小顔矯正で顔を小さくする

人気のある小顔矯正で初回から顔を小さくすることができますが顔を小さくするためには どうやって顔を小さくすることができるのかということが、一番、気になると思いますがマッサージをするような感じで小顔矯正をしていますので、マッサージをするような感覚で顔を小さくすることができますがマッサージをしているわけではありません 。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

実際に近くで他の方が見ていてもマッサージをしているようにしか見えないのでマッサージ感覚とだけ説明をしていますが、簡単に見えるテクニックほど難しいことはないということですし見ている前で、変えるわけですから嘘偽りがない小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていく時には無理な矯正はしていませんので顔を無理やり押さえつけたり痛いとか怖いという 矯正ではありませんので安心して受けてください。

もちろん電気や機械などを使うことなくての技術だけで、顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

対症療法と小顔矯正

当院の小顔矯正は できるだけご本人にわかるようにしていますので、分かるようになるためには顔を触ったり見てもらうことをしていますので、まずは、鏡で見て顔の大きさや形や浮腫度合いや左右さを目で見て確認してもらいます 目で見る時も何を見ないといけないのかということを覚えておかないと、ただ、ぼーっとしてみても何もわかっていないことがありますので意識しながら顔の大きさや形やむくみ度合いや左右さを覚えるようにしてください。
単純に小顔矯正と言っても、ただ顔を小さくすればいいというわけではなく、自分でわかってもらわなければいけませんので、当院では院内のスタッフがメジャーや計測する機械で測ったりすることはしていませんので自分で顔の変化を感じ取るようにして触ってもらいます。

対症療法と小顔矯正

自分の顔を鏡で映して 見ることから始めていきますので鏡で顔の大きさや形や浮腫度合いや左右差などを記憶するようにしてもらいます。

鏡で顔を確認する

鏡で見て自分の顔をある程度覚えたら今度は手で触ることをします。
顔を手で触る 顔を手で触るということは、簡単なようで簡単ではありませんので、今まで 数人の方が顔が小さくなっても、わからなかったということがありますので分からなかったということがないようにしっかりと触ってもらいます。

顔を鏡で見る

顔を触る時には意識をしないと小さくなっても分かりませんので、小顔矯正と言っても10センチも20 CM 30 cm も小さくなることはありませんので、小顔矯正で小さくなるのは1 CM だったり、2 CM だったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきますのでたとえ1 CM 変わってもわかるようにしっかりと触ってください。

意識をしないとたとえ一cm 、変わっても本当に分からないということでクエスチョンマークが浮くような感じになりますのでしっかりと触って覚えることをしてもらいます。

顔の触り方というのは簡単なんですが両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を 密着 させるようにくっつけて顔を触るだけです。

手で顔を触る

単純に触るだけでも大変、難しいので鏡で見た左右差と手で触った左右さが違うように感じる方もいます。

しかも最近は多くの方が不眠症というよりも、睡眠負債の方が多くなっていますので睡眠負債というのは大脳が急激に弱っていくことで起きている現象なんですが、感覚的な麻痺が一番強く起きてしまいますので、痛みやコリが起きるような状況があっても痛みやコリを感じていない肩や手の感覚自体が落ちている方が多くいますので 睡眠負債というのは大変、怖い現象なんですが気がついていない方が多くいます。

顔を手で触る

不眠症というのは夜寝ようとすると、1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めたり夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

小顔矯正と睡眠負債

しかし睡眠負債というのは、眠りが浅いのに目が覚めることがありませんので夢よりももっと浅く寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていて、目が覚める瞬間にちょっとだけ夢を見るという感じで目が覚めています。

眠りが浅い方は、朝から顔がむくんでいます。

もし眠れていれば朝が一番顔が引き締まっていなければいけません。
眠れていない方ほどむくみというよりも顔がどんどん大きくなっていきます。

小顔矯正と睡眠負債
2019年03月28日