肩こりを楽にしていくなら

肩こりを楽にしていこうと思うなら当然筋肉のコリと言うイメージがありますので筋肉から柔らかくなるようにほぐれるようにしていきますが、肩こりと言うのは筋肉だけで起きていることはありません。

肩こりとは

筋肉の凝りが起きたりするとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積してしまい代謝が悪くなることから肩こりが起きると多くの方が思っているのですが当然筋肉の凝りが起きているときには、リンパは流れが悪くなり流れが悪くなった分だけ老廃物が多く蓄積していくのは当然の結果だと思います。

肩こりとは

肩こりが起きるときには毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することなどで肩や腕や指先を使うことが多くあり、最近は、スマートフォンの操作でタッチすることや操作をすることで指先を多く使っていますので、腕全体に力が入ったままになっていますので長時間スマートフォンを見ていると首や猫背になるだけではなく肩こりも起きてしまうと言うことが起きてしまうんですが、普通は筋肉疲労が起きたりすると自力で解消できなければいけないんです。
同じようなことをしても肩こりになる方とならない方がいますので、どうゆう風に差がついているのかと言うことを考えてください。

肩こりが起きるのは

肩こりが起きてしまうのは、筋肉疲労で積み重なったものが、肩こりになっていくんですが

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで体動かしたりすることや掃除をしたりすることで料理をしたりすることや洗濯物を干そうとする時やショッピングで荷物を持ったりすることなどで多くの筋肉疲労が生み出されてしまいます。

生み出されてしまった筋肉疲労と言うのは普通は自力で解消できなければいけませんがあることが原因で積み重なったものが多くなってしまうと自力で解放することができなくなる位の状態になってしまいます。

自力で解消できないのは

ギリギリ解消できない位筋肉疲労が積み重なったときには、筋肉だけに積み重なるものではなく体全体で積み重なっていく疲れが原因です。

疲れと言うと多くの方が簡単に考えてしまいますが、疲れは体にとって最大のダメージにつながりますので、疲れが溜まれば溜まるほど、ストレスに変換されてしまいストレスから老化が急速に進んでいくと言うことも起きてしまいますので筋肉の老化と言うと、筋肉が硬くなる現象のことをいいます。

筋肉が硬くなるのは

筋肉が硬くなる現象と言うのは老化現象で起きていることもありますので一時的なものでもなく一過性のものではありませんので、どんなに、いくらマッサージをしても上手な方に揉んでもらっても電気をしても、何をしても解消できない位に筋肉も老化して硬くなっていくということが起きてしまいます。

肩こりと筋肉

老化したものを直すと言うのは、また元に戻して柔らかくしていくと言うのは大変難しい事ですので普通、一般的にはできるものではありませんが当院の治療法の中に体質改善と言う方法がありますので、体質改善でのみ筋肉が硬くなって老化したものを柔らかくすることが少しずつでもできます。

肩こりになるときには

肩こりになるときには肩こりが軽い時もあればひどい肩こりを起こすこともありますので肩こりがひどい時ほどあることが起きています。

肩こりがひどい時ほどあることが起きていると言う状態は日常的に多くなっているものが体に蓄積しているのが原因なんです。

日常的に多くなるものというのは生活することで多くなるものであり階段を登ったり降りたりすることでも多くなりますし歩いたりすることでもジョギングしたりすることでも筋トレしたりすることでも運動したりすることでも料理を作ったり洗濯をしたり入浴したりすることでも多く生み出されていくものが原因なんです。

生み出されていくものと言うのは特別なものではありません。

特別なものではないので多くの方が簡単に考えていますので大変多く積み重なっていることがあります。
日常的に多くなるものというのは疲れです。
疲れと言うと簡単に考えてしまう方が多くいるんですが何かをして疲れたと思ってもいつの間にか疲れを感じなくなっていますのでなくなったとは思わずに忘れている状態が多くあります。

人と言うのは間でなものですから残ったものだけを意識してしまっいい感じなくなったものはなくなったと勝手に思っています。

しかしなくなったわけではなく感じていないだけだとしたらどうでしょう。
疲れを感じていないだけで多くは残ったままになっているということがあるとしたらその蓄積が毎日毎日の蓄積で多くなるばかりですから多くなったものがゆくゆくは肩こりになっていく行きます。

日々の疲れと言うのはそのうちにできるだけ軽くする必要があるんですが軽くすることができるのは栄養のあるものを食べても焼肉を食べてもうなぎを食べてもサプリメントを飲んでも疲れというのはなくなる事はなく多くなるばかりなんです。

疲れやストレスと肩こり

疲れを唯一とることができるのは熟睡している時だけです。

熟睡と言うのはただ寝ているだけではなくすす寝息を立てていれば寝ているわけではなく目が覚めなければ寝ているわけではありません。

眠りと言うのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので朝まで目が覚めなければ寝ていると言えるかというとそうではありません。

夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が勘違いしています。

眠りと言うのは熟睡ができていなければ眠れていませんので6時間の睡眠を寝ている本人が覚えているわけはありません。

寝ている本人が記憶できるのはたった数分の時間だけですから目が覚める前に夢を見ていれば夢の記憶しかなくまた夢の前の記憶しかありませんのでたった数分の記憶で寝ていると勘違いしています。

6時間の睡眠中6時間熟睡ができる方はいませんので上がったり下がったりしながら深い時に脳は熟睡をしているわけです。

眠る時にも不眠症と言う言葉がありますが不眠症と言うのは寝付くまでに1時間も2時間も3時間もかかったり夜中に何回も目を覚ますことが不眠症です。
しかし不眠症とは違って睡眠負債と言う言葉があります睡眠負債と言うのは朝まで目が覚めることがありません。

夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めることがありませんので寝ていると多くの方が思っています。

睡眠と肩こり

しかし先ほども説明したように熟睡ができているのかというとそうではありませんので夢を見るよりも寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をして睡眠が圧倒的に長くなっていればいるほど脳は弱って行ストレスを溜めて行きます。

眠りと言うのは人が見てすす寝息を立てていれば寝ていると勝手に思っていますが脳が寝ていない限りは寝ているわけではありません。
寝ていない限りは1日働いたり仕事をしたり運動したりして生み出されてしまった疲れやストレスを減らすことができません。

また次の日にも同じことが繰り返されていき積み重ねがゆくゆくは肩こりを起こす原因になっていきます。

しかし疲れたと言う状態を感じてもいつの間にか感じなくなる疲れなんですがどこにたまるのかと言う問題がありますが疲れも限界なく多くしてしまうことができますので疲れが多くなった状態のことをストレスといいます。

ストレスの蓄積がどこに溜まっていくのかもちろん体に溜まるわけですけど体のどこにたまるのかという問題が1番大事になります。

肩こりと疲れやストレス
2020年03月03日