小尻になれる骨盤矯正

骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためには骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪を減らしていくことでも減った分だけ小さくなることもできるでしょうし、骨盤の歪みや骨盤の開きがある場合は整えていくことでも骨盤が広がったのも小さくすることができれば、骨盤が小さくなって小尻になると思います。

しかし単純に骨盤矯正といっても骨盤を小さくすればいいわけではありません。

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときにエステの骨盤矯正と言うのは機械で締め付けたり、またはガードルで締め付けたりストッキングで理想的に締め付けると言う方法で夜にストッキングやガードルを履いて寝て朝が引き締まっていると言う状態を作ると言うものが多くあります。
またフラフープなどをするような腰を回すことで、骨盤ベルトをして運動することで骨盤が引き締まると言う方法も巷では聞いたことがあると思います。

骨盤矯正をするときには

骨盤矯正をするときには、骨盤を小さくするわけですから、むくみや脂肪を減らしても骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正するだけではなく、骨盤が歪んだり開いたりしているからむくみや脂肪が多くなったわけですから、単純にむくみや脂肪と歪みや開きと言うのは深く関係がありますが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかと言う原因もありますので、原因から改善していかなければいけないんですが単純に骨盤矯正をして整えれば、いいと言うわけではありません。

小尻にして

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると代謝が悪くなり、リンパのあたりが悪くなって老廃物が溜まってむくみや脂肪になるということが起きてしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因と言うのは、日常的に多くなるものが積み重なったのが原因ですから、多くなるものを減らさなければ、どんなに骨盤の歪みや言葉の開きを整えてもすぐに、また歪んだり開いたりしてくるということが起きて行きます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因は毎日毎日の生活することや運動することで身体動かしたりすることや仕事をしたりすることで多くなってしまうものが原因ですので積み重なっていけばいくほど限界なく積み重なって多くなってしまうものです。

限界なく多くなってしまうものというのは単純に誰でも簡単に考えてしまいますが簡単に考えていいわけではありません。

それは疲れです。

疲れと言うのは体にダメージを与えていく最大のものになります。

例えばですけど骨盤矯正をしていくときに日常的に多くなってしまう疲れが体に蓄積していくことが原因で蓄積状態が多くなればストレスに変換されてしまいストレスから骨盤は歪んだり開いたりしていきます。

疲れやストレス

骨盤がストレスの蓄積から歪んだり開いたりすれば、当然、代謝が悪くなりリンパの働きが悪くなって老廃物が溜まるということが、起きてしまいますので、むくみや脂肪が多くなっていきます。

疲れと言うのは誰でも、蓄積しているものですから多少なりとも、症状がなくても痛みやコリがなくても、骨盤の歪みや骨盤の開きが、誰でもあると言う事なんですが症状を感じなければ気が付きません。

例えばですけど女性で言えば骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤が大きくなるだけではなく便秘や生理痛や生理不順が起きたり膀胱炎を繰り返したりと言うことが起きてしまうということがあります。

疲れやストレスの蓄積

骨盤矯正と歪みや開き

骨盤矯正をするときには骨盤の歪みや骨盤の開きが必ずあるので整えていくんですがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きがあるのかと言う理由があります。
原因がないのに骨盤が歪んだり開いたりする事はありません。

原因があるから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて歪んだり開いたりすると代謝が悪くなってリンパの働きもなくなり老廃物が溜まることからむくみや脂肪が多くなってしまいます。
むくみや脂肪が増えると言うのも運動不足や体動かさないことや高いカロリーのあるものを食べすぎたり炭水化物や糖分や油分などを摂取しすぎたりすることも一因でもありますが、

それだけではありません。

特にむくみと脂肪と言うのはちがいます。

疲れやストレスと骨盤矯正

むくみと脂肪とは

むくみと言うのは脂肪とは違いますので脂肪と言うのは体動かさないことが原因だったり高いカロリーのあるものを食べ過ぎたり糖分や油分や炭水化物などの生主が考えられるんですがむくみと言うのは意味が全然違いますのでむくみと言うのは水分があると言う事ですからその水分と言うのはリンパの問題だと言うことになります。

リンパと言うと老廃物が溜まってしまうということがありますのでリンパマッサージのように流せばいいと言う感じですが、流しても原因を見つけ出して改善していかないと根本的にはまたすぐに戻ってむくみが多くなってしまいますのでリンパの働きが悪くなっている原因がどこかにあると言うことなんです。

何も原因がなくてリンパが滞留したり、老廃物が溜まると言う事はありませんので体の何かの機能が悪くなった現象でリンパの働きが悪くなり老廃物が溜まってしまうと言うことでむくみになります。

むくみを検索してみると浮腫と言う言葉が出てきますので、浮腫と言うのは良くない状態の時に使う言葉ですから、浮腫とむくみと言うのは同じことなんです。

つまり自分でも気がつかないで体調が落としていてむくみが多くなっていると言う方も多くなっていますので根本的には体を整えていくことをしないといくらリンパの働きを良くしようとして流しても、流しても出てきてしまいます。
またそれらを繰り返すことで、畑を流してしまって余計に疲労を与えてしまうと体調が、どんどん悪くなって落ちていきますので、むくみが出ない状態になってしまうこともあります。

むくみが出ない位悪くなってしまった場合はかなり体調としているんですが、何も症状を感じていない方も多いようです。

むくみというのはぶよぶよ状態で現れてきますので脂肪が中にない状態のことを言いますので脂肪がある場合は脂肪のことを言いますがむくみと言うのは水分だけで構成されているものですから脂肪が中にないと言うことになりますけど脂肪とむくみと言うのは同一のような状態の部分にありますのでむくみや脂肪分けて考える事は普通は難しく簡単ではないと思います。

骨盤矯正をしていくなら

骨盤矯正をしていくなら単純に体を整えて言うこともしないと効果がなかったり戻りやすくなってしまうことがありますので体調を整えていくためには検査することをしないと体調がどの段階なのかということがわからないと思います。

単純に何も考えずに骨盤矯正をするよりも体調の検査をしてどの段階なのかどのぐらい落ちているのかということを確認する必要がありますので確認してみると多くの方が症状を感じていないでも、すごく落ちている場合があるんですがすごく落ちているのは日常的に多くなっているものが多く溜まっている場合があります。

疲れやストレスを減らすと

例えばですけど仕事をしたり運動したりすることや料理を作ったり生活をしたり掃除をしたり階段を登ったり降りたりすることで疲れが生じていきますが疲れは一時的に感じてもいつの間にか感じなくなってしまいます。

感じなくなってしまったものは、感じないだけで体に蓄積して洗えるダメージにつながっていきますので、あらゆるダメージから減らしていかなければむくみや脂肪は減りにくく骨盤矯正で骨盤を整えていても周辺にあるむくみや脂肪が減っていく事はなく戻りやすくなっていると思います。

2020年04月07日