肩こりを楽に

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にしていく為には筋肉のコリももちろんですが、歪みも解消することが必要です。

肩こりを楽にする為には、原因を考える事も必要です。多くの肩こりを解消したり楽にしたりする方法は、原因を考える事も、見つけ出すことも、検査もしていません。

肩こりを言うと筋肉を揉んだりマッサージしたり湿布を貼ったりすることが一般的です。またツボを使って鍼をしたりお灸をしたりツボを使って指圧したり低周波治療器や電器などが多くあります。

当院でも昔は、低周波治療器や電器を使用していました。昔は技術力もなく検査することもできませんでしたから揉んだり押したりマッサージしてボキボキする矯正をして、あとは低周波治療器や電器をしていました。電器は低周波治療器、鍼に似た刺激をするパルス電器、磁気ホットパック、マッサージベット、金魚運動する機械、牽引器、レーザー光線などを使っていました。

低周波治療器や電器

 

今では一切の低周波治療器や電器を使用していません。その理由は、検査できることができるようになったので低周波治療器や電器で痛みやコリを散らす事をしなくて済むようになったからです。

もちろん揉んだりマッサージしたりする事はしていますが目的が違います。筋肉を揉む事が目的ではありません。その先にある筋肉以外のものを見つけ出す事です。

肩こりと言っても、筋肉だけ揉んだりマッサージしたりしても楽に感じますが、どうして筋肉がコリを起こすのか、なぜ肩こりを起こすのか、原因を見つけ出すことをしなければならないからです。

肩こりが起きる時には、コリを起こす原因があります。

筋肉のコリが、どこから起きるのか。どうして起きるのか原因があります。

その為には、検査が出来なければ、どこからコリが起きているのか、わかりません。

肩こりが、起きている理由が見つかりません。

その為には、まずは筋肉のコリを解消していく事からしていきます。

肩こりの原因

筋肉のコリがほぐれてきたら、先にあるモノが検査すると判明してきます。まずは、何と言っても筋肉からほぐしたり柔らかくしたりマッサージしたりすることが第一です。

当院でも昔は低周波治療器や電器などの物量を多く使っていましたので物量を多く使う所ほど技術力がありません。と言うのも電器さえ使えば済むからです。

当院では前回した矯正の状況を必ずお聞きしています。矯正したと即効性がある場合もあれば、しばらく置かないと変化がわかりにくい場合もあり、また、変化がないこともありますが、その確認をしないと、コリの変化がわかりません。

全てを1度で改善できる事もありませんので、ご自分で判断する必要もあります。その為、前回受けた後の変化を確認する必要があるからです。少しでも変化していれば同じ矯正を進める必要があります。

また変化しにくければ、矯正法を変える必要があるのか、どこかに関連するモノが存在するのか、見つけ出す必要があります。

肩こりでも筋肉のコリだけが原因で起きている事もありますが、それは少ないと思いますが、筋肉に対して湿布を貼ったり揉んだり押したりマッサージしたり低周波治療器や電器をすると楽になることも多くありますが原因が残ったままになっています。

肩こりを起こしている原因は、肩こりがない時でも残って進行している事もあります。コリを感じないからと言って原因が無くなった訳ではありません。筋肉のコリを中和しても原因は進行していく事もあります。

肩こり、肩の痛み

 

肩こり、肩の痛みになる時には、どうして肩コリになるのか、考える事も必要です。肩コリになっている方も多くが、どうしてなのか考えていませんし、専門家の先生も見つけ出すこともなく湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をかける事をしています。

肩コリには肩コリになる原因が存在しています。

多くの専門家の先生も原因がわかっていないから、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をして楽にしたり肩こりを解消する方法をしています。

確かに肩こりを湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽にする事ができますが、原因を見つけ出す検査も何もしていません。

