みます。

小顔矯正

当院の

当院の小顔矯正は、初めら(初回から)顔の形が変わっていきます。 初回から小顔になれますが、開けないで数回は受けて下さい。その理由は、もっと変わるからです。 小顔矯正をしていく回数券がありますので、有効期限は1年間です。できたら集中して小顔矯正を受けて下さい。 体も細く締まっていきます。 体重よりも、見た目が細くなります。
当院の小顔矯正をする前に①顔の形と大きさを触っておぼえてもらいます。②輪郭の大きさ

③頬骨の出っ張り度合い④エラの張り度合⑤頭の大きさ
小顔矯正の触る方小顔矯正の触り方です
小顔矯正の触り方は、
両手で顔を挟むように触ります。 手の付け根の所を合われると、位置が決まります。あとは

手のひらで顔をしっかり、あいだを開けないようにして幅をおぼえて下さい。

当院で測るよりも

当院で計測するよりも、自分の手で触った方が、嬉しさが倍になります。だから、自分で手で触ることは、簡単ではありませんが。 自分の手でしっかり、触りましょう。この作業を、いい加減にしないで、しっかり触ると本当に小顔矯正をした後、ほとんどの方が良い笑顔をしています。

当院では計測器や、メジャーで測ることはしていません。
と言うのは、自分の手で測る事が一番いいと考えるからです。他人がメジャーなどで測ると位置が違ったり、キツクしたりします。だから、自分の手で測るように触って下さい。しっかりと!!!

小顔矯正の触り方

変わり方も大きく変わる方もいれば、少しの方もいます。 違いは、ありますが、小顔矯正の施術をしてみないと、変化の度合いはわかりません。 当院の小顔矯正は、無理な押さえつけはしておりません。 顔をマッサージしているようで、変わる小顔矯正です。ボキボキもしません。 痛くもありません。

小顔矯正とは

体質改善で小顔矯正をすると当院の特徴の一つに体質改善という施術法があります。 体質改善の施術は、アンチエイジングの施術です。アンチエイジングとは、体の中から、若返っていく施術でもありますので。この施術法で、小顔矯正をすると持続力と更なる効果があります。 体質改善、アンチエイジング(若返り)の施術で小顔矯正をすると体の中から改善することができる

小顔矯正です。

体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術は初回からはできません。 体質改善 アンチエイジング(若返り)を受けて頂く体力が必要です。 体力が上がっていないと、体質改善、アンチエイジング(若返り)の小顔矯正は反応しません。 体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術を進める反応がないと、体質改善で小顔矯正をすることはできません。
顔が小さくなるのは
当院でしている小顔矯正は簡単にしていますが、高等テクニックです。誰でも教えればできる小顔矯正ではありません。 院長だけができる小顔になれる小顔矯正です。だから、初回から顔の形が変わります。 初回から変わるので、、小顔矯正を始める前に、今の顔の大きさ、輪郭、エラの張り、頬骨の出っ張りなどをおぼえておきましょう。

顔が小さくなる矯正は

顔が小さくなることにかけては当院は地域で一番だと思います。と言うのは、当院は初回から顔が小さくなる小顔矯正をしているからです。しかも、他人がメジャーなどで測るのではなく、自分の手で触って大きさを判断できるからです。自分も手で触って顔が小さくなることを実感できる小顔矯正です。
顔が小さくなる
顔が小さくなる為には、体調と体質の小顔矯正をしていきます。体調の小顔矯正では、初回から顔が小さくなりますが、少し戻りがあります。しかし、体質改善の小顔矯正は戻りが一番小さく維持効果があります。なぜ、維持できないのか理由があります。それが体調の低下と体質です。 体調が低下すると顔の浮腫みなども起こります。浮腫みではなくても顔が大きくなります。これが体調の低下で起きる顔の問題です。しかし、体質改善と言うのはアンチエイジング(若返り)と言う別名があります。体や顔を若返りさせることで維持しやすくなるわけです。

小顔矯正と疲れやストレス
2019年01月29日

歪みやズレが起きると

当院の院長は、いつも研究して技術力の向上をはかっています。当院には色々な難しい症状の方も多く来院しています。低周波などの電気などでは改善しない症状も多くあります。このため、ただ低周波などの電気を当てたりするだけでは、難しい症状は改善しません。やはり人の手のパワーが一番なので人の手で体を色々な症状から整えていくようにしています。

当院の院長は30年以上の経験と臨床実績があります。

そして技術力もありますから、ボキボキしないでも電気で痛みやこりを散らす(治すのではなく)必要もなく、原因に合わせて治療をしていきます。30年間以上も整体やカイロプラクティックの治療に携わっていると気持ちがいいマッサージ感覚でも背骨の矯正や骨盤の矯正、内蔵の改善ができるようになりました。

毎日毎日難しい症状の方がこられますので、色々な症状に対応できるようにテクニックを磨くことを努力しています。2回や3回で楽に症状もあれば、数回から数十回かけて回復させないと症状の緩和が見られない方も今する。痛みやコリがなくなったからと言って症状が良くなったわけではありません。痛みやコリがなくなってもまだまだ歪みは残っています。

歪みというのは一回では改善しません。痛みやコリなどの症状は1回目から楽になる方もいます。しかし最近多くの方が体調の悪さが限界を超えている方が多くいます。限界を超えている方が一回で歪みがとれるわけではありません。

体に起きる歪みというのは歪みと言うのは皆さんが思っているほど簡単なものなどありません。当院のカイロプラクティックは歪みを矯正することで楽にする方法をしています。歪みというのは多少なりとも誰でもあるものなので特別のものではありません。

歪みにはゆがみの原因があって歪んでいますので原因がなくてゆがみを起こすことはありません。多くの調子の悪さを起こすのはゆがみから起きていますが、ゆがみにもしっかりとした原因があって起きています。当院の整体やカイロプラクティックの治療で扱うものは、歪みから起きている色々な症状です。

また、病気も歪みから起きています。

何かの病気を起こしている方も必ず関係するところの背骨が歪みを起こしています。例えば肝臓の病気を持っている方でしたが背骨の8番目の骨が曲がっているから肝臓の病気になっていきました。もし背骨の8番目が曲がっていなければ肝臓の病気をおこしません。人は生まれながらに背骨に歪みを持って生まれています。しかしまだ子供の時や赤ちゃんの時は小さいのでわかりにくいだけです。この生れつきある歪みが、その人の先将来の病気を暗示しています。この背骨の歪みと遺伝子は関係があります。

生まれつきある背骨の歪みは、弱い内臓の部分です。弱い内臓が疲れやストレスをためやすく、たまると歪みを拡大します。この歪みの拡大が時々痛みやこりを起してきます。このゆがみの拡大というのは一時的なもので弱い部分が時々痛みやコリを起こしながら生まれつき悪い部分が進行して悪くなっていきます。

この最終的に悪くなった部分が病気として完成してしまうわけです。その時になったらやっと病院に行って検査をすると陽性反応が出て病気という診断が下ります。しかし陽性反応が出るまでしばらくは痛みやコリに悩まされるわけです。

痛みやコリは歪みから起きています。歪みを整体とカイロプラクティックのテクニックで矯正して整えていく事をしています。当院の整体とカイロプラクティックは痛くないボキボキしないで改善することをしています。整体と言うのは日本古来の背骨・骨盤矯正法のことで、カイロプラクティックと言うのはアメリカで生まれた背骨・骨盤矯正法です。同じ背骨・骨盤矯正法なので当院ではカイロプラクティック徳力整体院と言います。電器や機械は使わないで「手のみ」で改善することをしています。

〇 痛みやコリの施術

●腰痛、腰の痛み、腰が重い、肩こり、肩がダルイ、頭痛、片頭痛、頭がボーっとする、貧血、便秘、下痢、疲れやすい、ダルイ、生理痛、生理不順、セキがでやすい、息苦しい、手のしびれ、手の痛み、手首の痛み、肘の痛み、首の痛み、首のコリ、寝違え、背中の痛み、背中の張り、背中の攣り、めまい、耳鳴り、ふらつき、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のしびれ、足の痛み、膝の痛み、関節痛、冷え、低体温症、足がツル、足のこむら返り、外反母趾、などなど適応症状は、まだ、この他にも色々あります。 無料相談受付中です基本はストレスです。体に多くのストレスがたまっていくと歪みになります。この歪みが痛みやコリの原因になります。ストレスと言うのは誰でもどこでもあるもので年齢や性別に関係なくあります。生まれたすぐの子供もストレスがあります。このストレスが多くたまると歪みになっていきます。

歪みになると痛みやコリになります。このストレスが多くたまった状態の事を体調が悪い状態と言います。すなどの症状が起きやすいようです。眠りの問題の施術法は脳が疲れやストレスをためてしまうと、脳に老廃物が多く滞留してしまいます。脳の循環も悪く新しい血液が入りにくい状態になっています。

老廃物が多くたまって、新しい血液が入りにくい状態です。まず、この状態から変えていく必要があります。 脳に疲れやストレスがたまっているときには、体も同じことが起きています。 眠りが浅い方は体調も、すごく悪く体調を落としています。

ですから、数回に分けて体調を上げる施術もしていきます。 薬などに頼るのではなく、自分の力で眠れるようにしていく事が基本的な考えですが、短期ではいきません。精神的なストレスイライラしやすい うつぽっくなる、パニック障害、不安感、引きこもり、不登校この症状が起きている方は、睡眠もできていませんので、眠りの部分も参考にしてください。

脳が疲れやストレスをためると脳に多くの疲れやストレスがたまると、脳は変な状態になります。体にも疲れやストレスがたまるように、脳にも疲れやストレスはたまります。

脳も、内臓の一部なので、当然、疲れやストレスをためていきます。 脳に疲れやストレスがたまると頭を触るとわかりますが、ブヨブヨしていたり、頭が固くなって張っています。 頭皮が余るような感じがブヨブヨですが、頭皮の問題ではなく、これは、脳から起きています。 最近多くの方が、頭が固くなってパンパンに張っています。

こんな状態では当然として精神面をやられてしまいます。アトピー アレルギー、ぜんそくの方は、まず体調の安定です。体調が落ちてしまうと、免疫力も落ちているので、アレルギーがひどくでる場合が多いようです。しかし、基本的には、免疫の問題と、ホルモン系の問題です。

免疫の問題の内臓とホルモン系の内臓を強くすることです。アトピー アレルギー、ぜんそくは、体質から起きています。ですから体質に関係するものを変える必要があります。美容整体(小顔矯正と骨盤矯正とウエストがクビレてくる)当院では人気の施術で美容整体と言う施術があります。

●小顔矯正、骨盤矯正、頬骨を減らす矯正、エラの張りを減らす矯正、

●骨盤矯正、ウエストがクビレてくる矯正

●浮腫みを減らすことをしています。

美容整体は当院の美容整体である、小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、エラの張りを減らす施術、頬骨の張りを減らす施術は人気の施術です。マッサージ感覚で変えていきますので、受けた方が簡単にしているのに、なんで変わるのか、不思議がられています。

揉んだり、マッサージしているだけで、小顔になるし、骨盤の幅も小さくなる、ウエストが細くなる、エラの張りがなくなる、頬骨の出っ張りが減ると口コミで人気なんです。 美容整体をお受けになる方は、必ず、顔の大きさ、輪郭の形、頬骨の大きさ、エラの張り、頭の大きさを手で触っておぼえて下さい。 当院の美容整体は、ご自分の手で触って変化がわかるのが基本ですから。

体質改善アンチエイジング(若返り)の施術●根本的な痛みやコリの原因は、体質にあります。 体調が良くなって来たら、体質改善の施術に進めます。体質改善の施術は体質改善の施術には、体力が必要です。

体質は、痛みやコリと関係して起こります。 痛みやコリと体質は密接に関係しています。 痛みやコリは、先将来の問題に関係しています。そうなる前に、ならないようにしていくのが、体質改善の施術です。 待っているだけでなく、遅らせるように早いうちから変えていくのが、体質改善の施術です。初回からは体質改善の施術はできません。 体調が悪いとき、体調が落ちているときには、進めません。

体質改善アンチエイジング(若返り)のページへ当院はボキボキしません。痛くない怖くないカイロプラクティックです。そして、電機や機械を使って施術することはありません。マッサージではありませんが、マッサージ感覚で、体を整えて楽にしていきます。カイロプラクティックの施術は、一般的には、ボキボキしたりする施術と思う方がいますが、実は、ボキボキしても、本当の骨の歪みやズレは無くなっていません。

ついボキボキ音を聞くと、骨が動いたような意味でとらえますが違います。 本当のズレの前の段階のものを減らしているのがボキボキ療法です。 詳しくは当院のカイロプラクティックの項目で説明していますが、ボキボキしても、指の関節をボキボキすることと同じです。 指の関節をボキボキして、矯正と言いますか?? 言いませんよね!!

これと同じことをしているのがボキボキ療法です。ボキボキの音の意味はも説明しています。ボキボキ音は、椎間板にたまった疲れやストレスが気泡となって起きている音です。歪みやズレは

人は生まれながら、背骨の歪み・ズレを持って生まれてきます。これが、・遺伝的・家系的な歪みやズレになります。 背骨が真っすぐな方は、遺伝子が関係していないので、ロボットです。ロボットでも設計図がありますが。例えば、親が肝臓が弱ければ、子供も弱い状態です。

親が腎臓が弱くて、腰痛やギックリ腰を起こしていたら、子供も、ゆくゆくは腰痛持ちになります。誰でも、生まれつき背骨のズレがあります。 背骨が真っ直ぐでズレがない方はいません。 生まれつきの歪みやズレの場合は、痛みやコリなどは感じません。

しかし、疲れやストレスがたまっていくと、元から歪みがある所ほど、弱いために気泡がたまりやすくなります。この気泡が歪みやズレを大きくしてしまいます。 大きくしたものが、痛みやコリなどの症状になります。色々な症状のページへ

当院は北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市、田川市、飯塚市、直方市、広島県などから多くの方が来院しています。予約は○ 当院は予約制です。予約は朝8時から受け付けています。お電話で、ご希望の日にち時間を言って下さい。  予約が開いていれば予約できます。 希望の時間が取れない時には、一番近い時間を言います。 

ご予約の際には、必ず、『ホームページを見ました。』 又は 『初回です。』 『初めてです。』と言って下さい。休診日のお知らせ○ 日曜祝日 年末年始はお休みになります。 詳しくはお問合せください。

○ 色々な症状をどこに行っても、改善しない症状も、ご相談してみてください。 当院では特殊な施術をしています。 普通の整体・カイロプラクティックとも違いますので、改善しない痛みやコリなどの症状も適応しています。整体とカイロプラクティックというのは歪みを矯正することで体を整えていって痛みやコリを楽にする方法が整体とカイロプラクティックです。カイロプラクティックと言うのは手の技術で体を整えていくのは整体とカイロプラクティックです。

整体と言うのは日本の日本古来の背骨や骨盤、関節などを矯正する方法が整体です。整体に対してカイロプラクティックと言うのはアメリカの治療法で同じく背骨や骨盤関節などを治療していくのがカイロプラクティックです。

2019年01月23日

整体とは

整体とカイロプラクティックで歪み矯正
色々な痛みやコリなどの症状は、すべて歪みやズレから起きています。腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、頭痛、片頭痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、背中の痛み、背中のハリ、背中が重い、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛はすべて歪みやズレが原因です。
当院では色々な痛みやコリを楽にすることから始めて、楽になったら原因を見つけて直すことをしています。

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み、

痛みやコリを楽にすることと、直すことは違います。

楽にする治療法は色々ありますが・・・・
例えば
●湿布を貼ったりして楽になるものであれば楽になりますが湿布を貼って楽になるものは炎症から起きている痛みだけです、痛みを改善することができるから鎮痛効果と言いますから、つまり痛みを鎮めると言うことです。

●最近では腰痛に効くサプリメントや肩こりに効くサプリメントがドラックストアで売られています。何かのエキスやビタミンが主な成分ですが、それでも楽になるものもあればならないものもあります。

●病院でする注射を打っても痛み止めですから痛み止めやブロック注射を打っても、治している訳ではなく痛み止めです。頭痛薬や生理痛を押さえる薬も痛み止めです。痛み止めは、その時だけの痛み止めです。一時おさえです。

●痛みやコリも内臓の病気で起きていることもありますから、その時は病院で検査して尿検査、血液検査、レントゲン、MRI検査などをして発見できることもありますが、病気として完成するか、完成まじかのものしか、わかりません。多くの痛みやコリは病気ではない状態で起きています。

●マッサージは筋肉に対してほぐしていきますから、筋肉のコリが主です。筋肉も使いすぎたりすると疲労しますから筋肉疲労が起きた時には有効ですが、普通の生活していると筋肉のコリは起きるのか??と言う疑問があります。

●主に整体院、カイロプラクティック院、整骨院などでしている低周波治療器は低周波の電流をプラス端子からマイナス端子へ流して筋肉を動かしていきます。筋肉へ電気を流すことで動かしてリンパの流れ、循環が良くなる、老廃物が流れるからしていますが、これは一時的です。それは電気を流すことで筋肉疲労が起きるからです。人の体の筋肉は人工的に作った電気に対しては、あまり良いものとは思いません。強制的に運動させられているようなものですから。運動した後にはプールと同じで疲労ばかり残ってダルクなります。これが一部の筋肉に対してしています。

低周波治療器や電器

●他の整体院やカイロプラクティック院では低周波治療器や電器をしたり体をほぐしたりマッサージのようなことをして骨盤や背骨の矯正をしています。しかし骨盤や背骨がどうして歪みやズレを起こすのか??????と言うことまで考えていません。
検査することを重要視

体には毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが生み出されていきます。
日常的に体を動かすこと自体が疲れやストレスを生み出す原因ですが、何もしなくても疲れやストレスは生み出されていきます。
当院の普通ではない整体とカイロプラクティックの技術による治療は検査することを重要視しています。

検査することを30年も訓練と実践と努力していると、色々なものがわかってきます。
しかし、この検査することは誰でもできるものではありません。検査することが難しいからできないから低周波治療器や電器をしている場合が多く低周波治療器は痛みやコリを散らしているだけです。
検査する事ができなし、わからないから、治療もうまくない方が低周波治療器をします。

当院のレベルの治検査、は病院の先生も分かりませんし、マッサージの先生も、整骨院の先生も、整体院の先生もカイロプラクティック院の先生もできません。
検査する事ができないと直すこともできません。そして確認もできません。
当院では検査することで歪みやズレだけではなく色々なものを見つけることができます。
当院では30年の経験がある院長が痛みやコリ、色々な症状の改善を楽にすることから始めて、楽になったら原因をみつけることをしています。

その為、

●原因を見つける為には、目の前にあるものから改善していきますから、目の前にあるものとは、筋肉の緊張やコリを解消すること、コリから起きたリンパの流れを改善して老廃物を流すこと、循環が悪いことから起きる血行不足を解消すること、内臓の働きの低下から起きるものを解消すること、眠りが浅く睡眠負債があったり、眠りの問題から脳疲労が起きているものを解消したり、骨盤の歪みがあれば歪みを解消して整えたり、背骨のズレがあれば解消したり、背骨の椎間板ヘルニアがあれば改善したりすることから始めて行きますが、これらを減らしていくことをすると楽になっていきます。
この治療のことを『体調を上げる』治療と言います。

多くの場合、体調を上げる治療をしていくと楽になります。
しかし他では、体調を上げる治療と言うのはありません。
と言うのは当院の院長は検査することと体調の研究をよくしているから、わかっていますが、これも検査ができるからです。検査できない治療院では研究もできません。
体調を上げる事とは

サプリメント、医薬部外品

サプリメントを飲んでも体調は上がりません。
薬を飲んでも体調は上がりません。
点滴をしても体調は上がりません。
マッサージしても体調は良くなりません。楽になるかも知れませんが。

低周波治療器や電器をしても刺激ですから体調を上げることとは無縁です。楽になるかも知れませんが。
ボキボキしても体調は良くなりません、楽になるかも知れませんが。
先ほど説明したように体調を上げる治療と言うのは大変難しく、簡単ではありませんが、当院では体調を上げる治療を基本的にしています。
体調を上げることをすると痛みやコリも楽になりますが、顔が小さくなったり、小尻になることができたり、ウエストが細くなってクビレができたりします。
そして頭が小さくなります。

頭が小さくなるのは正常にしていくと、又、体を元気にしていくと頭が小さくなります。
脳にも血流が悪くなっていたり、老廃物が多く蓄積していると脳疲労が起きていきます。この脳疲労が頭を大きくしてしまいます。頭には常に新しい血液が入って脳せき髄液を生産しています。脳せき髄液は脳の中で作られていますが脳疲労が起きると生産することができなくなって脳性髄液の生産量が減ってしまいます。脳は脳せき髄液の中の浮かんで守る役目を持っています。
脳せき髄液も新しい液が作られないと汚れてしまいます。
脳疲労が起きると脳細胞の減少が急速に進行します。

最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債と言うのは眠りが出来ていません。単純に寝ているのではなく脳から寝る眠りのことです。
多くの方が夜に寝たら、朝まで目が覚めない、起きないから寝ていると思っていますが、寝ている時に一番ダメな睡眠をしています。
この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠といいます。夢を見る睡眠よりも良くない睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は起きた瞬間に忘れてしまいます。だから寝ていると思っています。
寝ながら考え事をしている睡眠は睡眠負債の中でも一番良くない、強い睡眠です。
睡眠負債は脳梗塞、心筋梗塞、認知障害になりやすくなります。年齢に関係なく進行途中の方ほど、骨盤の歪みや背骨のズレがひどいのに!! 体調が良い訳がない!と言う事です。
自分の体調がわからなくて『体調が良いと思って小顔矯正にきました』という方もいましたから。

