腰痛を楽にしたり、解消するために

腰痛を楽にしたり、解消するために

当院では腰痛、腰の痛みを楽にしていく為には、骨盤の歪みや開きが起きて、背骨のズレを整えることだと思っています。

腰痛を楽にするためには

北九州市小倉北区からも腰痛の施術が好評で人気があります。

 

腰痛を楽にすることから

まずは腰の痛みや腰痛を楽にしていく事から始めて行きます。
腰痛には腰痛を起こしている原因があります。この原因があるから腰が痛くなったり腰痛を起こしています。

 

原因がなかったら腰痛は起きていませんし、繰り返すこともありません。
腰痛を起したかた、繰り返す方、数年に一度でも腰が痛くなりやすい方、いつも腰が悪く感じている方、腰痛に悩んでいる方は原因が解消していないから起きています。

 

しかし、まずいことに原因もいつまでも同じままではありません。
これが一番、厄介なんです。

 

どんな治療をしても原因がかわらない所か、原因もいつまでも同じままではなく進行していくと言うことがあるから厄介なんですが、原因があると痛みが強くなると言うよりも変化して違ったものとして出てしまうと言う事です。
変化して違ったものとして出てくるため、違うものとして思いますが、同じものなんです。

 

腰痛を起こしている黒幕は腎臓です。
腰痛を起こしている時には、病気ではなく腎臓に疲れやストレスがたまったことが原因で起きています。

 

腎臓に疲れやストレスがたまると筋肉バランスに影響がでて筋肉バランスの崩れから骨盤の歪みや骨盤の開きが起こります。

 

この骨盤の歪みや骨盤の開きが原因で体を維持することができない為に腰痛、腰の痛みになっています。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのは骨盤が不安定になりますから骨盤の不安定性がある時に重いものを持ったり、中腰をしたり、前かがみをしたり、庭仕事で座って立とうとしたときに腰が痛くなって腰痛に、クシャミをしたら腰が痛くなったと言うことが起こてしまいます。

 

すべては黒悪の腎臓疲労が原因で骨盤の不安定性が出てしまいます。

 

●しかし、湿布を貼ったりしても腰の急激な強い痛みは楽になることもあります。これで直ったと思うでしょうが治っていません。
急性状態の痛みが減っただけです。
原因ものこっていますから繰り返しやすく、戻りやすくなりますし腰の痛みを感じない時でも原因はいつまでも同じままではありません。

 

つまり腎臓の弱さ、悪さが進行して行きます。
腎臓の弱さ、悪さが進行していきながら時々、腰の痛みや腰痛を起こしています。

 

●マッサージしたりしても強い痛みは楽になることもあります。

 

マッサージしても筋肉の緩和ができるので筋肉をほぐしていくから、マッサージなんですが筋肉の炎症やハレは楽になることはありますが、骨盤の歪みや腎臓の問題は解消できません。

 

骨盤の歪みや腎臓の問題を改善できないと戻りやすくなるばかりではなく、原因もいつまでも同じままではありません。進行していくと言うことが水面下で起きていきます。

 

●低周波治療器や電器でも腰痛は楽になることもありますが、低周波治療器はプラスからマイナスへ端子を通して定電流の電気を流すことで筋肉を刺激しているだけです。筋肉を刺激して筋肉を動かしています。
原因などは関係ありません。
原因から見つけて変えていくと言うことは簡単なことではない為に対症療法ばかりしていることが多くあります。

 

対症療法

対症療法と言うのは原因を見つけることもなく、痛みやコリがある部分に対して一時抑えをしたり、何かをしていく治療です。
痛み止めの薬も対症療法になります。
サプリメントでも一時押えです。

 

一時抑えでも楽になることもあるから、していますが原因が変わらずありますから、原因から解消することを遅らせる結果になっています。
原因を見つけることもなく患者さんが感じている痛みやコリを楽にしていく方法です。

 

一番、簡単な方法が低周波治療器や電器ですが、機会さえあれば機械任せにしているだけです。

 

患者さんも寝ているだけですから楽で良いと思います。
当院でも昔は低周波治療器や電器を使っていました。何も考えもせずに。矯正した後に低周波治療器をしていました。
15分くらいの時間ですが。何も考えもせずにあてるだけです。

