肩こりを解消するには

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリから解消していくんですが肩こりと言うとどうしても筋肉と言う意味が深くあり筋肉が凝りを起こすとリンパの働き悪くなって代謝が落ちてしまい老廃物が多く溜まっていくということが起きてしまうんですが、どうしてリンパの流れが悪くなるか、どうして老廃物が多く溜まってしまうのか、どうして代謝が悪くなるのか原因が、どこかに存在しています。

肩こりの原因

肩こりとは

肩こりと言うと起きる原因と言うのは日常で指先や腕や肩などを使うことが多くあり力が入っているんですが、力が入ることが原因で筋肉疲労を起こすのが、肩こりだと言われていますので、普通は筋肉のコリが起きても、緊張が起きても自力で解消できなければいけないんですが自力で解消できない原因が、どこかに存在しているときには、自力解除ができなくなって、肩こりを積み重ねていく結果が起きてしまいますので積み重ねた結果、肩こりとして強く感じてしまっているということが多くあるみたいです。

普通は肩を動かしても、荷物を持っても、ものを書いても、スマートフォンを操作しても肩に力を入れても、腕に力入れても指先に力を入れても自力で解消できなければいけない筋肉疲労が、どうして残ったままになっているのかというのが肩こりを起こしている原因になっているからなんですが。

肩こりと仕事

どうして肩の筋肉が凝るのか

どうして肩の筋肉が凝りを起こすのかと言う問題があり、単純に何も考えないで湿布を貼ったり家族の方に、肩を揉んでもらったり、専門家の先生に肩をマッサージしてもらったり鍼灸をしたり指圧をしたり、整骨院で低周波治療器は電気などをすることも構いませんが、原因が残ったままになっていると繰り返す恐れがあり根本的な解決にははじめのうちはなるんですが、次第に解決にはならない位の状態になっていくと言うことで進行が起きていくんです。

肩こりを解消していく

肩こりを解消していくときには何も考えもせずに、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり電気を開けたりする方法もありますが、原因を見つけ出して原因から変えていく方法もあります。

しかし普通一般的には、検査することができなければ、原因は見つけ出すことができないので形は1番、難しいものであり厄介なものであるんです。

肩こりを解消していくときに

肩こりを解消していくときに検査ができなければ状況判断ができませんので目で見ても手で触っても分かる事はありませんので想像で言ってるだけにしか過ぎません。

疲れやストレスと肩こり

肩こりで訪れていると肩が凝っていますねとか硬くなっていますねとか貼っていますねと言うのは単純に触った実感を言ってるだけであり、原因を見つけ出すことをしていませんので、原因を見つけ出すこともなくただ揉んだりマッサージをしているだけです。

目で見ても肩こりの原因がわかることもなく、手で触っても原因が分かる事はありませんので原因を追求するためにも、検査することができなければ原因は10年たってもわかりませんので10年、経ってしまうと進行すると言うことがあります。

肩こりの原因

肩こりには原因があると説明していきましたが、肩こりの原因は本当に厄介なものであり進んでしまうと大変なことになってしまうのが、肩こりの原因になっている場合が多くあります。

何も原因がなくて肩の筋肉が凝りを起こしたりその先にある原因が起きることもありませんので、どこかに原因があるはずなんですが、原因を見つけ出す事は簡単な方法でできる事はありませんので、原因を見つけ出す事は非常に厄介な状況になっていて説明するのも憚れるような内容になることもあります。

肩こりが自力解消できない原因

肩こりが自力で解消できない原因は、どこにあるのかと言う問題は日常で多くなっていくものが積み重なっていると考えた方がいいんですが、特性として一定で積み重なるものでも、一過性で私が感じ取ることができない、一時的にしか感じ取ることができないため多くの方は忘れてしまっているんです。

肩こりと疲れやストレス

肩こりが自力で解消できない原因と言うのは日常で多くなっていくものと言うのは疲れたんですが疲れと言うと簡単に考えてしまっている方が多くいますので疲れのことを、よく知りもせずに考えもせずに単純に疲れたと言う感じで、簡単に考えていますが、疲れほど怖いものはなく恐ろしいものはないんです。

疲れが多く溜まれば溜まるほど体を急激に老化させていくと言う言葉を着て行きますし最終的にもしかしたらですが、病気になる可能性はあると言うのが疲れの蓄積なんですが疲れと言うのは限界なくため込むことができますので限界なくため込んだものをストレスといいます。

疲れやストレスと肩こり

限界なくため込んでしまう疲れなんですが、疲れを一時的に感じても、いつの間にか時間の経過とともになくなったように、消えたように思えるかも分かりませんが、大半は残ったままになっています。

仕事をして今日は忙しかったから、疲れたなぁと思ってもいつの間にか飲んだり帰る支度をしているうちに感じなくなっているんですが残ったままになっています。

階段を登ったり降りたりすることで、疲れたなぁと思ってもうしばらくすると消えたように忘れていきますから感じなくなっているんですが残ったままになっています。

疲れの蓄積

疲れの蓄積と言うのは感じないだけで大半は残ったままになっているんですがどれぐらい残っているのかは人それぞれで違いがありますので100%残る事はありませんが半分以上残っていると考えた方がいいと思いますので残っている蓄積から体はダメージを受けていきます。

2020年05月18日