多くの場合、いくら説明しても分かってくれませんから、状態を説明しても理解してくれませんから1回で来なくなりますが、本当は大変なことが起きているのに!!
始めから説明できることは限られています。時間もありませんから。
眠りが浅いと脳疲労になって脳細胞の減りが早くなります。

痛みやコリの検査

当院では痛みやコリがある方が来院すると体調の検査をしていきます。総合的な体調の検査をしないと回復する力があるのか、無いのかわかりませんし、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが、どこに起きているのか判断できません。

検査する技術も努力して向上するようにしています。正確性を期する為です。30年間も努力しても、まだまだ発展途中ですが、色々な方が来院しても正確な検査が違うことなく判断することをしています。

検査することでわかるものは色々あります。

体調の検査、状態の検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査、眠りの深さ、眠れているのかと言う検査v、脳疲労の検査、関節の方さの検査などです。

●肩こりの方の検査は、体調の検査、筋肉のコリの検査、首の骨のズレの検査、背骨のズレの検査、炎症やハレの検査、脳疲労の検査、脊髄の検査、内臓の検査があります。初めから全部の検査はできませんから、一部の検査だけをしていきます。

●腰痛の方でしたら、全体の体調の検査、骨盤の歪みの検査、背骨の腰椎のズレの検査、炎症やハレの検査、筋肉やじん帯の検査、内臓の検査、腹膜の検査、内臓下垂の検査、脳疲労の検査、睡眠負債の検査、眠れているのかと言う検査などがありますが、初めから全ての検査をするわけでありません。

●生理痛の方でしたら、体調の検査、骨盤の歪みの検査(生理に関係する内臓は骨盤の中にあります)、背骨の3番目と5番目のズレの検査(生理痛に関係する背骨の位置なので)、ホルモン系の検査、子宮や卵巣の検査、脳疲労の検査、睡眠負債の検査、眠れているのかと言う検査などです。初めから全ての検査をするわけでありません。

●頭痛の方でしたら、やはり体調の検査、首の骨の検査、首の筋肉のコリ・ハリの検査、脳の炎症の検査、脳のハレの検査、内臓の疲労検査、脳疲労の検査、眠れているのかと言う検査が主になります。初めから全ての検査をするわけでありません。

●膝の痛みの方でしたら、体調の検査、膝の炎症の検査、膝のハレの検査、筋肉・じん帯の検査、軟骨の検査、関節の検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、脳疲労の検査、眠れているのかと言う検査などです。初めから全ての検査をするわけでありません。
検査で判断して改善する治療をしていきます。

当院の整体とカイロプラクティックの技術は常に向上していますので、色々な難解な痛みやこりを改善するようにしています。
その為には、今ある症状から楽にして、楽になったら普通は終わりですが、当院ではここから先の治療ができます。

先の治療で体を中ら変える事をしないと原因は残ったままだからです。楽にすることと直すことは違います。
当院は人気のあるボキボキしない痛くない整体とカイロプラクティックの施術をしています。

整体とカイロプラクティックの施術で腰痛、肩こり、頭痛、偏頭痛、生理痛、生理不順、便秘、下痢、首の痛み、首のこり、膝の痛み、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの施術をしています。
美容整体では、小顔矯正、骨盤矯正、アゴのラインをスッキリさせる矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットが評判の良い施術になります。
当院の整体とカイロプラクティックの施術はボキボキしませんし痛くない施術をしています。
低周波治療器や電器などは使いません。手のみで変えていく施術です。
痛みやこり、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みなどは内臓の疲労から起きています。これは専門家の先生でさえ知りませんし治療も検査もできません。
当院だけができるレベルのものです。

初回の方は左のラインの体調のラインが反応しています。右のラインは数回の治療をした後に反応する体質のラインです。
痛みやこりはどこにいく??
痛みやこりは病気で起きている場合と病気以外で起きているものの2通りがあります。

①病気で起きている痛みは、もちろん病院に行きます。病院に行って検査してみて異常が見つかれば病気ですから病名がついて病院の治療が始まります。
もし、病院で検査してみて異常がなければ病気ではありませんので、何らかの施術をしていくようになります。

多くのところでは低周波治療器や電器をしていますが、低周波治療器や電器と言うのは、痛みやこりを治すものではなく、痛みやこりを散らしているだけです。ちらしてわからなくすることが一番、簡単です。専門家がいなくてもパートの方でできます。
痛みやこりには起きた原因があります。低周波治療器や電器をすると原因は関係ありません。
原因はいつまでも同じではなく進行していきます。痛みやこりがない時も奥底で進行していきます。この進行したものが、先将来の問題につながります。

痛みやコリが起きたときにどこに行こうか迷うこともあると思います。痛みやこりも内臓の病気が関係して起きていることも多くあるからです。
まずは病院に行って色々な検査をすることも大切ですが、多くの症状は病気ではなく内臓に疲れやストレスがたまることが原因で痛みやコリになっています。

内臓の病気ということを疑ってみることも重要ですが内臓にたまった疲れやストレスを改善していくと色々な症状が楽になっていきます。
病院では病気になったら治療が始まるところです。病気になったかならないかということを

血液検査や尿検査、レントゲンやエコー検査、MRI検査などで検査して陽性反応が出たら病気になっているということです。
しかしいろいろな検査をしても痛みやコリが病気に関係している場合は100人中10人くらいです。多くの痛みやコリは内部にたまった疲れやストレスが原因で歪みが起きて痛みやコリになっています。

疲れやストレス

症状と病気の関係
しかし悪い状態が長いと早く急速に病気に近づいて行きます。これが色々な症状と病気の関係です。

2019年01月23日

歪みやズレとは

基本は、体調です。

体調とは、体の調子ですが、体調がすぐれない・落ちている・体調が悪いと言う事です。 体調が落ちている、体調が悪い、疲れがたまっている、疲れが抜けないは同じ意味です。 必ず、体調の問題が起きる時には、疲れやストレスが多く蓄積しています。 何かの痛みやコリが起きる時には、疲れやストレスの蓄積が多くなってきています。また、体調が良いのに、痛みやコリなどが起きる事は、絶対ありません。

痛みやコリの施術法は、

体調を上げる施術をしていきます。電器や機械では、体調を上げることはできません。サプリメントでは、栄養も必要ですが、栄養だけでは体調は上がりません。 体が回復して元気になるときには、どこから回復していくか、、知っていますか??

それは、体の中から回復していきます。 体の中と言うと抽象的ですが、もっとわかりやすく言うと。 内臓からです。 内臓と言っても病気ではありません。
内臓に多くの疲れやストレスが、たまっていきます。ほとんどの疲れやストレスは筋肉ではなく、内臓に蓄積していきます。 良く言うのが、暴飲暴食で『胃が疲れた』 とか、言いますよね。アルコールを飲み過ぎれば、テレビで宣伝しているように『肝臓が疲れる』とか。

ほとんどの場合、食事に関係なく疲れやストレスは、内臓にたまります。 体を疲れやストレスから解放する時には、筋肉と内臓から解放する施術をマッサージ感覚でしています。
だけど、マッサージではありません。

① 体を検査して、どれくらい疲れやストレスがたまって歪みやズレが起きているか、確認します。② すべてがわかる訳ではありませんが、ある程度の体調が判断できます。③ この体調を上げる事で、内臓にたまった疲れやストレスを減らすことができます。④ 体調が上がってくれば、歪みやズレは減って楽になっていきます。⑤ 体調は上がりやすい方もいれば、回数がかかる場合もあります。

眠れない、夢ばかり見る、寝ながら考え事をしている
体に疲れやストレスがたまって、脳まで蓄積していると、脳は興奮状態になります。興奮状態になると、脳は緊張してしまいます。 脳の興奮状態が、眠りに関係していきます。 眠りが浅くなったり、夢ばかり見るようになったり、寝た気がしない、夜中に目をさま

2019年01月23日

痛みやコリには

当院では

当院では歪みから起きる痛みやコリなどの症状に対応しています。
歪みから起きる症状は色々ありますが、腰痛、腰の痛み、腰が重い、肩こり、肩がダルイ、頭痛、片頭痛、頭がボーっとする、貧血、便秘、下痢、疲れやすい、ダルイ、生理痛、生理不順、セキがでやすい、息苦しい、手のしびれ、手の痛み、手首の痛み、肘の痛み、首の痛み、首のコリ、寝違え、背中の痛み、背中の張り、背中の攣り、めまい、耳鳴り、ふらつき、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のしびれ、足の痛み、膝の痛み、関節痛、冷え、低体温症、足がツル、足のこむら返り、外反母趾、などなど適応症状は、まだ、この他にも色々あります。

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み

美容整体では、

小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、頬骨矯正、ウエストがクビレてくる矯正、体重よりも見た目から体を細くする矯正をしています。
美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、エラの張りを減らす矯正、頬骨矯正、ウエストを細くする方も同じで予約の時に『相談から』と言えば相談して決めて下さい。
本当にある背骨の歪みは、こんなことではなくなりませんから、特別なことが必要になります。

小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット

当院の施術をお勧めする理由

当院の施術をお勧めするには理由があります。理由を説明する前に施術には色々な方法がありますので初めての方のもわかりやすいように説明します。
保険が効き病院、整骨院さん、マッサージさん、鍼灸さんに対して、保険が効かない整体院やカイロプラクティックいんがあります。保険が効くところには良い分野もあって、保険が適用されない整体院、カイロプラクティック院にも違う良い所があります。

●外科などの病院では、レントゲンが撮れて骨折や外傷が主な施術になります。あとは注射、抗生物質などの薬と痛み止め、湿布、低周波などの電器、ローラーベットなどの機械で対症療法をしています。

●整骨院さんにはレントゲンは撮れませんので施術項目が法律で決まっています。一つは骨折、打撲、打ち身、捻挫が主な4項目です。それ以外では体を揉むこと、低周波に代表させる電器、ローラーベット、ホットパック、などの対症療法です。

●マッサージさんは癒しになります。時には体を癒すことも必要なので。特に筋肉に対してマッサージする施術をしていきます。

●鍼灸さんも良い施術をしています。針施術やお灸の施術になります。

●他院の整体院やカイロプラクティック院では、ボキボキしたリ、揉んだり、対症療法の電器を使う事をしています。しかし、整体やカイロプラクティック院で行う背骨矯正は、表面上だけの問題をしています。当院と違って、他の整体院やカイロプラクティック院では、多くは、ボキボキしたリ、矯正台の一部をドロップ(上げて)して、ドスンと落としてボキボキしないでも優しい施術と言う事をしています。これらは、本当の骨の矯正ではなく、椎間板に蓄積した気泡を減らしているだけです。詳しくはカイロプラクティックのページの下の方を参考にしてください。

この体の歪み、骨格の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉やじん帯のバランスが崩れた時に痛みやコリになります。この歪みを整えていく為にボキボキしたりする方法で施術していきます。

歪みやズレになる

そうすることで体の歪みが解消させて体の歪み、骨格の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉やじん帯のバランスが整えていく施術になります。整体院やカイロプラクティック院で手技の技術力が違うのが実情です。そのため、物量の電器などに頼ってしまっていることが多くなっています。電器さえしとけば、ごまかせれると言う事ですかね??(個人の見解です)
しかし

●当院では

対症療法と違って根本療法をしています。ですから電器や機械は使いません。以前色々使っていた当院が言いますから、どうして使う事がなくなったか、理由があります。
電器や機械は、痛みやコリを散らしているだけだからです。
当院では痛みやコリを散らして、わからなくするのではなく、根本から原因を解消していく事をしています。ですから電器や機械は使いません。
痛みやコリの原因になるのは歪みです。
歪みにも体の歪み、骨格の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉やじん帯のバランスがあります。

手で施術する場合は、ごまかしは効きません。

しかし、色々な症状は回復していくには時間がかかる場合も多くあります。そのため数回がかかることもあります。痛みやコリもケガみたいに回復していく段階もあります。

当院では常に技術力が一定ではなく向上するように研究しています。施術法は、またさらに一味違います。理由は歪みが起きる原因が、さらにわかっていることが理由です。この理由のために体の歪み、骨格の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉やじん帯のバランスが体の内側から崩されて痛みやコリになると言う事実があります。

一般的には歪みが起きる原因を問われると姿勢だとか、重いものを持つからだとか言いますが、本当にそうでしょうか。

もっと奥に

もっと奥底に体を歪ませる原因があります。この原因こそ最大なものですが、特別なものではありません。

それは内臓にたまった疲れやストレスです。内臓と言っても病気ではありませんよ。内臓に疲れやストレスがたまると体は歪みを起こしていきます。疲れやストレスは最終的に多くは内臓にたまっていきます。内臓にたまることで内臓は疲れて弱っていきます。この弱りが体のバランスを崩す原因であり、体の歪み、骨格の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉やじん帯のバランスになって痛みやコリになります。
当院では、すべての原因が内臓にあると言う事を理解して、その施術をして体の歪みを解消していきます。

当院の施術は20分くらいの施術です。

時間を長くすれば良いと言うものではありません。20分くらいの時間が体の回復には一番いい時間だからです。長い時間しても症状の回復は遅れます。体が疲れないちょうど良い時間で最大の効果を出すようにしています。 美容整体の小顔矯正、輪郭矯正、エラの張り矯正、頬骨の矯正、ウエストがクビレてくる矯正の方も20分くらいで変えていくのが一番良い時間で効果も出やすいのが実情です。また、早く効果を出そうと焦ると、体力がない方はダルクなったりします。

当院は、カイロプラクティックの施術で歪みやズレを矯正して体を整えていく施術法です。 色々な痛みやコリに、つながる歪みやズレは疲れやストレスから起きています。 疲れやストレスも多くなると、歪みが大きくなって椎間板ヘルニアにもなります。ヘルニアになったりすると神経を圧迫してシビレや痛みになります。

〇 小顔矯正、骨盤矯正、ウエストがクビレてくる矯正は即効性があります。

体に疲れ(ストレス)がたまると、

①筋肉にストレスがたまれば筋肉は乳酸が多くたまっていくし、老廃物も多くなってリンパの流れが悪くなります。血流や循環も悪くなります。これがコリになります。

②ストレスは背骨にもたまります。背骨にストレスがたまると、椎間板に気泡が出来ていきます。この気泡とはアワです。この気泡が骨のズレをさらに広げてズレを大きくしています。ズレが大きくなると神経の圧迫や筋肉の緊張がさらに起きます。

③ストレスは内臓にもたまっていきます。内臓と言っても病気ではありません。院長が思うには、内臓にたまるストレスが最大です。内臓に限らず脳も内臓の一部です。内臓にストレスがたまると中からも体が崩れていきます。
当院の施術項目

2019年01月23日

肩こりを解消する

肩こりを楽にしようと思うなら筋肉の凝りばかりほぐしてないでどうして筋肉のこりが起きたのかということを見つけ出すていかなければ本当の意味で筋肉のコリばかり解消することばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりというのは筋肉ばかりにどうしても注目してしまって筋肉をほぐすことばかりして楽にすることをしていますが逆にすることと直すということは意味からして全然違いますので楽にすることばかりしていると、いつのまにか筋肉も硬くなったり他の原因も進行したりということがあります。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりを感じやすいかというのは慢性化状態になりやすいので筋肉ばかりに注目していないでどうして筋肉のコリが起きてしまうのかということを探さなければいけません。
筋肉が緊張したり筋肉疲労が起きたりすることでリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまり循環が悪くなったり筋肉疲労から乳酸が多くたまるということがありますのでどうして溜まったのかということを見つけ出さなければいけません。
筋肉を動かしたりストレッチをしたり鍛えたりすることで筋肉疲労の物質である乳酸が多く溜まっていきますが溜まっても普通は一時的に住んでしまうと思います。
乳酸というのは 筋肉疲労を起こす物質と知られていますがカルシウムイオンが筋肉疲労の起こすものだと考えられています。

筋肉疲労からコリに

しかしどうして筋肉疲労物質が多くとまって乳酸がたまるのかという原因があると思いますので原因から探さなければいけません。
肩こりを起こしている時には単純に筋肉疲労だけで起きているものはありませんのでどうして筋肉の疲労が起きてしまっているのかということがありますから背骨のズレが関係している場合が多くあります。
筋肉というのは骨から骨にくっついています。
背骨がずれて動いたりすると筋肉は伸ばされたり緩んだりしますので伸ばされたり緩んだりしたものが緊張としてコリを起こします。
多くの肩こりの場合背骨のズレが関係して筋肉のコリが起きていますので筋肉のこりを解消するためにはまずは筋肉疲労から解消するようにしています。
単純に筋肉思えばいいというものではありませんので筋肉疲労を揉んだりマッサージしながらしていきますので、その先にあるものを解消していくことをしています。

筋肉疲労から肩こり

コリの原因

しかしなにも原因がなくて背骨がずれたりすることはありませんので背骨がずれたりすることも原因があるから背骨がずれているわけです。
背骨がずれたりする原因は毎日毎日の生活に原因があります。
毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的な緊張をなどプレッシャーを加えられることが原因で疲れやストレスが生み出されていきますので疲れやストレスが満たされたものは体に溜まっていきます。
疲れやストレスが体に溜まっていくということなんですが疲れやストレスというのは、どこにたまるのか。
疲れやストレスが溜まるところというのは体に溜まっていくわけですけど体の弱い部分にたまる傾向があります。
体には必ず誰でも弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分は症状に関係することもなく肩こりに関係することもありません。
しかし弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなっていきますので疲れやストレスをためてしまうと歪みとして起きてしまいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが溜まりすぎて背骨のずれで起きたりすると背骨が回転するように動いていきますので引っ張られたりするのが筋肉です。
多くは筋肉の緩みよりも引っ張られた方にコリを感じます。
肩こりというのは弱い部分に溜まってしまった疲れやストレスが原因で背骨がずれているのが原因です。
背骨がズレると筋肉は緊張します。
背骨がズレると筋肉は筋肉疲労を起こします。
しかしなにも原因がなくてズレたりすることはありませんので疲れやストレスですがたまるところが背骨をズレさせる原因になっています。
肩こりというのは背骨がずれて筋肉が緊張した状態で筋肉疲労起こしているのが原因です。
背骨がずれるというのも毎日毎日の生活で仕事をすることで運動することで疲れやストレスが弱い部分に溜まっていくことが原因で背骨がずれます。

疲れやストレスの蓄積

背骨のズレからコリになる

筋肉のコリをほぐしたら背骨のズレを解消していきますしさらにどうして背骨がずれたのかどこからずれが起きているのかということは見つけ出すことをしていますが多くは疲れやストレスが弱い部分に溜まったのが原因ですから筋肉にもたまりながら関節にもたまりながらある部分に多く溜まっています。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にはなりますので体重の半分以上が水で構成されているということですから水が何か起こすことはないと思いますし水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。
ではあと残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。
40 kgの中には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

疲れやストレスがたまる所

この中で疲れやすですがたまるところというのは筋肉にたまるということは分かっていると思いますが、あと残ったものは内臓しかないということなんですが内臓と言うとすぐに何でもかんでも病気というのを関係付けてしまいますので内臓の病気と言っているわけではありませんが内臓にも疲れやストレスが溜まることがあります。
内臓に溜まったストレスが背骨に関係していますので胸椎の1番目と2番目は心臓に関係する部分ですから心臓に疲れやストレスが溜まっていくと息苦しさや胸苦しさや動悸が起きたり時々胸の辺りでちくっとする痛みが起きたりします。
胸椎の3番目というのは灰に関係する部分ですから咳が出やすくなったり息苦しさや胸苦しさを感じたりすることもあります。

内臓疲労から肩こりになる

胃や肝臓も関係することもありますが多くは心臓と肺で肩こりを起こす場合があります。
しかし病気と言ってるわけではありませんので疲れやストレスの蓄積で内臓疲労から背骨が歪むということです。
ですから単純に背骨を矯正すればいいというわけではありませんので筋肉をほぐしたら背骨の 矯正をしたら内臓の調整をしなければいけないということです。
しかし先ほども言ったように弱い部分に疲れやストレスが溜まるという風に説明しましたので弱い部分が心臓や肺の方でしたら肩こりになりやすいということです。
弱い心臓や肺に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に背骨のズレを起こしていきます。
弱い内臓に疲れやすですが溜まった状態が多くなったり慢性化して長期に及んでしまうと細胞の変化を起こすこともあります。

肩こりと疲れやストレス
2018年11月28日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正をしている時にはボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしています.。
小顔矯正というのは顔を小さくすることなんですが顔というのは大脳を納めている部分でもありますので頭蓋骨が関係しています。

顔は頭蓋骨の一部ですから前側だけ取ってみると顔ということになりますが全体的にトータル的に見てみると頭蓋骨の一部です。

小顔矯正とは

つまり小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくすることになります。
頭蓋骨を小さくするということは大脳にも何らかの影響があるということなんです。
小顔矯正をする時はただ顔を小さくすると言う治療院もあるでしょうが東員の小顔矯正は全然意味からして違います。

小顔矯正をしていくときにはどうやって顔を小さくしていくのかという問題なんですがマッサージをするような感じだと思えば近いと思いますので顔を揉んで行くと顔が小さくなるという小顔矯正をしています。
しかしマッサージをしているわけではありません。

マッサージをして顔を揉んでいるだけで顔が小さくなることはありません。
しかし本当にマッサージをするような感じで揉んでいくと徐々に顔が小さくなっていく小顔矯正をしています。

小顔矯正は

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが全員の方が顔が小さくなっています。
小顔矯正をしている時には何をしたら顔を小さくすることができるのか小さくなったら小さくなったで維持することができるのか持続力はあるのかということを質問されますのでそれの答えは本当に小さくはなります。

