小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正をしている時にはボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしています.。
小顔矯正というのは顔を小さくすることなんですが顔というのは大脳を納めている部分でもありますので頭蓋骨が関係しています。

顔は頭蓋骨の一部ですから前側だけ取ってみると顔ということになりますが全体的にトータル的に見てみると頭蓋骨の一部です。

小顔矯正とは

つまり小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくすることになります。
頭蓋骨を小さくするということは大脳にも何らかの影響があるということなんです。
小顔矯正をする時はただ顔を小さくすると言う治療院もあるでしょうが東員の小顔矯正は全然意味からして違います。

小顔矯正をしていくときにはどうやって顔を小さくしていくのかという問題なんですがマッサージをするような感じだと思えば近いと思いますので顔を揉んで行くと顔が小さくなるという小顔矯正をしています。
しかしマッサージをしているわけではありません。

マッサージをして顔を揉んでいるだけで顔が小さくなることはありません。
しかし本当にマッサージをするような感じで揉んでいくと徐々に顔が小さくなっていく小顔矯正をしています。

小顔矯正は

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが全員の方が顔が小さくなっています。
小顔矯正をしている時には何をしたら顔を小さくすることができるのか小さくなったら小さくなったで維持することができるのか持続力はあるのかということを質問されますのでそれの答えは本当に小さくはなります。

維持する力や持続力というのはご自分の状態に関係していますので小顔矯正の技術や小顔矯正のテクニックではありません。

小顔矯正で顔を小さくしたわけですから後はご自分の体の状態が深く関係しています。
体の状態と言うのは疲れやストレス蓄積度ありです。

顔を小さくする為には

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが院長が小顔矯正を希望されて訪れた方に体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを答えます。
同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子はいいですと簡単に答えてしまいますが院長は検査することができますので検査をしてみると体調がすごく悪くひどい状態の方が多くいます。

体調というのは痛みやこりが起きていないからといって体調が良いとは限りません。
体調というのは例えばですけど今は起きていないけど起きやすいとか腰痛や肩こりや頭痛などがなくても疲れやすいとか生理痛があるとか便秘があるとか色々な問題も重なって起きていますのでそれらを総合的に考えて体調が落ちているということなんです。

睡眠負債と小顔矯正

そして最近は睡眠負債状態の方が多くなっていますので自分でも気がついていないぐらい痛い腸が落ちて悪くなっていますが睡眠負債状態になっていくと痛みはコリに鈍感になってイキ麻痺した状態になっていきます。

小顔矯正をしていく時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや歩いたり買い物をしたり車の運転をしたり掃除をしたり食事を作ったりすることで多くなるものがあります。

毎日毎日の生活で多くなるものというのは疲れやストレスなんです。
小顔矯正をして行く時には疲れやストレスが多い方は持続力はありませんし維持することはできません。

疲れやストレスと小顔矯正

というのも疲れやストレスが多くを溜まっている方は骨盤の歪みや骨盤の開きなども起きていますし背骨のズレも起きてガタガタ状態になっている方が多くいます。

骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレというのは体調の悪さを表していますので体調が悪いということなんですが体調が悪いと顔にもろに影響が出てしまっていますので顔にも脂肪やむくみが多くなったり顔の皮膚が垂れ下がったり顔が大きくなるということなんです。
どれだけストレスや疲れを溜めてしまったのかで顔が大きく肥大していく傾向を示しています。

特に朝から顔がむくんでいるような状態を顔をしていては疲れやストレスが多くなっているという現状が取れていないということですから朝は一番体調がいいはずだったら朝から顔がむくんでいるということは考えられませんし、しっかり眠れているんであれば朝は顔が引き締まっていなければいけません。

眠りと小顔矯正

眠りがしっかり取れていると朝はしっかりと顔が引き締まって朝からむくんでいるということはありません。
小顔矯正をしていくときには一番影響が大きいのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態になります。

体に溜まってしまった疲れやストレスを溜まっている所から減らすだけでも顔が小さくなっていきます。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっているわけです。
疲れやストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体を搾ってみると水分が65 kg にも出てきます。水分と言っても単純な水ではありませんので血液だったりリンパ液だったりという水分になります。

水に疲れやストレスが溜まるということはありえないので後残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。

疲れやストレスの蓄積

この中で疲れやストレスがたまるところというのは主にですが筋肉と内臓になります。
中枢神経系も内臓の一部です。
中枢神経系というのは大脳と脳幹と脊髄になります。

つまり1番小顔矯正をしていくときに関係するのは内臓ですから近い所で関係するところは大脳や脳幹」や脊髄が関係している可能性もあります。
単純にリンパの働きが悪いから老廃物が蓄積して循環が悪くなっているということはありえませんので何かが起きているとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。

最近は多くの方が疲れやストレスを溜めてしまっていますが睡眠負債状態が重なっていると麻痺した状態になっていきますので自分の体調も良いのか悪いのかということが分からなくなったり風邪を引かれないからいいんだと思っている方が多くいますが風邪というのも大脳が元気だから風邪をひくことができます。

