ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

頭痛

頭痛を楽にする

頭痛には頭痛になる原因がありますから薬で一時的に抑えることも大事ですが原因からしないと先将来の問題が大きくなります。

頭痛

 

当院でも、現在、頭痛がある方が来ますが、多くの頭痛はその場で楽になります。

薬も使うことなく痛いこともなく頭痛がその場で楽になりますが、これは一時的に楽にしているだけですから、この先、原因をみつけていくようにしないと、また、繰り返しやすくなります。

頭痛には原因が

頭痛には頭痛の原因がありますから、その原因からかえていくことをしないと、テレビで頭痛の方は、先将来、頭痛を起こしながら、また、今まで頭痛だった方も脳こうそくになる可能性が高くなると言っています。

院長もその通りだと思います。

頭痛は脳梗塞の予備軍です。なると言っている訳ではなく可能性が高くなると言う事です。

薬は頭痛をおさえる力がありますが、頭痛薬は一時的に抑えているだけです。

いつまでも抑えるばかりでは、原因も進行していくのに。

当院では頭痛を原因から見つけて改善していくようにしています。

その為にも、体調から上げていくことしないと初回は特に原因がみつかりにくく、色々なものが重なっていますから、まずは体調から上げていくことをしていますが、体調と言うと悪くないと思っている方が多くいますが、今まで30年間、頭痛の治療をしてきて体調が良いと言う方はいません。

体調が良ければ頭痛は置きません。

頭痛持ちの方は眠りが浅くハイになっている場合が多くあります。

あまりに眠りが浅くて脳疲労が大きいと脳から脳内ホルモンが多く出てきます。

この脳内ホルモンのうちエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンというホルモンは麻薬のようなホルモンです。

モルヒネに似た成分なので痛みやこりに鈍感になります。

限界を超えたものはわかります。

限界を超えたものしかわからないような状態では危険性があります。

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで頭痛を楽にする。

2017年07月07日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小顔矯正をしていく時には体調から上げていくこと
小顔矯正

小顔矯正

当院では小顔になるために多くの方が来院していますが、初回から顔が小さくなるので人気がある小顔矯正をしています。

顔を小さくしていくためには、体調も重要な要素です。

当院では小顔矯正をしていくときに体調から上げていくことをしています。

体調から上げていく小顔矯正は維持する力も上がります。

体調が落ちていると言うのことは、疲れやストレスがたまっています。

体調が落ちていると言うのことは、骨盤の歪み・背骨のズレがおきています。

体調が落ちていると言うのことは、代謝も低下しています。

調子が落ちていると言うのことは、リンパの流れも悪く老廃物が多く蓄積しています。

体調が落ちていると言うのことは、内臓の働きも低下しています。

体調が落ちていると言うのことは、頭痛、便秘、生理痛が起きやすくなります。

体調が悪い時には、うっかりや物忘れが多くなります。

調子が悪いと、浮腫みがおおくなります。

体調が悪いと、脂肪になりやすくなります。

体調が悪いと顔の変形や輪郭が歪みを起こしていきます。

体調が悪いと、顔の浮腫みがおきやすくなります。

調子が悪いと、目の高さが違います。

体調や調子を見てみても、これだけ多くのことが起こります。

体調と言うのは自分でも気が付かないくらい落ちてしまっています。

体調や調子と言うのは基本的なことです。

体調や調子を無視して小顔矯正をしてもきれいに見えません。

小顔矯正

小顔矯正もだた小顔矯正すればいいという訳ではありません。

小顔矯正にしていくためには、全体的な問題と関係した部分を整える事が必要になります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正をうけに多くの方がカイロプラクティック徳力整体院。

2017年07月10日

肩こり解消

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりをらくにしていくためには原因をみつけることが重要です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
肩こり