維持する力や持続力というのはご自分の状態に関係していますので小顔矯正の技術や小顔矯正のテクニックではありません。

小顔矯正で顔を小さくしたわけですから後はご自分の体の状態が深く関係しています。
体の状態と言うのは疲れやストレス蓄積度ありです。

顔を小さくする為には

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが院長が小顔矯正を希望されて訪れた方に体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを答えます。
同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子はいいですと簡単に答えてしまいますが院長は検査することができますので検査をしてみると体調がすごく悪くひどい状態の方が多くいます。

体調というのは痛みやこりが起きていないからといって体調が良いとは限りません。
体調というのは例えばですけど今は起きていないけど起きやすいとか腰痛や肩こりや頭痛などがなくても疲れやすいとか生理痛があるとか便秘があるとか色々な問題も重なって起きていますのでそれらを総合的に考えて体調が落ちているということなんです。

睡眠負債と小顔矯正

そして最近は睡眠負債状態の方が多くなっていますので自分でも気がついていないぐらい痛い腸が落ちて悪くなっていますが睡眠負債状態になっていくと痛みはコリに鈍感になってイキ麻痺した状態になっていきます。

小顔矯正をしていく時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや歩いたり買い物をしたり車の運転をしたり掃除をしたり食事を作ったりすることで多くなるものがあります。

毎日毎日の生活で多くなるものというのは疲れやストレスなんです。
小顔矯正をして行く時には疲れやストレスが多い方は持続力はありませんし維持することはできません。

疲れやストレスと小顔矯正

というのも疲れやストレスが多くを溜まっている方は骨盤の歪みや骨盤の開きなども起きていますし背骨のズレも起きてガタガタ状態になっている方が多くいます。

骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレというのは体調の悪さを表していますので体調が悪いということなんですが体調が悪いと顔にもろに影響が出てしまっていますので顔にも脂肪やむくみが多くなったり顔の皮膚が垂れ下がったり顔が大きくなるということなんです。
どれだけストレスや疲れを溜めてしまったのかで顔が大きく肥大していく傾向を示しています。

特に朝から顔がむくんでいるような状態を顔をしていては疲れやストレスが多くなっているという現状が取れていないということですから朝は一番体調がいいはずだったら朝から顔がむくんでいるということは考えられませんし、しっかり眠れているんであれば朝は顔が引き締まっていなければいけません。

眠りと小顔矯正

眠りがしっかり取れていると朝はしっかりと顔が引き締まって朝からむくんでいるということはありません。
小顔矯正をしていくときには一番影響が大きいのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態になります。

体に溜まってしまった疲れやストレスを溜まっている所から減らすだけでも顔が小さくなっていきます。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっているわけです。
疲れやストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体を搾ってみると水分が65 kg にも出てきます。水分と言っても単純な水ではありませんので血液だったりリンパ液だったりという水分になります。

水に疲れやストレスが溜まるということはありえないので後残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。

疲れやストレスの蓄積

この中で疲れやストレスがたまるところというのは主にですが筋肉と内臓になります。
中枢神経系も内臓の一部です。
中枢神経系というのは大脳と脳幹と脊髄になります。

つまり1番小顔矯正をしていくときに関係するのは内臓ですから近い所で関係するところは大脳や脳幹」や脊髄が関係している可能性もあります。
単純にリンパの働きが悪いから老廃物が蓄積して循環が悪くなっているということはありえませんので何かが起きているとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。

最近は多くの方が疲れやストレスを溜めてしまっていますが睡眠負債状態が重なっていると麻痺した状態になっていきますので自分の体調も良いのか悪いのかということが分からなくなったり風邪を引かれないからいいんだと思っている方が多くいますが風邪というのも大脳が元気だから風邪をひくことができます。

大脳が元気だから

風邪の細菌やインフルエンザが体内に侵入して増殖傾向を示していくと大脳が元気だから発熱を起こしウイルスや細菌を減らしてくれます。
細菌、インフルエンザウイルスが入ってきても何も普通は起こりません。
大脳が元気な人が発熱起こして発症させて細菌やウイルスを減らそうとします。

風邪の細菌やインフルエンザウイルスというのは隠れインフルエンザに言葉が代表されるようにインフルエンザも隠れてしまうぐらい起きてしまうということなんですが風邪も同じ状態で隠れ風邪になります。

小顔矯正をしていく時には検査をしてみると顔の皮膚や筋肉や靭帯や骨が炎症を起こしたり腫れたりしている方が多くいますので普通は起きないことなんですが骨が炎症や腫れを起こしていると大きくなり肥大を示していきます。

骨が炎症やハレ

普通は骨が炎症を起こしたり腫れたりということは起こりませんが体調の悪さから骨が炎症起こしたり晴れたりしていると変形状態になっていきます。
特に顎の部分は骨が変形を起こしているぐらい炎症や腫れが起きていることが多く見受けられます。

骨の炎症や腫れを減らすことができれば顎のラインは特にすっきりしていきます。
睡眠負債状態というのは大脳を弱らせていきますので大脳を弱らせると風邪やインフルエンザウイルスの細菌が入っていても熱が出ませんし自分の体調もわからなくなりどれだけ内臓にストレスが溜まって危険な状態になっていても気がついていません。

骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレというのは特に内臓に疲れやストレスが溜まっていると説明しましたので内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で状態が良くない状態になりますので流れが悪くなります。

リンパの流れ

流れが悪くなるというのは内臓の中でも流れが悪くなり内臓の周りのリンパでも流れが悪く停滞気味になり老廃物が多くたまります。
小顔矯正をしていくときには顔を小さくするという意味ですから顔を小さくするためには頭も小さくしなければいけません。

顔だけ小さくなって顎の部分がシャープになっても頭が大きいままでは頭でっかちになった状態の宇宙人になってしまいます。

顎の部分がよりシャープになっただけ頭の大きさが目立ってしまいます。
先ほども説明したように小顔矯正を行う時には頭蓋骨矯正をしなければいけませんが本当の意味で頭蓋骨矯正ではなく頭の骨を矯正するといい意味だけです。

美容的な小顔矯正で持続しない

小顔矯正を希望されている方は美容的に小さくしていくということですが影響を受けるのは顔の骨だけではなく頭の骨も一体化していますから頭蓋骨という影響が出てしまいます。
単純に顔だけ小さくするということは不可能ですから顔を小さくしても頭の骨にも影響が出てきます。

最近は多くの方が睡眠負債状態だと説明しましたが気がついていない方が多くいますのでね無理というのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠りと言います。

人が見てスースー寝息を立てている状態が眠っているわけではありません。
夢というのは目が覚める前に見ているから記憶に残り覚えています。
しかし一番最悪な睡眠がありますので最悪な睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている睡眠というのは大変良くない睡眠ですから大脳を極端に弱らせていき大脳が弱ると初めは物忘れやうっかり状態が多くなり次第に脳細胞の急激な現象が起きていきます。

脳細胞の急激な減少から色々なことが見えなくなったりわからなくなったり会話が成り立たなくなったりしていき認知症や精神疾患になる可能性が拡大していきます。
眠れているようで寝ていないという状態が多くなればなるほど大変な結果を招いていきます。

小顔矯正と言っても色々なものに重なって悪くなっていきますので本当に体調を上げて整えていくことから始めていきます。

変わりすぎるとダルクなる

しかし初回から色々やってしまうとだるくなる可能性がありますのでだるくなることだけは避けたいと思いますので悪い評判が経ってしまいます。

小顔矯正を希望されて訪れたわけですから初回は顔を小さくすることに専念していきます。
睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。
眠りというのはただ寝ているだけではなく大脳は休養とって寝ていない限りは眠れていません。

小顔矯正をして行く時には一番厄介になるものが疲れやストレスの蓄積も内臓に溜まっているのがありますが睡眠負債状態のほうがもっと厄介です。
睡眠負債状態が多くなればなるほど簡単には行きませんし体調の維持することや調子を維持することができなくなっています。

睡眠負債と小顔矯正は

それほど睡眠負債状態というのは怖いところがあります。
睡眠負債状態になった方というのは大脳が急激に減少を招いている可能性がありますので大脳の脳細胞が急激に減っていくと大変な結果に招いていきますが大脳が急激に減っていくと脳は弱っていきますので脳は弱ることから痛みやコリを感じにくくなりひどい状態が起きていてもわからないということあります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は小顔矯正をしています。

2018年08月20日

カイロプラクティック

カイロプラクティックというのは腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などを改善していくことを目的として体を整えていくことをしていくのがカイロプラクティックなんですがボキボキすることがカイロプラクティックではなくボキボキしなくても痛くもなくても骨盤の矯正や背骨のズレが矯正できます.

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

体に起きる色々な症状というのは全部と言っていいほど歪みやズレから起きていますが歪みやズレを矯正しなくても楽にする治療法もありますから混乱しているのが現状なんですが必ず痛みやこりなど色々な症状が起きるときや体の不調が起きる時には歪みやズレが存在していますので歪みやズレから改善していかなければいつまでたっても慢性化状態になってしまったりこじらせたりということがありますので歪みやズレが起きるのも原因があって起きています.

歪みやズレが起きる時には原因がありますので原因から改善していかなければ骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが残ったままになっていると筋肉や靭帯も固くなったり脊椎管狭窄症という症状になって固定化してしまうということがありますので大変な結果を招いていけますので必ず痛みやこりが起きたり色々な症状が起きる時には体は歪みやズレを起こしています.

歪みやズレがなくて色々な症状が起きることはありませんので捻挫とか打撲とか打ち身とかそういうものが例外的に歪みやズレが関係なく起きていますしまた虫歯なども歪みやズレが起きることはありません.

疲れやストレスの蓄積

体には本当に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で色々な症状が起きていますので色々な症状が起きると歪みやズレになっていきます.

必ず体に起きる色々な症状というのは歪みはずれが原因で起きていますので歪みやズレを改善していかなければ一時的に楽にすることはできても慢性化したり繰り返しやすくなったりとすることが多く見受けられます.

歪みやズレが起きる原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやジョギングをしたりすることや歩いたりすることや食事を作ったりすることや買い物をしたりすることや車の運転をしたりすることでも多くなったりするものが原因なんですが特別なものではなく普通一般的に誰でも溜まっているものなんですがたまっている部分と度合いが違います.

日常的にたまるものというのは疲れやストレスなんですがストレスというものはあまり意味が分かっていないのに使っている方が多くいますのでストレスというのは疲れが多くなって蓄積した状態のものをストレスと言いますので日本語で訳すと蓄積疲労がストレスです.

ストレスの蓄積

ストレスが多くなればなるほど体は歪みやズレを起こしていきますのでストレスの蓄積が色々な痛みやこりになっていくということなんですがストレスも溜まるところがあるから蓄積して入ってますので蓄積した部分が一番重要になりますからどこにストレスが溜まるのかということが考えなければいけませんが多くの方は単純に疲れたとかストレスが溜まったとか

簡単に言いますがたまるところも考えていませんしその先を考えていませんのでストレスが溜まったままになっています。
ストレスというのは誰でも溜まっているものですから溜まっていない方は一人もいませんので生活している限り生きている限りストレスは必ず存在するものですから存在が多くなればなるほど蓄積していくところが存在しています。

ストレスが蓄積していくところというのは筋肉にもたまりながら筋肉疲労を起こしながら掘り起こしますがそれだけではありません。

ストレスがたまる所

ストレスが溜まるところというのは例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にも上がりますので体重の半分以上は水分だということなんですが水分に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので35 km の中にストレスがたまるところが存在しています。

ストレスがたまるところというのは35 kg の中に存在しているわけですけど35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になりますのでこのどこにストレスが溜まっていくのかという問題なんですが多くのストレスは筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していきます。

内臓に溜まっていくと言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください。

ストレスが内臓に蓄積していくことが原因で内臓というのは体の一番奥にありますので体の全体的に歪みがおき骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレになっていきます特に多くの方で骨盤が歪んでいる方や骨盤が開いている方が多くなっていますが骨盤の歪みは骨盤の開きというのは体に溜まったストレスが原因で起きています。

背骨のズレと内臓

そして背骨というのは内臓に直結してずれていきますので例えばですけどアルコールを飲んだりすることに関係なく肝臓が疲れている時に背骨の8番目の骨がずれを起こしていきます。

胃が疲れることが原因で背骨の5番目の骨がずれを起こしていきますのでちょうど肩甲骨の真ん中の辺りが5番目ですから5番目の骨がずれると肩甲骨の間の部分が貼ったり釣ったりすることが多くあります。

背骨がずれている時には必ず内臓が疲れてストレスが溜まっている時ですからそれ以外で曲がったりすることもないしズレを起こすこともありませんので背骨というのは中枢神経系を守っているものですから簡単に曲がったりずれたりすると大変な結果に招いていきますので

簡単に曲がることはありません。
疲れやストレスが多くなればなるほど限界なく蓄積していきますので限界なく蓄積したものが色々な症状を起こしていきます 。

気が付いてない体調の悪さ

最近は多くの方が自分でも気がついていないぐらいストレスを溜めてしまっていますので内臓が疲弊したり衰弱したりということが起きていることが多くなっていますが当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが無茶苦茶と言っていいほどあったり背骨のズレが大きすぎてガタガタ状態になっているという形までいます。

歪みやズレが起きるということは体調が悪いということを示していますので体調が悪いということは疲れやストレスが多く蓄積している時だけです。
疲れやストレスというのは限界泣く溜まっていきますので限界なく溜まることが原因で必ず体は歪みやズレを起こしていきます。
歪みやズレがない方はいませんけど歪みやズレというのも程度がありますから軽いのから中程度から重程度からひどすぎるものから色々な状態のものがあります 。

蓄積疲労がストレス

疲れやストレスというのは毎日毎日の生活することでも溜まっていきますが内臓に蓄積していくことが原因で体は堪えきれなくなって歪みやズレを起こしていきます。
そして毎日毎日の生活だけではなく最近多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態の方は大変なことが起きていますが麻痺状態が起きやすく痛みやこりが起きているような歪みやズレが起きていても感じ取ることができない方も時々います。

夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので大脳が熟睡状態の時がどれぐらい長く続いているかで眠れているのか眠れていないのかということが決まります。
最近は多くの方が睡眠負債状態で眠れていませんので単純に夜、寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的長くなっていて目が覚める瞬間に夢を見ているという方が多くいますので夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

寝ながら考え事をしている睡眠

長く夢を見ていたと思ってもたった数秒の時間だったり数分の時間だったりという感じで夢を見ていますので夢は長く見ることはできませんので圧倒的に長くなっている時間というのは寝ながら考え事をしてる時間になります。

最近は多くの方が睡眠負債状態を重ねている状態でストレスを体に貯めてしまっていますので体調が異常になっているほど悪くなっていますが睡眠負債譲渡愛は脳を弱らせていきますので脳を弱らせると麻薬に似た物質が脳内ホルモンから出てきますので痛みやコリを感じにくくなり麻痺状態に陥っていきます。
しかし麻痺状態に陥ったものが麻痺したままではすみませんので脳細胞の急激な減少を招いていくということが起こります。
気がついた時には認知症や痴ほうになっていたり精神疾患になっていたりということが時々起きています。

ストレスとカイロプラクティック

本当に最近は睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債というのは目が覚めなければ寝ていると思う方が多くなっているのが現状ですから目が覚めなければ寝ていると思うことは違います 。
眠りというのは目が覚めなければ寝ているのではなく脳が数分の時間でも熟睡状態を取ることを眠りと言います 。

寝ながら考え事をしている状態というのは寝ているわけではありませんのでそんな状態の方が痛みやこりになってしまうと麻痺状態を過ぎて限界まで超えた時に痛みやこりになっていきますので大変厄介な状態になっているということが多くありますが最近は大脳が弱ってる方が多くいますので脳から整えていかないと骨盤が調整できないという方までいます。

大脳にもストレスがたまる

大脳が弱っていくと何をしても効果がなかったりどんなことをしても痛みやこりがラクにならなかったりということがありますので大脳の検査をしなければいけませんが一度目からすべてがわかる理由はありませんので数回に分けて検査をしていくと思いますがまずは体調からあげて整えていくことから始めていきます。

痛みやこりというのは必ずストレスが溜まった状態で起きていますがストレスというのは筋肉にまとまりながら筋肉よりも何十倍も多くのストレスが内臓に蓄積していきますので内臓に蓄積した状態で体は歪みやズレを起こしていきます。
生活している限り生きている限りストレスと隣り合わせで付き合っていかなければいけませんのでストレスが多くなればなるほど体はどんどん悪くなり老化のスピードも急速に進行していきます。

多くなるストレス

老化の最終形態が病気になる可能性もあります。
ストレスというのは人の体の弱い部分に溜まっていきますので弱い部分にストレスが溜まると細胞が徐々に変化していくということが起きますので大変な結果を招いていきますがすぐに病気になることはありません。

しかし誰も進行途中であるということは言えると思います。
ストレスというのは大変強いものがありますので大変なことになる前に何らかの改善策をとらなければまたは考えなければいけない可能性もあります。

2018年08月17日

生理痛

生理痛

生理痛を解消して楽にしていくなら生理痛の原因を見つける事からしていきますが、原因を解消するよりも、まずは体調から整えていく必要があります。

生理痛には生理痛になる原因があるから生理痛になっているわけです。

もし生理痛になる原因がない方は生理になっても生理痛は起こりません。

生理の時に生理痛になる因子がある方が生理痛になります。

生理痛になる原因を見つけることが大切です。

生理痛とは

生理の時に生理痛になる方は、色々な症状を起こしています。

イライラしたり、体がダルクなったり、重たくなったり、下腹部が痛くなったり、下腹部が重たくなったり、腰痛、肩こり、頭痛、胃の持たれ、気分が悪いなど色々な症状が起きていますが、全てに原因があります。

原因を見つけることなく薬ばかりに頼ってしまっていると大変なことになります。

生理の時に生理痛になるのは子宮や卵巣が関係しています。そしてホルモンが関係して起きていることはわかっていると思います。

子宮や卵巣やホルモンに何が起きているのか。

何も異常がなくて生理痛になることはありません。

何かがあるから生理痛になるわけです。

生理痛になる時には

生理痛になる時には体調と体質が関係しています。根底にあるのが体質です。

体質と言うのは生まれつきある弱さです。生まれつきある弱さの内臓が子宮や卵巣、ホルモン系だとしたら生理痛になる確率が高くなります。

体質的な弱さの上に体調の問題が重なります。

体調と言うのは体調が悪い、調子が悪いなどのことは感じていないでも痛みやコリがなくても落ちていることがあります。

体調が落ちている時には疲れやストレスの蓄積が多くなっています。

疲れやストレスの蓄積と生理痛がなぜ関係するのかと言うと疲れやストレスがたまる場所に関係しています。

疲れやストレスが溜まるのは、

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる所は内臓ですが内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

体には多くの内臓があります。生理痛に関係する内臓に疲れやストレスがたまると、体の中から崩れていきます。

この崩れが骨盤の歪み・骨盤の開きになります。

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きれば中にある子宮や卵巣、膀胱はどうなるのか。

影響があることは必至です。

骨盤の歪み・骨盤の開きが

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きていると当然、中にある内臓にも影響していますから生理になってくると生理痛になる因子が働きだして生理痛になります。

体調が悪い時にはホルモンのバランスが悪くなっています。

ホルモンと言うのは大脳にもあります。大脳にあるホルモンと言うのは脳下垂体です。

脳下垂体はすべてのホルモンの親分です。

脳下垂体ホルモンのバランスが悪くなると当然、卵巣ホルモンのバランスが悪くなります。

ホルモンから生理痛に

体調が悪い時には骨盤の中にある子宮や卵巣、膀胱の働きが低下します。働きが低下すると骨盤の歪み・骨盤の開きになります。

そうすると腰痛、下腹部の痛み、下腹部が重いなどが特に起こります。

これが生理痛になります。

何も原因がなくて、正常であれば生理痛にはなりません。

薬ばかり飲んでいないで生理痛の原因から解消しませんか。

また眠りが浅くても生理痛になります。

多くの方が夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

最近は夜に寝ようとすると、すぐに眠れるし寝たら寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。

睡眠負債になると脳下垂体ホルモンのバランスが崩れていきます。

 

 

小倉北区で生理痛を解消することを薬を使うことなくしています。

小倉北からも多くの方が生理痛の改善に来ています。

2018年03月13日

肩こりを解消するなら

肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていくなら筋肉のコリからほぐすようにして、いつまでも筋肉ばかりほぐしていないで原因を見つけ出すことをしています。

