ダイエットするなら

ダイエットするなら

北九州市小倉北区でダイエットするなら体を整えることからしています

ダイエットするなら

北九州市小倉北区からも体が細くなると評判で多くの方が施術を受けに来ています。
ダイエットしたい、痩せたいと思うなら、大事なことがあります。
大事なことは、普通は言っていないことなんですから、外面ばかりテレビや雑誌の特集でもしています。
外面ばかりしているとは、
運動不足だとかで、
① サウナに入ったり、運動したりジョキングしたり汗をかくようなこと。
そして、食事関係だとかで
②ダイエット食品を服用したり、炭水化物、糖分、脂分を控えること。
ダイエット、痩せる為には
ダイエットしようと考えるなら、この2通りの方法が多くあるんですが、体の状態を研究してみると、代謝が悪くなったり老廃物がたまる原因が別にあります。
何も原因がないのにリンパの流れが悪くなると言うのも変な話です。
リンパは普通に体を動かすと流れています。もちろん流れにくい部分もあります。例えば脇の部分などが流れにくそうです。
でも腕は肩や腕を動かす時に、流れています。別に大きく動かさなくても肩や腕や指先を動かすときや、何かを取ろうとしたとき、荷物を持った時、車の運転をした時、などでリンパは流れています。
普通であれば、何もしなくても流れていかなければいけない物が流れていないと言うことは大変なことが起きています。
多くの方がリンパの流れが、と言うと、『 流せば良いですか??』と聞かれますが、『 良く分かっていないな』と思います。
流れていかなければいけない物が、流れないと言うこ6 とですよ。
どうして流れていかないのか、原因があると思います。
その流れるべきものが、流れない原因は、疲れの蓄積です。
気が付かないで多くの疲れがたまっていると、ありとあらゆる流れが悪くなります。
まだまだ疲れの蓄積から起きる問題はあるんですが、簡単に上げても7項目あります。
疲れが多くたまるとストレスに変換されていきます。
つまり疲れやストレスの蓄積から代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。。
しかし疲れやストレスは、感じても一時的にしか感じません。
つまり長く疲れた感じはしないと言うことです。
ジョキングをして、前かがみになって、息を切らしながらハァ~ハァ~言っても、しばらくするとおさまります。
階段を上ってもも、しばらくすると感じなくなるから疲れたことさえ忘れていきます。
仕事をして疲れても、しばらくすると感じなくなるから疲れたことさえ忘れていきます。
人間は何かをしても、しばらくすると感じなくなるから疲れたことさえ忘れていきます。これが疲れが無くなったと思う理由になります。
疲れやストレスほど、体にたまるものはなく、悪いものはありません。
疲れやストレスが多くたまると、代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。だから水を飲んでも浮腫み、脂肪が増えていき、太りやすくなります。
また、疲れやストレスだけではなく、眠りの浅い方ほど、浮腫み、脂肪が増える傾向があります。
当院のダイエット法は、体を整えて浮腫みを減らしたり、脂肪を減らしたり引き締めていくダイエットをしています。
そのため、体重を減らすことが得意ではありません。
もちろん体重が3キロ落ちたと言う方もいます。
しかし目的が体重を減らすことが目的ではないと言うことです。
当院のダイエット矯正を受けた方から「友人や家族からも、痩せてきたね」と言われたけど、『体重は変わらないけど・・・・』と言う声を聞いています。
体重が変わらなくても、見た目で人は判断しています。
顔が小さくなったり、骨盤が小さくなったり、ウエストが細くなったり、上半身を細くしたりすることをしています。
もちろんダイエットと言うと体重計の重さばかり気にして落とす事ばかりの方法が多くあります。
体重を落とす為には、ご自分の努力も必要です。
運動してカロリーを減らす事をしても、ジュースを飲んだり、お菓子を食べたり、糖分、炭水化物、脂分などを摂取していると痩せる事はありません。
太るのは、炭水化物、糖分、脂分を控えることや運動することで脂肪が燃焼しやすくなると言われますが、運動すると疲れが多くなります。
