腰痛を楽に


腰痛腰の痛みを楽にして原因から直していくことをしています。

楽にすることと直すこととは違います。

腰の痛みや腰痛が起きる時には原因があって起きていますので 湿布を貼ったりしても楽になることもあれば、マッサージをしても楽になることもあります、電気治療器をしても楽になることがありますが、それらをしても原因は残ったままになっています。

腰痛、腰の痛み

どうして腰痛が起きたのかということがありますので腰痛を起こしている原因が体のどこかに潜んでいます。

原因から改善して減らしていかないと 原因を残したままでいると 急激に悪化したり坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアになることもあります。

腰痛や腰の痛みが起きるときには骨盤のゆがみや骨盤の開きが起きている時に、重たいものを持ったりして体を支えられない時に痛みになります。

骨盤のゆがみや背骨のズレは誰でも多少はあるものですが、あっても痛みやコリになっていない場合が多くあります。

日々違うのが、骨盤のゆがみや背骨のズレの度合いです。歪みやズレが減少したり大きくなったりしています。

ゆがみやズレというのは、いつも同じではなく体に多くの疲れやストレスがたまった時に大きくなったりしています。

疲れやストレスは減った時にはゆがみやズレは少し解消されます。しかし、なくなるということはありません。

というのは生活している限り、仕事をなどをしている限り、生きている限り、疲れやストレスというのはなくなるということはないし全くないということはありませんので。

夫婦関係のストレス、近隣関係のストレス、仕事関係のストレス、騒音のストレス、携帯の音のストレス、目覚まし音のストレス、訪問者が訪れるチャイムの音のストレスなどなど色々なストレスがあります。

ストレスというのは、抑うつ、プレッシャー、緊張、疲れ、疲労です。

腰痛が起きている方は腰痛が起きる原因があって起きています。

主には腰痛が起きる原因は 重たいものを持ったり、足を組んで座っていたり 、長く運転をしていたり 庭仕事で長く中小姓していたり 運動をしていて腰を痛めたり、 色々な 原因があるみたいですが実はこれは原因ではありません。

この原因だと思われているものは実はきっかけなんです。

原因があるときに きっかけをすると 腰痛になるわけです。

腰痛、腰の痛み

腰痛と言っても、原因は色々あります。
① 筋肉のバランスから起きる腰痛。
② 体の歪みから起きる腰痛。
③ 背骨のズレから起きる腰痛。
④ 内臓から起きる腰痛。

つらい腰痛と腰の痛みと腰が重いなどの症状の緩和の専門です。

腰痛は、姿勢や重たいものを持つなどで起きるのではなく、これは、切っ掛けでです。
疲れやストレスがたまっているときに、重いものを持つ姿勢が悪いと、腰痛になります。
ゴルフやテニスなどのスポーツをして腰痛になる場合もありますが、疲れがたまっていないと、腰痛は起こりません。

北九州市小倉南区で 腰痛を楽にしていくなら 腰痛の原因になってるものから改善していかないと表面上の痛みだけを楽にしても原因が残ったままになっています。

腰痛 を楽にしていくためには色々な治療法があると思いますが 腰痛を楽にしていくためには湿布を貼ったりしても楽になることもありますしサプリメントや医薬部外品などを服用しても楽になることもありますし家族の方に腰を揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも楽になることもありますし 低周波治療器や電気などをかけても腰の痛みを楽にすることはできますが原因が残ったままになっています。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因として一番考えられるのは骨盤の歪みや骨盤の開きなんですが単純に整体院やカイロプラクティック院で行っている 骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すればいいというわけではありません。

多くの整体やカイロプラクティック院で行う骨盤矯正や背骨の矯正というのは 原因を見失って矯正している場合がありますのでどうして歪みやズレが起きるのかということまで考えていませんし姿勢が悪いからだとかで構成になっているからだとか色々な理由を言われますがすべて説明不足になっています。

腰痛を起こしている原因は

腰痛を起こしている原因は骨盤の歪みや骨盤の開きという感じで整体院やカイロプラクティック院に行くと言われますが実は歪みや開きの原因が奥に潜んでいるんです。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりすると体を支えることができないほど骨盤が不安定になってしまいますので不安定になったときに重たいものを持ったり前かがみをしたり中腰をしたりくしゃみをしただけでも腰が痛くなるということが起きてしまいます。

腰痛や腰の痛みが起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在していますので ズレやゆがみが開きから改善していかないと表面上の痛みを楽にすることはできても原因が残ったままになっていますし、さらに歪みやひらきやズレを起こした原因も存在しています。

歪みや開きを起こした原因

歪みやひらきやズレを起こした原因は毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーや寝つきが悪い不眠症や夜中に何回も目を覚ます不眠症や目が覚めないけど眠りが一番浅い睡眠負債などで多くなっていくものが体の弱い部分に蓄積したのが原因です。

腰痛、腰の痛みが起きる時には必ず溜まっているものなんです。

腰痛や腰の痛みが起きる時にはどうして歪みや開きが起きるのかということを考えなければいけませんので、姿勢が悪かったりしても、起きることはなく猫背でも起きることはなく足を組んで座っているからといって起きたりすることはありません。

腰痛が起きてしまう原因は

腰痛が起きてしまう原因というのは毎日毎日の生活で多くなって積み重なっていくものが原因なんですが 積み重なるものは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは誰でも多く溜まっていますが骨盤の歪みや骨盤の開きがないという方はいませんので骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていても軽ければ何も感じていませんし何も痛みとして感じてしまうことはありません。

しかし疲れやストレスというのは減ることはありませんので積み重なるものが多くなって行けば行くほど骨盤の歪みや骨盤の開きを大きく起こし背骨のズレになっていきますので背骨のズレが不安定になってしまうと椎間板ヘルニアが起きたりすることもありますので椎間板ヘルニアというのも特別なものではありません。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは体の弱い部分にたまる傾向がありますので体には何があるのかということを考えなければどこにたまるのか分からないと思いますので説明する時には体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロに戻りますので後残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

あと残った35 kグラム の中には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスを多く貯めやすい所というのは筋肉は当然なんですがさらに何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまっているところがあります。

2020年12月04日