小尻になる骨盤矯正

骨盤矯正をしていくときに骨盤の幅を変えていくことが骨盤矯正ですから骨盤矯正をするときに何をしたら骨盤が小さくなるのかと言う問題を説明していきたいと思います。

骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときに骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますが当院ではスタッフがメジャーや計測する道具で計測する事はありませんので自分で判断することができます。

骨盤矯正をしていくときには骨盤を整えれば言葉が小さくなるのかと言う問題がありますが骨盤を整えても小さくならない時もありますし、何をしたら骨盤矯正をして骨盤を小さくすることまたは小尻にすることができるのかと言う問題を確認しながら矯正を行っております

骨盤矯正をするなら

骨盤矯正をするならボキボキもしないし痛くもない方法で矯正をしたほうがいいと思うんですが今まで30年間で骨盤矯正をしてきて多くの方を骨盤を小さくすることをしているんですが全員の方が骨盤が大きくなっていると言う事実があり骨盤が大きくなることが原因でスカートやパンツなどが入らなくなったりすることがありますので骨盤が大きくなっているなと思って多くの方が骨盤矯正に訪れています。

骨盤矯正で骨盤の歪み・骨盤の開きを

骨盤が大きくなるのはどうして

骨盤が大きくなっていくのはどうしてなんだろうと考えたことありますか。
普通一般的には運動不足をすると、むくみや脂肪が増えているから骨盤が大きくなる場合と。

運動不足から起きるむくみや脂肪が多くなっているから骨盤が大きくなる場合と。
炭水化物や糖分や油分の摂取や食べていなくても高いカロリーのあるものを食べていることが原因で骨盤が大きくなっている場合もありますので、言葉が大きくなるときにはむくみや脂肪が増えているからなんです。
しかし運動や食事だけでは骨盤が骨盤が大きくなることもあるんですがそれ以外の原因もあります。

骨盤が歪んだり大きくなる原因は

骨盤が歪んだり大きくなる原因は、脂肪やむくみが増えているからと考えることもありますが骨盤の部分をつまんでみると、骨盤の脂肪やむくみがどれぐらいあるのかという事は自分で判断ができますので、表面上にあるのは皮膚と光脂肪と筋肉と人体と浮腫と脂肪しか存在していませんので、骨盤の横の部分を親指と人差し指を力いっぱい込めてつまんでみると、つまんだ幅をお父さんの分だけ脂肪やむくみがありますがむくみと言うのは水分です。

骨盤矯正をするときに

骨盤矯正をするときに、骨盤の歪みや骨盤の開きがあると代謝が悪くなりリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまることから、むくみや脂肪が増えていく傾向があるんですが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうのかと言う原因がありますので原因を探して見つけ出す必要があるんです。

太くなる骨盤

特にむくみや脂肪が増えるときには運動不足や炭水化物や糖分や油分等の摂取や高いカロリーのあるものを、食べていると言う可能性もあるんですが、日常で多くなっていく疲れの蓄積も、むくみや脂肪を増やしてしまい代謝を悪くしてリンパの流れが停滞した状態を起こし老廃物が多くたまる現象からむくみが脂肪が増えると言うこともあります。

そして、さらに日常で多くなっていく疲れの蓄積が限界なく溜まっていくとストレスに変換されてしまいますので、疲れやストレスの蓄積から、むくみや脂肪を起こしたり代謝を悪くしたりすることが起こります。

疲れと骨盤矯正

仕事をしても、疲れと言うのは生じて行きますし疲れが生じても一過性で私が感じ取ることができないため時間とともにしばらくすると消えたように忘れていくことが原因で積み重なっていることさえも気がついていません。

運動しても筋トレしてもスポーツをしてもプールで泳いでも、疲れは生じて行きますから一時的にしか感じとることができない疲れと言うのは溜まることが多くありすべて解消しているものではないんです。

健康と言うと運動したほうがいいストレッチをした方が良い体操や筋トレをしたほうがいいと思いますが生じてしまう疲れの蓄積を考えて言っているわけではありませんのでただ動けば良い筋肉を鍛えれば良いと言う根拠がないものなんです。

健康と言うと動ければいいとか筋肉を鍛えたりストレッチをしたりジョギングをしたりする方法などが一般的なんですが、生み出されるもののことを考えていませんし先ほども説明したように疲れやストレスは一過性でしか感じ取ることができないため体に溜まっていると言うことさえもわからないことが多くあるんです。

疲れやストレスと骨盤矯正

しかし疲れやストレスが溜まると言うことが、わかっていると思いますが体が補正をしていつの間にか感じなくしてしまいますので、なくなったように思えてしまいますが、なくなったわけではなく感じないだけなんです。

疲れやストレスと骨盤の歪み・骨盤の開き 

何かをして疲れたと思っても、一過性で感じ取ることしかできないため、しばらくするとなくなったように消えたように疲れは思えるでしょうが、残っているのが大半なんです。
疲れが溜まると言う事は分かっていても、疲れを検査する道具もなく自分で感じ取ることしかできないため、多くの方が疲れることをしても、いつの間にか体が感じなくしてしまいますのでたまっていることさえ気がついていません。

仕事をしても疲れが生み出されますし、ジョギングをしても疲れが多くなるし、歩いても疲れが多くなるし、階段を登ったり降りたりすることでも疲れは多く積み重なっていきますので、何をしても積み重なるものがあり何もしなくても疲れは溜まっていきます

2020年05月18日