小顔矯正とは

北九州市小倉北区からも多くの方が小顔矯正にきています。

当院では人気のある小顔矯正をしていますが初回から顔が小さくなることで評判が良い小顔矯正ですけど痛くもなくボケボケもしないし自分で顔が小さくなるのがわかるようにしているのが当院の特徴です。

小顔矯正をしていくときには実際に顔が小さくなったのがしっかりとわかるようにしていますのでわかるためには3回ほど確認をしてもらいます。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには鏡で見て顔の大きさや輪郭やむくみ度合いを比べてみたり左右差を感じ取るようにして鏡で見て貰います。

鏡で見る

特に進めている見方と言うのは左右差が1番だと思いますので顔と言うのは右半分と左側の半分の形や輪郭が違いますのでそれを目で見て確認してもらうことをしていますが多くの場合右側が全体的に大きいとか左側は右ほど大きくないけど頬骨のあたりが出っ張っているとか言う感じで鏡で見るとわかると思います。

小顔矯正と浮腫み、脂肪

鏡でもしっかりと意識をしないと分かりませんのでただ単純におぼろげでぼーっとして見ていても顔の輪郭や左右差を感じ取ることができませんのでしっかり確認しながら見るとか意識をしながら見ると言う感じが大切になりますのでそのためにも比べることができれば分かりやすいと思います。

鏡で見て右半分と左半分の大きさや形を比べてみてください。
鏡で見て覚えることができたら今度は手で触ってみます

顔を手で触る

顔を手で触ると言う事は鏡で見るよりも難しいことですから今まで多くの方の顔を小さくすることを指摘ましたが数%の方が小さくなったにもかかわらずわからなかったと言う方もいますのでしっかりと触ってください。

小顔矯正の触り方

手で触って顔の小さくなったのがわかれば笑顔が違いますので当院では院内のスタッフがメジャーや計測する道具で、測ったりする事はしていませんので自分の力だけでわかってもらえます。

顔を触るときには両方の手首を合わせるようにして、顎に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

単純に触り方は、これだけなんですが目で見るよりも難しいことですから、逆に感じてしまう方もいますので、鏡で見た顔の形と逆に感じてしまったうと言う、まどろっこしさもありますのでそういうことがないようにしっかりと鏡で見たり手で触ったりと言うことをしてもらいます。

鏡で見るよりも大変難しいのが体で顔を触ると言う方法ですけどこれで変化がわかれば笑顔が本当に違うんです。

当院では自分でわかってもらうのが基本ですから他人が図ったりする事は無いので自分の力だけで顔が小さくなったのが感じ取るように顔を小さくすることをしています。

疲れやストレスと小顔矯正

実は小顔矯正をしていくときには、1番関係するものは疲れやストレスの蓄積なんですが疲れやストレスと言うと体に溜まると言う事は分かっていると思いますが、いつの間にかなくなってしまったりまたは感じやすくなってしまうこともありますのでいろいろな方がいらっしゃいます。

小顔矯正と疲れやストレス

眠りと小顔矯正

小顔矯正をしていくときに最近多くの方が夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないけど寝ていると思っている方が多くなっているんですが眠れていれば朝から顔がパンパンと言うこともないしむくみで顔が大きくなっていると言うこともありませんので眠れていなければ顔が大きくなったり朝からパンパンでむくんでいると言う感じが起きてしまいます。

眠りと言うのは不眠症と睡眠負債が深く関係していますので不眠症と言うのは夜中に寝ようとするときに1時間も2時間も眠れなかったり寝付きが悪かったり夜中に何回も目を覚ましてしまったりすることや夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

しかし不眠症に対して睡眠負債は夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないと言うのが特徴なんですが眠りが浅くれながら考え事をしている睡眠が数時間もあって目が覚める瞬間に夢を見るから覚えていられません。

眠りと小顔矯正

北九州市小倉北区からも肩こりの解消に来ています。

2019年09月11日