肩こりには肩こりになる原因があります。

肩こりと言うと肩がコルと言う事ですから、肩がコルと言うのは、どんな事から起きているのか。

肩こりのコリと言うのは筋肉が緊張して固くなっていることです。しかし筋肉がどうして固くなるのか、と言う事があります。

それは、筋肉のコリと言うのは腕や指や肩を使うことで起こります。

毎日、毎日、腕や肩や指を使うことが多くあります。

車の運転をしても腕、肩、指を使います。

買い物をしても腕、肩、指を使います。

スマホを操作したり打つことでも腕、肩、指を使います。

掃除をする事でも腕、肩、指を使います。

運動してもストレッチをしても腕、肩、指を使います。

何かをしたら多くなるものがあります。これが疲れです。

疲れは腕、肩、指の筋肉に蓄積していきます。

何気ないことでも腕、肩、指を使うことが多いですが、メンテナンスをしていません。放置状態がほとんどです。

何かをしたら、何かが起きる前にメンテナンスをしないと、車でも故障する前にメンテナンスをしていると故障を早めに見つけることができます。

しかしメンテナンスをしていても故障は避けきれないこともあります。

電化製品と買うと保証が付いていますが、壊れないと言う保証ではなく、壊れたら修理しますよと言う保証です。

人には保証は付きません。人には生活が違いますから、生命保険に入っていても病気にならないと言う保険ではありません。

運動していれば病気にならないことはありません。スポーツ選手でも若くして死亡にすることもあります。

サプリメントを飲んでいても病気になる方はなります。

栄養があるものを食べていても病気になる方はなります。

肩こりと言うのは

肩こりと言うのは筋肉のコリの事ですから、筋肉のコリを起こす筋肉は僧帽筋です。僧帽筋は首の付け根から肩から背中まである大きな筋肉ですが、3つの別れています。

上部僧帽筋、中部僧帽筋、下部僧帽筋といいますが、肩こりを起こす筋肉は上部僧帽筋が主流です。

僧帽筋から肩こり

肩こりと同時に首の痛み、首のコリが起きるのはつながっているからです。

この僧帽筋の筋肉がコリを起こすことが肩こりになります。

筋肉のコリが起きるときはマッサージしても解消していきますが、原因を見つけ出すこともしないと一時おさえになります。

肩こりと言うと湿布を貼ったりしても楽になります。が楽になる程度の肩こりでしたら楽になりますが原因はあります。

肩こりと言うと確かにマッサージをしたりすることでも楽になりますが原因は残っています。

肩こりと言うとサプリメントを飲んでも楽になることもありますが、栄養やミネラル、何かのエキスとかで楽になっても原因は変わりません。

肩こりと言うと低周波治療器や電器をする方法がありますが、低周波治療器や電器をしてもプラスからマイナスへ電気を流しても刺激しているだけで筋肉を強制的に動かしも循環は良くなります、リンパの流れも解消します、老廃物も流れます、。しかし一時的にですが。動かすことで筋肉疲労が多くなります。

運動してもストレッチしても筋肉疲労は多くなります。

筋肉疲労が解消していれば肩こりにはなりません。

何かの原因で筋肉疲労が解消できないことが起きています。

この原因を見つけ出すことをしなければ肩こりは治りません。

肩こりとは、本当に筋肉に疲れがたまることだけで起きているものでしょうか。

体には筋肉に疲れがたまるとお風呂で入浴したりすることも循環が良くなります。

温泉で打たせ湯などに入ることでも、暖かさとマッサージ効果があります。

脳や自律神経の疲れをとり、体力回復にかかわる「成長ホルモン」、「セロトニン」「コルチゾール」などはホルモン系の部分から分泌されます。

しかし体にあることが起きていると正常に分泌はされません。

つまり筋肉の疲れが取れないと言う事になります。

筋肉の疲れを解消するには

筋肉の疲れを解消するなら、どうして筋肉の疲れが取れないのか、見つけることが必要になります。

どうして筋肉の疲れを解消して減らすことができるホルモンが正常に働いてくれないのか。

それは内臓に多くの疲れやストレスが蓄積しているからです。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

内臓に多くの疲れやストレスがたまると内臓は弱っていきます。

この弱りが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると筋肉は骨から骨へ付着していますから引っ張られたり、緩んだりします。

これが肩こりになります。

つまり、おおもとは内臓疲労から起きている、と言う事です。

内臓にたまった疲れやストレスを減らしていくと、自然と骨盤の歪み・背骨のズレは無くなっていきます。

 

 

北九州肩こりを楽にすることなら原因から改善している北九州市のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年03月09日

腰痛

腰痛とは

腰痛を楽に

腰痛を楽にしていくなら、どうして腰痛が起きたのか、原因を見つけることからしています。

慢性化した腰痛も原因があります。

長期間、悪い腰痛も原因があります。

腰痛は原因が無いのに起きることはありません。

しかし病院では病院の専門家ですから、腰痛の原因がわからないことが多くあります。

レントゲンでも撮影して骨にヒビ、骨折などが起きていれば、それは病院の分野です。骨の病気と言う事もあります。また骨がスカスカになっていく骨が悪くなる骨密度が減ることもあります。これも病院でみてもらうしかありません。

又は骨の間が狭くなっているとかは手術を考える事よりも、まずは矯正を試みても良いこともあります。

手術をしても後のリハビルなどもありますし、良くなったと言う方もいますが、まだ悪いと言う方もいます。

腰痛は病院の手術を考えるよりも、まずは当院で検査して治療を受けることをお勧めしています。手術は最後の手段です。

椎間板ヘルニアの方も回復させることができる当院の治療法をお試し下さい。回復できる可能性があります。

腰痛というと

腰痛と言うと重いものをもった時に腰が痛くなっていく事もあります。急に何も考えないで無防備に重いものを持とうとして急激に腰が痛くなってしまします。これは重たいものを持つときに、骨盤の歪み・背骨のズレがあるからです。

重いものを持ったから骨盤の歪み・背骨のズレが起きた、ハズれたと言う事ではなく、歪んだではなく、重いものを持つ前から骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると上体を支えることができません。重いものと体の半分の重さを支えることができないと腰痛になります。普段から骨盤の歪み・背骨のズレがあっても大きくないと何も感じません。程度が軽いと骨盤の歪み・背骨のズレがあるからと言って腰の痛みまでは起きません。

骨盤の歪み・背骨のズレにも段階があります。軽く骨盤の歪み・背骨のズレがある場合と悪化してひどくなる骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

例えば1段階から10段階までの骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

これが起きるのは体に蓄積した疲れやストレスが原因ですが、疲れやストレスも体にたまりますが、体のどこにたまるのか、と言う事です。腰痛に関係する部位に多く蓄積していくと腰痛になります。

肩こりに関係する部分に疲れやストレスが多くたまると肩こりになります。

頭痛に関係する部分に疲れやストレスが多くたまると頭痛になります。

生理痛に関係する部分に多く蓄積すると、生理痛になるか、生理痛がひどくなります。

腰痛は切っ掛けで

重いものを持ったり、中腰をして腰が痛くなったり、前かがみで腰が痛くなったり、デスクワークで腰が痛くなったりすることは切っ掛けです。

クシャミをしただけで腰が痛くなる腰痛になる方もいます。寝て起きたら腰が痛くて動けないくらいの腰痛の方もいます。

しばらく立っているだけで腰が痛くなる方もいます。

車の運転をしていたら腰が痛くなったと言う方もいます。

庭で座ってしていて急に体を起こそうとしたら腰が痛くなったと言う方もいます。

そべては切っ掛けです。

切っ掛けをするまえにあることが起きています。これが骨盤の歪み・背骨のズレです。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあっても程度が軽いと何も感じませんし、腰も痛くありません。しかし疲れやストレスが腰痛に関係する所にたまっていくと筋肉バランスが崩れていき腰痛になります。

ある部分とは

腎臓疲労です。

疲れやストレスは身体にたまると言いますが、体のどこにたまるのか?

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパなどです。

あとは内臓しかありません。つまり内臓に多くの疲れやストレスはたまります。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

腎臓に多くの疲れやストレスがたまっていくと骨盤の中にある大腰筋、腸骨筋と言う筋肉がバランスが悪くなります。

これが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤が歪んだり、骨盤が開いたりして骨盤が不安定になります。骨盤が不安定な時に何かをしたら腰が痛くなります。

悪化したものが椎間板ヘルニアになり坐骨神経痛になります。ですから椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も特別なモノではなく誰でも起こります。

あまりにもひどく骨盤の歪み・背骨のズレが起きると急性状態でギックリ腰になります。

ギックリ腰は捻挫です。腰で起きているからひどく感じます。体を支える関節ですから強い痛みになりますがネンザです。

寝違えも捻挫です。

体調の悪さ

このギックリ腰も捻挫も疲れやストレスのたまり過ぎで起きています。

体が急激な強い痛みを起す時には、休養を取って下さい。

休養を取らないと、良くないことが起こります。

腰痛ではなく心不全とか脳梗塞とかです。

痛みやコリと言うのは体が起こす唯一の信号です。警報と同じなんです。自分の体に起きている警報です。

警報を軽く考えていると大変なことに進行していく事もあります。

たまには、ゆっくりと休養を取ることも必要です。

腎臓にたまる疲れやストレスの蓄積が多くなると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に、何かをしたら腰痛になります。

 

 

北九州腰痛を楽にしていくことで検査することをして北九州市腰痛を改善して30年。

2018年03月06日

ダイエット、痩せる為には

ダイエット、痩せる為には

ダイエット、痩せる為に

ダイエットをして痩せたいと思う方が多くいますが、ほとんどの痩身法は基本的なことを見てもいないししていません。

 

体重計ばかり気にすることも、もちろんですが、そのやり方では基本的なことが残ったままだし、基本的なことから整えて行かないと体重計も変わりにくくあります。

いくら高額なダイエット食品を飲んでも、人気があるダイエット法をしても、多くのダイエット方は基本的なことを考えていません。

しかも基本的なことを見ると言うよりも検査できる所は少なく自分で実感したものしか見えませんしわかりません。

当院では基本的なことを検査する事ができます。

先ほどから言っている基本的なこととは、体調です。体調と言うのは意味不明な言葉です。自分で感じることができるのが体調ですが、最近は、その体調がわからなくなっている方が増えているからです。

今年にテレビで言っていた隠れインフルエンザと言う言葉があります。この隠れインフルエンザは脳から起きています。脳と言っても病気ではありません。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

最近は信じられないほど脳が弱ってきています。一番、低下しているのは脳の中の脳幹です。脳幹の中でも、さらに弱ってきているのが下垂体、視床下部です。

視床下部は自律神経失調症の交感神経、副交感神経を調節している所です。そして内分泌系を調節していると所でもあります。

視床下部は自律神経、代謝機能、体温調節、心臓血管機能、ホルモン(内分泌)系のバランス調節、性機能調節をコントロールしています。

つまり視床下部がバランスが悪くなると、支配する力が無くなります。

おおもとの部分で機能不全が起きているとダイエットをしても痩せません。もし痩せてもキレイに痩せることはありません。

ダイエット、痩せる為

視床下部機能の低下

視床下部の機能低下は普通では起きませんし、調べることはできません。

視床下部の機能が低下することは通常では起こりませんが、最近は検査して見ると多くなっています。

最新の検査技術向上で確認できたことなんですが、確かにおおもとである視床下部に問題があります。視床下部と言うのは生きていく上で大切な部分です。

大脳は、運動、感覚、言語、記憶

小脳は、体のバランスコントロール

延髄、橋には循環、呼吸中枢があります。

脳下垂体はすべてのホルモンの親玉です。

脳下垂体前葉では、副腎皮質ホルモン、成長ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、卵巣刺激ホルモンが分泌されています。

体にあるホルモンに命令を出すホルモンですから体のホルモンバランスがコントロールできない状態になります。

視床下部が弱っても何も感じませんし何も起こりません。

しかし徐々に生命力低下が多くなっていくと、気が付いている方は「なんか変だとか」「なんかおかしい」と言う体調になります。

疲れやストレスは

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが筋肉にたまる何倍も多くの疲れやストレスがある部分にたまっていきます。

このある部分と言うのは内臓です。

しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

例えばですが例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓です。

内臓(脳や脳幹)などにも疲れやストレスはたまると言うことがあります。

内臓に蓄積する疲れやストレスが多くなると、その内臓は老化を早めていきます。老化していくのは表面上の皮膚だけではありません。

皮膚のシワだけではなく体の中でも老化が急速に起きていきます。そして内臓にも老化は起きてます。病気では完成していまわないと検査しても分かりません。

健康な細胞から一気に半年や1年で細胞が変化することはありません。

細胞が変化するには8年、10年、13年、15年かかります。

完成まじかでやっと数値の異常が見つかります。

もちろん完成したら病院でもわかります。

ダイエット、痩せる為には

ダイエットして痩せる為には基本的な体調が良くないと痩せません。いくら運動しても運動で代謝は上がりますけど運動したら多くなるものがあります。

運動して多くなる物とは疲れやストレスです。この疲れやストレスがダイエットして痩せる上で天敵になります。

疲れやストレスが多くなると脂肪になります。

疲れやストレスが多くなると浮腫みになります。

そして体重が増えていきます。

体調が悪いとホルモン系のバランスが崩れていきます。

体調が落ちると代謝が悪くなります。

体調が落ちるとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くたまります。

体調が落ちているから循環が悪くなります。

体調が悪いのに上げることをしないと、いくら脂肪を燃焼させても意味ありません。

サウナに入って汗を流しても水を飲めば同じです。

運動しても浮腫みが多くなります。脂肪は減るかも知れませんが。

健康食品で痩せることも体調が悪いと効果がありません。

いくら食事制限しても骨ばって痩せていきます。つまりガリガリに。

運動すると筋肉質に痩せていきます。

体調の検査

しかし体調を検査する道具も機械もありません。

当院では体調の検査をしています。多くの方の体調を調べてきましたが、100人中100人の方が体調が落ちています。

体調が良いと言う方はいません。逆に体調が良いと勝手に思っている方は、異常と思えるほど体調が落ちています。

最近は寝ているようで眠れていないからです。

眠りが浅いと脳が弱ります。この弱りが生命力の低下を起こしていき視床下部、脳下垂体を悪くしていきます。

昔でしたら、夜に寝ようとすると寝つきが悪く1時間も2時間も眠れない方、なんとか夜に眠れるけど夜中に目が何回か覚める方が不眠症でした。

しかし、最近の不眠症の方は、寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です、目がさめた瞬間に忘れてしまいます。

夢は目が覚める瞬間に見ていたら記憶に残ります。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠は記憶に残りにくくあります。

このため異常に体調が悪くても感じなくなります。どんなに歪みやズレがあっても分かりませんし痛みやコリも感じません。

ですから調べてみると骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあります。

こんな状態ではダイエットしても痩せませんと言う方が増えています。

 

北九州ダイエットして痩せたいと思うならカイロプラクティック徳力整体院は北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから人気があります。

北九州 ダイエット、北九州 痩せる為には。

 

2018年03月02日

小顔矯正

小顔矯正

人気がある小顔矯正

当院ではボキボキもしない痛くないと思う小顔矯正をしています。小顔矯正をする時には、小顔矯正に入る前に自分で小さくなったのがわかるようにしています。

小顔矯正に入る前と、小顔矯正をした後を比べることができるので変化がわかります。

しかし多くの方が小顔矯正に訪れていますが、小顔矯正の意味を分かっていませんから説明していきたいと思います。

小顔矯正をする時には、顔を小さくすると言う事で簡単に考えて来院されていますが、小顔矯正で顔を小さくすると言うことは実は大変なことなんですよ。

小顔矯正ですから顔をちいさくすると言う事ですから顔を小さくしていきますが、顔は顔面骨ですから、全体で頭蓋骨の一つです。

小顔矯正をしていく時には頭がい骨の部分、つまり頭も対象になります。

脳を収めている頭がい骨も小顔矯正になると言う事です。顔だけ小さくできることはありませんから顔を小さくしていく時には頭も小さくしないと頭だけ頭でっかちになります。顔を小さくすればするほど頭が大きい宇宙人みたいになります。

顔を小さくすることができても頭が大きい宇宙人では意味ありません。それで良ければ良いですが。

ですから顔を小さくしていく時には、頭(脳)も変化を与えていかないと小顔矯正とはいえません。

もちろん検査することをしていますから、検査してみて異常がある部分を正常に戻していく小顔矯正ですから。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

怖いこともなく小顔矯正をしてしますから安心です。顔を小さくしていくと言う事は頭がい骨の骨を小さくすることをして顔を小さくしていきます。

当院では無理な小顔矯正をしていませんから、検査することを重要視しています。

小顔矯正をする時に検査して異常がある部分を見つけて、それを改善していくと顔が小さくなるんです。

あくまでも正常にしていくことで顔を小さくしていく事ができます。

ということは、それほど異常があると言う事になります。

その理由は

最近は体調が悪い方が多くいるからです。

体調が悪いということがわからない方がいます。小顔矯正に来る方に「体調はどうですか」と言うと「体調は良いです」と言う言葉が返ってきます。検査してみると異常と思えるほど歪みやズレが大きくあったりしています。

①体調が悪いということは、骨盤の歪み、骨盤の開きが大きく起きています。

②体調が悪いということは、リンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積しています。

③体調が落ちると、内臓の働きも落ちていきます。

④体調が悪いということは、眠りが浅くなります。

⑤体調を落とすと浮腫み、脂肪が多くなります。

⑥体調が悪いと骨が炎症やハレを起こします。

最近は多くの方が5番目の骨の炎症やハレを起しているからです。どこ部分が炎症やハレを起こしているのかと言う検査が必要になります。

多くの方の頭蓋骨は骨ですから骨が炎症やハレを起している部位を検査して見つけることをしています。

骨が炎症やハレを起こしていると治療できる治療院がありません。当院では骨の炎症やハレを数回に分けて治療することをしています。

そのため骨の炎症やハレが引いていくと顔が引き締まっていきます。そして顔が小さくなっていきます。これが当院の小顔矯正です。

しかし維持するのは自分の体力が足りません。骨が炎症やハレを起すほどの体調ですから、体調の低下で維持するだけのパワーがありません。

これも数回に分けて小顔矯正をしていくと顔だけではなく体調を上げる治療ができます。

ですから落とした方で違いますが、当院ではもちろん1回の方もいますが、院長のお勧めは、、まずは10回でも通院してみてください。

実感できると思いますから、できたら体質改善の治療まで受けることをお勧めています。

小顔矯正と体調と言うのは深く関係しています。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスは限界なく蓄積していきます。しかもその疲れやストレスは内臓に多く蓄積していきます。

疲れやストレスの蓄積は底なし沼の底がないように蓄積させることができます。

疲れやストレスが多くなればなるほど老化が速くなります。老化が速くなるということは表面上も老けたようになりますが、表面だけで終わることはありません。

体の内面も老化していき病気を急速に起こしていきます。。

小顔矯正で顔が小さくなることができても、体に歪みやズレがあったりしたら顔の表情に出ています。

小顔矯正で顔が小さくなることができても、疲れやストレスが蓄積しているような顔していたら、良く見えるでしょうか????

小顔矯正で顔が小さくなることができても、顔色がさえない状態では半減してしまいます。

小顔矯正で顔が小さくなることができても、顔のハリとツヤがないと顔を小さくするだけでは????

小顔矯正で顔を小さくできても、肌のツヤ、肌のハリなどは体調です。

体調とは疲れやストレスの蓄積度合いです。

疲れやストレスが多くたまればたまるほど顔色が悪くなります。その代表例が、お化粧のノリが悪いなどで出ています。

顔には体全体の状態が出ています。

小顔矯正をする時には、体調も大切なんですが、初回は顔が小さくなることを主にしていきます。

小顔矯正で顔を小さくなることに体力を取られてしまうと小顔矯正したあと「ダルクなります。」

自分で気が付かないで体力が落ちている証拠です。

体力も向上させていく事ができます。

体を整えていくことから小顔矯正をしています。ですから顔だけすれば良いと言う小顔矯正ではダメなんです。

 

当院では初めから顔が小さくなる小顔矯正をしています。

小倉北区からも多くの方が小顔矯正に訪れています。

2018年02月27日

肩こり

肩こり

肩こりを解消して楽にする

肩こりを楽にしていきます。肩こりと言うと筋肉のコリだと思う方が多くいますが、肩こりは筋肉のコリから起きる肩こりと、それ以外から起きる肩こりに分けられます。

肩こりと言うと対症療法ばかりして直していることが多くあります。

対症療法と言うのは痛みやコリの原因なんか、関係なく、痛みやコリのある部分に何かをすることです。

例えば、湿布を貼ったりすることや、マッサージ、注射を打ったり、サプリメントを飲んだり、低周波治療器や電器をすることが対症療法になります。

湿布を貼って

湿布を貼ったりして楽になる肩こりもありますが、湿布を貼るということは炎症やハレを解消して肩こりを楽にする方法です。冷やしたり、温めたり薬剤でコリを解消することをしています。

昔からある湿布を貼ったりすることは効果がある時もありますが、捻挫などで痛めた炎症やハレを冷やすことで解消していく事ができます。

湿布を貼ったりしても肩こりが良くなる、軽くなると言うことはある為に、肩こりを感じると湿布を貼ったりすることもあります。

湿布を貼ったりして炎症やハレが解消できたり、コリが改善できたりすることもありますが、筋肉のコリだけで起きている肩こりであれば問題ないと思います。しかし院長が肩こりの方を検査してみても筋肉だけで起きている肩こりは、あまりありません。

しかし筋肉のコリでも湿布を貼ったりしたら肩こりを感じなくすることもできます。

サプリメントを飲む

ドラックストアで売られている肩こりを楽にすると言う薬やサプリメントでも改善を楽にすることはできるかも知れません。

肩こりに効果があると言う植物性ポリフェノールやビタミン、ミネラルなどが入ったものが売られています。

しかし肩こりには原因がありますから原因をみつけることなくビタミンやミネラルなどを飲んでも、体調が良くないと無駄になります。

基本的なことができていないと、いくら高いサプリメントでも意味はありません。

体に疲れやストレスがたまると言いますが、多くの疲れやストレスは内臓に蓄積しています。

例えば体重が100キロの方がいるとしたら65キロは水分です。つまり残りは神経、血管、リンパ、筋肉、じん帯、脂肪、骨、皮膚しかありません。

あとは内臓です。

つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、内臓にたまりますが、内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。注意して下さい。

病気と言うのは完成して始めて検査するとわかります。それまではわかりません。

病気になっている途中であり、進行途中ではわかりません。

例えば80パーセント前後を超えると病気として異常になります。

細胞が変化していく為には期間、時間が必要です。

病気として完成するのはスタートから10年くらいかかりながら完成すれば検査で陽性が出ます。その時に数値の異常が見つかります。それまでは異常なしです。

いくら栄養、ビタミン、ミネラルをとっても内臓が吸収出来ればいいですが、内臓が弱っていれば吸収できません。

太りにつながるか、オシッコとして体外に出ていきます。

基本は内臓の疲労です。しかし内臓の病気と言っている訳ではありません。

注射を打っても

注射を打っても、ブロック注射を打っても痛み止めです。肩こりには肩こりになる原因があります。肩こりの原因を見付けるこことなく痛み止めというか、コリ止めをしています。

