腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉北区で腰痛を楽にしていくなら骨盤の歪み・背骨のズレから改善することをしています。小倉北からも多くの方が徳力整体院
腰痛

腰痛を楽にしていくには

小倉北からも多くの方が腰痛の治療に訪れています。

当院は腰痛を原因から見つけて治療していく専門家です。

腰痛が起きる方や腰痛を繰り返す方には原因があります。この原因をみつけて改善していく事をしています。

腰痛を楽にすることと、腰痛を治していくこととは違います。

腰痛を楽にする方法は色々あります。

例えば、湿布を貼ったりすることは普通に腰痛を楽にするにはいいかも知れません。しかし炎症や痛み止めにはなるかも知れませんが、腰痛の原因である骨盤の歪み・背骨のズレは残ります。湿布を貼ったりして腰痛が良くなる程度でしたら。湿布を貼ったりしてよくなる程度だから良くなります。湿布を貼ったりして良くなる程度以外は効果ありません。

サプリメントをドラックストアで買って来たり、通販で購入しても腰痛を楽にすることもできる可能性があるから、売っていますが、サプリメントを飲んでも良くなる程度の腰痛であればです。それ以外はサプリメントを飲んでも良くなりません。

腰痛にも段階があります。

痛みも程度がありますから。

マッサージしても腰痛が良くなることもあれば腰痛は楽になりますが、マッサージは筋肉に対して治療していますから、筋肉性の腰痛であればよくなると思います。しかし院長に言わせると筋肉性の腰痛というのはないと思います。腰痛の原因は骨盤の歪み・背骨のズレですから。マッサージをすると急性的な強い痛みは改善するかも知れません。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあると、繰り返します。

骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛が起きる時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがありますが、何も骨盤の歪み・背骨のズレを改善しなくても、強い痛みは他の治療でも楽になることもあります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレは骨盤の歪み・背骨のズレが起きる原因があります。

どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、何も理由がなくて骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

何かの理由があるから骨盤の歪み・背骨のズレになって、腰痛になっています。

腰痛が起きる時には、何かをしている時に起きていることが多くあります。

何かをしている時とは、重いものを持ったりして腰が痛くなったりします。

庭仕事をしていて立とうとしたら腰が伸びなくて腰痛になった。

野球をしていてバットのスィングで腰を痛めて腰痛になった。

サッカーをして蹴ろうとしたら腰が痛くなった。

足を組んでいるだけで腰痛になった。

子供を抱っこしようとしたら腰が痛くなった。

寝ていると腰が痛い。

クシャミすると腰が痛い。

などなどありますが、これらは切っ掛けです。

切っ掛けと歪み

腰痛が起きる時には切っ掛けと骨盤の歪み・背骨のズレの両方が合うと起こります。

骨盤の歪み・背骨のズレも、いつも変化しています。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなったり、小さくなったり変化しています。

いつも同じではありません。

この変化が起きるのは体に蓄積したあるものが原因です。

この体にたまるあるものとは、疲れやストレスです。

疲れやストレスが多くなればなるほど、骨盤の歪み・背骨のズレは大きくなります。

毎日の生活や仕事で多くなりますが、少なるのは寝ている時だけです。

最近は多くの方が眠りが浅くなっていますから疲れやストレスを解消する時間がありません。

ですから疲れやストレスがドンドン多くなるだけです。

昔でしたら夜に寝ようとすると寝つきが悪かったり、眠れなかったりしていました。

眠りから起きる腰痛

眠りからも腰痛が起きています。眠りと言っても脳から寝ていることが、本当の眠りです。

最近は睡眠負債と言う言葉があるように眠りが浅い方が増えています。

眠いが浅いと脳疲労が起きていきます。脳が弱ると自律神経の支配する力が落ちていきます。

脳が弱ると呼吸もコントロールできなくなります。

脳が弱ると体温調節もできなくなります。

脳が弱るとイライラしやすくなります。

脳が弱ると骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。寝ている時に骨盤の歪み・背骨のズレが拡大していきます。

ですから朝から腰痛が起きたり、腰が痛くなったり、調子の悪さが朝から起こります。

人の体は寝ている時に疲れやストレスを解消していきますが眠りが浅くなっていると寝ながら考え事をしている睡眠をしているようになります。

寝ながら考え事をしている睡眠は朝まで目が覚めない睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。寝ながら考え事をしている睡眠を多くしている方は脳細胞の急激な減少を招いていきます。

脳細胞が減っていくと年齢以上に減ったものは、取り返しができません。

脳の中で作られる脳せき髄液も生産量が減ります。

脳がコントロールを失うと骨盤が歪みを起こしていきます。

内臓の自律神経支配ができないと背骨がズレていきます。

日増しに脳が弱っていき腰痛を起こすこともあります。

腰痛とは

 

 

小倉北区腰痛を楽にしていくなら徳力整体院

2018年02月05日