肩を触って、『固いですね』とか『張っていますね』と言われるのは検査ではありません。肩こりで来ているので当然です。

肩こりは、ただ、ほぐせば良いと言う訳ではなく、どうしてなのか?、や、どこから起きているのか??などを考える必要があります。

それをしているのが当院なんですが。

簡単な方法で見つかる事はありません。

肩こり、肩の痛みの原因

まずは体を整える事をしないと、もしかしたら重大な原因が潜んでいるかも、わからないからです。

肩こりになる時には、必ず何かがあるから肩が凝りを起こしますから、もしかしたら筋肉のコリだけで起きているモノではないこともあります。

しかし筋肉だけ、湿布を貼ったり揉んだりマッサージしたり電器をかけると楽に感じてしまうのは事実です。

しかし肩こりは、せっかく体が起こす反応で自分に気が付くようにしてくれているのに、人は簡単に考えてしまいます。

火事の警報が鳴っているのに、スイッチだけを切ることが湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をかける事です。

火を起こしている火元があるのに!!  

それが肩こりの原因です。

しかし、肩こりの原因は火元を見つけるように簡単ではありません。そのため、多くの専門家の先生も、原因がわかっていないから注射をしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしています。

注射をすることも湿布を貼ることも低周波治療器や電器をすることも痛みがある部分の痛み止めです。

肩こりが、どうして起きるのか、どこから起きるのか??

それは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるものがあります。

それが疲れです。疲れと言うと多くの方が簡単に思いますが、疲れも多くなると疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になります。

しかも蓄積疲労は、たまる部分があります。蓄積疲労がたまる部分は弱い部分にたまっていきます。人の体には弱い部分とそうでもない部分があります。そうでもない部分には疲れが多くたまる事もないんですが、弱い部分は疲労をためやすくなっています。

蓄積疲労のたまる部分

疲労を、どれくらい、どこにためるかで、症状が起きる部分が違います。

肩こりに関係する部分に多くの疲れが溜まっていくと、体はどうなるのかと言うと、そのままではありません。もちろん筋肉の疲労、緊張、リンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

それだけではないと言う意味です。

疲れが大きくなって疲労になり、蓄積疲労になるまでたまっていくと、すべても問題が一斉に起こります。

しかも疲れは、先ほども説明したようにたまる部分があります。

筋肉が弱い方もいれば、関節が弱い方もいますが、疲れは毎日、毎日、食事することや酸素を吸う部分にもたまります。

呼吸で酸素を吸ったり、食事したり、ご飯を食べたり、野菜を食べたり、お肉を食べたり、魚を食べたり、アルコールを飲んだりすると内臓は働いてくれるからエネルギーを生み出してくれますが、内臓も働くことで疲れをためていきます。

特に脂分の分解や繊維質の分解、アルコールの分解にもかなりのエネルギーを消費します。内臓が分解したり消費したり、日常で働いてくれるから動ける訳ですけど。

内臓が働く事でも疲れをためることは普通に起こります。

それ以上に、人は日常で体を動かしたり歩いたり走ったり、掃除をしたり洗濯を干したり歓談を上り下りしたり仕事をしたりすることや、座っているだけでも疲れが多く生み出されていきます。

この両方から生み出される疲れは弱い部分に多く蓄積していきます。

多くの場合、弱い部分は筋肉や関節と言う事もありますが、体全身に疲れが溜まりますから、たまる場所を選んでたまる事はしません。

体の中には何があるのかと言うと、神経、血管、リンパ管、皮膚、脂肪、筋肉、じん帯、骨、内臓しかありません。(主なものは)

この中で疲れをためやすい弱い部分は、内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れや疲労の蓄積です。病気といってる訳ではありません。だから病院で検査しても意味はなく、もし見つかれば、もう病気になっています)

肩こりを起こす内臓は病気ではありません。

内臓に多くの疲れが溜まると、内臓疲労になり、内臓疲労から骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。

