肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にしていく為には筋肉のコリももちろんですが、歪みも解消することが必要です。
肩こり

肩こり

肩こりが起きるのは筋肉のコリが原因の場合が多く筋肉のコリと言っても筋肉が緊張したり、筋肉が硬くなったり、リンパの流れが滞って老廃物がたまったり、色々な肩こりがあります。

肩こりを解消するなら、ただ、筋肉をもむ事も必要ですが、筋肉だけで起きている肩こりはあまりありません。

肩こりといっても

 

湿布でも肩こりは楽になることもありますから湿布が売っている訳です。⇒ 鎮痛効果があるからスーとする感じがあります。

注射を打っても肩こりは楽になることもあります。⇒ 痛み止めの注射です。

薬を飲んでも肩こりは楽になることもあります。。⇒ 多くの薬は痛み止めです。

マッサージしても肩こりは楽になることもあります。⇒ 筋肉を一時的にほぐして柔らかくすることができます。

子供さんから肩を揉んでもらっても肩こりは楽になることもあります。⇒ 筋肉を揉むことで楽になる??。

ブロック注射をしても楽になることができるかもしれません。⇒ 痛み止めです。

ボキボキしても肩こりは楽になることがあります。⇒ 骨だけが肩こりの問題と思っています。

多くの治療法は痛み止め、コリ止めです。

原因は関係なく、ただ、痛みやコリだけに絞って痛みやコリがある所だけ治療する治療法が対症療法と言います。

肩こりを起こした原因は??????、探さなくていいの??????

本当は肩こりを起こしている原因が隠れています。筋肉のコリだけで肩こりは起こりません。

そもそも肩こりになるコリとはどんなものでしょう。肩こり、肩こりといいますが肩こりとはどんなものなのか?????。どうして肩こりが起きるのか????。

楽にする事と 肩こりを治す事とは違います。

肩こりは内臓疲労から起こります。内臓疲労から歪みやズレが起こります。この歪みやズレは筋肉のコリを起こしていきます。

 

当院は整体とカイロプラクティックの治療で体を整えて肩こりを改善していく方法で根本から良くしていきます。

肩こりを湿布を貼ったり、薬を飲んだり、肩をもんだり、ストレッチしたり、低周波治療器や電器をしても間に合わせをするものではなく原因から変えていく方法です。

肩こりを楽にしていく為には、筋肉のコリをほぐして柔らかくすることから始めていきます。当院は北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています。

 

肩こりを起こしているのは筋肉が緊張したりコリを起こすことなのですが、肩こりを超す筋肉としてふつうで知られている筋肉は僧帽筋という筋肉です。

この僧帽筋という、筋肉は、首から肩のつけ根から背中まである大きな筋肉です。この筋肉がコリを起こすことが肩こりになります

肩こり

イラストにあるように左側が僧帽筋をあらわしています。

 

 

肩こりには肩こりになる原因があります。この原因で一般的に知られているのは筋肉のコリですが、筋肉のコリが起きるとリンパの流れも悪くなります。リンパの流れが悪くなると老廃物が多く蓄積して肩こりになります。

肩こりには筋肉の問題以外の原因もあります。それは歪みです。骨盤の歪みから肩こりになっている方もいれば、背骨のズレが肩こりになっている方もいます。

肩こりを楽にする

つらい肩こりを楽にしていく事をしています。肩こりも揉めば良いと言うものではありません。しっかりとした原因がありますから、その原因から改善することも考えましょう。

最近の肩こりの方は、筋肉のコリとかではなく、歪みが関係していることも起きていますが、それ以上の事が起きている肩こりの方がいます。

普通に考えると、肩こりと言うと筋肉のコリと言う感じですね。

筋肉もコリを起こしていくとリンパの流れが悪くなったり、老廃物が多く蓄積することも起こりますし、筋肉疲労から疲労物質の乳酸が多くなります。

そうすると、もっと筋肉疲労が起きて肩こりになります。

つまり、筋肉から起きる肩こりになります。

しかも肩こりが長いと筋肉疲労どころではなく、筋肉自体が固くなります。この場合の筋肉が固くなる事まで行くと、いくらマッサージしても、揉んでも柔らかくなりません。

一時的に良いような気がしますが、しばらくすると同じです。

筋肉のコリにも、段階があります。

1段階目:普通の筋肉のコリ

2段階目:筋肉が固くなることで起きる筋肉のコリ

3段階目:歪みからくる筋肉のコリ

4段階目:内臓から起きる歪みから筋肉のコリ  があります。

肩こりと言うと、筋肉のコリです。筋肉が疲労したりしても肩こりになります。
筋肉のコリで肩こりが起きると、筋肉は緊張したり、固く硬縮したりします。

肩こりを解消

また、筋肉も疲労する時もあるので、筋肉疲労で肩こりになる方もいます。筋肉が緊張したり硬縮したりすると、リンパの働きも悪くなります。
リンパと言うのは、筋肉の周りの老廃物を流す役目があります。リンパの働きが悪くなると、老廃物が流れないで筋肉が老廃物だらけになります。

しかし、

肩こりが起きているときには、疲れやストレスがいっぱいたまっています。
元気な方は肩こりになりません。肩こり体質の方も体調が良い時には、肩こりは軽く感じています。
ですから、肩こりは体調が悪くて肩こりになります。体調が悪いというのは、疲れやストレスが多くたまっていると言う事です。

疲れやストレスが多くたまると、疲れ、ストレス、歪み、背骨のズレ、内臓疲労が起きています。コレラの理由から、肩こりになっています。コレラの理由がないのに、肩こりは起こりません。

