小顔矯正で小顔に

小顔矯正をして顔を小さくしていくためには矯正に入る前、鏡で見たり顔を手で触ってもらったりして大きさを確認して矯正に入って矯正したあと、もう1回触ってもらうことをしています。

小顔矯正

小顔矯正するなら

小顔矯正をする時に顔の大きさが小さくなったのが分からなければ意味はありませんので当院のスタッフがメジャーや計測する道具を用いて顔を測ったり大きさを測ったりすることはしていませんので、ご自分で確認することができるようにしていますが簡単な方法ではありませんので簡単に触ってしまった方ほど、鏡で見る時も何を見たらいいのかということを考えなければ単純に鏡で見ても確認することはできません。

小顔矯正で小顔になれる

また手で顔を触っても意識することなく手を置いたままでは何も感じることをしていませんので顔の左右差を感じ取るようにしてもらわなければ、比べる方法がありませんから比べようがない時に手で触ってもわからないということがありますので、必ず、手で触るときや鏡で見る時には左右の違いを比べてもらうことをしてもらいます。

顔というのは左右が対称の方は一人もいませんので、必ず、どこかの部分が出っ張っていたり全体が大きくなっていたりということがありますので、それを自分で目で見たり触ったりしてもらって記憶してもらいやすいようにしています。

エステの小顔矯正

小顔マッサージ

小顔矯正をする時にはエステの小顔矯正を例にとると脂肪を燃焼させたり発汗させたりという方法で顔を小さくすることをしていると思います。

脂肪燃焼するための方法として顔をマッサージするように刺激をすると脂肪を燃焼させやすくなるという方法で小顔矯正をしているし、タオルやラップを巻いて温めるようにして発刊させるような方法で中にある水分を出して脂肪やむくみを減らそうとする方法や温かい蒸気を当てて発汗力を高めて代謝率を上げることで脂肪を燃焼しやすくする方法などが行われています。

小顔矯正とは

しかし小顔矯正をする時には今まで希望されて予約された方、全員の方の検査してみると顔が大きくなっているということがありましたので顔が大きくなる理由として一番にあげられることはむくみや脂肪が増えているそうです。

小顔矯正を訪れた方全員を検査してみると体の状態は良くないし本人に聞いてみると体調はいいとか調子は悪くないと簡単に答えていますが何も症状がなくてもいいとは限りませんし痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限らないということなんです。

小顔矯正をして行く時に日常で増えていくものが関係しているんですが、日常で増えて普段から 重なっていくものが一番、体の代謝を落としたりリンパの働きや老廃物を多くしてしまったり、むくみや脂肪を増やしている原因になるものがあります。

顔の大きさ

浮腫みや脂肪を減らす

むくみや脂肪を増やしてしまう原因は体にもむくみや脂肪を増やしてしまう結果を生み出してしまいますので全体的にむくみや脂肪増えていって顔にもむくみや脂肪が増えているということがあるので顔が引き締まっていて体がむくみや脂肪を増やしているということもないし逆に体は引き締まっているのに顔にもむくみや脂肪が多くなっているということはありませんので全体にむくみや脂肪が増えています。

体というのは全体でトータルですから体と顔というのはすごく密接に関係がありますので顔だけ小さく引き締めても体がぶよぶよであれば意味はありませんけど体のむくみや脂肪が多くて体重を増してる状況では体は大きくなっていますのでそのぶんだけ顔を小さくすれば余計に見栄えは良くなるでしょうけど差が大きくなってしまいます。

むくみや脂肪を増やしてしまう原因というのは何なのかという問題があるんですが。

むくみや脂肪を増やしてしまう原因

むくみや脂肪を増やしてしまう原因というのは日常で多くなるものと説明しましたので日常で多くなるものというのは何をしても増やしてしまいますし何もしなくても増えてしまうものがあります。

何をしても増えていき何もしなくても増えていくものは、脂肪やむくみが増えるわけですけど脂肪やむくみが増える原因は疲れです。

疲れと言うとわかっていない方ほど簡単に考えてしまって、そんなことがあるものかと簡単に考えるでしょうが疲れの蓄積ほど体の代謝を悪くしたりリンパの働きを悪くしてしまうことはありませんので結果的に脂肪やむくみを多くしてしまいます。

小顔矯正と疲れやストレス

脂肪やむくみが増えれば増えるほど体も大きくなり体が大きくなっているのに顔が大きくならないということはありませんので顔も同時に大きくなっていきますが限界はあります。
疲れというのは仕事をしても多くなっていきますし、普段の生活で掃除したり洗濯物を干したり料理を作ったり買い物をしたり車の運転をしたり、旅行に行ったり運動したり筋トレをしたりジョギングしたりしても疲れは多く満たされていくんですが、疲れの特性として、一時的にしか感じ取ることができないため、そのため無くなったように思うでしょうがなくなってはいないんです。

疲れと小顔矯正

疲れは一過性でしか感じ取ることができないものなので、全員の方が回復したように思えるかも分かりませんし、良くなったように思えるでしょうしなくなったように思えるかもわかりませんが、疲れの多くは残ったままになっています。

仕事をしてあ今日は疲れたなーと思ってもしばらくすると疲れを感じなくなっていきますので感じなくなることが回復したように思えるかも分かりません。

運動しても筋トレをしてもジョギングをしても疲れは多く生み出されていくんですが一時的に歯が感じ取ることができないため疲れはさも、しばらくすると解消したように思えるかもわかりませんが残ったままになっています。

疲れやストレスと小顔矯正

掃除しても洗濯をしても料理を作ってもの買い物をしても歩いても疲れは多く生み出されていくんですが生み出された疲れは、しばらくすると感じなくなるため無くなったように回復したように思えるかもわかりませんが多くは残ったままになっています。

疲れやストレスはたまるばかり

一度、生み出されてしまった疲れは完全にゼロになることはなく、どれぐらい残るのかは、その時その時で違うでしょうし自分の体の中に溜まっていくのは確実です。
自分の中に疲れが多くなっていくと疲れからストレスに変換されてしまい疲れやストレスの蓄積が多くなればなるほどむくみや脂肪が増えていきます。

むくみや脂肪が増える時には体にもむくみや脂肪が増えて太っていくんですが顔も大きくなって太っていきむくみや脂肪が多くなっているので顔が正常の大きさの方は一人もいませんので何らかのむくみや脂肪がたまっているということで顔が引き締まっていない場合が多くあります。

また日常で多くなる疲れだけではなく眠りの浅さからもホルモンのバランスも悪くなり代の働きも低下しますので一番、近い部分である顔にも影響が出るのは必須です。

2020年05月12日