肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリから解消していかなければいけませんが普通一般的にテレビの特集でも雑誌の特集でも肩甲骨を動かすような体操やストレッチをしたり肩関節の可動域を広げたりすることで、肩こりが解消できると言う方法や筋トレや運動することで流れを良くするとか、いろいろな方法があると思うんですけど対処法としては湿布を貼ったりマッサージをしたり肩の筋肉を揉みほぐしたり電気や機械を使ったりすることが多くあるようです。

肩こり

肩こりとは

肩こりと言うのは筋肉のコリと言うイメージが、どうしても強ために普通一般的の方も専門家の先生も筋肉ばかりほぐすようにしていますが、筋肉もあまりにも刺激を加えすぎたりすると、徐々に筋肉が硬くなるということが起きていきます。

肩こりがどうして起きるのかという原因は、専門家の間でも研究テーマの1つになるぐらいわかっていないのが実情ですから、病院に行っても痛み止めの注射を打つような感じのことをやっていると思います。

肩こりと言うのは症状の名前であって病気の名前ではありませんので、病気の専門家である病院に行ってもわからないのは当然なんです。

肩こりと言うと筋肉のイメージが、どうしても強いために筋肉のコリを、ほぐすような方法で対処していると思うんですが、それでも楽になることも多くあるんですが楽になる事と肩こりの原因を見つけ出して減らしていくという方法もあります。肩こりと言うとテレビでも雑誌でも筋肉のコリというイメージがあるために筋肉をストレッチしたり肩関節を動かしたり肩甲骨をより多く動かすことばかりしていると思いますが運動的な肩こり解消法もあると思うんですけど原因を見つけ出すことが一番だと思いますので原因を見つけ出すためには検査をしなければいけませんが一般的には肩こりを検査するという方法はありません。
肩こりが起きる時にはこりというのが意味不明な言葉でもあるんですが直訳したら緊張とか

疲労という意味になると思いますので筋肉の緊張や筋肉の疲労でコリを起こしているということですから肩こりが起きている時には代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなって老廃物が多く溜まっているという現象は起きていると思いますが単純に代謝が悪くなったりリンパの問題や老廃物が多く溜まっているからといって流せばいいわけではありません。

肩こりとは

肩こりの原因

肩こりが起きてしまう時には原因があるから肩がこる理由ですから単純に筋肉のコリや緊張や疲労だと考えないでください。
多くの方よりはしっかりとした原因があるんですが検査することができないために、触ってみたりして貼っているとか、固くなっているとか、コリを起こしていると説明をしています。

肩こりが起きる時には普段は指や腕や肩を使うことがあった時に、筋肉の疲労が生まれてしまいますので普通は筋肉の疲労が生まれても時間と共に消えていくはずなんですが、これが消えないで残っているということで肩こりが起きて行きます。

つまり何かの誤作動が起きているということで筋肉のコリが解消できなくなっているのが現実に起きているんです。

普通は運動したりして肩こりを起こしてもスマートフォンを操作することでも肩こりを起こしても筋肉のコリは徐々にホルモンで解消できていなければいけませんし流れもあるわけですから流れて老廃物が滞留するということはないはずなんですけど何かの原因があって起きているわけですけど肩の筋肉を揉んだり押したりマッサージをすることで楽になってしまうため多くの場合は中途半端な施術になっています。

肩こりがどうして起きるのか

肩こりが起きる時には、日常的に多く積み重なっていくものが、肩の筋肉だけではなく全身に多くとまったのが原因で働きを起こしていき筋肉のコリを解消できなくなっていくんです。
肩こりが起きる時には疲れの蓄積が関係しているんですが多くの方は疲れと言うと簡単に考えてしまっていますから疲れも多くなればなるほど限界なく溜め込んでしまうことがあり疲れをため込んでしまったものがストレスに変換されてしまいますので疲れやストレスからありとあらゆる体の状態は悪くなっていきます。

肩こりを起こす時には肩の筋肉だけが問題になることはなく全身に疲れやストレスが溜まっている状況で一番トップで悪く感じているのが肩の部分だということなんです。
普段の生活でも料理を作ったり掃除をしたりすることでも洗濯物を干したり畳んだりアイロンかけたりすることでも階段を上ったり下りたりすることでも疲れは多くなっていきますし買い物をしたり荷物を持ったり歩いたり車の運転をしたりすることでも疲れは多くなっていきストレスに変換されてストレスが多くなってたまっていきます。

疲れやストレス

疲れやストレスが溜まってくるとありとあらゆる働きを悪くなり代謝も悪くリンパの働きや老廃物が多く貯めるということが起きていきむくみや脂肪も増えていく結果になり筋肉疲労を解消できないぐらいの状態になっていくと肩こりを起こしています。

全身に疲労が溜まっているのが原因でストレスに変換されてしまうことが原因で肩こりとしてトップで感じてしまうため肩こりだけのような感じだと思いますが実際には全身に疲れがストレスが溜まっていて骨盤の歪みや背骨のズレを起こしているということがあるんです。
普通一般的には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレで起きているんですが症状として感じていない部分もありますので普通一般的にはありとあらゆることが起きていても感じるのは一箇所か2箇所ぐらいです。

そしてしかも肩こりを感じる肩や全身で疲れやストレスが溜まっていても24時間ずっとその症状を感じることはありませんので何かをしている時には忘れていることもあるんですが終わった途端に肩のこりがどっと強く反応してしまうということが起きてしまいます。

疲れやストレスと肩こり

肩こりを感じている時には普段の生活だけではなく仕事をすることでもバイトをすることでもパートで働いたりすることでもありとあらゆる身体を動かしたりすることで多くの疲れが生み出されていき生み出された疲れは一時的に感じることがあるんですがしばらくすると感じなくなっていきますので感じなくなったのがさも消えたようにまたはなくなったように回復したようにまたは良くなったように思えます。

しかし実際には一度乱された疲れやストレスは消えたりすることもなくある程度は残ったままになっていますので100%残ってることがありませんが残るのは人それぞれ違いますけどその積み重ねが疲れやストレスを溜めて行く結果になり怒りやストレスを溜めた結果一番ダメージの弱い部分に症状を感じてしまいます。

疲れやストレスの蓄積と肩こり

しかも疲れやストレスを研究してみると疲れやストレスというのは一度生み出されてしまって感じるんですが感じなくなった後もどんどん登っていき積み重なっていくという状態ですけど疲れを減らす努力も疲れを溜まった部分を考えることも人は何も考えていませんし何もしていません。

仕事をして今日は疲れたなーと思っても何もしていません。

ジョギングをして疲れたなーと思っても何もしていません。

減らす努力もどこにたまっていくのかということも考えもせず人は生活しているばかりですから蓄積するのは当たり前ですし何も考えていなければ減らす努力もしていないので積み重なっていくばかりですから肩の筋肉の問題は多く積み重なった状態で最終的に起きた結果なんです。

2020年04月16日