生理痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉北区で生理痛を楽にして体調を整えたら生理痛の原因を見つけることから改善していきます。小倉北区からも多くの方が解消する為に来ています。カイロプラクティック徳力整体院
生理痛

生理痛を解消して楽にしていくなら生理痛の原因を見つける事からしていきますが、原因を解消するよりも、まずは体調から整えていく必要があります。

生理痛には生理痛になる原因があるから生理痛になっているわけです。

もし生理痛になる原因がない方は生理になっても生理痛は起こりません。

生理の時に生理痛になる因子がある方が生理痛になります。

生理痛になる原因を見つけることが大切です。

生理痛とは

生理の時に生理痛になる方は、色々な症状を起こしています。

イライラしたり、体がダルクなったり、重たくなったり、下腹部が痛くなったり、下腹部が重たくなったり、腰痛、肩こり、頭痛、胃の持たれ、気分が悪いなど色々な症状が起きていますが、全てに原因があります。

原因を見つけることなく薬ばかりに頼ってしまっていると大変なことになります。

生理の時に生理痛になるのは子宮や卵巣が関係しています。そしてホルモンが関係して起きていることはわかっていると思います。

子宮や卵巣やホルモンに何が起きているのか。

何も異常がなくて生理痛になることはありません。

何かがあるから生理痛になるわけです。

生理痛になる時には

生理痛になる時には体調と体質が関係しています。根底にあるのが体質です。

体質と言うのは生まれつきある弱さです。生まれつきある弱さの内臓が子宮や卵巣、ホルモン系だとしたら生理痛になる確率が高くなります。

体質的な弱さの上に体調の問題が重なります。

体調と言うのは体調が悪い、調子が悪いなどのことは感じていないでも痛みやコリがなくても落ちていることがあります。

体調が落ちている時には疲れやストレスの蓄積が多くなっています。

疲れやストレスの蓄積と生理痛がなぜ関係するのかと言うと疲れやストレスがたまる場所に関係しています。

疲れやストレスが溜まるのは、

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる所は内臓ですが内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

体には多くの内臓があります。生理痛に関係する内臓に疲れやストレスがたまると、体の中から崩れていきます。

この崩れが骨盤の歪み・骨盤の開きになります。

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きれば中にある子宮や卵巣、膀胱はどうなるのか。

影響があることは必至です。

骨盤の歪み・骨盤の開きが

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きていると当然、中にある内臓にも影響していますから生理になってくると生理痛になる因子が働きだして生理痛になります。

体調が悪い時にはホルモンのバランスが悪くなっています。

ホルモンと言うのは大脳にもあります。大脳にあるホルモンと言うのは脳下垂体です。

脳下垂体はすべてのホルモンの親分です。

脳下垂体ホルモンのバランスが悪くなると当然、卵巣ホルモンのバランスが悪くなります。

ホルモンから生理痛に

体調が悪い時には骨盤の中にある子宮や卵巣、膀胱の働きが低下します。働きが低下すると骨盤の歪み・骨盤の開きになります。

そうすると腰痛、下腹部の痛み、下腹部が重いなどが特に起こります。

これが生理痛になります。

何も原因がなくて、正常であれば生理痛にはなりません。

薬ばかり飲んでいないで生理痛の原因から解消しませんか。

また眠りが浅くても生理痛になります。

多くの方が夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

最近は夜に寝ようとすると、すぐに眠れるし寝たら寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。

睡眠負債になると脳下垂体ホルモンのバランスが崩れていきます。

 

 

小倉北区で生理痛を解消することを薬を使うことなくしています。

小倉北からも多くの方が生理痛の改善に来ています。

2018年03月13日