小顔矯正をするなら

小顔矯正で小顔になるなら小顔にする為の顔とは、正式には頭がい骨になるいます。頭がい骨の前側の部分が顔と言う名称がついているだけです。

映画などでも頭がい骨の模型を見たことがあると思いますが、頭蓋骨と顔は一つの骨でできています。

小顔矯正とは

小顔矯正をする時には顔だけ小さくする事も可能ですが、顔だけ変えても頭がい骨全体に何らかの影響があります。

少し前に見たテレビでは、顔だけではなく髪が生えている頭の部分を無理やり押さえつけてボキッと音がするまで抑えると言う危険な小顔矯正をしている整体院が出ていました。(もちろん当院ではしていませんが)

小顔矯正

では、どうやって小顔矯正をすることが安全で安心でできるのか?? そして、本当に小顔にする事なんて、できるのか??小顔矯正をする時に考えに入れなければならない事小顔矯正をする時には、小顔にすることは、もちろんですが、その個人の体の状態が深く関係しています。顔を小顔にする為には、何かを減らす事をしないと顔は今より小さくなりません。

顔を今より小さくする為には、顔には何があるのか??

そこがわかっていないと、減らす事ができませんよね。顔には、浮腫み(リンパ液の滞留・老廃物の蓄積)と神経、リンパ管、血管、皮膚、皮下脂肪、筋肉、じん帯、顔の骨があります。

この中で減らしていくと顔が小さくなるモノと言うのは、神経や血管、リンパ管などは減らせません、必要なものですから。

あとは・・筋肉、じん帯も減らせませんし、当然、皮膚も減らす事はできません。あと減らしても大丈夫なものは脂肪と浮腫みです。つまり減らしても頭がい骨に影響がなく、しかも表面上にある脂肪と浮腫みを減らすことが小顔になる、まず一歩です。この項目の1行目に体の状態が小顔矯正をする時に関係すると書きましたが、浮腫み・脂肪が増える原因が、その方の体の状態に深~く関係します。

つまり体がボロボロの方やガタガタの方は、浮腫み・脂肪が増えていくからです。また体に栄養や高カロリーを与えすぎても脂肪は多くなりますし、運動不足でも脂肪は多くなります。ここで、気が付きませんか??あれ、浮腫みは??

浮腫みと言うのは本質的に脂肪とは違います。顔に限らず体にも浮腫みが多くなっている時には、多くなる度合いに応じて体に蓄積しているのものが原因です。

それが蓄積すればするほど限界なくたまっていきますから、働きだけではなく代謝も悪くなりリンパの流れに影響して老廃物を多くためていきます。

これが浮腫みです。検索すると浮腫み(ムクミ)とは、『フシュ』と説明している事もあります。浮腫みと聞くと大したことがないように聞こえますが、『フシュ』と言うと全然、イメージが違いますね。

このフシュが多くなるのは、気が付ていいる、いない別をして体の状態が良くないからです。

浮腫みは多くの方にあるモノですから、顔だけではなく体も深く関係していますし顔だけしても戻りがあります。

特に小顔にしても維持する事や持続性がないことや戻ることは、体の状態の関係ですから。あまり、言いにくいことですが、その場で小顔になっても、こんな体の状態じゃ維持することは、難しいと言う方もいます。小顔にしたわけですから、あとは維持する事は自分の体の状態に深~く関係していることはありますから、1度で終わることなく、しばらく小顔矯正を続けて見ませんか??

小顔矯正なら 色々な小顔矯正方法小顔矯正で小顔になる方法は色々ありますが、小顔マッサージとか、クリームを塗ったり、入浴して顔をマッサージしたり、ラップを巻いたり、小顔矯正グッズ を購入したり、顔の運動をしたり、小顔ローラーを使ったり、エステに行ったり、マスクを着用したり、髪型で小顔に見えるようにしたり、メイクで小顔に見えるようにしたり、小顔アプリとかを用いたり、色々な方法があります。

小顔の効果のほどはわかりませんが、それなりの効果がある事もあるかも知れません。小顔矯正と言うと、小顔の矯正と言うよりも、発汗させるような矯正がエステなどしています。

エステの小顔矯正エステの小顔矯正は、何をして小顔矯正と言っているのかと説明すると、発汗させて小顔にしているのかなぁと思います。

痩身矯正でも同じようにマッサージすることで脂肪を燃焼させると言う事はテレビでも言っていることですし、ラップを巻いたり、発汗クリームを塗ったりする方法です。汗をかいて中にある水分を出すことが中心ですから、汗をかけばかくほど、細くなる小顔矯正ですね。当院の小顔矯正は当院では発汗させることで小顔にしている訳ではありません。ですからラップを巻いたりクリームを塗ったり暖かい蒸気を当てる事もしていません。発汗させずとも顔を小さくすることは技術力でカバーしているからです。

当院では小顔矯正をしていく時には、マッサージするような感じでしていますが、実は顔を揉んだりマッサージしている訳じゃないんです。

人が横から見ていても、本当に顔を揉んだりマッサージしたりしているような感じしか思えないと思います。

だから簡単な事をしているようにしか見えない為、受けている方から『自分でもできますか?』と言うことを、聞かれるのですが、簡単にして顔が小さくなるなら、良いですが。

院長である私も小顔矯正歴が長く30年以上になります。つね、日ごろから矯正技術を上げることを研究しているからこそ、できる矯正の技です。

30年間研究して、研究してできるようになっからこそ、簡単に見える小顔矯正ができるようになった訳ですから、そんな簡単にできる小顔矯正はありません。

小顔矯正と言うと、小顔、つまり顔を小さくする事ですから、何をしたら顔を小さくすることができるのか?? 

そこも考えて下さい。ただ、顔を小さくしたいと思うのではなく、どうしたら顔を小さくすることができるのか!!

顔を小さくする為には、何が関係するのか??何を減らせば顔を小さくする事ができるのか!!言っておきますが発汗じゃないですよ。

2020年06月18日