小顔になれる矯正

小顔矯正をして顔を小さくしていくためには何かを減らすことをしないと顔が小さくなりませんので何を減らしたら良いのかと言う問題があるんですが多くの方はそういう部分は考えてもいないで顔を小さくしたいと思うばかりです。

小顔矯正

顔を小さくしていくためには何かを減らすことをしないと顔が小さくなりません。
では何を減らしたら顔を小さくすることができるのか。

小顔矯正をしていくときには美容的に小顔矯正をすることもありますのでエステの小顔矯正が病的な小顔矯正です。

エステの小顔矯正

エステの小顔矯正と言うのは発汗をさせて顔を小さくする方法です。

発汗を促すようなクリームを塗って顔をマッサージするようにして汗を出そうとすることをして出した分だけ顔が小さくなると言う小顔矯正をしていると思います。

暖かいスティームなどの温かい蒸気を当てて顔を小さくすることやラップやタオルを巻いたりすることでも顔を小さくする方法だと思います。

顔にはむくみや脂肪が多くあり、水分が多くあるため温めたりマッサージをしたりする方法で発汗が促されてリンパの働きが良くなり、老廃物が解消されていくと言う小顔矯正をしていると思います。

当院の小顔矯正は

当院でやっている小顔矯正と言うのはエステの小顔矯正とは違いますので発汗をさせるようなことをしているわけではありませんし、スチームなどを当てたりして温めて汗を出すような小顔矯正ではありません。

小顔になれる

ではどうやって汗をかくこともなく、発汗させるようなことでもないのに顔を小さくすることができるのかと言う問題があるんですが、当院の小顔矯正はむくみや脂肪の原因を見つけ出して減らしていることから顔を小さくする方法ですから、原因から減らすと言うことで、むくみや脂肪が解消されていき顔が徐々に小さくなっていくと言う小顔矯正をしています。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていくときに汗を出せばいいわけでもなく、発汗させればいいわけでもなくどうしてむくみや脂肪が多くなってしまうのかと言う問題をから探さなければいけませんしその部分から解消していくことが基本だと思いますので、単純に汗を出せばいいとかリンパの働きを良くすればいいとか老廃物を流せばいいと言うわけではありません。

当院の小顔矯正はエステの小顔矯正とは違いますのでむくみや脂肪が多くなった状態を大きくなったと言う確認をしながら、矯正することをしていますので今まで多くの方を小顔矯正をしてきましたが、全員の方が正常の顔の大きさではなく大きくなっていると言うことがありました。

体にも疲れやストレスが溜まるように同じように、顔にも疲れやストレスが溜まってくると、いろいろな働きが悪くなり流れも悪くなってしまいますのでむくみや脂肪が滞留してしまうと言うことが、起きてしまいますので、むくみや脂肪を減らせばいいわけではなく疲れやストレスを減らすことをしなければ顔を小さくすることができませんので疲れやストレスを減らして顔を小さくすることをしています。




2020年02月17日