背骨の位置は内臓と深く関係しています。

頸椎の3番目~7番目は 横隔膜の異常

胸椎の1番目、2番目は心臓の弱り

胸椎の3番目は、肺などです。

歪みやズレから肩こり、肩の痛みになる

息苦しさや、胸苦しさ、時々動悸、セキが出る、などがなくても起きていますが、病気ではありません。

主に横隔膜の弱いから首の痛みやコリになりますが、その場合は、横隔膜の可能性もありますが、肺の弱りから問題を起こしている場合があります。

また、心臓の弱りや肺の弱りがあると眠りの問題が重なっている事もあります。

肩こり、肩の痛みになるのは

眠れていると思う方も、本当は浅い眠りしかしていない方もいます。寝ている本人が気が付ていない事もあるのが眠りの浅さです。

自分で眠れていると思う方も多くいますが検査してみると、そうではないこともあります。

脳から寝る

眠りとは脳が寝ている事を言います、つまり脳から寝る熟睡だけです。

眠りは大きく分けて2通りのモノがあります。

一つ目は不眠症ですが、不眠症は、寝つきが悪く1時間も2時間も眠れないことで疲れが多くなります。

また夜に何回も目を覚ますのも不眠症ですが、目を覚ましても、すぐに眠れると不眠症だと考えない方もいます。

また不眠症とは違って、夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

これは睡眠負債と言う現象で、最近、問題が多くなっていますが、朝まで目が覚めないのが特徴です。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れて寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が長くあり目が覚める瞬間に夢を見るから、夢の記憶しか残りません。その為、寝ていると思い込みます。

毎日とは言いませんが熟睡が多くできていると疲れが弱い部分にたまっていくのは少なくなります。

しかし肩こりを楽にすることと、弱い部分を見つけ出して変えていくことは違います。

楽にしても弱い部分は進行していきます。

それを少しずつでも変えていくのが体質改善の矯正になります。

数回で体を整えたり、蓄積疲労を減らしたりしてからの矯正になります。短期で体質改善が終わる事はありません。弱い部分ほど数十回以上も反応してくるからです。

体質改善で変える事ができるのは、筋肉、じん帯、関節、内臓などです。

体質改善の説明ページへ

弱い部分には多くの疲れがたまりやすく、ためてしまうと、骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。とくに関係するのは背骨のズレなんですが、背骨のズレは内臓に関係しています。

弱い内臓に疲れが溜まると、背骨のズレになります。背骨のズレが起きると筋肉は骨から骨へ引っ付いています。筋肉は引き延ばされたり、ゆるんだりして緊張を高めていき、リンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

これが肩こりになります。

弱さを少しずつ変えていくのが体質改善の矯正になります。

体質改善をしていく為にも体を整えたり蓄積疲労を減らしたりすると楽になる事も多くあります。

 

 


肩こりを解消するなら、注射を打ったり、腕や肩を動かしたりストレッチしたり湿布、ツボを押したりネックレス、肩こり解消グッズ 、肩甲骨を動かしたり、サプリメント、薬を使ったりなどありますが、肩こりから頭痛や吐き気がある方もいます。

家族に肩を叩いてもらったり、揉んでもらったり、マッサージしたり、湿布を貼ったり、温めたり、冷やしたり、低周波治療器や電器をしたり、整体院やカイロプラクティック院で矯正したりボキボキしたりする方法があります。

肩こり、肩の痛みには原因がある

 

保険が効く治療もなれば、効かない矯正もある

治療も保険が効く所もあれば、保険が効かない所あります。保険が効くのは、病院、整骨院、鍼灸、マッサージ、指圧などです。しかし保険がきくところでは本当の肩こりの原因が分かっていません.。

病院というところは病気の検査をして病気の治療をしているわけです。
整骨院専門項目というのは脱臼、捻挫、打撲、骨折、打ち身です。
マッサージ師さんは筋肉に対してほぐすことをしています。
鍼灸さんや指圧さんはツボを押すことで刺激をして整えることをしています。

保険がきくところというのはそれなりの効果があるから保険が聞いて何かを治療することができるわけですけど、保険が効く所に対して、保険がきかないところというのは矯正を行うことができるんです。

保険がきかない整体院やカイロプラクティック院というのは、体の歪みやズレを矯正する専門の先生がいるところですから保険はききませんが、体の歪みやズレから起きるあらゆる症状を改善することができるんです。

矯正を行うところというのは整体院やカイロプラクティック院では、骨盤の矯正や骨盤の開きを矯正したり背骨のズレを矯正したりすることをしていますので、主には骨のズレやゆがみが中心です。

