肩こりを解消する

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージがありますので、筋肉のコリと言うコリの意味が意味不明な言葉なんですが、一般的には使われている言葉です。

肩こりの凝りと言うのは普通一般的に予想すれば筋肉の緊張とか筋肉の疲労と言う意味になると思いますので、肩こりは筋肉の緊張や筋肉の疲労から起きている現象だといえます。

肩こりとマッサージ

肩こりとは

肩こりの方は解消法としては湿布を貼ったりジェル状のクリームを塗ったり、家族の方に肩を揉んでもらったり、専門家の先生に頼んで肩をマッサージしてもらったり、低周波治療器や電気などをしてもらったり、温めたりと言う方法が、一般的に行われている方法なんですが、肩こりを起こしてしまうと筋肉を使うことがないとか肩関節を動かすことがないとか、肩甲骨の動かし方が少ないとか言われてしまうため体操したりストレッチをしたりと言う方法で代謝を上げてリンパの問題や老廃物を流すと言うことをしていると思います。

肩こりを起こす場合、指や腕や肩を使う動作が、全て対象になってしまいますので最近は携帯やスマートフォンを操作することがあり、スマートフォンや携帯を操作するときに、指先でタッチしますので、指や腕や肩に力が入ってしまいますので、力が入ることが、原因で筋肉の緊張を起こし筋肉疲労を起こしていき肩こりになります。

肩こりとは

普通は筋肉を使うことがあっても関節を動かすことがあっても、筋肉疲労はしばらくすると解消できなければいけないんですが、解消する方法ができていないと言うことがありますので、解消することができないと、筋肉疲労や筋肉の緊張が積み重なるばかりで蓄積していきます。

肩こりを検査する

肩こりを検査することをしていますが、普通一般的には、肩の部分を触ってみて肩が張っていますねとか、肩が硬くなっていますねとか、筋肉が凝りを起こしていますねと言う触った状態で言われていることがありますし、言われた本人もそれで納得してしまいます。
肩こりと言うと筋肉の問題と言うイメージが強いために、普通一般的に専門家の先生も一般の方も筋肉のコリばかりだと考えてしまい筋肉をほぐすことに対処していますが肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きている事はありません。

しかし筋肉のコリや緊張をマッサージするように揉むように押すようにするとリンパの働きが上がり、老廃物が流れて代謝が良くなることから、一時的にしろ肩こりを感じなくなってしまいますので、感じなくなることが良くなったとか楽になったと言われています。

肩こりの原因

筋肉をマッサージしても

普通一般的にマッサージの先生に肩を揉んでもらったり、押してもらったり、解してもらうことで、肩こりは楽になってしまうことがありますが、しばらくは楽になった感じが続くんですが、また同じことを繰り返してしまうということがあるのが肩こりなんです。

同じことが続くと言う事は、何か他の原因があるのかもわかりませんけど、筋肉を押したり揉んだり、マッサージをしているような状況で長く続けてしまうとどれぐらいか分かりませんが徐々に筋肉が硬くなっていきます。

肩こりのコリとは

肩こりと言うのは筋肉が硬くなる現象でも肩こりを起こしてしまいますので長く肩こりを起こしている方ほどまたは刺激を多く加えた方ほど筋肉も堪えきれずに硬くなると言う現象が本当に起きてしまいますので硬くなったものは一時的に硬くなったものではありませんので永久的に硬くなったものですから老化した筋肉というのが完成してしまいをしても揉んでもマッサージをしても解しても1時は、良いと感じますが変わる事はありません。

肩こりと運動

筋肉が本質的に硬く老化したものがマッサージをして揉んでも押しても解しても柔らかくなる事はありませんので永久的な硬さと言うものもあります。

老化した筋肉と言うのはマッサージをしても柔らかくなる事はありません。
例に例えると膝関節が老化して硬くなった関節が、揉んでもマッサージをしても柔らかくなる事は無いのと同じ現象です。

どんなに、マッサージを加えようと思う筋肉が硬くなったものは、柔らかくなる事はありませんけど加えれば加えるほど、刺激になり刺激を加えると筋肉は、抵抗しようとして、徐々に硬くなっていき神経の流れや血液の流れやリンパの流れを悪くしてしまい老廃物が溜まってしまうということが起きてしまいます。

