肩こりになると

筋肉疲労から筋肉疲労を起こして肩こりになるのは、

① スマートフォンの扱いすぎで肩こり

② 手を使う仕事で肩や腕がバリバリで肩こり。

③ 事務仕事で肩が重くて肩こり。

④ 片方の肩に荷物を持つので肩が凝ってしまう。

⑤ 洋裁和裁をして、細かいのでそれで肩こり。

⑥ キーボードを使うので、肩こりが起きやすい。

⑦ パッチワークをしているので、肩こりになりやすい

⑧長く車の運転で肩がコル。

疲れやストレスと肩こり

色々ななどなど色々な肩こりがあります。

これらの物事が、切っ掛けで肩こりになっている例です。

しかし、切っ掛けがあっても、原因がないと、肩こりになりません。この原因が一番の肩こりの理由になります。その原因とはその原因とは、体にたまった疲れやストレスです。疲れやストレスも軽く考えてはいけません。 疲れやストレスが多くたまると、胃に穴が開くことだってあります。

一番、厄介なのは疲れやストレスなんです。いかにして疲れやストレスを減らすかが問題なんです。疲れやストレスが多くたまると、体も正常ではいられなくなるからです。もちろん、肩こりが起きていること自体異常なんですが。疲れやストレスが疲れやストレスが体にたまります。

どこと構わずたまるのが疲れやストレスです。

ですから例外はありません。例外なく、色々な所にたまります。筋肉だけではありません。

しかも、一番多く疲れやストレスがたまる所があります。そのストレスがたまる所は一番、多く疲れやストレスがたまるのは、内臓です。内臓と言っても、病気ではありません。 内臓に疲れやストレスがたまると言う事です。内臓に疲れやストレスがたまることは、最大最悪のものです。疲れやストレスが肩こりになる 体にとっては、最大のストレスになります。

体の中から崩れていくわけです。 姿勢とかではなく、体の中から崩れたものが、最大のストレスになります。内臓にたまった疲れやストレスが肩こりを起こしています。

内臓にたまった疲れやストレスが体の歪みを起こしていきます。内臓疲労がほとんどの症状は、疲れやストレスが内臓にたまって起きるものです。しかも、内臓にたまる疲れやストレスですから、内臓疲労です。 内臓疲労から起きた歪みは体にとって最大なストレスです。体の内部から崩れています。これが筋肉のコリを起こしたりしています。

疲れやストレスが歪みを起こして肩こりに 疲れやストレスの蓄積で歪みが起きて、歪みが起きれば、筋肉も引っ張られて緊張したり固くなります。とうぜん、リンパの流れも悪くなります。 

疲れやストレス

リンパの流れが悪くなると、老廃物がたまります。

このリンパの流れも原因になることもありますが。

どうしてリンパの流れが悪くなるのかと言うのは、疲れやストレスの蓄積で体調が落ちているからです。肩こりと言うと肩こりというと僧帽筋と言う筋肉が関係します。この筋肉は、免疫に関係する筋肉でもあります。

免疫力が低下した時に、背中がゾクっとすることがありますが、この僧帽筋で起こしています。僧帽筋のコリが肩こりになりますこの僧帽筋が緊張したり硬縮すると、肩こりを起こします。体調と体質肩こりも体調と体質が関係しています。

体調とは、疲れやストレスがたまる事です。疲れやストレスが多くたまると体調が落ちて悪くなります。この時に肩こりはひどくなります。体調がそこまでない時には、肩こりは少し楽です。

しかし、体調が落ちているときには、肩こりはひどくなって気分まで悪くなったり、首にも痛みやコリを起こしていきます。体質改善で肩こり解消当院には体質改善と言う施術があります。いくら肩こりを解消しても、繰り返し起きるのは、体質が原因です。

根底に肩こりを起こしやすい体質と言うのがあります。肩こり体質です。肩こり体質を変えるこの肩こり体質を変えるために体質改善と言う施術で体を変えて直していくわけです。この施術が体質改善と言う施術です。

体質改善は別名、アンチエイジング(若返り)と言います。

体を強くすることができる唯一の施術法です。体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術の詳しいことは専門のページで弱い内臓に疲れやストレスがたまると、体は疲労して歪みになります。 歪みになれば、筋肉も引っ張られたり、緊張したりします。

歪みが起これば、筋肉も固くなります。 歪みが起これば、リンパの働きも悪くなります。しかし、この歪みが起きる理由は、疲れやストレスの蓄積です。この疲れやストレスがたまりやすい所があります。それは、内臓です。 内臓に疲れやストレスがたまると、歪みやズレが大きくなったところで痛みやコリが起きてしまいます。

これが、肩こりになります。内臓の疲れやストレスから肩こりを根本的なことから解消するのは、ボキボキしたリ、電機や機械では解消していきません。肩こりを一時的な肩こりから解消していくのは、程度により数回はかかります。

2019年02月07日