生理痛とは

生理痛が起きたりするのはしっかりとした原因がありますので原因から改善していかないと薬というのは、一時的に痛みを改善しているわけですからいろいろな症状を押さえ込んでいるのが薬の役目ですので、どうして生理痛が起きるのかということをしっかりと考える必要もあります。

生理痛とhあ

生理痛とは

生理だから生理痛が起きるのは当たり前だと考えないようにしてください。
どこかで何かの原因がありますので生理の時にか腹部が重たくなったり、腰が痛くなったりイライラしたり吐き気がしたり、頭痛が起きたり肩こりで起きたり色々な症状が起きるのは全て原因が存在しています。

生理痛が起きる時には

生理痛が起きる時には何かの原因があるからいろいろな症状が起きるわけですからその症状を改善するためにもまずは体から整えてことをしなければいけません。

当院では検査することをしていますので検査をしてみると初診では、全員の方が体調が悪くなっていますので体調を回復をさせることをしないと 、本当の原因になっているものが見えてきませんのでまずは体調からあげて体を整えていくということが優先になります。
痛みやコリを感じていないからと言って体調が良いとは限りません。
だるさやきつさがなくても体調が良いとは限りません。

何も感じていなくても元気だと思っても体調が良いとは限りません。

体調が良いか悪いかというのは自己で判断することができないのが、今、現在の世の中ですからしっかりと体には、何かの症状が起きていることがありますので起きている問題を解決するためにもしっかりと検査することをして体を整えていくということが一番重要になります。

生理痛と疲れやストレス

生理というのは体調と体質

生理痛になる時には体調と体質が深く関係していますので体調をあげて整えて言ったら体質改善をしなければ、生理痛の本当の原因を改善していくことはできませんので、まずは、体質改善をするよりも体調からあげて体を整えていくということが先決です。

体質的に生理痛が起きやすい体質というのがありますので生理痛が起きやすい体質がある方が体調が悪い時に生理痛がひどくなることがあります。

生理痛が起きやすい体質がなければ、いくらどんなに体調落としても生理痛にはなりません。

生理痛というのは必ず体質が関係していますので弱い部分があるということなんですが弱い部分はもちろん生理に関係するものですから、子宮や卵巣だったりホルモン系だったりということやまたは大脳も深く関係しているますので大脳から出る脳下垂体ホルモンというのも 関係している部分でもあります。

生理に関係する

生理で関係する部分は 生理で関係する部分というのは 子宮や卵巣やホルモン系と眠りに関係する場合が大きくありますので最近は多くの方が眠れていなかったり熟睡ができない方が多くいますので熟睡ができなかったり眠れてなかったりすると大脳が弱っていきますので脳内ホルモンのバランスが悪くなりホルモンの分泌が狂ってしまって骨盤の歪みや骨盤の開きになり骨盤の中に入っている膀胱や子宮や卵巣のトラブルが起きてしまうということがあります。

生理痛や生理不順がある方は必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。

しかしだからといって骨盤矯正をすればいいというわけではなく 骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは 内臓の調子から起きています。

生理痛の原因

北九州市小倉北区からも生理痛の解消に多くの方が来ています。

2019年04月02日