もちろんそれに付随する筋肉を緩めたり揉んだりということは、マッサージではありませんが、矯正するのが目的でしています。

骨を矯正するためにも筋肉や靭帯を緩めておかなければ、矯正しても効果がないこともあるからです。

揉んだりマッサージするのは筋肉を緩めるためにしていることですから目的は骨盤の歪みや骨盤の開きの矯正であり背骨のズレの矯正を行うためです。

しかし、当院では

他の整体院やカイロプラクティック院と当院の違いはもちろん矯正を行っているんですが、保険もききませんが他でしていると思われる電気や機械を使うことがありません。
以前はよく分かりもせずに低周波治療器や電気などを多く使っていました。 マッサージチェアがあったりホットパックがあったり金魚運動する機械があったりレーザー光線まで使っていました。
多分、未だに他の整体院・カイロプラクティック院・整骨院では多くの電気や機械を使っていると思いますが当院では一切の電気が機械を使うことを辞めてしまったには理由があります。

どんなにいい電気であろうと、低周波治療器であろうと、どういう意味で使っているのか何をしているのかということを分からずに使っている方が、多くいるんですが電気や機械を使えば使うほど、気持ち良さはあるかも分かりませんが体は疲れて行きます。
よく電気店なんかに行くと、マッサージチェアにかかりながら寝ている方がいるんですが疲れてしまって寝ているということも多くあると思いますので、低周波治療器やマッサージチェアというのは気持ち良さでごまかされてしまいますが、体はどんどん疲れるばかりなんです。

特に低周波治療器は電気などは痛みやコリを散らしているしかしていません。

体に何かの症状や痛みやコリが起きる時には、何かの異常が起きているのに、警報が鳴っているのに警報のスイッチを切ることだけしていません。これが低周波治療器は電気という意味になりますので直しているわけではありません。

体を治すためには検査することができなければ治せませんので単純に揉んだりマッサージしても針を打ってもお灸をしてもボキボキしても効果はある可能性はありますが原因が残ったままになっています。
楽にすることと、直していくということは意味からしても全然違いますから。

ということを考えれば、ただ揉めば良いという訳ではなくマッサージをすれば良いというわけではなく、背骨の矯正や骨盤の歪みを矯正してボキボキすればいいと言う訳ではありません。

どうして歪みが起きたのか、ズレで起きたのかという原因まで探って行かなければいけません。

肩こり、肩の痛みの解消肩こり、肩の痛みとは、どうして

肩こり、肩の痛みの解消は

当院では予約制になっていますので必ず予約する時に、日時を決めたら、お電話で『初めてです』とか、『ホームページを見ました』と付け加えるようにしてください。
そして予約時間の5分前に来院してください。 当院に5分前に来られたらカルテに必要事項を書いてもらいますので、その時に項目に肩こりという項目がありますので、その項目に〇をされてください。

必要事項に記入されたら待合室から中に入ってもらいます。中に入ると、院長とデスクで問い合わせでお話を聞きますので、どこがコルのか、どこが悪いのかということを聞いて行きます。

症状のある所を教えてもらったら実際に院長が、確認するために治療する台に下向きに寝てもらいます。
そしてまず瞬間的に確認を行いますので、どうして肩こりが起きているのか、どこから肩こりが起きているのか、本当に筋肉の凝りがあるのかないのかなどを確認することをしています。

肩こりと言っても揉めばいいというわけではなくマッサージをすればいいというわけではありませんので検査することができないと状況の判断はできないでしょうが、当院の院長は検査することができますので、確認しながら解消することをしています。

肩の筋肉からほぐす、揉む、マッサージする

まずは何と言っても、肩こりですから筋肉からほぐして行かなければ、その先にあるものを見つけ出すことができませんので筋肉の凝りから、ほぐすようにしていきますので、揉んだりマッサージをしながら改善を目指していきます。
当然この時にはリンパの働きが悪くなり、老廃物も多く蓄積していますので減らして解消を目指していきます。

ある程度、筋肉がほぐれてくるとその先にあるものが反応しやすくなりますので、先にあるものというのは背骨のズレが多くの方に見受けられますので背骨のズレの位置を確認します。

