肩こり

北九州市小倉北区からも多くの方が肩こりの解消に来ています。

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りを、まずは改善しなければいけませんので筋肉を柔らかくしたり揉んだりマッサージをしたりすることで、肩こりを楽にしていこう と思っています。

肩こりとは

肩こりを起こしている筋肉が緊張したり、コリを起こしたり一時的に硬くなる現象が、肩こりになりますので 筋肉のコリから、まずは、ほぐさなければいけませんから筋肉のコリをほぐすために リンパの働きを良くして老廃物を改善できて循環が良くなるように持って行きます。

肩の筋肉というのはいつもいつも使うことが多くありますので荷物を持ったりすることでも使っていますし、バッグを持ったりすることも多く見受けられますから、何をしても使うことが多くあり最近はスマートフォンや携帯などを操作する時でも 、スイッチを押すときでもタップする時でも、肩や腕や指先を使うことがありますから筋肉疲労は起きやすくなっています。

筋肉疲労が肩こりになる

腕や肩や指先を使うことが筋肉疲労を起こし積み重なったものが肩こりになっていくと考えられていますので、テレビの特集などでも運動したりストレッチをしたりすることで、肩こりを楽にすることはできると思いますが、多くの場合、原因が残ったままになっています。
今まで30年間肩こりを改善してきて、一人として筋肉のこりだけで起きている人はいませんでしたので 筋肉の凝りばかりを注目してしまい筋肉を揉んだりマッサージをしたりほぐしたり柔らかくすることばかりしていると原因が、いつまでも残ったままになっていますし残った原因もいつまでもそのままではおられませんので 進行していくということが起きてしまいます。

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから、骨が少しでも移動すると筋肉が引っ張られたり緩んだり緊張したりということが、起きてしまいますのでリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということが起きてしまいます。

背骨のズレ

今まで多くの方の肩こりを確認しながら治療をしてきましたが全員と言っていいほど筋肉のコリだけで起きている方はいませんので背骨のズレが重なって筋肉が引っ張られたり緩んだりしてリンパの働き悪くなり老廃物が溜まって循環が悪くなることから肩こりを起こしている方ばかりでした。

背骨のズレから肩こりになる

肩こりというのは確かに筋肉を揉んだりマッサージをしたり肩を叩いてもらったりすることで肩こりは楽になっていくこともありますが、楽にばかりしていると背骨がズレがもし生じていると背骨のズレは残ったままになり、残したままだと進行するということも起きてしまいますので椎間板ヘルニアが起きたり神経を圧迫されたりして手のこわばりや握力不足が起きたり手の痺れが起きたりということが起きてしまいます。

しかし背骨のズレというのも何も原因がなくて起きたりすることはありませんしに行こうぜや姿勢が悪いからと言って背骨がズレたりすることはありませんので何かの原因があるから背骨のズレを起こしているという結論になります。

筋肉のコリとは

筋肉だけではなく背骨のズレがある場合は、こりとして感じていない方もいますけどこりとして強く感じてしまう方の場合もありますので検査をすることで見つけ出さなければいけませんしどこからどうして背骨のズレが起きたのかということを見つけ出さなければずれたまま慢性化して長期間に及んでしまうと癒着や固着などが起きてしまうこともあります。

筋肉というのも一時的に硬くなる場合もあれば永久的に硬くなる老化現象で筋肉が硬くなるということもありますので一過性のものなのか永久的に老化した状態に進行してしまった筋肉なのかということを判断することも必要です。

肩の筋肉も 歪みやズレから引っ張られた状態が長いと筋肉は徐々に血行不良を起こして硬くなるという老化現象が起きている方もいますので固くなる時には皮膚も硬くなり皮膚の下にある皮下脂肪も固くなり 筋肉や靭帯も固くなるという現象が起きて行きます。

筋肉の
2019年03月25日