腰の痛みと腰痛とは

腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものから改善していかなければいけないんですが原因というのは簡単に改善できるものではありませんので表面上の痛みだけを

腰痛とは

楽にすることを優先的にしていく対症療法という治療法が多くなっています。
対症療法という治療法は、原因なんかは関係なく検査することもなく表面上の痛みだけを楽にする方法です。

痛みを緩和する対症療法

対症療法という方法は湿布を貼っても楽になることもあるでしょうし家族の方に揉んでもらっても楽になることもあるでしょうし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽に感じてしまうこともありますし低周波治療器や電気などをかけてもドラッグストアなどに売っているサプリメントや腰痛に効くという薬を飲んでも楽になることがありますが原因が残ったままになっているんです。

原因をいつまでも残したままでいると進行していくということがあるのでこじらせたり悪化させたりということで色々な症状に繋がっていくということがあります。
腰痛がどうして起きるのかというメカニズムがあります。

対症療法と腰痛

腰痛を起こすメカニズム

腰痛を起こしているメカニズムというのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きがあってさらに背骨のズレがある場合がありますので歪みやズレやひがきがあれば体を支えることができませんので腰というのは上野からだと下半身をつないでいる部分ですから関節が歪んだりずれたり開いたりすると体を保持することができなくなって重たい物を持った時などに痛みになるということで起きるのがぎっくり腰ですがぎっくり腰というのは捻挫と同じです。

寝違えなんかも捻挫ですからぎっくり腰と同じ状態で動かしたり支えることができませんのでしっかりと休養とって休んだ方がいいと思います。

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていたり背骨のズレが起きるのは体に蓄積してしまった疲れやストレスが最大限に限界を超えてしまった時なんです。

骨盤の歪み・背骨のズレとは

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは疲れやストレスの蓄積から起きていますので疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなり背骨がずれてさらに椎間板ヘルニアになることもありますのでこういう状況が起きたりする時には体調が悪いということを言います。

疲れやストレスと腰痛

体調が悪いということは疲れやストレスが多く蓄積している時なんです。 誰だって疲れやストレスが多く蓄積していくと体は歪みやズレを起こしていきながら補正という状態で放映して自分に気が付かせることをしています。

これを簡単に考えてしまっていると大変な結果につながっている方も出ていますので簡単に考えていいものではなく単純に腰が痛いとか腰痛の原因を簡単に考えるべきではなく慢性化したりすることも多くありますし5年も10年も腰が痛いとかいう方もいますから簡単に考えていいものではなく腰痛の痛みだけでは済まないこともあります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張などで多く生み出されていくものなんですが疲れやストレスを唯一減らすことができるのは眠りにあります。
最近は多くの方が眠りが浅い方が多くいますので眠りが浅いこと自体気がついていない方が多くいるのが現状です。

眠りというのは二通りの眠りがあります。

不眠症の眠り

不眠症の眠りというのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり、 夜中に何回も目を覚ましたりすることや夢ばかり見て寝た気がしないという状態が不眠症なんですが不眠症の場合は気がついている方が多くいますが、まさか不眠症だとは考えていない

という場合もあります。

しかし不眠症に対して睡眠負債ということがあります。

熟睡と腰痛

睡眠負債とは

睡眠負債というのは夜寝ようとする時に朝まで目が覚めないのが特徴ですから朝まで目が覚めないためにどんなね無理をしていたのかということが分からなくなっています。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますのでスースー寝息を立ててい

ても寝ているとは限らないので脳の中のことまで考えなければ本当に寝ているのかということは言えないと思いますし夢を見ている場合もあるかも分からないし睡眠負債状態の寝ながら考え事をしている睡眠になっている方が異常に多くなっています。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは睡眠負債の特徴なんですが目が覚める瞬間に夢を見ているために夢の方が眠りが深いために寝ながら考え事をしている時間があっても忘れてしまっています。

しかも不眠症や睡眠負債というのは大脳宮駅に弱らせて行きますので痛みやコリにも麻痺した状態になってしまい自分の体調の悪さを感じなくなってしまいます。

眠りが浅いということは心臓にも負担が起きているので負担が起きていることさえわからないということもありますので気をつけなければいけないのが不眠症と睡眠負債です。

唯一疲れやストレスを減らすことができるように眠りなのに、眠りができていないために朝からぎっくり腰起こしたり腰が痛くなったりということが起きてしまっています。
眠りを改善するというのは非常に厄介で簡単にはいきません。

痛みと腰痛

北九州市小倉北区からも腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの改善にきています。

2019年04月04日