肩こりと言うと多くの場合、背骨のズレがあるんですが背骨が大きくずれてしまうと、骨と骨の間にある軟骨、または椎間板がズレることが原因で大きく膨らんでいることがありますので、膨らんでいることを椎間板ヘルニアと言います。 椎間板ヘルニアというのは特別なものではなく、誰でも悪くなれば起きているものです。

椎間板ヘルニアが起きるのは背骨のズレが大きくなった時にヘルニアになりますので疲れやストレスの蓄積から起きている現象です。

背骨のズレを矯正したり、椎間板ヘルニアを解消したりすることを進めていきます。

肩こり、肩の痛みを解消

背骨のズレを解消したら

これは特別な事なんですが普通では起きたりすることもないことの分野ですが最近は体調が悪いかたや調子を落としている方が多く見受けられますので、骨が炎症を起こしたり腫れたりすることもあります。

普通では起きないから少し前までは分かりませんでしたけど、 骨の歪みだけではなく骨自体が炎症を起こしている方も時々います。

矯正しなきゃいけないものは背骨のズレだけではなく、骨の状態も確認する必要がありますし、ひどい方は筋肉や靭帯まで炎症や腫れを起こしている方までいますので、特殊な検査が必要になります。

背骨のズレを起こした原因

背骨のズレが起きる時も姿勢が悪かったり猫背で起きることはありませんので、体に中に原因があります。 体の中の原因を見つけ出さなければいけませんが、背骨のズレを起こした部分に関係していますので原因はそれぞれで違います。

背骨のズレを起こす時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張や寝不足状態や不眠症や睡眠負債で多く生み出されたものが、弱い部分に溜まるのが原因です。

弱い部分は皆さん違いますのでどこが弱いのかで起きる症状が違うんですが、生理に関係する部分が弱ければ生理痛になり、大腸が弱ければ便秘になり、腰痛が起きる部分が弱ければ腰痛を起こしてしまうということです。

たまるモノとは疲れやストレスです。

疲れやストレスと肩こり、肩の痛み

肩こりや肩の痛みを起こす時には、必ず弱い部分に蓄積した疲れやストレスが原因で骨がズレて、ズレることが原因で筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりするとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくということが起きています。

毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張などで多く満たされていくものは疲れやストレスになりますので疲れやストレスと言っても精神的な疲れやストレスもあれば肉体的にたまる疲れやストレスもあります。

しかし溜まっていくのは生活や仕事や運動することや精神的な緊張だけのストレスだけではありません。

自分で気が付きにくい眠りのトラブル

自分でも一番気がつきにくいのが眠りのトラブルなんですが気がつきにくい原因は寝ているからです。 しかし寝ていると言っても本当に寝ているかどうかということは寝ている本人には分かりません。

本当の眠りというのは熟睡状態のことだけを言いますので6時間睡眠時間があっても熟睡状態ができている時間というのは30分未満になります。

つまり寝ていても熟睡ができていなければ寝ているとは言いません。

眠りのトラブルと肩こり、肩の痛み

眠りの問題を起こしている時も二通りの眠りの問題があります。

一つ目は不眠症ともう一つは睡眠負債です。

不眠症と肩こり、肩の痛み

不眠症というのは目が覚めるからわかりやすいんですが自分で不眠症だと思っていない方も多くいますので不眠症というのは、夜、寝ようとする時に、寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目を覚ましてあり目を覚ましたら1時間も眠れなかったとか、夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

不眠症の方は一番弱っていると言うか疲弊していると言うか、衰弱しているのは中枢神経系の生命機能の一番、大事な部分である脳幹や大脳を、すごく弱らせたり疲弊したり衰弱状態になってる方が多くいますのでこういう方が肩こりになってしまうと簡単に回復することはできません。 というのも回復する力というのは大脳や脳幹の部分にありますので 大脳や脳幹を悪くした方というのは簡単に回復させる手段はないんです。