大脳が元気だから

風邪の細菌やインフルエンザが体内に侵入して増殖傾向を示していくと大脳が元気だから発熱を起こしウイルスや細菌を減らしてくれます。
細菌、インフルエンザウイルスが入ってきても何も普通は起こりません。
大脳が元気な人が発熱起こして発症させて細菌やウイルスを減らそうとします。

風邪の細菌やインフルエンザウイルスというのは隠れインフルエンザに言葉が代表されるようにインフルエンザも隠れてしまうぐらい起きてしまうということなんですが風邪も同じ状態で隠れ風邪になります。

小顔矯正をしていく時には検査をしてみると顔の皮膚や筋肉や靭帯や骨が炎症を起こしたり腫れたりしている方が多くいますので普通は起きないことなんですが骨が炎症や腫れを起こしていると大きくなり肥大を示していきます。

骨が炎症やハレ

普通は骨が炎症を起こしたり腫れたりということは起こりませんが体調の悪さから骨が炎症起こしたり晴れたりしていると変形状態になっていきます。
特に顎の部分は骨が変形を起こしているぐらい炎症や腫れが起きていることが多く見受けられます。

骨の炎症や腫れを減らすことができれば顎のラインは特にすっきりしていきます。
睡眠負債状態というのは大脳を弱らせていきますので大脳を弱らせると風邪やインフルエンザウイルスの細菌が入っていても熱が出ませんし自分の体調もわからなくなりどれだけ内臓にストレスが溜まって危険な状態になっていても気がついていません。

骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレというのは特に内臓に疲れやストレスが溜まっていると説明しましたので内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で状態が良くない状態になりますので流れが悪くなります。

リンパの流れ

流れが悪くなるというのは内臓の中でも流れが悪くなり内臓の周りのリンパでも流れが悪く停滞気味になり老廃物が多くたまります。
小顔矯正をしていくときには顔を小さくするという意味ですから顔を小さくするためには頭も小さくしなければいけません。

顔だけ小さくなって顎の部分がシャープになっても頭が大きいままでは頭でっかちになった状態の宇宙人になってしまいます。

顎の部分がよりシャープになっただけ頭の大きさが目立ってしまいます。
先ほども説明したように小顔矯正を行う時には頭蓋骨矯正をしなければいけませんが本当の意味で頭蓋骨矯正ではなく頭の骨を矯正するといい意味だけです。

美容的な小顔矯正で持続しない

小顔矯正を希望されている方は美容的に小さくしていくということですが影響を受けるのは顔の骨だけではなく頭の骨も一体化していますから頭蓋骨という影響が出てしまいます。
単純に顔だけ小さくするということは不可能ですから顔を小さくしても頭の骨にも影響が出てきます。

最近は多くの方が睡眠負債状態だと説明しましたが気がついていない方が多くいますのでね無理というのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠りと言います。

人が見てスースー寝息を立てている状態が眠っているわけではありません。
夢というのは目が覚める前に見ているから記憶に残り覚えています。
しかし一番最悪な睡眠がありますので最悪な睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている睡眠というのは大変良くない睡眠ですから大脳を極端に弱らせていき大脳が弱ると初めは物忘れやうっかり状態が多くなり次第に脳細胞の急激な現象が起きていきます。

脳細胞の急激な減少から色々なことが見えなくなったりわからなくなったり会話が成り立たなくなったりしていき認知症や精神疾患になる可能性が拡大していきます。
眠れているようで寝ていないという状態が多くなればなるほど大変な結果を招いていきます。

小顔矯正と言っても色々なものに重なって悪くなっていきますので本当に体調を上げて整えていくことから始めていきます。

変わりすぎるとダルクなる

しかし初回から色々やってしまうとだるくなる可能性がありますのでだるくなることだけは避けたいと思いますので悪い評判が経ってしまいます。

小顔矯正を希望されて訪れたわけですから初回は顔を小さくすることに専念していきます。
睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。
眠りというのはただ寝ているだけではなく大脳は休養とって寝ていない限りは眠れていません。

小顔矯正をして行く時には一番厄介になるものが疲れやストレスの蓄積も内臓に溜まっているのがありますが睡眠負債状態のほうがもっと厄介です。
睡眠負債状態が多くなればなるほど簡単には行きませんし体調の維持することや調子を維持することができなくなっています。

睡眠負債と小顔矯正は

それほど睡眠負債状態というのは怖いところがあります。
睡眠負債状態になった方というのは大脳が急激に減少を招いている可能性がありますので大脳の脳細胞が急激に減っていくと大変な結果に招いていきますが大脳が急激に減っていくと脳は弱っていきますので脳は弱ることから痛みやコリを感じにくくなりひどい状態が起きていてもわからないということあります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は小顔矯正をしています。

2018年08月20日