小顔矯正とは

北九州市小倉北区からも小顔矯正なら初回から顔が小さくなる。

当院では小顔矯正をしているときにはボケボケもしないし痛くもない小顔矯正を心がけていますし電気、機械などを使ったりすることもなく院長の体の技術だけで顔を小さくすることができます。

小顔矯正とは

電気や機械を使うことなく、手の技術だけで顔を小さくしていくことができるので評判の良い小顔矯正なんですが小顔矯正をするときに1番、関係するものが2つあります。

小顔矯正に関係する2つの物とは

小顔矯正をするときに関係するものが2つあると説明しましたが1つ目は疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは誰でも多くたまっているものですから疲れやストレスが多く蓄積すればするほど顔は徐々に大きくなっていきます。
疲れやストレスを減らすと言う事は簡単な方法ではありませんので簡単だと思ってマッサージをしたり揉んだりしても顔が小さくなる事はありませんし、そんなに簡単なもので減れば苦労しません。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていくときにはもう一つ関係するものがありますのでもう一つ関係するものと言うのは眠りの問題なんです。
最近は多くの方が眠りの問題を抱えていますのでトラブルになっている場合が多く見受けられますので自分でわかっていなくても眠りの浅さが顔を大きくしてしまうと言うこともあります。

特に朝から顔がパンパンになっているとが朝からむくんでいると言う事は寝ていれば起きる現象ではありませんので眠ることで逆に疲れやストレスを多く蓄積しているということが見受けられると思いますので朝は動いていないから体を使っていないからと単純に考えないようにしてください。
眠りの問題と言うのは不眠症と睡眠負債です。

疲れやストレスと背骨のズレ

不眠症とは

不眠症と言うのは寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたり夢ばかり見て寝た気がしないと言うことが不眠症の特徴でもありますので、大脳が寝ているのが、熟睡状態をとっているのが眠りと言うことを考えれば眠れていないと言うことになりますのでむくみや脂肪が多くなったり顔が大きくなっていくと言うことが起きてしまうのは当然の結果です。

不眠症と言うのは特徴として夜中に目を覚ましやすいのが不眠症の特徴ですから不眠症の方は体調が凄く悪く検査をしてみると、どん底のような体調をしていると言う状態で、なかなか体調を上げることが簡単な方法ではなくなっていると言うことも言えあります。
眠れていないのに体調が良いわけはありませんから。

疲れやストレスと小顔矯正と浮腫み

睡眠負債と言うのは

睡眠負債と言うのは不眠症とは違って朝まで目が覚めることがないけど眠りが浅い睡眠をずっと続けていると言う状態で夢を見ながら寝ながら考え事をしている状態を続けています。
昨夜も眠りが浅いんですが、さらに浅い睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠ですから寝ながら考え事をして睡眠と言うのは目が覚める事はありません。

夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると簡単に考えないようにして欲しいところなんですが、多くの方は目が覚めないために寝ていると勘違いしてしまっている方が多くいますので、注意しなければいけない状態なんですが睡眠負債の方も検査をしてみると体調が異常に悪く脳が疲労しているとが疲れているとか言う感じではなくなって、脳が衰弱状態になっている方や疲弊状態を起こしていると言う方もいますので大変な状況起こしていますので痛みやコリを麻痺した状態になっていたり鈍感になっている方も多くなっています。

小顔矯正とダイエット

当院では北九州市小倉北区からも小顔矯正に多くの方が来ています。

2019年04月16日