腰痛、腰の痛みを楽にしていくなら

腰痛や腰の痛みが起きたり、ぎっくり腰が起きたり椎間板ヘルニアになったりな骨神経痛になったりするのはすべてあることが原因で起きている現象なんです。
ある事と言うのは、特別なものではなく、日常的に多く積み重なっていくものが原因で起きています。

腰痛、腰の痛み

腰痛や腰の痛みやぎっくり腰になったりするときには重たいものを持ったりして痛くなったとか前かがみをして腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか朝起きた時からいつも腰が痛いとか仕事で座っているだけで腰が痛いとかデスクワークで座りっぱなしで腰が痛くなるとかいろんなことを言われます。

腰痛とは

腰痛と言うのは起きる原因があるから起きているわけですけど前かがみや重たいものを持って腰が痛くなる事は全てきっかけにしか過ぎません。

きっかけと言うのは原因があって初めて成立もするものですから、原因がなければどんなに同じような姿勢をしても痛くなるものではありません。

腰痛を起こしている原因と言うのは何なのかと言う事は実態がなく立証することができませんけど確かに明らかなものです。

先ほども説明したように腰痛や腰の痛みが起きるとは特別なものではなく、日常的に生活したり、料理を作ったり階段を登ったり降りたり、入浴したり歩いたりショッピングをしたり、車の運転をしたりして多くなっていくものが、原因で積み重なったものが痛みになります。

腰痛を起こすのは

腰痛を起こしているのは日常的に多くなる疲れが原因なんです。
人と言うのは何かをしたら疲れが多く生み出されていきますが疲れも、いつの間にか感じなくなってしまいますのでなくなったとか良くなったとか思うでしょうが、実は残った疲れが多くなると言うことなんです。

原因がある腰痛、腰の痛み

感じていなければ疲れが溜まっていないのか解消できたのか、ゼロになったのかと言う問題はゼロになっていないと言わざるを得ません。
よく風邪やインフルエンザウィルスにかかっても激症の症状がなくなってもすべてのウィルスや細菌がなくなったものではないと専門家の先生も言うように同じようなことが起きています。

高熱や節々の痛みやだるさがなくなっても体内に入ってしまった風邪の細菌やインフルエンザウィルスは残ったままになっている場合が多くありどれぐらい残っているのかと言う問題は人それぞれで違います。

体内と言うのは溢れかえって初めて発症してしまうものですから、溢れかえる前は1度に細菌やウィルスをため込んでいる場合が多くありため込んだままのウィルスや細菌は万病に及ぶと諺があるように免疫力を低下させてしまい体調や体力を落としてしまうと言う結果になってしまいます。

2020年02月17日