肩こりを解消して楽にするなら

肩こりを解消していくためには筋肉のコリと言うイメージが、強いために筋肉のコリから解消していくんですが、肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きている事はありませんが筋肉を押したり、揉んだりマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり低周波治療器は電気などをかけたら楽に感じてしまいますので楽になっても、その先にある原因が残ったままになっています。

肩こりと低周波治療器や電器

肩こりとは

何も考えずに肩の筋肉を押したり揉んだりマッサージをしたり、電気などをかける事は大変たやすいことなんですが、中和するのではなくて原因を見つけ出すことが必要だと思います。

肩こりとは起きる原因が存在してるから肩が凝っているわけですから、何も原因がなくて肩が凝る事はないと思いますし、どうして筋肉のコリが起きてしまうと自力で解消できないのかと言う問題も考える必要があります。

肩こりと言うと筋肉を家族の方に揉んでもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器は電気などをかけたり自分でも湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり、いろいろな方法があると思うんですが、単純に起きた現象を解消するんではなくて、どうして肩こりが起きるのかと言う理由を見つけ出さなければどんなに良い治療法でも効果が薄れていくと思います。

肩こりの回復法

多くの治療法というのが肩こりが、どうして起きるのかと言うことを見つけ出すこともなく、検査することもなく、確認することもしていないで、筋肉を押したり揉んだりすることから入っていきますので、どうして筋肉のこりが起きているのかと言う原因が解消できていないと思うんです。

肩こりが起きるときには

肩こりが起きるときには24時間ずっと肩のコリを感じている方は、いないと思いますけど何かをしているときには、肩こりが和らいでいるか、忘れていることがあると思いますけど、何かをした瞬間に、または何かが終わった瞬間に肩こりを強く感じてしまうということがあると思います。

肩こりを感じているときには、ある現象が原因で起きているんですが、日常で多くなっていくものですので、特別なものが原因ではありません。

肩こりと蓄積疲労

しかし肩の筋肉を押したり揉んだり、マッサージをしたり湿布をしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電気などをかけても、楽に感じてしまうためそこで終わっている場合があるんですが、楽になったらその先にあるものを見つけ出すことが必要になります。

肩こりとは

肩の筋肉と言うのは荷物を持ったり、バックを下げたり、買い物をして荷物を持ったりすることやスマートフォンを使ったり、ものを書いたり固定したりすることで指先や腕や肩の筋肉を使うことがあり、筋肉を使うことが原因で筋肉の緊張や筋肉の疲労を起こしていく結果肩こりとして、進行していくということが起きてしまいますので、代謝が悪くなり、リンパの停滞が起きて老廃物が多くたまる現象から肩こりをより強く感じてしまっていると言うことで、肩甲骨動かしたり肩関節の可動域を広げたりストレッチしたり体操したり筋トレしたりする方法が、一般的だと思います。

しかし同じことをしても肩のこりとして感じていない方もいますので何が違うのかということを見つけ出す必要があるんですが同じことをしても、肩が凝る方もいれば、肩こりにならない方もいますので、どこが違うのかと言う問題も体力や体調が違うと言うこともありますし、骨格構造が男性と女性で違うと言うこともありますし、力の加減と言うのも見た目で見てわからないレベルで違う場合もありますし何が違うのかということを考えていく必要があります。

運動したり筋トレしたり

そのため運動療法と言う方法やストレッチや体操をしたりすることが多くテレビや雑誌で取り上げられていますが当院ではそれもある可能性もあるんですが別なところに原因があるように思います。

肩こりを起こしている原因と言うのは、日常で多くなっていく疲れの蓄積が1番の原因だと考えていますが、疲れと言うのは1つの疲れではなくいくつも重なっている状態で重複している疲れが存在していますので、重複している疲れのことをストレスといいます。

ストレスと言うと、いろいろな意味として取り上げられますので、抑圧やプレッシャーや緊張なども、ストレスになりますし、ありとあらゆることがストレスになりますのでその中の一環として疲れもストレスの1個だと思います。

疲れと肩こり

疲れと言うのは限界が蓄積していきますので1日の疲れが全て取り去ることもなく次の日を迎えてしまい、また疲れが積み重なって行くのですが、疲れと言うのは一過性で私が感じ取ることができません。

一過性と言うのは、仕事をしてあー今日は疲れたなぁと思ってもしばらくすると消えたように忘れていくだけなんですが、忘れているだけであり聞いて言ったわけではなく残ったままになっている疲れが存在しています。

肩こりと筋肉のコリと背骨のズレ

忘れていく、疲れの蓄積がどんどん増えていき積み重なったものが、肩こりをゆくゆくは起こしていく、結果になり多ければ多いほど、強く感じてしまうということが起きてしまいますので単純に筋肉だけをもんで終わりと言うわけではありません。

2020年05月20日