小顔矯正で顔を小さく

北九州市小倉北区で小顔矯正するならボキボキしない痛くない矯正のカイロプラクティック徳力整体院。

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていく時はボキボキしたり痛いということはないように顔を小さくすることをしています。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしているときには自分で顔が小さくなったのが分かるようにしていますので院内のスタッフがメジャーや計測する道具で測ったりすることはありませんので自分で顔の小さくなったのが感じることができます。

小顔矯正をする時には触れ方に特徴がありますので 小顔矯正に入る前に触り方を説明するようにして顔を触ってもらうようにしています。

顔を触ってもらう時にはまず初めには鏡で見て自分の顔の大きさや形や浮腫度合いや左右さを覚えてもらうようにしています。

いつも見ている顔を変える

いつもいつも鏡は見ていると思いますが自分の顔を大きさや形や輪郭や浮腫度合いや左右差を意識して見ていないと思いますので特に左右差というのは、すごく関係しますから小顔矯正をする時には意識を持ちながらも、見た方が分かりやすいと思いますのでしっかりと右側の全体が大きいとか左側の頬骨の部分だけが一部分で待っているとかいう感じで意識を持ちながら見てください。

顔の

そして鏡で見て自分の顔を覚えたら今度は両方の手のひらを顎に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってもらうことをしています。

鏡で見るよりも手のひらで大きさを感じ取るということは簡単なことではありませんので感じ取るようにしないと鏡で見たことと逆のように感じてしまう方もいますのでしっかりと触って覚えるということが一番大切になります。

意識を持って顔を触ること

特に鏡で見るよりも手で触るということが簡単なようで簡単ではないんですが意識を持って集中しないと分からないということもありますので小顔矯正をしている時には10 CM 20 CM の30 CM の顔が小さくなることはありませんし顔が小さくなるのは1センチだったり2 CM なったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきますので例え一cm 変わっても顔の変化が分かるように触っておかなければわからないということがあります。

鏡で見たら小さくなったのが分かるのに手では分からないという方がいましたので鏡で見てもわかるように見て手で触ってもわかるようにしなければいけません。

小顔矯正とは

特にアゴのラインが変わる

特にあごの部分というのはすっきり細く引き締まっていく場合がありますので顎の部分はしっかりと覚えなければいけませんし親指と人差し指をつまむようにして 触ってみるとまたはつまんでみると 脂肪やむくみの度合いもしっかりと分かってきますのでつまんでみてどれぐらいあるのかどれぐらいぶよぶよしているのかということを確認してみるのも必要だと思います。

一番手で触って分かって欲しいのは顔の左右差とむくみ度合い、脂肪の度合いなどですからそれらを触って分かるようにしておいて小顔矯正に入っていきます。

小顔矯正に入る時に 直前に調整する際に上向きで寝てもらって院長とともにもう一度触る練習をしますので当院では3回も練習してることをしていますが3回もする必要があるのかと言うとそれがすごく 感じ取ることができない方がいますので感じ取ることができないと顔が小さくなったのがわからないからです。

意識しながら顔を触ると小さくなるのが

3回すればわかるかと言うとそうではありませんのでしっかりと左右差などや浮腫とは嫌脂肪がどれぐらいあるのかということを感じとらなければいけませんのでしっかりと手の集中を増して感覚神経を増強するようにして触ってくださいそうするとしっかりと顔が小さくなっていくのが分かると思います。

小顔矯正に訪れた方がきく言葉がありますが 持続力はあるのか持続性はあるのかと聞かれることがありますが初回から持続力があるわけはありませんし維持することができるわけはありませんのでそれは治療技術のせいではなくて矯正する技術のせいではなくてご自分の体に全てが問題があるからです。

ご自分の状態が良くないと維持することや持続性はないと思っていますのでどれぐらい維持することができるのかということは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレに全て関係があります。

小顔矯正で顔を小さくする
2019年03月25日