骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

当院では人気がある骨盤矯正をしています。初回から骨盤が小さくなるので評判が良い骨盤矯正です。

当院では今まで多くの方が骨盤矯正に訪れていますが、骨盤矯正の意味を分かっていない方が多くいます。

専門家の先生も骨盤矯正の意味を分かっていないのに骨盤矯正といって矯正しています。

どれほどの効果があるかは知りませんが。

当院の骨盤矯正は初めから骨盤が小さくなりますが、それを自分の手でわかるようにしています。

骨盤矯正をする前と骨盤矯正をしたあとを比べることができます。

しかも他人が計測することなく、自分でわかるようにして骨盤矯正をしています。

そのため、骨盤矯正を受ける前に自分の両方の手で骨盤を触っておぼえてもらいます。これは簡単なことでありません。

簡単だと思って触った方の多くはわからないと言う事もあります。骨盤が小さくなっているにも関わらず骨盤の変化がわからないと言う方がいます。

そのため、骨盤矯正の入る前にしっかりと自分の骨盤を触っておぼえてもらいますが、院長が骨盤の横を触ってここを触って下さいと言いますが、見ているのに触れない方もいます。

骨盤矯正というのは骨盤の幅を変える事です。当院の骨盤矯正をしていくと骨盤が小さくなりますから、履いてきたスカートやGパンが緩くなったと言う方もいます。

この変化がわかるようにしていますから、小さくなったのがわからないと意味ありません。

そのため簡単に考えてはいけません。

骨盤矯正と言うのは

骨盤矯正

骨盤矯正と言うのは骨盤の幅を変えていく事です。

骨盤と言うのは骨です。骨自体を小さくすることができるのが骨盤矯正です。

骨盤矯正をして骨を小さくすると言うのは変ですが。

骨自体が小さくなるのか、と言うとなりません。

骨自体を小さくしたら障害が出てしまいます。

骨自体を小さくすることができるのは形成外科だけです。

しかし当院の骨盤矯正はキレイに骨盤が小さくなることをしています。理想的な骨盤にしていくことが目的です。

ですから無理な骨盤矯正ではありません。

骨盤矯正といっても小さくなれば良いと言う訳ではなく骨盤に入っている内臓も深く関係していますから始めから骨盤が小さくなったからと言って1回で終わることはありません。

しかし1回目から骨盤が小さくなりますが、1回では戻りがあります。それには理由があります。

骨盤矯正をしても戻るのは

骨盤矯正をして戻るのは、体調に関係があります。体調と言うのは疲れやストレスの蓄積度合いです。

疲れやストレスの蓄積とは自分で気が付かないで多くの方が大きくなっています。

また、疲れやストレスがない方はいっません。疲れやストレスだと気が付いていない方は多くいます。

風邪を引くのも疲れやストレスの蓄積で免疫力が低下している時に冷やしたのが原因です。体にある細菌が免疫力をおとしている時に体を冷やしたりすると多くなって増殖していきます。これが風邪を引くと言う事です。布団から背中が出ていたり、汗をかいたり、洋服が汗で塗れていたりしていると風邪になります。

疲れやストレスが多く蓄積していると生理痛が強くなります。

疲れやストレスの蓄積が多いと生理不順になります。

疲れやストレスの蓄積が多いと便秘になって便通が起きなくなります。

何も痛みやコリなどの症状は感じていないでも骨盤には歪みが起きています。

今まで30年間、骨盤矯正をしてきて骨盤に歪みがない方はいません。

しかも骨盤の歪みだけではく、それ以上のことが起きている方が増えています。

骨盤の歪み・骨盤の開きなど

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤は大きくなりますが、それだけではない方が増えています。

骨盤矯正をする時には、検査する事をしていきますが、検査してみると骨盤の歪みや開きが全員にあります。

これを整えていく骨盤が小さくなっていきます。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きだけではありません。

最近は多くの方が眠りが浅くなっています。

眠りが浅い期間が長いと生命力、免疫力が落ちていきます。

骨盤矯正をするときに、骨盤の中にある内臓も関係しています。内臓と言っても病気ではありません。

病気ではありませんから検査しても定期検査している方も異常が見つかることはありませんが、健康から即、病気になるのか、と言う疑念があります。

検査して異常がなければ健康か?????

1年前には異常なかったものが、1年後には数値が異常になるのか、と言う事です。

細胞の変化はセロから始まっているとして、1年で変わることはありません。

ゼロから100になるには期間が必要です。期間は10年から、それ以上だと思います。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には、骨盤の歪みや骨盤の開きを改善することも、もちろんですが、検査して、それ以上のことが起きていれば、それを解消する必要があります。

単純に骨盤矯正をしていくときに骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤周辺に脂肪が増えたり浮腫みやすくなります。

骨盤の歪みがあると足に脂肪が多くなっていきます。つまり足が太くなります。

脚に脂肪が多くなると、すぐには取れません。

骨盤矯正をして行くときには骨盤を触っておぼえてもらいますが、その触る位置は。

骨盤矯正とは

 

骨盤矯正をする時には、骨盤の幅を変えていきますから、触る位置は骨盤の真横です。

この位置を今、自分で触って下さい。

そして左右差を感じるようにして触ります。

この左右差を感じる時にこそ、しっかりと骨盤の幅を触ることができます。

ただ、手を骨盤の横にあてただけでは、感じていません。

人は感じようとする時に、頭の感覚神経を使うことができます。

これが骨盤矯正をする時の良い触り方になります。

ですから、ただ単に触ったら感じていません。

他人が測るメジャーは始めと位置が違ったり、初めに緩く測って、骨盤矯正をしたあとに締め付けるように測る治療院もあります。

あとで締め付けるように測ると小さくなるのは当然です。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が訪れる骨盤矯正が評判です。

当院では「北九州 骨盤矯正」と「北九州市 骨盤矯正」と「骨盤矯正 北九州」と「骨盤矯正 北九州市」などで人気があります。

 

2018年02月13日