腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で腰痛を楽にすることをしています、北九州市で腰の痛み、腰痛を楽にするなら30年のカイロプラクティック徳力整体院
腰痛とは

腰痛を楽に

腰痛を楽にしていくなら、どうして腰痛が起きたのか、原因を見つけることからしています。

慢性化した腰痛も原因があります。

長期間、悪い腰痛も原因があります。

腰痛は原因が無いのに起きることはありません。

しかし病院では病院の専門家ですから、腰痛の原因がわからないことが多くあります。

レントゲンでも撮影して骨にヒビ、骨折などが起きていれば、それは病院の分野です。骨の病気と言う事もあります。また骨がスカスカになっていく骨が悪くなる骨密度が減ることもあります。これも病院でみてもらうしかありません。

又は骨の間が狭くなっているとかは手術を考える事よりも、まずは矯正を試みても良いこともあります。

手術をしても後のリハビルなどもありますし、良くなったと言う方もいますが、まだ悪いと言う方もいます。

腰痛は病院の手術を考えるよりも、まずは当院で検査して治療を受けることをお勧めしています。手術は最後の手段です。

椎間板ヘルニアの方も回復させることができる当院の治療法をお試し下さい。回復できる可能性があります。

腰痛というと

腰痛と言うと重いものをもった時に腰が痛くなっていく事もあります。急に何も考えないで無防備に重いものを持とうとして急激に腰が痛くなってしまします。これは重たいものを持つときに、骨盤の歪み・背骨のズレがあるからです。

重いものを持ったから骨盤の歪み・背骨のズレが起きた、ハズれたと言う事ではなく、歪んだではなく、重いものを持つ前から骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると上体を支えることができません。重いものと体の半分の重さを支えることができないと腰痛になります。普段から骨盤の歪み・背骨のズレがあっても大きくないと何も感じません。程度が軽いと骨盤の歪み・背骨のズレがあるからと言って腰の痛みまでは起きません。

骨盤の歪み・背骨のズレにも段階があります。軽く骨盤の歪み・背骨のズレがある場合と悪化してひどくなる骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

例えば1段階から10段階までの骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

これが起きるのは体に蓄積した疲れやストレスが原因ですが、疲れやストレスも体にたまりますが、体のどこにたまるのか、と言う事です。腰痛に関係する部位に多く蓄積していくと腰痛になります。

肩こりに関係する部分に疲れやストレスが多くたまると肩こりになります。

頭痛に関係する部分に疲れやストレスが多くたまると頭痛になります。

生理痛に関係する部分に多く蓄積すると、生理痛になるか、生理痛がひどくなります。

腰痛は切っ掛けで

重いものを持ったり、中腰をして腰が痛くなったり、前かがみで腰が痛くなったり、デスクワークで腰が痛くなったりすることは切っ掛けです。

クシャミをしただけで腰が痛くなる腰痛になる方もいます。寝て起きたら腰が痛くて動けないくらいの腰痛の方もいます。

しばらく立っているだけで腰が痛くなる方もいます。

車の運転をしていたら腰が痛くなったと言う方もいます。

庭で座ってしていて急に体を起こそうとしたら腰が痛くなったと言う方もいます。

そべては切っ掛けです。

切っ掛けをするまえにあることが起きています。これが骨盤の歪み・背骨のズレです。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあっても程度が軽いと何も感じませんし、腰も痛くありません。しかし疲れやストレスが腰痛に関係する所にたまっていくと筋肉バランスが崩れていき腰痛になります。

ある部分とは

腎臓疲労です。

疲れやストレスは身体にたまると言いますが、体のどこにたまるのか?

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパなどです。

あとは内臓しかありません。つまり内臓に多くの疲れやストレスはたまります。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

腎臓に多くの疲れやストレスがたまっていくと骨盤の中にある大腰筋、腸骨筋と言う筋肉がバランスが悪くなります。

これが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤が歪んだり、骨盤が開いたりして骨盤が不安定になります。骨盤が不安定な時に何かをしたら腰が痛くなります。

悪化したものが椎間板ヘルニアになり坐骨神経痛になります。ですから椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も特別なモノではなく誰でも起こります。

あまりにもひどく骨盤の歪み・背骨のズレが起きると急性状態でギックリ腰になります。

ギックリ腰は捻挫です。腰で起きているからひどく感じます。体を支える関節ですから強い痛みになりますがネンザです。

寝違えも捻挫です。

体調の悪さ

このギックリ腰も捻挫も疲れやストレスのたまり過ぎで起きています。

体が急激な強い痛みを起す時には、休養を取って下さい。

休養を取らないと、良くないことが起こります。

腰痛ではなく心不全とか脳梗塞とかです。

痛みやコリと言うのは体が起こす唯一の信号です。警報と同じなんです。自分の体に起きている警報です。

警報を軽く考えていると大変なことに進行していく事もあります。

たまには、ゆっくりと休養を取ることも必要です。

腎臓にたまる疲れやストレスの蓄積が多くなると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に、何かをしたら腰痛になります。

 

 

北九州腰痛を楽にしていくことで検査することをして北九州市腰痛を改善して30年。

2018年03月06日