不眠症と

睡眠負債と肩こり、肩の痛み

睡眠負債というのは最近多くの方が気がついていないで睡眠負債状態になっている方ばかりなんですが、睡眠負債というのは、夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて朝まで目が覚めることがないので寝ていると思っている方ですが眠りが一番、浅いんです。

例えばですけど、夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて、すぐに寝ながら考え事をしている妄想のような時間になってしまい、目が覚める瞬間に夢を見るから、夢の記憶しか残りません。 夢の記憶しか残らないし目が覚めることがないから寝ていると思っている方です。

睡眠負債も不眠症と同じように、大脳が急激に弱っていますので大脳の弱った段階が、ただ弱っただけなのか疲弊状態まで陥っているのか、衰弱状態になっているのかと言う問題があるので、肩こりや肩の痛みを治そうと思うなら、眠りの問題から脳の状態を回復させなければいけません。

睡眠負債と肩こり、肩の痛み

 

体質改善と肩こり、肩の痛み

当院では弱い部分を変えていくことができる体質改善という強制がありますので体質改善の矯正をしていくと弱い部分を徐々に強くなっていくことができます。

弱い部分というのは弱くなるばかりですから年齢に関係なく弱っていくのが体質になります。

体質改善と肩こり、肩の痛み

 

 

肩こりでも程度が違います

肩こりでも段階と言うか、程度と感じ方が違います。肩こりでも湿布を貼っても楽になる方もいれば、ならない方もいます。

良いと言われるテレビや女性誌で紹介される運動、ストレッチ、体操をしても効果がある方もいれば、効果がない方もいます。

肩こりを解消するなら腕や肩を動かしたりストレッチしたりツボを押したりネックレス、マッサージ、肩こり解消グッズ 、肩甲骨を動かす

この差は程度に関係があります。むやみやたらにしても原因を追及しないと原因も、いつまでも同じままではありません。つまり進行していく事もあります。

肩こりだと思って湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしていた方が変化がないから病院にいったら内臓からきていたと言う事もあります。

肩こりとは

肩こりを解消して楽になる為には、色々な施術法があると思いますが、多くの解消法は対症療法と言う方法になります。対症療法と言うのは原因なんか関係なく表面上のコリを改善していく方法です。ですから多くの場合、筋肉のコリだと勘違いして施術しています。しかし、筋肉のコリではないのに筋肉のコリを病院で注射を打ったり、サプリメント、医薬部外品を飲んだり、揉んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽に感じてしまいます。

しかし楽に感じてもコリを起こしている原因が残ったままになっています。

肩こりを起こしている方の共通していることは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それは何をしても多くなり、何もしなくても多くなるものです。

その多くなるものとは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレス

疲れやストレスは誰でもあるものです。疲れやストレスがない方はいませんが感じていない方はいます。疲れやストレスと言うのは生活したり、買い物をしたり、掃除したり、階段の上り下り、触っているだけでも多くなり、仕事をしても多くなり、睡眠負債や不眠症でも多くなっていくものです。

さらに運動したり歩いたりジョキングしたり、スポーツしたり体を鍛える事、水泳で泳いでも、全般で疲れやストレスはたまっていきます。

多くなるばかりの疲れやストレスなのに減らすことを考えていませんし減っていません。疲れやストレスを減らしていかないと減りませんし、一番、難しいのが疲れやストレスを減らす事なんです。

肩こりとは肩こりを解消するなら腕や肩を動かしたりストレッチしたりツボを押したりネックレス、マッサージ、肩こり解消グッズ 、肩甲骨を

疲れやストレスが体に多くたまっていくと筋肉疲労が起こりやすく、筋肉が緊張したり固くなったり(一時的に)するとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くたまります。普通は、これが初期の肩こりです。

しかしさらに疲れやストレスを弱い部分にためていくと、筋肉だけではなく体の奥にたまっていきます。体の奥の弱い部分と言うのは内臓です。

しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。体は神経、血管、リンパ、皮膚、皮下脂肪、脂肪、筋肉、じん帯、骨と内臓しかありません。あとは水分が体重の65%あります。