肩こりを改善するために

肩こりを感じるときには体に多くの疲れやストレスがたまったときです。疲れやストレスが多くたまると体調は落ちていきます。

この時は体調が悪いと言います。

肩こりになるものがあっても体調が良いと軽く感じます。

体調が落ちている時には骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。

しかし、疲れやストレスは最終的には筋肉ではなく内臓にたまっていきます。

内臓に多くの疲れやストレスがたまればたまるほど内臓の働きが低下していきます。

つまり内臓疲労が起こります。

内臓疲労から体の歪みが起きて肩こりになっています。

本当の肩こりの原因は内臓疲労が原因です。内臓疲労ですから病気ではありません。

いくら検査してみても異常が見つからないのは、病気ではないからです。

病気として完成していたら検査でわかると思いますが検査もパーフェクトではありません。

肩こりを起こす筋肉は

僧帽筋と言う筋肉です。

肩こりは僧帽筋から

肩こりと言うと僧帽筋の緊張やコリですから僧帽筋も何も原因がないのにコリや緊張を起こすことはありません。

筋肉が疲労すると緊張で固くなってコリを起こすことはあります。普通のコリでしたら首や肩を回したりすると一時的に循環が良くなってコリは取れます。

取れない場合は単純なコリではありません。

多くの場合、単純なコリではなく歪むやズレから起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレは疲れやストレスの蓄積から起きています。

疲れやストレスはたまればため込むことができます。

しかも、疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

内臓に疲れやストレスがたまると体の歪みが起きていきます。

体の歪みから骨盤の歪み・背骨のズレが起きていきます。

肩こりと言っても筋肉のコリから起きる肩こりなのか、歪みから起きる肩こりなのか、内臓疲労から起きる肩こりなのか、色々な肩こりがあります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで肩こりを解消していくために

2017年07月12日

腰痛

腰痛

腰痛

腰痛になる時には色々な物が重なって起きていきます。腰痛になったら湿布を貼ったり、低周波治療器や電器をしても、マッサージをしても改善することがありますが、いくら痛みだけを抑えても腰痛が治った訳ではありません。

と言うのも腰痛を起こした原因があるからです。

腰痛の痛みと原因から改善することをしないと根本的には腰痛は繰り返しやすく、原因も進行していきます。

必ず腰痛には原因が潜んでいます。

腰が痛くなる症状のことを腰痛といいます。腰痛は症状です。

腰痛が起きるときには

何かを取ろうとして体を伸ばして腰痛、

重いものを持って腰が痛くなって腰痛

庭仕事で中腰をしていたら立とうとしたら腰が痛くなって腰痛に、

車の運転が長いので同じ姿勢をしていたら腰がズキズキして痛くなって腰痛に、

靴下を履こうとしていたら腰が痛くなって腰痛になった、

寝て起きたら腰が痛くて動けけないくらいの腰痛

何もしないのに腰が痛くなってきた、

くしゃみをしたら腰が痛くなって腰痛に、

数年前の事故で腰痛もちに、

色々な腰痛があります。

しかし、これらはすべて切っ掛けです。

切っ掛けをするまえに、あることが起きています。

このあることとは、

疲れやストレスの蓄積です。

体に多くの疲れやストレスがたまると体は次第に歪みを起こしていきます。

この歪みが骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると体を支えることができません。

体を支えることができないと筋肉、じん帯も緩んでいますから、一気に起きるのがギックリ腰です。

しかし、ぎっくり腰は腰椎に起きるネンザです。しばらくすると急激な痛みは減っていきますから安静を保つようにして下さい。

あまり動かずに安静を保てば徐々に収まってきます。

しかし、急激な強い痛みが治まったからと言って腰痛が治った訳ではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレは、まだまだあります。

低周波治療器や電器をしても骨盤の歪み・背骨のズレは残っています。

マッサージしても骨盤の歪み・背骨のズレはあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるからと言って直に痛みになるとは限りません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても人は切っ掛けがないと、どうもありません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるから、骨盤の歪み・背骨のズレができたからと言って、それが腰痛に、すぐにつながるかと言うとそうでもないからです。

痛みにならなくても調子の悪さ、体調を崩したり、疲れがたまっている、ストレスがたまっていると言うくらいです。これが昔だったらスランプと言います。

腰痛を直していくためには、腰痛の腰の痛みを楽にして、普通はそこで腰痛が治ったと言いますが、当院ではそうではありません。

そこから隠れている黒幕の腰痛を起こした原因を改善する治療をしていきます。

腰痛の原因

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛を楽にするなら30年の徳力整体院へ。

2017年07月22日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にすることをするなら原因から解消することをしています、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院の肩こり解消法。
肩こり

