楽にしていく腰痛、腰の痛み

腰痛腰の痛みが起きるときには重たいものを持ったりして腰が痛くなったり前かがみになっているときに何かを取ろうとして腰を痛めてしまったり車の運転をしているだけで腰が時々痛むとか布団に寝て朝からいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛くなっているとかいろいろな腰痛があると思います。

腰痛、腰の痛みになると

腰痛とは

腰痛と言うのは姿勢で起きることがありますので、重たいものすることで痛めてしまう場合がありますので、てこの原理から考えれば腰の部分が支点になり前かがみをしたり重たいものを持ったりすることで支点のバランスが崩れることが原因で炒めてしまう原因になります。

単純にお辞儀をしただけでも腰にはかなり、負担になってしまいますので腰から上に重芯が移ったときに体を支えるためには、すごい腰の部分に軋轢がかかっていると言われています。
しかし前かがみをしたわけでもないのに運転をしてる時に腰が痛いとか言われるとか布団に寝て朝から腰が痛いと言うのはバランスが悪いわけではなく、一般的には特に布団に寝て朝から腰が痛いと言う状態で説明すると布団が合わないとか腰が沈みすぎるとか言われているのがあります。

腰痛、腰の痛み


しかし布団に入れて朝から腰が痛いと言う時は布団やベッドなどが長年、使っていて下手っているような状況であれば変えたほうがいいと思いますし一時的に布団やベッドを変えることで腰が楽になることもあります。

しかし原因は布団やベッドの関係も多少はあるんですが、全てが布団やベッドのせいではありませんので原因がご自分の体にあると思ったほうがいいと思います。

腰痛や腰の痛みが起きるときには

腰痛や腰の痛みが起きるときにはあることが原因で起きていますので全てがベッドや布団のせいではなく、また姿勢の関係ではありませんので、何でもかんでも他のもののせいにしないでください。

腰痛や腰の痛みが起きるときには、必ずある物ことが関係しています。

腰痛や腰の痛みと言うのは、日常的に多くなってしまうものが、体に積み重なったのが原因で起きていますのである積み重なった悪いものと言うのは疲れです。

疲れと言うのは誰でもあることなんですが、人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在していますので弱い部分がどこなのかで症状が起こりやすい部分が違います。

人それぞれ違う弱い部分と言うのは、肩が弱い部分であれば肩こりになりやすく、生理に関係する部分が弱い部分であれば生理痛になったりしていきますので体の変化と言うのは、すでに起きている現象ですから、体の変化がどこに起きるのかと言う事の問題が弱い部分に起きているということになります。

腰がいたくなるのは

弱い部分とは

弱い部分と言うのは体質的に弱い部分になりますので元来、生まれつき弱い部分に関係していますので、生まれつきその部分が、弱い部分であれば成長とともにまた生活することで仕事をすることで、身体を動かしたり運動したりすることで多くの疲れが生み出されてしまい、疲れの蓄積が弱い部分に溜まっていきます。

弱い部分にたまることが原因で、何かが起きているわけですけど何かと言うのは歪みやズレが普通一般的なんですが歪みやズレと筋肉の問題が重なって起きている状態があります。

弱い部分に溜まる疲れなんですが疲れも限界なく多くしてしまうことがありますが、何かをして疲れたと思ってもいつの間にか時間の経過とともに疲れは感じなくなってしまいますので、感じなくなってしまった疲れと言うのはなくなったと多くの方が思っています。

しかしいちど体に生じてしまった疲れというのは全てなくなる事はありません。
なくなってしまうことがない疲れは積み重なっていきますので、日々の疲れがどんどんどんどん、どんどんどんどん多くなるばかりです。

感じなくなった疲れは多くなればなるほど限界なく多くしてしまうことができますのでストレスに変換されてしまいストレスの蓄積状況も多くなってしまえばしまうほど体にダメージを与えていきます。

ストレスや疲れが溜まってしまうと限界なくため込んでしまうものですから疲れやストレスが溜まっていけばいくほど体にはいろいろな状況の変化が起きていきます。

状況の変化とは

状況の変化と言うのは当然、腰痛や腰の痛みになってしまう結果を生み出すものでありそれ以外でも血液の流れが悪くなったり、老廃物が多く溜まってリンパのあたりが悪くなったり代謝が低下してしまったり内臓の働きが悪くなったりする事は当然起きる結果です。

疲れやストレスの蓄積ほど、体にダメージを与えるものはありません。

最悪最大のダメージを与えてしまうのが疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが溜まっれば溜まるほど、溜まる部分があります。

疲れやストレスが溜まる場所

疲れやストレスというのは溜まる場所があるから、溜まっているわけですけど体には何があるのかということを考えてみてください。
体に何があるのかということを考えないと溜まる場所は分かりません。
体に溜まる場所と言うのは、体には水分が体重100キログラムの方がいるとしたら65キロも水分が多くなっています。

歪みやズレから腰痛、腰の痛みになる

水分の量は太っている状態の方ほど70%に上がりますので65%だけではありません。

体重の100キログラムの人が65%から75%の水分があると言う事は65キロから75キログラムは水分で構成されています。

水分といっても細胞の中にある水分や体液やリンパ液や血液など多くの水分が存在しています。

あと残ったものは35キロから25キログラムですからその重さと言うのは皮膚と皮下脂肪と筋肉とじん帯と神経と血管とリンパと骨と内臓の重さになります。

疲れやストレスはこの部分でどこにたまるのかと言う問題がありますが筋肉にも溜まっていくのはわかっていると思うんですが筋肉中に溜まる事はありませんので筋肉以外にも溜まっている部分があり多くの問題を起こす部分があると言うことです。

日常的に多くなってしまう疲れが生活をしたり運動したり仕事をしたりすることで疲れやストレスが生み出されてしまい疲れやストレスが弱い部分に留まる傾向があり弱い部分に溜まった疲れやストレスは徐々に解消できなくなっていくと言う怖さがあります。

疲れやストレスほど体にダメージを与えるものはなくリンパの働き悪くなるのも疲れやストレスの蓄積から働きが悪くなっている関係から吸収できないと言う状態で起きている現象ですからむくみや脂肪になりやすいと言うことなので太っている方ほど疲れやストレスを溜めてしまっている傾向があるんですが気がついていない場合が多くあります。

疲れやストレスと言うのも感じやすいかと思いますが感じにくいかと思いますので管理やすい方もいつもいつも疲れやストレスを感じているわけではありませんのでいつの間にか疲れが溜まった状態でも時間の経過とともに感じなくなっていてわからなくなっているんです。

わからなくなっているだけであり疲れやストレスの蓄積も確実に体に蓄積しているわけですから解消できなければどんどん積み重なるばかりです。

腰痛、腰の痛みになってしまう原因


積み重なった疲れやストレスと言うのが体に蓄積していく部分のダメージになっていき必ず背骨のズレを起こして行骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす結果になっていきます。

その時に腰痛が起きることがあり自然と骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが拡大されている状態のときにわかっていないときに重たいものを持ったり前かがみをしたり靴下をはこうとしたり合わない布団に寝ていると思っていたりくしゃみをしただけでも腰を痛めてしまう結果になります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院。

2020年02月20日