膝の痛み和らげる

膝の痛み和らげる

北九州市小倉北区で膝の痛みを楽にしたり、解消するなら

膝の痛みには

北九州市小倉北区からも膝の痛みを緩和したり、和らげることや、楽になるために多くの方が予約されています。
膝の痛みで、お悩みの方が多くいますが、膝の痛みを改善していく時には、単純に水を抜けば楽になる事がありますから、病院で膝の水を抜くことが多くあります。
または潤滑液の役目があるヒアルロン酸を使う方法もあります。
しかし膝の痛みが起きたからする事なんですが、年齢によるものだと言われる場合が多くあり、高齢の方は納得かも知れませんが、本当に、それだけなのかと言う問題があります。
本当に年齢だけの膝の痛みなら、全員に起きているはずです。
どうして同じ年齢なのに膝の痛みがある方と、ない方がいるのか?
膝の使い過ぎ?
足を鍛えていないから?
歩き方が悪い?
何が原因なのか、わかりませんが、膝の痛みがある事は事実です。
膝の痛みになると
膝の痛みになってしまうと、病院で検査して水が溜まっていれば、水を抜くことで痛みが楽になる場合があります。
水が溜まっているから抜けばいいと言う感じです。
では、どうして水が溜まるのか、どこかに膝の水がたまる原因があるのか??と言うことまで考えていないような。(勝手な見解です)
考えるべきことは、膝の水が溜まっていれば抜くことですが、どうして膝の痛みが起きるのか、と言う問題だと思います。
膝の痛みが起きる理由は?
膝の水がたまる理由は??
・・・などを見つけ出して変えていかない限りは、痛みが無い時でも変形膝関節症になっていく場合もあります。
膝の痛みに限らず、体に痛みが起きるときは、原因がありますが、原因を見つけ出す方法が大変、難しいのが実情です。
病院でレントゲンを撮っても、水が溜まっていればわかりますが、そんなことは、触ればわかります。
レントゲンで判断できるのは骨のヒビとか、骨折などと膝関節の軟骨の部分の判明にも使われると思います。
あとは、じん帯の問題ですね。
レントゲンで判断できるのは多くあると思います。
でも、当院でも検査はしています。
当院の検査はレントゲンは病院でしかできません。
なので手の技で検査することができるように努力しました。
膝の痛みと検査
膝の痛みがある場合、膝に水が溜まっていれば触れば判断できます。
しかし、膝を触っても、わからないものもあります。
そんな状態では膝の痛みの原因なんか、わかりません。
と言うことで、さらに研究して検査する技術を向上させました。
以前に来院された膝の痛みの方の話をします。
いつも膝の痛みの方にしている話になります。
症例1
膝の痛みで来院された方は50代後半の女性の方です。
右ひざの痛みがあるみたいです。痛みが起きたのは2年くらい前だそうです。
話を聞いて検査してみるために、膝を触らせてもらいました。
痛みがあるのは右の膝ですから、痛みがある側と、無い側を比べてみます。
そうすると痛みがある右ひざの大きさが、痛みが無い側と比べて太さが2倍、近くになっています。
これは水が溜まっている現象ですから、まずは水を抜くことはできませんので、手の技で減らす事ができないか、施術してみました。
そうすると徐々に変化していきます。
しばらくかかりましたが、徐々に膝の太さが変わってきています。
施術し終えた時には、左ひざの太さと変わらないようにすることができました。
水は、まだありますが、ここで確認してみると膝の骨に炎症があることがわかりましたので、膝の骨の炎症を抑えることができるか、施術してみました。
そうすると徐々にですが太さも変化してきています。
負荷をかけてもらう為に一度、立ってもらいました。
そして立ってもらうだけではなく、歩いてもらうこともしてもらいました。
そうすると歩くやすいと言って頂いたので今日は、ここまでと言いました。
しかし、根本的な悪さを起こしたのは体質です。
だから、さらに色々な部分を解消して、体質改善をおこなう必要があります。