腰痛を楽にしていく

腰痛を改善して楽にしていくためには痛みの原因になってるものを見つけ出して改善しなければいけませんが、多くの腰痛の治療法と言うのは痛みの原因まで改善するまでには至っていないと思います。

単純に腰痛を起こしたら痛みを楽にすることを『治った』と思うでしょうが実は原因が残ったままになっているんです。

腰痛、腰の痛み


腰痛とは

腰痛を楽にしていく治療法というのが湿布を貼ったりすることでも痛みが楽になることもありますし腰痛に効くと言うサプリメントを飲んでも効果があるかもわかりませんし家族の方に腰を揉んでもらうことも楽になる一員でもありますし専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも腰痛が楽になってしまうこともあります。
そして電気や低周波治療器などをかけたりすることでも腰痛は楽になることもあるでしょう

腰痛の原因

しかし痛みを楽にしても痛みを起こした原因が残ったままになっていると繰り返しやすく戻りやすくしばらくはいいかもわかりませんが原因もいつまでも同じままではいられませんので進行してしまうと言う怖さがあるんです。

体に何かの症状が起きるときには必ず何かがあるわけですから何かが何なのかと言うことを見つけ出さなければいけませんが、多くの治療法と言うのはそこまで至っていません。
腰痛の原因まで改善できていない理由と言うのは、根本的に、どうして腰痛が起きるのかということがわかっていないからなんです。

当然物量を用いる方法ではなく矯正する方法というのもありますので矯正する方法というのは整体やカイロプラクティックに行くと矯正することをしていると思いますが、整体やカイロプラクティックでも歪みやズレが、どうして起きるのかという事まで見つけ出して解消できているわけではありません。

腰痛、腰の痛みが起きるのは

痛みが起きるときには重たいものを持とうとして腰が痛くなったとか庭仕事をしていて急に立とうとした時に、腰が痛くて体を伸ばせなくなったとかくしゃみをしただけで腰が痛くなったとか前かがみで、いつも掃除をしているときに、腰が痛いとかデスクワークで座ってるだけで腰が痛いとかいろいろな腰痛を言われますがすべてこれらが、切っ掛けです。
切っ掛けと言うのは原因ではありません。

つまり重たいものを持つだけで、腰が痛くなることもあればならないこともあると言うことを考えてください。

痛くならない時は気をつけて持っていると言うこともあるかもわかりませんが、何がなくしたときに、腰が痛くなることがありますので、何がなくしたときには何が起きているのかということを考えてください。

何がなくしたときには、必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあるんですが歪みやズレも軽いと何も症状を感じません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨のズレがあったりすると筋肉や靭帯で支えることをしているんですが普段できている事でも支えきれない位のものが起きているとバランスが悪くなり視点がずれてしまいますので体を支えきれなくなってぎっくり腰になると言うことで痛みが起こります。

もし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがないときにはまたは軽いときには同じことをしても痛みが起きる事はありません。

腰痛や腰の痛みが起きる原因

腰痛や腰の痛みが起きる原因は特別なものが原因ではなく日常的に多く積み重なっていくものが体に蓄積していくのが原因で起きています。

日常的に多くなるものというのは生活することでも料理を作ったり掃除や洗濯をすることや入浴をすることで階段を登ったり降りたりすることや歩いたりすることや車の運転をしたりすることや買い物をしたりすることでも多く生み出されていくものが体に蓄積していきます。

体に蓄積していくものというのは体にダメージを与えていくものですから悪いものになりますので悪いものと言うのは疲れです。

疲れと言うと多くの方がわかってもいないのに簡単に考えてしまう怖さがありますが疲れほど悪いものはなく疲れほど体にダメージを与えた痛めつける事はありません。

疲れと言うのは限界なく多くしてしまいますので1日1日の疲れが体に蓄積していくことが原因でありとあらゆるものが落ちていきます。

疲れと言うのは疲れたと感じてもいつの間にか時間の経過とともに感じなくなっているんですが多くの疲れは残ったままになっていますので残ったままになっている疲れと言うのは日々体に蓄積していき1日またはもう1日と経てば経つほどどんどん多くなってしまいます。

1日の疲れが完全になくならないうちにまた次の疲れが生み出されて体に蓄積していきますので体に蓄積していくときにはどこに蓄積をしていくのかと言う問題があります。

腰痛、腰の痛みとは

体と言うのは弱い部分とそうでもない部分が誰でも存在しています。

弱い部分には多くの疲れが溜まりやすくなり溜まってしまうと細胞の変化が起きることもあります。

弱い部分とそうでもない部分と言うのは2つ存在していますが、そうでもない部分は先将来、何かにつながったり痛みやコリを起こしたりすることもなく症状につながる事はありません。
疲れと言うのは日々蓄積していくものなんですが、普通は疲れはある程度なくなってしまわなければいけないんですが、残ったままになっている疲れと言うのは弱い部分で溜まっていった状態ですから、自力で解消することができなくなっていきますので弱い部分で余計に疲れを溜めてしまうと、いじめのような状態になってしまいます。

自力で解消できないくらい弱い部分に疲れが、溜まってしまうことが、原因で腰痛や腰の痛みの原因になってしまう骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていくと言うことになります。

弱い部分と言うのはどこなのかと言う問題がありますので体に溜まると言う事は全身にも溜まりながら体の中の奥底にある部分に溜まっていきます。

体の中は

体には何があるのかというと例えばですが100キロの方がいるとしたら100キロ中65%から75%が水分で構成されていますので体重の65キログラムから75キログラムが水分と言うことです。

あと残りは35キログラムから25キログラムの重さが神経と血管とリンパと皮膚と光脂肪と筋肉と靭体と骨の重さと内臓の重さになります。

中枢神経系の大脳と脊髄と脳幹なども内臓の1部になりますので内臓に含めるようにしています。

この中に疲れやストレスが溜まりやすいところがあると言う事なんですが弱い部分と言うことになりますと神経と血管とリンパと言うのは1番除外して良い部分だと思いますのであと残ったのは陽太光脂肪と筋肉と人体と骨になりますので筋肉は氷を溜めてしまって疲れやストレスが溜まりやすいと言うこともありますので筋肉を対象になります。

しかし後残ったものを考えれば骨と言うのも骨に疲れが溜まりやすいと言うのも変な話ですけど骨よりももっとさらに疲れやストレスを溜めてしまいやすい部分があります。

骨よりももっと疲れやストレスを溜めてしまいやすい部分と言うのは主には内臓になります。

しかし、内臓といっても病気と言ってるわけではありませんので慌てないでください。

多くの方が内臓と言ってしまうと病気というの関係づけてしまいますが病気になる前の家庭や内臓にも疲れが溜まったり内臓にもストレスが溜まると言うことが普通に起きているんです。

内臓に疲れやストレスが溜まってしまうと体の中からダメージを与えていきますので骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしたり、筋肉の疲労を起こしたりして筋肉疲労を解消できなくなって凝りになるということが起きています。

腰痛を起こすときには周辺にも筋肉がありますので筋肉のバランスの崩れが起きるのは当然の結果だと思いますし痛みになるときには体調が落ちていると言う事ですから体調が落ちていると言う証拠に疲れやストレスが多く溜まっていると言う状態になっています

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み
2020年02月27日