 

本当に原因なんか、関係もなく考えることもなく腰痛を楽にしていると思っていました。

 

どこの治療院でも整形外科でも、整骨院でも整体院でも、カイロプラクティック院でも、どこでもしているものですが多少メーカーと機械の種類が違うだけです。
本当に低周波治療器と言う治療器ですから痛みやコリが軽くなったり楽になったりするものですから簡単に考えていましたが、低周波治療器と言うものの原理を考えたら大変なことをしています。

 

原因をみつけることが遅れるからです。

 

腰痛を楽にしたら腰痛の原因も見つけて解消することをしていきますが腰痛の原因は腎臓疲労ですから、どうして腎臓疲労が起きるのか、と言うことまで考えないといけませんので、その原因は腎臓の弱さにあります。

 

弱い内臓ほど疲れやストレスはたまりやすくなります。

 

腎臓に疲れやストレスがたまると、腎臓は骨盤の歪みを起こしながら腎臓の弱さが進行していきます。

 

この腎臓の弱さが先将来の病気につながります。なると言う訳ではなく確率が高いと言う事です。

 

腎臓の病気もすぐではありません。先将来ですが、いつの将来かと言う事です。

 

腰痛になる時には色々な物が重なって起きていきます。

 

腰痛になったら湿布を貼ったり、低周波治療器や電器をしても、マッサージをしても改善することがありますが、いくら痛みだけを抑えても腰痛が治った訳ではありません。

 

と言うのも腰痛を起こした原因があるからです。

 

腰痛の痛みと原因から改善することをしないと根本的には腰痛は繰り返しやすく、原因も進行していきます。

 

必ず腰痛には原因が潜んでいます。
腰が痛くなる症状のことを腰痛といいます。腰痛は症状です。
腰痛が起きるときには

 

何かを取ろうとして体を伸ばして腰痛、
重いものを持って腰が痛くなって腰痛、

 

庭仕事で中腰をしていたら立とうとしたら腰が痛くなって腰痛に、
車の運転が長いので同じ姿勢をしていたら腰がズキズキして痛くなって腰痛に、
靴下を履こうとしていたら腰が痛くなって腰痛になった、
寝て起きたら腰が痛くて動けけないくらいの腰痛、

 

何もしないのに腰が痛くなってきた、
くしゃみをしたら腰が痛くなって腰痛に、
数年前の事故で腰痛もちに、
色々な腰痛があります。

 

しかし、これらはすべて切っ掛けです。
切っ掛けをするまえに、あることが起きています。

 

このあることとは、

 

疲れやストレスの蓄積です。

 

体に多くの疲れやストレスがたまると体は次第に歪みを起こしていきます。
この歪みが骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。
骨盤の歪み・背骨のズレが起きると体を支えることができません。
体を支えることができないと筋肉、じん帯も緩んでいますから、一気に起きるのがギックリ腰です。

 

しかし、ぎっくり腰は腰椎に起きるネンザです。しばらくすると急激な痛みは減っていきますから安静を保つようにして下さい。
あまり動かずに安静を保てば徐々に収まってきます。
しかし、急激な強い痛みが治まったからと言って腰痛が治った訳ではありません。
骨盤の歪み・背骨のズレは、まだまだあります。
低周波治療器や電器をしても骨盤の歪み・背骨のズレは残っています。
マッサージしても骨盤の歪み・背骨のズレはあります。

 

骨盤の歪み・背骨のズレがあるからと言って直に痛みになるとは限りません。
骨盤の歪み・背骨のズレがあっても人は切っ掛けがないと、どうもありません。
骨盤の歪み・背骨のズレがあるから、骨盤の歪み・背骨のズレができたからと言って、それが腰痛に、すぐにつながるかと言うとそうでもないからです。

 

痛みにならなくても調子の悪さ、体調を崩したり、疲れがたまっている、ストレスがたまっていると言うくらいです。

 

これが昔だったらスランプと言います。
腰痛を直していくためには、腰痛の腰の痛みを楽にして、普通はそこで腰痛が治ったと言いますが、当院ではそうではありません。

 

そこから隠れている黒幕の腰痛を起こした原因を改善する治療をしていきます。