腰痛

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

つらい腰痛を楽にしていくためには、腰痛の原因になっているものを見つけ出すことをしないと、単純に湿布を貼ったりしても楽になることがありますが、またドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んでも楽になることもありますし、家族の方に腰を揉んでもらうことでも楽になることもありますが、低周波治療器や電気などをかけても楽になることがあるために本当の腰痛の原因を見逃してしまっているということがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを楽にする

腰痛には腰痛になる原因がある時に腰が痛くなりますので、原因を見つけ出すことをしないといつまでも対症療法ばかりしていると大変なことになっていきます。
腰痛には腰痛になる原因がありますので、原因から改善していかないと痛みだけを楽にしても原因が残ったままになっていると脊椎管狭窄症などの問題になっていくということもあります。
腰痛になる時にはどうして腰痛になるのかという問題がありますが、よく患者さんが言われることは重たい物を持ったりしたり、体をひねったりしたら腰が痛くなったと感じで言われますが、それはあくまでもきっかけです。

庭仕事をしていて座って畑を耕していたら、立とうとした時に立てないくらい腰が痛くなって体がまっすぐ伸びないとか言われるのもどちらかと言うと切っ掛けの方になります。
くしゃみをしただけで腰が痛くなったと言われますが、これも切っ掛けにすぎません。
車の運転をしている時に長く座っていると腰が痛くなると言われますが、これもきっかけです。

色々な腰痛、腰の痛み、腰が痛い

夜寝て朝起きたら腰が痛いと言われますが、これも全て切っ掛けになります。
切っ掛けというのは原因ではありません。
腰が痛くなる時には二つの状態が重なった時に起きていますので一つは切っ掛けが必要になります。

もう一つの原因というのは、骨盤の歪みや骨盤の開きです。
骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に骨盤が不安定になっていますから、不安定になっている時に重たいものを持ったりすることで体を支えることができなくなり腰が痛くなります。

腰痛が起きる時には二つの原因が重なった時に起きていますので、切っ掛けはあまり関係なく何をしても切っ掛けになることがあれば腰が痛くなって腰痛になります。

運動やスポーツでも

特にきっかけというのは、運動したりすることでも、骨盤の歪みや骨盤の開きがある時にはスイングをしたり蹴ったりしたりすることでも腰が痛くなることもあります。
色々な物事に対してきっかけは起きてしまいますので、どんなきっかけであっても構いません。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは日常的に誰でも起きているものなんですが、程度というか段階というか色々な状態のものがありますので、日々大きくなったり軽くなったり小さくなったり色々な状態で動いているのが骨盤の歪みや骨盤の開きです。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でもあるものですが、腰痛になっていないだけだということもありますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが日常的に起きているものなんですが腰痛になっていなければ、生理痛や生理不順や便秘や膀胱炎を起こしたりすることも多くあります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレ

腰痛を起こす原因というのは、骨盤の歪みや骨盤の開きが原因のような感じで説明をしていますが、実は中に入っている内臓が起こしているものです。

内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、注意して聞いてください
毎日毎日の生活をすることや、運動をすることや仕事をすることや車の運転をすることや買い物をすることや食事を作ったりすることや掃除機をかけることや選択することや色々な動作で疲れやストレスが多くなっていきます。

疲れやストレスが多くなるのが体に溜まったのが原因なんですが、疲れやストレスが溜まる所というのは知っている方は少ないと思いますし、専門家の方もあやふやな答えをしている方も多いようです。

疲れやストレスというのは、体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこに溜まるのかということが一番の問題になります。

疲れやストレスの蓄積

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので、水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり、組織組織の中に入っている水だったり、いろいろな部分に水が存在するということなんですが、水に疲れやストレスが溜まるとは考えられません。
では、後残った35キロの中に疲れやすレスがたまるところがあるということなんです。
35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になります。
中枢神経系は内臓-1部ですから、疲れやストレスが溜まりやすい所というのは内臓と筋肉にたまるということがわかりますが、筋肉というのは表面上にあるものなんですが、内臓は身体の中心部にありますので、内臓がいつも働いてくれているからアルコールを分解したり食べたものを消化したりというふうに働いてくれていますので、働くことでも疲れやストレスが生じてもおかしい話ではありません。

