カイロプラクティック

カイロプラクティックというのは腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などを改善していくことを目的として体を整えていくことをしていくのがカイロプラクティックなんですがボキボキすることがカイロプラクティックではなくボキボキしなくても痛くもなくても骨盤の矯正や背骨のズレが矯正できます.

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

体に起きる色々な症状というのは全部と言っていいほど歪みやズレから起きていますが歪みやズレを矯正しなくても楽にする治療法もありますから混乱しているのが現状なんですが必ず痛みやこりなど色々な症状が起きるときや体の不調が起きる時には歪みやズレが存在していますので歪みやズレから改善していかなければいつまでたっても慢性化状態になってしまったりこじらせたりということがありますので歪みやズレが起きるのも原因があって起きています.

歪みやズレが起きる時には原因がありますので原因から改善していかなければ骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが残ったままになっていると筋肉や靭帯も固くなったり脊椎管狭窄症という症状になって固定化してしまうということがありますので大変な結果を招いていけますので必ず痛みやこりが起きたり色々な症状が起きる時には体は歪みやズレを起こしています.

歪みやズレがなくて色々な症状が起きることはありませんので捻挫とか打撲とか打ち身とかそういうものが例外的に歪みやズレが関係なく起きていますしまた虫歯なども歪みやズレが起きることはありません.

疲れやストレスの蓄積

体には本当に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で色々な症状が起きていますので色々な症状が起きると歪みやズレになっていきます.

必ず体に起きる色々な症状というのは歪みはずれが原因で起きていますので歪みやズレを改善していかなければ一時的に楽にすることはできても慢性化したり繰り返しやすくなったりとすることが多く見受けられます.

歪みやズレが起きる原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやジョギングをしたりすることや歩いたりすることや食事を作ったりすることや買い物をしたりすることや車の運転をしたりすることでも多くなったりするものが原因なんですが特別なものではなく普通一般的に誰でも溜まっているものなんですがたまっている部分と度合いが違います.

日常的にたまるものというのは疲れやストレスなんですがストレスというものはあまり意味が分かっていないのに使っている方が多くいますのでストレスというのは疲れが多くなって蓄積した状態のものをストレスと言いますので日本語で訳すと蓄積疲労がストレスです.

ストレスの蓄積

ストレスが多くなればなるほど体は歪みやズレを起こしていきますのでストレスの蓄積が色々な痛みやこりになっていくということなんですがストレスも溜まるところがあるから蓄積して入ってますので蓄積した部分が一番重要になりますからどこにストレスが溜まるのかということが考えなければいけませんが多くの方は単純に疲れたとかストレスが溜まったとか

簡単に言いますがたまるところも考えていませんしその先を考えていませんのでストレスが溜まったままになっています。
ストレスというのは誰でも溜まっているものですから溜まっていない方は一人もいませんので生活している限り生きている限りストレスは必ず存在するものですから存在が多くなればなるほど蓄積していくところが存在しています。

ストレスが蓄積していくところというのは筋肉にもたまりながら筋肉疲労を起こしながら掘り起こしますがそれだけではありません。

ストレスがたまる所

ストレスが溜まるところというのは例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にも上がりますので体重の半分以上は水分だということなんですが水分に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので35 km の中にストレスがたまるところが存在しています。

ストレスがたまるところというのは35 kg の中に存在しているわけですけど35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になりますのでこのどこにストレスが溜まっていくのかという問題なんですが多くのストレスは筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していきます。

内臓に溜まっていくと言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください。

ストレスが内臓に蓄積していくことが原因で内臓というのは体の一番奥にありますので体の全体的に歪みがおき骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレになっていきます特に多くの方で骨盤が歪んでいる方や骨盤が開いている方が多くなっていますが骨盤の歪みは骨盤の開きというのは体に溜まったストレスが原因で起きています。

背骨のズレと内臓

そして背骨というのは内臓に直結してずれていきますので例えばですけどアルコールを飲んだりすることに関係なく肝臓が疲れている時に背骨の8番目の骨がずれを起こしていきます。

胃が疲れることが原因で背骨の5番目の骨がずれを起こしていきますのでちょうど肩甲骨の真ん中の辺りが5番目ですから5番目の骨がずれると肩甲骨の間の部分が貼ったり釣ったりすることが多くあります。

背骨がずれている時には必ず内臓が疲れてストレスが溜まっている時ですからそれ以外で曲がったりすることもないしズレを起こすこともありませんので背骨というのは中枢神経系を守っているものですから簡単に曲がったりずれたりすると大変な結果に招いていきますので