マッサージをしても低周波治療器や電器をしても意味は同じです。

肩こりには原因がありますから原因を見付けることは簡単ではないので、対症療法ばかりしています。

この対症療法と言う方法は一番、簡単です。

当院でも昔は低周波治療器や電器を良く使っていました。

 

小倉北区からも多くの方が肩こりを楽にする為に、探されて訪れています。

2018年02月22日

骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

当院では人気がある骨盤矯正をしています。初回から骨盤が小さくなるので評判が良い骨盤矯正です。

当院では今まで多くの方が骨盤矯正に訪れていますが、骨盤矯正の意味を分かっていない方が多くいます。

専門家の先生も骨盤矯正の意味を分かっていないのに骨盤矯正といって矯正しています。

どれほどの効果があるかは知りませんが。

当院の骨盤矯正は初めから骨盤が小さくなりますが、それを自分の手でわかるようにしています。

骨盤矯正をする前と骨盤矯正をしたあとを比べることができます。

しかも他人が計測することなく、自分でわかるようにして骨盤矯正をしています。

そのため、骨盤矯正を受ける前に自分の両方の手で骨盤を触っておぼえてもらいます。これは簡単なことでありません。

簡単だと思って触った方の多くはわからないと言う事もあります。骨盤が小さくなっているにも関わらず骨盤の変化がわからないと言う方がいます。

そのため、骨盤矯正の入る前にしっかりと自分の骨盤を触っておぼえてもらいますが、院長が骨盤の横を触ってここを触って下さいと言いますが、見ているのに触れない方もいます。

骨盤矯正というのは骨盤の幅を変える事です。当院の骨盤矯正をしていくと骨盤が小さくなりますから、履いてきたスカートやGパンが緩くなったと言う方もいます。

この変化がわかるようにしていますから、小さくなったのがわからないと意味ありません。

そのため簡単に考えてはいけません。

骨盤矯正と言うのは

骨盤矯正

骨盤矯正と言うのは骨盤の幅を変えていく事です。

骨盤と言うのは骨です。骨自体を小さくすることができるのが骨盤矯正です。

骨盤矯正をして骨を小さくすると言うのは変ですが。

骨自体が小さくなるのか、と言うとなりません。

骨自体を小さくしたら障害が出てしまいます。

骨自体を小さくすることができるのは形成外科だけです。

しかし当院の骨盤矯正はキレイに骨盤が小さくなることをしています。理想的な骨盤にしていくことが目的です。

ですから無理な骨盤矯正ではありません。

骨盤矯正といっても小さくなれば良いと言う訳ではなく骨盤に入っている内臓も深く関係していますから始めから骨盤が小さくなったからと言って1回で終わることはありません。

しかし1回目から骨盤が小さくなりますが、1回では戻りがあります。それには理由があります。

骨盤矯正をしても戻るのは

骨盤矯正をして戻るのは、体調に関係があります。体調と言うのは疲れやストレスの蓄積度合いです。

疲れやストレスの蓄積とは自分で気が付かないで多くの方が大きくなっています。

また、疲れやストレスがない方はいっません。疲れやストレスだと気が付いていない方は多くいます。

風邪を引くのも疲れやストレスの蓄積で免疫力が低下している時に冷やしたのが原因です。体にある細菌が免疫力をおとしている時に体を冷やしたりすると多くなって増殖していきます。これが風邪を引くと言う事です。布団から背中が出ていたり、汗をかいたり、洋服が汗で塗れていたりしていると風邪になります。

疲れやストレスが多く蓄積していると生理痛が強くなります。

疲れやストレスの蓄積が多いと生理不順になります。

疲れやストレスの蓄積が多いと便秘になって便通が起きなくなります。

何も痛みやコリなどの症状は感じていないでも骨盤には歪みが起きています。

今まで30年間、骨盤矯正をしてきて骨盤に歪みがない方はいません。

しかも骨盤の歪みだけではく、それ以上のことが起きている方が増えています。

骨盤の歪み・骨盤の開きなど

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤は大きくなりますが、それだけではない方が増えています。

骨盤矯正をする時には、検査する事をしていきますが、検査してみると骨盤の歪みや開きが全員にあります。

これを整えていく骨盤が小さくなっていきます。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きだけではありません。

最近は多くの方が眠りが浅くなっています。

眠りが浅い期間が長いと生命力、免疫力が落ちていきます。

骨盤矯正をするときに、骨盤の中にある内臓も関係しています。内臓と言っても病気ではありません。

病気ではありませんから検査しても定期検査している方も異常が見つかることはありませんが、健康から即、病気になるのか、と言う疑念があります。

検査して異常がなければ健康か?????

1年前には異常なかったものが、1年後には数値が異常になるのか、と言う事です。

細胞の変化はセロから始まっているとして、1年で変わることはありません。

ゼロから100になるには期間が必要です。期間は10年から、それ以上だと思います。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には、骨盤の歪みや骨盤の開きを改善することも、もちろんですが、検査して、それ以上のことが起きていれば、それを解消する必要があります。

単純に骨盤矯正をしていくときに骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤周辺に脂肪が増えたり浮腫みやすくなります。

骨盤の歪みがあると足に脂肪が多くなっていきます。つまり足が太くなります。

脚に脂肪が多くなると、すぐには取れません。

骨盤矯正をして行くときには骨盤を触っておぼえてもらいますが、その触る位置は。

骨盤矯正とは

 

骨盤矯正をする時には、骨盤の幅を変えていきますから、触る位置は骨盤の真横です。

この位置を今、自分で触って下さい。

そして左右差を感じるようにして触ります。

この左右差を感じる時にこそ、しっかりと骨盤の幅を触ることができます。

ただ、手を骨盤の横にあてただけでは、感じていません。

人は感じようとする時に、頭の感覚神経を使うことができます。

これが骨盤矯正をする時の良い触り方になります。

ですから、ただ単に触ったら感じていません。

他人が測るメジャーは始めと位置が違ったり、初めに緩く測って、骨盤矯正をしたあとに締め付けるように測る治療院もあります。

あとで締め付けるように測ると小さくなるのは当然です。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が訪れる骨盤矯正が評判です。

当院では「北九州 骨盤矯正」と「北九州市 骨盤矯正」と「骨盤矯正 北九州」と「骨盤矯正 北九州市」などで人気があります。

 

2018年02月13日

腰痛

腰痛

腰痛を楽にしていくには

小倉北からも多くの方が腰痛の治療に訪れています。

当院は腰痛を原因から見つけて治療していく専門家です。

腰痛が起きる方や腰痛を繰り返す方には原因があります。この原因をみつけて改善していく事をしています。

腰痛を楽にすることと、腰痛を治していくこととは違います。

腰痛を楽にする方法は色々あります。

例えば、湿布を貼ったりすることは普通に腰痛を楽にするにはいいかも知れません。しかし炎症や痛み止めにはなるかも知れませんが、腰痛の原因である骨盤の歪み・背骨のズレは残ります。湿布を貼ったりして腰痛が良くなる程度でしたら。湿布を貼ったりしてよくなる程度だから良くなります。湿布を貼ったりして良くなる程度以外は効果ありません。

サプリメントをドラックストアで買って来たり、通販で購入しても腰痛を楽にすることもできる可能性があるから、売っていますが、サプリメントを飲んでも良くなる程度の腰痛であればです。それ以外はサプリメントを飲んでも良くなりません。

腰痛にも段階があります。

痛みも程度がありますから。

マッサージしても腰痛が良くなることもあれば腰痛は楽になりますが、マッサージは筋肉に対して治療していますから、筋肉性の腰痛であればよくなると思います。しかし院長に言わせると筋肉性の腰痛というのはないと思います。腰痛の原因は骨盤の歪み・背骨のズレですから。マッサージをすると急性的な強い痛みは改善するかも知れません。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあると、繰り返します。

骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛が起きる時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがありますが、何も骨盤の歪み・背骨のズレを改善しなくても、強い痛みは他の治療でも楽になることもあります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレは骨盤の歪み・背骨のズレが起きる原因があります。

どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、何も理由がなくて骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

何かの理由があるから骨盤の歪み・背骨のズレになって、腰痛になっています。

腰痛が起きる時には、何かをしている時に起きていることが多くあります。

何かをしている時とは、重いものを持ったりして腰が痛くなったりします。

庭仕事をしていて立とうとしたら腰が伸びなくて腰痛になった。

野球をしていてバットのスィングで腰を痛めて腰痛になった。

サッカーをして蹴ろうとしたら腰が痛くなった。

足を組んでいるだけで腰痛になった。

子供を抱っこしようとしたら腰が痛くなった。

寝ていると腰が痛い。

クシャミすると腰が痛い。

などなどありますが、これらは切っ掛けです。

切っ掛けと歪み

腰痛が起きる時には切っ掛けと骨盤の歪み・背骨のズレの両方が合うと起こります。

骨盤の歪み・背骨のズレも、いつも変化しています。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなったり、小さくなったり変化しています。

いつも同じではありません。

この変化が起きるのは体に蓄積したあるものが原因です。

この体にたまるあるものとは、疲れやストレスです。

疲れやストレスが多くなればなるほど、骨盤の歪み・背骨のズレは大きくなります。

毎日の生活や仕事で多くなりますが、少なるのは寝ている時だけです。

最近は多くの方が眠りが浅くなっていますから疲れやストレスを解消する時間がありません。

ですから疲れやストレスがドンドン多くなるだけです。

昔でしたら夜に寝ようとすると寝つきが悪かったり、眠れなかったりしていました。

眠りから起きる腰痛

眠りからも腰痛が起きています。眠りと言っても脳から寝ていることが、本当の眠りです。

最近は睡眠負債と言う言葉があるように眠りが浅い方が増えています。

眠いが浅いと脳疲労が起きていきます。脳が弱ると自律神経の支配する力が落ちていきます。

脳が弱ると呼吸もコントロールできなくなります。

脳が弱ると体温調節もできなくなります。

脳が弱るとイライラしやすくなります。

脳が弱ると骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。寝ている時に骨盤の歪み・背骨のズレが拡大していきます。

ですから朝から腰痛が起きたり、腰が痛くなったり、調子の悪さが朝から起こります。

人の体は寝ている時に疲れやストレスを解消していきますが眠りが浅くなっていると寝ながら考え事をしている睡眠をしているようになります。

寝ながら考え事をしている睡眠は朝まで目が覚めない睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。寝ながら考え事をしている睡眠を多くしている方は脳細胞の急激な減少を招いていきます。

脳細胞が減っていくと年齢以上に減ったものは、取り返しができません。

脳の中で作られる脳せき髄液も生産量が減ります。

脳がコントロールを失うと骨盤が歪みを起こしていきます。

内臓の自律神経支配ができないと背骨がズレていきます。

日増しに脳が弱っていき腰痛を起こすこともあります。

腰痛とは

 

 

小倉北区腰痛を楽にしていくなら徳力整体院

2018年02月05日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正をしています

小倉北区からも多くの方が小顔矯正に訪れています。

当院の小顔矯正の特徴はボキボキしないことは、もちろんですが初めから顔が小さくなる小顔矯正をしているからです。

低周波治療器や電器をすることもなく痛くもなく顔が小さくなる小顔矯正ですし初回から顔が小さくなっていきます。

当院の小顔矯正は手のみで顔を小さくしていく事をしています。無理やり押さえつけたりすることもしていません。多分、一番、痛くない小顔矯正だと思います。

当院の小顔矯正をするまえに小顔矯正というものが、どんなものか知ってもらうようにしています。

小顔矯正をしていくときに、多くの方が小顔矯正の意味を知らないで来ています。

小顔矯正というのは、顔の浮腫みや脂肪を減らすことではありません。

もちろん顔の浮腫みを減らしたり、顔の脂肪を減らしたりすることは、もちろんですが。

それ以上に顔を小さくしていくには、何をすれば顔が小さくなるのか、顔が小さくすることができるのか。

顔を小さくすると言う小顔矯正を当院の場合は、顔の骨を小さくすることをしています。

顔の骨を小さくすると言っても小顔矯正に訪れる方のほとんどが顔に異常があるからできる事なんです。

顔を小さくする矯正とは

小顔矯正をしていく時には、検査する事をしています。

検査することができるから検査してみると わかることがあります。

検査してわかることとは、小顔矯正を希望されて訪れる方、全員が顔に炎症やハレがあります。

当院の院長も、これをわからずに小顔矯正をしていしまたが、たまたま、どうして顔が小さくなるのか、検査してみることをしてみると、「え~っ」と言う感じでした。

小顔矯正を研究していくと、本当に多くの方と言うよりも全員に顔の炎症やハレがあることがわかりました。

今まで30年間以上、小顔矯正をしてきて始めて自分の小顔矯正が何をしているのか、わかりました。

検査して炎症やハレがわかったから、小顔矯正を研究してみる機会になりました。

そうすると炎症やハレがあることがわかって、それを小顔矯正の方に、どう説明するか、そう変えていくか、と言う事です。

経験を積んで、今では簡単に顔の炎症やハレのある部分がわかっています。

顔の炎症やハレを矯正することができれば顔が小さくなります。

これが当院の小顔矯正です。

顔の炎症やハレを見つけて改善していく事で顔の浮腫みを解消したり、脂肪を減らしたり、皮膚を引き締めたりすることができて、顔の炎症やハレが改善できると顔がスッキリしていきます。

特にアゴのライン、アゴの部分が細く引き締まると顔全体が変わります。

あとはほほ骨の部分が特に変わります。

この2点を中心的に小顔矯正をしていくと、結構、変わります。

当院の小顔矯正は無理な小顔矯正ではありません。

本当に顔を検査する事ができれば、顔が小さくなりますが、顔の炎症やハレを改善できる小顔矯正というのは、簡単な小顔矯正ではありませんが、簡単にしているようにしか見えません。

専門家の方が横で見ていても、不思議がるくらいですから。

当院の小顔矯正は、マッサージをするように顔を揉んだりしているだけです。

マッサージではありません

しかしマッサージではありません。

マッサージをして顔が小さくなることはないと思います。

このマッサージのような小顔矯正は当院の院長だからできる方法です。

他の誰が見ても顔が小さくなることはありません。

当院だけの特殊な小顔矯正です。

小顔矯正をする時には、自分で顔を触っておぼえてもらうようにしています。

当院では初回から顔が小さくなりますから、顔の大きさや形、幅をおぼえてもらうようにしています。

小顔矯正をする前と、した後を比べることができます。

そのため20分くらいの小顔矯正ですから顔の大きさをおぼえて下さい。

しかし、これが大変、難しく簡単ではありません。

顔の大きさをおぼえておくと言うことと、触り方です。

一番は触り方が簡単なことではありません。

簡単なんですが、簡単ではありません。

簡単に触った方ほど、わからないと言う方がいます。本当に顔が小さくなったのに、わかりません。

変化がわからない方ほど、簡単に触ります。

わかる方ほど、しっかりと触ってくれます。

あまり強く言う事はしませんが、しっかりと触って下さい。

「わかった、わかった」ということがないように。

本当に変わるから、全員にわかって欲しいので。

顔が小さくなったのが、わかると顔が違います。笑顔が違うからです。

 

 

小倉北区小顔矯正ならカイロプラクティック徳力整体院。

当院では「小倉北区 小顔矯正」と「小顔矯正 小倉北区」と「小倉北 小顔矯正」と「小顔矯正 小倉北」でも人気があります。

2018年02月01日

カイロプラクティック

かいろぷらくていっく

痛くないカイロプラクティック

北九州市カイロプラクティックをお探しなら痛くない怖くないカイロプラクティックをしている30年の徳力整体院。

カイロプラクティックと言うのはアメリカで発展した背骨・骨盤矯正術です。

日本でも昔から同じような整体と言う背骨・骨盤矯正術があります。

アメリカではパーマーという人が創始者でカイロプラクティックの矯正を始めて行いました。

カイロプラクティックと言うのは造成語で「カイロ」が「手」という意味があり、「プラクティック」が「術・技」と訳されています。

つまり手の技がカイロプラクティックの意味になります。手の技で体を整えていく事をしています。

カイロプラクティックの理論には痛みやコリが起きる原因は歪みになると言うことを裏付けのもと手技で体を整えて行くのがカイロプラクティックです。

体に歪みが起きる時には骨盤や背骨が歪みを起こしていきます。

歪みを起せば、背骨から出ている神経が圧迫されて痛みになります。

また、背骨が歪みを起こすと歪みを起こした分だけ骨が動きますから骨が動いた分だけ筋肉は引っ張られたりして緊張していきます。

これがコリになります。

カイロプラクティックと言うのは

必ず、歪みがあるから痛みやコリになります。

しかし歪みを矯正しないでも痛みやコリが楽になることもあります。

その方法は、湿布を貼っても楽になる程度でしたら楽になります。

マッサージをしてもマッサージをして楽になる程度でしたら楽になります。

病院で注射を打っても楽になる程度のものは楽になります。

低周波治療器や電器をしても軽いものは楽になります。

しかし痛みやコリは歪みから起きていますから、歪みは残ったままになっています。

原因が全然、改善していません。

痛みやコリも何かをすると、軽いものは痛みやコリが楽になります。

しかし楽にすることと原因から直していく事とは、意味が違います。

歪みが悪化しなくても長期間になれば神経の問題が起きたり、筋肉の問題が起きたりしていきます。

神経の問題を詳しく言うと、神経の働きが悪くなります。神経の働きが悪くなれば握力が落ちたり、手のこわばりが起きたり、ものを持つときに維持する力が落ちていきます。

これは手に限ることではありません。足に行く神経の問題も起きていきます。

脚や手の太さと言うのは、スポーツをしていないと変わりません。

左右の手や足の太さを比べてみて下さい。

また、太さだけではなく筋肉のしっかりとした感じがないと言う事があります。

筋肉がふにゃふにゃしていると言う方もいます。

体の歪みで起きる線骨の歪みは、そこから出ている神経に関係して起きていきます。

循環も悪くなりますし、リンパの流れの停滞して老廃物が多くたまると言う事だけではありません。

歪みやズレから起きる問題は、循環やリンパの流れなどから比べると単純ではありません。

循環やリンパの流れは程度が軽く感じるくらいのものが起こります。

背骨が歪みを起せば、そこから出ている神経だけではなく自律神経も影響を受けていきます。

自律神経は内臓を支配したりしている神経ですから、実際にある神経です。背骨の横にある神経ですから背骨が歪みを起こすと影響を受けるのは当然です。

つまり自律神経失調症になるわけですが、腰痛がある方も自律神経は失調しています。

肩こりがある方も自律神経は失調状態です。

何かの症状が起きる時には自律神経が正常ではありません。

風邪を引いている時も、インフルエンザにかかっているときも自律神経は失調状態になっています。

しかし自律神経失調症ではありません。

カイロプラクティックは

1845年3月7日、生まれのカナダのオンタリオ州ポートベリーで生まれました。

パーマー

 

20歳の時にアメリカに移住してイリノイ州ニュウーボストンに住んでいました。彼は研究熱心でしたので、いつもある疑問がありました。

この疑問は、「同じ親から生まれたのに兄弟でも弱い子もいれば、そうでもない子がいるのか」などや「ある内臓は弱いのに、他の内臓はそうでもないのか」などや「一部の内臓が病気なのに、投薬を行うのか」と言う疑問です。

薬を飲むと全身に薬の成分が行きわたります。

悪い所だけに効果がいくと言う薬はありません。良い所も薬の影響を受けると言うことです。

カイロプラクティックの創始者

ダニエル・デイビット・パーマーは1885年アイオワ州ダベンポートで磁気治療院をしていました。

ここの管理人兼掃除人のハーベィ・リラードという人との出会いがカイロプラクティックを大きく変えていきます。

ハーベィ・リラードは17年前から耳が不自由でした。

狭い所で掃除していたら首の所でボキッと音がしました。

それから耳が不自由になりました。

少しは聞こえていたそうですが、以前とは違って音がこもったようになりました。

ハーベィ・リラードの首の部分を見てみると不自然な出っ張りがあり、そこの矯正をしてみたところ耳が聞こえるようになったそうです。

これがカイロプラクティックの初めての矯正です。

 

 

 

当院では検索で「小倉 カイロプラクティック」と「カイロプラクティック 小倉」で人気があります。

2018年01月22日

肩こり

肩こりを楽にしていくには

肩こりを楽にしていく時、ただ、揉んだりするだけではなく、どうして肩こりが起きるのか原因を見つけることも必要です。

肩こりと言うのは大変な問題が関係していることもあります。

肩こりと言うと簡単に考えている方が多くいます。簡単に考えて良い肩こりもあれば、違う肩こりもあります。

当院では肩こりの肩の検査することで状態を見つけていき肩こりの原因をさぐります。

肩こりと言うとマッサージしたり、湿布を貼ったりすることや、低周波治療器や電器をすることが簡単で肩こりを楽にすることができるかも知れませんが、原因も見つけることなく肩こりを解消する事ばかりしていると原因もいつまでも同じままではありません。

肩こりには原因があります。どうして肩こりが起きるのか???その原因を見つけ出して解消することが肩こりを改善していく事になります。

肩こりというと筋肉のコリと言うことで起こりますが、筋肉がどうしてコリを起こすのか、どうして筋肉のコリが起きてしまうのか、原因があります。

肩こりを起こしやすい筋肉は僧帽筋と言う筋肉です。僧帽筋は首の付け根から肩から背中まである大きな筋肉です。

僧帽筋から肩こり

上のイラストが僧帽筋ですが、簡単に書いていますので主には肩や首には色々な筋肉がありますが肩こりに関係しやすいのは僧帽筋です。

この僧帽筋と言う筋肉が緊張したことが筋肉の緊張から循環が悪くなってリンパの流れが停滞して老廃物が多く蓄積して起きるのが肩こりです。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉のコリなので、どうして筋肉のこりが起きるのか、見つけることをしていく為にも目の前にあるものから解消していく事をしていきます。

何も原因がなくて筋肉のコリが起きることはありません。

何かの理由があるから筋肉のコリを起こすと思って下さい。実際にそうですから。

肩こりを起す僧帽筋は多くの方が酷使しています。

と言うのは、いつも人は気が付いていない状態で肩の筋肉の僧帽筋を酷使とまではいかなくても使うことが多くあります。

肩こりを起こしている僧帽筋は、生活上でも、いつも使っています。

掃除でも肩を使いますし、洗濯でも腕や肩を使います。

買い物をしても、車で行っても買い物をしたものを持つ動作と言うのは僧帽筋の疲労になります。

車の運転も肩に力が入ります。

本を読むときも手に持つことしますから持つことで肩に力が入ります。

いつの間にか肩と言うのは使うことが多くありますから、筋肉疲労が起きやすくなります。

この筋肉疲労が肩こりになります。

しかし筋肉疲労が起きていく過程では、誰も起きてしまわないと何もしません。

肩こりが起きる前に、何もコリもない時に何かをして筋肉疲労を改善することは考えていません。

いつも使う肩ですからメンテナンスも大切です。

肩こりと言うとマッサージをしたり、湿布を貼ったり、注射を打ったり、低周波治療器や電器をしたりすることが多く見受けられますが、原因を見つけることなく筋肉をほぐしています。

肩こりには原因が隠れていますがドラッグストアで肩こりが楽になるサプリメントを飲んでも肩こりは楽になるかも知れません。

肩こりには原因がありますが、マッサージをしても一時的には肩こりは楽になります。

肩こりにも原因が潜んでいますが、病院で注射を打っても肩こりは楽になります。

肩こりと言うと原因がありますが、低周波治療器や電器をしても肩こりは楽になります。

肩こりと言うと針を打っても楽になることもあるかも知れません。

しかし肩こりを起していり原因は、どうするの????