自分で体調の低下を感じていない方も今は多くいますが、必ず、体調は落ちて低下しています。この体調が落ちた時に起きるのが、肩こりです。

肩がコルのは

肩こりは、筋肉のコリですが、筋肉も使い過ぎ、緊張、硬縮、老化など色々あります。
肩こりを起こす代表的な筋肉は、僧帽筋という筋肉です。
僧帽筋のコリが肩こりになる
僧帽筋と言う筋肉は、首から背中まである筋肉です。イラストでは左しかありませんが、両方にあります。

この筋肉がコリを起こしたことを肩こりと言います。
コリとは、筋肉が固くなったり、硬縮したり、、リンパの流れが悪くなった時に起こります。

筋肉疲労から

筋肉疲労を起こして肩こりになるのは、
① スマートフォンの扱いすぎで肩こり
② 手を使う仕事で肩や腕がバリバリで肩こり。
③ 事務仕事で肩が重くて肩こり。
④ 片方の肩に荷物を持つので肩が凝ってしまう。
⑤ 洋裁和裁をして、細かいのでそれで肩こり。
⑥ キーボードを使うので、肩こりが起きやすい。
⑦ パッチワークをしているので、肩こりになりやすい
⑧長く車の運転で肩がコル。

色々な

などなど色々な肩こりがあります。
これらの物事が、切っ掛けで肩こりになっている例です。
しかし、切っ掛けがあっても、原因がないと、肩こりになりません。
この原因が一番の肩こりの理由になります。

その原因とは

その原因とは、体にたまった疲れやストレスです。疲れやストレスも軽く考えてはいけません。
疲れやストレスが多くたまると、胃に穴が開くことだってあります。
一番、厄介なのは疲れやストレスなんです。いかにして疲れやストレスを減らすかが問題なんです。疲れやストレスが多くたまると、体も正常ではいられなくなるからです。もちろん、肩こりが起きていること自体異常なんですが。

疲れやストレスが
疲れやストレスが体にたまります。どこと構わずたまるのが疲れやストレスです。ですから例外はありません。

例外なく、色々な所にたまります。筋肉だけではありません。しかも、一番多く疲れやストレスがたまる所があります。

そのストレスがたまる所は

一番、多く疲れやストレスがたまるのは、内臓です。内臓と言っても、病気ではありません。
内臓に疲れやストレスがたまると言う事です。内臓に疲れやストレスがたまることは、最大最悪のものです。

疲れやストレスが肩こりになる
体にとっては、最大のストレスになります。体の中から崩れていくわけです。
姿勢とかではなく、体の中から崩れたものが、最大のストレスになります。内臓にたまった疲れやストレスが肩こりを起こしています。内臓にたまった疲れやストレスが体の歪みを起こしていきます。

内臓疲労が

肩こり

ほとんどの症状は、疲れやストレスが内臓にたまって起きるものです。しかも、内臓にたまる疲れやストレスですから、内臓疲労です。
内臓疲労から起きた歪みは体にとって最大なストレスです。体の内部から崩れています。これが筋肉のコリを起こしたりしています。
疲れやストレスが歪みを起こして肩こりに
疲れやストレスの蓄積で歪みが起きて、歪みが起きれば、筋肉も引っ張られて緊張したり固くなります。とうぜん、リンパの流れも悪くなります。 リンパの流れが悪くなると、老廃物がたまります。
このリンパの流れも原因になることもありますが。どうしてリンパの流れが悪くなるのかと言うのは、疲れやストレスの蓄積で体調が落ちているからです。

肩こりと言うと

肩こりというと僧帽筋と言う筋肉が関係します。この筋肉は、免疫に関係する筋肉でもあります。
免疫力が低下した時に、背中がゾクっとすることがありますが、この僧帽筋で起こしています。
僧帽筋のコリが肩こりになります
この僧帽筋が緊張したり硬縮すると、肩こりを起こします。

体調と体質

肩こりも体調と体質が関係しています。体調とは、疲れやストレスがたまる事です。疲れやストレスが多くたまると体調が落ちて悪くなります。

この時に肩こりはひどくなります。体調がそこまでない時には、肩こりは少し楽です。しかし、体調が落ちているときには、肩こりはひどくなって気分まで悪くなったり、首にも痛みやコリを起こしていきます。

体質改善で肩こり解消

当院には体質改善と言う施術があります。いくら肩こりを解消しても、繰り返し起きるのは、体質が原因です。根底に肩こりを起こしやすい体質と言うのがあります。肩こり体質です。

肩こり体質を変える

この肩こり体質を変えるために体質改善と言う施術で体を変えて直していくわけです。
この施術が体質改善と言う施術です。
体質改善は別名、アンチエイジング(若返り)と言います。
体を強くすることができる唯一の施術法です。
体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術の詳しいことは専門のページで

弱い内臓に疲れやストレスがたまると、体は疲労して歪みになります。
歪みになれば、筋肉も引っ張られたり、緊張したりします。
歪みが起これば、筋肉も固くなります。
歪みが起これば、リンパの働きも悪くなります。

しかし、この歪みが起きる理由は、疲れやストレスの蓄積です。
この疲れやストレスがたまりやすい所があります。
それは、内臓です。
内臓に疲れやストレスがたまると、歪みやズレが大きくなったところで痛みやコリが起きてしまいます。
これが、肩こりになります。

内臓の疲れやストレスから

肩こりを根本的なことから解消するのは、ボキボキしたリ、電機や機械では解消していきません。肩こりを一時的な肩こりから解消していくのは、程度により数回はかかります。