痛みやこりの検査 歪みの検査 疲れの検査 ストレスの検査 体調の検査

基本は検査

歪みの検査、疲れの蓄積検査、ストレスのたまり度合い検査、骨盤の歪みの検査、背骨のズレ具合検査をしています。

当院では検査することを重要視しています。
病院の同じで検査することで痛みやこりの原因を確認していきます。

当院の治療はただ、マッサージする癒しでもなく低周波治療器や電器の治療ではありません。
痛みやこりの原因を見つけていくことをしていますので、そのためには検査することが重要になります。

痛みやこりは

痛みやこり、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、などが起きる時には、体調を落として悪くなっています。体調が良い方は痛みやこりを起こしません。
その為の検査ですが、この検査することを習得するだけでも3年以上はかかりますから誰でもできる物ではありません。

当院の院長は30年以上の経験があるから検査することを熟練レベルで習得していますが、普通は足の長短や背骨の一つ一つを検査することを余儀なくされますが、ある部分を検査することで、患者さんの状態を確認することができる検査技術です。

その検査法が下のイラストで簡略化して書いています。

このラインとは体のその時の状態を表すので

●風邪を引いていれば検査することで風邪を引いていると言う事がわかります。

●寝不足している方でしたら、寝不足と言う事も分かります。

●アレルギー問題を起こしている方でしたら検査すると、正確に反応しています。

検査

初回の方、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みがある方、風邪をひいている方、帯状疱疹(ヘルペス)にかかっている方、アレルギー、アトピーが悪化した方、花粉症のひどい方、寝違えた方、ギックリ腰の方、は体調が落ちて痛みやこりになっています。
体調が良い方は痛みやこりは起こりません。

イラストで初回の方は体調のラインの左側が反応しています。多くの方が初めは左側の反応を示しています。

そしてライン1よりもライン2の方が体調は落ちて悪くなっています。さらにライン3の方が、もっと体調は悪いと言う事です。

 

この左側のラインを上げていく治療をすると楽になっていきます。

左側のラインを上げていく治療をすると、骨盤の歪み・背骨のズレが減っていきます。
左側のラインを上げていく治療をすると、痛みやこりが楽になっていきます。
左側のラインを上げていく治療をすると、顔が小さくなって小顔になることができます。

左側のラインを上げていく治療をすると、骨盤が小さくなって小尻になることができます。
左側のラインを上げていく治療をすると、ウエストが細くなって引き締まっていきます。
左側のラインを上げていく治療をすると、浮腫みが解消されていきます。
左のラインの治療は1回で終わるものではありません。

ある程度、左側のラインを上げていく治療をしたら、反応が麦に移りやすくなりますから、この時に

体質改善の治療ができます。
体質改善の治療は、アンチエイジング、若返りの治療です。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は検査を重要視しています。