肩こりには

肩こりには筋肉疲労から起こりますから筋肉疲労が起きればリンパの流れが悪くなります。

いつもいつも使うことが多い肩の筋肉ですから疲れやストレスを多くためています。

それを解消することができれば肩こりも楽になりますが。

肩こりには筋肉以外でも起こります。それは歪みです。

背骨の歪みやズレが起きると筋肉も引っ張られたりしていきますが、筋肉のコリが強くなると筋肉のコリから骨が歪みを起こすこともあります。

筋肉が異常に固くなると骨まで歪みが起こります。

逆に歪みが起きたら筋肉は引っ張られたり緊張します。これが肩こりになることも多くあります。

肩こりが筋肉から起きる肩こりなのか。

肩こりが背骨の歪みから起きる肩こりなにか、違いがあります。

どこから起きている肩こりなのか、見つけていく為にも検査することで見つけていきます。

当院では検査することで色々な状況が判断することができますが、体調が悪いと原因を見つけることも迷ってしまいますから、原因よりも先に改善するものがあります。

先に改善するものとは体調を上げること、リンパの流れを改善することなどです。

 

 

検索で「肩こり 小倉北区」、「小倉北区 肩こり」でも人気があります。

2018年01月09日

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正をするなら

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

当院では多くの方が骨盤矯正に訪れていますが、骨盤矯正をする時には痛くない怖くない骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をするときに無理に押さえつけたりすることなく骨盤を小さくして小尻にしていきます。

と言う事なんですが、骨盤矯正と言うのは、どう言う事を言うのか??

骨盤を小さくしていくのが骨盤矯正ですから、骨盤を小さくするわけなんですが。

骨盤を小さくすると言うことは何をするのか、と言うことがあります。

骨盤を小さくすると言うことは骨盤を小さくすることですから、何をすれば骨盤が小さくなるのか???

骨盤矯正というのは

上のイラストにあるように骨盤と言うのは仙骨(尾てい骨)、寛骨(腸骨、恥骨、坐骨)を合わせたものを骨盤と言います。

生まれて間もない時には寛骨は3つにわかれています。軟骨でつながっています。寛骨は腸骨、恥骨、坐骨が成長して一つになると寛骨と言います。

つまり骨盤とは両方の寛骨と中央の仙骨を骨盤と言います。

この骨盤を小さくすることが骨盤矯正です。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には寛骨と仙骨の関節のことを仙腸関節(仙骨と寛骨の関節なので)と言いますが、ここは、じん帯でつながっていますからじん帯の位置を変える事はできません。

体を支えるじん帯ですから、じん帯が不安定になります。

じん帯が不安定になると体を支えることができないで歩けなくなります。

しかし、そんなに簡単に影響を受けるものではありません。

かなり強硬につながっていますから。

では、どうしたら骨盤矯正をして小尻にすることができるのか。

多くの骨盤矯正は一例ですが、骨盤を内側にすることをしています。

骨盤を内側にしてしまうと大変なことが起きります。

見た目で見て小さくすれば良い訳ではありません。

骨盤を内側にして小さく見せることは危険です。

当院の骨盤矯正は

検査する事ができますから検査して確認しながら骨盤を自然に整えていくことができます。

検査することで、わかることがあります。

今まで骨盤矯正を希望されて訪れた方は全員、骨盤の歪身がありました。

何も症状がないでも歪みはあります。

骨盤の歪みがあると生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎は起きやすくなります。

骨盤が歪んだり、開いたりしていると、中にある内臓も正しく働けるかと言うと、そうではありません。

骨盤の歪みから何かの異常を起こすことは当然です。

骨盤矯正を希望してきた方の検査をすると体調が悪い方や疲れやストレスが多くたまっている方や眠りが浅い方が多くいます。

どうして体調が悪い方や疲れやストレスが多くたまっている方や眠りが浅い方などの方が骨盤矯正と関係があるのか。

それは体調が悪い方や疲れやストレスが多くたまっている方や眠りが浅い方がある方は、骨盤の歪みが必ずあります。

体調が悪い方や疲れやストレスが多くたまっている方や眠りが浅い方がある方は背骨のズレがあります。

体調が悪い方や疲れやストレスが多くたまっている方や眠りが浅い方でひどい方は骨盤自体に炎症やハレがあることも多く見受けられます。

体調が悪いと

体調が悪いと体調の悪さを感るのが普通ですが、感じない方が増えています。

すごく体調が悪くなても感じなければ元気だと思っています。

風邪も引かないし体調は良いと思いますよね。

しかし、睡眠負債という言葉があります。

睡眠負債とは眠りの浅さなんですが、夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

寝つきが悪かったり、夜中に目が何回も覚めなければ寝ている、眠れている、と思います。

最近は、最悪な睡眠が出てきています。

最悪な睡眠とは寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳疲労になっていきます。

脳疲労になると脳は弱って体の状態を判断することもできなくなります。

自分がわからなくなります。

頓珍漢なことを言ったり、会話が成り立たなくなります。

記憶の問題が生じて物忘れ、うっかりが多くなります。

イライラしやすくなります。

寝ながら考え事をしている睡眠をしている方は自分では判断ができない方もいます。

本当は骨盤矯正をするよりも脳の問題がある方が重要なんですが。

できたら骨盤矯正と同時に改善していくことができれば良い思います。

簡単なことではありませんが。

体調が悪い時には骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。

疲れやストレスがたまっていると骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。

眠りが浅いと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。

ですから、体調を上げること、疲れやストレスを減らすこと、眠りを改善することでも骨盤は小さくなっていき小尻になることができます。

 

当院では検索で「小倉北区 肩こり」と「肩こり 小倉北区」で人気があります。

2017年12月19日

腰痛

腰痛を楽にしていく

腰痛を楽にすることから

まずは腰の痛み腰痛を楽にしていく事から始めて行きます。

腰痛には腰痛を起こしている原因があります。この原因があるから腰が痛くなったり腰痛を起こしています。

原因がなかったら腰痛は起きていませんし、繰り返すこともありません。

腰痛を起したかた、繰り返す方、数年に一度でも腰が痛くなりやすい方、いつも腰が悪く感じている方、腰痛に悩んでいる方は原因が解消していないから起きています。

しかし、まずいことに原因もいつまでも同じままではありません。

これが一番、厄介なんです。

どんな治療をしても原因がかわらない所か、原因もいつまでも同じままではなく進行していくと言うことがあるから厄介なんですが、原因があると痛みが強くなると言うよりも変化して違ったものとして出てしまうと言う事です。

変化して違ったものとして出てくるため、違うものとして思いますが、同じものなんです。

腰痛を起こしている黒幕は腎臓です。

腰痛を起こしている時には、病気ではなく腎臓に疲れやストレスがたまったことが原因で起きています。

腎臓に疲れやストレスがたまると筋肉バランスに影響がでて筋肉バランスの崩れから骨盤の歪みや骨盤の開きが起こります。

この骨盤の歪みや骨盤の開きが原因で体を維持することができない為に腰痛、腰の痛みになっています。

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのは骨盤が不安定になりますから骨盤の不安定性がある時に重いものを持ったり、中腰をしたり、前かがみをしたり、庭仕事で座って立とうとしたときに腰が痛くなって腰痛に、クシャミをしたら腰が痛くなったと言うことが起こてしまいます。

すべては黒悪の腎臓疲労が原因で骨盤の不安定性が出てしまいます。

しかし、湿布を貼ったりしても腰の急激な強い痛みは楽になることもあります。これで直ったと思うでしょうが治っていません。急性状態の痛みが減っただけです。原因ものこっていますから繰り返しやすく、戻りやすくなりますし腰の痛みを感じない時でも原因はいつまでも同じままではありません。

つまり腎臓の弱さ、悪さが進行して行きます。腎臓の弱さ、悪さが進行していきながら時々、腰の痛みや腰痛を起こしています。

マッサージしたりしても強い痛みは楽になることもあります。マッサージしても筋肉の緩和ができるので筋肉をほぐしていくから、マッサージなんですが筋肉の炎症やハレは楽になることはありますが、骨盤の歪みや腎臓の問題は解消できません。骨盤の歪みや腎臓の問題を改善できないと戻りやすくなるばかりではなく、原因もいつまでも同じままではありません。進行していくと言うことが水面下で起きていきます。

低周波治療器や電器でも腰痛は楽になることもありますが、低周波治療器はプラスからマイナスへ端子を通して定電流の電気を流すことで筋肉を刺激しているだけです。筋肉を刺激して筋肉を動かしています。原因などは関係ありません。

原因から見つけて変えていくと言うことは簡単なことではない為に対症療法ばかりしていることが多くあります。

対症療法

対症療法と言うのは原因を見つけることもなく、痛みやコリがある部分に対して一時抑えをしたり、何かをしていく治療です。痛み止めの薬も対症療法になります。サプリメントでも一時押えです。

一時抑えでも楽になることもあるから、していますが原因が変わらずありますから、原因から解消することを遅らせる結果になっています。

原因を見つけることもなく患者さんが感じている痛みやコリを楽にしていく方法です。

一番、簡単な方法が低周波治療器や電器ですが、機会さえあれば機械任せにしているだけです。

患者さんも寝ているだけですから楽で良いと思います。

当院でも昔は低周波治療器や電器を使っていました。何も考えもせずに。矯正した後に低周波治療器をしていました。15分くらいの時間ですが。何も考えもせずにあてるだけです。

本当に原因なんか、関係もなく考えることもなく腰痛を楽にしていると思っていました。

どこの治療院でも整形外科でも、整骨院でも整体院でも、カイロプラクティック院でも、どこでもしているものですが多少メーカーと機械の種類が違うだけです。

本当に低周波治療器と言う治療器ですから痛みやコリが軽くなったり楽になったりするものですから簡単に考えていましたが、低周波治療器と言うものの原理を考えたら大変なことをしています。

原因をみつけることが遅れるからです。

腰痛を楽にしたら腰痛の原因も見つけて解消することをしていきますが腰痛の原因は腎臓疲労ですから、どうして腎臓疲労が起きるのか、と言うことまで考えないといけませんので、その原因は腎臓の弱さにあります。

弱い内臓ほど疲れやストレスはたまりやすくなります。

腎臓に疲れやストレスがたまると、腎臓は骨盤の歪みを起こしながら腎臓の弱さが進行していきます。

この腎臓の弱さが先将来の病気につながります。なると言う訳ではなく確率が高いと言う事です。

腎臓の病気もすぐではありません。先将来ですが、いつの将来かと言う事です。

腎臓から腰痛になります

 

 

当院では検索で「小倉北区 腰痛」と「腰痛 小倉北区」で人気があります。

2017年11月14日

肩こり

肩こり

肩こりを楽にするためには

肩こりを直していく為には、まずは肩こりを楽にしていく事から始めて行きます。

肩こりを楽にする為には原因から解消していく事からしないと、本当の意味で肩こりはよくなりません。

肩こりを楽にすることと、肩こりを直すことは意味が全然違います。

肩こりを楽にできると思われる色々な治療法がありますが、多くは原因は関係なく楽にする事ばかりしています。

肩こりを原因を見つけることなくしていく治療は、対症療法と言う治療になります。

対症療法は、肩こりに効果があると言うサプリメントを飲んだり、健康食品を飲んだり、湿布を貼ったり、注射を打ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたり、整体院やカイロプラクティック院でボキボキしたりすることが対症療法です。

原因を検査する事ができないからしている治療法です。

肩こりには原因があります。

この肩こりを起す、本当の原因は大変なものですが、多くの方は簡単に考えています。

肩こりを簡単に考えてしまって、本当の原因の進行を遅らせる結果になっていることも多くあります。

肩こりが起きるのは筋肉の問題だけではないからです。

しかし筋肉を揉んでも、肩こりは楽に感じてしまうために肩こりを楽にしたと思うことができます。

肩こりに低周波治療器をしてもプラスからマイナスへ電極をつけて電気を流しても肩こりのコリが散ってしまって肩こりがよくなった感じになるからです。

肩こりをマッサージして揉んでも肩こりの筋肉が楽にしてしまう為に、肩こりが良くなったと思わせることができるからです。

肩こりをサプリメントを飲んでも栄養や筋肉のコリに効くと言う何かのエキスを混ぜることで肩こりを良くしたように思う事もあります。

しかし

肩こりには原因があります。

肩こりには筋肉のコリと言うイメージが強い為に、筋肉ばかりほぐしています。

しかし筋肉のコリもありますから、筋肉をほぐせば多くの肩こりは楽に感じます。

しかし筋肉をほぐしても、その先にあるものまで考えていません。

当院では検査する事ができますから検査する事で色々、先にあるものがわかってきました。

肩こりは筋肉のコリだけではありません。

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージがありますから筋肉のコリや緊張も、もちろんあります。

しかし筋肉だけをよくすれば良いと言う訳ではありません。

どうして筋肉のコリが起きたのかと言うことが大事になります。

筋肉のコリと言うと使い疲労があります。

肩を使う事が多くあると、どうしても筋肉疲労は起こりますから筋肉疲労からコリが起きて肩こりになることも多くありますが、筋肉疲労があると普通は体のホルモンが正常に働いていると筋肉のコリは解消してくれます。

解消できないものがあるのか?? と言う事になります。

その一因を考えるなら基本的なものが深く関係しています。

それは体調です。

体調と言うのは何かわからないものです。

痛みやコリがないから体調が良いのか??

ダルさを感じないから体調が良いのか??

元気だと思っているから体調が良いのか??

体調と言うのは最近は多くの方が落ちて悪くなっています。

体調が良いと言う方は検査してもいません。

体調が悪すぎてわからなくなっている方は多くいます。

体調が悪いと歪みやズレが起こります。

体調が悪いとリンパの流れ、循環が悪くなります。

内臓の働きも低下していきます。

生理痛や便秘も体調の悪い時には生理痛がひどくなったり、便秘で便が出なくなります。

●体調が良いと生理痛は軽く感じます。

●体調が良いと便秘はふだんよりも日にちを置かないで出ます。

これが体調です。体調とは疲れやストレスの蓄積で起きています。

疲れやストレスが多くなると内臓の働きを悪くしてしまいます。

内臓といっても病気ではありません。

最終的に内臓に疲れやストレスはたまっていきます。これが背骨や首の骨の歪みやズレになります。

背骨や首の骨が歪めば筋肉も緊張してコリを起こしていきます。これが肩こりです。

背骨や首の骨の歪みやズレが原因でもないし筋肉の問題が肩こりの原因でもありません。

内臓疲労が本当の原因です。

内臓は弱い内臓と、そうでもない内臓があります。弱い内臓に疲れやストレスがたまるとたまればため込むことができます。

弱い内臓が多くの疲れやストレスをため込んでもしまうと老化が急速に進行したものが病気になりやすくなります。

内臓の病気と肩こりには密接に関係がありますが、今は病気ではありませんから健康と言われます。

病気は病院の専門ですから病気になったら病院に行くと検査してみると陽性反応が出て病名が付きます。

いかし完成するか、完成まじかしかわかりません。それでは遅すぎます。

病気になると言っている訳ではありません、可能性の問題です。

確率が高くなると言うことを言っています。注意して下さい。当院では病気の治療はできませんししていません、薬の指導も病院で受けて下さいね。

肩こりの原因

 

当院では検索で「小倉北区 肩こり」と「肩こり 小倉北区」で人気があります。

2017年11月09日

小顔矯正

image10

小顔矯正

小顔矯正

当院の小顔矯正はボキボキしない痛くない小顔矯正をしていますが、当院の小顔矯正は大きく分けて2通りの小顔矯正があります。

①体調を整えていくと顔が小さくなる小顔矯正(体調を上げる治療)

②体質改善による持続力抜群の小顔矯正、です。(体質改善の治療)

小顔矯正と言っても1回で終わることはありません。と言うのは理由があります。

当院ではただ、顔が小さくなれば良いと言う小顔矯正ではありません。

●自然な小顔矯正をしています。

●骨ばることなく美しく小顔矯正をしていきます。

●健康に見える理想的な小顔矯正を目指します。

●小顔矯正で、しなやかな顔になるように仕上げていきます。

●顔色も良くなる小顔矯正です。

●肌のツヤも良くなる小顔矯正です。

小顔矯正と言っても顔だけすれば良いと言う小顔矯正ではありませんので美容的な小顔矯正ではなく治療による小顔矯正をしています。

顔を治療することで顔が小さくなる小顔矯正をしています。

顔の治療???と言うと変なふうに聞こえますが、本当に顔の治療をすることで顔が小さくなる小顔矯正です。

顔を治療することですから初回から顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をする時に

当院では検査する事ができます。顔の検査をしてみると多くの現実がわかってきます。

この現実とは顔にも疲れやストレスはたまると言う事です。

顔に疲れやストレスがたまると痛みやコリが無くても異常になっています。

この異常と言うのは顔の炎症やハレがあります。

疲れやストレスがたまると体にもたまっていますが、顔に疲れやストレスがたまると歪みを起したり、皮膚の炎症やハレ、筋肉の炎症やハレ、骨の炎症やハレが起きていきます。

顔に起きる異常:皮膚の炎症やハレ、筋肉の炎症やハレ、骨の炎症

検査する事ができるので検査してみると、たまたま発見できたのが、皮膚の炎症やハレ、筋肉の炎症やハレ、骨の炎症です。

どうして、それが起きるのか、と言うことまですぐにはわかりませんでしたが研究してみると疲れやストレスが原因だとわかりました。

体にも多くの疲れやストレスはたまりますが、顔にも疲れやストレスはたまって、気が付かないうちに顔にも疲れやストレスがたまるという事です。

考えれば当然ですが体にたまる訳ですから顔や頭にも疲れやストレスはたまると言う事です。

疲れやストレスが

顔に疲れやストレスが蓄積していくと、いつの間にか疲れやストレスが多くなって顔の浮腫みを起こしたり、顔の皮膚が垂れ下がってきたり、顔色が悪くなったり、肌のツヤがなかったりしていきます。

当院の小顔矯正は異常がある部分を見つけて顔を小さくしていく事ができる小顔矯正をしています。

ボキボキしたりすることなく痛くもない小顔矯正をしています。

顔の異常がある部位を見つけて改善していくことで顔が小さくなります。

今まで全員と言って良いほど顔に何かの異常がありましたから全員、顔の大きさが小さくなっています。

全員、顔が小さくなっていますが、それがわかる方は90パーセントです。

あとの10パーセントの方が顔を小さくしても分かりませんでした。

これには原因があります。

①触り方が悪い

②記憶ができない

③睡眠負債のせいで脳神経のマヒ

顔を小さくしても

顔を小さくしても自分でわからなければ院長も納得できません。鏡で見て小さくなったのがわかるよりも、何よりも自分の両方の手で小さくなったのがわかるのが一番だからです。

そのため、触り方を指導しています。指導したように顔を触っておぼえているだけなんですが。

当院では小顔矯正に入る前に顔を触っておぼえてもらうようにしています。

触り方は

小顔矯正の触り方

上の写真のように手首の部分を合わせて顔を覆うようにして触ります。

小指の部分をもう少しほほ骨に当てて下さい。

手のヒラを浮かさないようにして手のヒラで顔の大きさをおぼえます。

これが一番、簡単な方法ですが、簡単に触るとわかりません。

そこで左右差を感じるようにして下さい。

顔には左右差があります。シンメトリーの顔の方はいません。左右が、まったく同じと言う意味ですが。

顔にも左右差があります。

右側の顔が大きいとか、左は一部だけが張っているとかがあります。

これを感じようとすると脳神経が働きだします。

この働いた脳神経を手に集中させて触るとわかります。

つまり『感じようとする』と言う事です。

脳神経を働かせないとわかりにくくなります。

いくら顔を小さくしても分からなければトラブルの元ですし、本当に努力して顔を小さくしても苦労に終わります。

わからない方は治療をすることをお勧めしています。と言うのも大変なことが起きているからです。

同じように顔を小さくしても、わかる方とわからない方がいます。

ここが一番、問題です。

感覚神経は脳にあります。強くはこれ以上は言えませんが。

当院では

体質改善の治療があります

体質改善の治療はアンチエイジングの治療であり、若返りの治療です。

細胞レベルから若返りさせることができる治療ですから、これを小顔矯正にしようすると持続効果が上がりますし顔だけではなく全体的に効果が出ていきます。

顔も小さくなって、ウエストが細くなり、骨盤も小尻に、上半身も細くなっていきます。

体重よりも見た目を細くする小顔矯正ができます。人は見た目でみて判断していますから、体重は後でついてきますから。

体質改善の治療で小顔矯正をしていくと、体の中から変えていく事で顔が小さくなります。

しかし

体質改善の治療は

体質改善の治療は初回からはできません。準備が必要ですから準備ができていないと体質改善の治療をしても効果はありません。

体質改善の治療ができだすのは数回後の治療になります。

体質改善の治療は強い治療です。体の若返りの治療が簡単にできることはありません。

簡単にしているように見えますが、院長は簡単なことだとは思っていません。

体調が悪かったり、疲れやストレスが多くたまっていると浮腫みも起こりますし、顔の筋肉や皮膚が垂れてきます。

そして体調が落ちていると体力が低下しています。こんな状態では体質改善をしても変わりません。

変わるだけの力がいります。

体質改善は

体質改善の治療は内臓に限らず、関節や筋肉やじん帯、中枢神経を直していく事ができます。

もちろん一度に改善することはできません。どこをどれくらい変える事ができるのか!!!

