骨盤矯正で小尻に

初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をしていくためには骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することからして周辺にあるむくみや脂肪を減らしていくことをしています。

骨盤矯正とは

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが全員と言っていいほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくはあり歪みや開きが起きている原因まで最大限大きくなっていました。

骨盤の歪み・骨盤の開きから骨盤が大きくなる?

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは原因がありますので原因がある限りはすぐに骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて行きますので持続性がありませんので体を整えていくことからして行くと骨盤の維持がしやすくなっていきます。

骨盤矯正をして骨盤を小さくするためには骨盤というのは何なのかということを考えなければいけませんので骨盤は三つの骨で形成されている部分です。
三つの骨というのは中央には尾てい骨とも一般的にいますが正式名称は仙骨という骨があり

両側に寛骨という骨があります。

寛骨の中に三つに分かれている骨が存在しますが結合されていますので同じ骨で総称して両側に大きな寛骨という骨があります。
寛骨の中で三つに分かれている部分というのは恥骨、坐骨、腸骨という骨の名称になります。

子供の時には噛ん骨は三つに分かれていますが成長してしまったら骨化してしまいますので一つの骨として歪みやズレを起こしますが名称だけは残ったままになっています。

しかし骨盤が歪んだり開いたりする時には中央にある仙腸靭帯という人体で繋がっていますので人体がかなり緩んだりすることはありませんが少しだったら緩む可能性がありますので仙腸関節の部分の軋轢が起きていき軋轢が起きると骨盤が広がるということがありますのであまりにも広がってしまったら日常生活にも支障が出

小尻になる

骨盤が歪みや開きを起こすと

てしまうぐらいになる方はいませんのでそこまでの歪みやひらきというのは起きません。

骨盤が広がってしまって仙腸靭帯の軋轢が最大限を多くなってしまったら立つことや歩くことや更にジョギングや走ったりすることというはできなくなってしまいますのでそういう状態の方は急性状態でぎっくり腰というのはありますのでぎっくり腰というのは捻挫という意味ですからネンザが起きれば誰でもいたいと思います。

骨盤矯正をして行く時には骨盤矯正に入る前に自分の両方の手のひらを骨盤の横に手を当ててもらい骨盤の幅を覚えてもらうことをしていますので当院のスタッフがメジャーや計測する機械で測ったりすることはありませんので自分で感じ取ることができます。
自分で感じ取るためには骨盤の幅を分かっていないといけませんので骨盤矯正に入る前に自分で骨盤の幅を触って覚えてもらいます。

骨盤を矯正するtおは

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正をして行く時には疲れやストレスというのが一番の問題になりますので疲れやストレスを減らしていくと骨盤の歪みや骨盤の開きは改善できて行きますしむくみや脂肪が減っていくという効果があるんです。

誰でも溜まっている疲れやストレスですから疲れやストレスを減らしていくことでむくみや脂肪が解消されてリンパの働きが改善できて老廃物が流れていくという効果があります。
しかし疲れやストレスというのは簡単に減るものではありませんのでどこにどれぐらい溜まっているのかということを検査して確認することができないと減らすことができませんしただ単にもんどりマッサージをしたり電気をかけたりすることで疲れやストレスは減ることはありません。

疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤が歪んだり骨盤が開いたり全身のむくみや脂肪が多くなっていくということがありますので疲れやストレスを減らしていくだけでも相乗効果があるということで単純に骨盤矯正をすればいいというわけではありませんので最近は多くの方が眠りの問題を抱えています。
眠りの問題というのは不眠症と睡眠負債という言葉があります。

不眠症とは

不眠症の方は気が付いている場合が多くありますが寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も目が冴えて眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴ですし夢ばかり見て寝た気がしないとかいうのも不眠症の特徴になりますので不眠症であれば大脳が

急激に弱っていき弱っただけでは済まないぐらいになっている方が多くなっていますので体のむくみや体の脂肪が増えていくということは当然起きています。

不眠症の方は眠りが浅いので大脳が弱っていることが原因なんですが弱っていればリンパの働きも悪くなり色々な内臓の働きも悪くなるということで病気ではない状態で脂肪やむくみが多くなっていきます。

不眠症とは

睡眠負債とは

睡眠負債というのは夜寝ようとする時に目が覚めないのが特徴なんですが朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている場合が多くあります。

眠りというのは大脳が休養とって出ていることだけを言いますのでスースー寝息を立てていても脳のことまでわかっていませんからのうがどういう状態なのかということは見ているだけではわかりません。

睡眠負債というのは夜寝て少し眠れてしばらくしたら寝ながら考え事をしてる睡眠になってしまい目が覚める瞬間に夢を見て目が覚めるという方が多くなっているのが特徴です。

そのため検査をしてみると非常に体調が悪く骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあってむくみが脂肪が大きくなって骨盤が太く大きくなっているのは当然だと思うぐらいの体調の方ばかりですから体調はどうですかと聞かれると全員の方が悪くはありませんと簡単に答えてしまっています。

眠りが浅いと大脳が弱っていきますので痛みやコリを感じにくくなりました状態になっていくくる方もいます。

眠りと骨盤矯正

北九州市小倉北区からも多くの方が骨盤矯正にきています。

2019年04月04日