肩こり

肩こりを楽にしようと思うなら筋肉の凝りばかりほぐしてないでどうして筋肉のこりが起きたのかということを見つけ出すていかなければ本当の意味で筋肉のコリばかり解消することばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりというのは筋肉ばかりにどうしても注目してしまって筋肉をほぐすことばかりして楽にすることをしていますが逆にすることと直すということは意味からして全然違いますので楽にすることばかりしていると、いつのまにか筋肉も硬くなったり他の原因も進行したりということがあります。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりを感じやすいかというのは慢性化状態になりやすいので筋肉ばかりに注目していないでどうして筋肉のコリが起きてしまうのかということを探さなければいけません。
筋肉が緊張したり筋肉疲労が起きたりすることでリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまり循環が悪くなったり筋肉疲労から乳酸が多くたまるということがありますのでどうして溜まったのかということを見つけ出さなければいけません。
筋肉を動かしたりストレッチをしたり鍛えたりすることで筋肉疲労の物質である乳酸が多く溜まっていきますが溜まっても普通は一時的に住んでしまうと思います。
乳酸というのは 筋肉疲労を起こす物質と知られていますがカルシウムイオンが筋肉疲労の起こすものだと考えられています。

筋肉疲労からコリに

しかしどうして筋肉疲労物質が多くとまって乳酸がたまるのかという原因があると思いますので原因から探さなければいけません。
肩こりを起こしている時には単純に筋肉疲労だけで起きているものはありませんのでどうして筋肉の疲労が起きてしまっているのかということがありますから背骨のズレが関係している場合が多くあります。
筋肉というのは骨から骨にくっついています。
背骨がずれて動いたりすると筋肉は伸ばされたり緩んだりしますので伸ばされたり緩んだりしたものが緊張としてコリを起こします。
多くの肩こりの場合背骨のズレが関係して筋肉のコリが起きていますので筋肉のこりを解消するためにはまずは筋肉疲労から解消するようにしています。
単純に筋肉思えばいいというものではありませんので筋肉疲労を揉んだりマッサージしながらしていきますので、その先にあるものを解消していくことをしています。

筋肉疲労から肩こり

コリの原因

しかしなにも原因がなくて背骨がずれたりすることはありませんので背骨がずれたりすることも原因があるから背骨がずれているわけです。
背骨がずれたりする原因は毎日毎日の生活に原因があります。
毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的な緊張をなどプレッシャーを加えられることが原因で疲れやストレスが生み出されていきますので疲れやストレスが満たされたものは体に溜まっていきます。
疲れやストレスが体に溜まっていくということなんですが疲れやストレスというのは、どこにたまるのか。
疲れやストレスが溜まるところというのは体に溜まっていくわけですけど体の弱い部分にたまる傾向があります。
体には必ず誰でも弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分は症状に関係することもなく肩こりに関係することもありません。
しかし弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなっていきますので疲れやストレスをためてしまうと歪みとして起きてしまいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが溜まりすぎて背骨のずれで起きたりすると背骨が回転するように動いていきますので引っ張られたりするのが筋肉です。
多くは筋肉の緩みよりも引っ張られた方にコリを感じます。
肩こりというのは弱い部分に溜まってしまった疲れやストレスが原因で背骨がずれているのが原因です。
背骨がズレると筋肉は緊張します。
背骨がズレると筋肉は筋肉疲労を起こします。
しかしなにも原因がなくてズレたりすることはありませんので疲れやストレスですがたまるところが背骨をズレさせる原因になっています。
肩こりというのは背骨がずれて筋肉が緊張した状態で筋肉疲労起こしているのが原因です。
背骨がずれるというのも毎日毎日の生活で仕事をすることで運動することで疲れやストレスが弱い部分に溜まっていくことが原因で背骨がずれます。

疲れやストレスの蓄積

背骨のズレからコリになる

筋肉のコリをほぐしたら背骨のズレを解消していきますしさらにどうして背骨がずれたのかどこからずれが起きているのかということは見つけ出すことをしていますが多くは疲れやストレスが弱い部分に溜まったのが原因ですから筋肉にもたまりながら関節にもたまりながらある部分に多く溜まっています。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にはなりますので体重の半分以上が水で構成されているということですから水が何か起こすことはないと思いますし水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。
ではあと残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。
40 kgの中には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

疲れやストレスがたまる所

この中で疲れやすですがたまるところというのは筋肉にたまるということは分かっていると思いますが、あと残ったものは内臓しかないということなんですが内臓と言うとすぐに何でもかんでも病気というのを関係付けてしまいますので内臓の病気と言っているわけではありませんが内臓にも疲れやストレスが溜まることがあります。
内臓に溜まったストレスが背骨に関係していますので胸椎の1番目と2番目は心臓に関係する部分ですから心臓に疲れやストレスが溜まっていくと息苦しさや胸苦しさや動悸が起きたり時々胸の辺りでちくっとする痛みが起きたりします。
胸椎の3番目というのは灰に関係する部分ですから咳が出やすくなったり息苦しさや胸苦しさを感じたりすることもあります。

内臓疲労から肩こりになる

胃や肝臓も関係することもありますが多くは心臓と肺で肩こりを起こす場合があります。
しかし病気と言ってるわけではありませんので疲れやストレスの蓄積で内臓疲労から背骨が歪むということです。
ですから単純に背骨を矯正すればいいというわけではありませんので筋肉をほぐしたら背骨の 矯正をしたら内臓の調整をしなければいけないということです。
しかし先ほども言ったように弱い部分に疲れやストレスが溜まるという風に説明しましたので弱い部分が心臓や肺の方でしたら肩こりになりやすいということです。
弱い心臓や肺に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に背骨のズレを起こしていきます。
弱い内臓に疲れやすですが溜まった状態が多くなったり慢性化して長期に及んでしまうと細胞の変化を起こすこともあります。

肩こりと疲れやストレス
2018年11月28日