骨盤矯正で小尻にしていくなら

当院では初回から骨盤を小さくすることができる骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためには何かを変えないと骨盤が小さくなりませんので、何を変えれば骨盤が小さくなるのかと言う問題を説明していきたいと思います。

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときには単純に病的な骨盤矯正と言う方法と、もう一つの方法があります。

美容的に骨盤矯正をしていくときには、ストッキングなどの素材を使って締め付けたりガードルのような素材でつけ締め付けるような骨盤矯正もあれば骨盤ベルトを巻いて運動したりすることで骨盤を小さくする方法などもあり運動したりストレッチをしたりする方法でも骨盤矯正ができると言うグッズまで売っています。

そしてエステなどで行っている骨盤矯正と言うのは発汗させるようなこともあり汗を出してむくみや脂肪を減らそうとする骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正

当院では他とは違って体を整えていくことで骨盤を小さくしていく方法をしていますので、骨盤の歪みや骨盤の開きがあれば、当然として骨盤が大きくなってしまうんですが何も原因がなくて骨盤が開いたり歪んだりする事はありませんので歪んだり開いたりする原因を見つけ出さなければいけませんが、骨盤が歪んだり開いたりすると代謝が悪くなり老廃物が多くたまっていきむくみや脂肪になってしまうことが多くあります。

骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正

骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためには骨盤の歪みや骨盤の開きから起きた浮腫は脂肪を減らすなければいけませんが、何も原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる事はありませんので、どうして起きたのかということも見つけ出さなければいけませんし解消しなければいけません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因と言うのは日常的に多くなってしまうものが原因なんですが日常的に多くなってしまうものというのは生活したり仕事をしたり運動したり階段を登ったり降りたり歩いたり料理を作ったり掃除をしたり車の運転をしたりショッピングをしたりすることで多くなってしまうのが原因です。

多くなってしまうものというのは疲れです

疲れと言うのは誰でも溜まっているものなんですが疲れたと思ってもいつの間にか時間とともに感じなくなってしまいます。

疲れたと感じてもいつの間にか時間の経過とともになくなってしまって全て消えているように思えるかもしれませんが消えているんではなくて感じなくなっているだけであり残った部分が多くあるということです。

残った部分の疲れが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきさらに背骨のズレを起こしていることがあり代謝も悪くなりリンパの質悪くなって老廃物が多くなると言うことでむくみや脂肪が多くなっていき骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると必然的に骨盤周辺にもむくみや脂肪が多くなってしまうということが起きて骨盤が大きくなっていきます。

2020年02月17日