小顔矯正で顔を小さく

北九州市小倉北区からも顔を小さくする為に予約が増えています。

今まで多くの方の顔を小さくすることを指摘ましたが全員と言っていいほど顔が小さくなっていると言う事なんですが当院の小顔矯正は100%の方が顔が小さくなっているんですが小さくなったのが確認することができるようにしているのが特徴です。

小顔矯正とは

当院のスタッフが顔を測ったりメジャーで計測したりする事はしていませんので、自分で顔の大きさの変化を比べてもらうことをしているのが、当院の特徴ですから小顔矯正に入る前に鏡で見たり手で触ると言うことをしてもらういます。

小顔矯正に入る前に

小顔矯正に入る前に院内に鏡を置いていますので鏡で自分の顔を映してみてください。
鏡で見るときに、何を見るのかと言うと顔の輪郭です。

しかしただ顔の輪郭を見ただけではわからないと思いますので、比べやすいように子顔の左右差を比べてみてください。

顔と言うのは全員の方が左右に違いがありますので左右が全く同じと言う方は全然いませんので、顔の左右がわかるように鏡で見てみてください。
どういう見方をすればいいのかと言うと、鼻を中心にどうして右側の顔と左側の顔を比べてみるんです。

鏡で顔をみる

鼻を中心に右側の顔と左側の顔を比べてみると多くの方の場合たとえですが右側が全体的に大きくて左側の頬骨の部分だけが出っ張っていると言う感じがあると思いますので今でも鏡で見て比べてみてください。

まずは目で見て顔の左右差を覚えてもらうことをしています。
鏡で見て顔の大きさや輪郭や左右差がわかったら今度は手で触ることをします。

顔を手で触る

顔を手で触ってもらいますが領有風にして触るのかと言うと両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるように触るだけです。
しかしこれが大変難しいことだと言う事は分かっていますので、しっかりと触るようにしてください。

鏡で見ると後があって両方の手のひらで顔を触ると言う事は逆転して感じることがありますので、しっかりと触らないと解りませんので、先ほど目で見たの顔の方が正解ですから、例えば右側が大きいんであれば、右側の顔が大きく感じなければいけません。
手で触ると言う事は簡単な方法ではありませんので感じようとして意識をしてください。

小顔矯正の触り方

今まで小顔矯正に訪れて顔が小さくなったにもかかわらず、手で触ったらわからなかったと言う方がいますのでわからないと言う形は意識をしていません。
意識をしないとわからないのに、ただ手を置いているだけだったり手を当てているだけと言う感じの方が顔が小さくなってもわかりません。

ある方は、鏡で見たらわかるけど手で触ったらわからないと言う方がいましたので鏡で見ることも構いませんし、手で触ると言うことが大切になりますので、できるだけ手で触ると言うことを推奨しています。

手で触って変化がわかれば笑顔が違うんです。

手で触って大きさがわかったら

手で触って大きさがわかったら、今度は小顔矯正をする前に上向きで横になってもらって院長とともに、もう一度さらに顔を触る練習をしていますので当院では本当に顔が小さくなるからできる事なんですが3回も練習することをしています。

顔が大きくなる

院長とともに顔を触ってみるとやっとわかったと言う方がいるぐらいですから。
それほど顔を触ると言うことが難しいから3回も練習をしてもらいますので鏡で見たりすることも大切ですし顔を手で触ると言うことを2度ほど練習している位大切になりますので本当に変わるからできることです。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をするときには、ボキボキしたりすることもなく、痛いと言うこともない小顔矯正を心がけていますので、マッサージするような感覚だと思ってしまえば分かりやすいと思いますので、マッサージ感覚で小顔矯正をしていますがマッサージをしているわけではありませんし、マッサージをして顔が小さくなる事はないと院長も思っています。

顔が小さくなる

北九州地区で人気がある小顔矯正だから、本当に顔が小さくなっています。

2019年08月29日