変えれば変えるほど顔も小さくなっていきます。ある程度の限界がありますが。

しかし疲れやストレスは弱い所にたまっていきます。

弱い所にたまると老化が急速に起きていきます。

内臓で老化が進行していくと内臓の病気になる確率が高くなります。

脳で進行していけば認知症になる確率が上がります。

ならないように近づかないようにしていくことも体質改善の治療です。

小顔矯正は

小顔矯正をする時にはアゴのラインが大きく変わることがあります。

アゴのラインをスッキリさせる

 

アゴのラインをスッキリさせることが一番の小顔矯正になりますから。

特にアゴの部分には炎症やハレがあることが多いようです。

それを改善していくと顔が小さくなります。

顔を小さくしていく時には、特にアゴのラインをスッキリさせるようにしていきます。

アゴと言う部分は、大変、多くの問題を起こしている所です。

一番はアゴのラインから変えていきますから小顔矯正に入る前に必ず大きさや幅をおぼえるようにして下さい。

ボキボキしない痛くない手だけで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

 

当院では検索で「小倉北区 小顔矯正」と「小顔矯正 小倉北区」で人気があります。

2017年11月07日

カイロプラクティック

カイロプラクティックでもボキボキしない

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのは、痛みやこりは骨盤の歪み・背骨のズレから起きていると言う理論のもとに骨盤の歪み・背骨のズレを矯正することで楽にしていく矯正法です。

カイロプラクティックの理論である骨盤の歪み・背骨のズレは検査することで確認しながら矯正していきます。

矯正する時にボキボキすることはしません。

当院の背骨矯正をする時には、背骨の上をマッサージするようにもんでいくと矯正できる特殊な技術を持っています。

普通は誰がしてもできませんが院長がすると背骨の上をマッサージするようにもんでいくと矯正できます。

実際に骨が動きます。

しかし、この時の骨の動きは椎間板の中に蓄積した気泡の場合です。

これは多くの矯正している専門家の方も知りませんが、体に疲れやストレスがたまると骨と骨の間になる軟骨に気泡ができます。

これは誰でも起きていますから、腰痛、肩こり、首の痛み、首のこり、背中の痛み、などはすべて、これが原因です。

腰痛、肩こり、首の痛み、首のこりは体にたまった疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

しかし、疲れやストレスは椎間板の中にもたまります。

この時に椎間板(軟骨)の中に気泡が多くできます。

 

人には生まれつきある歪みがあります。

これは背骨にも起きています。

生まれつきある部分に関係する内臓は弱い所です、。

この背骨の歪みがある部分と内臓の弱さは同じ所です。

背骨の6番目に歪みがあるからは膵臓が弱い方です。膵臓が体質的に弱い方は生まれつきです。生まれつきと言うのは親が膵臓が弱いと言う因子があります。

親が膵臓が弱いと、背中のハリ、背中の攣り、ダルイ、糖尿病、かゆみ、乾燥肌、アレルギー、アトピー、腰痛、下痢、足の攣り、眠れない、眠りが浅い、などの症状が起こりやすくなります。

ですから行く行くは子供も同じようになるのが起こります。

同じ道をたどるのが親子関係です。あとはどれくらい強く出るか、弱く出るか。

あとは、いつ出るか、早く出るか、遅く出るか。

カイロプラクティックと言うのは、ただ痛みやこりを楽にすることもありますが、その原因から改善していく治療です。

背骨のズレは内臓と関係しています。

痛みやこりも内臓と深く関係しています。

根底にあるものは体質的な内臓の弱さです。

内臓の弱い部分に疲れやストレスたまりやすくなります。

疲れやストレスが多く蓄積して長期間、減ることがないと内臓は老化が促進していきます。

内臓の老化したものが病気です。

どこの内臓が弱いかで起きる痛みやこりが違います。

腎臓が弱い方は腰痛を時々起こします。ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も。

心臓や肺、肝臓、胃が弱い方は肩こりになります。

 

 

気泡をカイロプラクティックで解消

 

 

当院では検索キーワードでも人気があって、「小倉北区 カイロプラクティック」、「カイロプラクティック 小倉北区」などの検索でも評判の良いカイロプラクティックをしています。

2017年09月05日

肩こり

肩こりを原因から

肩こり

肩こりは筋肉のコリと思う方が多くいます。しかし、肩こりを起こしている筋肉と言うのは僧帽筋のコリのことです。

僧帽筋と言うと頭の付け根から肩から背中まである大きな筋肉ですが、特に上部の僧帽筋がコリを起こした時に肩こりは起こります。

僧帽筋のコリがリンパの流れも停滞させて老廃物が多く蓄積していきます。

僧帽筋の筋肉がコリを起こすとリンパの流れが悪くなります。

もちろん筋肉だけではなく血液の循環も悪くなりますし、神経の働きも悪くなります。

しかし、、どうして僧帽筋のコリが起きているのか、と言う事があります。

何かが起きる時には、必ず原因が必要です。原因がないのに痛みやこりが起きることはありません。

僧帽筋も使いすぎてコリを起こすことはあります。この場合、筋肉疲労ですから野球選手のピッチャーみたいに冷やしてみることも必要です。

多くの筋肉疲労は熱を持ちますから、一時的に冷やすと楽になります。

筋肉疲労以外で起きる肩こりは、筋肉が原因ではありません。

肩こりと言うと筋肉と勘違いして低周波治療器や電器をしたり、マッサージをしたりということが多くあります。

これは低周波治療器や電器をすると肩こりが感じなくなるためです。

肩こりを直すと言うよりも肩こりを感じなくさせることができるのが低周波治療器や電器です。

肩こりを感じなくさせることができる期間は短い場合もあれば長期間に及ぶ場合もあります。

これが低周波治療器や電器をすると肩こりが直ったと思わせる理由です。

しかし、ほんとうの肩こりは直っていません。

肩こりと言うのは、低周波治療器や電器をしたりして直るものではなく、体が起こしているボディランゲージです。

体は何かの異常を感じたら痛みやこりを起こします。

内臓の病気の時も同じです。

内臓の病気の時も何かの不調や異常を感じて病院に行くと思います。しかし、これでは遅いんです。

体は病気になる前に痛みやこりを起こしています。

これを簡単に考えている事が多くあります。

たかが肩こり、されど肩こりです。

肩こりと言うと、病気の前兆と考えるようにして下さい。

しかし、今は病気にっていませんから、検査しても異常は見つかりません。

異常がないから低周波治療器や電器をしたり、マッサージをしたり、注射を打ったり、サプリメントを飲んだり、薬を飲んだりしています。

しかし、これでは原因はみつかりません。

低周波治療器や電器では肩こりのコリを散らしているだけです。

低周波治療器や電器は肩こりを直している訳ではありません。

マッサージも筋肉に対してほぐすことをしています。肩こりの原因は関係なく筋肉だけです。

 

肩こりを原因から改善

 

小倉北区 肩こり」・「肩こり 小倉北区」などの検索で人気があります。

2017年08月28日

骨盤矯正

小尻になる骨盤矯正

骨盤矯正

当院は30年になる徳力整体院と言いますが、当院では特徴がある他ではマネできない骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正の治療は痛くないボキボキしない骨盤矯正をしていますが、超がつくくらい特殊な骨盤矯正ですが、できるから簡単にしていることもありますが、その為、誰でできると思われることもありますが、当院の院長だからできる技なので30年間かけた骨盤矯正をしています。

整体院やカイロプラクティック院、整骨院、マッサージさんでもできない骨盤矯正をしています。

エステでも当院の骨盤矯正にはなかいません。

骨盤矯正をする時には、物量(機械、クリーム)などではなく手の技術がものを言います。

いかに手の技術を向上させるか!!!ですね。

当院では今でも技術力を向上させる努力をしていますが、そのため技術自体は変化しながら向上しています。

当院の骨盤矯正はマッサージでもなく、低周波治療器や電器などは使いません。

手の技術だけで変えていく骨盤矯正をしています。

手で骨盤矯正をしていく時に、痛いことはしていませんし怖くもない骨盤矯正をしています。

手の技術力がすごい

まさにマッサージをするようにして骨盤矯正をしています。

骨盤を揉むようにしていくと院長の手の技術で骨盤が小さくなっていきます。

しかし、簡単なような技術が一番、難しく誰でも同じようにしても変わりません。

院長とまったく同じようにしても、いくら教えても院長と同じようにはなりません。

できる院長がするから変わります。

ですから他ではできない骨盤矯正をしています。

しかも手の技術だけで変えると言うのは、一番、難しく誰でも簡単な機械に頼っています。

骨盤矯正ができるベルトなどがあればベルト締め付けている時だけ良い感じですが、外せば同じです。

当院のような骨盤矯正ができる治療院はありません。

当院は技術力だけで骨盤を変えていきます。

当院の骨盤矯正は

検査することができます。院長は検査することで骨盤の歪みや開きはもちろんですが、それ以外の検査をすることができます。

骨盤矯正をする時に、骨盤の歪みあると骨盤周辺が脂肪になりやすく浮腫みがおきやすくなります。

骨盤矯正をする時に、骨盤の開きがあると骨盤が大きくなります。

最近、多くの方が骨盤のトラブルを抱えています。トラブルがあっても痛みやこりはありません。

そのトラブルと言うのは、骨盤自体の骨の炎症です。

そのトラブルと言うのは、骨盤自体の骨のハレです。

普通はこんなことは起こりませんが、こう言う不自然なことは起きています。

常識では考えられませんが。

これを自分でも検査することができます。

検査する方法

検査する方法は

平らな所に上向きで寝てもらいます。

この時に、一度、寝たら骨盤をまっすぐにしてください。

そして骨盤の恥骨の部分の出っ張りから見ていきます。

左右を比べるようにするとわかりやすくなりますが、左右が同じように炎症やハレがあると専門家の院長でしかわからないと言うこともあります。

院長が検査して確認して、患者さんに説明する時に、「ここの大きさが違いますよね」と言って患者さんの手を添えるとわかることも多くあります。

院長は検査して確認していますし慣れていますから、すぐにわかります。

 

骨盤矯正の炎症ハレ

 

上の写真の特に腸骨の部分が炎症やハレを起こしやすい部分です。

片側の骨盤がハレていると肥大して大きくなって骨盤が変形を起こしています。

恥骨も出っ張りがあると恥骨の中の内臓もトラブルを起こしています。トラブルとは膀胱炎、生理痛、生理不順などです。

特にブルーの矢印と赤い矢印が一番、ハレ、炎症で大きくなっています。

骨盤の骨に炎症やハレがあると脂肪が増えやすくなります。

骨盤の骨に炎症やハレがあると、骨盤が大きくなります。

 

 

人気がある骨盤矯正

 

当院では検索で「小倉北区 骨盤矯正」と「骨盤矯正 小倉北区」で人気があります。

2017年08月25日

小顔矯正

口コミで人気の小顔矯正

小顔矯正

口コミで人気が高い小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正はボキボキしない痛くない怖くない小顔矯正です。

当院の小顔矯正は院長がマッサージするみたいに顔を揉むようにしていくだけで顔が小さくなるので人気があります。

しかし他の方が同じようにしても顔が小さくなることはありません。

院長だけができる小顔矯正ですから、他の方がしても小さくなりません。

院長が小顔矯正をしていくときに、顔を揉むようにして小顔矯正をしていきますが、本当の顔を揉むようにして小顔矯正をしていくので、本当のことです。

しかし顔をマッサージするようにしていくと顔が小さくなりますが、何度も言いますがマッサージではありませんし、ただ顔を揉んでいる訳ではありません。

院長が本当に顔を揉むようにしているだけで顔が小さくなる小顔矯正です。

ですから痛くもなく安心で顔が小さくなることができます。

小顔矯正と言うと顔を無理に押さえつけたりする小顔矯正や電気や機械を使用する小顔矯正、クリームを塗ってする小顔矯正などどな色々な小顔矯正があります。

リンパの流を良くすると言う小顔矯正もあると思いますが。

当院の小顔矯正は

院長が小顔矯正をしていきますが、院長が小顔矯正をする時に始める前に顔を触って覚えてもらいます。

小顔矯正をする前の自分の顔の大きさを覚えることから始めていきます。

これは小顔矯正をする前とした後を比べてもらうためにです。

自分で変化がわかる小顔矯正だから人気がありますから。

鏡で見ることも構いませんが、できるだけ自分の手でわかるようにした方が喜びも大きくなりますから。

ですから小顔矯正に入る前に、顔を触る練習をします。

触り方の練習ですから、練習で覚えたようにして触るだけです。

そして、それを覚える事です。

顔を触る時に、両方の手のヒラで顔を触ってもらいます。

この時に手のヒラを浮かさないようにして顔を触りますが、左右差を感じながら触ります。

一番、大事なのが右が大きいとか、どの辺が出っ張っているとか感じながら触ります。

これが完璧にできている方は、すごく変化がわかります。

しかし、この触り方は大変、難しく簡単ではありません。

ですからしっかり触りましょう。

小顔矯正に入ると

ベットに上向きになってもらいます。そしてもう一度、顔を触ってもらいます。

この時に院長が手のヒラで触り方を指導します。

これでしっかり触っておぼえるようにして下さい。

そして院長が20秒くらいで顔を小さくして、もう一度触ってもらいます。この時に少し顔が小さくなっています。

そして、さらに顔を小さくしていきます。

20分くらいの小顔矯正ですが、20分くらいの時間が一番効果がある時間です。長くしても意味はありません。

逆に長くしても顔は小さくなりません。

20分くらいの小顔矯正だから最大限に顔を小さくできます。

初回は顔だけ触って小顔矯正をしていきますが、顔だけだと持続時間がありませんから戻りがあります。

戻りを少なくして効果を、もっと上げるためには体にたまった疲れやストレスを減らすことも重要です。そして骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレも改善することが肝心です。

小顔矯正と歪みやズレは深く関係しています。

小顔矯正と疲れやストレスも同じです。

疲れやストレスが多いと戻りやすくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレが多くあると戻りやすくなります。

疲れやストレスは低周波治療器や電器では減りません。

疲れやストレスは、マッサージしても変わりません。

疲れやストレスは、ボキボキしても減りません。

その理由は疲れやストレスがたまる所に理由があります。

疲れやストレスは内臓にたまっていきます。筋肉にも疲れやストレスはたまりますが、圧倒的に内臓にたまっていきます。

内臓にたまる疲れやストレスが、戻りやすくなる原因です。

当院では内臓から減らしていくことをしていますが、内臓から減らすと顔が小さくなっていきます。

顔だけではなく体の関係もあると言う理由です。

 

 

人気がある小顔矯正

小倉北区と小倉南区で小顔矯正をしています。

当院では検索で「小倉北区 小顔矯正」と「小顔矯正 小倉北区」で人気があります。

2017年08月22日

肩こり

肩こり

肩こり

肩こりを楽にしていくためには一時抑えよりも原因から変えていくことが大切です。

肩こりを起こしている時には、筋肉と言うことが多いと思いがちですが、筋肉もコリを起こしていますが、それ以外のものが深く関係しています。

しかし、筋肉をもんだり低周波治療器や電器をすると肩こりの原因がわからなくなるため、また、肩こりが軽くなるので良くなったような勘違いをしてしまいます。

他の原因があっても筋肉をもんだり、マッサージしたり、低周波治療器や電器をすると圧力が低下して肩こりがあるのに肩こりを感じなくなると言う事が起こります。

肩こりを感じなくなるから「肩こりが解消した」・「肩こりが治った」と感じるようです。

これが低周波治療器に代表される意味になります。

低周波治療器や電器はプラスからマイナスへ電気を流していますから、プラスからマイナスへ電気を流しても筋肉が疲労してしまってほぐれるどころか、わからなくなります。

しかし電気でプラスからマイナスへ刺激するので筋肉は疲労しますが循環は一時的解消します。もちろんリンパの流れもよくなります。老廃物も流れます。しかし、すぐに悪くなります。

これは原因を直していないからです。

原因を変えていくことをしないと戻りやすく、戻えりますが筋肉疲労が強くなるから痛みやこりを感じる神経が働きが悪くななって痛みやこりを感じなくなります。

これが、低周波治療器や電器をすると、しばらくは良い感じがする理由です。

しかし肩こりの原因は変わっていないし、原因もいつまでも同じままではありません。

筋肉以外の原因は背骨の歪みやズレです。

背骨の歪みやズレがあると、筋肉は骨から骨へついていますから、骨が歪みやズレを起こせば筋肉も引っ張られたり、緊張したり、コリを起こしていきます。

ですから肩こりは筋肉が起こすものではなく背骨の歪みやズレが原因です。

しかし、何も原因がなくて背骨が歪んだりすることはなく、ズレたりもしません。

何かがあるから背骨の歪みが起こります。

その原因とは、

その原因と言うのは疲れやストレスの蓄積です。

しかし疲れやストレスがたまったと言いますが、この疲れやストレスはどこにたまるのか??

体にたまりますが、体のどこにたまっていくのでしょうか??

このたまる所が一番の肩こりの原因になります。

そのたまる所と言うのは、内臓です。

つまり内臓に疲れやストレスがたまると、内臓疲労になります。

内臓疲労ですから病気ではありません。

内臓疲労はどんどん、多くしてしまう事ができます。

内臓疲労から体の歪み、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがおこります。

しかも疲れやストレスは一番、弱い内臓に多くたまっていきます。

弱い内臓に疲れやストレスがたまると、促進して老化していきますから、老化が完成したら病気になります。

肩こりに関係している内臓は心臓、肝臓、肺、胃です。

でも今は病気ではありません。いくら検査しても陽性反応は出ません。

病院で陽性反応が出るのは、病気として完成する少し前からです。

完成した内臓、完成まじかの内臓が病院で検査するとわかります。

ここまで行く前では、わかりません。ですから病院では異常なしです。

しかしまずいことに、もうスタートを切っています。これは年齢に関係なく起きています、。

若いからといって油断はできません。

 

つらい肩こりは

 

当院では検索で「小倉北区 肩こり」と「肩こり 小倉北区」で人気があります。、

2017年08月16日

肩こり

肩こり

肩こりを楽にしています

肩こりを解消することをしています。

肩こりになる方は原因があって肩こりになっていますから原因から変えていくことをしないと原因もいつまでも同じままではありません。

つまり原因は進行すると言うことです。

肩こりを楽にして行くには、

低周波治療器を肩に当てたりしても肩こりを楽にすることもできるかも知れません。

湿布を貼っても肩こりは楽にすることができるかも知れません。

マッサージをしても肩こりを楽にすることはできるかも知れません。

病院で注射を打っても肩こりは楽になるかもしれません。

ボキボキしても肩こりは楽になるかも知れません。

しかし肩こりの原因は残ったままです。

肩こりを一時的に感じなくすることはできますが、これで肩こりが直ったと言う事はありません。

楽にすること、直すこと

肩こりを直すことと肩こりを楽にすることとは意味が全然違います。

いつまでも肩こりを楽にすることばかりしていると原因はどんどんいつの間にか進行していきます。

進行と言うのは肩こりが強くなると言う事もありますが、肩こりが違うものになると言う事です。

肩こりが違うものになると肩こりではなくなって、その原因の痛みやこりになってしまいます。

肩こりを起こしているものは、一つは背骨の歪みです。背骨が歪みを起こせば筋肉は引っ張られてコリを起こしていきます。

一つの原因は背骨の歪みなんですが、どうして背骨の歪みが起きているのか、と言うことが一番になります。

背骨が歪む原因

背骨が歪みを起こすのは原因があります。原因がなくて背骨が歪みを起こすことはありません。

どうして背骨が歪みを起こすのか、と言う事の理由!!