この中で筋肉以外でためやすい部分は内臓という事になります。しかし病気ではありません。

弱い内臓に疲れやストレスの蓄積

弱い内臓には疲れやストレスがためやすく体の中から崩れていきます。この崩れが背骨のズレになります。背骨のズレが起きると筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから、骨がズレて動くと筋肉は引っ張られていきます。そうするとリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

疲れやストレス

これが多くの方が悩んでいる肩こりです。

確かに初期の筋肉のコリだけの肩こりの方もいるかも知れませんが、今まで30年間、施術をしてきて検査できますが一人もいません。全員の方が背骨のズレと筋肉のコリを同時に起こしています。

背骨のズレの矯正は整体院やカイロプラクティック院でしかしてません。しかし整体院やカイロプラクティック院でもボキボキしたり骨盤の歪み・背骨のズレの矯正で終わっています。

体の中の事までしていませんし、わかっていません。当院では昔は、ここまで検査も施術もできませんでした。30年の経験があるからできる方法です。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

疲れやストレスは弱い部分にたまる

疲れやストレスは弱い部分にたまっていきますから、弱い部分が、どこなのかで痛みやコリが起きる部分が違います。腰が弱い方は腰に多くの疲れやストレスがたまり、肩が弱い方が肩こりになります。

そして肩の筋肉が弱い方が肩こりになることもあります。多くの場合、背骨のズレと筋肉のコリの両方から肩こりになっていますから、背骨のズレを起こすのは内臓ですから、どこの内臓なのかと言う事です。

疲れやストレスの蓄積する内臓

肩こりを起こすのは弱い内臓が原因ですから、弱い内臓に多くの疲れやストレスがたまると背骨のズレになります。

背骨と言うのは内臓と関係があります。

例えば

胸椎1番は、心臓、

胸椎2番は、心臓(心臓は2か所あります)

胸椎3番は、肺

胸椎4番は、胆のうです。

特に肩の部分は心臓の領域なんですが、胃が張っても心臓に負担を起こします。

また、眠りが浅いと心臓の負担にもなります。

心臓や肺に疲れやストレスがたまると、必ず背骨のズレになります。ですから病気と言う訳ではありません。あくまでも弱りですから。

最近は多くの方が睡眠負債になっています。

疲れやストレスがたまるのは

不眠症と睡眠負債の違い

不眠症は寝つきが悪く寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりすることや、夜に何回も目を覚ますのが不眠症の特徴です。そして夢ばかりみることも不眠症になります。

しかし不眠症に対して、睡眠負債は違います。

睡眠負債は夜に寝ようとすると、すぐ眠れて朝まで目が覚めません。

朝まで目が覚めることがないから、寝ていると思っていますが、眠りと言うのは熟睡の時間だけを言います。夜に熟睡している時間が長くあると寝ていると言います。

しかし最近は熟睡ができていないんです。寝ている本人は、寝ているからわかりません。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

夜に寝たら、すぐに寝ながら考え事をしている睡眠をして目が覚める瞬間に夢を見ます。この状態の方が多いんです。

熟睡をしている訳ではありませんが、夢を見る方が少しだけ深い眠りなんです。寝ながら考え事をしている睡眠が睡眠負債になります。

寝ながら考え事をしている睡眠の睡眠負債の方は、体調がすごく悪く奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。骨盤の歪み・背骨のズレも大きくあるのは当然でしょう。

筋肉のコリ、緊張、固い、だけではなく背骨のズレ、内臓の働きは底辺です。

肩こりと睡眠負債

 

体質改善と肩こり

体質改善と言うのはアンチエイジングの施術にです。弱い部分を変えていくことができる唯一の方法です。強い施術ですから、体を整えないとできません。

ですから初回でできる方はいませんし、早い方で3回目くらいですね。変わらないものを変える事ができる施術になります。

 

体質改善

カイロプラクティック徳力整体院は30年の経験がありますから北九州市小倉北区からも多くの方が予約されています。

肩こりを解消するなら腕や肩を動かしたりストレッチしたりツボを押したりネックレス、マッサージ、肩こり解消グッズ 、肩甲骨を動かしたり薬を使ったりなどありますが肩こりから頭痛や吐き気がある方もいます。