腰痛、腰の痛みを解消するなら(北九州市小倉北区で)

腰痛が起きてしまうと何よりも安静状態を保つようにして患部を冷やす方が先決だと思いますので仕事だからとか言って休めないからといって動いたりすると悪化したりすることもあるし慢性化してしまい1年も2年も3年も5年も腰の痛みが取りにくくなっていると言う方が多くなっていますので痛みが起きたらまずは安静状態を保つことが先決だと思います。

腰痛や腰の痛みとは

どうして安静状態を保つほうがいいのかと言うとぎっくり腰や腰の痛みが起きるときには痛みが辛い時に特に状態が良くないことを言いますので全体の状態が良くないときに伊丹着になりやすくまたは強くなる場合がありますので、全体の状態が良くないときには、自分でも気がついていないことが起きている場合があります。

そういう時に仕事だからと言って休めないからといって、動いたりすると痛みだけにおさまる事はなく発作が起こる可能性も潜んでいると言うことを考えなければいけないと思いますので、何も原因がなくて腰痛や腰が痛みが起きることもありませんし姿勢が悪いからといって、痛みが起きる事はありませんので、全体の状態が良くないときに休むようなことをしないと、一気に悪化することも考えられるし発作が起こる可能性も潜んでいると言うことを考えなければいけません。

歪みやズレと腰痛、腰の痛み

体調が良いときには腰痛や腰の痛みが軽くなることもありますし、ぎっくり腰が起きることもありませんので、状態が良くないと言うよりも体調が良くないことに気がついていないだけで体のほうは悲鳴をあげている場合が多くあります。

体調と腰の痛み

腰痛や腰の痛みといっても軽い時もあればひどい時もありますので軽い時とひどいときの差と言うのは体調の状態において違うんですが体調が落ちれば落ちるほど痛みが強くなってしまい体調が少しだけ良くなっているときには腰痛は軽く感じることが起こります。

体調と言うのは意味不明な言葉でもありますがもう少しダイレクトに説明すると疲れの蓄積が原因で体調が上がったり体調が落ちたりしているんです。

体調の状態と言うのは英も違いますし午前中と午後でも違いますので変化しているのが体調ですからバイオリズムと言えないこともありませんので体調=バイオリズムと言うわけではありませんが同じようなことになっています。

疲れが溜まっていると体調が落ちて行き疲れが少し減っていると体調は良いと思えるかも分かりませんが自分でも気がつかない状態で疲れというのが溜まっていきます。

疲れやストレス

疲れの特性として一過性でしか感じ取ることができません。
疲れと言うのは仕事をしても『あー疲れたなぁ』と思ってもいつの間にか感じなくなるため忘れていきますが忘れただけでありまたは感じなくなっただけであり残ったままになっています。

体調と腰痛、腰の痛み

疲れが多くなっていけばいくほど限界はありません。

限界なく溜まる疲れが溜まっていくとストレスに変換されてしまいストレスからありとあらゆることが起きていきますので、疲れやストレスの原因から体は補正的に歪みや崩れを起こしていき、腰痛になっていく結果を招いていきます。

疲れやストレスが多くたまればため込むほど骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こしていきますので歪みや開きやズレが起きてしまうと体を支えることができない状態になったときに、急激な痛みを招いていきますので歪みや開きやズレがあるからといって痛みになっているとは限りません。

骨盤の歪み・骨盤の開きから腰痛、腰の痛みが

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレがあると、土台が不安定になっているといえますので土台が不安定なときに、前かがみをしたり重たいものを持ったり中腰をしたり同じ姿勢を続けたり、腹圧が上がるくしゃみをしたりすることで腰痛が起きてしまうんです。

腰痛、腰の痛みの原因

何をしても疲れは多く溜まっていきますし、何もしなくても疲れは多く蓄積されていきますので疲れの多さが増えていくとストレスに変換されてしまい疲れやストレスから骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こしていくんですが、軽ければ何も感じませんし大きくなっても何かをした切っ掛けがないと痛みになる事はありません。

最大限、骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きたときに骨盤が不安定になっていることさえ気がつかないで、何かをしてしまったときに、急激な痛みになって行回復できない位の歪みや開きやズレが起きたときに、慢性化状態を招いて行3年も5年も10年も腰痛に悩まされてしまいます。

痛み止めの注射を打っても椎間板ヘルニアが起きてしまうこともありますし、原因が除去されない限りは、いくら表面上に湿布を貼っても、マッサージをしても電気をしても注射を打っても効果的にはあまり良くありません。

腰痛や腰の痛みの原因

腰痛や腰の痛みの原因と言うのは、日常で多くなってしまう疲れが溜まった状態で疲れもどんどん多くなっていき、ストレスに変換されてしまうことから、疲れやストレスの蓄積から骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレになっていき悪化したものが椎間板ヘルニアになって神経の接触状態が起きてしまうと、坐骨神経痛に進行していき歪みやズレが起きた部分と言うのは結構が悪くなりますので先将来、脊椎間狭窄症と言う事まで起こります。

蓄積疲労から腰痛、腰の痛みになる

腰痛が起きてしまうと湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり電気をしたりすることが、多くありますが原因が残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられませんので、進行すると言うことも考えなければいけないんですが、腰痛や腰の痛みがない時でも原因は、いつまでも同じままではいられませんので、進行していっていますので年齢以上に悪い部分と言うのは急激に悪くなっていきますので原因を、早めに改善していかないとこじらせたり悪化させたりして治りにくくしてしまいます。



2020年05月20日