背骨の歪みが起きるのは、疲れやストレスです。

一般的に疲れやストレスは、どこかにたまります。

筋肉にもたまりますが、多くは内臓に蓄積します。

内臓に蓄積したものは内臓疲労を起こして内臓疲労と内臓疲労から起きる筋肉バランスを悪くして骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

これが肩こりになる理由です。

当院では

内臓疲労を解消するために

内臓疲労を解消するために筋肉のコリからほぐして筋肉がほぐれたら骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレを見つけて改善することをしていきます。

そして内臓疲労も改善していきます。

 

 

肩こりを起こす

当院では検索で「小倉北区 肩こり」と「肩こり 小倉北区」で人気があります。

2017年08月14日

小顔矯正

小顔矯正をしています

小顔矯正

顔を小さくなる小顔矯正なら30年の経験がある当院の小顔矯正が一番です。

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなる小顔矯正ですから、ほんとうに初めから顔が小さくなっていきます。

当院の小顔矯正は、美容でもなくマッサージでもなく顔の治療になります。

顔の治療と言うとわかりにくいと思いますが、当院の院長は顔の状態を検査することができます。

顔の状態を検査するとは、多くの小顔矯正希望の方が来院していますが、100人中100人の方が顔の異常があります。

その顔の異常がある部分を改善することで顔が小さくなるわけですが、小さくして行く為に検査すると顔の異常がある部分を見つける必要があります。

異常がある部分を見つける為には検査することと、それを改善する技術が必要です。

検査することで

検査することで顔の異常がわかると説明しましたが、特にアゴのラインを見てみると多くの方が、皮膚、筋肉、皮下脂肪、骨が炎症・ハレ・また、それ以上のものを起こしています。

皮膚、筋肉、皮下脂肪、骨が炎症・ハレ・また、それ以上のものは特別なものではなく誰でもあるものです。

いままで小顔矯正を希望するかた全員に顔の皮膚、筋肉、皮下脂肪、骨が炎症・ハレ・また、それ以上のものがありました。

たぶん ない方はいないと思います。

当院の小顔矯正は検査する技術力が向上するようにしていますので、顔を検査することで皮膚、筋肉、皮下脂肪、骨が炎症・ハレ・また、それ以上のものが判断できます。

判断しても、それを直せる技術力がないと、ただ、しても改善できません。

その為には検査する技術力も必要ですが、改善する力も必要です。

当院の小顔矯正は

小顔矯正をする時に、マッサージするみたいにして顔を揉んで小顔矯正をしていきます。

痛くもなく怖くもなく安心安全な小顔矯正ですから、無理に顔を押さえつけたりすることもなく、本当に顔を揉んでいるだけで顔が小さくなったり顔の形が整っていきます。

アゴのラインの部分もアゴのあたりをもんだりしていると顔の骨まで改善できて小さく細くなっていきます。

特にアゴの下の脂肪は、アゴの骨のハレから起きることもあります。

これらを改善することでアゴの脂肪が減っていくこともあります。

そしてほほ骨の出っ張りなどもハリが強い方がいますからほほ骨のハリを減らすことも検査して異常があるのか、判断して、あれば変える事ができます。(多くの方にあります)

小顔矯正の治療は

小顔矯正の治療はボキボキしないし、痛くもなく怖くない低周波治療器や電器などを使うことなく手のみで顔の形や大きさを小さくしていくことをしています。

手のみで、そんな小顔矯正ができるのか??という事になりますが、院長ならできるんです。

と言うのは、いつもそうして小顔矯正をしているからです。

そのため、小顔矯正に入る前に自分の手顔をさわっておぼえてもらいます。

小顔矯正をする前と、小顔矯正したあとが比べることができます。

当院では、小顔矯正をしてわかりやすくしていますから、その場で顔が小さくなっていくのがわかるようにしています。

自分でもわかるくらいに変わりますから、小顔矯正を始める前に自分で両手で顔を覆うようにして大きさや幅をおぼえるようにして下さい。

この触り方は簡単ではありません。簡単ではありませんが、わかると変化に驚く方もいます。

簡単に触った方ほど、変化がわからない方がいます。

わからないことがないように触り方を指導しますから、しっかり触っておぼえるようにお願います。

小顔矯正をしていく時には体調も重要です。体調が悪いまま小顔矯正をしてももどりやすくなります。

体調が落ちていると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあります。

体調が悪いと内臓の働きの低下、疲れやストレスの蓄積、リンパの流れの停滞、老廃物の滞留なども起きています。

体調が悪いと浮腫みやすくなります。

そのために体調から上げていく治療も必要になります。

体質改善で小顔矯正

体質改善をして行く治療で小顔矯正をすると、もっと顔が小さくなります。

体質改善という治療はアンチエイジング、若返りの治療になります。

体の中から若返ることができる唯一の小顔矯正です。

体の中から若返ると小顔矯正の効果と持続力が上がります。

 

小顔矯正で小顔になる

当院では検索で「小倉北区 小顔矯正」と「小倉北区 小顔矯正」でも人気があります。

2017年08月08日

肩こり

肩こり

肩こり

肩こりを楽にしていくなら肩こりというと筋肉のコリのことですから筋肉のコリをほぐしていくようにします。

肩こりと言うと何と言っても筋肉の凝りなので、筋肉がコリを起こすと、つらい肩こりになりますから。

しかし筋肉が、どうしてコリを起こすのか??

どうして肩こりが起きるのか??

何が原因なのか??

と言う事があります。何も原因がないのに肩こりが起きることはありません。

肩こりと言うと何が起きているのかと言う事です。

普通はそこまで考えないでしょうし、検査するのも困難なのでわからないと言う専門家の先生もいます。

姿勢が悪いとか猫背になっているからとか言いますよね。

しかし、どうして姿勢が悪くなるのか??

どうして猫背になるのか???

何から肩こりがきているのか、どうして肩こりが起きるのか、と言う理由。

ここに肩こりを起こしている原因があります。

肩こりの原因

肩こりと言うと僧帽筋と言う名前の筋肉が起こすと言う事は知られています。この僧帽筋が硬くなったり、緊張したりリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積したり、循環が悪くなったり、することが肩こりの原因だと思われていました。

しかし本当の肩こりは筋肉だけで起こているものではないと言うことがわかってきました。

本当の肩こりを起こす時は、筋肉のコリからではなく、

体にたまっていくあるものが原因で肩こりになります。

良く我々は本当の意味の知らないのに使っているものですが、これは「ストレス」です。

体に蓄積する悪いものとはストレスですが、筋肉にもストレスがたまると乳酸が蓄積していきます。

ストレスと言うのは英語ではありません。一番、近い単語はストレッサーの欲求不満と言う意味か抑圧、と言う単語が一番、近いことです。

ストレスを日本語で訳して近い言葉は「蓄積疲労」です。

またりにたまった疲れが、ストレスと言う言葉です。

このストレスが、どこにたまるのか??と言うことが肩こりの原因になっています。

ストレスがたまる所

ストレスがたまる所は、筋肉にもたまりますが、最終的には内臓にたまっていきます。

内臓といっても疲れやストレスの蓄積です。病気ではありません。

ある内臓にストレスがたまることで肩こりに関係する部分の内臓にストレスがたまって内臓自体の働きが悪くなります。

この悪くなる内臓から背骨の歪みやズレが起こります。

歪みやズレが起きると筋肉は引っ張られたり緊張したり、固くなりますから、これが肩こりになります。

肩こりを解消する為には

肩こりを楽にする為ではなく直していくためには、まず、体調から上げていく必要がありますが、肩こりの場合、コリが楽にならないと治療したのに肩こりが楽にならないと思う方がいますから肩こりの筋肉から改善してほぐしていきます。

そして線骨の歪みやズレを直していきます。

背骨の歪みやズレが解消できたら、背骨の歪みやズレを改善できたら内臓にたまったストレスを軽くしていきます。

内臓疲労から肩こりになる

 

当院では検索で「小倉北区 肩こり」と「肩こり 小倉北区」で人気があります。

 

2017年08月04日

骨盤矯正

骨盤矯正で小尻になるために

骨盤矯正

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなることで人気がある評判の良い骨盤矯正をしています。

骨盤矯正を希望される方が多く訪れていますが、基本的なことがわかっていませんから、その基本的なことからしていかないと戻りやすくなります。

基本的なことと言うのは体調です。

当院では検査することができますから、体調の検査をすることにしています。

骨盤矯正を希望される方が訪れると、多くの方が「体調はどうですか」と言うと「体調は良いです」と言います。

体調を検査する時に、骨盤の歪み・開きを検査で確認していますが、体調は良いです、と言う方に限って骨盤が大きく開いていたり、骨盤が歪みが大きくなっていたりする方がいます。

この歪みは体調の悪さから起きています。

体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

この骨盤の歪み・背骨のズレは内臓の働きの問題から起きています。

骨盤矯正をする時に、体調が悪いと骨盤の内臓の腸や子宮、卵巣などの問題も起きていることが多くあります。

骨盤の中の内臓と言うのは便秘、生理痛、生理不順、膀胱炎、股関節の痛みなどで感じます。

骨盤の歪みや開きがあると原因が内臓になる場合もありますから骨盤矯正といっても骨盤の骨だけではありません。

骨盤の骨、内臓、リンパの流れ、循環などすべての問題が関係しています。

体調が良いと循環も良く、内臓の働きも良く、リンパの流れも滞ることはありません。

しかし、体調が悪いとすべて停滞しています。

停滞すると脂肪になりやすく、浮腫みにもなりやすくなります。

しかし体調を上げると言うことは、大変難しく簡単ではありません。

体調と上げると言うことは

サプリメントを飲んでも体調は上がりません。

マッサージをしても体調は上がりません。

病院で点滴を打っても体調は上がりません。

低周波治療器や電器をしても体調は上がりません。

体調と言うのは自分で上げる、上がるしかありませんが、最近、多くの方が体調を上げることができなくなっています。

体調を上げることは内臓の力と脳の力が必要です。

体調が上がれば上がるほど体は引き締まっていきます。

体調が上がれば良く眠れます。

体調が上がると痛みやこりは楽になります。

体調が上がれば骨盤の歪み・背骨のズレはなくなります。

調子が上がれば自律神経失調症などはおこりません。

調子が良くなると更年期障害も楽になります。

調子が良くなれば頭痛などはおこりません。

調子が良くなると骨盤が小さくなります。

調子が上がれば骨盤の歪みが減ります。

体が良くなれば骨盤の開きが減って骨盤が小さくなります。

体が良くなれば骨盤周辺の脂肪も減っていきます。

体が良くなると小尻になります。

体が良くなると生理痛も楽になります。

体調と言うのは骨盤矯正にとって重要なことです。

体調や調子が悪いのに骨盤が締まることはありません。

電気や機械で骨盤矯正をしてもベルトで骨盤を締め付けても戻りが大きく固くなります。

骨盤が固くなるといくら骨盤を細くしても足も綺麗に見えませんし、骨盤もほっそりしてくれません。

骨ばった骨盤になります。骨ばった骨盤は全然ダメです。

最近は骨ばった骨盤が多くなっています。

骨盤矯正をしても細くすることと臀部のハリが必要になります。

臀部にハリがあることが、お尻です。

タレ尻でもダメですし臀部のハリがなくてもダメです。

骨盤、お尻と言うのは良いか、悪いかと言う事になると細くしてしっかりとして臀部のハリがあって上がっている、お尻が良いお尻です、

当院では

体調から上げて体質改善の骨盤矯正があります。

体調が上がったら体質改善の治療で維持しやすくしていきます。

体質改善というのは若返りの治療です。

体の中から若返りさせていくことができます。

そうすると持続力が上がるし体調も良くなるし骨盤が小さくなった状態を維持しやすくなります。

しかし、体質改善の治療は初めからできません。

体質改善の治療は早くても数回後からできる治療になります。

特徴がある骨盤矯正をしています

 

 

当院では検索で「小倉北区 骨盤矯正」と「骨盤矯正 小倉北区」で人気があります。

2017年07月29日

小顔矯正

小顔矯正をしています

小顔矯正

顔矯正をする時に、顔だけで小顔矯正をしていくと戻りやすくなりますから、体を全体で小顔矯正をしていくと効果と持続力が上がります。

当院の小顔矯正は特徴がある当院だけの小顔矯正をしてます。

小顔矯正をする時に顔を無理やり押さえつけたりすることなく小顔矯正をします。

小顔矯正をする時に、機械やエアーで締め付けるだけの小顔矯正はしていません。

小顔矯正をする時に痛くもなく怖くもなく体に優しい安全な小顔矯正をしています。

痛くもないし怖くもないから年齢に関係なく小顔矯正をうけてもらっています。

当院では院長の手のみで顔の形を変えていく小顔矯正をしています。

当院の院長の手は、別に特別ではありませんが、その手に秘密の技術があるから、相乗効果で顔が小さくなる小顔矯正です。

小顔矯正をする時に

当院の院長は小顔矯正をする時に顔を触って小顔矯正をしていく場合と、顔を触らないでも顔を小さくする小顔矯正ができます。

その理由は体にも影響しているある問題が顔にも影響をしているからです。

このため、両方とも整えていくことをしないと効果が半減したり戻りやすくなると言う事が起こります。

いくら、どんなに良い小顔矯正をしても、戻るのは体調の関係です。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積ですが、疲れやストレスが多くたまっている方ほど戻りやすくなります。

また疲れやストレスが多くたまっていると体の歪み、骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。しかしそれそれだけではすみません、内臓の疲労も起きてリンパの流れ、老廃物がの蓄積、循環の悪さ、などなどが起きています。

当院の小顔矯正は

院長が行う小顔矯正は、初回から変わる小顔矯正ですが、どうして顔が小さくなるのかと言うことを説明すると顔の異常がある部分を見つけて、それを解消していくことができる小顔矯正だからです。

100人中100人の方が顔の異常をもっています。異常がない方はいません。と言うのは理由があります。

異常がある顔の部分は体調の低下から起きています。今ままで小顔矯正を希望される方が体調は良いと思ってきました、と言う方が多くいますが、そう言う方ほど体調が悪く、体調が悪いと気が付かない方は多くいました。

体調が良いと初診時で言う方ほど骨盤の歪みが大きく、背骨もズレが多くて数か所のズレがあっても、さらに椎間板ヘルニアが起きている方でも、それを感じないくらい体調が悪くなっていました。

体調が落ちていても感じないのは脳疲労のせいです。脳疲労が強いと体調の悪さを感じません。どんなに痛みやこりが起きていても不思議ではない骨盤の歪み・背骨のズレがあっても、椎間板ヘルニアがあってもマヒして感じないからです。

感じないと「体調は良い」、「調子は悪くない」と思いますよね。

脳疲労は睡眠負債からおきていきます。睡眠負債が多いと脳こうそくや脳出血、心筋梗塞になりやすく感じないうちに水面下で進行していきます。

感じない方が小顔矯正をするとダルクなることがあります。

小顔矯正法は

小顔矯正といってもボキボキする訳ではなく顔を無理に押さえつけることもなく小顔矯正をしていきますから院長が顔を触れば異常がある部分を瞬間で判断できます。

異常がある部分を判断すれば、それを解消していくと、浮腫み、ハレ、炎症が取れて顔が小さくなってほっそりしていきます。

一番はアゴのラインをスッキリしていきます。多くの方がアゴのラインの問題に悩んでいますが、当院の小顔矯正では得意分野です。

ですからしっかりアゴのラインも触っておぼえておきましょう。

体質改善で小顔矯正

当院には体質改善と言う治療法があります。体質改善と言うのは若返りの治療であり、アンチエイジングの治療法です。

体の中から変えて若返りをさせていく治療なので持続性の一番だし、効果も長く続きます。

しかも、体の中から変えて元気にしていくことができますから、安定度では一番です。

しかし初回からはできません。定期的に来院していないと体質改善はしません。

体質改善で特に変える事ができる、若返りさせることができるのは内臓、筋肉、関節、中枢神経などです。

体の変える事ができる体質改善による小顔矯正をしていくと体全体が細くなって体が引き締まっていきます。

浮腫みも全体が取れて解消していきます。

 

気持ちが良い小顔矯正をしています。

当院では検索で「小倉北区 骨盤矯正」と「骨盤矯正 小倉北区」で人気があります。

2017年07月27日

肩こり

肩こり

肩こり

肩こりを解消するなら原因から肩こりを改善している当院へ。

肩こりを起こしている筋肉と言うのは僧帽筋と言う筋肉ですから、、この僧帽筋が何かの原因で緊張したり硬くなったり、リンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積したり循環が悪くなったり筋肉疲労を起こしたり、筋肉が炎症や筋肉がハレていたりすることで肩こりになります。

単純な肩こりから複雑な肩こり、こじらせた肩こりなど、色々な肩こりがあります。

肩こりを起こしている筋肉と言うのは僧帽筋ですが、僧帽筋のコリが起きるときも理由があるから肩こりになっているという事が言えます。

僧帽筋の筋肉ばかりほぐしていると他にも原因があって肩こりになっている場合もあります。

肩こりになっている筋肉をほぐしていくためには肩をもんだり、マッサージしたり、病院で注射を打っても、湿布を貼っても、サプリメントを飲んでも、薬を飲んでも、ボキボキしても、肩こりの原因は残ったままです。

この原因から変えていくことをしないと肩こりはよくなりませんし、肩をもんだり、マッサージしたり、病院で注射を打っても、湿布を貼っても、サプリメントを飲んでも、薬を飲んでも、ボキボキしても一時的に肩こりを楽にしていくことができても原因は残ったままですし原因も進行していきますから、いつまでも同じままではありません。

肩こりのコリは

肩こりのコリとは僧帽筋のコリですが僧帽筋も何も原因がないのにコリを起こすことはありません。

僧帽筋のこりが肩こりになる

上のイラストが僧帽筋です。大きな筋肉なので首から肩から背中まである筋肉です。

免疫に関係する筋肉でもあるから背中がゾクッとすることが、この僧帽筋でおきています。

風邪を引いた時に背中がコリを起こしたりするのも、この筋肉が原因です。

肩こりがある時に肩の筋肉をもんだりすることは構いませんが、歪みや歪みが起きた原因があります。

歪みには歪みの原因がありますから、どうして歪みが起きたのか、と言うことの理由があります。

歪みが起きれば

歪みが起きれば筋肉は骨から骨へついていますから骨が歪みやズレを起こすことで筋肉も引っ張られたり緩んだりしてリンパの流れを阻害したり、循環が悪くなることが起こります。

①背骨や首の骨の歪みやズレが起きる

②歪みで筋肉が緊張する

③これが肩こりになります

肩こりの治療は

肩こりを直していくには肩こりの原因になっているものから変えていくことをしています。

その為にも原因だけわかるものではありませんから、色々なものが存在しますから、肩こりに関係がないものを減らしていきます。

肩の筋肉全体を循環を良くしたり、揉んだりしていきます。

普通はこれで終わりですが、ここからさらに歪みやズレを見つけることをしていきます。

体調が悪すぎると骨まで炎症やハレを起こしている方もいます。

この骨の炎症やハレを改善していかないと肩こりも楽になりませんから。

筋肉と骨の歪み・ズレが解消できたら

骨の歪みやズレを起こしたのは内臓にたまった疲れやストレスです。内臓といっても疲れやストレスの蓄積ですから病気ではありません。

内臓疲労が歪みやズレを起こした黒幕です。誰が検査しても病院で検査しても内臓疲労はわかりません。特殊な検査が必要ですから簡単にできる検査ではありません。

当院では正確な検査をすることで、歪みの状態や内臓疲労がわかりますから。

それらを解消していくようにしています。

そして肩こりが楽になったら肩こりの原因になっている内臓の弱さを強くする治療ができますから、その治療のことを体質改善といいます。

体質改善と言うのは若返りの治療でありアンチエイジの治療です。

体質改善の治療は時間と回数がかかります。そんなに簡単に若返りの治療ができるわけありませんから。

 

 

当院では検索で「小倉北区 肩こり」と「肩こり 小倉北区」で人気があります。

2017年07月25日

腰痛

腰痛

腰痛

腰痛になる時には色々な物が重なって起きていきます。腰痛になったら湿布を貼ったり、低周波治療器や電器をしても、マッサージをしても改善することがありますが、いくら痛みだけを抑えても腰痛が治った訳ではありません。

と言うのも腰痛を起こした原因があるからです。

腰痛の痛みと原因から改善することをしないと根本的には腰痛は繰り返しやすく、原因も進行していきます。

必ず腰痛には原因が潜んでいます。

腰が痛くなる症状のことを腰痛といいます。腰痛は症状です。

腰痛が起きるときには

何かを取ろうとして体を伸ばして腰痛、

重いものを持って腰が痛くなって腰痛

庭仕事で中腰をしていたら立とうとしたら腰が痛くなって腰痛に、

車の運転が長いので同じ姿勢をしていたら腰がズキズキして痛くなって腰痛に、

靴下を履こうとしていたら腰が痛くなって腰痛になった、

寝て起きたら腰が痛くて動けけないくらいの腰痛

何もしないのに腰が痛くなってきた、

くしゃみをしたら腰が痛くなって腰痛に、

数年前の事故で腰痛もちに、

色々な腰痛があります。

しかし、これらはすべて切っ掛けです。

切っ掛けをするまえに、あることが起きています。

このあることとは、

疲れやストレスの蓄積です。

体に多くの疲れやストレスがたまると体は次第に歪みを起こしていきます。

この歪みが骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると体を支えることができません。

体を支えることができないと筋肉、じん帯も緩んでいますから、一気に起きるのがギックリ腰です。

しかし、ぎっくり腰は腰椎に起きるネンザです。しばらくすると急激な痛みは減っていきますから安静を保つようにして下さい。

あまり動かずに安静を保てば徐々に収まってきます。

しかし、急激な強い痛みが治まったからと言って腰痛が治った訳ではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレは、まだまだあります。

低周波治療器や電器をしても骨盤の歪み・背骨のズレは残っています。

マッサージしても骨盤の歪み・背骨のズレはあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるからと