腰が痛くなる

腰痛 腰の痛み
腰痛は歪みから起きています。骨盤の歪みが起きていると、体を支える事ができません。体を支えられない時に、中腰や、前かがみで急に腰が痛くなります。
腰痛が起きる時には、切っ掛けと原因があって起きています。この両方が揃った時に腰痛は起きていきます。

ボキボキしない

どちらかがかけても腰痛にはなりません。

原因と切っ掛けが腰痛を起こしている重要な要素です。

①切っ掛けは、姿勢、重いものを持つ、中腰、運動、くしゃみ、デスクワーク、体をヒネル、靴下を履こうとして、ハイヒールを履いて歩いていてなどなどです。

②原因は疲れやストレスです。体に疲れやストレスがたまると歪みになります。この歪みは骨盤の歪み、背骨の歪みです。歪みが起きると靭帯や筋肉は緩んでしまいます。
このユルミが体を支えきれないで切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。
痛み

急にくる腰痛、腰の痛み。何かの拍子に痛くなる腰痛、腰の痛み。長く立っていると痛くなる腰の痛み。スポーツやテニス、野球で痛めた腰。ゴルフで痛くなる腰痛。 色々な腰痛がありますが、けっこう、痛みが強くて辛いですよね。いつも、腰に爆弾を抱えているような感じで、腰痛持ちの方も多いと思います。しかし、腰痛には原因があります。腰痛を楽にしていくには、原因から変える必要があります。

腰痛を楽にしていくには、

関係ないように思えますが、体調が一番関係があります。と言うのは、腰痛は、体調が悪いときにか起こりません。体調が良いときに、腰が痛くなることはありません。 体調と言うのは、疲れの蓄積です。疲れが多くたまっていると、腰が弱い方が腰が痛くなります。腰痛持ちの体質の方が、体に多くの疲れをためると腰が痛くなります。肩こりの方も、同じことが言えます。つまり、肩こり体質の方が疲れをためると、肩こりになります。
因子が

腰痛の方は、腰痛が起きやすい因子があるわけです。この因子から改善・解消することをしていかないと、数年に1回、数か月に1回、又は、いつも腰が痛いという事になります。また、どこに行っても、直らない腰痛になります。体もだんだんと歳をとるように、腰の部分も、いつまでも同じではありません。腰の部分も老化して悪くなっていきます。

腰の痛みが

たまに、腰痛で痛みが起きてくる方がいますが、この前と同じとか言いますが、そんなことはありません。少しずつ、腰痛が治りにくくなっています。こんなことを繰り返していると、いつかは、腰痛の原因の所が何かの問題を起こします。
当院では

腰痛の原因から見つけて改善していく方法です。その為には、まず、腰痛を楽にすることです。楽になったら、普通はそこで終わりですが、当院では、そこから体質改善で腰痛の原因を解消・改善していく施術を実践しています。

原因が

腰痛、腰の痛みが起きるのは、原因があります。ほとんどの場合、この原因が関係して腰痛、腰の痛みになります。ほとんどの場合、切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。この切っ掛けを説明すると、

①中腰で仕事をすることが多く腰が痛くなりやすい

②たまたま重いものを持ったら腰が痛くなってしまった。

③テニスをしていて腰を痛めてしまった。④野球をしてバットでスィングしたら腰痛になった。⑤くしゃみをしたら腰にきた

⑥長く車の運転をしていたら、腰が痛くて立てなくなった。

⑦寝て朝起きたら、腰が痛くて動けない

⑧洗濯物を干していたら、腰が痛い。

⑨座って庭仕事をしていて立とうとしたら真っ直ぐに体が伸びない。

⑩子供を抱っこしようとして、腰が痛くなった。⑪靴下を履こうとして腰にきた。・・・などなど色々な腰痛、腰の痛みがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは
2019年02月07日