腰痛とは

北九州市小倉北区からも腰痛の解消に来ています。

腰痛を解消していくためには表面上の痛みを楽にすることからしていかなければいけませんので楽になったら原因を見つけ出すことも必要になってくると思いますのでまずは楽にすることから始めていきます。

腰痛とは

痛みの原因とは

腰痛と言うと対症療法と言う治療法が一般的に行われていますので対症療法で痛みを楽にすることをしていますが、当院では電気や機械を使うことはしていませんし湿布を貼ったりすることもしていませんので、手の技術だけで痛みを楽にすることをしていますか。

対症療法と言う治療法は多くの治療院で用いられている治療法なんですが原因なんかは関係なく表面上の痛みを楽にすることを、優先として用いられている治療法の1つですから湿布を貼ったりすることでも痛みを楽にすることもできますし、病院に行って注射を打って、痛み止めをすることも楽になる可能性もありますし家族の方に揉んでもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも腰の痛みは楽になる可能性もありますし、低周波治療器は電気などをかけても表面上の痛みは楽になることもあります。

対症療法とは

今、痛みがなくても

しかしいつまでも原因を残したままにしていると痛みがない時でも原因はこじらせたり一気に椎間板ヘルニアが起きたり坐骨神経痛になると言うことで進行していくことがあるし歪みやズレが起きたままだと血行不良のために固まった状態で固定化されてしまってどうしようもできなくなることもあります。

腰痛や腰の痛みが起きた方は多くの場合重たいものを持ったりして腰が痛くなったとか同じ姿勢を続けていたら腰が痛いとか立ちっぱなしで立ったままだと腰が痛くてどうしようもなくなるとか何かを取ろうとしたら腰が痛くなったとか靴下をはこうとしたら腰が痛くなったとか前屈姿勢で長く同じ姿勢を続けていたら腰が痛いとか掃除機をかける姿勢が腰が痛いとかいろいろな腰痛の原因を言われます。

しかしこれらは原因ではなくて切っ掛けです。

原因と言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きたときにきっかけをしたら腰を痛めてしまいます。

疲れやストレスと腰痛

原因ときっかけが初めて揃った時に腰が痛くなります。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまったり背骨がずれていくと体を支えることができませんので体を支えることができない姿勢をしたときに痛みになると言うことです。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きてしまう原因と言うのは毎日毎日の生活することや運動することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されて行くものが体に蓄積していくのが原因なんですが蓄積するものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分はどこなのかで起きる症状が違いますので腰が弱い方は腰痛になると言うことなんです。

腰痛と疲れやストレス

腰痛を起こしてしまった方は、骨盤の歪みや骨盤の開きが、必ずあり背骨がずれていますが、表面上の痛みだけを楽にすることが対症療法でできるために、骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあっても、矯正しなくても楽になることもありますので歪みや開きやズレが残ったままになっていると言うことです。

疲れやストレスが溜まるところ

疲れやストレスというのはたまるところがあるから溜まっていっているわけですからたまるところが、どこなのかということを考えなければいけませんが、体には何があるのかと言うと体をぎゅっと絞ってみると水分が65%から75%にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されています。

あと残った35%から25%の中に疲れやストレスが溜まるところがあると言う事ですから疲れやストレスが溜まるのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と人体と脂肪と骨と内臓しかありませんので、この中に疲れやストレスが、溜まるところがありますが筋肉にたまると言う事は分かっていると思いますけどあと最大に筋肉よりも多くの疲れやストレスを溜めてしまうところがあります。

疲れやストレスと腰痛と歪みやズレ

北九州市小倉北区からも腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの改善に。

2019年04月09日