肩こり

肩こりを解消するなら原因から肩こりを改善している当院へ。

肩こりを起こしている筋肉と言うのは僧帽筋と言う筋肉ですから、、この僧帽筋が何かの原因で緊張したり硬くなったり、リンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積したり循環が悪くなったり筋肉疲労を起こしたり、筋肉が炎症や筋肉がハレていたりすることで肩こりになります。

単純な肩こりから複雑な肩こり、こじらせた肩こりなど、色々な肩こりがあります。

肩こりを起こしている筋肉と言うのは僧帽筋ですが、僧帽筋のコリが起きるときも理由があるから肩こりになっているという事が言えます。

僧帽筋の筋肉ばかりほぐしていると他にも原因があって肩こりになっている場合もあります。

肩こりになっている筋肉をほぐしていくためには肩をもんだり、マッサージしたり、病院で注射を打っても、湿布を貼っても、サプリメントを飲んでも、薬を飲んでも、ボキボキしても、肩こりの原因は残ったままです。

この原因から変えていくことをしないと肩こりはよくなりませんし、肩をもんだり、マッサージしたり、病院で注射を打っても、湿布を貼っても、サプリメントを飲んでも、薬を飲んでも、ボキボキしても一時的に肩こりを楽にしていくことができても原因は残ったままですし原因も進行していきますから、いつまでも同じままではありません。

肩こりのコリは

肩こりのコリとは僧帽筋のコリですが僧帽筋も何も原因がないのにコリを起こすことはありません。

僧帽筋のこりが肩こりになる

上のイラストが僧帽筋です。大きな筋肉なので首から肩から背中まである筋肉です。

免疫に関係する筋肉でもあるから背中がゾクッとすることが、この僧帽筋でおきています。

風邪を引いた時に背中がコリを起こしたりするのも、この筋肉が原因です。

肩こりがある時に肩の筋肉をもんだりすることは構いませんが、歪みや歪みが起きた原因があります。

歪みには歪みの原因がありますから、どうして歪みが起きたのか、と言うことの理由があります。

歪みが起きれば

歪みが起きれば筋肉は骨から骨へついていますから骨が歪みやズレを起こすことで筋肉も引っ張られたり緩んだりしてリンパの流れを阻害したり、循環が悪くなることが起こります。

①背骨や首の骨の歪みやズレが起きる

②歪みで筋肉が緊張する

③これが肩こりになります

肩こりの治療は

肩こりを直していくには肩こりの原因になっているものから変えていくことをしています。

その為にも原因だけわかるものではありませんから、色々なものが存在しますから、肩こりに関係がないものを減らしていきます。

肩の筋肉全体を循環を良くしたり、揉んだりしていきます。

普通はこれで終わりですが、ここからさらに歪みやズレを見つけることをしていきます。

体調が悪すぎると骨まで炎症やハレを起こしている方もいます。

この骨の炎症やハレを改善していかないと肩こりも楽になりませんから。

筋肉と骨の歪み・ズレが解消できたら

骨の歪みやズレを起こしたのは内臓にたまった疲れやストレスです。内臓といっても疲れやストレスの蓄積ですから病気ではありません。

内臓疲労が歪みやズレを起こした黒幕です。誰が検査しても病院で検査しても内臓疲労はわかりません。特殊な検査が必要ですから簡単にできる検査ではありません。

当院では正確な検査をすることで、歪みの状態や内臓疲労がわかりますから。

それらを解消していくようにしています。

そして肩こりが楽になったら肩こりの原因になっている内臓の弱さを強くする治療ができますから、その治療のことを体質改善といいます。

体質改善と言うのは若返りの治療でありアンチエイジの治療です。

体質改善の治療は時間と回数がかかります。そんなに簡単に若返りの治療ができるわけありませんから。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを解消することをしています。

2017年07月25日
» 続きを読む