腰痛とは

腰痛とは腰痛、腰の痛みになってしまったら急に慌てて色々な方法を考えてしまいますが、まずは無理をせずに休養をとることをお勧めします。

腰痛、腰の痛みを解消するなら①体を整えていく事(筋肉・じん帯のバランスを解消したり、骨盤の歪み・背骨のズレを改善したり、炎症やハレを確認して矯正して整えていくこと・椎間板ヘルニアがあれば改善する事)

痛みの原因を見つけ出して整えていく事

腰痛、腰の痛み

体質改善で原因を変えていく事

腰痛、腰の痛みは眠りの問題も関係がありますので本人が気が付いていないでも眠りが浅いことが原因も場合もあります。

腰痛その理由は、多くの方が仕事を休めないとか、早く痛みを無くしたいと思うでしょうが、腰痛が起きてしまった原因に関係するからです。

腰痛が起きる時には、痛みばかり気になりますが、痛みが起きている部分だけではなく、体全体の状態が良くないからです。考えても見て下さい。

状態が良い時に、そんな痛みが起きる事はありません。

急性状態の腰痛痛みが起きる時には急性状態で急に腰の痛みになる訳ですけど、何か原因が自分の体にあるから痛みになっていることに!!

それを痛みだけ早めに楽にしたいからと言って動き回ることは良くありません。

まずはお風呂に入る事も入浴も避けて、温める事も良くありませんので患部を冷やすようにします。

痛みがある部分に手を当てて温かい感じがすれば、冷やすことを続けます。状態に応じて2日から3日くらいの休養が必要になります。

休養する時も家でゴロゴロではなく、布団で寝る事です。患部を冷やして、回復を早める為にも布団で寝ることです。

冷やす方法は湿布を貼ったりすることや、かなり冷たい感じがしますが洋服の上から、保冷剤を当てることが一番ですが(凍傷に注意)。

ただし1度には3分以内です。炎症があるので、かなり冷たく感じますけど。

慢性期状態の腰痛急性期を過ぎても慢性期に入ってしまって、半年も1年も2年も腰の痛みが無くならない方もいます。

腰痛、腰が痛いなどが起きる時には、普段から運動しないからだとか、食生活が悪いとか、座りっぱなしが悪いとか、前かがみの姿勢が悪いとか、猫背だからとか、重たいものを急に持ち上げようとしたりなどと言われています。

腰痛になったり腰が痛くなってしまうと運動した方が良いと言われて腹筋したりバランスを取る為に背筋を鍛えたりすることやプールで泳いだりする方法が、良く言われることです。

腰痛と言うと運動関係をした方が良くなると言われますが、確かに痛みを緩和したり楽にする方法の一つでもあります。

またサプリメントを飲んだり健康食品を飲んだり、効果がある湿布を貼ったり、運動したりストレッチしたりする方法で腰痛を楽にする方法もあります。

腰痛、腰の痛みなら 腰痛・腰の痛みが起きる時には腰痛、腰の痛みが起きる時には、普通の生活でしていることで起きています。

例えば、良く腰痛を起しやすいのは、重たいものを持とうとしたときに起きる事が多くありますが、それだけではありません。日常で何気なくしたことで痛めてしまう事が多くあります。特別なことをしたり特殊なことをして痛めることは、多くは、ありません。

日常で、普段からしていることで腰痛になって痛みが起きてしまいます。

例えば、クシャミをしただけで腰が痛くなる方もいます。

また何かを取ろうとして腰が痛くなる方もいます。車の運転で腰が痛くなる方もいます。痛くなるのは、皆さん、違います。

ですから何かをして痛くなると言うよりも原因は、すべて自分の体の状態にあると思います。

自分の体の状態が、いつ腰を痛めても不思議ではない状態の時に、痛みが起きるからです。

いざ、腰の痛みが起きてしまうと、湿布を貼ったり、マッサージしたり、温めたり、低周波治療器や電器をしたりする方法や、運動不足から腰痛は起きると言われるので運動したり体操したりストレッチしたり筋トレしたり腹筋を鍛えたりバランスが良くなるから背筋を鍛えたりする方法やプールで泳いだりする方法などもあります。

しかし腰痛の痛みが無くなる事が目的なんですが、痛みを解消しても、原因が残っている場合もあります。腰痛を起した原因です。

普通は、原因まで見つけ出す事も、改善する事もしていないのが実情です。腰痛、腰の痛みがないからと言って、原因までなくなった訳ではないと思います。

2020年06月18日