疲れは運動しなくても仕事でもパートで働いてもバイトをしても、掃除をしても、料理を作っても、階段を上り下りしても、歩いても、車の運転しても、お風呂に入っても、買い物をしても、荷物を持っても多くなります。
疲れは多くなるんですが、感じるのは、しばらくのあいだです。
時間がたつと感じなくなります。このため疲れが解消したような感じになります。
疲れが良くなったように思えますが、一度、生み出された疲れが無くなる事はありません。
感じないだけで積み重なっています。
自分の体の中に増えていき体の中で流れを悪くしたり、働きを低下させていきます。
疲れがたまると代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
太りを作るのは
太りやすくしたり、浮腫みや脂肪を増やすのは、高いカロリーの摂取、糖分、脂分、炭水化物を食べる事だけではなく、運動不足だけではありません。
疲れが多くなると、痛みやこりを感じていなくても体の崩れが起きています。
体の崩れからも太りやすくなります。
北九州市小倉北区と小倉南区でダイエットをしています。
ダイエットをする為には色々な方法があります。
当院のダイエット法は5番目をしています。
ダイエットして痩せるなら運動したり、食事制限をしたり、サプリメント・ダイエット食品を試したりすることを特集したり宣伝したり特番を組んだりしていますが、どれもこれも体の状態を言いません。
一番、大事で基本的なことなのに、体の状態が、どうなっているのか、と言う事まで言っている事はありません。当院の院長である私は30年間以上にわたり、色々な方の体の検査をしてきましたが、一番は、何よりも体の状態が基本になって、基本から整えないと効果は出にくいと言うことがわかっています。
どんなに良いダイエットだとしても多くの方が徒労に終わっています。ダイエットでも短期で痩せる事はありません。一気に10キロも減少させるのは困難ですし体にも悪影響です。
ダイエットして痩せる為には、当院の院長である私が、患者さんを確認して体の状態を検査する事ができます。この検査は特殊な検査ですから、誰でもできるモノではありません。現に院長である私も検査だけでも今でも研究して向上に努めています。つまり30年、たった今でも技術を磨いていると言う事です。
ダイエットしてやせる為には、エステ、整体、カイロプラクティック等でも他でもしていると思いますが、エステが痩身の代表格ですが、体重を測って、また脂肪率を計測して施術をしていき、どれくらい体重が落ちたかで判断しています。
多くのダイエット法が体重を落とすことが中心です。しかし、それでは痩せにくいんです。
当院のダイエット法は、体重よりも見た目を細くするダイエットです。体重を変える事よりも、人から見られて『細くなったね』とか、『痩せてきたね』と言われることを優先しています。その為、体重は変化がないかも知れません。
しかし体の浮腫み、脂肪を減らしていく訳ですから、直結して体重が落ちる事はありませんが、浮腫み・脂肪が減って体が引き締まることだ大切だと思います。
ダイエット法の色々
当院のダイエット法は5番目をしています。
ダイエットする為には、また、痩せる為には一般的には、運動して脂肪を燃焼する方法が一番だと言われていますが、1年、エクササイズしても痩せない方もいますし、変化がない方もいますし、逆に増えた方もいます。脂肪の燃焼は簡単なモノではありません。サウナに入っても500グラム減っても水を飲めば同じです。
運動しても筋トレしてもジョキングしてもエクササイズしてもアスレチックしても体操してもストレッチしても腹筋してもプールで泳いでも筋肉の量が増えていきます。筋肉の量を増やすことになるのが運動療法です。脂肪も簡単に短気で減る事もありませんし、筋肉は増えていくので筋肉質になる為に痩せるなら別ですが。
そこの所の意味も分かっていないで運動すれば良いと思っている方が多くいます。
運動すると言う事は筋肉を鍛える事 ⇒ 筋肉量が増える ⇒ 体重が増える ⇒ 疲れが残る(疲労になる)
プールで泳いでも運動しても筋トレしてもジョキングしてもエクササイズしてもアスレチックしても体操してもストレッチしても腹筋しても、生み出されるモノは、疲れです。
しかし疲れを感じても、いつのまにか感じなくなります。