簡単に曲がることはありません。
疲れやストレスが多くなればなるほど限界なく蓄積していきますので限界なく蓄積したものが色々な症状を起こしていきます 。

気が付いてない体調の悪さ

最近は多くの方が自分でも気がついていないぐらいストレスを溜めてしまっていますので内臓が疲弊したり衰弱したりということが起きていることが多くなっていますが当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが無茶苦茶と言っていいほどあったり背骨のズレが大きすぎてガタガタ状態になっているという形までいます。

歪みやズレが起きるということは体調が悪いということを示していますので体調が悪いということは疲れやストレスが多く蓄積している時だけです。
疲れやストレスというのは限界泣く溜まっていきますので限界なく溜まることが原因で必ず体は歪みやズレを起こしていきます。
歪みやズレがない方はいませんけど歪みやズレというのも程度がありますから軽いのから中程度から重程度からひどすぎるものから色々な状態のものがあります 。

蓄積疲労がストレス

疲れやストレスというのは毎日毎日の生活することでも溜まっていきますが内臓に蓄積していくことが原因で体は堪えきれなくなって歪みやズレを起こしていきます。
そして毎日毎日の生活だけではなく最近多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態の方は大変なことが起きていますが麻痺状態が起きやすく痛みやこりが起きているような歪みやズレが起きていても感じ取ることができない方も時々います。

夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので大脳が熟睡状態の時がどれぐらい長く続いているかで眠れているのか眠れていないのかということが決まります。
最近は多くの方が睡眠負債状態で眠れていませんので単純に夜、寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的長くなっていて目が覚める瞬間に夢を見ているという方が多くいますので夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

寝ながら考え事をしている睡眠

長く夢を見ていたと思ってもたった数秒の時間だったり数分の時間だったりという感じで夢を見ていますので夢は長く見ることはできませんので圧倒的に長くなっている時間というのは寝ながら考え事をしてる時間になります。

最近は多くの方が睡眠負債状態を重ねている状態でストレスを体に貯めてしまっていますので体調が異常になっているほど悪くなっていますが睡眠負債譲渡愛は脳を弱らせていきますので脳を弱らせると麻薬に似た物質が脳内ホルモンから出てきますので痛みやコリを感じにくくなり麻痺状態に陥っていきます。
しかし麻痺状態に陥ったものが麻痺したままではすみませんので脳細胞の急激な減少を招いていくということが起こります。
気がついた時には認知症や痴ほうになっていたり精神疾患になっていたりということが時々起きています。

ストレスとカイロプラクティック

本当に最近は睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債というのは目が覚めなければ寝ていると思う方が多くなっているのが現状ですから目が覚めなければ寝ていると思うことは違います 。
眠りというのは目が覚めなければ寝ているのではなく脳が数分の時間でも熟睡状態を取ることを眠りと言います 。

寝ながら考え事をしている状態というのは寝ているわけではありませんのでそんな状態の方が痛みやこりになってしまうと麻痺状態を過ぎて限界まで超えた時に痛みやこりになっていきますので大変厄介な状態になっているということが多くありますが最近は大脳が弱ってる方が多くいますので脳から整えていかないと骨盤が調整できないという方までいます。

大脳にもストレスがたまる

大脳が弱っていくと何をしても効果がなかったりどんなことをしても痛みやこりがラクにならなかったりということがありますので大脳の検査をしなければいけませんが一度目からすべてがわかる理由はありませんので数回に分けて検査をしていくと思いますがまずは体調からあげて整えていくことから始めていきます。

痛みやこりというのは必ずストレスが溜まった状態で起きていますがストレスというのは筋肉にまとまりながら筋肉よりも何十倍も多くのストレスが内臓に蓄積していきますので内臓に蓄積した状態で体は歪みやズレを起こしていきます。
生活している限り生きている限りストレスと隣り合わせで付き合っていかなければいけませんのでストレスが多くなればなるほど体はどんどん悪くなり老化のスピードも急速に進行していきます。

多くなるストレス

老化の最終形態が病気になる可能性もあります。
ストレスというのは人の体の弱い部分に溜まっていきますので弱い部分にストレスが溜まると細胞が徐々に変化していくということが起きますので大変な結果を招いていきますがすぐに病気になることはありません。

しかし誰も進行途中であるということは言えると思います。
ストレスというのは大変強いものがありますので大変なことになる前に何らかの改善策をとらなければまたは考えなければいけない可能性もあります。

2018年08月17日