運動したりストレッチをしたりすることは

運動したりストレッチをしたりする事は肩や腕と言うのは上にあげる機会もあまりありませんので、上に上げてストレッチすることでリンパの働きや老廃物が流れていき血液の流れも良くなる、または神経の流れも良くなると言われていますので、単純に伸びをする事は良いことだと思いますが、伸びをして解放できる程度の肩こりであれば解消できると思います。
肩こりと言うのも段階があり、いろいろな状況が考えられますので、また原因もありますので単純に腕や肩やストレッチをしたり、体操したりすることでも代謝は良くなり、リンパの働きや老廃物が流れると言う事は起きますが、それで全てが解消できるほど肩こりは簡単なものではありません。

肩こりとストレッチ

肩こりは筋肉のコリだけの方もまれにはいると思いますが筋肉のコリだけで起きている事はありませんのでその先にあるものも見つけ出さなければいけませんが、まずはその先にあるものを見つけ出すためにも筋肉から押したり揉んだりマッサージをするようなことで筋肉のコリを解消していきます。

筋肉のコリが起きると

筋肉のコリが、ある程度ほぐれて代謝が上がりリンパの問題や老廃物が解消されてくるとその先にあるものを見つけ出すことができやすくなりますので、見つけやすくなるためには、まずは筋肉からほぐすことをしていますが筋肉をほぐして終わる事はありません。
肩こりの筋肉がほぐれてその先にあるものと言うのは必ず起きているのは背骨のズレです。
背骨のズレといっても胸椎のズレもあるし頸椎の下部のズレもありますので両方が肩こりに関係してしまいます。

背骨のズレがあるときには、必ず、背骨のズレが原因ではなくて他に原因があることもありますが、まずは背骨のドレンを矯正することを必要としますので、背骨のズレを整えていく方法を痛くないことでやっています。

背骨のズレと言うのは姿勢が悪くても起きる事はありませんし猫でだからといって骨がずれる事はありませんので他の要因があると考えた方がいいと思いますけど背骨がずれることが原因で筋肉は引っ張られたり緊張しやすくなったりしてこれを起代謝悪くしてリンパの問題や老廃物を多く貯めてしまうということが起きてしまいます。

肩こりを起こす原因

肩こりを起こす原因は筋肉のコリと背骨のズレなんですが背骨のズレがどうして起きるのかと言う問題は日常で多くなっていく疲れやストレスが原因で起きていきますので疲れやストレスを多く貯めた方ほど、背骨のズレを起こしていきます。

肩こりと蓄積疲労

普段の生活で疲れは何をしても多くなりますし、何もしなくても多くなっていくのが疲れですから疲れの蓄積が、どんどん、どんどん溜まっていくことが原因でストレスに変換されてしまいストレスの蓄積から背骨がズレていきます。

仕事をしても疲れが生み出されてしまいますし体動かすことでも疲れは多くなっていくこともありますが疲れの特性として、一時的に感じ取ることしかできません。

肩こりと疲れやストレス

仕事をして「あー疲れたな」と思っても、しばらくすると感じなくなっていきますので消えたように、または回復したように、または良くなったように思えるかも分かりませんが、全てが消え去る事はなく、多くは残ったままになっています。

背骨のズレ

疲れと言うのは非常に厄介なもので何かをして『疲れたなぁ』と思ってもうしばらくすると、徐々に感じなくなっていくためにたまっていることさえ気がついていない方が多くいるし減らす努力もしていませんし、減らすことを考えてもいません。

普通一般的に疲れが溜まってもまたはストレスが溜まってもしばらくすると感じなくなっていくために、勝手に良くなったとか回復したとか、元気になってきたと思うだけであり積み重なっていることさえも気がつかないで生活しています。

感じない疲れやストレスも蓄積度合いが、どんどん増えていくと徐々に体は疲弊していき、疲弊したことさえも、感じない状態になっている方も多くいますけど、感じやすい方と感じにくい方の2つに分かれてしまいます。

2020年05月12日