肩こりを解消する

当院では予約制になっていますので必ず予約する時に、日時を決めたら、お電話で『初めてです』とか、『ホームページを見ました』と付け加えるようにしてください。そして予約時間の5分前に来院してください。 当院に5分前に来られたらカルテに必要事項を書いてもらいますので、その時に項目に肩こりという項目がありますので、その項目に〇をされてください。

肩こり

必要事項に記入されたら待合室から中に入ってもらいます。中に入ると、院長とデスクで問い合わせでお話を聞きますので、どこがコルのか、どこが悪いのかということを聞いて行きます。

肩こりを楽にするなら

症状のある所を教えてもらったら実際に院長が、確認するために治療する台に下向きに寝てもらいます。そしてまず瞬間的に確認を行いますので、どうして肩こりが起きているのか、どこから肩こりが起きているのか、本当に筋肉の凝りがあるのかないのかなどを確認することをしています。

肩こりと言っても揉めばいいというわけではなくマッサージをすればいいというわけではありませんので検査することができないと状況の判断はできないでしょうが、当院の院長は検査することができますので、確認しながら解消することをしています。
肩の筋肉からほぐす、揉む、マッサージする

まずは何と言っても、肩こりですから筋肉からほぐして行かなければ、その先にあるものを見つけ出すことができませんので筋肉の凝りから、ほぐすようにしていきますので、揉んだりマッサージをしながら改善を目指していきます。当然この時にはリンパの働きが悪くなり、老廃物も多く蓄積していますので減らして解消を目指していきます。

ある程度、筋肉がほぐれてくるとその先にあるものが反応しやすくなりますので、先にあるものというのは背骨のズレが多くの方に見受けられますので背骨のズレの位置を確認します。

肩こりと背骨のズレ

肩こりと言うと多くの場合、背骨のズレがあるんですが背骨が大きくずれてしまうと、骨と骨の間にある軟骨、または椎間板がズレることが原因で大きく膨らんでいることがありますので、膨らんでいることを椎間板ヘルニアと言います。 椎間板ヘルニアというのは特別なものではなく、誰でも悪くなれば起きているものです。

椎間板ヘルニアが起きるのは背骨のズレが大きくなった時にヘルニアになりますので疲れやストレスの蓄積から起きている現象です。

背骨のズレを矯正したり、椎間板ヘルニアを解消したりすることを進めていきます。
背骨のズレを解消したら

肩こりの施術法は

これは特別な事なんですが普通では起きたりすることもないことの分野ですが最近は体調が悪いかたや調子を落としている方が多く見受けられますので、骨が炎症を起こしたり腫れたりすることもあります。

普通では起きないから少し前までは分かりませんでしたけど、 骨の歪みだけではなく骨自体が炎症を起こしている方も時々います。

矯正しなきゃいけないものは背骨のズレだけではなく、骨の状態も確認する必要がありますし、ひどい方は筋肉や靭帯まで炎症や腫れを起こしている方までいますので、特殊な検査が必要になります。

背骨のズレを起こした原因

背骨のズレが起きる時も姿勢が悪かったり猫背で起きることはありませんので、体に中に原因があります。 体の中の原因を見つけ出さなければいけませんが、背骨のズレを起こした部分に関係していますので原因はそれぞれで違います。
背骨のズレを起こす時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張や寝不足状態や不眠症や睡眠負債で多く生み出されたものが、弱い部分に溜まるのが原因です。
弱い部分は皆さん違いますのでどこが弱いのかで起きる症状が違うんですが、生理に関係する部分が弱ければ生理痛になり、大腸が弱ければ便秘になり、腰痛が起きる部分が弱ければ腰痛を起こしてしまうということです。

たまるモノとは疲れやストレスです。

肩こりが起きる原因

疲れやストレスと肩こり、肩の痛み

肩こりや肩の痛みを起こす時には、必ず弱い部分に蓄積した疲れやストレスが原因で骨がズレて、ズレることが原因で筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりするとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくということが起きています。

毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張などで多く満たされていくものは疲れやストレスになりますので疲れやストレスと言っても精神的な疲れやストレスもあれば肉体的にたまる疲れやストレスもあります。

しかし溜まっていくのは生活や仕事や運動することや精神的な緊張だけのストレスだけではありません。

自分で気が付きにくい眠りのトラブル

自分でも一番気がつきにくいのが眠りのトラブルなんですが気がつきにくい原因は寝ているからです。 しかし寝ていると言っても本当に寝ているかどうかということは寝ている本人には分かりません。

本当の眠りというのは熟睡状態のことだけを言いますので6時間睡眠時間があっても熟睡状態ができている時間というのは30分未満になります。

つまり寝ていても熟睡ができていなければ寝ているとは言いません。

眠りの問題を起こしている時も二通りの眠りの問題があります。
一つ目は不眠症ともう一つは睡眠負債です。

不眠症と肩こり、肩の痛み

不眠症というのは目が覚めるからわかりやすいんですが自分で不眠症だと思っていない方も多くいますので不眠症というのは、夜、寝ようとする時に、寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目を覚ましてあり目を覚ましたら1時間も眠れなかったとか、夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

不眠症の方は一番弱っていると言うか疲弊していると言うか、衰弱しているのは中枢神経系の生命機能の一番、大事な部分である脳幹や大脳を、すごく弱らせたり疲弊したり衰弱状態になってる方が多くいますのでこういう方が肩こりになってしまうと簡単に回復することはできません。 というのも回復する力というのは大脳や脳幹の部分にありますので 大脳や脳幹を悪くした方というのは簡単に回復させる手段はないんです。

睡眠負債と肩こり、肩の痛み

睡眠負債というのは最近多くの方が気がついていないで睡眠負債状態になっている方ばかりなんですが、睡眠負債というのは、夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて朝まで目が覚めることがないので寝ていると思っている方ですが眠りが一番、浅いんです。

例えばですけど、夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて、すぐに寝ながら考え事をしている妄想のような時間になってしまい、目が覚める瞬間に夢を見るから、夢の記憶しか残りません。

夢の記憶しか残らないし目が覚めることがないから寝ていると思っている方です。

肩こりと睡眠

睡眠負債も不眠症と同じように、大脳が急激に弱っていますので大脳の弱った段階が、ただ弱っただけなのか疲弊状態まで陥っているのか、衰弱状態になっているのかと言う問題があるので、肩こりや肩の痛みを治そうと思うなら、眠りの問題から脳の状態を回復させなければいけません。

体質改善と肩こり、肩の痛み

当院では弱い部分を変えていくことができる体質改善という強制がありますので体質改善の矯正をしていくと弱い部分を徐々に強くなっていくことができます。
弱い部分というのは弱くなるばかりですから年齢に関係なく弱っていくのが体質になります。

肩こりでも程度が違います

肩こりでも段階と言うか、程度と感じ方が違います。肩こりでも湿布を貼っても楽になる方もいれば、ならない方もいます。
良いと言われるテレビや女性誌で紹介される運動、ストレッチ、体操をしても効果がある方もいれば、効果がない方もいます。

この差は程度に関係があります。むやみやたらにしても原因を追及しないと原因も、いつまでも同じままではありません。つまり進行していく事もあります。

肩こりだと思って湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしていた方が変化がないから病院にいったら内臓からきていたと言う事もあります。

2020年07月01日