しかし一度、生み出された疲れは無くなるモノと、なくならないモノに別れます。無くなるモノは問題がありませんが、無くならないモノは、頑張れば頑張るほど増えていきます。さらに人は生活したり仕事したりする事でも多くの疲れをためていきます。この疲れが多くなると疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になり、体の状態を悪くしていきます。蓄積疲労のことをストレスと言います。しかし普通一般的に使われているストレスは良く意味も分からずに使っていますから、蓄積疲労と言います。
疲労の蓄積が普段でも多くなっているのに、さらに運動して増やす事をしています。疲れを増やして蓄積させて、また増やす事ばかりしています。
院長である私は30年の経験から、体にどれほど多くの疲れが蓄積しているいくのか研究しています。疲れを感じていなくても生み出された疲れの蓄積は誰でもありますが、運動したり生活したり仕事をしたりする疲れは、無くなるモノと、たまるモノがあると説明したように、たまる疲れの多さが問題なんです。
例えば、住んでいるアパートの5回目で階段を昇ったり下りたりする事でも運動になります。1階から5階まで登った疲れはたまっていきますが、いつの間にか疲れを感じなくなるから、良くなったと思います。
プールで泳いで、終わった後にダルイとか、疲れた~と感じても、時間が立つと感じなくなります。
ジョキングをして走っても息が上がるくらい走って足とかに疲れが多くなっても、しばらくすると感じなくなります。
ランニングマシーンで走っても足とか体に疲れが溜まっていきますが、しばらくすると感じなくなります。
ダンベルで腕を鍛えても腕と体に疲れが多くたまりますが、いつの間にか感じなくなります。
仕事で疲れる事をしても、いつの間にか、又は寝れば、翌朝には疲れが取れています。
しかし、全て疲れが取れている事はありません。
残りやすい部分と、無くなっている部分に別れています。
どこに残りやすいいのか、がダイエットしていく時の、一番の問題になります。
疲れの蓄積が多いと
疲れの蓄積が多いと代謝も悪くなり脂肪が増えていきます。疲れは筋肉にもたまりますがから、築瀬した筋肉周辺に働きが悪くなることから、また、代謝が悪くなることから脂肪、浮腫みが増えていきます。
脂肪も多くなる時には、どこに多くなるのかで違いがあります。
下のイラストでは皮膚の下の脂肪が増えています。
皮下脂肪は自分で確認する事ができます。人差し指と親指で皮膚を大きく摘まむようにして下さい。つまんだ厚みが皮下脂肪になります。浮腫みは摘まむのではなく触って法がブヨブヨ感でわかります。
人差し指と親指で摘まむときには人差し指を曲げないで下さい。人差し指を真っすぐしてつまんで下さい。
人差し指と親指で皮膚を大きく摘まんだ厚みが脂肪です。
脂肪が増えるのは3通りの種類があります
①皮下脂肪
皮膚の下の脂肪、つまり皮下脂肪が増えている場合です。
内臓周辺の脂肪
皮下脂肪と内臓周辺の脂肪
皮下脂肪と内臓周辺の両方の脂肪が増える事もあります。皮下脂肪も多くあり、内臓周辺の脂肪も多くなる太り方もあります。
蓄積疲労から内臓が大きくなる
疲れが溜まって多くなると蓄積疲労になり、蓄積疲労から病気ではなく、内臓の働きが悪くなり内臓肥大が起きる事があります。内臓肥大が起きると周辺に脂肪・浮腫みが増えていきます。
ダイエット、痩せる為には、何をしたら良いのか、運動、ジョキング、筋トレ、サプリメント、医薬部外品、漢方、食事制限、リンゴダイエット、バナナダイエット、寒天ダイエット、などなど色々ありますが、どれもこれも基本を忘れています。
当院の院長は検査する事ができますから検査してみると、全員と言って良いほどの方があるモノが多くたまっています。自分で感じていなくてもたまって山となって積み重なっています。
それも気が付かないで毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。
多く積み重なるモノとは、疲れやストレスです。
疲れやストレスの蓄積
実は疲れやストレスと言うのは浮腫みを作り、脂肪を多くしていきます。しかし単純に、それだけではありません。
いつの間にか疲れやストレスがたまっていくとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。それは疲れやストレスがたまると、起きるのは当然です。
何も原因がないのにリンパの流れが悪くなる老廃物が溜まっていたら、逆に大変です。