疲れやストレスがたまる所

疲れやストレスは毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することでも多くなって体に蓄積していくものなんですが、筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきます。
例えばですけど、肝臓に疲れやストレスが溜まれば肝臓が炎症を起こして腫れたりすることが起こりますが、肝臓というとなんでもかんでも多くの方はアルコールという風にイメージをしますが、アルコールは別物で関係はありません。

アルコールを飲んでいる方でも、肝臓が悪くない方がいると思います。なんでもかんでもアルコールイコール病気というのを関係づけることもなく、しっかりと話を聞くようにしてください。

肝臓でもアルコールではない

肝臓が弱った方が多くなっていますので、肝臓が言えるということは、胃の左側にあるのが肝臓ですから、肝臓の部分を触ってみると肋骨を通して触ることができますが、出っ歯っていたり、肋骨が浮き上がっていたりということが多くの方に見受けられますし、両手を横に当ててスライドさせるようにして触ってみると右側だけが異常に出っ張っているという方もいます。

しかし、こういう状態が起きていても、病院で検査をしても異常なしで数値の異常が見受けられない方が多くいます。
また、肋骨をスライドさせてみると、左側が出っ張っている感じがしたり、厚みが使ったりする方は膵臓の可能性がありますので、最近肝臓と膵臓が異常に弱った方が多くなっていますので、弱り過ぎると炎症や腫れを起こしていきます。
色々な状態を起こしてしまうのが内臓ですから、肝臓が弱った方は背骨の8番目の骨が歪んでいます。

膵臓が弱っていると

また膵臓が弱った方は下痢を起こしやすくなったり、痒みが多くなったり、乾燥肌が多くなったりしますので、背骨の6番目の骨がずれていますので、内臓の位置で何かの症状を感じる方もいれば、背骨の位置で何かの症状を感じてしまっている方がいます。
背骨のズレというのは弱い内臓に疲れやストレスが溜まってしまって、歪みを起こしたのが原因ですから、歪みやズレを起こすと痛みになったり、張りを起こしたり色々な状態になってしまっていますので、背骨のズレというのは内臓に直結して関係があります。

話を戻しますが、腰痛の方は腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスを溜めてしまったのが原因で、腎臓に関係する大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなったのが骨盤の不安定性を作り、骨盤をゆがんだり開いたりという状態で背骨のズレまで起こしているのが腰痛の原因です。

腰痛が起きるのは

腰痛を起こす時には必ず弱い内臓に疲れやストレスが溜まったのが原因で、背骨がずれたり、骨盤が歪んだり開いたりしながら何かの症状を起こしたり感じたりしています
そして最近は疲れやストレスだけではなく、あることが起きているのが特徴です
特徴というのは、睡眠負債のことです

睡眠負債というのは、最近の言葉なんですが、昔でしたら不眠症という言葉が近い言葉なんですが、不眠症は夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり、夜中に1時間おきに目が覚めてしまったり、夢ばかり見ている方が不眠症という状態でしたが、睡眠負債は違います

睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思えば良い睡眠をしているような感じなんですが、実は大きな間違いなんです
眠りというのは、熟睡ができていない限りはただ寝ているだけでは寝ているとは言えないんです

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢よりもさらに浅い睡眠があります

睡眠負債と腰痛

夢よりも浅い、最悪な睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠です
寝ながら考え事を知る睡眠というのは、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります
寝ながら考え事を知る睡眠というのは、夜寝ようとするとすぐ眠れて少し寝たら寝ながら考え事をしている状態になっていき、朝目が覚める前に続けて5時間も6時間も見ている睡眠であり、そして目が覚める瞬間に夢を見ているという感じになってしまっています
どうして寝ながら考え事を知る睡眠が悪いのかというと、脳細胞を急激に弱らせていくからです

脳細胞を弱らせたものは、脳細胞の急激な減少を招いていきますので、減ったものは元に戻ることはありませんので、脳細胞が急激にカスカス状態になっていくということもあります
脳細胞を減らしてしまうと、認知症や痴呆状態に進みやすくなりますので、最初は物忘れやうっかりが多くなった状態で感じてしまいます

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、を解消。

2018年08月10日