肩こりを解消するなら

北九州市小倉北区からも肩こりを解消する為には。

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリからほぐすようにしていますので、筋肉のコリがほぐれてきたら、リンパの働きが良くなっている老廃物が流れていき循環が良くなることから、肩こりを楽にすることができると言う感じなんです。

筋肉のコリが肩こりに

肩こりを起こしている筋肉のコリをほぐすこと

肩こりを起こしている筋肉のコリから解さなければいけませんので、主に筋肉のコリを起こす筋肉と言うのは僧帽筋と言う筋肉が代表的なものとして挙げられています。
僧帽筋の筋肉のコリが肩こりとして感じてしまいますので、頭の上の生え際から肩の部分の曲線を作っていて腕の付け根の部分まである大きな筋肉になります。

僧帽筋の筋肉と言うのは、背中の部分まで行っている大きな筋肉ですからいつもいつも使うことが多くあり筋肉疲労を起こす代表的な筋肉として知られていますので僧帽筋の筋肉の疲労や緊張や一時的に硬くなる現象からリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき肩こりになっていきます。

肩こりとは

ストレッチしても運動しても

時々は、ストレッチをしたり腕や肩を動かしたりしないと可動範囲が狭くなってしまいますので可動範囲が狭くなってしまうと、肩甲骨が動きにくくなっていきますので肩甲骨を動きやすくするためにも、運動したりストレッチをしたりするということが大切な要素になります。

また肩こりを解消する事と言うのも運動的な要素を含め体でストレッチをしたりすることでも、有効な手段ですから肩や腕と言うのは、いつも動かしてリンパの働きを良くしたり循環を良くしたりすることをしていないと固定化されてしまうということがあると思います。

肩や肩甲骨を動かすことも

テレビ等や雑誌などを見てみると肩こりを解消すると言ういろいろな方法でストレッチをしたり運動させたりと言うことがあると思いますがどれもこれも長続きしにくいと思いますので根本的には何を解消すれば良いのかということを考えなければいけないと言う事ですから運動したりストレッチをしたりすることでしなくても良い方もいると言うことです。

運動しても鍛えても

肩こりを感じていない方も運動やストレッチをしない方もいます。

運動やストレッチをしていても肩こりを感じてしまう方もいます。

何をしても感じてしまう方や何もしなくても感じてしまう方もいます。

原因を探さなければいけません

肩こりを感じてしまうときには、どうして肩こりを感じるのかということを考えなければいけませんが、その理由として1番に挙げられるものは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く生み出されていくものが体に蓄積していくのが原因ですか。
何をしても多く生み出されていき、家でゆっくりしていても、ごろごろ、ダラダラしていても多く生み出されて体に蓄積していくものがあります。
多くの方が簡単に考えているものが体に積み重なっていきます。

疲れやストレスの蓄積

それは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積と肩こり
疲れやストレスと言うのは毎日の生活で多くなっていきますし、仕事でも多くなっていきますし運動しても走ってもジョギングをしてもストレッチをしても、多くなって体に積み重なっていくのが疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは何もしなくても、また何をしても積み重なっていくのが体に蓄積していきますので、体に蓄積すると言う事は、疲れやストレスは弱い部分に溜まる傾向がありますので、肩こりに関係する部分に多くの疲れやストレスが溜まっていくと筋肉も緊張したり筋肉疲労が解消できなくなったり、一時的に硬くなる現象が起きてリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積してしまいます。

疲れやストレスが少し減ったときには肩こりはいいように軽いように感じてしまいますし疲れやストレスが多く蓄積したときにはひどく肩こりを感じてしまいます。

疲れやストレスと背骨のズレ
2019年04月16日