誰でも、同じですが疲れやストレスがたまると流れが悪くなります。しかし、それだけではありません。
疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが起こります。
疲れやストレスがたまると、内臓の働きも低下しています。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。
ダイエットして痩せる為に
当院で行うダイエットは特徴があります。ただ細くすれば良いと言う訳でもなく、体重ばかり減らせば良いと言うダイエットではなく、見た目からキレイに細くすることから始めるダイエット法です。
●サプリメントでダイエットをしても、浮腫みやすくキレイに痩せることはありません。
●運動、ストレッチ、サウナ、ホットヨガでダイエットをしようとしても、浮腫みやすく疲れの割合が多くなります。筋肉質になることもありますから、お腹の腹筋が割れてもキレイに見えることはありません。
●食事制限しても、栄養を取らないと動けなくなりますしキレイに痩せてくることはありません。
●バナナダイエット、リンゴダイエットなどをしても基本的なことができていないのに、と言う事があります。
当院では今まで誰もできなかったダイエット法を実践しています。
それは、体の基本的なことから変える事です。
体の基本的なことから変えるとは、体調と体質から変える事をしています。
ダイエットを試みるときに、体調が重要な要素になります。
体調が悪いと、どんなに良いダイエットをしても効果は上がりません。
●体調が悪いから痛みやコリがなくても感じなくても、骨盤の歪みが起きています。骨盤の歪みが起きると浮腫みやすく、脂肪になりやすくなります。代謝も悪くなります。リンパの流れの停滞して老廃物が多く蓄積します。ダイエットに一番、関係する内臓の働きが悪りますから悪くなるといらない栄養までため込んでしまいます。
●体質が太りやすい体質があると、何をしても効果は出ません。体質が邪魔していますから変える必要があります。
多くの方が体調と体質の治療で体が細くなっていきます。体が細くなることで体重は変わっていきます。
しかし一番、減るのが遅いのは、お腹の脂肪の減少です。
体重ばかり気にしていると効果が出にくくなります。
当院のダイエット法は、体重よりも、まずは見た目から変えていく即効性のあるダイエット(細くする)ことをしています。
ダイエットと言うと、どうしても体重からと言う事になってしまいますが、体重から変えるよりも健康的に細くなることをしています。
普通のダイエットをしていくと、どうしても体が引き締まるというよりも、運動やストレッチをすると筋肉質になることが多くあります。筋肉質では、確かに痩せたという感じになりますが、女性らしさが低下してしまいます。
女性らしさ、女らしさを維持したまま体が細くしていくのが、当院の方法です。
この方法は1回で終わることはありませんが、コースとしての物はありませんから、いつでもやめることができます。1回ずつ料金を払うか、5回券として払うか、またはさらに変えるために10回券として試してみるか、ご自分で判断してください。
ただし、当院では1回限りの冷やかしは、ご遠慮していただいています。1回だけして何が変わるかと言う事ですので、本当に1回目から変わりますが、体を引き締めて細くするというのは、そんな簡単なものではありません。
ですから当院ではダイエットと言うよりも、体を治していく方法で、体を引き締めていく事をしています。
ダイエットには効果のあるダイエットと効果がないダイエットがあります。
ダイエットというと食事や食品、サプリメント、運動、筋トレ、エステ、メニュー、レシピなど色々あると思いますが、どれもこれも外部からのダイエットになります。
外部のダイエットというと、食べるものも外部になります。つまり、中を変える力がないということになります。
消化の良い食事やサプリメントを飲んでも、代謝率を上げる人工的に作ったもので上げても、中から変えないと何も意味は成しません。
中から変えるというと、どういうことを言うのか??
ダイエットは中から変える
体の中から変えるということが最重要です。
サプリメントを飲んでも、代謝を上げても中は何も変わりません。
その意味で体の中から変えていこうとするわけです。
カイロプラクティック徳力整体院は30年の経験がありますから北九州市小倉北区からも多くの方が予約されています。